喪中にやってはいけないことまとめ!知っておきたい禁止事項を紹介!

喪中にやってはいけないことについて、まとめたものを具体的にご紹介していきます。喪中についてはとても繊細な期間として、禁止事項も定められています。年賀状のやり取りや新年会なども含めて、喪中にやってはいけないことについて解説を行っていきます。

喪中にやってはいけないことまとめ!知っておきたい禁止事項を紹介!のイメージ

目次

  1. 喪中にやってはいけないこと・禁止事項を解説
  2. 喪中とは何か?
  3. 喪中にやってはいけないことや禁止事項とは?
  4. 喪中期間中にやっても許されることとは?
  5. 喪中期間中の旅行は避けるべき?
  6. 喪中期間中には何をするべき?
  7. 喪中にやってはいけないこと・禁止事項のまとめ

喪中にやってはいけないこと・禁止事項を解説

出典: https://www.kouden-guide.info

喪中にやってはいけないことや禁止事項に注目をして、具体的に喪中にやってはいけないことについての解説を行っていきます。喪中とは日本古来の考え方でもありますが、現在でも受け継がれている大切な風習です。故人を悼む期間としても大切な時期であり禁止事項も理解しておく必要があります。喪中という時期を乗り切るための考え方を確認していきます。

喪中とは何か?

儀礼的禁忌状態

出典: https://www.britneyspearsbelieve.com

まず、喪中とは何かといったところから解説を進めていきます。喪中とは、身近な人やそれに類する存在の人が亡くなった場合に、それを悲しむ期間として過ごす時期のことを指します。日常生活とは異なる心持ちや考え方が必要となる期間でもあり、儀礼的禁忌状態とも呼ばれます。いずれにしても故人を悼むための大切な期間として設けられています。

心を寄せる人の死でも喪に服す

出典: https://www.britneyspearsbelieve.com

一般的には家族や親族などの死によって喪中に入ることが多いですが、最近ではペットの死に対して喪に服すという考え方も広まってきています。心を寄せるものが亡くなった場合も喪中という考え方を適用することができます。そのため、身近な家族や親族の他、知人や友人、恋人の死、あるいは自分が応援している有名人の死で喪に服することもあります。

喪中の範囲や期間とは?

出典: https://www.kaiunsimplelife.com

喪中の範囲については、心を寄せるものという広い範囲になることもあることを理解しておきたいところです。実際には、親族や家族が対象として考えが広まってきたのが喪中というものです。その範囲としては、3親等以内に関して定義していることが一般的です。3親等以降に関して喪に服してはいけないということではないので、あくまでも定義上の話です。

0親等から3親等

出典: https://www.kouden-guide.info

自分の配偶者が0親等となり、父母や配偶者の父母、子供が1親等という扱いになります。2親等については、自分自身の兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者、祖父母と孫、配偶者の兄弟姉妹、さらに配偶者の兄弟姉妹や祖父母などが当てはまります。3親等では自分自身のおじやおば、おじやおばの配偶者、甥や姪が当てはまります。こうした範囲が一般的です。

関係性に応じた喪中期間

出典: https://ccccclub.net

喪中となる期間についても、自分との関係性に応じて一定の日数が定められています。例えば、父親や母親が亡くなった場合の喪中期間は13ヶ月となっています。一般的に喪中と呼ばれる期間は1年間という考え方が浸透していますが、正式には13ヶ月という期間となります。夫が亡くなった場合も13ヶ月です。妻の場合は90日となっているのが注意点です。

現代社会の考え方も照らし合わせる

出典: https://koureisya-blog.info

仏教上の考え方として、妻が亡くなった場合の喪中期間は90日となっていますが、これは現代にはそぐわない考え方と言えます。したがって、親子や配偶者が亡くなった場合の喪中期間については1年程度と考えておくのが自然です。兄弟姉妹が亡くなった場合も仏教上では90日間となっていますが、これも現代社会に照らし合わせると1年間がベターです。

喪中と忌中の違いとは?

出典: https://chienominoessence.com

喪中の考え方や範囲、期間について確認していますが、喪中と忌中の違いについても理解しておきたいところです。喪中と忌中については、両者とも近親者や心を寄せるものが亡くなった際に、一定期間身を慎むという考え方に変わりはありません。両者の違いとしては、期間の長さにあります。忌中の場合は亡くなった方に関係なく、一律の期間となっています。

期間の違いに留意する

出典: https://tenmarucomama.com

具体的に忌中の期間については、仏式で故人の死から四十九日、神式では五十日と定められています。仏式の場合は四十九日の法要が終了した段階で忌明けと呼ばれる期間に入ります。同様に神式の場合は五十日の法要が終了した段階で、忌明けに入ります。喪中との違いとして期間を意識しておくことが大切です。喪中の場合は一般的に1年の期間があります。

Thumb喪中はがきの切手の種類やマナーを徹底解説!購入できる場所は?

喪中にやってはいけないことや禁止事項とは?

喪中にやってはいけないことの確認

出典: https://nichijou-kissa.com

喪中についての理解を深めていく中で、その範囲や期間、忌中との違いについて確認しておくことがポイントです。その上で、ここからは喪中にやってはいけないことや禁止事項について具体的にご紹介していきます。近親者や心を寄せるものが亡くなるのはとても悲しいことです。その気持ちを大切にするために、禁止事項をしっかりと理解する必要があります。

年賀状や新年会

出典: https://miyagi-ohaka.com

喪中にやってはいけないことや禁止事項という点では、年賀状の送付や新年会を挙げることができます。年賀状の送付や新年の挨拶に関しては、喪中にはやらないこととして常識となっています。年賀状をやり取りしている相手に対しては、事前に喪中はがきを送ることが求められます。それによって自身が喪中であることを理解してもらうことが求められます。

新年会への参加も断る

出典: https://www.britneyspearsbelieve.com

新年会に関しても、新年になったことをお祝いする意味合いが強いため、喪中には避けられるべき禁止事項として一般的となっています。喪中には身内の喪に服することが大きな目的であり、お祝い事に参加するのは良しとはされていません。年賀状もそうですが、新年会への出席も取りやめることによって、身内の不幸があったことと向き合うことが大切です。

年賀状の代わりに寒中見舞いを出す

出典: https://fooline.net

年賀状の送付や新年会への参加については、喪中にやってはいけないこととして理解しておく必要があります。喪中はがきを出したにも関わらず年賀状が送られてきたり、年末に不幸があったりした場合は相手から年賀状が届いてしまうこともあります。その際もこちらから年賀状を送付するのは禁止事項です。年賀状の代わりに寒中見舞いを出すことが常識です。

松の内を過ぎてから送る

出典: https://nayamimuyo.info

相手によっては、喪中であることを知らずに年賀状を出してしまうこともあります。その場合は、年賀状をくれた相手に対して、お返事として寒中見舞いを利用するのです。寒中見舞いについては、松の内があけてからがベストです。1月1日から7日までは松の内とされています。それ以降で、2月4日頃の立春までの間であれば寒中見舞いを送るのに最適です。

神社への初詣

出典: https://biteki-seikatu.com

喪中の禁止事項として年賀状の送付や新年会への出席を挙げていますが、さらに神社への初詣も禁止事項として覚えておきたいところです。神社は死を穢れと捉える場所であり、喪中や忌中に訪れる場所としては相応しくありません。寺院ではそういった考え方はないので、訪れても問題ありません。喪中は神社への初詣もできないと理解しておくことが大切です。

神道の喪中期間は要注意

出典: https://mildresearch.com

特に神道の忌中期間に当たる50日間に関しては、神社に参拝することも鳥居をくぐることもしてはならない機関として定められています。神社によっては、13ヶ月間の喪中期間を終了しても参拝をお断りするというケースもあります。それぐらい死に対する抵抗感が強い場所と言えます。どうしてもお参りをしたいという場合は、お寺を訪れることが賢明です。

お年玉をあげる

出典: https://benriyanetjapan.com

新年会や年賀状の送付、神社への参拝なども含めて、喪中の禁止事項を適切に把握しておくことが求められます。その中でお年玉をあげることも禁止事項として理解しておきたいです。お年玉はもともと神様からの贈り物を意味していたと言われています。そのため、喪中にも避けるべき行為として浸透しています。子供にあげるのも避けておきたいところです。

お小遣いの感覚であげるのは悪くない

出典: https://sk-utorix2.com

しかし、お年玉に関しては儀礼的な意味合いが薄まっているということもあり、実家や親戚からのお小遣いという感覚で渡されることも多いです。そのため、喪中でも必ずしも渡してはいけないということではありません。喪中にお年玉をあげる場合は、ポチ袋に入れるのを避けておきたいです。ポチ袋にはおめでたいニュアンスが含まれているためです。

おせち料理や年越しそば

出典: http://www.nikuine-press.com

喪中の禁止事項としては、おせち料理や年越しそばを挙げることもできます。おせち料理に関しては、まさにお正月をお祝いするための料理であり、喪中には控えておくのが賢明です。紅白のかまぼこや海老、タイといった食べ物はおめでたいことを意味する料理です。おめでたい料理を除いていれば、必ずしもおせち料理を食べていけないことはありません。

年越しそばは考え方によっては可

出典: https://www.akazake.com

また、年越しそばに関しては喪中に控えるべきだという意見もありますが、長寿を願うことや1年の厄を落とすといった意味合いで食べるのであれば、食べても問題ないとされる意見が一般的です。年越しすることをお祝いするというニュアンスが強くなると別問題ですが、そうでなければ問題ありません。多くの人で騒いだりお祝いしたりすることは禁止です。

結婚式を挙げる・出席する

出典: https://tenmarucomama.com

喪中にやってはいけないことや禁止事項としては、結婚式についても理解を深めておく必要があります。喪中には何かをお祝いしたりお祝いされたりする行為が忌み嫌われます。その点において、結婚式を挙げることや出席することも基本的には禁止事項として扱われています。万一、友人や知人の結婚式に招待されていた場合は、お断りするのが常識です。

忌明けには参加して良いことも

出典: https://belcy.jp

特に忌中と呼ばれる仏教上の四十九日の間に行われる結婚式については、確実に出席をお断りしておくのが無難です。忌明けと呼ばれる四十九日以降であれば、結婚式に出席しても問題ないという意見もあります。ただし、自分自身の気持ちと向き合うことも大切です。相手を素直にお祝いできるような状態でなければ、出席を取りやめることが求められます。

結婚式の二次会も原則は断る

出典: https://smile-knowledge.com

また、結婚式ではなくても結婚式の二次会に招待されていることもあります。二次会に関しても基本的にはお祝い事の1つと見なされる会であり、喪中の参加は控えておくことが重要です。個人の感情として出席しても問題なければ出ても構いません。一般論としては出席を避けるべきなのが喪中という期間です。その辺も踏まえつつ、判断を下す必要があります。

自分たちの結婚式の場合

出典: https://st160620.com

自分たちが結婚式を挙げる場合も基本的には喪中を避けることが重要です。自分や相手の親族や家族が亡くなったケースでも、結婚式のようなお祝い事は忌み嫌われる傾向にあります。ただし、すでに会場を手配していたり、出席者に招待状を送ったりしてしまっている場合もあります。止むを得ずに開催することもあるので、柔軟に対応することが重要です。

喪中であることをきちんと知らせる

出典: http://ufufu-style.com

新年会への出席や神社への初詣などが禁止事項として当てはまりますが、喪中の場合は関係者に自分たちが喪中であることを伝えておくことが大切です。そうしないと、年賀状や結婚式の招待状などが届いてしまいます。相手に無駄な時間を使わせないためにも、こちらが気を遣うことが大切です。そのことも含めて禁止事項を行わないことが求められます。

Thumb喪中期間中に結婚式に出席してもいい?マナーや断り方の注意点も紹介!

喪中期間中にやっても許されることとは?

やっても許されることを確認

出典: https://okulist.jp

神社への参拝や年賀状の送付、新年会への出席や結婚式への出席など、喪中にはやってはいけないことが多くあることを理解しておくことがポイントです。それを理解した上で、喪中期間中にやっても許されることを確認していきます。喪中だからと言って何でもかんでも禁止されるわけではありません。禁止事項とそうでないものを分けておくことが大切です。

お中元やお歳暮は問題ない

出典: https://tomboykosodate.com

新年会への出席や年賀状の送付は禁止されていますが、喪中でもお中元やお歳暮の送付に関しては問題なく行うことができます。これは自分が喪中の場合もそうですが、相手が喪中の場合でも特に問題視される行動ではありません。お中元やお歳暮は日頃の感謝の気持ちを伝える意味合いが強いからです。お祝い事ではないので、禁止されていないということです。

初詣をする場合はお寺へ

出典: http://www.inabado.jp

また、喪中にやっても許されることとしては、お寺へ初詣に行くことも問題ありません。神社の場合は人の死を穢れとして見なす風習があるので、神社への初詣は禁止されています。一方で、お寺の場合は神社のように人の死を穢れと捉える風習がありません。そのため、喪中に初詣や参拝をしたい場合はお寺に行くのが賢明です。それは特に問題のない行動です。

神社は考え方がさまざま

出典: https://richlife100.com

神社の場合でも、神道の喪中期間に当たる五十日祭が過ぎて忌明けを迎えていれば初詣をしても構わないケースがあります。一方で、13ヶ月の喪中を過ぎても参拝してはならないという神社もあります。地域や神社によって考え方が違うことも多いのです。神社ごとの考え方を理解するのも難しい部分があります。その点でも喪中はお寺に参拝するのが賢明です。

Thumb喪中の年賀状基本マナーを徹底解説!返信や寒中見舞いはどうする?

喪中期間中の旅行は避けるべき?

喪中と旅行の関係について

出典: https://e-concern.com

新年会や神社への初詣など、喪中にやってはいけないことについて整理して理解することが求められます。その中で、喪中期間中の旅行についても是非を検討していきます。普段から旅行が好きな方であれば、喪中であっても旅行に行きたいと考えることもあります。また、事前に旅行に行く予定を立てて予約していた場合のキャンセル料についても確認します。

喪中に旅行に行くことを控えるべきという風潮がある

出典: https://tashikameyo.com

喪中に旅行に行くことに関しては、控えるべきだという風潮があることも事実です。旅行は何かのお祝い事というわけではありませんが、娯楽の一部として見なされる行為です。何かのお祝いであれば確実に避けるべきですが、単なる娯楽の場合は意見が割れることもあります。ただし、喪中や忌中には旅行をしない方が良いという意見が多いのも事実です。

旅行をキャンセルした場合のキャンセル料は?

出典: https://eerup.info

喪中や忌中には旅行に行くのを避けるべきだという風潮があり、実際に旅行をキャンセル方も少なくありません。旅行をキャンセルした場合のキャンセル料についても気になるところです。実際に、喪中や忌中であることを原因に旅行をキャンセルしても、代金を返金してもらうことはできません。旅行会社は準備を進めているので、返金はないということです。

キャンセル料の徴収にも注意

出典: https://neverendingstory.jp

また、キャンセルした日にちによってはキャンセル料が取られることもあります。これは通常の旅行のキャンセルと同じで、キャンセルした日にちによって旅行代金の数十%がキャンセル料として徴収されるので、注意をしておく必要があります。喪中や忌中であることを理由に21日前までにキャンセルすれば、国内旅行の場合はキャンセル料は取られません。

近所など周囲の目が気になる場合

出典: https://news-trip555.com

基本的に喪中に旅行に行くことは避けておきたいですが、どうしても旅行に行きたいと感じることもあります。しかし、それでも近所などの周囲の目が気になって思うように行動できないこともあります。その場合は地域の考え方や風習と照らし合わせることが大切です。また、残された家族や信頼できる方に相談した上で行動に移すことがおすすめです。

人の意見を聞いてみる

出典: https://neverendingstory.jp

喪中や忌中であっても、絶対に旅行に行ってはいけないというわけではありません。ただし、地域の風習や家族の考え方などを総合的に勘案した中で行動をすることが大切です。周囲の目を気にしすぎても良くありませんが、全く気にしないのも良くないことです。さまざまな人の意見を聞きながら自分たちの心に問いかけることで判断をすることが大切です。

四十九日が明けるまでは避けるべき

出典: https://simple-step1626.com

地域の考え方や風習に従うべき点もありますが、できれば四十九日が明けるまでは旅行に行くのは避けておきたいところです。四十九日は仏教における忌中と呼ばれる期間でもあり、喪中よりもさらに強く喪に服する期間として定義されています。日本人の多くは穢れを恐れる習慣を持っているので、穢れを取り払う時期までは旅行を避けることが求められます。

喪中期間中の旅行は特に禁止事項ではない

出典: https://ccccclub.net

娯楽と見なされる旅行に関しては、何かをお祝いしたりおめでたいことをしたりするわけではないので、明確に禁止されているわけではありません。それでも忌中に旅行に行くのは避けておきたいのが実際のところです。最終的にはご自身の判断になります。旅行に行くことで精神的にリフレッシュできるという利点もあるので、必ずしもマイナスではありません。

こじんまりと楽しむ

出典: http://www.reincarnation123.com

喪中や忌中というのは、精神的に不安定になりがちでストレスも溜まりやすい時期です。その溜まったストレスを解放してあげるという意味では旅行は効果的な手段と言えます。旅行に行くことで気分転換を図れると感じる場合は、周囲に忍びつつ行っても問題ありません。あまり大々的に周囲に伝えるのではなく、こじんまりと旅行を楽しむことがおすすめです。

Thumb喪中の人への寒中見舞いのマナーや例文集!ハガキを送る時期はいつ?

喪中期間中には何をするべき?

喪中期間中にやるべきことの確認

出典: https://www.osohshiki.jp

新年会や神社への初詣なども含めて、喪中にやってはいけないことも複数あります。新年会とは違って旅行のように意見が割れることもあります。改めて、その辺の考え方を整理して理解しておくことが大切です。ここからは喪中期間中に何をするべきなのかについて焦点を当てていきます。喪中期間中に率先して行った方が良いことについても確認していきます。

亡くなった人へ冥福を祈る

出典: http://koyoinoneta.com

喪中期間中にやるべきこととしては、亡くなった人へ冥福を祈ることが挙げられます。まずは故人への冥福をすることが喪中期間中で最も大切なことだと言えます。家族や親族などの別れはとても辛いものであり、なかなか精神的に落ち着かないこともあります。それでも今まで生きていてくれたことに感謝しつつ、精神的なつながりを持っておくことが大切です。

自身の心を落ち着ける

出典: https://www.britneyspearsbelieve.com

故人への冥福を祈ることによって、自分自身の心を落ち着けるという効果にも期待することができます。亡くなって間もない頃は深い悲しみに包まれて、なかなか普段の心持ちを取り戻すことが難しいこともあります。しかし、時間の経過と共に徐々に普段の生活を取り戻すことができます。時間はかかりますが、ゆっくりと平常の気持ちに戻すことも大切です。

喪中はがきを作成する

出典: https://seniorguide.jp

亡くなった方への冥福を祈ることも重要ですが、喪中期間中にやるべきこととしては喪中はがきを作成することも挙げられます。喪中は年賀状の送付や新年会への参加はできません。そのことを伝える意味でも、毎年やり取りしている方に対しては喪中はがきを送ることが求められます。喪中はがきは11月下旬から12月上旬にかけて出すのが一般的な常識です。

忌明けには香典返しを行う

出典: http://www.copce-ibaraki.com

仏教で言う四十九日、神道で言う五十日の忌明けには香典返しを行うことも必要な事項です。弔問していただいた方に対して、香典返しをすることで感謝の気持ちを表現します。香典返しについては、弔問の際にいただいた金額の半分を返すのがマナーとなっています。直接渡せればベストですが、郵送によって送る場合は挨拶状も添えて送るのが賢明です。

納骨・埋葬

出典: https://e-isiyasan.com

仏教の慣わしでは、初七日と三十五日、そして四十九日に納骨と埋葬を行うことになります。これも喪中期間中に行うべき大切な儀式であり、故人との適切な別れを悼む機会となります。四十九日の納骨と埋葬が終了すると正式に忌明けという段階になります。少なくとも四十九日が明けるまでは、深い悼みの気持ちを持って故人と向き合うことが求められます。

お金・保険関係でやるべきこと

出典: https://hoken-bridge.jp

お金関係や保険関係でやっておくべきこともあります。遺産相続や預貯金の引き出し、生命保険や年金の請求といったことに関しても喪中にやっておく必要があります。特に遺産相続については家族や親族間でもめることもあります。その場合は弁護士や税理士に相談することも大切です。生命保険や年金に関しても、関係各所に請求することが求められます。

やるべきこととそうでないことを区別する

出典: https://shuhulife.com

新年会や年賀状の送付などのやってはいけないことと、喪中期間中にやっておくべきことをしっかりと区別して理解しておくことが大切です。家族や親族との別れはそう何度も経験することではないので、不慣れな部分があることもあります。その辺も踏まえて、事前に確認しておくべきことを整理しておくことがポイントです。

Thumb喪中にお年玉をあげるのはNG?マナーやポチ袋の書き方まで紹介!

喪中にやってはいけないこと・禁止事項のまとめ

出典: https://memories-in-time.net

喪中にやってはいけないことに焦点を当てて、具体的な禁止事項を含めてご紹介してきました。神社への初詣や新年会、年賀状の送付など、個々の事例についての理解を深めておくことがポイントです。喪中は故人への喪に服する時間でもあります。故人を悼みつつ、自分自身の気持ちを整理する貴重な時間として、大切に過ごしていくことが求められます。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ