自動車税・軽自動車税とは?普通車との金額の差や維持費など紹介!

日々の生活に必須となっている車には、自動車税や軽自動車税といった税金がかかってきます。また、車の種類によっても税率や金額が異なってくるため、各制度を理解しておくことが大切です。今回は自動車税や軽自動車税における金額の差や維持費などについて紹介していきます。

自動車税・軽自動車税とは?普通車との金額の差や維持費など紹介!のイメージ

目次

  1. 自動車税・軽自動車税の税金について
  2. 自動車税の軽自動車と普通車の金額の差は?
  3. 自動車税・軽自動車税と維持費はいくら?
  4. 自動車税・軽自動車税の税率と金額は?
  5. 自動車税・軽自動車税の増税について
  6. 自動車税・軽自動車税についてまとめ

自動車税・軽自動車税の税金について

軽自動車の税金について

出典: https://matome.response.jp

軽自動車には、さまざまな税金が課されることとなります。その主な税金の種類としては、自動車取得税や自動車重量税といった税金が挙げられます。また、軽自動車を所有している際には、消費税や軽自動車税という税金もかかってくるため、事前に各税金における税率や税額などの仕組みをしっかりと把握しておくことが非常に重要となってきます。

軽自動車の税金➀自動車所得税

出典: https://bestcarweb.jp

軽自動車における代表的な税金の種類として、自動車所得税という税金が挙げられます。自動車取得税とは、購入した自動車の価格が50万円を上回る場合に納税の義務が生じる地方税のことを言います。また、軽自動車における自動車取得税には、車両価格の約90%に税金が課されるといった点や、取得価額の2%が課税の対象になるといった特徴があります。

軽自動車の税金②自動車重量税

出典: https://bestcarweb.jp

自動車取得税と同様に自動車重量税も、軽自動車における自動車税のひとつとして挙げられます。自動車重量税とは、届け出を済ませた軽自動車に対して税金が課される自動車税のことで、登録している軽自動車の所有期間によって税額が異なってくるといった特徴があります。また、ある一定の条件を満たすことで減税が適用されるといったケースも存在します。

軽自動車の税金③消費税

出典: https://bestcarweb.jp

軽自動車を所有する際には、消費税も課税の対象となるため注意が必要です。消費税とは、軽自動車に限らず提供されているすべての商品に対して課税される間接税のことを言います。近年では、消費税の増税に関するニュースを耳にする機会が増えている傾向にあり、2019年10月には消費税が10%に増税されると言われているため、軽自動車を所有する場合には、その点を十分に考慮することが大切です。

軽自動車の税金④軽自動車税

出典: https://bestcarweb.jp

軽自動車税とは、軽自動車に分類される車両に対して課される自動車税のことを言います。軽自動車税における主な特徴としては、普通車よりも安い税額が設けられているといった点が挙げられます。例えば、軽自動車の所有期間が13年未満の場合には税額が1万円ほどとなるため、近年では維持費が安くなる軽自動車を選ぶといったケースが多い傾向にあります。

自動車税と軽自動車税はいつ払う?

出典: https://bestcarweb.jp

自動車税を納める時期としては、新車や中古車の登録が完了した場合や、4月1日の段階で軽自動車を所有している人が自動車税を納めることが一般的となっています。また、軽自動車税を納める時期においても、軽自動車を購入した際や、4月1日の段階で軽自動車を所有している人が税金を納めることとなります。しかし、自動車取得税や自動車重量税などといった自動車税の場合は、納税する時期がやや異なってくるので注意してください。

Thumb自動車税の滞納はいつまで大丈夫?差し押さえの流れや期間などまとめ!

自動車税の軽自動車と普通車の金額の差は?

自動車税と維持費➀軽自動車

出典: https://bestcarweb.jp

軽自動車における自動車税や維持費は、軽自動車の所有期間や利用頻度などによって大きく異なってきます。また、軽自動車の維持費の種類としては、軽自動車税に加えて保険料や車検代といったコストが挙げられます。また、ガソリン代や駐車場代も含めると、年間で平均30万円ほどの維持費がかかってくるとされています。

自動車税と維持費②コンパクトカー

出典: https://www.e-rabbit.jp

コンパクトカーにおける自動車税や維持費も、利用頻度や所有期間などによって違いが生じてくるとされています。また、駐車場代においては居住している都道府県によっても大きく異なってきます。各種税金から車検代や保険料などといったコストを含めると、年間で平均38万円弱の維持費が発生すると言われています。

自動車税と維持費③普通車

出典: https://www.e-rabbit.jp

普通車における自動車税や維持費は、コンパクトカーや軽自動車と比べて非常に高くなる傾向にあります。また、さまざまな維持費の中でもガソリン代の金額の差がとても大きくなるケースが多く見られ、利用頻度によっては軽自動車の2倍ほどの維持費が生じることもあります。さらに、都内における普通車の自動車税や維持費の金額は、年間で平均70万円ほどになるとされています。

自動車税・軽自動車税と維持費はいくら?

維持費➀自動車税

出典: https://bestcarweb.jp

自動車税における金額は、車両の種類や所有期間などによって異なってくる傾向にあります。例えば、普通車の場合は年間で約4万円ほどとなるケースが多いとされています。また、軽自動車の際には年間で7200円となる場合が一般的ですが、2015年4月1日以後に軽自動車を取得した際には10800円の軽自動車税が課されるので注意してください。

維持費②保険料

出典: https://bestcarweb.jp

任意保険における金額も、軽自動車や普通車などといった車両の種類によって異なってきます。例えば、普通車の際には年間で75000円の保険料を支払うこととなりますが、軽自動車の場合には年間で67000円ほどの保険料が発生するため、軽自動車の方が維持費を安く抑えることが可能となっています。

維持費③車検代

出典: https://bestcarweb.jp

軽自動車における車検代としては、年間で3万円ほどとなる傾向にあります。一方で、普通車における車検代は年間で約37000円となるため、軽自動車よりも高い維持費が発生します。また、車検の際には整備などの費用がかかるケースもあり、軽自動車の場合は1万円を下回ることが多いですが、普通車の際には軽自動車を上回る金額が必要となるとされています。

維持費④ガソリン代

出典: https://bestcarweb.jp

軽自動車と普通車における維持費の差が大きくなるものとして、ガソリン代が挙げられます。軽自動車は非常に燃費が良いことでも知られており、年間に85000円ほどの費用がかかるとされていますが、普通車の際には軽自動車を上回る10万円ほどのガソリン代が発生すると言われています。そのため、現在では数多くの人々が軽自動車を選ぶ傾向にあります。

維持費➄駐車場代

出典: https://bestcarweb.jp

軽自動車や普通車における駐車場代の金額は、居住している都道府県によって大きく異なる傾向にあります。例えば、都内で軽自動車などを所有している際には、年間で30万円を超える駐車場代がかかるとされています。しかし、都内以外で軽自動車などを所有している場合は、年間で平均10万円弱の駐車場代が必要となる傾向にあるため、軽自動車などを購入する際には注意が必要となります。

自動車税・軽自動車税の税率と金額は?

軽自動車税の税率と金額

出典: https://bestcarweb.jp

軽自動車の税率と金額は、軽自動車の所有期間の長さによってやや異なってきます。例えば、軽自動車を所有している期間が13年を下回る場合は約10000円の軽自動車税が課されますが、軽自動車を所有している期間が13年を上回る際には13000円ほどの軽自動車税が課されることとなります。

グリーン化特例の税率と金額

出典: https://bestcarweb.jp

軽自動車におけるグリーン化特例の税率や金額は、軽自動車の使用区分や燃費性能によって異なる傾向にあります。例えば、乗用車に区分される軽自動車が、定められた燃費基準を満たしている際には約1万円ほどとなり、営業用の軽自動車の場合は7000円弱の金額となります。また、貨物用に区分される軽自動車が燃費基準を満たしている際は約5000円となり、営業用の軽自動車の場合は4000円弱の金額となります。

Thumb自動車税をクレジットカードで支払いする方法!ポイントも貯まってお得に!

自動車税・軽自動車税の増税について

平成27年に軽自動車税が増税された

出典: https://bestcarweb.jp

現在では数多くの人が軽自動車を所有していますが、環境への配慮などを理由に、2015年に軽自動車税の増税が実施されました。また、軽自動車税の増税によって経済的な負担を感じている人の割合も増加している傾向にあります。そのため、軽自動車の購入を検討している際には、事前に軽自動車税の仕組みを把握しておくことが重要です。

旧車も増税された

出典: https://bestcarweb.jp

軽自動車税と同様に、クラシックカーとも呼ばれている旧車も増税されました。軽自動車と並んで、さまざまな人々からの支持を集めている旧車ですが、軽自動車に比べて維持費も高くなる傾向にあるため、軽自動車税に加えて旧車における税金の仕組みも理解しておく必要があります。

エコカー取得時には減税される

出典: https://bestcarweb.jp

軽自動車における税金は、ある一定の条件を満たすことで税額が軽減されるケースがありますが、軽自動車に加えて電気自動車などのエコカーも減税の対象となっています。また、軽自動車税とは異なり、エコカー減税においては恒久化する案も浮上しています。

自動車税・軽自動車税についてまとめ

自動車税や軽自動車税における金額の差や維持費などについて紹介してきました。いかがでしたでしょうか?近年では、自動車税と重量税の二重課税といった点が問題視されている傾向にあり、軽自動車税などといった各税金の制度を見直す意見も増えつつあるため、日頃から各制度の動向を注視することが大切となってきます。今回紹介した自動車税や軽自動車税の情報などを参考に、車の所有の際に役立つ知識を身に付けてください。

Thumb自動車税・重量税は13年越えの古い車は割増に!廃車手続き方法など紹介!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ