消費税の使い道をわかりやすく解説!増税の理由や具体例まとめ!

すべての商品やサービスに対して課税される消費税には、様々な使い道があります。また、近年では消費税の増税に関するニュースを耳にする機会も増えているため、しっかりと仕組みを理解することが大切です。今回は消費税の使い道や、増税の理由などについて紹介していきます。

消費税の使い道をわかりやすく解説!増税の理由や具体例まとめ!のイメージ

目次

  1. 消費税の気になる使い道とは?
  2. 消費税の使い道の具体例をわかりやすく紹介!
  3. 消費税は主にどこで使われているのか?
  4. 消費税が増税される理由とは?
  5. 消費税には様々な使い道があった

消費税の気になる使い道とは?

出典: https://www.major7.net

日々の生活に最も直結している消費税には、さまざまな使い道が存在しています。また、現在では消費税における税収金額が約20兆円ほどにのぼると言われています。しかし、近年では消費税の税率が上がり続けている傾向にあり、2019年10月には10%に増税されるため、しっかりと消費税の仕組みを把握しておくことが重要となります。今回は、消費税の使い道や増税の理由などについて、初心者にもわかりやすくまとめています。

Thumb個人事業主の消費税基礎知識!免除の条件や申告期限などを徹底解説!

消費税の使い道の具体例をわかりやすく紹介!

消費税とは?

出典: https://www.major7.net

消費税とは、提供されているすべての商品やサービスに課税される間接税のことを言います。また、消費税は1989年の税制改正によって導入されました。消費税における実施当初の税率は3%となっていましたが、段階的に税率が引き上げられ、現在では8%の税率で推移しています。しかし、2019年10月には消費税の税率が10%に引き上げられるため、いくつかの弊害が問題視されています。

消費税の主な使い道とは?

出典: https://www.major7.net

消費税の使い道における主な内訳としては、年金や社会保障費などが挙げられます。また、高齢化社会が進んでいる日本において、必要不可欠となっている介護費用にも消費税が使われています。さらに、将来世代をサポートするために教育費や子育て支援などにも使われており、その使い道は多種多様となっています。

年金として使われている

出典: https://www.major7.net

消費税における代表的な使い道の内訳として、年金への使用が挙げられます。年金には、国が管理する公的年金や民間で管理する私的年金の2種類があり、公的年金においては強制加入が義務付けられています。また、高齢化社会に伴い、国民が負担する金額も年々増加している傾向にあるため、しっかりと仕組みを理解しておくことが重要となってきます。

社会保障費として使われている

出典: https://www.major7.net

社会保障費も、消費税における代表的な使い道の内訳として挙げられます。社会保障とは、医療や介護のサービスを受ける際に自己負担分の一部を、国や地方公共団体が賄う制度のことで、現在では30兆円を超える社会保障費が発生していると言われています。また、近年では社会保障費の増大によって国民の負担が大きくなっているという点も問題視されています。

介護費用の一部として使われている

出典: https://5159289.jp

消費税の使い道における主な内訳のひとつとして、介護費用の一部を担っているといった点も挙げられます。介護費用にはさまざまな種類が存在しており、具体例としては公的な介護保険などがあります。また、各自治体が提供しているサービスも具体例のひとつとなりますが、居住している地域によっては、いくつかの条件を満たす必要があるので注意してください。

子育て支援にも分配されている

出典: https://www.major7.net

介護費用と同様に子育て支援も、消費税の使い道における内訳のひとつとして挙げられます。また、子育て支援にはいくつかの制度があり、主な具体例としては、児童手当や各地域に設けられている施設でのサービスなどがあります。さらに、子供の医療費や図書館においても、子育て支援の一環として消費税が使われています。

公共事業費の一部として使われている

出典: https://www.major7.net

消費税の使い道に関する主な内訳として、公共事業費の一部を賄っているという点も挙げられます。公共事業にもさまざまな種類が存在しており、代表的な具体例としては道路整備や上下水道の管理などがあります。また、バスなどの公共交通機関やゴミ収集などといったサービスも公共事業費のひとつとして分類されています。

教育費の一部として使われている

出典: http://onebig10.blog36.fc2.com

消費税の使い道における具体例として、教育費の一部を担っているといった点も挙げられます。また、小学校や中学校などの教育機関で働いている教諭に対して支払う給料も、消費税で賄っている傾向にあります。近年では、消費税の増税におけるニュースを耳にする機会が増えていますが、学校などの教育機関における授業料や教科書などは増税の対象外となっています。

医療費の一部としての使い道について

出典: https://quartet-communications.com

消費税の使い道のひとつとして、医療費への活用も挙げられます。医療費における主な種類としては、健康診断や医療保険などがあります。また、医療薬の開発費用や最先端医療技術の研究にも消費税が使われており、現在ではおよそ40兆円を超える金額が捻出されていると言われています。

海外諸国における消費税の使い道とは?

出典: https://www.digima-japan.com

海外における消費税の使い道は、国々によってさまざまな制度が取り入れられています。また、消費税率も海外諸国によって大きく異なってくる傾向にあり、デンマークやスウェーデンなどの北欧では25%ほどの高い税率が設けられていますが、充実した社会保険制度が実施されているといった特徴があります。また、アジア諸国における消費税率は、平均5%から10%ほどで推移しています。

消費税は主にどこで使われているのか?

2種類の消費税の内訳とは?

出典: https://www.major7.net

消費税の内訳としては、社会保障費と地方交付税の2種類が一般的となっています。特に、日本国内では消費税の多くが社会保障費に用いられている傾向にあり、その金額はおよそ30兆円を上回るとされています。また、社会保障費よりも消費税における税収の方が少ないという現状にあるため、国が借金をして不足分を補うというケースも少なくありません。

国が社会保障費として使っている

出典: https://www.major7.net

消費税における税収の多くが使われている社会保障費には、主に4種類が存在しています。わかりやすく説明すると、社会保障費は年金・医療・介護・子育ての4つに分けられており、その中でも年金における金額が最も大きいとされています。また、消費税で賄いきれない部分は、国債を発行して不足分に充てているため、現在では国の負債が約1000兆円ほどとなっています。

国が地方公布税として分配する

出典: https://www.major7.net

消費税の使い道としては、国が地方交付税として分配しているといった点も挙げられます。地方交付税をわかりやすく説明すると、国から各地方自治体に配られるお金のことで、消費税などといった税金から支出されることが一般的となっています。また、各都道府県によって地方交付税の金額も異なっており、財源が不足している地域により多くの金額が交付されている傾向にあります。

消費税が増税される理由とは?

社会保障費の不足分を補うため

出典: http://www.sapporo-shakyo.or.jp

消費税が増税される大きな理由としては、社会保障費の不足分を補うためといった点が挙げられます。現在では、社会保障費の金額が30兆円を上回るとされており、消費税の税収では補いきれない現状にあるため、消費税の増税を行って不足分を補完するといった目的があると言われています。

少子化対策のため

出典: https://www.major7.net

社会保障費の増大と同様に少子化における対策も、日本国内では非常に重要となっています。海外の先進国に比べて、日本の少子化は急速に進んでいる傾向にあり、日本における出生率は1.43人とされており戦後最低の出生率となっている現状にあります。そのため、日本では共働き支援などといった少子化対策が実施されています。

将来への負担を軽減するため

出典: https://www.major7.net

消費税が増税される理由として、将来への負担を軽減するといった点も挙げられます。現在、日本の負債はおよそ1000兆円にも及ぶとされており、国民一人当たりの借金にわかりやすく換算すると、その金額は800万円を上回ると言われています。そのため、消費税などの増税を実施して歳入を増やすことが目的とされています。

消費税の使い道における現状と将来性

出典: https://www.major7.net

現在、消費税の税率は8%で推移していますが、社会保障費などといった各支出を賄いきることができていない現状にあります。また、不足分を補うための国債も年々増加している傾向にあるため、今後は消費税の税率がさらに引き上げられると予想されています。

消費税には様々な使い道があった

消費税における主な使い道や増税の理由などについて、初心者にもわかりやすく紹介してきました。いかがでしたでしょうか?提供されているすべての商品やサービスに課税される消費税にはさまざまな使い道があります。また、身近な公共サービスを維持するためには消費税の存在が欠かせないものとなっています。今回紹介した消費税に関する情報などを参考に、正しい知識を身に付けていただけると幸いです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ