NPO法人の給料はどこから?ボーナスや収入源・将来性など紹介!

NPO法人の給料はどこから発生するのかという点に注目をして、NPO法人と給料に関係について具体的にご紹介していきます。1つの働き口としてNPO法人の存在にも注目が集まっています。その中でNPO法人のボーナスや収入源、メリットについても解説を行っていきます。

NPO法人の給料はどこから?ボーナスや収入源・将来性など紹介!のイメージ

目次

  1. NPO法人の給料やメリットについて解説!
  2. NPO法人とは何か?
  3. NPO法人は「儲けてはいけない」と勘違いをされている!
  4. NPO法人の給料事情とは?
  5. NPO法人にはどんなメリットがある?
  6. NPO法人にはどんなデメリットがある?
  7. NPO法人の将来性とは?
  8. NPO法人の給料やメリットについてのまとめ

NPO法人の給料やメリットについて解説!

出典: https://biz.yokozeki.net

NPO法人の給料やメリット、将来性などに注目をして、NPO法人について具体的に解説を行っていきます。近年は若い世代からも人気があるのがNPO法人の特徴であり、就職先としてNPO法人を選択する人も多くなってきています。それだけ社会的な影響力も大きくなっていると考えられます。給料やメリットを含めて、総合的に確認していきましょう。

NPO法人とは何か?

NPO法人とは?

出典: https://ega-o.org

まず、NPO法人とはいったいどういった組織なのかについて確認を進めていきます。NPO法人は、1998年12月に施行された特定非営利活動促進法に基づいて活動することを許可された組織や団体となっています。現在にいたるまで非営利団体として認識される部分が強い組織です。公共のためになることを率先して行う組織として現在まで活動を続けています。

NPO法人の概念とは?

出典: https://npo-hero.org

具体的にNPO法人の概念について検討していくと、「公共に資するサービスを提供する非営利団体」として定義することができます。とりわけ民間の組織であることがポイントであり、公的な機関や組織がNPO法人として活動しているわけではありません。社会や地域のためになる活動を通して貢献することがNPO法人の目的であり、存在意義だと言えます。

NPO法人とボランティアの違いとは?

出典: https://npo-marketing-labo.com

NPO法人について確認を進めていくと、ボランティアとの違いにどんなことがあるのか疑問が沸いてくる部分もあります。NPO法人とボランティアとの一番大きな違いは無償か有償かといった点です。ボランティアの場合は、原則無償で活動を行うことが一般的です。ボランティアは給料をもらうことなく、個人の意思で社会のためになることをする活動です。

NPO法人は給料を支払う

出典: https://npo-tinkle.com

一方で、NPO法人の場合は多少なりとも個人の活動に対して給料やボーナスといった対価が支払われます。金額の多寡に違いはありますが、全く給料が出ないボランティアとは異なる部分です。NPO法人の場合は特定の活動によって収益をあげても問題ありません。その収益を職員やアルバイトスタッフに対して、給料という形で支給することも可能です。

NPO法人に入る場合は強い覚悟で

出典: http://www.shinko-center.org

NPO法人とボランティアとの違いも含めて、自分の意思を改めて確認することが大切です。一般的な企業に就職をして働いた方が給料が良いことも少なくありません。それでもNPO法人に入りたいと考えるのであれば、強い覚悟を持っておくことも大切です。中途半端な気持ちでNPO法人に加入すると、どっちつかずの状態になるので注意が必要です。

ThumbNPO法人とは?一般社団法人との違いや設立要件・費用などまとめ!

NPO法人は「儲けてはいけない」と勘違いをされている!

NPO法人の特徴をさらに確認

出典: https://access-jp.org

NPO法人の概念や特徴、ボランティアとの違いを踏まえた上で、NPO法人に対する理解を深めていくことが求められます。その上で、NPO法人の特徴についてもう少し踏み込んで解説を行っていきます。よくNPO法人は「儲けてはいけない」と勘違いしている人もいます。その考え方には注意が必要なので、しっかりと理解を深めておくことが求められます。

「非営利」というのは「利益を分配してはいけない」という意味

出典: https://kanagawa311.net

NPO法人は確かに非営利団体ではありますが、その言葉の定義に注意をしておく必要があります。「非営利」という言葉に関しては、「利益を分配してはいけない」という意味で用いられる言葉です。つまり、利益をあげてはいけないということではありません。活動するために利益をあげることは全く問題ないことであり、職員に給料を支払うこともできます。

関係者に利益を分配できない

出典: https://advisors-freee.jp

「利益を分配してはいけない」というのは、関係者に対して収益を分配できないということです。最もわかりやすい例で言えば、株式会社の場合は利益の一部を配当という形で株主の方に「分配」することができます。しかし、NPO法人の場合は株主のような関係者もいませんし、関係者に利益を分配できません。それが非営利団体として活動するゆえんです。

活動するために利益をあげる

出典: https://kizuna.gr.jp

NPO法人の収益や利益に関しては「活動するためにあげる」ものです。NPO法人は社会や公共のためになることを行うことで社会貢献や地域貢献をしていきます。そのために必要な利益をあげるという考え方であり、関係者に対して利益を分配するための組織ではありません。そこが一般的な企業との大きな違いであり、NPO法人ならではの考え方と言えます。

NPO法人と株式会社は全く異なるものである

出典: http://hamawarasu.org

利益をあげることができるのであれば、NPO法人と株式会社は同じような組織ではないかと考える人も出てきます。確かに利益をあげるという部分に関しては、NPO法人も株式会社も似たような組織であると言えます。しかし、利益を分配できないというところで両者には大きな違いがあるのです。まさにNPO法人と株式会社は全く異なるものだと言えます。

組織が倒産するケース

出典: http://npoclover.com

特に組織や団体が倒産するケースについて確認すると、両者の違いがはっきりと見えてきます。株式会社の場合は、将来的に自分の子供や孫に事業を継がせることができます。会社が解散する場合には、株主の出資比率に応じて残余財産を分配することができます。社長が最も多くの株式を保有していれば、その分を子供や孫などに継がせることもできるのです。

NPO法人では子供や孫に引き継げない

出典: https://www.kobekec.net

株式会社の場合は利益を分配することが可能となっているので、誰に利益を分配しても問題ありません。株主や家族、親族に分配するというケースも多々見られます。一方で、NPO法人が解散する場合は、子供や孫に利益を分配することができません。NPO法人は活動するために利益をあげることは許されていますが、その利益を分配することは許されません。

他の非営利団体に利益を譲渡する

出典: http://susanoo-kaze.jp

NPO法人が解散する場合は、他のNPO法人や学校法人、財団法人や地方公共団体などに残余財産を譲渡する必要があります。これらの法人や組織も非営利団体として活動をしているため、社会に貢献する組織として残った財産を提供する必要があるのです。そこが株式会社との一番の違いでもあり、NPO法人と株式会社が異なる組織として認定される部分です。

株式会社が活動する目的

出典: https://syncable.biz

さらにNPO法人と株式会社の違いを鮮明にするのであれば、両者の利益をあげる目的を分別しておくことがポイントです。株式会社の場合は、利益をあげるために活動をすることが主な目的です。自社の社員やスタッフに給料を支払うことはもちろん、株主に利益を還元することも株式会社の大きな役割です。そのために活動をするのが株式会社の特徴です。

活動費のみに利益をあてる

出典: https://kifunavi.jp

一方、NPO法人の場合は活動をするために利益をあげるという考え方になります。地域や社会に貢献するための活動に際してお金がかかるので、利益をあげるという考え方です。そのため、活動をする必要がなくなったら他の非営利団体に利益を譲渡するのです。活動費のみにあてられるのがNPO法人の利益であり、関係者に分配するという概念はありません。

NPO法人の給料事情とは?

NPO法人の給料事情を確認

出典: https://laugh-raku.com

NPO法人と株式会社の違いを明確にしておき、実際にNPO法人に加入する際の参考にしておくことがポイントです。ここからは具体的にNPO法人の給料事情についてご紹介していきます。NPO法人は利益をあげても問題ありません。その他、どこから給料が出るのかも気になるポイントです。収入源がどこから来るのかも含めて、理解を深めていきましょう。

NPO法人の正社員の給料はどれくらい?

出典: https://note.mu

NPO法人には正社員として勤務する人もいます。実際にNPO法人の正社員の給料はどれくらいなのかについて確認していきます。東京都の調査を参考にすると、正社員の場合は月収15万円から30万円といったあたりが多くなっています。年収ベースで換算すると平均が約230万円ほどです。決して高いわけではありませんが、一定の給料が支払われています。

福利厚生や退職金はない

出典: http://koyoinoneta.com

NPO法人では、月収15万円といったケースも珍しくなく、給料を求めて入社してくるという人はそれほど多くありません。NPO法人の理念や活動に共感した上で入社することになるので、他の仕事と兼業しているという方も多いのが実情です。一般的な企業のような福利厚生や退職金といった制度があるわけでもないので、その辺は苦しい部分でもあります。

事前の確認が重要

出典: https://drive.media

また、NPO法人の平均月収が15万円から30万円ということであり、中にはもっと安い給料で運営しているNPO法人もあります。賃金に関する明確なルールがないNPO法人も多く、就職する際にはしっかりと確認しておく必要があります。入ってから待遇面でもめるというケースも少なくありません。その辺はお互いに確認をした上で入社することが重要です。

NPO法人との兼業

出典: http://youth-create.jp

実際に兼業しながら働くNPO法人スタッフも多くなっています。正社員という形ではなく、アルバイトやスタッフという形でNPOに関わることで、空いた時間を他のことに使うことができるようになります。週2日から3日程度はNPO法人として仕事をして、空いた時間でアルバイトをするという方もいます。または、個人事業を行っている人もいます。

兼業はおすすめ

出典: https://biz.yokozeki.net

中には、フルタイムの正社員として働きながら、土日のどちらかでNPO法人の仕事に携わるという方もいます。NPO法人だけに捉われるのではなく、多様な働き方の一環としてNPO法人に関わることで仕事の選択肢も増えていきます。NPO法人だけだと生活費が十分ではないことも多いので、他の仕事と兼業しながら活動することはおすすめできます。

NPO法人にボーナスはあるのか?

出典: https://hellolife.jp

さらに、NPO法人の給料事情に踏み込んでいくとボーナスはあるのかという疑問も出てきます。NPO法人は給料やボーナスについて明確な規定があるわけではなく、独自の規則や考え方に基づいて支給していることがほとんどです。そのため、ボーナスが出ないNPO法人もあります。一方で、ボーナスが支給されるNPO法人もあるのが実際のところです。

必要以上のボ-ナスは支給できない

出典: https://florence.or.jp

NPO法人については、利益を再配分するためのボーナス支給は認められていません。ボーナスの支給に関しては自由に行うことができますが、必要以上に職員やスタッフに対してボーナスを支給することができないのです。この辺も一般的な民間企業との違いだと言えます。就業規則に明記しておけば、ボーナスを支給することが必要で実際に支給されます。

給与連動方式や定額方式

出典: http://domonet.jp

一般的にNPO法人で多いボーナスの支給形式としては、給与連動方式や定額方式といった分配方法です。月額15万円で働く方の場合、就業規則に1ヶ月分のボーナス支給と書かれていれば、どんなに組織が利益をあげたとしてもボーナス金額は15万円ということになります。これが給与連動方式によるボーナス支給で、個人の月給に応じて金額が決まります。

定額方式によるボーナス支給

出典: http://yumenbo.org

また、ボーナスの支給形式について定額方式を採用しているNPO法人も少なくありません。例えば、管理職であれば一律20万円、一般職は一律10万円という形でボーナスの金額をあらかじめ設定しているケースです。定額方式にすることで、余計な私情や計算を挟む必要がありません。組織としても管理しやすいボーナスの提供形態として人気があります。

そもそもの目的を再考する

出典: https://www.vorkers.com

NPO法人はボーナスや給料が安いという声もありますが、そもそも社会貢献することを目的として設立されている組織なので、そこに対して不平不満を言っているのであれば辞めた方が良いという考え方も一般的です。給料やボーナスを求めてNPO法人に入る人は多くありません。その点を理解した中で、自分がやりたい活動に参加することがポイントです。

NPO法人の収入源はどこからきているのか?

出典: https://www.excite.co.jp

多少なりともボーナスが支給されることがあるNPO法人ですが、その収入源はどこから来ているのか気になる部分でもあります。収入源がどこから来ているのか確認することで、NPO法人がどのように活動を継続しているのか理解することにもつながります。NPO法人の収入源については主に2つの収入源があると言われており、活動を支えてくれています。

NPO法人の2つの収入源

出典: http://baum16.com

NPO法人の収入源がどこから来ているのかという点について、主に寄付収入と本業での収入の2つに分けて考えることができます。とりわけ認定NPO法人の場合は寄付金控除を受けることができるので、寄付も集まりやすくなっていきます。寄付による収入を確保することで、事業や社会貢献を継続できているNPO法人も多く、収入源としても大切な資金です。

多くの方たちの協力が必要

出典: https://kaigoworker.jp

実際に、「かものはしプロジェクト」や「カタリバ」と呼ばれるNPO法人は寄付による資産が活動を支える収入源となっており、業界内においても知られた存在となっています。どこから収入源が来ているのかという点については、寄付も大きな存在です。もちろん、本業での稼ぎも収入源となりますが、多くの方たちの協力があって成り立つ組織と言えます。

給料の良いNPO法人はあるのか?

出典: https://newsmomonga.com

NPO法人の収入源はどこから来るのかということも把握しつつ、給料の良いNPO法人についても確認していきます。具体的に給料が良いNPO法人としては、かものはしプロジェクトを挙げることができます。寄付による収入源確保が上手くいっているNPO法人としても有名ですが、年収が450万円ほどと言われています。民間企業と同等レベルの給料です。

平均年収が一般的な会社員と同等レベルのNPO法人も

出典: http://koyoinoneta.com

また、NPO法人として有名なクロスフィールズでも平均年収が400万円ほどと言われています。年収が400万円を超えてくるようであれば、一般的な会社員とも同じ水準となり、NPO法人の仕事だけでも十分に生活することができます。NPO法人として行っている活動や理念に共感しつつ、給与水準なども参考にしながら働く組織を決めていくことも効果的です。

NPO法人ならではの強み

出典: http://worklifenews.net

NPO法人の収入源がどこから来ているのかや、給与水準の高いNPO法人について理解することで、自身が実際に加入するかどうか迷った際の判断軸にすることができます。一般的な企業ではなかなか寄付による収入源確保というのは難しい部分があります。それは民間企業にはないNPO法人ならではの強みであり、事業を継続していくための支えとなります。

NPO法人にはどんなメリットがある?

NPO法人のメリットを確認

出典: http://npo-houjin-setsuritsu.com

NPO法人の給料事情やボーナス事情、収入源がどこから来ているのかといった部分も含めて総合的に理解を深めていくことが効果的です。特に収入源がどこから来ているのか知らない人も多いので、そこを知っておくだけでも周囲との差別化を図ることができます。ここからはNPO法人のメリットに注目していきます。メリットも理解しておくことが大切です。

メリット①資本金がなくても設立できる

出典: https://found-er.com

NPO法人のメリットとして、資本金がなくても設立できるという部分を挙げることができます。NPO法人の設立費用は0円で可能であり、大きな費用がなくても立ち上げることができるのです。株式会社では、登録免許税として15万円かかったり、定款認証手数料で5万円かかったりします。NPO法人の場合はそうした費用がなくても設立することができます。

ほとんど無料で設立できる

出典: https://www.fullhoikutoninkatu.com

実印を作ることや住民票の届出などにかかる実費は必要となりますが、それほど大きな金額ではありません。つまり、ほとんど無料と同じような感覚でNPO法人を設立することができるのです。この辺の金銭的な負担の少なさはNPO法人を設立する上での大きな強みとなります。何らかの組織を立ち上げようとしている人たちにとっても大きなメリットです。

メリット②仕事への情熱を持っている人が多く結束力が強い

出典: http://okinawacity-npo.blog.jp

また、NPO法人のメリットとして、仕事への情熱を持っている人が多く結束力が強いという点も挙げることができます。基本的にNPO法人の目的は社会貢献や地域貢献をすることです。一部給料が良いNPO法人もありますが、多くの人は給料目的で仕事をしているわけではありません。その分結束力も強くなり、同じ意思を持った組織として力を発揮します。

仕事に没頭できる

出典: https://star-gyousei.com

仕事に対して情熱を持った人や、NPO法人のビジョンやミッションに共感を覚えた人たちが加入してくることによって、強大な力を発揮することになります。ボーナスや給料といった点での利害関係も少なくなるので、本当の意味で仕事に没頭できるのです。これは民間企業には見られない強みであり、NPO法人ならではの大きなメリットとして挙げられます。

メリット③公益に資するサービスを提供する際に有利?

出典: http://gdjctl.com

NPO法人のメリットとしては、公益に資するサービスを提供する際にも有利に働くという点を挙げることができます。個人や組織に対して働きかけを行う際にも、「株式会社です」と言うよりもNPO法人の方が良いイメージをもたれやすいです。利益をあげることが目的でないことが社会に浸透しているからです。存在自体理解されやすいことがメリットです。

メリット④若いうちから多面的に仕事の経験が積める

出典: https://npo-kitakyu.com

また、若いうちから多面的に仕事の経験が積めることもNPO法人ならではのメリットと言えます。どこから収入源が来ているのかにつながる部分でもありますが、NPO法人は社会からも重宝されやすい存在であり、寄付も多く集まってきます。その分、利益をあげることや儲けることに捉われることなく伸び伸び働ける環境が整っていると言うことができます。

学生でも参加しやすい

出典: https://crowdsien.com

そのため、年齢に関係なく自分の実力を発揮したり意見を通したりしやすい環境があるのです。週5日フルタイムで勤務しなければならないわけでもないので、学生でも学校に通いながらNPO法人で経験を積むことができます。社会に出てから重宝される人間になるという点では、最適な環境です。複数のプロジェクトを任されることもあり、経験を積めます。

メリット⑤働き方に柔軟性がある

出典: https://toyokeizai.net

学生でも参加しやすいという点とつながりますが、NPO法人では働き方に柔軟性があることもメリットとして挙げることができます。実際に全職員の中で正社員は3分の1程度というNPO法人もあり、多くは非正社員やアルバイトスタッフなどで成り立っていることが多いです。そのため、空いた時間に働くという考え方が浸透しており柔軟性も出やすいです。

柔軟性が多くの人をひきつける

出典: https://www.xn--eck9awcweycxcy422cjmxc.com

週2日から3日程度NPO法人に関わって、他の日は自分の本業で稼ぐといった働き方をする人もいます。また、1日の勤務時間についても8時間というわけではなく、4時間から5時間程度というケースも少なくありません。1日の中で2つの仕事に従事する人も多いのです。そうした柔軟性が多くの人をひきつける要因になっており、NPO法人を支えています。

NPO法人にはどんなデメリットがある?

NPO法人のデメリットを確認

出典: http://www.1consul.com

NPO法人の収入源はどこから来ているのか、給料やボーナス事情、メリットについて総合的に理解を深めていくことがポイントです。その上で、ここからはNPO法人のデメリットに注目をして解説していきます。複数のメリットもあるNPO法人ですが、デメリットもあります。デメリットも踏まえた上でNPO法人の活動に参画するか決めることも賢明です。

デメリット①キャリアプランを立てることが難しい

出典: https://biz.yokozeki.net

まず、NPO法人のデメリットとして、キャリアプランを立てることが難しいという点を挙げることができます。そもそも設立から年数が浅いNPO法人も多く、ロールモデルが存在しないことも大きなデメリットです。特に、小さい組織で活動をしていると将来も見えにくくなります。民間企業のような組織形態があるわけではないところも影響しています。

自身の将来性においては疑問点も

出典: http://gyoseisyosi-suzuki-rie.com

民間企業であれば、次長や課長、部長、役員といったステップが明確に見えてくる部分もあります。しかし、NPO法人では役職による区分けが明確でないことも多いです。そうすると、5年後や10年後に自分がどうなっているのか見えにくい部分も大いにあります。今を充実させるという意味ではもってこいですが、自身の将来性という点では疑問点も多いです。

デメリット②設立に時間がかかってしまう

出典: https://shukatsu-mirai.com

また、NPO法人のデメリットとしては設立に時間がかかってしまうことも挙げられます。NPO法人の場合は必要所ルが所轄庁に受理されてから3ヶ月から4ヶ月程度経たないと、審査結果を知ることができません。株式会社などであれば1週間から10日ほどで審査が完了します。この辺を比較しても設立に多くの時間を要することがNPO法人のデメリットです。

デメリット③給料や福利厚生が低い

出典: http://legalclub.jp

NPO法人の収入源はどこから来ているのかや給料事情の箇所でもご紹介しましたが、NPO法人の給料や福利厚生は決して手厚いものではありません。中には民間企業並みの給料をもらえるNPO法人もありますが、それはほんの一握りのNPO法人です。多くのNPO法人では、他の仕事と掛け持ちしたりアルバイトをしたりして整形を立てていくことになります。

NPO法人の仕事だけで生活するのは厳しい

出典: http://houkagoday.power-support.co.jp

また、福利厚生についてはほとんどないと考えておいた方が無難です。最低限の社会保障を提供してもらうことはできますが、民間企業のような福利厚生には期待できません。平均年収は230万円ほどとなっており福利厚生にもそれほど期待できないことがデメリットです。経験を積むには最適ですが、NPO法人の仕事だけで生活していくのはとても厳しいです。

デメリット④正会員の入会を制限することはできない

出典: https://www.zeirishi-tokyo.jp

また、NPO法人のデメリットとして正会員の入会を制限することができないという点も挙げることができます。NPO法人は、原則として目的に賛同する方の参加を拒むことができないのです。反対に言えば理念や活動に共感していると言えば、誰でも受け入れる必要があります。そうすると規模が大きくなりすぎて、人を管理するのが難しくなってしまいます。

運営に難しさが生じる

出典: https://npo-kitakyu.com

本来は少人数で活動していきたいと考えていても、次々に新しい人が入ってくる可能性もあります。そうなると、組織を円滑に運営していくことが難しくなることも少なくありません。本来やりたかったことと別のことをせざるを得ないことも出てきます。そうした運営に関する難しさがあることも、NPO法人ならではのデメリットとして挙げられます。

総合的な視点を大切にする

出典: https://kigyosapri.com

NPO法人にはメリットやデメリットも含めて、さまざまな考え方があることを理解しておくことがポイントです。メリットだけに目を向けてもいけませんし、デメリットだけに捉われるのももったいないことです。総合的な視点を持った中でNPO法人に向き合っていくことがおすすめです。

ThumbNPO法人の設立に必要な手順とは?費用やメリットなどまとめ!

NPO法人の将来性とは?

NPO法人の将来性を確認

出典: https://suke10.com

NPO法人の給料事情やメリット、デメリット、収入源はどこから来ているのかという点も含めて理解を深めていきましょう。その上でNPO法人の将来性について注目していきます。株式会社の将来性にも注目が集まっていますが、NPO法人の将来性も同様です。どこからどこまで将来性を追及できるのか知っておくことも、理解を深めるポイントです。

これからのトレンドになっていくことが期待されている

出典: https://biz.moneyforward.com

さまざまなメリットやデメリットもあるNPO法人ですが、将来性という観点ではこれからのトレンドになっていくことも期待される存在と言えます。社会に貢献する組織はこれまでもこれからも必要不可欠な存在であり、今後ますます多くのNPO法人が誕生してくることが期待されています。それが社会を活性化していく潤滑油になっていく可能性があります。

NPO法人の活動に賛同する人は多い

出典: https://yumeshokunin.org

どこから収入源を確保しているのかという点ともつながる部分ですが、NPO法人は寄付によって運営を継続できている部分も大いにあります。それは多くの個人や組織がNPO法人の活動に賛同していることの証でもあります。それこそがNPO法人の将来性を物語っています。今後もますますNPO法人の活動にスポットライトが当たると予想されています。

働き方でも将来性が見込める

出典: http://www.navida.ne.jp

働き方という点でも将来性があるのがNPO法人の特徴です。民間企業でも副業を解禁する組織が増えてきていり、政府としても多様な働き方を認める方向に方針を転換してきています。そこで注目を集めるのがNPO法人の存在です。NPO法人は、まさに多様な働き方をしている人の組織と言うことができて、これからの時代を担う組織としても最適なのです。

日本人の働き方のロールモデルになり得る

出典: https://hoplus.jp

実際に現在でも週2日や3日程度NPO法人で働き、その他の日は他の仕事をしているという人も少なくありません。将来性という点で、今後の日本人の働き方のロールモデルとしての役割がすでにNPO法人にはあると言えます。今後、多様な働き方がますます推奨されていくであろう日本社会においては、先鋭的な存在として期待や注目が集まっています。

給与水準の高まりにも期待

出典: https://media.techstars.jp

現在はNPO法人の給料やボーナス事情は厳しい部分もあります。どこから収入源を確保しているのかという点についても、本業だけではなく寄付に頼っている部分があります。しかし、将来性という点では今後給与水準が高まっていくことも期待できます。それはヨーロッパの経営学者であるドラッガーも予言している通りで、将来性に期待できる存在です。

社会貢献性の高い仕事が生き残る

出典: http://tsunagu-inochi.org

21世紀の日本社会や世界を見渡した時に、社会貢献性の高い仕事が生き残ると予想しているのがドラッガーなのです。まさにNPO法人の将来性を予言しているような考え方であり、今後のトレンドとしてますます期待感が高まっていくと予想されています。給与水準が上がっていくことで、NPO法人だけで生活できるようになる人も多くなっていきます。

NPO法人の将来性は明るい

出典: https://hellolife.jp

とにかく将来性に期待することができるのがNPO法人という組織です。民間企業の将来性も期待できる部分は大いにありますが、利益追求だけだといつか破綻する時代がやってくると考える意見も少なくありません。利益を追求することは悪いことではありませんが、それだけでは将来性を担保できないのです。その点でNPO法人の将来性は明るいと言えます。

どこからどこまでも成長が期待できる

出典: http://career-sketch.com

どこからどこまでも成長が期待できるのがNPO法人という存在であり、今からNPO法人の求人を探しておくのも悪い選択肢ではありません。実際に転職サイトなどではNPO法人の求人も掲載されています。今の働き方に満足できていない方はNPO法人で活動してみるのもおすすめです。将来性もある中で人間的な部分でも自身の成長を感じることができます。

NPO法人の給料やメリットについてのまとめ

出典: https://doda.jp

NPO法人の給料に注目をして実際の収入源はどこから来ているのか、ボーナス事情はどうなっているのかなどを具体的にご紹介してきました。収入源がどこから来ているのかは重要な問題であり、NPO法人の存続にも関わる部分です。その点ははっきりと理解しておくことが大切です。その他のメリットも含めてNPO法人について理解を深めていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ