贈与税は税務署にばれるの?可能性やどんなタイミングかを解説!

身近な税金として知られている贈与税には、さまざまなルールがあります。また、贈与税の未申告などが税務署にばれる際には、いくつかのペナルティが課されるケースもあります。今回は、贈与税がばれるタイミングについてや、贈与税の仕組みなどについて紹介していきます。

贈与税は税務署にばれるの?可能性やどんなタイミングかを解説!のイメージ

目次

  1. 贈与税がばれるのはなぜか知っておこう
  2. 贈与税は税務署にばれる?可能性のあるタイミング
  3. 贈与税の未申告がばれると重いペナルティが?
  4. 贈与税がばれるのには時効が?
  5. 贈与税がばれることを恐れず無税で行う方法
  6. 贈与税は税務署にばれるのかまとめ

贈与税がばれるのはなぜか知っておこう

出典: https://hoken-bridge.jp

日本における代表的な税金のひとつとしても知られている贈与税には、さまざまなルールが設けられており、贈与する財産の金額によって課される税率なども大きく異なってきます。しかし、贈与税の仕組みをしっかりと理解していないケースも多く見られるため、予期せぬ納税をするといった場面も少なくありません。今回は、贈与税における主な仕組みから、贈与税がばれる可能性やそのタイミングなどについてまとめています。

Thumb贈与税とは?いくらからかかるかなど条件や申告方法まで徹底解説!

贈与税は税務署にばれる?可能性のあるタイミング

贈与税とは?

出典: https://hoken-bridge.jp

贈与税とは、自身の財産を家族や第三者といった人物に贈与する際に課される税金のひとつで、現在では贈与税の税収額が数千億円にも及ぶと言われています。また、贈与税には財産を贈与した人物に加えて、財産を受け取った側にも納税の義務が生じるケースもあるため、贈与税の制度を利用する際には、事前にその仕組みをしっかりと把握しておくことが非常に重要とされています。

贈与税の税率は?

出典: https://hoken-bridge.jp

贈与税の税率は、贈与した財産の金額によって段階的に引き上げられていくといった傾向にあります。例えば、200万円を下回る財産を贈与した際には10%の税率が課されることとなり、4500万円を超える財産を贈与した場合には、55%にも及ぶ税率が課されます。しかし、贈与する財産の金額が300万円を上回ってくると、その金額の増加に比例して控除額も大きくなるといった特徴があります。

贈与税はなぜばれる?

出典: https://hoken-bridge.jp

贈与税がなぜばれるかというと、相続税を申告するタイミングや不動産登記をするタイミングで、税務署にばれるといった可能性が高いと言われています。また、近年推進されているマイナンバー制度を活用する際や、保険金を受け取る場面でも贈与税がばれる可能性があり、なかには重いペナルティが課されるケースもあるため、事前に贈与税が税務署にばれる可能性やタイミングを知っておくことが重要となります。

不動産登記でばれる

出典: https://hoken-bridge.jp

贈与税が税務署にばれるタイミングとして、不動産登記をするケースが挙げられます。なぜ贈与税が税務署にばれるかというと、土地や建物を購入した際や所有している建物を新築した場合には、不動産登記の申請手続きを行うことが必要不可欠となるため、その書類申請のタイミングで、法務局から税務署に情報が通知されるといった可能性が高いと言われています。

相続税の申告でばれる

出典: https://hoken-bridge.jp

不動産登記と同様に相続税の申告時にも、贈与税の有無が税務署にばれる可能性が高いとされています。なぜ相続税を申告するタイミングで税務署に知られてしまうかというと、相続税の申告手続きを行う際には各申請書類を所轄の税務署に提出することが必要不可欠となるため、そのタイミングで贈与税の有無が税務署にばれる可能性があると言われています。また、相続税申告の相談を行う際にも、税務署に贈与税がばれる可能性があります。

マイナンバーでばれる確率が高まる

出典: https://hoken-bridge.jp

贈与税の有無が税務署にばれる可能性が高い理由のひとつとして、マイナンバー制度を活用したケースが挙げられます。なぜマイナンバーの登録時に贈与税が税務署にばれるかというと、マイナンバーカードの交付申請をする際には、各申請書類を所轄の市役所に提出する必要があるため、そのタイミングで税務署に情報が通知されるといった可能性があると言われています。

保険金の受取でばれる

出典: https://hoken-bridge.jp

保険金を受け取る際にも、贈与税の有無が税務署にばれる可能性が高いと言われています。なぜ保険金の受取時に贈与税が税務署にばれるかというと、例えば死亡保険金を受け取った場合には、所轄の税務署にその金額を申告する必要があるため、そのタイミングで贈与税の対象として税金が課されるといった可能性があります。また、1回の支払い金額が100万円を上回る保険金においても同様の可能性があるので注意が必要です。

タックスヘイブンではばれない?

出典: https://hoken-bridge.jp

タックスヘイブンの際にも、贈与税の未申告などが税務署にばれる可能性があります。タックスヘイブンとは、課税の割合が非常に低い国や、税金などの課税が免除されている地域に自身の所得を移す方法のことで、租税回避地などと呼ばれています。近年では、各企業の節税対策のひとつとしても用いられている傾向にありますが、相続税や贈与税においては、通常通り税務当局に情報が通知されるので注意が必要です。

贈与と認められないケースとは?

出典: https://hoken-bridge.jp

贈与の仕方や種類などによっては、贈与税の対象外となるケースもいくつか存在しています。例えば、贈与における双方の合意がない場合や、贈与財産の管理が他者に移っていないケースなどは、贈与税の対象とみなされない傾向にあります。また、夫婦の間で贈与を行う際にも、贈与税として税金が課されないケースがあるため、しっかりと仕組みを理解しておくことが重要なポイントとなってきます。

双方の合意がないケース

出典: https://hoken-bridge.jp

未申告でも贈与税が課されないケースとして、双方の合意がない場合が挙げられます。例えば、自分の子供のために貯金をしている際には、子供の口座名義でお金を預け入れていても贈与と認められないケースがあります。また、子供自身に贈与されているという認識がない場合にも贈与税の対象外となる傾向にあります。しかし、書面を用意したうえで贈与をしている際には、贈与税の対象となるので注意してください。

贈与財産の管理が他者に移っていない

出典: https://hoken-bridge.jp

双方の合意がないケースと同様に、贈与財産の管理が他者に移っていない場合も贈与税の対象外となると言われています。主なケースとしては、子供の銀行通帳などを親が管理しているといったケースが挙げられます。なぜ贈与と認められないかというと、財産が受け取った側に移っていないと税務署が贈与の対象となる財産として認めないケースが多いといった理由があります。

贈与税の未申告がばれると重いペナルティが?

贈与税の未申告がばれるとどうなる?

出典: https://hoken-bridge.jp

贈与税の未申告が税務署にばれた際には、いくつかの重いペナルティが課されることとなります。また、そのペナルティは未申告時の金額によっても大きく異なってくる傾向にあります。さらに、意図的に贈与税の申告をしなかった場合には、悪意があると判断されて非常に重いペナルティが課されるケースも少なくないため、贈与税が発生する際には、正しい納税を行うことが必要不可欠となってきます。

未申告がばれる際に課されるペナルティとは?

出典: https://www.football-zone.net

贈与税の未申告がばれた際に課されるペナルティには、いくつかの種類が存在します。主なペナルティの種類としては、延滞税や加算税といった税金が挙げられます。特に、加算税においては未申告時の状況や金額などによって、課される税率やペナルティの重さも大きく異なっており、多額の税金を納めなければいけないケースが生じることも少なくないため、慎重に対処していく必要があります。

贈与税における延滞税とは?

出典: https://www.chuokaikei.co.jp

贈与税における延滞税とは、ある一定の期間を過ぎてから税金を納める際にかかってくる附帯税のことで、その期間によって延滞税の金額も異なってきます。例えば、納税期限から2ヶ月が経過している際には年率14.6%の税率が課されるケースが一般的とされています。しかし、税額が1万円を下回っている場合には延滞税が生じないこともあるため注意してください。

贈与税における加算税とは?

出典: http://s-minsho.sakura.ne.jp

贈与税における加算税とは、納税の義務を怠った場合に課される重いペナルティのことで、未申告時の状況によってその金額が大きく異なる傾向にあります。なぜかというと、加算税には過少申告加算税・無申告加算税・重加算税といった種類が設けられている点が理由のひとつして挙げられます。特に、重加算税の際には多額な納税義務が発生するケースがあるため、十分に注意する必要があります。

申告はしたが金額が少なかった場合

出典: https://money-hack.com

申告はしたが金額が少なかった場合には、過少申告加算税という税金が課されることとなります。過少申告加算税における税率は最大で15%ほどとなっており、状況によって適用される税率も異なってきます。しかし、税務署からの事前通知を受け取る前に不足分の金額を申告した際には過少申告加算税が発生しないので、申告金額の間違いを見つけた場合には、早めに修正申告を行うことがポイントとなります。

申告自体をし忘れていた場合

出典: https://blog.hanauta18.com

贈与税の申告自体をし忘れていた場合には、無申告加算税という税金が課されることとなります。無申告加算税では、過少申告加算税よりも高い税率が設けられており、最大で20%の税率が適用されるケースがあります。また、無申告加算税における金額は、贈与税の金額などによっても大きく異なってくる傾向にあるため、なぜ無申告加算税が発生するのかという仕組みをしっかりと把握しておくことが肝心です。

意図して申告をしなかった場合

出典: https://blog.hanauta18.com

意図して申告をしなかった場合には、加算税のなかで最も重いペナルティとなる重加算税という税金が課されることとなります。重加算税の税率としては、35%から45%ほどとなるケースが多く見られ、過去5年間に重加算税を支払った人物には、さらに10%の税率が加算される仕組みとなっています。なぜ重加算税には特に厳しいペナルティが設けられているかというと、悪意のある未申告を減らすことが理由のひとつと言われています。

贈与税がばれるのには時効が?

贈与税の時効

出典: https://hoken-bridge.jp

贈与税の未申告がばれると、その時の状況によっていくつかのペナルティが課されることとなりますが、贈与税には時効といった制度が存在します。贈与税における時効とは、さまざまな理由によって贈与税が未申告のままとなっている際に適用される仕組みのことで、贈与税や相続税にはあらかじめ一定の時効期間が設けられています。また、未申告時の状況や種類によっては時効の期間が延長されるといった場合もあります。

時効が過ぎても相続の対象となる?

出典: https://hoken-bridge.jp

相続税における時効の期間は、申告の期限を過ぎてから5年間までと定められているケースが一般的となっています。しかし、悪意のある相続税の未申告などといった場合には、時効の期限が5年ではなく7年間に延長される傾向にあるため、なぜ相続税の時効期間が延長されるかなどをしっかりと理解しておくことが非常に重要となってきます。

贈与税申告の時効に延長はある?

出典: https://hoken-bridge.jp

相続税の時効期間と同様に贈与税における時効期間も、いくつかの条件を満たすことで延長される傾向にあります。例えば、悪意があると判断されない未申告の際には6年間の時効期限が設けられることとなりますが、悪質なケースであると認められる場合には、時効期限が7年に延長されることもあるため、なぜ贈与税の時効期間が延長されるのかを十分に把握しておく必要があります。

贈与税がばれることを恐れず無税で行う方法

贈与税がばれることなく無税で行う方法とは?

出典: https://hoken-bridge.jp

贈与税がばれることなく無税で行う方法としては、さまざまな条件を満たす必要があります。主な条件としては、1年間の贈与金額や贈与の種類などといった点が挙げられます。また、相続時精算課税制度を活用することで一時的に贈与税を非課税にすることが可能となるので、なぜ贈与税が課されないのかという点をしっかりと理解しておくことも重要となってきます。

①年間110万円までは非課税

出典: https://hoken-bridge.jp

贈与税が無税となる方法として、1年間における贈与の金額が110万円までは非課税となるといった点が挙げられます。贈与税には基礎控除という制度が設けられており、基礎控除の金額は110万円と統一されているため、贈与の対象となる財産の金額が110万円を下回る際には、無税で贈与を行うことが可能となります。

②生活費であれば贈与にならない

出典: https://hoken-bridge.jp

1年間の贈与金額と同様に、生活費であれば贈与にならないといった点が挙げられます。例えば、生活を共にしている子供や両親などといった家族の食費に充てた費用は贈与税の対象とはなりません。また、子供に仕送りをする際にも贈与税は課されません。

③住宅取得資金等の贈与

出典: https://hoken-bridge.jp

贈与税が無税となる方法として、住宅取得資金などの贈与といった方法も挙げられます。住宅資金の贈与の際には、最大で3000万円ほどが非課税となる特例が設けられているため、数多くの人々が実践している方法とされています。しかし、この特例を活用するためには、さまざまな条件を満たす必要があるので注意してください。

④教育資金の一括贈与

出典: http://onebig10.blog36.fc2.com

住宅取得資金の贈与と同様に、教育資金の一括贈与の際にも特例が設けられています。例えば、自分の子供が満30歳を下回っているケースでは、最大1500万円ほどの贈与が非課税の対象となります。しかし、予備校や家庭教師などといった場合は特例の対象外となっているので注意が必要です。

⑤贈与税の配偶者控除

出典: https://hoken-bridge.jp

配偶者への贈与の際にも、無税で行うことが可能とされています。配偶者に自身の財産を贈与するケースでは、最大で2000万円の控除を受けることができますが、贈与の対象が不動産のみとなっている点や、婚姻の期間が20年を上回っているなどといった条件が設けられています。

⑥結婚や子育ての資金の一括贈与

出典: https://blog.hanauta18.com

結婚や子育ての資金を一括贈与する際にも、無税で行える方法が存在します。例えば、自分の子供が定められた年齢の範囲内である場合には、結婚資金として最大300万円までが非課税の対象となり、子育て資金と合わせると1000万円ほどの非課税が適用されることとなります。

⑦障がい者への贈与

出典: http://onebig10.blog36.fc2.com

障がい者への贈与の際には、定められた条件を満たすことによって無税で贈与することが可能となります。例えば、特別障がい害に認定されている人物への贈与の際には、最大で6000万円までの金額が非課税となります。しかし、この特例を活用するには、所轄の税務署に各申請書類を提出する必要があるので注意してください。

⑧相続時精算課税制度で一時的に非課税

出典: https://hoken-bridge.jp

贈与を無税で行う方法として、相続時精算課税制度を利用するといった方法も挙げられます。この制度を活用することによって最大2500万円ほどの控除が可能となりますが、相続時精算課税制度は一度しか使用することができない仕組みとなっているので注意が必要です。

贈与税は税務署にばれるのかまとめ

贈与税における主な仕組みから、贈与税がばれる可能性やそのタイミングなどについて紹介してきました。いかがでしたでしょうか?私たちの暮らしにおいて非常に身近な存在となっている贈与税には、いくつかのルールが設けられています。そのため、そのルールをしっかりと理解して、贈与税の仕組みを上手く活用することが重要となります。今回紹介した贈与税における情報などを参考に、正しい贈与税の知識を身に付けてください。

Thumb生前贈与の贈与税は非課税になる!条件や手続き方法などまとめて紹介!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ