ANAのマイルでおすすめの使い方や交換方法!貯め方も徹底解説!

ANAのマイルについておすすめの使い方や交換方法を具体的にご紹介していきます。旅行や出張などでANAを利用することが多いという方も少なくありません。その際のANAマイルのおすすめの交換方法や使い方、貯め方も含めて徹底解説を行っていきます。

ANAのマイルでおすすめの使い方や交換方法!貯め方も徹底解説!のイメージ

目次

  1. ANAのマイルでおすすめの交換方法や使い方を知っておこう
  2. ANAのマイルでおすすめの交換方法や使い方
  3. ANAのマイルの貯め方を解説
  4. ANAのマイルの使い方や交換の有効期限
  5. ANAのマイルの貯め方でお得なクレジットカード
  6. ANAのマイルでおすすめの使い方や交換方法まとめ

ANAのマイルでおすすめの交換方法や使い方を知っておこう

出典: https://pointnotubo.com

ANAのマイルに焦点を当てて、おすすめの交換方法や使い方について具体的にご紹介していきます。ANAによく搭乗するという方であれば、マイルを貯めることによってお得に旅行や出張を楽しむことができます。そのためのおすすめの交換方法や貯め方を知っておくと効果的です。ANAのマイルの有効期限も意識しつつ、より良い使い方を確認しましょう。

ThumbANA VISA プラチナの魅力!プレミアムカードはマイル貯めに最適!

ANAのマイルでおすすめの交換方法や使い方

ANAのマイルの使い方を確認

出典: https://www.hanayao.xyz

まずは、ANAのマイルでおすすめの交換方法や使い方について確認していきます。ANAのマイルを貯めることができたら、それを活用する番へと移っていきます。その中で自分にとって価値のある使い方を見つけることができれば、それがANAのマイルを貯めるモチベーションにもつながっていきます。ANAマイルを効果的に貯めるためにも大切なことです。

①国際線特典航空券

出典: https://www.pipinobu.com

まずANAのマイルの使い方として、国際線特典航空券に交換するという方法を挙げることができます。国際線特典航空券への交換は、ANAのマイルを最もお得に活用できるおすすめの使い方としても知られています。最大で1マイル20円の価値にすることも可能で、往復1万2,000マイルから利用できます。ファーストクラス搭乗も近づけてくれる使い方です。

ファーストクラス搭乗も可能

出典: https://www.uruken.net

飛行機にはエコノミークラスとビジネスクラス、ファーストクラスの3ランクがありますが、ランクが高まっていけばいくほど1マイル当たりの価値も向上していきます。ANAのマイルはどのクラスでも使うことができるので、その辺もおすすめポイントと言えます。例えば、羽田からロンドンへファーストクラスで移動したい場合もマイルの活用が有効です。

1マイルあたり16.6円程度

出典: https://nomad-saving.com

羽田からロンドンの往復搭乗券をファーストクラスでレギュラーシーズンに購入すると、約275万円の料金がかかります。それをANAマイルで交換すると16万5,000マイルでの搭乗となります。そうすると、1マイルあたり16.6円程度の価値になることがわかります。ANAのマイルを国際線特典航空券と交換すると、それだけの価値があるということです。

ANAのマイルの醍醐味

出典: https://nomad-saving.com

普段はなかなかファーストクラスやビジネスクラスに搭乗できないという方でも、ANAのマイルを活用することによって手の届かない航空券を手に入れやすくなるのです。そのためにANAマイルを貯めるというモチベーションにもつながっていきます。コツコツと貯めていくことで、夢のような時間を味わうこともできるのがANAマイルの醍醐味と言えます。

②国際線アップグレード特典

出典: https://poitora.com

ANAのマイルを国際線特典航空券に交換するのもおすすめの使い方ですが、さらにANAのマイルを国際線アップグレード特典に交換することもおすすめすることができます。これは、国際線に搭乗する際に座席をアップグレードできるサービスのことです。片道1万2,000マイル以上で交換できるサービスで、アップグレード対象であれば利用可能です。

エコノミークラスの料金でビジネスクラスに搭乗できる

出典: https://tabi-rich.com

具体的には、エコノミークラスの料金でビジネスクラスの座席に搭乗できるというサービスとなっています。区間基本マイルとアップグレードの利用クラスによって必要なマイル数は変わってきますが、いずれにしてもおすすめの交換方法です。羽田空港からロンドンへの搭乗であれば、区間基本マイルの関係で最低でも2万8,000マイルが必要となります。

③国内線特典航空券

出典: https://nomad-saving.com

ANAのマイルのおすすめの使い方としては、国内線特典航空券との交換も挙げることができます。普段からそれほど国際線を利用しないという方であれば、国内線で使えるサービスと交換することでANAのマイルを貯めるモチベーションにつなげられます。国内線であれば片道5,000マイルから交換することができるので、国際線よりも利用しやすいです。

交換するタイミングを見定める

出典: https://www.sekai100isan.com

ただし、国内線の場合は旅割や特割といった割引サービスが適用されることも多く、ANAのマイルを交換して搭乗するよりも割引料金の方がお得なことがあります。特に旅割75などは基本料金よりも大幅に安くなっているので、ANAのマイルを交換するのが惜しいと感じられることもあります。そのため航空券の料金が高い時に交換するのがおすすめです。

④SKYコインに交換

出典: https://sasamiler.net

ANAのマイルのおすすめの交換方法や使い方という観点では、SKYコインと交換するという方法もおすすめです。ANA SKYコインはANAの航空券購入や旅行商品などの支払いの際に利用することができる電子マネーのような存在です。1マイル1コインと交換することができて、会員ステータスやANAカードの種類に応じて交換レートもアップしていきます。

交換レートは1.2倍から1.7倍

出典: http://www.tabimania-toytoy.net

交換レートについては1.2倍から1.7倍といったところで推移しているので、単純にANAのマイルを持っているよりもお得になることが多いです。SKYコインは燃油サーチャージの支払いにも対応しているので、国際線を利用する際にも便利に活用できます。SKYコインを利用して搭乗した場合もマイルが貯まります。有効期限はマイルと交換してから1年間です。

⑤提携ポイントに交換

出典: http://www.one-mile.club

ANAのマイルの使い方としては、提携ポイントに交換するという方法も挙げられます。ANAマイルは楽天スーパーポイントやEdy、Tポイントといった提携ポイントと交換することも可能となっています。1マイルが1円相当の価値となっているので、普段の買い物に利用する際にもおすすめです。航空券を購入するよりも価値は下がるので、注意が必要です。

ANAマイルは提携パートナーが多い

出典: http://life-mile.com

ANAマイルは提携しているパートナーがとても多いことでも有名です。Tポイントや楽天スーパーポイント以外にも、iTunesギフトコードやnanacoポイント、ヤマダポイントやセブンカード、タカシマヤカードやマツモトキヨシ現金ポイント、京成カードやエムアイポイントなどと交換することもできます。よく利用するものがあれば交換するのもおすすめです。

⑥電子マネーに交換

出典: https://mairutameru.com

ANAのマイルの使い方として電子マネーに交換するという方法もおすすめです。提携パートナーとのポイント交換にも活用できるANAのマイルですが、楽天Edyや伊予鉄ICい~カード電子マネーと交換することもできます。どちらも1万マイルを1万円分相当の電子マネーと交換することができます。選択肢の1つとして頭に入れておくことをおすすめします。

⑦ANAセレクションを利用

出典: https://mile-bible.com

さまざまな使い方をすることができるANAのマイルですが、ANAセレクションを利用するという使い方もおすすめすることができます。ANAセレクションとは、ANAがセレクトしたおすすめの商品と交換できるサービスのことです。高級ブランド品や財布、家具や家電、キャリーバッグなど、実用性の高いアイテムと交換できるので、とても人気があります。

交換レートが良いわけではない

出典: https://ana-mileage.net

和牛やうなぎなどの高級グルメも揃っており、グルメと交換したいという場合もANAセレクションの活用がおすすめです。1万マイルの交換で5000円相当の品物となってしまうこともあるので、注意しておきたいところです。交換レート的にそれほど良いというわけではありませんが、出かける予定がなければANAセレクションでマイルを使うのも有効です。

⑧ANAシアターを利用

出典: https://unext.tsutayamovie.jp

ANAのマイルの使い方としては、ANAシアターを利用するという方法もおすすめすることができます。ANAシアターとはANAの機内で上映している映画をまとめて配信するサービスのことです。月額980円で映画やオリジナルコンテンツを楽しむことができます。その数は約5万本あるので、空いた時間を有効活用するという点でもおすすめのサービスです。

都度課金プランでANAマイルを活用

出典: https://www.ana.co.jp

オンラインで動画を視聴することができるので、機内や電車、バスなどの移動時間においてもANAシアターを楽しむことができます。都度課金プランという支払い方法を選択することで、ANAマイルを使うことができます。これは動画を見たい時に課金していく支払い方法です。200円ごとの支払いで1マイルを獲得できるところもおすすめできる部分です。

⑨ホテルクーポンに交換

出典: http://crea.bunshun.jp

ANAのマイルの使い方としては、ホテルクーポンに交換するという方法も挙げることができます。最小で2万マイルから利用することができて、日本をはじめ、アジアの高級ホテルに滞在することもできます。提携ホテルの数も多くなっており、有名なリゾートホテルに宿泊することができます。ちょっとした自分へのご褒美として交換するのもおすすめです。

提携ホテル

出典: https://www.diners.co.jp

ANAのマイルでクーポンを交換できる提携ホテルとしては、ザ・ペニンシュラホテルズやザ・リッツ・カールトン、ヒルトンホテルやホテルナゴヤキャッスル、プリンスホテルズ&リゾーツや東急ホテルズなどを挙げることができます。他にも有名なホテルがずらりと並んでいます。貯めたマイルと身と心を休めるという意味では、とてもお得な使い方です。

⑩レストランクーポンに交換

出典: https://restaurant.ikyu.com

コツコツと貯めてきたANAのマイルの使い方としては、レストランクーポンと交換するという方法も挙げることができます。ホテルクーポンとの交換も魅力的ですが、レストランクーポンとの交換で自分へのご褒美を楽しむことも可能です。提携先のレストランで高級グルメを堪能することができます。飛行機への搭乗予定がなければ、おすすめの交換方法です。

提携先のレストラン

出典: https://blog.hotelsmatome.com

レストランクーポンとして交換できる提携先としては、ザ・ペニンシュラホテルズやシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ、メルセデス ミーやセントレジス ホテル&リゾート、グランド ハイアット福岡やザ・リッツカールトンなどが挙げられます。こちらも提携先ホテルの時と同様にハイレベルな場所が揃っているので、贅沢なひとときを味わうには最適です。

自分なりの使い方を見つける

出典: https://stworld.jp

ANAのマイルを貯めることができた場合の具体的な交換方法や使い方についてご紹介してきました。最初から交換方法を決めて、そのためにANAのマイルを貯めるというのもおすすめです。それが自身のモチベーションにつながり飛行機に乗る楽しみにもなるからです。ぜひ自分なりのANAのマイルの使い方を見つけて、それを楽しむことをおすすめします。

ThumbANAのマイルは事後登録でも貯めることが出来る?方法や期限も解説!

ANAのマイルの貯め方を解説

ANAのマイルの貯め方を確認

出典: https://www.sukesuke-mile-kojiki.net

ANAのマイルを貯めることができた場合の使い方について確認してきました。夢のような時間を過ごせるという点でも、ANAのマイルを貯めることには大きな価値があります。ここからは実際にANAのマイルの貯め方について解説を行っていきます。いかにしてANAのマイルを貯めれば良いか、貯め方を複数知っておくことでマイルが貯まりやすくなります。

ANAマイレージクラブに加入

出典: https://ameblo.jp

ANAのマイルの貯め方としては、ANAマイレージクラブに加入するという方法を挙げることができます。これはANAのマイルを貯めるために前提となる方法であり、ANAマイレージクラブに加入していないと、そもそもマイルを貯めることができません。ANAの公式サイトに行くことでANAマイレージクラブへの加入手続きを進めることができます。

3種類の会員タイプ

出典: https://dokoiku.me

ANAマイレージクラブには主に3つの種類があります。一般会員とスマホアプリ会員、さらにANAカード会員と呼ばれる3つのタイプです。一般会員とスマホアプリ会員の場合は年会費無料で利用することができます。ANAカード会員の場合は年会費が発生します。スマホアプリ会員や一般会員でも問題ありませんが、よりおすすめなのはANAカード会員です。

ANAカード会員のメリット

出典: https://www.uridayo.com

ANAカードは年会費有料のクレジットカード会員となりますが、フライト時にボーナスマイルとして10%から50%程度加算してもらうことができます。また、クレジットカードを利用することで、還元率0.5%から2%ほどのマイルを貯めることができます。さらに更新手続きを済ませると継続ボーナスマイルとして、毎年1,000マイル以上をもらえます。

効率的な貯め方としてはANAカード会員がおすすめ

出典: https://www.sekai100isan.com

マイルを効率的に貯める貯め方としては、ANAカード会員になるのが一番おすすめです。他の会員種別と比較して年会費がかかることはデメリットですが、その年会費を払ってでも利用する価値があると言えます。特にANAをよく利用するという方にはおすすめです。自分自身の搭乗回数なども加味した上で、どの会員になるか選択することが求められます。

クレジットカードの利用

出典: https://blog.hatena.ne.jp

ANAのマイルの貯め方としては、ANAマイレージクラブになることが前提として求められます。その上で、その他の貯め方としてクレジットカードの利用を挙げることもできます。クレジットカードは買い物で利用するたびにポイントを貯めることができます。貯まったポイントをANAのマイルと交換することによって、マイルを貯めていくという方法です。

具体的にマイルと交換できるクレジットカード

出典: https://www.mairu-kenkyuujyo.com

具体的に、楽天カードで貯められる楽天スーパーポイントはANAのマイルと交換することができます。他にもYahoo!JAPANカードの利用で貯まるTポイントや、dカードで貯まるdポイントもANAのマイルと交換することができます。普段から使っているクレジットカードがANAのマイルと交換できる場合は、交換での貯め方によってマイルが加算されます。

交換レートには注意

出典: https://www.pipinobu.com

ただし、クレジットカードポイントからのマイルの貯め方についてはお得ではない部分もあります。それは多くのクレジットポイントの交換レートが0.5%以下になるからです。交換レート50%以下のポイントが多くなっているので、通常のポイントの使い方をするよりも価値は下がります。その辺も考慮した上で、貯め方を吟味していくことが求められます。

フライトの利用

出典: https://zai-tech.net

ANAのマイルの貯め方という点では、フライトの利用もおすすめすることができます。一番シンプルな貯め方ではありますが、最もANAのマイルが貯まりやすい方法とも言えます。いわゆるフライトマイルと呼ばれることも多いですが、フライトの距離×運賃種類によって計算されたマイルを加算してもらえます。距離が遠いほど貯まるマイルも増えます。

運賃の兼ね合いも重要

出典: https://memokuma.com

反対に距離が近ければ貯まるマイル数も少なくなるのが特徴です。また、運賃に関してもファーストクラスやビジネスクラスは料金が高くなるので、その分一度で貯まるANAマイル数も増えていきます。運賃が安ければ貯まるマイル数も少なくなっていきます。例えば、羽田空港から伊丹空港間で貯まる平均的なANAマイル数は210マイルと言われています。

国際線ではマイルも貯まりやすい

出典: https://www.japan-sake-mileage.net

また、羽田からニューヨーク間の片道ビジネスクラスに搭乗した場合は、平均で8,403マイルが貯まります。国内線と国際線では貯まるマイル数が大きく変わってくることを理解しておきたいです。また、ANAのマイルに関してはANAに搭乗するときだけ貯まるわけではありません。スターアライアンスと呼ばれる提携会社の飛行機に搭乗する際も貯まります。

提携会社の飛行機に搭乗する

出典: https://anajal-mileage.com

例えば、中国国際航空やタイ国際航空、エアカナダやアシアナ航空、クロアチア航空やシンガポール航空など、スターアライアンスに加盟している航空会社の飛行機に搭乗することでANAのマイルを貯めることができるのです。これもマイルの貯め方として覚えておきたいところです。なるべく提携している航空会社の飛行機に搭乗することがおすすめです。

ポイントサイトの利用

出典: http://pc.moppy.jp

ANAのマイルの貯め方としては、ポイントサイトの利用も挙げることができます。具体的にはモッピーやハピタスと呼ばれるポイントサイトを活用して、コツコツとポイントを貯めていくことでANAのマイルと交換することができます。モッピーは日本最大級のポイントサイトとしても人気を誇っており、東証一部上場のセレスが運営していることも魅力です。

すき間時間の活用におすすめ

出典: http://pc.moppy.jp

モッピーやハピタスといったポイントサイトでは、ゲームをクリアしたり資料請求などをしたりすることでポイントを貯めることができます。広告のクリックなどでポイントを貯めることもできて、すき間時間を活用するという点ではとてもおすすめです。ポイントはANAのマイルの他、JALのマイルに交換することもできるなど、汎用性が広くなっています。

マイルを家族合算

出典: https://www.hanayao.xyz

おすすめのANAマイルの貯め方についてご紹介していますが、マイルを家族合算することによって貯める貯め方もおすすめすることができます。18歳以上の場合、同居かつ1親等以内の家族でANAカードを所有しているケースで家族合算をすることができます。1人でマイルを貯めるのが難しい場合は、家族で協力して貯めるのも効果的な貯め方と言えます。

18歳未満でも合算可能

出典: https://anamiler.com

また、ANA会員が18歳未満の場合でも、同居かつ1親等以内でANAマイレージクラブ会員の方がいればANAマイルを合算して貯めることができます。18歳未満の場合はなかなか飛行機に乗らないというケースもあります。その場合は家族と協力するのがおすすめです。家族でマイルを分散させることなく活用していくことで、マイル数も着実に増えていきます。

ThumbANAアメリカンエキスプレスカードの概要まとめ!マイルの貯め方は?

ANAのマイルの使い方や交換の有効期限

有効期限の把握も重要

出典: https://run-trip-miler.com

ANAのマイルに注目をして、その貯め方や活用方法についてご紹介しています。その中で、ANAのマイルの使い方や有効期限についても焦点を当てていきます。ANAのマイルには有効期限があります。有効期限を意識せずに貯めていると、マイルが無駄になってしまう可能性もあります。その点において、有効期限をしっかりと把握しておくことも大切です。

ANAマイルの有効期限に注意

出典: https://poimai.com

ANAのマイルについては有効期限に注意を払う必要があります。ANAのマイルについては、有効期限が3年に設定されています。つまりマイルを獲得してから36ヶ月後に、有効期限切れになってしまうということです。コツコツ貯めてきたANAのマイルが有効期限切れになってしまうのは避けたいものです。そのためにも有効期限を意識することが重要です。

提携ポイントやSKYコインとの交換

出典: https://creditcard-rescue.com

有効期限が迫ってきて使い切れないマイルが出てきた場合は、提携ポイントやANA SKYコインなどに交換しておくのがおすすめです。SKYコインに交換すれば、有効期限を延ばすことができます。SKYコインは交換してから1年間が有効期限となっているので、単純にマイルの有効期限を1年延長できます。そうした点も頭に入れておくと有効活用できます。

自分なりに使えそうな方法を判断する

出典: https://sorahack.com

ANAのマイルの有効期限が近づいても、すぐに飛行機に搭乗する予定がないという方もいます。その場合は、本記事でもご紹介した中から自分なりに使えそうな方法を選んで実践してみることがおすすめです。有効期限切れでマイルが使えなくなってしまうのはもったいないことです。それならばホテルやレストランクーポンなどと交換しておくほうが有効です。

有効期限は常に意識する

出典: https://blog.hatena.ne.jp

改めてANAのマイルの有効期限は3年間ということを意識しておくことが大切です。ANA SKYコインと交換する場合は有効期限が1年延びて最長4年間にすることも可能です。その有効期限を意識しつつ、自分なりの活用法をインプットしておくことがポイントです。せっかく貯めたANAのマイルを有効活用するためにも常に有効期限は意識しておきたいです。

ThumbANAカードのおすすめ度を年会費やマイルで比較!効率よくお得に利用!

ANAのマイルの貯め方でお得なクレジットカード

お得なクレジットカードの確認

出典: https://card-life.jp

ANAのマイルについては、有効期限もしっかりと把握した中で使い方を検討していくことが求められます。その上で、ANAのマイルの貯め方についてお得なクレジットカードについてもご紹介していきます。いかに効率的にマイルを貯められるかというところも重要なポイントです。そのためにお得なクレジットカードについて確認しておくことが賢明です。

ソラチカカードがお得?

出典: https://trans-trick7.com

ANAのマイルを貯める点でおすすめできるクレジットカードは、ソラチカカードです。ソラチカカードはメトロポイントからのマイルへの交換で、交換レート81%を実現できるお得なクレジットカードです。反対にソラチカカードを持っていないと、ポイント交換レートが50%ほどに下がってしまいます。ANAマイルを効率的に貯めたいのであれば必須です。

ANA VISA nimocaカードがお得?

出典: https://rikei-miler.com

ソラチカカードもおすすめできるクレジットカードですが、ANAのマイルを貯めるという点ではANA VISA nimocaカードもおすすめすることができます。ANA VISA nimocaカードはnimocaポイントを貯めることができるクレジットカードです。nimocaポイントは交換レート70%という割合でANAマイルと交換できるので、マイルも貯まりやすいです。

ポイントサイトからの交換もできる

出典: https://mileme.me

また、モッピーやハピタスといったポイントサイトで貯めたポイントをnimocaポイントに交換することもできます。つまり、ポイントサイトで貯めたポイントを直接ANAマイルと交換するのではなく、nimocaポイントを経由して交換した方が交換レートがお得になりやすいのです。その点で、ポイントサイトを利用している方は持っておくのがおすすめです。

交換ポイントの上限がない

出典: https://mileme.me

ソラチカカードと比較した場合、ANA VISA nimocaカードではポイントの上限がなく大量にマイルと交換できることがメリットです。ソラチカカードでは月2万ポイントという上限が定められています。際限なくマイルと交換できるところにANA VISA nimocaカードの魅力があります。ANAマイルの効率的な貯め方としても、所持しておくのがおすすめです。

ANA VISA nimocaカードのデメリット

出典: https://life-and-income.jp

一方で、ANA VISA nimocaカードにはデメリットもあります。それは交換できる場所が九州と函館にある機械に限られるという点です。今後、nimocaポイントとマイルの交換機が増えることも期待されていますが、現時点では九州と函館エリアでしか交換することができません。その地域に行く機会がなければ交換することができないのはデメリットです。

ANA一般カードを比較

出典: https://kakaku.com

続いては、ANA一般カードでマイルを貯める方法について確認していきます。ANAのマイルを貯めるという意味では、ANA一般カードに加入しておくのもおすすめです。年会費については初年度無料で加入することができます。VISAやJCB、Masterカードやアメリカン・エキスプレスカードなどの各種ブランドも揃っているところがおすすめポイントです。

具体的に貯まるポイント例

出典: https://www.ana.co.jp

例えば、ANA一般カードのVISA会員であれば、入会と継続によってそれぞれ1,000マイルを進呈してもらうことができます。また、搭乗の際のボーナスマイルとして10%分のマイルが付与されます。日々の買い物でも1,000円で1ポイントが貯まり、1ポイントを5マイルと交換できます。日常的にマイルを貯めるという点でもおすすめできるカードです。

ANAワイドカードを比較

出典: https://www.bousaid.com

ANAマイルをお得に貯められるクレジットカードとしては、ANAワイドカードもおすすめすることができます。ANAワイドカードの場合は、VISA、Master、JCBの3ブランドの中からお好きなブランドのクレジットカードを作ることができます。いずれのクレジットカードについても、年会費として7,830円かかります。家族会員の場合は年会費1,620円です。

ANA JCBワイドカードの例

出典: http://www.e-saloon.com

例えば、ANA JCBワイドカードを例にとってみると、入会や継続に応じてそれぞれ2,000マイルを進呈してもらうことができます。さらに搭乗ボーナスマイルとして25%のマイルが貯まります。ANA航空券を購入すると100円で1.5マイルが貯まります。日常の買い物で利用した場合も、1,000円で5マイルを貯めることができるお得なクレジットカードです。

ANAワイドゴールドカードを比較

出典: http://kowagari.hateblo.jp

ANAワイドカードの魅力をご紹介してきましたが、さらにそのワンランク上のクレジットカードとして、ANAワイドゴールドカードを挙げることもできます。ANAワイドゴールドカードででは、VISA会員とMasterカード会員の2種類が用意されています。年会費は1万4,000円となっています。ANAマイルを効率的に貯める上ではそれほど高くありません。

ポイント還元率が高い

出典: http://www.milehack.com

ANAワイドゴールドカードの最大の魅力は、そのポイント還元率です。マイルとの交換においては最大1.648%という高い還元率を体験することができます。例えば、10万円分の決済をした場合に最大1648マイルを貯めることができるということです。これだけ高い還元率を誇っていることがANAワイドゴールドカードの魅力であり、人気の秘訣です。

ANAカードプレミアムの比較

出典: https://www.mile-mugen.com

最後に、ANAカードプレミアムについても魅力をご紹介していきます。ANAカードプレミアムでは、JCBやVISA、ダイナースやアメリカン・エキスプレスといったブランドが用意されています。ここでは、VISAプラチナ会員について解説を行っていきます。VISAプラチナカードでは年会費が8万6,400円かかります。家族会員の場合は4,320円で済みます。

プレミアム会員の魅力

出典: https://rikei-miler.com

VISAプラチナカード会員に入会すると1万マイルを付与してもらうことができます。さらに継続マイルとしても1万マイルを進呈してもらえます。搭乗ボーナスマイルが50%と高くなっているところも魅力的です。さらに、ANA航空券の購入時には100円につき3.5マイルを付与してもらえます。これだけ高い還元率を誇っているのがプレミアム会員の魅力です。

普段の買い物でもお得

出典: https://nomad-saving.com

また、VISAプラチナカード会員としてクレジットカードを利用して買い物をした場合は、1,000円につき15マイル分のポイントを獲得することができます。これも他のクレジットカードと比較しても高い還元率となっており、VISAプラチナカード会員になることのメリットです。

ThumbANA VISA ワイドゴールドカードのおすすめ度!マイルの貯め方も!

ANAのマイルでおすすめの使い方や交換方法まとめ

出典: https://mileagehikaku.jp

ANAのマイルに注目をして、具体的な使い方や交換方法、マイルの貯め方などをご紹介してきました。ANAのマイルを貯めることによって使い道も増えていくことが特徴的です。フライトのみならず、ポイントサイトやクレジットカードの利用でもマイルを貯めることができます。有効期限にも注意しつつ、マイルを使って楽しい生活を送っていきましょう。

ThumbANA VISA Suicaカードの評判!マイル初心者もお得に貯めよう!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ