家計の見直し方のポイントを徹底解説!貯金を増やすためのコツは?

収入を増やすことも大切ではありますが、支出を減らすことも重要なポイントとなり、支出を抑えるためには家計の見直し方を知ることが近道と言っても過言ではありません。そこで今回は、貯金を増やすためのコツとともに「家計の見直し方のポイント」についてまとめています。

家計の見直し方のポイントを徹底解説!貯金を増やすためのコツは?のイメージ

目次

  1. 家計の見直し方はポイントやコツを参考に
  2. 家計の見直し方のポイント
  3. 家計の見直しで固定費の節約方法
  4. 家計の見直しで食費の無駄遣いをなくす方法
  5. 家計の見直しで貯金をふやすコツ
  6. 家計の見直しで家計簿アプリがおすすめ
  7. 家計の見直し方のポイントまとめ

家計の見直し方はポイントやコツを参考に

出典: https://www.lifehacker.jp

生きている中で大きなテーマとして掲げることに貯金があります。そして、貯金をするためには家計の見直しをすることが非常に大切です。無駄遣いを減らすこともでき、貯金をするにあたって大きな効果をもたらします。そこで今回は、家計の見直しポイントや無駄遣いをなくす方法、さらに貯金を増やすコツやおすすめのアプリについて解説していきます。

Thumb家計簿節約見直し術!主婦にもできる簡単な書き方まで解説!

家計の見直し方のポイント

ポイントを知ることで変化が

出典: https://minnkane.com

生活のうえで家計を見直すことにより日々のお金の使い方は大きく変わり、貯金をすることができます。しかし、家計をどのようにして見直せば良いかを知らない人は少なくありません。少しの変化でも大きくお金の使い方は変わり、無駄遣いを減らすこともできるため把握をしておくことが大切です。では、どのような家計の見直し方法があるのでしょうか。

代表的な家計の見直しポイントを紹介

出典: https://www.surugabank.co.jp

ここからは、多くの人が疑問に思っている家計の見直しをする上での大事なポイントを紹介していきます。一人暮らしや結婚をして夫婦二人で生活をしている人、または子供がいる家庭など様々なパターンがありますが、どれもに共通をして言えることです。きちんと把握をしておくことで大きな節約が期待できるため、頭に入れておくことが大切になります。

①支出は3つに分けて考える

出典: https://minnkane.com

家計を見直す際のポイントとして支出に対しての考え方をしっかりと持つことが大切になります。家計を見直すために、大前提として支出を3つに分けて考えることが必要です。この家計における3つの支出とは「固定費」「生活費」「特別費」になります。それぞれを一緒にして考えておくと区別ができていないため節約に繋げることは難しいと言えます。

家計の全てを見直すことが重要

出典: https://www.surugabank.co.jp

上記の3つをきちんと区別をして考えることで家計の全てを見直すことが可能となります。この中のどれか一つを見直したとしても、家計のバランスを変えることは難しいと言えます。理由として固定費を見直すことで変化はありますが、他の見直しができていないため生活費が高くなってしまったりと、余裕が出る分お金がかかる可能性も考えられるからです。

②収入を把握する

出典: https://www.j-cast.com

そして、家計の見直し方として収入を把握することは非常に大切です。うまくお金を貯金できない人の原因でもあり、現状の家計に対して収入がどれほどあるかを知らない場合、間違いなく無駄遣いは増えてしまっています。収入に見合った生活をすることで貯金ができるようになるため、家計を見直すには必要となる要素であると言えます。

第一に考える基本的なこと

出典: https://www.lancers.jp

そのため、収入を把握することは家計の見直し方として第一に考える基本的なことです。当然ですが、収入を知らなければ家計の見直し方の方法すらわからず、何も手をつけることができなくなります。一人暮らし・夫婦共働き・旦那のみの収入など様々なパターンがありますが、家計の見直し方としてまずは収入を把握することを優先的に考える必要があります。

③固定費の見直しポイント

出典: https://setsuyaku-monogatari.net

そして、家計の見直し方として固定費に目を向けることも非常に大切です。固定費とは電気代やガス代、そして水道代や住宅ローンや家賃などを指します。必ず生活をする上でかかってくるお金のことで、固定費の見直しをすることで家計に与える影響は大きく変わっていきます。いかに固定費を抑えることができるかで、毎月節約をすることにも繋がります。

お金がかかるものは仕方ない部分がある

出典: https://setsuyaku-monogatari.net

固定費に関しては、どうしてもお金がかかってしまう部分になるため仕方のないことでもありますが、上記であったように収入に対していくら固定費がかかっているかを把握することで無駄遣いを減らすこともできます。また固定費の考え方としては子供の習い事の月謝を含む場合もあるため、家庭によってまちまちですが、結果的に節約へ繋がり貯金もできます。

④生活費の見直しポイント

出典: https://news.cookpad.com

また、生活費の見直し方次第では家計にかかるお金を減らすこともできます。生活費とは食費や日用品に使うお金のことで、各家庭において必ずかかってくるお金です。しかし、自分たちの収入に見合った生活費で暮らせているかを見直しすることで、無駄遣いを減らして節約することができます。まず、生活費の中でも食費は大きく見直しができるポイントです。

生活費は自分で調整できる

出典: https://macaro-ni.jp

食費を節約するには、簡単に言うと贅沢をしないことが大切になります。生活費は固定費と違い毎月変動するため、自分で調整をすることができるものです。そのため、意識を向けるだけで大きく節約をすることができます。毎月かかっていた生活費を見直し、それを繰り返し行うことで余分に使ってしまっていたお金を貯金に回すことができるようにもなります。

⑤特別費の見直しポイント

出典: https://macaro-ni.jp

そして、家計の中でもあまり見直し方として知られていないものが特別費になります。特別費とは車の保険や生命保険料、家電用品にかけているお金などが挙げられます。見直しの難しさから意識をする人が少なく、家計にかかっているお金の中でも一番管理が難しいものと言えます。では、家計の中でも特別費はどのように見直しをすれば良いのでしょうか。

意識が薄ければ家計は苦しくなる

出典: https://zuuonline.com

特別費の見直し方としてきちんと家計簿をつけることが大切です。特別費は知らない間に使ってしまっているというパターンが多いため、きちんと把握をしておかなければ無駄遣いをしていることになりかねません。意識が薄ければ家計も苦しくなる部分であるため、まずは保険料の見直しや家電は本当に必要なものだけを買うなどの対策が必要となります。

⑥貯蓄の額から問題を把握する

出典: https://minnkane.com

家計の見直し方として貯金額から考えるという方法もあります。考え方は様々なものがあり、全体の収入から生活費や固定費などを引いた金額が貯蓄であるという考え方もできます。もう一つは、収入に対して貯蓄文を引いてから生活費等を割り出すと言う方法です。うまく貯金をするためには収入から必要なお金を引いて貯金分を捻出する方がおすすめです。

問題点を把握して節約をする

出典: https://gigazine.net

貯金をする際に、必ず家計の中で何に最もお金を使ってしまっているかを把握することが大切になります。このことからも、貯蓄をきちんとするためには家計簿をつけることが必要です。貯金ができない場合は、収入に対して使っている金額が適切ではないことが理由として挙げられます。そのため、何が割に合っていないかを把握することがポイントと言えます。

すぐに実行できるものがある

出典: https://macaro-ni.jp

上記からわかるように、家計の見直し方としてすぐに実行できるものがいくつかあります。いつまでも放置をしておくことでは、家計を一向に見直しすることができず貯金も増えないことに繋がります。そのため、行動できることに対してはすぐに動きを見せることが大切です。特に、生活費としてかかっている食費や日用品の部分は改善が即可能となります。

家計の見直しは行動に移すことが大切

出典: https://macaro-ni.jp

いくら家計簿をつけて計算をしていても、行動に移さなければ結果として意味がありません。そのため、家計の見直し方を学んだ上で一度速やかに実行をしてみることが大切となります。行動をした結果家計に変化が見られない場合は、再び見直し方を変えてみて実行に移すなど、いくつかの方法を試してみることで必ず改善点が見つかります。

Thumb家計の節約術まとめ!主婦や一人暮らしの大学生でも簡単にできる!

家計の見直しで固定費の節約方法

①家賃や住宅ローンの見直し

出典: https://incomlab.jp

家計の中でお金が必要となる場合が多い、固定費の見直し方として気にするべきポイントを挙げていきます。まず、固定費を節約するためには家賃や住宅ローンの見直しをすることが大切です。家賃や住宅ローンは毎月生活をする上でかかってしまうお金になります。そのため、無駄遣いという感覚ではなく自分たちの生活に合っているかを知る必要があります。

生活水準を収入に合わせる必要がある

出典: https://oneinvest.jp

自分の収入に対して、釣り合っていない家賃の家に住んでいる場合や、住宅ローンの支払いをしていると当然家計を圧迫してしまいます。そのため、家計における全体の収入に見合った生活レベルの家に住むことが節約には必要であり、結果として家計の圧迫を緩和して貯金をすることができます。生活水準を無理してしまうと苦しい日々を送ることになります。

②保険は必要かどうか

出典: https://nomad-saving.com

そして人生の中で様々な保険に加入をします。保険料は家計に大きく影響を及ぼすものであるため、見直しをすことが必要です。現在加入をしている保険が本当に必要であるかを調査し、不必要となる場合は解約をすることで家計への圧迫を緩和させることができます。毎月の保険料を少しでも減らすことで、確実に家計へのダメージを減少させることができます。

不必要なものは外す

出典: https://busi-base.com

不必要な保険は何かを一度見直す上で、重要となってくるものは年齢です。若い頃は車に乗る機会が多かったため車への保険はしっかりとしたものに加入をする人が多いです。しかし、年齢が上がるにつれて車に乗る機会が減ってきた場合、今までと同様の保険に加入をしていては非常に勿体無いことをしています。いらない保険は外すことが節約に繋がります。

③新聞は必要かどうか

出典: https://nomad-saving.com

そして、固定費としてかかってくる代表的なものが新聞です。昔から新聞を取っている人はそのまま継続をして今でも毎月お金をかけているというケースが多くあります。しかし、本当に新聞に対してお金をかけるほど必要でしょうか。もし、あまり新聞を読んでいない場合は解約をすることで、毎月かかっていたお金を浮かすことができ節約になります。

細かいことだが節約に繋がる

出典: http://www.inoue311.com

固定でかかるお金は大きくないかもしれません。しかし、それらの細かい部分に気を向けることで無駄遣いをなくし、節約に繋げることができます。そして、新聞を読まずにネットでニュースを検索する人も多くなっている時代です。そのため、新聞を読まなくても情報を仕入れることができるため、不必要なものである判断した場合は解約をするべきと言えます。

④テレビは必要かどうか

出典: https://nomad-saving.com

そして、テレビは果たして必要かどうかを考えることも固定費の見直し方として大事なポイントになります。自然と頭の中で、テレビは家に必ず必要なものであると認識をしている人が多いですが、果たしてそれは本当でしょうか。最近ではスマホで動画を見て過ごす方が多いことから、テレビを置いていない家も増えているため十分見直しができるポイントです。

テレビがない家庭も多い時代

出典: https://profile.ne.jp

テレビを置かずにパソコンで代用をする人もいます。今の時代はネット番組も普及しているためテレビを必要としない家庭も多いです。子供がいる家庭ではテレビは必須となることが想定されます。しかし、一人暮らしをしている人や夫婦だけの生活であればいらないこともあります。意外な見直し方のポイントですが、テレビ代を削除できると節約になります。

⑤車は必要かどうか

出典: https://nomad-saving.com

そして、車についても本当に必要かどうかを検討する必要があります。車にかかるお金は非常に大きなものであり、各家庭において出費として問題視される部分です。車を維持するためには、上記であったように保険代が必要となります。また、車をおいておくための駐車場代も必要となるため、場合によっては月に3万円ほどの出費がそれだけであります。

カーシェアで節約ができる

出典: https://www.carsharing360.com

さらに、ガソリン代やメンテナンス代など、車はとにかくお金がかかるものです。そのため、そこまで車を絶対的に必要としていない場合は、最近流行りのカーシェアの利用をおすすめします。乗りたい時だけ使うことができ、街中に利用をすることができる場所も多いため自分の車のように使えます。大きな出費を減らし節約をすることが可能です。

⑥携帯を格安SIMに

出典: https://ascii.jp

そして固定費として家計に大きな影響を及ぼすものに携帯の使用があります。生活をする上で必要となるものになるため、毎月の支払いを避けることはほぼ不可能と言えます。そのため、いかに安く抑えることができるかは大きなポイントです。そこで、節約をするために有効となるものが格安SIMのスマホになります。毎月の料金を大幅に下げることが可能です。

携帯代の削減は節約に繋がる

出典: https://toranet.jp

携帯代は多い人で毎月数万円かかっています。そのため、無駄遣いとまでは言えませんが家計にとっては大きな出費です。しかし、格安SIMにすることで数千円で毎月携帯が利用でき、場合によっては今の半額近い料金で利用をすることが可能となります。子供がいる家庭であれば、場合によっては格安SIMにすることで2万円から3万円の節約に繋がります。

⑦電気代の乗り換えの検討

出典: https://www.setsuyakubu.com

そして、電気代の乗り換えを検討することも家計における固定費の削減に大きく繋がります。電気代は毎月必ずかかってくるものになるため、いかに支払いを抑えていくかが大きなポイントです。そのため、今利用をしている電気会社の見直しをすることで大きく節約をすることができ、今までかかっていた電気代を無駄遣いとして改善することが可能となります。

今の半額になるケースも

出典: https://googirl.jp

電気会社には様々なプランが用意されており、今利用をしているものはが適切かどうかはわかりません。そのため、一度電気会社に問い合わせをしてプランの見直しを検討していることを伝える必要があります。場合によっては半額近く安くなる場合もあり、家計を助ける可能性もあります。また、電気会社を変えてしまうことも一つの見直し方と言えます。

⑧生活に支障が出ないものはやめる

出典: https://www.spoplanext.jp

そして、固定費の見直し方として最後になるものが、生活に支障が出ないものは辞めるということです。これはどういうことかというと、トレーニングジムに行っていないにも関わらず会員費を払っている場合や、携帯の不必要なサービスに加入をしている場合が挙げられます。出費としてそこまで大きくないものがありますが、無駄遣いには変わりありません。

いらないサービス利用をなくすと節約できる

出典: https://manechie.so-net.ne.jp

たとえ数百円であったとしても、積み重なれば結果として家計を圧迫することになります。人間は利用しているサービスを解約することを拒む傾向があります。もしかすると今後利用をする可能性があると考えてしまい、変化に恐れるからです。しかし、家計の見直しをする上である程度の線引きは必要です。なくても影響を及ぼさないものは無駄遣いとなります。

Thumb家計簿のつけ方で節約できるコツを大公開!初心者でも簡単にできる方法とは?

家計の見直しで食費の無駄遣いをなくす方法

①外食費は別で予算を立てる

出典: http://www.reincarnation123.com

そして、家計の中でも見直し方を知ることで大きく節約や無駄遣いを排除することができるものに食費があります。まず、食費の見直しをする上で自宅で料理をする際に使う費用と外食にかかる費用を分けて考えることが大切になります。節約がうまくできず貯金ができない人は、外食費を自宅での食事と一緒にして考えてしまいがちという傾向があります。

ルールを決めることで節約ができる

出典: https://manetatsu.com

外食費と家庭で必要となる食費を別々で考えるためには、ルールを設けることが必要です。まず、外食をするにあたって、通常の食費よりもいくらくらいオーバーをしてしまうかを知る必要があります。全家庭の平均として出されている数字が2万円程度になるため、家庭内のルールで外食は2万円以内に抑えて計算することで節約に繋げることができます。

②食費を分割して予算を立てる

出典: https://woman.mynavi.jp

そして、外食費とは別で食費を分割して予算を立てることも見直し方として必要となります。家計に大きく影響をする食費については、家族としていくらかかるかを把握することも大切ですが、一人当たりどれくらいかかるかを知っておくことも節約をするには重要となります。特に、子供がいる場合は把握をしておくことで無駄遣いを減らすことができます。

一人当たりに必要な金額を知る

出典: https://woman.mynavi.jp

全国的な平均数値として、子供2人の4人家族であれば一ヶ月の食費代はおよそ8万円となります。その8万円の中から誰にいくらかかっているか内訳を出し、減らせる部分があれば排除をすることで無駄遣いをなくして節約をすることが可能です。子供の食事を重要視する家庭が多いため、親の食費を安くすることで家計への圧迫を緩和させることができます。

③可処分所得の残りから食費を設定

出典: https://kirimoru.com

家計として食費にかけられるお金を計算する上で、重要視されているものが可処分所得になります。可処分所得とは、簡単にいうと給料から諸々引かれる金額を計算し、手取りとして手元に残り自由に使うことができるお金のことを言います。手取りだけで計算をすると、他の家計にのしかかる費用と一緒に考えてしまうため正確な計算ができなくなります。

自由に使えるお金を把握しよう

出典: https://kirimoru.com

そのため、完全に自由に使えるお金として残った分で計算をすることで、いくら家計として食費に回すことができるかを知ることができます。食費の面でうまく節約ができない人は、手取りから計算をしてしまっている場合が多いです。全体の細かい家計にかかるお金を計算できていないことが原因となるため、事前に把握をすることで見直しができます。

④買い物の回数を減らす

出典: https://money-stock.info

そして、買い物を減らすということも大きく家計の節約に繋げることが出来ます。買い物は生活をする上で必ず必要となります。一回の買い物で無駄遣いをしないために注意をする人が多いですが、うまく家計にかかる食費を節約するには、買い物の回数を一回でも減らすことが大切です。この理由としては、人間の心理的な面が関係しています。

目移りすることから無駄遣いが増える

出典: https://money-stock.info

多くの人が経験をしていることとして、スーパーに行く度にお得な商品があり、つい買ってしまうというものがあります。これは、結果として本来いらなかったものを購入してしまっているため、無駄遣いとなるケースが多いです。様々な商品に目移りをしてしまうため無駄遣いをしてお金を使ってしまうため、買い物はできるだけ数を減らすように意識をします。

⑤冷凍庫を活用する

出典: https://tokubai.co.jp

そして、うまく家計にのしかかる食費を節約できている人は、冷凍庫をうまく活用しています。家計に大きく影響を与える食費を抑えるためには、できる限り安い食材を購入するように意識をすることが大切です。しかし、それだけでなく無駄遣いをなくすためにも、きちんと全部無駄なく食材を使おうとすることも大事になり、そこで冷凍保存を活用します。

食材の持ちを良くする方法

出典: https://www.news-postseven.com

魚やお肉などは冷凍保存をすることで長持ちさせることが出来ます。冷凍庫をうまく活用できていない人は、食材を腐らせてしまわないために一回で使う量が多くなってしまう傾向があります。そのため、結果として必要以上の食材を使ってしまい買い物に行く回数も増えてしまうため節約ができなくなります。食材の持ちをよくするためには冷凍保存は必須です。

⑥マイボトルやマイ弁当

出典: https://tokubai.co.jp

そして、家計にかかる食費を大きく節約することができるものがマイボトルやマイ弁当を持参する方法になります。特に、会社員の人であれば毎回の昼食費をコンビニの弁当や飲食店で済ませていると、平均で500円かかります。そのため、月に20回出勤するとなれば昼食費だけで10,000円の出費となり、家計を大きく圧迫することに繋がってしまいます。

大きな節約効果が期待できる

出典: https://fudousan-kyokasho.com

マイ弁当だけでなくマイボトルも持って行動をすることで、さらに家計にのしかかる食費を節約することが出来ます。一日160円かかるとして、食事代と同じく20日出勤で計算をした場合3,200円かかります。そのため、お昼にかかる食事代と飲み物代だけで一ヶ月13,000円ほどの出費となり家計にのしかかっているため、削減すると大きな節約に繋がります。

Thumb家計簿の項目や食費などの一覧表の書き方を解説!初心者でも簡単!

家計の見直しで貯金をふやすコツ

貯金をするコツの把握は大切

出典: https://www.smileplaza-chintai.jp

家計にはどうしてもかかってしまう電気代などの固定費や食費などがあるため、どうにか抑えて貯金をするにはコツを知っておく必要があります。何も考えずに毎月家計にかかるお金を少し抑え、余った分を貯金していこうという考え方では間違いなく結果は出ません。そのため、きちんと貯金ができるために方法を把握しておくことが大切になります。

必ず頭に入れておこう

出典: https://www.smileplaza-chintai.jp

貯金をする上で、方法を把握することは必ず必要な行動です。頭に入れておかなければ貯金をうまく行うことが出来ず、家計を圧迫し続けることになります。しかし、家計のやりくりの中で貯金をする方法を把握できていない人は少なくありません。ここからは、家計をうまく回しながら貯金をしっかりと行うことができる方法について紹介していきます。

貯蓄の具体的なゴールを決める

出典: https://okanenokozuchi.com

まず、貯金をする上で具体的なゴールを決めることは必要となります。目標がなく漠然と貯金をするという方法で進めてしまうと、ほぼ不可能と言えます。家計のためだけでなく、何か自分が欲しいものを手に入れるために貯金をする上でも同じことで、着地点が明確になっていない場合は今まで通りにお金を使ってしまい、結果として貯金ができなくなります。

目標がなければ貯金はできない

出典: https://allabout.co.jp

そのため、貯金をする上で家計を楽にするためという理由は大前提としてあり、それに加えて「いつまでに貯金をするのか」や「目標とする貯金額はいくらなのか」を明確にします。早い段階で決めておかなければ確実に貯金は遅れをとってしまうため、家計のやりくりをしつつ貯金をする計画をたてることが必要になります。貯金が苦手な人は特に必須です。

使う前に貯金する

出典: https://diamond.jp

また、貯金をするコツとして使う前に貯金をするという方法も非常に効果があります。多くの人は、残ったお金を貯金するという方法をとります。しかし、人間はある分に合わせて計算をしてしまう傾向があるためうまく貯金をすることができなくなります。そのため、家計のバランスを見て貯金分をはじめに抜いてしまい、そこからやりくりを行うようにします。

早めの行動が貯金には鉄則

出典: https://setsuyaku-monogatari.net

早めに行動をすることが貯金をする上では鉄則です。はじめにいくらか貯金分を抜いておくことで、その残額に合わせて生活をすることが出来ます。自分の中で、使えるお金は手元にある分だけと言い聞かすことが大切で、慣れれば簡単に貯金を行うことが可能です。家計の収支も把握をした上で毎月の貯金額を決めることで、計画的に進めることが出来ます。

貯金用の口座を分ける

出典: https://www.karigo.net

家計の収支のやりくりを行いながら貯金が出来ている人の良い例として、貯金用の口座を分けるというものがあります。貯金をする上で家計の収支を意識することは大切です。必ずかかる固定費もあるため、それらを把握した上で貯金額を設定します。そして、貯金額として設定したお金を毎月貯金用の口座に入金をすることで貯めていくという方法です。

貯金をするお金を明確にする

出典: https://setsuyaku-monogatari.net

この方法は、毎月家計の収支をうまく計算しながら貯金が出来ている人の代表的な例となります。固定費としてかかるお金と貯金用口座、諸々の引き落とし口座を分けるなど、細分化をすることで手をつけにくくする方法です。家計にかかるお金の引き落とし口座と一緒にしてしまうと、何かのタイミンングで使ってしまう可能性があるため分けることが得策です。

生活スタイルをシンプルに

出典: https://www.fincy.jp

そして、貯金をするためには生活スタイルを見直すことも大切です。貯金をするための生活をすることも大事になるため、お金の無駄遣いや収入に見合わない出費をなくすことが重要となります。貯金をするための基本とも言える行動であり、そこに家計の見直しも組み込まれてきます。いくら他を節約しても家計の圧迫が減らなければ意味がありません。

無駄遣いを減らすことができる

出典: https://blog.moneykit.net

家計を圧迫しているお金を減らすことで、結果として各家庭の無駄遣いを減らすことが出来ます。そのためには、できることから一つずつ取り組むことが大切です。洋服の買いすぎやお菓子やジュースなどをコンビニで買いすぎることなど、細かなことでも良いので意識をすることで改善されていきます。日々の生活での無駄なお金の使い道を探すことが必要です。

Thumb家計のやりくりのコツとは?収支を黒字にして確実に貯金する方法を紹介!

家計の見直しで家計簿アプリがおすすめ

家計簿マネーフォワード

出典: https://my-best.com

今では家計をきちんと計算するために活用されている家計簿アプリが多くあります。まず、今テレビコマーシャルでも放送されており話題のアプリが家計簿マネーフォワードです。無料で活用することができる家計簿アプリで、毎月の予算を設定し自動で測ってくれるデータを参考にしながら家計を見直しすることができます。iPhoneでもAndroidでも使用可です。

家計簿Zaim

出典: https://my-best.com

家計簿Zaimというアプリも話題となっており人気を集めています。毎月の固定費や食費などwp入力しておくことで、スマホで簡単に家計の管理をすることが可能です。また、レシートを読み取ることができる機能が付いているため、買い物をした場合でも簡単にアプリ内に保存をして把握することが出来ます。無駄遣いを減らし貯金をすることにも繋がります。

Money Tree

出典: https://my-best.com

人工知能を使って家計簿をつけることができるアプリで、クレジットカードや銀行カード、電子マネーを登録しておくことにより、自動でお金の計算をして管理が出来ます。そして、レシート読み取り機能も付帯されているため、買い物をした際も自宅に持ち帰ることで家計簿をつける際に入力の手間が省けます。無料でダウンロードができる高性能アプリです。

Dr.Wallet

出典: https://my-best.com

こちらのアプリは、レシート読み取りに特化しているものになります。スーパーによってはレシートへの字の転写は異なります。そのため、アプリによっては読み取り機能があるにも関わらず対応できない場合もあり不便です。Dr.Walletはレシート読み取り機能の制度が99.98%となっており、どのような文字でも読み取り可能で使いやすいと評判が良いです。

かけ~ぼ(家計簿)

出典: https://my-best.com

使いやすさが評判に繋がっている家計簿アプリで、iPhoneでもAndroidでも無料で活用することが出来ます。固定費を一度入力すると自動で反映してくれるため、毎回月初に入力をする手間が省けます。また、現金だけでなくクレジットカードの利用分に対してもデータを集計することができるため、毎月の支出をしっかりと管理することができます。

家計簿レシーピ!

出典: https://my-best.com

NHKの料理番組と連携している面白いアプリで、スーパーで買い物をしたレシートを読み取ることで、購入をした材料からレシピを考えてくれる機能があります。また、収入と支出をグラフで表示してくれるためわかりやすく、効率よく家計簿をつけることが可能です。もちろん無料でダウンロードをすることが出来ます。

Thumbおすすめの家計簿アプリ人気ランキング!iPhoneでも簡単にできる!

家計の見直し方のポイントまとめ

出典: http://masakihayashida.com

家計の見直し方には様々な方法があります。コツやポイントを押さえておくことで、今まで無駄遣いとなっていたお金を把握することが可能です。また昨今では、ネットを上手く活用することで貯金をするための方法やアプリを使って家計簿をつけることなど、昔よりもお金の管理がしやすくなっています。

Thumb無料の家計簿アプリのおすすめや人気ソフトは?パソコンでつけるのが簡単!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ