家計のやりくりのコツとは?収支を黒字にして確実に貯金する方法を紹介!

毎月家計が苦しく赤字をなくすために、上手にやりくりしている人も居ます。しかし、中にはやりくりしているのに全然貯金できないという人もいます。毎月上手に家計をやりくりして赤字をなくし、確実に貯金をするためにはどうしたら良いのか方法にはついてはご紹介していきます。

家計のやりくりのコツとは?収支を黒字にして確実に貯金する方法を紹介!のイメージ

目次

  1. 家計を上手くやりくりするコツを紹介!
  2. 家計のやりくりのコツとは?
  3. 家計を上手くやりくりして貯金をする方法とは?
  4. 家計を上手にやりくりするための買い物の方法とは?
  5. 家計のやりくりのポイントを世帯別に紹介!
  6. 家計を上手くやりくりして赤字を作らない方法とは?
  7. 家計のやりくりが苦手な人がするべき対策方法とは?
  8. 家計のやりくりのコツについてまとめ

家計を上手くやりくりするコツを紹介!

「家計が苦しい」「毎月赤字」などと言った言葉を良く耳にします。収入よりも支出が多く、毎月赤字になってしまう家庭も多くあります。やりくりしても貯金するのは到底無理という人も居ます。少しでも貯金できるように、家計を上手くやりくりするにはどうしたらよいのか、節約のコツなどについてご紹介していきます。

Thumb家計簿をノートに手書き!おすすめで簡単な書き方・作り方を解説!

家計のやりくりのコツとは?

家計のやりくりが苦手という人は多くいます。今までは一人暮らしだったから余裕だったけど、家族が増えるにつれて家計が苦しいという人も居ます。家計を上手にやりくりしている人はどんな方法を行っているのか気になるところです。家計のやりくりのコツについてご紹介していきます。

家計のやりくりが上手な人は先取り貯金をしている!

収入が入ったら先取貯金することをおすすめします。全て落として財布にいれておいてしまうと、こんなにお金があるから大丈夫などと気持ちに余裕がでてきてしまいます。先に貯金しておき、収入から固定費などを引いておけば残りのお金でやりくりしなくてはいけなくなります。家計をやりくりするには先取貯金しておくと良いでしょう。

貯金も支払いと考えれば、残りのお金で今月の家計をやりくりしていくことになります。しかし、注意点として貯金額を増やそうと収入に合わない金額を貯金に回す人もいます。それでは、結局家計が苦しくなり貯金を下ろしてしまうといったことにもなりかねません。そうならないためにも、自分の収入に合った金額を貯金するようにしましょう。

何にいくら使うかを計画する

何に使うのか計画を立てなければ、手元にある分使ってしまい、いざ支払いの時に財布の中にお金がないということにもなりかねません。給料が振り込まれたら、固定費などを除いた金額を引き落とし、それぞれの支払いや食費、生活費などに分けておきます。先取貯金しているのであれば、固定費を除いたお金を支払いや食費などに全て使ってしまっても問題はありません。

細かく何に使うお金なのか分けてしまうと管理しずらく、逆にわからなくなってしまうので、「光熱費」「食費」などとおおざっぱに管理した方が分かりやすいです。自分が分かりやすいように計画を立てると良いでしょう。

固定費のみ口座に残す

家計の中には、銀行口座から引き落とされるものや現金で支払うものまで様々です。基本的に固定費は銀行口座から引き落としている人がほとんどです。固定費のみを銀行口座に残して、手元にあるお金で家計のやりくりをします。家計のやりくりが上手な人は現金で管理している人が多くいます。

外食費を節約する

独身の人や出かけてしまうと、つい作るのがめんどくさくなってしまい、外食してしまう人も多くいます。子供がいたり、人数が多いとファミレスなどでは5,000円を超えてしまう場合もあります。これでは、節約どころではありません。外食費は、食費のうちに入らないという人が多いですが、外食費も食費の中に含めてしまえば、絶対に食費の中で外食費も賄わなければいけなくなります。

月に1度の贅沢ならいいですが、月に何回も行くのは家計が厳しくなってしまいます。食費の中に外食費を含めれば、食費が厳しくなれば外食も減るはずです。もし、外食する際には、楽天ポイントが使えるお店や貯めているポイントが使えるお店を使う事で外食費も少しは安くなります。ポイントを使って上手に節約する方法もあります。

お金を使わない日を設定する

食費だけでなく、生活雑貨やその他飲食代などお金を1円も使わない日を作ります。毎日何かしらにお金を使っていたら貯金なんで絶対にできません。休みの日などどこかに出かけたら、買い物に結構な金額を使ってしまったという人も多くいます。お金を使いすぎてしまったのに、毎日のように何かにお金を使っていたらお金は減っていく一方です。

確実に貯金をしたい場合には、一切お金を使わない日を設定することがやりくりのコツになります。頭の中でこの日はお金を使わないと決めても忘れてしまったりするので、カレンダーにお金を使わない日を「×」で記しておけば分かりやすいです。お金を使わない日を作るという方法を行うだけで、少しは家計が楽になります。

黄金比に当てはめてみよう!

「2:6:2の法則」というものがあります。自分が何に使っているのかを理解した上でこの黄金比に当てはめます。「貯金2:生活費6:自己投資2」となります。この黄金比に当てはめることで収入に合った貯金ができ、自己投資も毎月一定で行う事ができます。毎月2割でも家計が苦しいという人は少し減らしてもいいかもしれません。

財布でも家計のやりくりができる?

1日2,000円しか財布に入れないという方法もあります。毎日2,000円ずつ追加していくシステムです。家計についてやりくりが苦手という人にはおすすめの方法です。その日に2,000円使わなければ、どんどん貯まっていきます。1日目に2,000円をいれてつかわなければ、2日目には財布の中身が4,000円になっているという仕組みです。

財布に2,000円を入れる方法を試す前には、1週間に1万円をいれる方法を行っていた人がいました。この方法は基本的に皆がやってる家計管理でしたが、1週間持たなかったという経験をした人も沢山います。家計が苦手という人は多めに財布に入れるのは良くないかもしれません。この財布に1日2,000円を入れるという方法は、無理に貯金するストレスがなくなり、貯まることで嬉しくもなります。

少し余裕ができれば遊ぶお金としても使えます。1日2,000円ずつ財布に入れていって、また収入がでる時期になれば、残ったお金は貯金口座に移してしまえばいいのです。これで、無理なく貯金することができます。財布の中ですべてのお金を管理するのは、無駄遣いの原因となるので、食費、生活費などは別に分けておくようにしましょう。

金額に応じて自分にご褒美を用意するのもいいかもしれません。人は褒められることで頑張ろうと思います。そのため、お金を使わずに10,000円貯まったら外食しようなどと金額に応じてご褒美を決めて、自分のモチベーションをあげるのもおすすめです。しかし、5,000円などの少ない金額だとちょこちょこ使ってしまい結局お金がなくなってしまうことにもなりかねないので、10,000万円などの大きな金額で設定するとよいでしょう。

Thumbソニー生命の学資保険特集!家計に合わせてオーダーメイド設計が可能!

家計を上手くやりくりして貯金をする方法とは?

節約しなきゃと家計をやりくりしている人は沢山います。お金を財布で管理している人も多いですが、財布での管理は家計が苦手な人のやり方です。財布でお金の管理をすると目に見えてしまうため、余裕がでてきてしまい無駄遣いをしてしまうことにもつながります。家計を上手くやりくりして貯金額を増やすためにはどうしたらよいのかご紹介していきます。

「毎月赤字」とは何か?

「毎月赤字」という言葉がありますが、仕事を頑張って月の収入を貰ったけど、収入よりも月に出ていくお金の方が多いという家庭も沢山あります。月の収入よりも月の支出の方が大きいことを「毎月赤字」と呼んでいます。毎月赤字だから毎月やりくりして節約しなきゃと思っている人は沢山います。

しかし、毎月赤字でも年間を通しての収入を見てみると赤字ではないというケースも中にはあります。毎月赤字というのは、そう思い込んでいる人の方がほとんどかもしれません。収入と支出はどのようにして考えれば良いのか次でご紹介していきます。

収入と支出の考え方とは?

収入から光熱費や食費などを引いた金額を生活費として考えている人や収入から貯金額を引いた残りのお金を生活費と考えている人も居ますが、これではお金は貯まりません。毎月収入が振り込まれてから先取貯金をしている人が居ますが、これは間違った方法ではありません。金額に問題があります。例えば、30万円の収入があり、3万円を貯金し残りのお金を生活費とします。

自分がいくら生活費にかかっているのかわかっていないのに、3万円の貯金をしてしまうと後々家計が苦しくなってしまう可能性もあります。自分の生活費にはいくらかかっているのかを理解した上で、貯金額を決定することをおすすめします。さらに、収入から支出を引いた額を生活費に充てている人もいます。この計算は月の収入が多い人でなければ、家計を黒字にすることはほぼ不可能です。

この計算で多くの人が家計が赤字になり苦しんでいます。例えば、収入が30万円、家賃が8万円、光熱費1万円、通信費1万円、保育料2万円、保険料2万円、その他のお金が3万円とすると月の支払いが17万円になります。収入から支出額を引くと残ったお金は13万円になります。この13万円で生活できていれば家計は黒字と言えますが、赤字の場合には要注意です。

しかし、年間を通して収入を見てみると黒字だったという人は多くいます。月で収入を見るのではなく、年単位で収入を見てみましょう。月収が30万円×12ヶ月、子供2人の手当てが24万円×1年分、ボーナス30万円×2回で考えてみます。計算すると年間の収入は「444万円」となります。そこから、年間の支出額を計算し引いていきます。

例えをあげるのであれば、家賃8万円×12ヶ月、光熱費1万円×12ヶ月、通信費1万円×12ヶ月、保険料2万円×12ヶ月、保育料2万円×12ヶ月、小学校5万円×12ヶ月、お小遣い3万円×12ヶ月、習い事1万円×12ヶ月とすると合計は「222万円」となります。「年間収入444万円-年間支出222万円=残り222万円」となります。残った222万円から1ヶ月に使える額を計算すると「222万円-12ヶ月=18万5千円」となります。

月で計算した場合には、収入から支出額を引くと13万円だったのに対して、年間で計算すると18万5千円が1ヶ月で使えるお金になります。収入は勤務日数や残業などで変動するため、赤字になる月もでてきてしまいます。家計を上手くやりくりしている人は月で考えるのではなく、年単位で計算している人が多いです。

Thumb家計の節約術まとめ!主婦や一人暮らしの大学生でも簡単にできる!

家計を上手にやりくりするための買い物の方法とは?

毎月家計が苦しいという人も沢山います。皆上手にやりくりしているつもりでも、買い物に行くとどうしても買いすぎてしまい、食材を無駄にしてしまうという声も多くあります。無駄遣いを防ぎ、家計を上手にやりくりするためにはどうしたら良いのか、買い物の方法についてご紹介していきます。

買い物リストの作成

買い物をする際に財布だけを持っていく人が居ますが、それでは買い物に行って要らないものなで買ってしまう可能性があります。買ったけど結局要らなくて無駄にしてしまう人も多くいます。節約を上手にするためには、朝昼夜の1週間分の献立を考え、その献立に必要な食材をメモし、買い物リストを作成してから行くと、無駄買いがなくなります。

月に1回買い物するものと週に1回買い物するもので、買い物リストを作成するとよいでしょう。例えば、月に1回の買い物ではお米や切れそうな調味料、カレーのルーなどがあります。週に1回の買い物リストには、人参、じゃがいも、キャベツなどの野菜やお肉、卵、牛乳、豆腐、食パンなど良く使う食材などがあります。

買い物リストを作るのはめんどくさいという人も居ますが、リストを作成することで無駄遣いすることがなく、あるものだけで料理をするようになるため上手な節約方法と言えます。買い物リストを作成してから買い物に行くのと、行ってから考えようと財布だけを持って買い物に行くのとではお金の使い方が全然違います。

まとめ買いの時間帯を選んでの買い物

1週間分の食材をまとめ買いするなど、安い時にまとめ買いして冷凍するのも上手く節約する方法の1つです。しかし、まとめ買いをする際には時間帯を選んでいくことをおすすめします。おなかが空いているお昼や夕方に言ってしまうと、買い物リストになくても食べたいものをその場で購入してしまう可能性があります。

さらに夕方や夜などに行くのはあまりよくありません。夕方から値引きされるものも増えてきます。そのため、安いからと1週間分以上の食材を買ってしまうこともあるかもしれません。あれもこれも買ってしまっては、節約ができなくなってしまうので、おなかが空いている時間帯や、安くなるタイミングはなるべく避けた方がいいかもしれません。

無駄遣い防止!カゴやカートなしでの買い物

買い物に行くとカゴに入れたものが重いからとカートを使ってしまう人も多くいます。たった1つの食材を買いに行ったつもりなのに、カゴを使ってしまうとつい余計なものまで買ってしまうこともあります。これでは、無駄使いが多くなってしまい節約も貯金もできません。買うものが少ない場合には、カゴやカートを使わないようにするだけで、無駄遣いを減らすことができます。

自由に使えるお金も予算に!

生活費や食費などだけを予算として考えるのではなく、自由に使えるお金も考えておくべきです。生活費や食費などを分けておいても自由に使えるお金がないと急に遊びに誘われた時に、生活費や食費などから出すはめになる可能性もあります。そして、お金がないからと断るはめになることもあるかもしれません。

遊び以外にも、急に冠婚葬祭など出費がでてくる可能性もあります。そんな時に出席するお金がないとならない様に余分にお金を残せるようにしましょう。余分なお金を財布で管理してしまうと、無駄遣いをして結局手元にお金がなくなってしまう可能性があるので、財布で管理するのではなく別の封筒に分けて管理するようにしましょう。

Thumb家計簿の項目や食費などの一覧表の書き方を解説!初心者でも簡単!

家計のやりくりのポイントを世帯別に紹介!

家計は一人暮らしや家族が増えた場合で節約の仕方が異なります。家計が苦しくても節約の仕方が分からないから何もしないでは、貯金することはできません。将来子供ができて家族が増えたら、貯金は厳しくなり、一人暮らしや子供がいない時が貯金できるタイミングと言われています。家計を楽にするためのやりくりのポイントを世帯別にご紹介していきます。

一人暮らしの場合のやりくりポイント

一人暮らしの場合は、自分にしかお金を使う事がないので、やりくりしなくても貯金できると思っている人も多くいます。しかし、学生が社会人になったばかりの人は、収入が安く家賃、光熱費、その他支払いなどに使ってしまえばほとんど手元には残らず貯金は厳しくなります。一人暮らしの人が貯金するお金は給料の1.5倍から2倍と言われています。

そのため、給料が20万円の場合には貯金は3万円できてなくてはなりません。しかし、実際そんなに上手くはいきません。いろんな支払いがでてくるため、貯金できるどころかマイナスになってしまう可能性もあります。一人暮らしの人が給料の1.5倍から2倍の貯金をするためには、まず自分が何にお金を使っているのか把握することが大切です。

一人暮らしだと外食でコンビニなどに立ち寄る回数も多いかもしれません。それでは、節約どころか貯金することもできません。コンビニに寄る回数を減らしたり、クレジットカードを解約し使わないようにするなど、上手にやりくりすることで、給料の1.5倍から2倍の貯金をすることができます。

夫婦二人暮らしの場合のやりくりポイント

夫婦共働きかによって収入も変わりますが、夫だけの収入は約30万円ほどです。一人なら全然やっていける収入ですが、二人で夫だけの給料となると支払いも食費も生活費も2倍になるため、上手くやりくりしないと貯金することは難しいかもしれません。将来子供が欲しいという思いがあるのであれば、今のうちに二人で働いて貯金しておくとよいでしょう。

夫婦二人で共働きの場合のやりくりの方法は、夫婦で共有できる口座を1つ作っておきます。そこにお互いの収入から一定の額を振込、そこから生活費をやりくりするという方法です。それぞれの収入を各自で管理するとなると不平等になり、どれだけの貯金があり、どれだけ使っているのか夫婦の間で確認することができなくなります。給料が入るたびに共有口座に移してお互いで生活費を共有しましょう。

もう一つの方法は、それぞれの支出をお互いに分担して支払うという方法です。夫婦の共有口座を作らずに家賃や光熱費は夫の口座から、食費や生活費は妻の口座からなどどの支払いをするのか分担する方法もあります。いちいち共有口座にお金を移さなくてよいので、手間がかかりません。

しかし、支払いを分担するという方法はお互いに使えるお金が増える一方で、支出額が一定ではないため、「私の方が支払う金額が多い」などといった不満がでてきてしまう可能性があります。お互い話し合って上手く節約できる方法を見つけるとよいでしょう。

夫婦と子供1人の場合のやりくりポイント

子供が小さいうちは、妻は仕事にでれなくなってしまいます。その分夫一人で仕事を頑張り、妻は家計のやりくりを頑張らなくてはなりません。住居費や光熱費、保険料など節約できるところは見直して、やりくりする必要があります。子供ができたから、一軒家を建てなきゃいけないという訳ではありません。

今は、安い賃貸に住み、子供が大きくなり自分の部屋が欲しいと思った時でも遅くはありません。今はある程度余裕ができるまで、やりくりして貯金する必要があります。家族で支出を減らせるところは削って、貯金額を増やせるようにしましょう。

Thumb無料の家計簿アプリのおすすめや人気ソフトは?パソコンでつけるのが簡単!

家計を上手くやりくりして赤字を作らない方法とは?

収入に対して支出の方が多いという家庭は多くあります。どうやっても黒字にすることは難しいという人も居ますが、やりくりで毎月の赤字を減らすこともできます。赤字になってしまうという人は自分を見つめなおさない限り黒字にするのは難しいかもしれません。家計を赤字にしないための上手なやりくり方法についてご紹介していきます。

必ず家計簿をつける

家計簿をつけている主婦は多いですが、付けたことがない人は家計簿をつけるようにしましょう。自分がわかりやすい家計簿を作り、自分は何にお金を使っているのか、一瞬で分かるようにしましょう。家計簿の項目が無駄に多すぎると、途中で挫折してしまい付けるのをやめてしまう事もあるので、大事な項目だけ作って毎日つける様にしましょう。

基本的な家計簿の項目は、家賃、食費、電気・ガス・水道の光熱費、保険料、通信費、交通費、お小遣いなどです。慣れてきたら、さらに細かくして付けるのもいいかもしれません。はじめて家計簿をつけるという人はざっくりとした、自分だけが分かるものを作成しましょう。

一定の期間で財布内のお金の内訳を考える

家計を赤字にしないために上手にやりくりしている人は、1週間や10日で使えるお金を決めている人もいます。例えば、月に食費は3万円しか使えないと決めた場合には、10日に使えるのは1万円となります。1日と考えても1,000円となります。10日分の献立を決めて買い物をすれば、10日で1万円というのは難しくない数字です。

様々な無駄遣いをなくす

貯金を増やすために一番大切な事は、家計をやりくりして支出を減らすことです。保険や光熱費などやりくりすれば、節約できるかもしれませんが、無理に節約しようとすると生活に影響を及ぼす可能性もあります。無駄遣いの中で多いのは、「食材を買いすぎて食べられずに捨ててしまった」「使ってない部屋の電気の付けっぱなし」「水道の出しっぱなし」があります。

無駄遣いをなくすためにまず、自分が何に無駄遣いをしているのかを知る必要があります。自分が何にどれだけ使っているのか、どうして無駄遣いしてしまっているのかを知らなければ節約することはできません。無駄遣いをしている人の多くは、自分が何に無駄遣いをしているのか自覚がない人です。

無駄遣いをしないために、必ず買い物したらレシートを貰い何に使ったのかを確認します。レシートを確認すると要らないものを購入していることもあります。さらにクレジットカードを出して支払いをするのはやめましょう。お金がなくてもクレジットカードがあればその場で買い物ができます。しかし、その買い物の代金は次の月に引き落とされます。

お金がなくても支払いができてしまうので、無駄なものも買ってしまう原因になるので注意しましょう。財布の中には現金のみでクレジットカードを入れるのはやめましょう。しかし、光熱費や保険料などをクレジットカードで支払うとポイントが付いたり、安くなるものもあります。こういった場合はクレジットカードを使用しても良いですが、買い物に使うのはやめましょう。

財布の中身は最小限に!

買い物に行ったときに足りなかったら嫌だからと、お金を余分に財布に入れてしまうのは無駄遣いの原因になります。財布に余裕があるからと安心して、要らないものまで買ってしまう可能性もあります。お金を最小限に抑えておけば、お金がないから買えないと必要なものだけで抑えることができます。

生活の中で、交通費や昼食代などは必要になってきます。無駄に使わないために、電子マネーなどに必要な分だけチャージしておき、それ以外のお金は持たないという方法もあります。しかし、現金を1円も持っていないというのは何かあった時困るので、財布の中は最小限に抑えるようにしましょう。

Thumb家計簿のつけ方で節約できるコツを大公開!初心者でも簡単にできる方法とは?

家計のやりくりが苦手な人がするべき対策方法とは?

家計のやりくりが苦手という人は多く、収入を全て引き落とし財布で管理している人も多くいます。財布でお金を管理している人は家計が赤字になる可能性があると言われています。家計のやりくりが苦手な人はどうやって対策をすればよいのかご紹介していきます。

お金に関する勉強をする

家計についてやりくりしたい人はお金について勉強するのも1つの手です。家計のやりくりが苦手という人はお金についての知識が少ない人です。お金についての知識を教えてくれる人はいないので、自分で学ばなければいけません。小学校や中学生、高校生では教えてくれません。

最近では家計についてのやりくりについて書籍や雑誌も出ているため、自分で学ぶことは可能です。インターネットでも調べれば出てきますが、しっかりと学びたい場合には本などを買って知識を得るという方法もあります。その他には、マネースクールやマネーセミナーを開催しているところもあります。

そう言った場所に参加することで、お金について学べる可能性があります。お金の知識を勉強することで、家計のやりくりについて学べることも多いでしょう。無料で参加できるセミナーもあるので、家計のやりくりに悩んでいる人は参加してみるのも良いでしょう。

収入の増やし方を考える

収入よりも支出の方が多いために毎月赤字になってしまいます。支出を減らすために、何に使っているのか見直したとしても、支出を減らすのには限界があります。やりくりで節約するのが苦手という人もいます。そう言った人は無理に節約しようとするとストレスが溜まり、逆に衝動買いをしてしまう可能性もあります。

そんな時は収入を増やしてしまう方法があります。しかし、収入を増やすというのは簡単ではありません。会社に給与をあげてくださいとは言えず、副業するのも大変です。簡単に収入を増やすことはできませんが、長い目で見て収入を増やせる方法を探してみましょう。

ファイナンシャルプランナーからアドバイスをもらう

家計のやりくりを頑張っても赤字が続いてしまい、どうしていいのかわからなくなってしまったらファイナンシャルプランナーに相談する方法もあります。ファイナンシャルプランナーはプロのため、相談料がかかってしまう可能性もあります。しかし、相談する際に「保険の見直し」と伝えれば無料で相談することができます。

最近では保険の見直しをする人が増えており、一般的に保険の見直しと聞くと保険会社の人というイメージを持っている人が多くいます。しかし、保険の見直しはファイナンシャルプランナーが多く、保険の見直しと一緒に家計の相談をすることで無料で相談することができます。

Thumb家計簿節約見直し術!主婦にもできる簡単な書き方まで解説!

家計のやりくりのコツについてまとめ

家計のやりくりのコツや確実に貯金を増やす方法についてご紹介してきました。家計が赤字で悩んでいる人は多くいます。家計が苦しいという人の多くは、収入のほとんどを財布で管理している人です。財布で管理してしまうとこれだけのお金があると余裕ができてしまい、安心してしまいます。家計を赤字にし、確実に貯金するためには先取貯金をすると良いでしょう。

そして、家計のやりくりが上手にできない人や苦手という人はお金の知識がない人がほとんどです。そのままでは、いつまでたっても貯金ができません。まずは、お金に関する知識を勉強することが大切です。家族が増えたり、一軒家を立てるために家計が苦しくなってしまう事は多いです。そのため、妻は家計のやりくりを頑張らなくてはいけません。自分に合った家計のやりくり方法を見つけましょう。

Thumb家計簿アプリのレシート読み取り機能が便利!簡単に管理できる!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ