自動車税の還付とは?下取りや廃車の場合や計算方法などまとめ!

自動車税の還付とはいったいどういった仕組みなのか、具体的に解説を行っていきます。下取りや廃車の場合の計算方法についても取り上げていきます。自動車税の還付の仕組みについて理解しやすい内容となっており、手続き方法も参考にすることができます。

自動車税の還付とは?下取りや廃車の場合や計算方法などまとめ!のイメージ

目次

  1. 自動車税の還付の仕組み!税金はいくら?
  2. 自動車税の還付金・下取りの計算方法
  3. 自動車税の還付金・廃車の計算方法
  4. 自動車税の還付の基礎知識と月割りの早見表
  5. 自動車税の還付についてまとめ

自動車税の還付の仕組み!税金はいくら?

自動車税とは?

出典: https://tetuduki-b.com

自動車税に注目をして、その還付の仕組みや税金の計算方法、手続きなどを具体的にご紹介していきます。自動車税とは、4月1日時点で自動車を所有している人が支払う税金のことです。4月1日から3月31日までの1年分を一括で納税することが原則です。基本的には5月頃に自動車税の納付書が郵送されてくるので、5月中には手続きを進めておきます。

自動車税の還付金とは?

出典: https://haisyahonpo.jp

毎年4月1日時点で自動車を保有している人については自動車税が発生することになりますが、場合によっては自動車税の還付金が発生することもあります。それは自動車を廃車した場合に返金されるお金です。4月1日時点では車を保有していても、どこかの時点で廃車することがあります。廃車した翌月分以降の自動車税は還付されるようになっています。

名義変更では還付を受けられない

出典: https://www.omoide-garage.com

自動車を廃車した場合にしかるべき手続きを取ることでか還付金を受け取ることができますが、単純に名義変更しただけでは自動車税の還付金を受け取ることができません。車が登録されている限り、所有者が変わっても大きな意味はありません。実際に車を使い続けられる状態にあると見なされてしまうため、還付金が発生することもなくなるのです。

自動車税の還付はいつ?

出典: https://carnext.jp

自動車税の登録抹消手続きを行うことで、実際に自動車税の還付金を受け取れるようになります。その受け取り時期については、登録抹消手続きが済んで2ヶ月から3ヶ月程度かかると見なしておくのが一般的です。還付通知書と呼ばれる通知書が手元に届くことによって、自動車税の還付金を受け取れます。その通知書が届くのが2ヶ月から3ヶ月後になります。

還付金の受け取り方法

出典: https://kuruma-nandemo.com

自動車税の還付金の受け取り方法についても確認していきます。還付金の受け取り方法としては、3通り挙げることができます。1つは郵便局の窓口で受け取りをする方法です。廃車手続きを済ませた後で、振替払出証書が自宅に郵送されてきたら、郵便局に持っていきます。身分証明書と印鑑を持参して郵便局に行くことで、自動車税の還付金が受け取れます。

銀行の窓口や口座での受け取り

出典: https://oldcar-byebye.com

自動車税の還付金に関しては、銀行の窓口で受け取る方法もあります。指定された銀行の窓口に送金支払通知書と身分証明書、印鑑の3点を持っていくことで還付金が受け取れます。その他、指定した口座に還付金を振り込んでもらうこともできます。この場合は、廃車手続きを行う際にあらかじめ振込先となる金融機関の口座を記入しておくことが求められます。

Thumb自動車税をコンビニで支払うやり方とは?ポイントもついてお得!

自動車税の還付金・下取りの計算方法

計算方法の確認

出典: https://cmgroup.jp

自動車税と還付金の関係性について理解するためには、どういった条件で自動車税が還付されるのか理解しておくことも大切です。その上で、自動車税の還付金や下取りの計算方法についてもご紹介していきます。還付金の受け取りの際には正しく計算されているか確認することも大切です。廃車した際の手続きを速やかに行う上でも理解しておきたい部分です。

還付金は買取価格に含まれる

出典: https://www.omoide-garage.com

まず、自動車税の還付金は買取価格に含まれるという点を理解しておきたいです。自動車税の還付金の受け取りができるのは、あくまでも自動車を廃車にした場合のみです。車をディーラーや買取業者に売却しても自動車税の還付を受け取ることはできないので注意が必要です。基本的には買取価格に還付金のことも考慮してくれるので、それほど心配ありません。

下取りの場合の考え方

出典: http://thechickenhouseofbooks.com

下取りの場合は、自動車を抹消するのか、それとも下取りをしたお店の名義に変更するのかによって自動車税の還付に関する対応が変わってきます。下取りしてもらった車を完全に抹消登録する場合は、還付金を受け取ることができます。一方で、下取りした車をお店の名義に変更した場合は還付金が発生しません。その点を理解しておくことがポイントです。

還付金を考慮してもらう

出典: https://kaitori.sinnsei.net

車の下取りの場合は、他の自動車に乗り換えることが前提となることが多くなります。そのため自動車税の還付金が受け取れないことを頭に入れた上で、手続きを進めることが重要です。車の買取業者やディーラーに関しては自動車税の還付の仕組みを把握しています。その辺は下取りの際に交渉することで、自動車税の還付金も考慮してもらうことが大切です。

Thumb自動車税・軽自動車税とは?普通車との金額の差や維持費など紹介!

自動車税の還付金・廃車の計算方法

自動車税の計算方法を確認

出典: https://221616.com

自動車税の還付金の仕組みについて確認していますが、具体的に自動車税の還付金について、どのくらいになるのか計算を行っていきます。自動車税についてはエンジンの排気量によって異なる部分が大きいです。自身が乗っている車の排気量と照らし合わせて自動車税を計算することがポイントです。排気量が多ければ、その分自動車税も加算されていきます。

自動車税の還付は月割りで計算

出典: https://contents.tm-carrecycle.info

自動車税の還付に関しては、基本的に月割りで計算することになります。毎年5月に自動車税を支払うことになりますが、廃車手続きが完了した日の翌月から3月前の月数を引いて、12ヶ月で割った金額が還付金として手元に戻ってくることになります。そのため廃車することを決めたら、なるべく早く手続きを進めた方が還付金も大きくすることができます。

自動車税の還付金の計算方法

出典: http://haishakaitori-galette.com

例えば、1,501ccで2,000cc以下の排気量の自動車を廃車する場合についての自動車税の還付金額を確認していきます。1,501ccで2,000cc以下の排気量を出す場合は、自動車税が3万9,500円です。例えば、7月25日に廃車手続きを完了した場合は、8月から翌年3月までの自動車税が還付されます。つまり、8か月分の自動車税が還付されるという計算です。

2万6,300円の還付金受け取り

出典: https://haishall.jp

実際に還付金の計算を行うと、「39,500円×8ヶ月÷12ヶ月=26,300円」という結果になります。つまり、1,501cc以上2,000cc以下の自動車を7月中に廃車した場合は2万6,300円の還付金を受け取れるということです。100円未満の還付金については切り捨てとなります。自動車の排気量に応じて還付金の額も変わってくるので、理解しておきたいです。

Thumb自動車税の納税証明書を紛失したら再発行出来る?必要な書類などまとめ!

自動車税の還付の基礎知識と月割りの早見表

還付金は軽自動車には発生しない

出典: https://haisyahonpo.jp

自動車を廃車した際に受け取れるのが自動車税の還付金ですが、軽自動車の場合は廃車しても還付金を受け取ることができないので注意が必要です。軽自動車には軽自動車税がかけられますが、それほど高くないということもあり、還付金制度自体が用意されていません。いつ抹消登録をしても還付金は受け取れないと覚えておくことが大切です。

3月に廃車したら還付金はない

出典: https://www.zba.jp

また、自動車税の還付金における注意点として3月に廃車した場合は、還付金を受け取ることができないことも理解しておくべきポイントです。3月分までの自動車税の支払いをするのが通常であり、3月に廃車した場合は自動車税を全額払い切った状態で廃車していることになります。そのため、2月までに廃車しなければ還付金を受け取ることはできません。

税金を滞納していたら還付金はでない

出典: http://haisha.aprecia.jp

税金を滞納している場合は、自動車税の還付金を受け取ることはできません。当然のことですが、自動車税をしっかりと払っている人が受け取れるのが還付金です。2年以上自動車税を滞納していると、廃車手続き自体ができないこともあります。自動車を持っている人の義務として、きちんと自動車税を支払うことを頭に入れておく必要があります。

自動車税の還付金の早見表

出典: https://haisha.kurumaerabi.com

自動車税の還付金については、早見表で理解しておくのもおすすめです。ここでは、1,501ccから2,000ccの排気量を持つ車を廃車した場合の実際にかかる自動車税について、早見表をご紹介していきます。廃車するタイミングと合わせて確認しておくことが効果的です。

1501cc~2000cc(排気量)



4月 3,200円 5月 6,500円  6月  9,800円  7月  13,100円 



8月  16,400円  9月  19,700円  10月  23,000円  11月 26,300円 



12月 29,600円  1月  32,900円  2月  36,200円    3月  39,500円


Thumb自動車税の滞納はいつまで大丈夫?差し押さえの流れや期間などまとめ!

自動車税の還付についてまとめ

出典: http://pdjavorina.com

自動車税の還付金に焦点を当てて、その具体的な計算方法やいつ受け取りができるのかといったことをご紹介してきました。自動車を廃車にする場合は、そのタイミングにも注意を払う必要があります。もう車に乗ることがないとわかれば早めに廃車手続きを済ませることがおすすめです。そうすることで、より多くの自動車税の還付金を受け取ることができます。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ