自動車税をコンビニで支払うやり方とは?ポイントもついてお得!

自動車税をコンビニで支払うやり方を知っていますか?自動車税は金融機関の窓口に行くことなく、コンビニで支払うことができるようになっています。今回は自動車税をコンビニで支払う際のやり方、現金ではなくクレジットカードを使った支払い方法などを解説します。

自動車税をコンビニで支払うやり方とは?ポイントもついてお得!のイメージ

目次

  1. 自動車税のコンビニ払いのやり方などについて解説!
  2. 自動車税の納付書はいつ届くのか?
  3. 自動車税は便利なコンビニ払いができる
  4. 自動車税をコンビニで支払う場合は現金でしか払えない?
  5. 自動車税をコンビニで支払う際に間接的にクレジットカード払いにするやり方とは?
  6. 自動車税のコンビニ払いのやり方などについてのまとめ

自動車税のコンビニ払いのやり方などについて解説!

毎年支払わなければならない自動車税ですが、仕事などが忙しくなかなか支払いに行けず、期限もあるため苦労しているという人も多いのではないでしょうか?現在自動車税は、コンビニでも支払えるようになっていることを知っていますか?

今回は、自動車税のコンビニ払いのやり方について解説します。自動車税の納付書はいつ届くのか、期限はいつなのか、コンビニ払いのやり方や現金以外の支払い方法、ポイントが付く方法などについて紹介します。自動車税についてしっかり頭に入れて期限までにきちんと支払いをしましょう。

Thumb自動車税・軽自動車税とは?普通車との金額の差や維持費など紹介!

自動車税の納付書はいつ届くのか?

自動車税は1年に1回のため、忘れてしまわないか不安に感じている人もいるかもしれません。自動車税の納付書はいつ届くものか覚えていますか?自動車税のコンビニ払いについて見ていく前に、自動車税の納付書が届く時期と、納付期限について確認しておきましょう。

5月になると納付書が届く

自動車税の納付書は大体5月初めから中旬あたりに、住んでいる都道府県税事務所から送られてきます。ちなみにこれは普通自動車の場合であり、軽自動車の場合は住んでいる市町村役所納税課です。自動車税の納付書が自宅に届いたら、期限があるためそのまま置いておくのではなくきちんと中身を確認するようにしましょう。

また大切な書類なので、他の郵便物と混ざらないようきちんと保管しておきましょう。自動車税の納付書が送られてくる先についてですが、これはその年の4月1日時点に車検証に記載されている住所です。そのため引っ越しをし住民票などの手続きは終えていても車検証の住所を変更するのを忘れていた、という場合は、納付書が届かないことがあります。

現在の住所に転送されるよう郵便局で手続きをしていても、転送期間を過ぎていまっている場合は届きません。届かなかった自動車税の納付書については、6月以降に再度送る手続きがされますが、前の住所のポストに入れられてしまったという場合や新しい住所が確認できない場合などには届きません。

きちんと期限内に納付するためにも、自動車税の納付書が届かない場合は、普通自動車であれば都道府県税事務所に再発行をお願いしましょう。都道府県税事務所に行くか、電話をして確認するようにしてください。また軽自動車の場合は都道府県税事務所ではなく、市区町村役所に連絡するようにしましょう。
 

自動車税の納付期限とは?

自動車税の納付書は5月初めから中旬あたりに自宅に届くということを説明しましたが、届いた納付書の納付期限は覚えていますか?自動車税の納付書の納付期限は、5月31日です。また5月31日が土日の場合は、次の平日が納付期限となります。ただ一部地域においては納付期限が異なるため、自分が住んでいる都道府県について事前に確認しましょう。

自動車税の納付書が届いたら中身を確認し、納付書に納付期限が記載されているため確認しましょう。自動車税の納付書が届いたら、翌日から納付することが可能です。納付期限を超えてしまうとどうなるでしょうか?自動車を保有している人は必ず支払わなければならない税金ですから、納付期限を超えてしまうと延滞金が発生します。

自動車税の延滞金は1,000円未満であれば金額が切り捨てられるため免除されますが、1,000円以上の場合は延滞金を支払う必要があります。また、自動車税の納付をしていなければ車検に通らないという問題もあります。車検を受ける際には自動車税を納付したという証明書類も必要になるからです。車検が近い人は特に早く納付しておきましょう。

自動車税の納付書が届かなかったことで再発行の手続きなどをしてもらったという方は、次の5月に同じことにならないよう、車検証の住所を変更しておくようにしましょう。また自動車税の納付書の送付先を新しい住所に変えてもらうことも可能です。忘れてしまわないよう早めに手続きをしておくようにしましょう。

Thumb自動車税の納税証明書を紛失したら再発行出来る?必要な書類などまとめ!

自動車税は便利なコンビニ払いができる

自動車税の納付書が届く時期、納付期限について見てきました。延滞金も発生するため必ず期限に間に合うよう納付することが必要ですが、忙しくなかなか時間が取れないという方も多いでしょう。しかし自動車税はコンビニ払いにも対応しています。ここからは自動車税のコンビニ払いについて詳しく確認していきましょう。

自動車税の納付をコンビニで行う際のやり方ですが、納付書をレジで渡すだけです。コンビニの店員さんが、自動車税の納付書のバーコードを読み取り、金額を伝えてくれますので、それを支払うだけで何も難しいことはありません。コンビニで納付する場合であっても手数料などはかからないため安心して支払いましょう。

コンビニで支払えるのはとても便利で、銀行の窓口に行ける時がないという人であってもコンビニならすぐに行けるという人も多いのではないでしょうか?コンビニで自動車税の納付をする場合、土日であっても、また夜間などであっても納付することが可能です。ちなみに自動車税の納付をコンビニでできるのは30万円以下の場合です。

30万円を超えている場合は自動車税の納付書にバーコードが記載されておらずコンビニで支払うことができません。コンビニで自動車税の納付をする場合はバーコードを読み取るため、バーコードが汚損しているなどで読み取れない場合には支払うことができない可能性があるため綺麗に保管しておくようにしましょう。

またコンビニで自動車税を納付した場合、納付したかどうかを市で確認できるまで日数がかかる場合があります。そのため納税証明書をすぐに申請する場合などには、必ず領収証書を持っていく必要があります。また、コンビニで納付すると領収証書に加えレシートを受け取ります。領収書、レシート共に大切に保管するようにしてください。
 

収納印がきちんと押されているかなど確認しておくようにしましょう。軽自動車税をコンビニで納付した場合は、金融機関などで納付した場合と同様、車検用の納税証明書ももらえますので安心してください。

コンビニ払いでも納付期限は変わらず

自動車税の納付のコンビニでのやり方について見てきました。コンビニ払いの場合、納付期限はどうなるのでしょうか?基本的にコンビニで自動車税を納付する場合であっても納付期限は変わらず5月31日です。ただ納付期限を過ぎて支払いをする場合、コンビニでは支払いできない場合がありますのでコンビニ収納期限までに必ず支払いましょう。

またコンビニ収納期限内に納付した場合であっても督促状が届く場合があります。市で納税が確認できるのに日数がかかることから、行き違いで督促状が届くことがある点は理解しておきましょう。またコンビニであればいつでも行くことができるとは言え、納付期限があり忘れてしまうと大変です。忘れないうちに早めの納付を心がけましょう。

自動車税の納付をコンビニでする際のやり方について紹介しました。自動車税をコンビニで納付することにより、休日や夜間であってもいつでも支払いができるというのはもちろんメリットの一つです。他にも、コンビニ払いを利用することによりお得になることがあるためこの後詳しく見ていきましょう。

Thumb自動車税の滞納はいつまで大丈夫?差し押さえの流れや期間などまとめ!

自動車税をコンビニで支払う場合は現金でしか払えない?

自動車税の納付は安いものではないからこそ、クレジットカードなどを利用しポイントが付けば嬉しいものです。自動車税をコンビニで支払う場合、現金でしか支払えないのでしょうか?自動車税を納付する際に現金ではなくクレジットカードを使うやり方について見ていきましょう。

直接クレジットカードで納付するやり方とは?

まずは直接クレジットカードで納付するやり方についてですが、残念ながら自動車税の納付をコンビニでする際に直接クレジットカードで支払うことはできません。ただインターネット上で行えるサービスである「Yahoo!公金支払い」を利用するやり方であれば現金でなくカードで自動車税の納付をすることが可能です。

Yahoo!公金支払いとは、様々な地方公共団体の税金や各種支払いなどをオンライン上で行うことができるサービスのことです。Yahoo!公金支払いのメリットは、金融機関の窓口のように時間を気にすることなくいつでも支払いができること、またスマホからも支払いが可能なため外出先や空き時間に簡単に納付できることなどがあります。

また現金でなくクレジットカードで支払うため、クレジットカード会社が導入しているポイントが貯まるためお得です。さらにYahoo!公金支払いは、YAHOO JAPAN IDを持っていれば支払いにTポイントを使うこともできます。とても便利なやり方ですが、注意しておきたいのは手数料についてです。

住んでいる場所により異なりますが、Yahoo!公金支払いで自動車税を納付する際には手数料が数百円かかるということを頭に入れておいてください。またもう一つ注意が必要なのは、Yahoo!公金支払いを採用しているどうかは住んでいる場所により異なり、採用していない地域であれば利用することができないということです。

自分の住んでいる場所がこのやり方を採用しているかどうかについては、公式サイトで簡単に検索することができるので確認しておくようにしましょう。またインターネットから現金でなくカードで自動車税の納付を行う場合、納税証明書の発行までに日数がかかるということも頭に入れておきましょう。

納税証明書は車検を受ける際に必ず必要となるため、車検日が近づいているような場合には金融機関の窓口で現金で支払う方が良いでしょう。Yahoo!公金支払いで使うカードについてですが、YAHOO JAPANのカードである必要はなく、マスターカードやVISA、JCBブランドのカードなどでの支払いが可能です。

またインターネット上で現金ではなくカードによる自動車税の支払いができるサービスとして「F-REGI公金支払い」というサービスもあります。同じようにいつでもスマホで納付が可能な点や、クレジットカードのポイントが貯まる点などがメリットですが、一方でシステム利用料として手数料がかかります。1件につき324円の手数料です。

このように現金ではなくクレジットカードを使って直接自動車税を納付するやり方は、手数料がかかるため一概にお得だとは言えませんが、金融機関などの窓口に支払いに行くのが難しいといった場合などには便利だと言えるでしょう。

Thumb自動車税・重量税は13年越えの古い車は割増に!廃車手続き方法など紹介!

自動車税をコンビニで支払う際に間接的にクレジットカード払いにするやり方とは?

コンビニで自動車税を納付する際に、現金ではなく直接クレジットカードで支払うことはできないと説明しましたが、間接的にクレジットカードで支払うやり方があります。詳しく見てみましょう。

ポイントが貯まるnanaco払いのやり方

まずはnanacoを使って間接的にクレジットカード払いにするやり方について説明します。セブンイレブンではnanaco払いで税金を支払うことができるサービスを行っています。nanacoは一部のクレジットカードからのチャージによってポイントが貯まります。チャージによりポイントを貯め、チャージしたnanacoで自動車税を納付するやり方です。

分かりにくいのですが、ポイントが貯まるのはnanacoポイントではなく、nanacoへのクレジットチャージが可能なクレジットカードのポイントのことです。このやり方によりチャージした分のポイントが貯まるため自動車税をお得に支払うことができます。チャージ自体は現金でも行うことができますが、現金チャージの場合ポイントが貯まりません。

現金ではなくクレジットカードでチャージするということを頭に入れておきましょう。またnanacoへのチャージによってポイントが貯まるカードなのかどうかについてもあらかじめ確認しておきましょう。さらに、クレジットカードからnanacoへのチャージには、1回あたりの上限金額が決められています。

そのため納付額によっては2回に分けてチャージする必要がある点には注意してください。チャージ申請したものは、セブンイレブンの店舗などで受け取ることができます。受け取った後は、納付書をレジに持っていき、nanaco払いであることを伝えると支払いすることができます。

nanaco払いによって現金でなくクレジットカードで自動車税を納付するやり方は、手間は少しかかりますが手数料などもかからず、ポイントが還元されるためとてもお得です。nanacoはカードだけでなくモバイルnanacoというアプリを使うこともでき便利ですのでぜひ利用してみてください。

WAON払いのやり方

続いては、WAON払いによって間接的にクレジットカード払いにするやり方を紹介します。ミニストップであれば、イオンなどで使える電子マネーであるWAONを使うことで自動車税を納付することができます。WAONを使うやり方はミニストップのみですので注意してください。やり方ですが、nanacoと同じような仕組みです。

普通にWAON払いをした場合ポイントは貯まらないのですが、現金でなくクレジットカードからチャージもしくはオートチャージをすることでポイントを貯めることができます。イオンカードセレクト、JAL JMB WAONカードといった、チャージによってポイントが貯まるクレジットカードを利用する必要があります。

チャージ自体はできてもポイントが貯まらないカードもあるため注意してください。やり方はnanacoと同様で、レジカウンターで自動車税の納付書を渡し、WAONで支払うだけです。WAON払いで支払えるのは5万円までと決まっており、超えた分については現金での支払いとなることを頭に入れておきましょう。

Thumb自動車税をクレジットカードで支払いする方法!ポイントも貯まってお得に!

自動車税のコンビニ払いのやり方などについてのまとめ

自動車税の納付をコンビニで行う際のやり方について解説しました。自動車税の納付書は毎年5月31日が期限となっています。コンビニで直接カード払いするやり方はないものの間接的にカードでお得に支払いができることが分かりました。コンビニでの納付のやり方をマスターして自動車税の納付をきちんと期限内に行いましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ