アルトコインとは何か?ビットコインとの違いや種類・特徴などまとめ!

非常に人気のあるアルトコインなのですが、ビットコインとは何が違うのか多くの人が気になります。そして、アルトコインとは何かを知ることが出発点だといえるでしょう。そこで、アルトコインの仕組みや種類から、ビットコインとの違いを明確にし、特徴までをまとめています。

アルトコインとは何か?ビットコインとの違いや種類・特徴などまとめ!のイメージ

目次

  1. アルトコインの種類とビットコインとの違いについて
  2. アルトコインとは?
  3. アルトコインとビットコインの違いは?
  4. アルトコインの代表的な6つの種類と特徴
  5. アルトコインの購入におすすめの仮想通貨取引所
  6. アルトコインについてまとめ

アルトコインの種類とビットコインとの違いについて

出典: http://kasotsuka-info.com

ビットコインが仮想通貨であるという事は多くの方が認知しています。しかし、一方アルトコインという仮想通貨も存在しているのです。それでは、ビットコインとアルトコインは何が違うのか漠然とするのも無理もないです。そこで、アルトコインとは何か理解を深め、アルトコインの種類からビットコインとの違いを明確にしていきます。ここでは、アルトコインの特徴も含めて把握しておく事がポイントです。

アルトコインとは?

アルトコインの意味

出典: https://manablog.org

アルトコインとは英語表記ではAltcoinとなり、Alternative coinを略した造語です。そして、このアルトコインを日本語で「その他の通貨」という意味で表現します。なぜ、アルトコインがその他の通貨と呼ばれるのか?それは、ビットコイン以外の仮想通貨を示しており、1つの仮想通貨の事を指しているのではないという事です。

アルトコインの種類は1700種類以上

出典: https://crypto-currency-laboratory.com

上述ではアルトコインとはその他の通貨だと解説していましたが、実際にアルトコインの種類から確認してみます。アルトコインとは代表的な仮想通貨「リップルやイーサリアム」などもアルトコインの種類の1つで、これら仮想通貨を含めて1,700種類もの数が存在しているのです。仮想通貨ビットコインの誕生から10年が経過していますが、10年の間に1,700種類のアルトコインが開発されるという事は、今後大きな進歩も見込めそうです。

なぜアルトコインの種類が爆増したのか?

出典: http://motokano.hatenablog.jp

アルトコインは種類に応じた特徴がありますが、これほどアルトコインの種類が爆増したのか大きな要因があると考えられます。その理由は単純で「ビットコインのプログラムが公開」という事です。プログラムについて聞きなれない方は漠然としますが、アルトコインで問題に取り上げられる「中央管理権」がプログラムの特徴です。つまり、ビットコインは中央管理者がおらず、一つ一つのプログラムに手を加える事で新しい仮想通貨を作れるのです。

アルトコインの発行総数に注目!

出典: https://toyokeizai.net

アルトコインとは種類ごとに発行総数が違います。なぜ発行総数に着目するのかという事なのですが、実はアルトコインの発行総数が「価格変動に影響を与える」という事です。よく勘違いしてアルトコインの人気が高まると、ビットコインの価格まで到達する通貨なのではないか?と考える方がいます。しかし、それは大きな間違いです。

出典: https://mochiken123.com

ビットコインはよく金と呼ばれるのですが、これは希少性の事を言っています。つまり、金は現在までの発掘量がわずか50mプール3杯分ぐらいだといわれ、相応に手に入りにくく、価値があるから値段が高く設定されているという事で、金と同様の扱いとなるわけです。つまり、ビットコインの発行総数が2100万枚で、アルトコインと比較すると希少性が高く、ビットコインは一枚当たりの価格が高くなりやすいという事です。

出典: https://www.zangyou.jp

例えば有名なアルトコインのリップルの1000億枚と比較すると、ビットコインは5000倍もの希少性があるという事です。したがって、リップルは1枚当たりの価格はビットコインの5000分の1で価値を計算できます。実際に直近であれば、リップルが100%高騰した時でも、リップルの価格は35円辺りから50円までの価格上昇にとどまりました。もちろん、アルトコインの人気は判断基準として大切なのですが、価格上昇の要因である発行数も重要なのです。

有名なアルトコインの発行総数は?

出典: https://btc-feed.jp

有名なアルトコインでは発行総数がどの程度なのでしょうか?それでは、「リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコイン、ネオコイン」で確認します。まず、リップルが1000憶万枚、イーサリアムが上限なし、ビットコインキャッシュが2100万枚、ライトコインが8400万枚、モナコインが1億万枚、ネオコインが1憶万枚。以上がアルトコインの発行総数ですので、上述で解説した内容と含めておさえておきましょう。

アルトコインとは「インフレ通貨」「デフレ通貨」という

出典: https://hedge.guide

アルトコインとは上述で発行総数が定められている仮想通貨と、イーサリアムのように発行総数が定められていない仮想通貨に着目してみましょう。この場合に、アルトコインとは「インフレ通貨」「デフレ通貨」で分類されています。そこでアルトコインでは、イーサリアムやモネロのようなアルトコインをインフレ通貨と、リップルやビットコインキャッシャのようなアルトコインをデフレ通貨というのです。

出典: https://www.newsweekjapan.jp

そして、発行上限の有無によってアルトコインは分類されるという事です。ここで、それぞれの特徴の注目点が、インフレ通貨では「発行枚数をコントロール出来る」デフレ通貨では「マイニングによって仮想通貨の枚数が半減する」という事です。マイニングとは仮想通貨を定期的に発掘する作業の事をいうので、マイニングの作業によって仮想通貨は発行する事が出来ます。アルトコインの分類の仕方によって、価格変動を考察するのもいいでしょう。

アルトコインには地位がある

出典: https://servicemuse.com

アルトコインとは、よく代表的な仮想通貨として有名なアルトコインを聞いた事がある方がいるかもしれません。なぜなら、アルトコインには地位というものがあるからなのです。そして、その地位とはアルトコインの時価総額で築き上げる事が可能です。そして、時価総額の計算方法は「発行総数×コイン1枚の現在価値」で時価総額を算出する事が出来ます。それでは、アルトコインの種類に応じて現在の時価総額トップ4を確認してみましょう。

時価総額ランキング4位「ビットコインキャッシュ」

出典: https://xn--zck9awe6dx83p2uw267du0f.com

現在のアルトコインの種類で、時価総額ランキング4位が「ビットコインキャッシュ」です。このアルトコインは現在の時価総額が2458憶円になっており、発行数は1761万枚です。ちなみに、直近でビットコインキャッシュの価格上昇率は高い傾向にありましたが、ハードフォーク分裂で大きな下落がみられました。

時価総額ランキング3位「ライトコイン」

出典: https://cryptobook.online

現在のアルトコインの種類で、時価総額ランキング3位が「ライトコイン」です。このアルトコインは現在の時価総額が2939憶円になっており、発行数は6000万枚です。ライトコインは直近で、価格上昇率を高い状態を保っており、大きな落ち込みがないので、注目のアルトコインです。

時価総額ランキング2位「リップル」

出典: https://forbesjapan.com

現在のアルトコインの種類で、時価総額ランキング3位が「リップル」です。このアルトコインは現在の時価総額が1兆1393憶円になっており、発行数は9990万枚です。アルトコインの時価総額2位から大きな差がみられ、直近で前日比100%高騰した事で有名なアルトコインです。

時価総額ランキング1位「イーサリアム」

出典: https://www.asahi.com

現在のアルトコインの種類で、時価総額ランキング1位が「イーサリアム」です。このアルトコインは現在の時価総額が1兆1432憶円になっており、発行数は1憶万枚です。アルトコインのリップルの一時的な高騰によって、時価総額が抜かれたという事がありましたが、現在はイーサリアムが1位を獲得しているようです。時価総額で確認しても、リップルとは競争が激しい状況なので、今後に期待できるでしょう。

アルトコインとビットコインの違いは?

出典: http://girls-coin.love

アルトコインとは何かという事を上述では解説しましたが、ここでビットコインとはどのような違いがみられるのかという事に着目して理解を深めましょう。そこで、ここではビットコインやアルトコインなどの仮想通貨と、日常で使用される通貨とは何が違うのかという事を明確にし、アルトコインとビットコインの関係性を解説していきます。最終的に仮想通貨の将来性にも触れているので、仮想通貨の捉え方を変えてみましょう。

仮想通貨とは法定通貨と何が違う?

出典: https://cc.gentosha-go.com

まず、ビットコインとは法定通貨ではどのような違いがみられるのでしょうか。ビットコインとアルトコインとの関係性は、為替市場のアメリカドルやユーロ、そして日本円があるというような形の状態と似ています。しかし、アルトコインを含めたビットコインでは、「種類に応じた特徴から使用用途が様々」であるという事が法定通貨との主な違いだといえるでしょう。

仮想通貨とは電子マネーと何が違う?

出典: http://blog.livedoor.jp

上述では、仮想通貨とは種類に応じた特徴から、使用用途が主な法定通貨との違いだと解説しましたが、仮想通貨は電子マネーに似通った特徴があると考えられるでしょう。確かに、仮想通貨とは「デジタルデータとして記録した価値」であるという特徴は一致します。

出典: https://diamond.jp

しかし、電子マネーでは、国が正式に発行した通貨をデジタル化し、日本円を電子マネー化したICカードであるという事なのです。一方で、仮想通貨は国によって発行し、保証されたものではありません。この点が電子マネーと、ビットコインをはじめアルトコインとの違いです。

ビットコインの仕組みとは?

出典: https://callcenter-news.com

ビットコインから続いてアルトコインが誕生したという事は、仮想通貨について知識がない方でもある程度認知されているでしょう。そこで、アルトコインとはビットコインと何が違うのかを解説する前に、ビットコインの仕組みを確認してみましょう。まず、ビットコインとは「公開鍵暗号方式、P2Pネットワーク、ブロックチェーン、ハッシュ関数、プルーフオブワーク、ウォレット」の6種類の技術を用いてビットコインの仕組みが成り立っています。

アルトコインはビットコインを元に開発

出典: https://www.gizmodo.jp

上述ではビットコイン技術によって仕組みが成り立っているという事でした。そこで、アルトコインとは、ビットコインの技術を元に開発されたものだという事がアルトコインの大きな特徴です。そして、ビットコインのプログラムが公開されている事が理由で、アルトコインの特徴を加える事が出来るという事なのです。つまり、プログラムに精通した技術者であれば、誰でもアルトコインが作れます。

アルトコインとビットコインの今後

出典: https://tecomane.jp

アルトコインとはビットコインを改良した通貨という事なのですが、やはりその分ニュースでハッキング問題など大きな問題が見受けられます。そこで、アルトコインとビットコインの今後将来は期待出来るのか?という事を多くの人が考えているでしょう。そこで、アルトコインやビットコインが、株式や為替市場と同様の扱いを受ける事が出来るのかという事が重要な指標です。

出典: http://rakutenblack.link

つまり、「機関投資家の仮想通貨市場への参入」「主要取引所への上場」「投資信託の承認」が判断材料として注目出来るポイントです。そこで、以上の項目は何が重視されているのかという事に着目します。すると「仮想通貨に対する信用」が主な原因だという事が分かるでしょう。なぜなら、仮想通貨は非常にボラティリティ(価格変動)が大きいという事や、ハッキング問題などが信用問題に結びつくのです。

出典: https://hedge.guide

最終的に投資家保護が確立出来るのであれば、ビットコインやアルトコインは信用される事となるでしょう。しかし、現在のハッキング数やウィルスの爆発的な増加が現在の大きな問題であるとされていますので、その他投資商品と同様の扱いをするには厳しい状況だというのが政府や主要な取引所の見解です。一方で、安倍総理や日本銀行の黒田総裁など、仮想通貨を無視すべきではないとの意見もありますので、賛否両論があるという事は確かです。

出典: http://bitjapan.asia

結論として、アルトコインやビットコインの将来が明確化されていないのが実情ですので、将来性があるのか否かの判断は厳しいといえます。しかし、1つ将来性が見えるアルトコインの種類として「リップル」が挙げられます。なぜなら、通常であれば銀行間の送金が日を越えて送金が完了となりますが、リップルを採用した場合は送金がたったの4秒で完了します。

出典: https://5159289.jp

そこで、リップル社は銀行との提携が100社を越えていますので、多くの銀行がリップルを採用しているという事実に関しては将来性があるといえるでしょう。また、直近であれば、リップル社が開催したSwell会合では、元アメリカ大統領のビル・クリントン氏が基調講演での登壇や、リップル社とビル・ゲイツ財団と提携される事が発表された事など、ますます信用を獲得している状況にあるという事が裏付けられます。

アルトコインの代表的な6つの種類と特徴

出典: https://btc-feed.jp

アルトコインには代表的で人気のある種類が「リップル、イーサリアム、ビットコイン、ライトコイン、モナコイン、ネオコイン」以上の6種類が挙げられます。アルトコインとは種類に応じて特徴に違いがあるという事を解説していましたので、実際にアルトコインとはどのような特徴の違いがあるのかを具体的に確認してみましょう。

種類➀リップル

出典: https://blancange.jp

代表的なアルトコインが時価総額ランキング2位のリップルなのですが、リップルとはRipple.lncが開発した送金サービスを目的にした通貨だという事をおさえておきましょう。そしてリップルの送金サービスとは、従来の国際送金の問題を解決する事を主な方針としているという事です。以上の事を踏まえてリップルの特徴を確認すると「送金完了速度が3~4秒と早い」「XRPの新規発行が行われない」「中央集権的な仕組み」である事が特徴です。

出典: https://netotik.com

上述ではビットコインにはない中央集権が特徴として挙げられましたが、リップルはこの中央集権的である事がたびたび問題に取り上げられているようです。そして、中央集権的とは、Ripple.incがシステム開発などの運営を実施しているという事を示しており、この特徴が影響して、リップル通貨をRipple.inc社が大半を保有している状況になっているのです。

種類②イーサリアム

出典: https://internetsidejob.com

続いてアルトコインの時価総額がランキング1位の「イーサリアム」です。このイーサリアムとは、リップルの特徴である中央集権的な特徴とは違い、企業や銀行など中央集権管理者がいない場合でも成り立つ、分散型アプリケーションを採用している事が主な特徴です。そこで、イーサリアムの全体的な特徴として「10秒~15秒と送金速度が速い」「仮想通貨の発行上限がない」「スマートコントラクトの実装」が挙げられます。

出典: https://mitsushiro.jp

スマートコントラクトとは、イーサリアムの主な特徴が関係しており、執行条件と契約内容が自動で行われるという事です。具体的には、あらかじめ契約内容と執行条件が事前にプログラミングで設定されており、執行条件が満たされれば自動で実行される状態です。つまり、人の手を介す必要がないという事がいえます。

種類③ビットコインキャッシュ

出典: http://cryptocurrency-bip.com

続いてアルトコインの「ビットコインキャッシュ」です。ビットコインキャッシュとは、主な特徴としてビットコインが分裂して誕生した仮想通貨です。この特徴が原因で、ビットコインとビットコインキャッシュのは非常に似ているので注意が必要です。そして全体的な特徴として「ブロックサイズが大きい」「難易度調整方式」「スケーラビリティ問題へのアプローチ」が挙げられます。

出典: https://chigai-allguide.com

以上の特徴はビットコインとの違いを見極める上で重要です。まずブロックサイズとして、ビットコインキャッシュが32MBであるのに対し、ビットコインは1MBと違いが見られます。次に難易度調整方式が、ビットコインキャッシュがDAA方式であるのに対し、ビットコインはNDA方式です。最後にスケーラビリティへのアプローチに違いがあり、ビットコインキャッシュが可変ブロックであるのに対し、ビットコインはSegwitだという事です。

種類④ライトコイン

出典: https://coinzmoney.com

ライトコインとは、元Google社員のCharlie Lee氏によって開発された仮想通貨で、ビットコインが抱える問題を補完する事を目的としています。したがって、ビットコインとは仕組みから特徴まで似ているという事があり、ライトコインは銀とも呼ばれています。そこで、全体的な特徴として「2.5分と送金完了までの時間がビットコインの4分の1」「Scryptという暗号を使用」が特徴として挙げられます。

種類➄モナコイン

出典: https://coin-girls.com

モナコインの独自通貨であるMONAは、決算手段の導入が限定的なのですが、秋葉原のPCショップ「天空のメイドカフェモプリマ」「ark」などで決算が出来ます。以上の事から分かる通り、モナコインは支払いシステムが主な特徴であるという事です。全体的な特徴として「約90秒と送金完了が早い」「世界で初のSegwitを実装」などが挙げられます。また、決算システム以外にも、Twitterなどで、投げ銭用の通貨としている事も特徴的です。

種類⑥ネオ

出典: http://www.bitsouken.com

ネオコインとは、中国で開発されたアルトコインで、その他アルトコインの優れた部分を集約しているという事が主な特徴です。また、上述で解説したイーサリアムのスマートコントラクトを実装しているという事ですので、中国版イーサリアムとも呼ばれています。やはり、代表的なアルトコインの優れた部分を特徴としているので、世界中から注目を浴びているようです。この事が要因として、1年の価格上昇率が高いといえる仮想通貨でしょう。

アルトコインの購入におすすめの仮想通貨取引所

出典: http://beginner-ico.hatenablog.com

これまで、アルトコインとは何か理解を深めてきましたが、アルトコインは特徴や人気度などから、仮想通貨取引所に上場しているという事を抑えておきましょう。そこで、アルトコインの購入におすすめの仮想通貨取引所を紹介していますので、是非参考にしてください。

➀bitbank

出典: https://ccbegin.com

まず、仮想通貨取引所でおすすめなのが「bitbank」です。bitbankとはビットバンク株式会社は運営しており、仮想通貨交換業として金融庁に登録されている仮想通貨取引所です。そこで、ビットバンクをおすすめする理由として「取引高が高い」「取引手数料が無料」が挙げられます。特に、取引高は仮想通貨取引に重要で、上述で解説した発行数にも影響します。なぜなら、流通量が多い場合は希少性の高さを補う分の価格上昇が見込めるからです。

②bitFlyer

出典: https://boxil.jp

bitFlyerとは、株式会社bitFlyer社が運営する仮想通貨取引所で、こちらも仮想通貨交換業者に登録されています。bitFlyerをおすすめする主な理由が「通貨数が多い」という事で、代表的なアルトコインを含めて6種類(ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、リスク、モナコイン)を扱っています。ちなみにリスクやモナコインは、あまり取り扱っている仮想通貨取引所がありません。

③Liquid by QUOINE

出典: https://blocktribune.com

リキットバイコイン(Liquid by QUOINE)とは、元々シンガポールで設立された仮想通貨取引所で、現在は本社を日本の東京に移して活動しています。リキットバイコインをおすすめする理由として、仮想通貨以外に、日本円をはじめアメリカドルやユーロ通貨など、全10種類の通貨を取り扱っているという事です。また、QASHトークンと呼ばれる独自のトークンも発行しているので、QASHトークンでも取引が出来ます。

④GMOコイン

出典: https://btc-feed.jp

GMOコインとは、GMOコイングループの支社が運営している仮想通貨取引所です。おすすめする理由として、その他仮想通貨取引所とは違い、GMOコイングループが東証一部上場企業であるという事です。やはり、仮想通貨取引所のハッキング問題が常ですので、何よりも信用面で安心感があります。

アルトコインについてまとめ

出典: https://casino-luxury.com

ビットコインをはじめアルトコインの動向は多くの人が気になるでしょう。特に株式市場や為替市場であまり見られない価格変動ですので、多くのアルトコインから慎重に選択しなければなりません。そこで、アルトコインの特徴や仕組みから何が今後期待できるのか見極める事が重要ですので、価格変動だけに限らず選択する事も大切だといえるでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ