消費税の歴史とは?日本での導入や増税の経緯や理由などまとめ!

消費税の歴史は古いものだという認識が多いようです。しかし、消費税の導入から増税に至るまでの歴史は比較的新しく、消費税の導入理由が今後の増税へと影響する要因なのです。そこで、消費税の導入理由や歴史に触れながら、消費税の増税理由までをまとめています。

消費税の歴史とは?日本での導入や増税の経緯や理由などまとめ!のイメージ

目次

  1. 消費税導入の歴史や経緯を解説!
  2. 消費税が日本に導入された理由とは?
  3. 消費税導入の歴史・経緯とは?
  4. 消費税が増税される理由とは?
  5. 消費税導入の歴史や経緯のまとめ

消費税導入の歴史や経緯を解説!

出典: https://www.mag2.com

身近にある消費税が、今後は増税予定となっていますので、なぜ消費税が増税されるのかという事を深く理解しておく事が大切です。そこで、消費税の増税へと至る理由が消費税の導入理由が大きく影響しているという事ですので、消費税の導入理由から今後の増税理由までを、消費税の歴史に触れながら解説していきます。

消費税が日本に導入された理由とは?

消費税とは?

出典: http://ksgism.com

消費税の理由を探る前に、そもそも消費税とは何かという事を明確にしておく必要があります。消費税とは名称の通り消費に対して課せられる税金なのですが、消費税の対象になるのが「物やサービス」だという事です。そして消費税は「間接税」の1つで、実際に国へ消費税を納付するのが事業者なのです。また、消費税には「個別消費税」という消費税もあり、タバコやお酒などを消費税の課税対象としているという事も特徴です。

個別に課税するという問題を解決するため

出典: http://www.yikeer.com

消費税が日本に導入された理由の1つとして、個別に課税するという問題を解決するためです。実は消費税が日本に導入される前に、消費税の代わりに「物品税」という間接税がありました。その商品としては「毛皮製品・水上スキー・一般的な家具・ゴルフ用品」が該当し、一方で物品税が課せられない商品として「絹織物・毛織物・テニス用品・桐製の家具・スキー用品」などがありました。

出典: https://www.golfdigest.co.jp

これらの物品税として、課せられる商品の特徴は贅沢品であるという事です。しかし、国民の生活水準が上がるにつれて、贅沢品に手が届く消費者が増加してきたという事によって、贅沢品の基準が曖昧になってくるという事が問題視されるようになったのです。そこで、物品税の特徴である個別に課税するという事をなくす方法として、消費税の導入に至ったという理由があります。

税制全体のバランスを図るため

出典: http://rihamemo.blog.jp

戦後の日本は高度経済成長期という事で、所得税を中心に経済の安定を図っていました。しかし、経済の発展と同時に消費税を導入する必要がある理由が生じてきたのです。その消費税の導入理由として、現在の消費税の課税対象である物やサービスの多様化だという事です。そして、消費税の対象である物やサービスが多様化する事によって、当然税制の不均衡が生じてきます。

出典: https://www.motivation-up.com

また、物やサービスの多様化に沿った制度が出てきたという事も不均衡の要因です。そこで、このような問題に対処するために、税制全体のバランスを保つ目的で消費税の導入に至ったという理由があります。

高齢化社会に備えるため

出典: https://matome.naver.jp

次に消費税が導入された理由として「高齢化社会に備える」という事が消費税の導入に至った理由です。なぜなら、高齢化社会では所得税では経済の財源を賄う事が困難になってきたからです。上述では、所得税を中心に経済の安定化を図っているという事に触れていましたが、その所得税を納付している人の大半が20~64歳です。

出典: https://gentosha-go.com

しかし、当然高齢化社会となれば、経済の中心である所得税は激減してしまうのですから、経済の財源は枯渇してしまうのです。そこで、税制全体のバランスを図るという事と同時に消費税を導入する事によって、世代への不公平や重税負担の軽減する事が出来ます。やはり、消費税の導入へと至らなかった場合を考えると、福祉施設や年金などの支出にも対応する事が出来なくなるでしょう。

Thumb個人事業主の消費税基礎知識!免除の条件や申告期限などを徹底解説!

消費税導入の歴史・経緯とは?

出典: http://and-plus.net

上述では消費税が導入に至った理由を解説していましたが、消費税の導入理由から消費税がいつ導入されたのかを推測すると、消費税の歴史は比較的新しいという事が分かります。そこで、消費税の導入へと至った理由を意識しておき、消費税が実際にいつ頃導入に至ったのかの歴史や、消費税導入後の経緯をここで解説していきます。

1989年に消費税が導入された

出典: https://bkmr.booklive.jp

消費税は30年前の1989年に導入されたという歴史があります。消費税導入の歴史は、消費税法が昭和63年12月30日に施行され、平成元年4月1日から実施されているという事になりますので、当時の内閣は、竹下内閣の時に可決成立されたという事が分かります。

消費税導入の初期は3%だった

出典: http://columbiacomp.com

現在は消費税が8%ですが、今後は消費税の増税によって10%になります。消費税の増税は非常に身近な響きのように感じるのですが、消費税導入初期ではなんと3%だったのです。消費税の増税に関しての経緯としては、消費税導入から8年目(1997年)に消費税が5%になりました。

出典: https://atarimae.biz

その後消費税の増税が17年後(2014年)で消費税が8%になったという経緯です。この消費税の導入の年月にはパターンがみられませんが、後述で解説する消費税10%と比較してみましょう。

消費税導入から現在の財源割合

出典: https://blog.apar.jp

消費税の導入から30年が経過したという事が分かりましたが、消費税がどの程度重視されているのでしょうか。そこで、日本の予算に関する財務省の資料から課税率を確認すると「所得税52.6%・資産税13.7%・消費税33.7%」となっています。この課税率から考察すると、日本の中心になっていた所得税の水準と消費税の水準が近いので、現在は消費税も財源確保として重要な税制のようです。

消費税が増税される理由とは?

出典: https://ameblo.jp

消費税の導入初期が3%であった頃からその後の消費税増税によって、消費税が10%になるという事です。消費税の導入理由から消費税の増税への経緯を確認しても、消費税が増税となる理由に検討が付きません。そこで、ここでは消費税が増税となる理由を明確にしていきます。消費税の増税理由からパターンを探り、今後どの程度の消費税になるのか、予測を立ててみるのも良いかもしれません。

社会保障費の財源確保や不足を補うため

出典: https://gentosha-go.com

消費税が増税の理由は、やはり消費税の導入へと至った理由が関係してくるようです。現在の大きな問題だというと察しが付きますが、高齢化社会が原因から「社会保障の財源確保」だという事です。そして、消費税が何に用いられるのかという事も影響し、国の抱える借金の返済や、年金、教育、医療だという事です。特に医療に関しては高齢化社会に伴い、ますます医療費の不足が増進するという事が消費税の増税へと至る理由でしょう。

安定的な税収の見込みがあるため

出典: https://i2.wp.com

消費税が増税される理由として、消費税は財政悪化に影響される税制ではないという事です。なぜなら、生活をしていく上で消費活動が欠かせないものだからです。また、消費税以外の財源確保の割合として高かった法人税や所得税などは、消費税と比較して経済情勢に左右されるものであるという事です。やはり、消費税は国民全体で負担するものという事ですので、安定的な税収の見込みが消費税増税の理由です。

消費税が10%に増税されるのはいつ?

出典: https://www.aoitax.com

それでは、消費税が10%に増税されるのがいつなのかという事を確認しておきましょう。消費税が10%に増税されるのは「2019年10月」に消費税の増税を予定しています。あくまで予定だという事ですが、実は消費税の増税は2度の延期を経て今回の消費税の増税へと至っているという事なのです。

消費税増税がなぜ延期になったのか?

出典: https://eigo-knockout.com

上述では消費税の増税が延期になったという事なのですが、消費税の増税はなぜ延期になったのでしょうか。そこで、消費税増税が延期になった理由として「景気の悪化」がキーワードです。なぜなら、1度目の消費税増税の延期は景気の悪化による延期、そして2度目は景気の悪化を懸念しての延期だという事だからです。やはり、消費税の増税は国民への負担を強いるという事になりますので、慎重に行う必要があるようです。

Thumb消費税の使い道をわかりやすく解説!増税の理由や具体例まとめ!

消費税導入の歴史や経緯のまとめ

出典: https://fx-university.com

消費税導入の理由から実際に消費税の歴史までを確認すると、消費税は財源確保として重要な税制であるという事が分かりました。消費税の導入時期は、現在の若年層だと深く考える必要がない時期ですので、消費税の歴史は古いものだという認識の人が多いでしょう。しかし、消費税導入の理由や歴史から、重要な税制であるという事が分かりましたので、今後消費税に触れる場合は、理由から歴史までを把握していると面白いでしょう。

Thumb消費税還付の条件とは?不動産投資の仕組みや申告方法などまとめ!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ