保険業界に必要な資格とは?それぞれの種類や試験難易度まで徹底解説!

保険業界には様々な資格が存在しています。そんな保険業界で必要になる資格をご紹介していきたいと思います。ご紹介している資格は、保険業界では必ず必要な資格などもあり、資格試験の難易度なども解説しています。就職・転職を考えている方はチェックしてみてください!

保険業界に必要な資格とは?それぞれの種類や試験難易度まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 保険業界に必要な資格を就職や転職前に知っておこう
  2. 保険業界に就職や転職前に必要な資格はある?
  3. 保険業界に必要な資格や試験の種類で生命保険代理店業務
  4. 保険業界に必要な資格や試験の種類で損害保険代理店業務など
  5. 保険業界に必要な資格や試験の難易度
  6. 保険業界に必要な資格や試験まとめ

保険業界に必要な資格を就職や転職前に知っておこう

出典: https://www.pasonacareer.jp

保険業界で働くためには必要な資格などがあります。保険業界で将来働くことや、保険業界に転職を考えている方は知っておきたい情報が沢山あります。

出典: http://s-relations.net

そんな保険業界で働くために必要な資格等についてご紹介していきたいと思います。保険業界で働く際に必要、役に立つ資格というのは数多くあります。保険業界への就職や転職を考えているという方必見の情報をご紹介していますので、保険業界への就職・転職を考えているという方は是非内容をチェックしてみてください!

Thumb金融業界の職種別の仕事内容とは?銀行や保険などの魅力を紹介!

保険業界に就職や転職前に必要な資格はある?

出典: http://kinyutenshoku.com

まずは保険業界に就職・転職するためには必要な資格があるのかをチェックしていきましょう!保険業界への就職・転職を考えている方は絶対に知っておきたい情報となっています。

入社後に取得する可能性が高い?

出典: https://careers-inspirreed.com

保険業界に就職・転職するためには必要な資格があるのかというと、実は保険業界に就職・転職するためには必要な資格などは無いようです。一部の会社では就職・転職するためには年齢制限を設けている会社もあります。しかし資格などを指定している会社などは無く、多くの方は保険業界に就職・転職した後に様々な資格を取得しています。正し就職・転職前に資格を持っておくと、給料が高くなったりと仕事の内容に影響するので有利です。

保険業界に必要な資格や試験の種類で生命保険代理店業務

出典: http://wadainoare.com

今から保険業界に必要な資格や、試験の種類などについてご紹介していきたいと思います。生命保険代理店での業務内容などを考えている方は、今からご紹介していく資格を取得しておくことをオススメします。様々な資格試験がありますので、どのような資格試験があるのかをチェックしてみてください!

①生命保険募集人試験

出典: https://www.hatalike.jp

生命保険募集人試験というのは、保険業界では生保一般過程試験という名称でも呼ばれています。この資格は生命保険代理店で就職・転職して働くためには必ず必要な資格だといっても過言ではありません。この資格は生命保険の募集や販売をする為に必要な資格となっており、この資格試験に合格することによって「金融庁」に登録して生命保険募集人として勤務を開始する事が出来るようになります。

出典: http://blog.livedoor.jp

この生命保険募集人試験というのは、毎月1度行われているようで試験の難易度に関しても、生命保険代理店で働くための基本的な知識などとなっていますので難しくはないようです。まずはこの資格試験に合格したのちに、様々な知識を得て他の試験に挑戦していく形になっていきます。生命保険募集人としてキャリアアップしていくために絶対に必要な資格なので、就職・転職を考えている方は合格を目指して頑張ってください。

②生命保険専門過程試験

出典: https://www.bizlearn.jp

生保専門課程というのは生命保険協会がおこなっている資格試験の一つとして知られており、生命保険募集人試験に合格した人だけが受験資格がある資格試験となっています。この資格に関しても生命保険代理店で活躍していくには、取っておきたい資格です。この資格試験に合格することによってさらにステップアップして変額保険の販売が出来るようになります。

出典: https://twitter.com

この生保専門課程という試験は毎月1度などの高頻度で行われているわけではありません。一年に3回実施されており、〇×回答によるマークシート問題となっています。合格率は約70%程と言われており、問題の内容に関しても過去問題と同じ問題が多く出題されるので、試験難易度は簡単な部類です。この試験の内容も生命保険に関する基本的な問題ばかりなので、基本を押さえておけば合格することが出来ます。

③生命保険応用過程試験

出典: https://blog.goo.ne.jp

生保応用課程試験というのは、生命保険募集人試験と保専門課程の試験に合格した人のみが受験できる資格となっています。生保応用課程試験は生命保険募集人試験と保専門課程と比較すると、かなり難しい試験なので合格することは難しくなってきます。生保応用課程試験は更にステップアップするために必要な保険業界の資格であり、合格すれば「シニア・ライフ・コンサルタント」という称号が貰えるので、肩書として営業の役に立ちます。

出典: https://hokendairiten-kaigyou.com

生保応用課程試験は年に3回試験が実施されており、合格率は約70%程となっています。問題の内容については、これまで紹介してきた生命保険に関する試験内容よりはかなり行動になっているので、しっかりと試験対策をしなければ合格できません。〇×問題が減り、計算問題などが増えている事もあり、これまでの試験の様に〇×問題だけを重点的に対策したとしても不合格になってしまう可能性があります。

④変額保険販売資格試験

出典: https://item.mercari.com

変額保険販売資格試験というのは、変額保険を販売する為に必要になってくる資格の事です。変額保険販売資格試験は生命保険募集人試験と保専門課程試験に合格した者だけが受験できる資格で、この資格に合格することは生命保険を販売するうえで非常に重要になってきます。生命保険を取り扱っている多くの会社は、営業の人には変額保険販売資格試験に合格することが求められるという現状になっています。

出典: https://hokendairiten-kaigyou.com

変額保険販売資格試験に合格すると、変額保険というリスクの高い保険を販売する事が出来るようになります。そんな変額保険を販売するためには、それ相応の知識が必要になるという事です。変額保険販売資格試験に合格すれば、一人前の生命保険販売者と言っても過言ではありません。

⑤生命保険大学過程試験

出典: https://blog.goo.ne.jp

生命保険大学過程というのは、生命保険を取り扱う資格の中で最も取得難易度の高い資格となっています。生命保険大学過程試験に合格する事が出来れば、この資格を取得できるのですが、この試験は何と年に3回実施され6科目に分けられています。そしてすべての試験に合格する事が出来れば資格を獲得する事が出来ます。この試験に合格するためには、最短でも9か月は掛かるという計算になります。

出典: https://blog.goo.ne.jp

生命保険大学過程試験を受ける際に注意しておくポイントがあります。それは全6科目を2年以内に合格しなければならないという事です。6科目中4科目に合格し、最後の2科目がなかなか合格できずに2年経過してしまうと、それまでに合格していた内容もすべて白紙になります。かなり難しい資格試験なので、準備万端で臨まないと合格することは難しいかもしれません。

Thumb社会保険の扶養条件とは?年収や続柄など加入要件を徹底解説!

保険業界に必要な資格や試験の種類で損害保険代理店業務など

出典: https://www.insource.co.jp

保険とは生命保険以外にも種類があります。次にご紹介する種類の保険は損害保険代理店です。損害保険代理店というのは生命保険代理店とはまた違った資格が必要になる仕事となっており、生命保険代理店にて必要な資格を持っていても役に立たないこともあります。保険業界のどのような保険を取り扱うのかで、必要な資格は変わってくるので注意してください。

①損保一般試験の基礎単位試験

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

損害保険には損保一般試験の基礎単位試験というものが存在しています。この資格試験は損害保険を販売するための知識をしっかりと持っているかを確認する試験となっており、損害保険代理店で働く人であれば誰でも受験する資格と言っても過言ではありません。種類は違いますが生命保険の「生命保険募集人試験」のような存在となっています。

出典: https://mayonez.jp

損保一般試験の基礎単位試験に合格する事によって、損害保険を販売する事が出来るようになります。損害保険代理店で働くためには絶対に必要になる資格なので、勉強して取得を行いましょう。この資格は難しいモノではなく、合格率が90%で試験自体は毎日行われているという風になっています。合格したとしても5年に1度は試験を再受験しないといけないので、試験内容は忘れないようにしましょう。

②自動車保険

出典: https://hoken.kakaku.com

損害保険代理店が販売している保険は様々な種類の保険があります。そんな数多くの取り扱っている種類の保険の一つが「自動車保険」です。自動車保険とは車を所有している人であれば誰でも加入している保険と言っても過言ではなく、自動車保険に入っていなければ、もしも自動車に乗っている際に事故などを起こしてしまうと大変な目に遭ってしまいます。

出典: https://www.navikuru.jp

自動車保険に関する知識が必要になる損害保険代理店。自動車保険はかなり取り扱い重要度が高い種類の保険なので、絶対に知識を身に着けておく必要があります。自動車事故などが日常的に多発しているので、仕事の中で取り扱う事が多いです。自動車保険についての知識は勉強前の知識とかなり異なる部分があるので注意してください。

③火災保険

出典: https://www.sbisonpo.co.jp

次にご紹介する保険の種類は「火災保険」です。火災保険というのは建物などに対して有効となる保険です。火災保険は住宅物件・一般物件・倉庫物件・工場物件などの様々な物件に適用することが出来る保険で、火災保険はそれらの建物に対する保険の総称となっています。実際に火災保険と一括りにしても、実は火災保険の種類は数多くあるので、覚えることが大変だと言えます。

④障害疾病保険

出典: https://www.hoken-clinic.com

障害疾病保険というのは医療に関係している保険の種類となっており、ガン・脳卒中・急性心筋梗塞などに対して適用される保険となっています。障害疾病保険にも二種類の保険があり、傷害疾病定額保険と傷害疾病損害保険のという種類に分かれています。保険の種類が二つに分かれている理由としては、保険金が支払われる際のケースが違っていることが大きな理由です。

⑤ファイナンシャルプランナー

出典: https://ginkou.jp

保険代理店で働く際に業務の役に立つ資格の種類で「ファイナンシャルプランナー」という資格があります。ファイ何種あるプランナーと言う資格は、保険代理店だけで役に立つ保険ではなく証券会社などの業務をこなすことにも役に立つ種類の資格として知られています。ファイナンシャルプランナーはマルチに仕事を行いたいという方におすすめの資格です。

出典: https://www.u-can.co.jp

ファイナンシャルプランナーという種類の資格は、お客様の相談に窓口で対応する仕事となっており、お金関係に関する情報に強くなれます。ファイナンシャルプランナーの中にも、営業職とコンサルティング部門というのがあります。ファイナンシャルプランナーとは「FP」と略されることもあり、ファイナンシャルプランナーの資格とは種類を二つに分けることが出来ます。

⑥公的保険アドバイザー

出典: https://siaa.or.jp

公的保険アドバイザーというのは、保険を良く知らないという方に保険についてわかりやすく説明するという職種になっています。公的保険アドバイザーになるためには資格試験を受ける必要があります。公的保険アドバイザーの資格試験はどなたでも受験する事が出来るという事で、広き門として多くの方が受験している資格です。そして 資格試験の内容自体もそれほど難しくなく、毎月10日に試験は実施されています。

Thumb自動車保険はキャンペーン利用がお得!気軽に見積りしてプレゼントをゲット!

保険業界に必要な資格や試験の難易度

出典: https://shikakuhiroba.com

これまでご紹介してきた様々な種類の保険に関する資格は、すべて試験を受けて合格しなければいけません。そんな保険に関する資格試験の難易度について、更に詳しくご紹介していきたいと思います。どの種類の資格試験が、どれほどの難しさなのかなどを是非チェックしておくことをオススメします。難しい試験を受ける場合は、それ相応の準備・対策が必要になってきます。

生命保険募集人試験の難易度

出典: https://eco-s-hmnkk.com

まず生命保険代理店で働く際に必ず受験する生命保険募集人試験の難易度は、生命保険に関する試験の中では最も簡単です。生命保険募集人試験は生命保険に関する試験の入門編と言っても良い難易度の試験になっており、合格率は80%以上と高確率で合格する事が出来ます。問題の解答も95%が〇×形式になっているので、最終的には問題が分からなくても勘に頼って記入する事が出来るのも、試験が簡単だと言われている理由の一つです。

損保一般試験の基礎単位試験の難易度

出典: https://omakase-answer.com

損保一般試験の基礎単位試験の難易度ですが、損保一般試験の基礎単位試験の難易度は合格率が90%を超えたりする事も有る非常に簡単な難易度の試験です。損保一般試験の基礎単位試験の難易度は合格しないと、損害保険代理店での仕事が出来ない。と言える資格なので受験する方はしっかりと勉強されている方が多いです。問題自体は損害保険に関する基本的な知識ばかりなので、勉強していればほぼ落ちることは無いと言われています。

ファイナンシャルプランナーの難易度

出典: https://licenser.club

ファイナンシャルプランナーの試験は様々な種類の試験があります。その中でも入門編と言われているFP技能士試験3級という試験があります。ファイナンシャルプランナーの3級試験は合格率が50%~70%程なので、簡単な試験だと言われています。しかし一番簡単な試験でも、合格率が低いときは50%になることもあるので、生命保険や損害保険の試験よりは難しいです。

出典: http://magazine.campus-web.jp

ファイナンシャルプランナーの2級資格からは、国家資格となっています。しかし国家資格ですが合格率は35%程なので国家資格の中では合格率は非常に高い試験であると言われています。合格に必要な点数は約6割と言われており、半分以上の答えが正解していれば合格することが可能です。国家資格をとりあえず欲しいという方は、ファイナンシャルプランナーの資格などは取りやすいのでおすすめとなっています。

Thumb日本生命の評判!「みらいのカタチ」や三大疾病など保険を検証!

保険業界に必要な資格や試験まとめ

保険業界に必要な資格や試験の情報についてまとめてご紹介しました。

出典: http://meigen.keiziban-jp.com

保険業界では、仕事を行う上で必ず必要になってくる資格があります。そんな資格ですが実はかなり合格率が高く受験資格も厳しくないので誰でも受験できる試験もあります。保険業界では会社に入社してから、試験を受けさせることが多く、事前に試験に合格して無くても就職・転職を行うことは出来ます。保険業界に入りたいという方は、入ってからの方が大変かもしれません。

出典: https://studying.jp

保険業界では入ってからの方が試験勉強が多く、大変な思いをすることが多いようです。しかし試験に合格すると確実に会社での地位や仕事内容はステップアップする事が出来て給料にも反映されます。保険業界での活躍を考えている方は、試験勉強を頑張って一人前の保険販売者を目指してみてください!

Thumb終身保険おすすめランキング!安い保険料で人気の通販型も充実!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ