「気宇壮大」の読み方と意味・使い方を例文で解説!由来と類語も!

「気宇壮大」という日常では聞き慣れない四字熟語の読み方や使い方などをご紹介します。また、熟語の持つ意味を、例文や類語を使いわかりやすくご説明します。気宇壮大という熟語を知ればビジネスシーンや友人との会話での表現の幅が広がることに繋がるのではないでしょうか。

「気宇壮大」の読み方と意味・使い方を例文で解説!由来と類語も!のイメージ

目次

  1. 「気宇壮大」の意味や正しい使い方を紹介!
  2. 「気宇壮大」とは?
  3. 「気宇壮大」の使い方を例文で紹介!
  4. 「気宇壮大」の類語にはどのような言葉がある?
  5. 「気宇壮大」の意味や正しい使い方のまとめ

「気宇壮大」の意味や正しい使い方を紹介!

出典: https://nayami0425.com

皆さん「気宇壮大」という四字熟語を知っていますか?日常生活では、あまり聞き慣れない四文熟語で、どういった意味なのかわからない人も多いです。本記事では「気宇壮大」について、正しい読み方や意味、使い方、語源由来、類義語についてご紹介します。また例文もありますのでどういった状況で使うのか、どういった使い方をするのが正しいのかを確認してみてください。

「気宇壮大」とは?

出典: https://gimon-sukkiri.jp

「気宇壮大」という言葉はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。「史記‐項羽本紀」が出典、由来であり、そもそも読み方がわからない人も多いはずです。読み方はわかる人でも、なんとなくのニュアンスでしか意味を理解していないことも多く、「気宇壮大」を誤って使用してしまう可能性があるといえるでしょう。

出典: https://hoken-teacher.jp

曖昧なまま覚えているとビジネスシーンや友人との会話で「気宇壮大」という言葉に出会い、意味がわからず恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。逆に、意味や使い方を知っていれば自分の思いを伝える表現の幅が広がり人とのコミュニケーションも良好になるでしょう。そんな時のために「気宇壮大」について理解しましょう。自身の語彙を増やすとともに、この四字熟語を知らない人と会話する際の話の種にもなるでしょう。

「気宇壮大」の読み方と意味とは?

出典: https://flowthink.jp

はじめに「気宇壮大」の読み方についてご紹介します。「気宇壮大」は「きうそうだい」と読みます。それほど読み方は難しいものではありませんが日常生活で出会うことが少ない四字熟語であるため、知らない人も多いでしょう。

出典: http://eikyorensa.com

次に意味をご紹介します。「気宇壮大」とは、「心構えや度量がとても大きくて立派なこと」「発想や構想が人並み外れて大きいさま」という意味をもちます。つまり、心構えや発想が大きく立派なさまというポジティブな意味を表す四字熟語という事です。同義語には、途方もない、遠大な、高い精神性、熱情、覚悟、向上心、熱血、理想などがあります。

「気宇壮大」の語源由来とは?

出典: https://woman.mynavi.jp

「気宇壮大」の語源由来は、2つに分けられます。「気宇」とは「心の広さや心構え、心の持ち方、度量、心意気」という意味であり、「壮大」は「非常大きくて立派、規模が大きい」という意味です。この2つの意味、由来が合わさり気宇壮大という言葉の意味が成り立っています。以上が「気宇壮大」の由来です。気宇という言葉はあまり聞き慣れませんが、壮大については私たちがよく知っている意味として使われています。

「気宇壮大」の使い方を例文で紹介!

出典: http://and-plus.net

ここではこれまでに読み方、意味、語源由来をご紹介した「気宇壮大」の使い方について、ビジネスシーンや日常生活においての使用例をあげながらさらにご紹介します。あまり聞き慣れない四字熟語のため使い方が難しいかもしれませんが、シーンに合わせた使い方を是非マスターしていきましょう。

ビジネスシーンでの使い方とは?

出典: https://www.excite.co.jp

「気宇壮大」は、ポジティブな表現として使われることが多い四字熟語です。ビジネスシーンにおいて社員のやる気を喚起するため、また相手への尊敬を伝えるために「気宇壮大」を使用して表現がすることができます。ビジネスシーンでは消極的でネガティブな印象より積極的でポジティブな印象の言葉を使うことを大切にしますので、前向きな表現に努めていきたいところです。

出典: https://ameblo.jp

ビジネスシーンにおいて相手に失礼がないよう使い方に注意が必要です。次は、「気宇壮大」を間違えることなく正しい意味で使えるよう例文をご紹介します。「この気宇壮大なプロジェクトには、社員が一丸となって取り組む必要がある。」「社長の気宇壮大な性格にはカリスマを感じる。」「彼が考えた誰も思いつかないような海外進出プロジェクトは、気宇壮大だ。」例文のように気宇壮大はポジティブな表現で使われます。

「気宇壮大」を使った例文

出典: https://eikaiwa.dmm.com

日常会話ではあまり使われていない「気宇壮大」について、さらにいくつか例文をご紹介します。理解を深めていき、正しい使い方を知っておく事で日常生活でも自分の思いを伝え、スマートな言葉の表現を目指していきましょう。

出典: https://pdmagazine.jp

「私とは違った友人の気宇壮大な対応には感服する。」「小さな考え方より、人生は気宇壮大な考え方をしたほうが楽しい。」「彼らの打ち出した気宇壮大なヴィジョンは私たちには魅力的だ。」「普段とは違った気宇壮大な案を、発表することにより注目を浴びた。」「気宇壮大な世界遺産をひと目みたいと旅行にでた。」「この作者を好きな理由は、気宇壮大な文章が気に入っているからだ。」

出典: https://www.lifehacker.jp

このように心構えが大きく立派なことや、発想や構想が人並み外れているといった意味で使用することができます。「気宇壮大」はビジネスシーン以外の日常的な場面でも使うことができ、相手に対しての尊敬などポジティブな感情を伝えることに大いに役に立つ言葉です。また、このようなポジティブな言葉を多く知っていることで、日常生活でより豊かな感情表現ができるでしょう。
 

「気宇壮大」の類語にはどのような言葉がある?

出典: https://talking-english.net

はじめに類語とは、同じ意味合いの言葉を言います。もちろん「気宇壮大」には、多くの類語があります。「気宇壮大」という言葉を学ぶと同時に、これらの似た意味をもつ四字熟語も覚え自身の表現の幅を広げましょう。類語の中でも代表的な「抜山蓋世」を紹介します。「抜山蓋世」も「気宇壮大」と同じ「史記‐項羽本紀」が出典です。

抜山蓋世の意味や使い方

出典: https://irorio.jp

代表的な類語の「抜山蓋世」について紹介します。「抜山蓋世」は「ばつざんがいせい」と読みます。この漢字が読める方は少ないのではないでしょうか。また意味について知っている方も少ないでしょう。「抜山蓋世」とは「山を引き抜き、世を覆い尽くすほどの力、気力があること」という意味です。つまり、気力が盛んなことを示します。エネルギー溢れる人や英傑や英雄、ヒーローなどに対して使われることが多いです。
 

出典: https://tamany365.com

使い方として、「抜山蓋世」とは人の評価に使われることがほとんどです。ビジネスシーンで使われることはあまり見かけません。しかし、特定の秀でた能力を持った人物に対して、「貴方のもつ能力は抜山蓋世のようです。」といった使い方や、ある分野で活躍した企業に対して「貴社の活躍と業績は抜山蓋世です。」といったように、相手に対して力強いポジティブな評価を伝える使い方ができます。

その他類語

出典: http://homeworker.jp

その他の類語をいくつかご紹介します。まず幕天席地(ばくてんせきち)です。これは、つまらないことにこだわらず、気持ちが大きいことを表します。次に、気宇広大(きうこうだい)です。これは、心意気や発想が大きく立派なことを表します。最後に、気宇軒昂(きうけんこう)と気宇雄豪(きうゆうごう)です。これは、やる気が満ちていることを表します。

出典: https://www.shukatsu-note.com

これらの四字熟語は、「気宇壮大」と近い意味をもっています。この機会に一緒に覚えてしまいましょう。こういった類語を覚えることにより、自信の表現の幅を広げることができるでしょう。

「気宇壮大」の意味や正しい使い方のまとめ

出典: https://www.lifehacker.jp

本記事では、普段はあまり聞くことのない四字熟語「気宇壮大」について正しい読み方や意味、使い方、語源由来、類義語をご紹介しました。この記事でご紹介した内容や例文を参考に、いろいろな場面で「気宇壮大」という四字熟語を使うと、自分の考えや思いが相手により伝わるでしょう。

出典: https://woman-type.jp

相手に自分の感情を伝えるために語彙力を高めることは大切です。「気宇壮大」だけではなく、この他の記事も参考にしていただき様々な言葉の意味を知ることもおすすめします。また普段の生活の中ではあまり意識しない「気宇壮大」といった思考や行動を、自分の生活に取り入れてみましょう。人生の充実度向上につながるかもしれません。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ