自動車税・重量税は13年越えの古い車は割増に!廃車手続き方法など紹介!

自動車技術の発展により、近年では長期間同じ車に乗る機会が増えている傾向にあります。しかし、13年を経過すると自動車税などが割増になるため、事前の対策が重要となります。今回は13年経過した際の自動車税などの金額から、廃車手続きの方法などについて紹介していきます。

自動車税・重量税は13年越えの古い車は割増に!廃車手続き方法など紹介!のイメージ

目次

  1. 自動車税や重量税は13年経過で割増になると知っておこう
  2. 自動車税や重量税は13年経過の古い車は割増に!
  3. 自動車税や重量税の13年越えの早見表
  4. 自動車税の13年越えで廃車手続きする方法
  5. 自動車税や重量税が13年経過でなぜ割増に
  6. 自動車税や重量税の13年経過で割増まとめ

自動車税や重量税は13年経過で割増になると知っておこう

出典: https://twitter.com

日々の生活に欠かせないものとなっている自動車には、自動車税や重量税といった税金がかかってきます。また、乗っている自動車の排気量や重量に加えて、所有している期間によっても税額が大きく異なってくるため、しっかりと仕組みを理解したうえで事前の対策を講じることが非常に重要とされています。今回は、13年経過した場合の自動車税や重量税の金額から、廃車手続きの方法などについてまとめています。

Thumb自動車税をクレジットカードで支払いする方法!ポイントも貯まってお得に!

自動車税や重量税は13年経過の古い車は割増に!

自動車税とは?

出典: https://bestcarweb.jp

自動車税とは、登録されている自動車の所有者に対して課される地方税のことを言います。また、自動車税は排気量や重量などによって税額が異なってくるという特徴があり、最大で10万円を超える税金を支払うケースもあります。さらに、使用目的によっても税額に違いが生じる仕組みとなっており、近年では租税総収入の約10%を占めているとされています。

重量税とは?

出典: https://bestcarweb.jp

重量税とは1971年から実施されている国税のひとつで、国土交通省が検査した自動車や届出済みの軽自動車に対して税金が課されるといった特徴があります。また、乗用車や貨物車など自動車の種類によっても税額が大きく異なってくる傾向にあり、重量税における年間税収額は数千億円にものぼるとされています。しかし、近年では自動車税との二重課税といった点が問題視されており、重量税の廃止が求められている現状にあります。

自動車税や重量税における13年とは?

出典: https://bestcarweb.jp

自動車税や重量税における13年とは、登録している車の所有期間が13年を経過すると、税額が割増になるといった制度を指します。2014年の税制改正によって決められたこの制度は、2015年の4月1日になった時点で登録日から13年経過している車を所有している際に割増された税金が課されることとなります。そのため、知らない間に税金が高くなっていたというケースもあるため、しっかりと制度を把握することが重要となります。

13年未満の自動車税

出典: https://bestcarweb.jp

13年未満における自動車税は、排気量によってその金額も大きく異なってきます。例えば、所有している車が1000ccを下回る場合は自動車税額が29500円となりますが、1000cc以上からは段階的に自動車税額が割増となるため、注意が必要です。また、排気量が6000ccを上回る際には、自動車税額が111000円と非常に高額な税金を支払うこととなってきます。

13年越えの自動車税

出典: https://bestcarweb.jp

登録している車の所有期間が13年を経過した際の自動車税も、排気量によって金額が大きく異なってくるので注意が必要となります。例えば、1000ccを下回るケースでは自動車税額が34000円となってきますが、6000ccを上回る場合には128000円となり、所有期間が13年未満の車よりも高い税金が課されることとなります。そのため、古い車を所有する際にはその負担も大きくなるという傾向にあります。

13年越えの割増の適用外も

出典: https://clutch-s.jp

所有期間が13年を越える古い車は、通常よりも自動車税が割増になる制度となっていますが、ある一定の条件を満たす車においては割増制度の適用外となるケースもあります。割増の対象外となる車としては、電気自動車などといった環境に配慮した車が挙げられます。また、天然ガスを使用した車なども税額割増の適用外となるため、自動車の所有を検討している際には、その点を十分に考慮する必要があります。

13年未満の重量税

出典: https://motorz.jp

13年未満の重量税は、所有している車の重量によってその金額も大きく異なってきます。例えば、0.5トン以下の際には税額が8200円となりますが、重量が3トンになる場合は税額が49200円と非常に高くなります。また、自動車税と同様に税額が段階的に引き上げられていくといった仕組みになっているため、事前に自身が所有している車の重量を把握しておくことが重要となります。

13年越えの重量税

出典: https://motorz.jp

所有期間が13年を越える古い車の場合には、13年を下回るケースよりも高い重量税が課されることとなってきます。例えば、0.5トンを下回る際には重量税額が11400円となりますが、重量が2.5トンを上回ると68400円という高い税額が課されることとなります。そのため、自動車税と同様に古い車を所有する際には、その負担も非常に大きくなってくるので注意が必要です。

重量税は18年越えで更に割増に

出典: https://motorz.jp

重量税の際に注意が必要となるポイントとしては、所有期間が18年を経過している場合には13年越えのケースよりもさらに税額が割増になるといった点が挙げられます。例えば、0.5トンを下回る際は重量税額が約13000円ほどとなりますが、2.5トンを上回ってくると約76000円ほどの重量税額が課されることとなるため、場合によっては、廃車手続きを行って車を買い替えるという方法が有効となるケースもあります。

軽自動車における自動車税について

出典: https://bestcarweb.jp

軽自動車における自動車税は、通常よりも安い税額が設けられているといった特徴があります。例えば、登録している軽自動車の所有期間が13年を下回っている場合には、自動車税額が約10000円に統一されており、13年を経過したケースでも約13000円ほどの税額となるため、日々の生活に欠かせないものとなっている自動車を所有する際には、維持費が抑えられる軽自動車を選ぶケースも多く見られます。

エコカー減税対象車なら特例

出典: https://motorz.jp

電気自動車やハイブリッドカーなどのエコカー減税対象車を所有している場合には、所有期間が13年を経過しても割増されないという特例が存在します。また、自動車税と同様に重量税における割増も対象外となっているため、年々エコカーの販売台数は増加している傾向にあり、現在では乗用車の約20%ほどが電気自動車やハイブリッドカーなどといったエコカーとされています。

一部の大型車両も自動車税割増の対象外

出典: https://ja.wikipedia.org

電気自動車やハイブリッド車などのエコカーと同様に、一部の大型車両も税額割増の対象外となっています。税額が割増されない大型車両としては、公共交通機関で利用されるバスなどが挙げられます。また、天然ガスやメタノールが使われているトレーラーなどの牽引車両も、13年が経過しても税額が割増されません。

ディーゼル車の場合は11年越えで

出典: https://motorz.jp

所有している自動車がディーゼル車の場合には、13年ではなく11年を経過した時点で割増の対象となるため注意が必要となります。ディーゼル車とは軽油を燃料としたエンジンを使用している車のことで、ガソリン車などよりも燃費が良いというメリットがあります。また、燃料コストも低く抑えることが可能となってきますが、自動車税や重量税の割増に加えて部品代などの維持費もかかるというデメリットがあります。

海外における自動車税制

出典: https://motorz.jp

海外における自動車税制は、各国によってその仕組みも多種多様となっています。例えば、アメリカでは排気量の大きさによって税額が異なるといった自動車税に当たる税金が存在しないため、非常に排気量の大きい車が人気を集めている傾向にあります。しかし、車両登録税という制度が設けられており、毎年最大で15000円ほどの税金を支払う必要があります。

EU諸国の自動車税について

出典: https://motorz.jp

EU諸国における自動車税も、各国によってさまざまな制度が設けられています。自動車先進国としても有名なドイツでは、日本と同様に排気量の大きさによって税額が増えていく仕組みとなっています。また、フランスでは自動車税そのものが廃止となっており、車を所有する際の維持コストも非常に安くなっているといった特徴があります。

アジア諸国の自動車税について

出典: https://motorz.jp

アメリカやEU諸国と同様に、アジア諸国でもさまざまな自動車税制の仕組みが取り入れられています。例えば、フィリピンでは2018年に自動車税などの増税が実施され、課税の対象外だったディーゼル車にも税金を支払う義務が生じることとなりました。また、タイでは日本の自動車税と同様に排気量の大きさによって税額が異なり、古い車ほど税金も高くなるといった仕組みとなっています。

自動車税や重量税の13年越えの早見表

自動車税における13年越えの早見表とは?

出典: https://motorz.jp

自動車税における13年越えの早見表とは、排気量や登録した月に応じた各税額を簡単に把握することが可能となる表のことを言います。早見表では、自家用の車に加えて営業車両における自動車税の金額も調べることができるため、個人や経営者などさまざまな人々に重宝されている傾向にあります。

自動車税の早見表の見方について

出典: https://motorz.jp

自動車税における早見表の主な見方としては、縦軸に車両の種類が記載されている点や横軸に各車両の税額が記載されているといった点が挙げられます。また、縦軸に排気量が記載されているケースもあるため、現在では数多くの早見表が存在しています。そのため、自分に合った早見表を用いて自身が所有している車にかかってくる税額を把握することが大切となってきます。

自動車税の早見表

出典: http://www.tanakajidousya.co.jp

東京都主税局が公開している自動車税の早見表によると、自家用車両の際には最大で111000円の税金が課されることとなります。また、営業車両においては最大で40700円の税額を支払う必要が出てきます。一方で、貨客兼用とされている車の場合には自家用車両で最大24000円、営業車両で最大18300円と、乗用車に比べてやや低い税金が設けられている傾向にあります。

重量税における13年越えの早見表とは?

出典: https://motorz.jp

重量税における13年越えの早見表とは、重量や登録した月に応じた各税額を簡単に把握することが可能となる表のことを言います。重量税の早見表では、自家用車量や営業車両に加えてトラックなどの車両における重量税額も調べることができるため、数多くの人々に重宝されている傾向にあります。

重量税の早見表の見方について

出典: https://motorz.jp

重量税における早見表の主な見方としては、縦軸に各車両が記載されている点や横軸に重量税額が記載されているといった点が挙げられます。また、縦軸に各重量が記載されている早見表も少なくないため、自分にとって把握しやすい早見表を用いて、自身が所有している車の重量税額を調べることが重要となってきます。

重量税の早見表

出典: http://www.saremedia.com

重量税の早見表によると、自家用乗用車の際には最大で68400円ほどの重量税額が課されることとなります。また、車両総重量が8トンを下回るトラックの場合には、自家用トラックで最大約45600円、営業用トラックで最大21600円ほどの税金を支払う必要が出てきます。しかし、エコカー減税の適用や登録区分などによって税額がやや異なってくるので注意が必要です。

自動車税の13年越えで廃車手続きする方法

廃車手続きとは抹消登録のこと

出典: http://makio-corporation.jp

廃車手続きとは、一時的に車の所有を中止する際や所有している車を解体する場合などに必要となる手続きのことを言います。また、抹消登録とも呼ばれており、災害などといった予期せぬ事態によって自動車の所有が困難となった際にも廃車手続きを行うことが必要不可欠となってきます。廃車手続きを行う場所としては、自身の所在地における各運輸支局が挙げられます。

廃車手続きの種類

出典: https://amesha-world.com

13年が経過した古い車などの廃車手続きを行うためには、いくつかの手順が存在します。廃車手続きの主な種類としては、永久抹消登録や一時抹消登録などが挙げられます。また、所有している車を解体する場合には、解体届け出を提出することが重要となってきます。さらに、廃車手続きの際にはさまざまな書類が必要となるので、事前に準備しておくことがポイントとなります。

永久抹消登録の流れ

出典: http://www.nakamurajidousya.com

永久抹消登録とは、登録されている自分の車を解体した後に必要となる申請方法のことを言います。永久抹消登録における主な流れとしては、運輸支局で手続きを行う方法や自身で抹消登録をするといった方法が挙げられます。また、自分で申請をする場合には印鑑証明書や車検証などといった書類が必要不可欠となってくるため、事前に各書類を用意しておくことが非常に重要となります。

一時抹消登録の流れ

出典: http://www.nakamurajidousya.com

一時抹消登録とは、所有している車を他者に譲る場合などに用いられやすい申請方法のことを言います。一時抹消手続きにおける主な流れとしては、車検証や印鑑証明書に加えてナンバープレートなどといった書類を各運輸支局に提出するといった方法が挙げられます。また、申請の際には登録印紙代などの手数料がかかってくるので注意してください。

解体届け出の流れ

出典: http://blog.livedoor.jp

解体届け出とは、一時抹消登録が完了した車を解体する場面で必要となる申請のことを言います。解体届け出における主な流れとしては、車の解体が終了してから15日以内に各運輸支局で廃車手続きを行うことが重要となってきます。また、解体届け出を行う際にも印鑑や使用済み自動車引取証明書と呼ばれる書類などが必要となるので、事前に用意しておくことが大切です。

廃車手続きにかかる費用

出典: http://www.nakamurajidousya.com

廃車手続きを行う際には、さまざまな費用がかかってきます。廃車手続きにおける主な費用としては、各抹消登録時にかかる費用や各必要書類の発行手数料などが挙げられます。また、解体における費用やリサイクル料金などのコストもかかってくるため、総額で数万円ほどとなる場合もあります。しかし、所有していた車の種類によって費用も異なってくる傾向にあるので注意してください。

廃車手続きに必要な書類

出典: http://blog.livedoor.jp

13年越えの古い車などの廃車手続きを行う際には、いくつかの書類が必要不可欠となってきます。主な必要書類としては、車検証や印鑑証明書などが挙げられます。また、自賠責保険の証明書や印鑑に加えてナンバープレートも必要となります。しかし、軽自動車の廃車手続きを行う場合には、印鑑証明書などの書類が不要となるため注意が必要です。

13年越えにおける廃車の依頼先について

出典: http://bizushiki.com

主な廃車の依頼先としては、車の整備工場を選ぶといった方法もあります。廃車を請け負う整備工場では、手放す車を無料で引き取るといったケースが多く見られるため、廃車の際にかかるコストを低く抑えることが可能となるというメリットがあります。また、廃車にする車両の状態によっては買い取りがされる場面もあるため、整備工場に廃車を依頼する方法を選ぶ人も少なくありません。

自動車税や重量税が13年経過でなぜ割増に

自動車税などが13年経過で割増になる理由

出典: https://motorz.jp

13年経過した古い車における自動車税や重量税が割増になる主な理由としては、環境に負荷をかけないためといった理由や国が買い替えを促進しているという理由が挙げられます。特に、環境に配慮した政策は日本国内に限らず海外諸国でも取り入れられている傾向にあります。また、近年では二酸化炭素の排出量を抑えたクリーンディーゼルと呼ばれるエンジンも開発されており、今後も環境に配慮した車が登場すると予想されています。

環境に負荷をかけないため

出典: https://motorz.jp

13年越えの古い車が自動車税や重量税の割増の対象となる大きな理由のひとつとして、環境に負荷をかけないためといった理由が挙げられます。現在、地球温暖化の原因として二酸化炭素の排出量が増加している点が非常に問題視されている傾向にあり、自動車の普及が温暖化に拍車をかけていると言われています。特に、中国やアメリカにおける総排出量は合計で100億トンを超えるともされています。

国が買い替えを促進するため?

出典: https://motorz.jp

環境に負荷をかけないためといった理由と同様に、国が買い替えを促進しているといった点も、古い車が税額割増の対象とされている理由のひとつと言われています。また、日本国内では電気自動車やハイブリッドカーなどといったエコカーへの優遇政策が積極的に行われている傾向にあり、その販売台数は海外と比較しても非常に高い水準を維持しています。特に、電気自動車においてはさらに市場が拡大すると予想されています。

13年経つ前に買い替えた方がリスク回避できる?

出典: https://motorz.jp

古い車における自動車税や重量税の割増を防ぐ方法として、13年経つ前に車を買い替えるといった方法があります。また、車を買い替える際には新車を購入することが一般的となっていますが、軽自動車などといった比較的車両価格の安い車種を選ぶということもリスク回避に繋がるとされています。特に、軽自動車においては税金も低く設定されているため、現在では軽自動車を所有するケースが主流となっています。

高額で売却した方がお得

出典: https://motorz.jp

13年経つ前に車を買い替えるという方法と同様に、所有している古い車を売却するといった方法もリスク回避に繋がると言われています。自身の車を買い取ってもらう方法としては、廃車買い取り業者を活用するといった手段が挙げられます。また、車種によっては非常に高額な買い取りが期待できるケースもありますが、買い取り業者によってその価格も大きく異なってくるため、いくつかの業者で査定をすることが大切となってきます。

13年経過しても自動車税が割増にならない車は?

出典: https://motorz.jp

電気自動車やハイブリッドカーなどといったエコカー以外にも、自動車税が割増にならない自家用車があります。その代表的な車としては、ヴィンテージカーと呼ばれる車の種類が挙げられます。ヴィンテージカーの場合には、定められたいくつかの条件を満たすことで割増の対象外となりますが、やや厳しい条件が設けられているといった特徴があるので、古い車を所有している際には、十分に条件を理解しておくことがポイントとなってきます。

ヴィンテージカーとは?

出典: https://motorz.jp

ヴィンテージカーとは、数十年前に販売されていた古い車のことを言います。旧車やヒストリックカーとも呼ばれており、現在でも数多くの人々に愛され続けている車としても知られています。また、イギリスでは年代によって「エドワーディアンカー」や「ポストヴィンテージカー」などの4つに分類されています。日本における自動車税の割増対象とならないヴィンテージカーの条件としては、1945年以前に製造された車という点が挙げられます。

自動車税が割増にならない車種

出典: https://motorz.jp

自動車税が割増にならない車種としては、電気自動車といったエコカーや公共交通機関で用いられるバスなどが一般的とされていますが、一定の条件を満たしたヴィンテージカーもその対象となります。ヴィンテージカーにおける主な車種としては、ダットサンといった車が挙げられます。ダットサンとは1926年に設立されたダット自動車製造によって造られた車のことで、現在では日産自動車の傘下として、主に新興国で事業展開がされています。

自動車税の減税対象となる基準は?

出典: https://motorz.jp

自動車税の減税対象となる主な基準としては、エコカー減税に加えてグリーン化特例などが挙げられます。また、排出ガスや燃費の性能に優れた中古車に対しても同様の減税措置がされている傾向にあります。さらに、現在ではリフト付きのバスやユニバーサルデザインタクシーと呼ばれる車両などに関しても、最大で1000万円ほどの控除が認められるバリアフリー特例という制度が設けられています。

今後の自動車税について

出典: https://motorz.jp

古い車における自動車税などの割増に加えて、近年では消費税の増税にも注目が集まっています。また、自動車税と重量税の二重課税といった点も問題視されている傾向にあるため、各税金の仕組みを見直す意見も増えつつあります。しかし、現在も継続されているエコカー減税においては恒久化するといった案も出てきているので、今後は自動車税などといった制度の動向をより注視していくことが非常に重要とされています。

自動車税や重量税の13年経過で割増まとめ

13年経過した古い車における自動車税や重量税の金額から、廃車手続きの方法などについて紹介してきました。いかがでしたでしょうか?自動車の利用が必要不可欠となっている現在では、自動車税や重量税の仕組みや、廃車手続きの際に生じるコストなどを把握しておくことが非常に重要となってきます。今回紹介した自動車税などの情報を参考に、日々の生活に活かせる税金の知識を身に付けてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ