雇用保険の受給資格要件や加入義務は?申請手続き方法や必要書類を徹底解説!

雇用保険の受給資格要件や加入義務について、詳しく解説を行っていきます。公的制度として制定されている雇用保険について、加入義務や資格の有無を確認しておくことも大切です。その際の申請手続き方法や必要書類についても、具体的にご紹介していきます。

雇用保険の受給資格要件や加入義務は?申請手続き方法や必要書類を徹底解説!のイメージ

目次

  1. 雇用保険の受給資格や加入条件などについて解説!
  2. 雇用保険とは何か?役割とは?
  3. 雇用保険の受給資格・加入条件とは?
  4. 雇用保険の手続きのために必要な書類とは?
  5. 雇用保険に加入したら従業員にはどのようなメリットがある?
  6. 雇用保険は雇用形態が変わった場合加入条件はどうなる?
  7. 雇用保険の受給資格や加入条件などについてのまとめ

雇用保険の受給資格や加入条件などについて解説!

出典: https://makijun.net

雇用保険制度に注目をして、その受給資格や加入条件について具体的にご紹介していきます。労働者を守る制度として確立されてきたのが雇用保険であり、加入条件を満たしている労働者は原則として雇用保険に加入する必要があります。その際の手続き方法や必要書類についてもご紹介していきます。これを機会に雇用保険に対する理解を深めていきましょう。

Thumbパートの雇用保険加入条件は?メリットや扶養内での働き方も解説!

雇用保険とは何か?役割とは?

雇用保険に求められる役割を確認

出典: https://www.manetama.jp

まず、雇用保険とは何かというところから確認を進めていきます。雇用保険には一定の役割が求められており、その役割を果たすために雇用保険が存在していると言っても過言ではありません。企業側も労働者側も雇用保険の存在意義を理解しておく必要があります。実際に雇用保険にはどういった役割が求められているのか、その内実について確認していきます。

失業者の再就職を応援する役割を担っている

出典: https://mag.smarthr.jp

まず、雇用保険に求められる役割としては、失業者の再就職を応援する役割があると言うことができます。それまで就業していた人が失業状態となると、給料が入ってこなくなり生活の安定性も欠けていくことになります。また、失業中に新たな就職先を探す際にも一定のお金が必要となります。それらを含めて、失業者を応援する役割が雇用保険にはあるのです。

金銭的な補助を出す

出典: https://tetuduki-b.com

就職活動をする際には、交通費の他に服装にかかるお金も大きくなっていきます。また、生活費や資格取得のためにかかる費用などにもお金がかかり、貯金だけでは対応できなくなるということも想定されます。そこで失業者を応援する役割として重要なのが雇用保険です。再就職活動に対する金銭的な補助を出すことで、雇用創出の安定性確保につなげます。

国や社会を守るため

出典: https://romsearch.officestation.jp

一度失業してしまった人が容易に再就職ができない環境になってしまうと、それは国や社会にとっても大きな損失につながります。労働人口が減っていくことによって、社会の生産性が保たれなくなってしまうからです。その点においても、失業者を金銭的にサポートする制度を作る必要がありました。その結果として誕生したのが、雇用保険の制度と言えます。

失業者の生活の安全を図る役割を担っている

出典: https://mag.smarthr.jp

失業してしまった方の再就職を応援するという役割を担っているのが雇用保険の仕組みですが、さらに失業者の生活の安全を図る役割を担っていると考えることもできます。特に失業者が家族を養っている場合にその効果は大きなものになっていきます。仕事を失ってしまったことがきっかけで、自身や家族の生活が脅かされる状況を避けるための役割があります。

生活にかかる費用の一部を補助する

出典: https://syota.jp

学生や主婦の方などで、ちょっとしたお小遣い稼ぎでアルバイトやパートをしている分には、それほど家族に与える影響が大きくない可能性があります。一方で、フルタイムで勤務していて一定の収入がある方の場合、それが急になくなると、家族に与える影響も大きいと予想されます。その点を考慮して、生活にかかる費用の一部を補助するのが雇用保険です。

失業者の逼迫感を和らげる

出典: https://roudou-pro.com

失業をすることによってそれまで得ていた給料が0円になってしまうと、当然経済的な負担が大きくなり、精神的にも追い詰められた状態になってしまうことが想定されます。そうした失業者の逼迫感を少しでも緩和するために雇用保険から失業給付金が出る仕組みとなっているのです。失業者の生活の安定を図るという意味でも、雇用保険には役割があります。

労働者の権利を守るもの

出典: https://start-note.com

雇用保険には大きく分けて2つの役割があることをご紹介しましたが、いずれにしても労働者の権利を守るための仕組みだと考えることができます。労働者は国や社会から守られるべき存在であり、企業としても積極的に労働者を守ることが求められます。その中で制度として確立している雇用保険を活用して、安心して働ける環境作りをしていくことが大切です。

Thumb雇用保険被保険者番号の調べ方は?保険証のどこに記載されてる?

雇用保険の受給資格・加入条件とは?

受給資格や加入条件の確認

出典: https://www.lancers.jp

雇用保険に求められる役割や存在意義について、具体的にご紹介してきました。まずは雇用保険の役割を認識することで、失業状態に追い込まれた場合に積極的に活用することがおすすめです。その上で、雇用保険の受給資格や加入条件についても確認していきます。雇用保険は誰でも加入できるものではないので、しっかりと加入条件を把握する必要があります。

学生は雇用保険に加入できない

出典: https://www.somu-lier.jp

まず雇用保険の受給資格や加入条件として前提となるのが、学生は雇用保険に加入できないということです。例外はありますが、基本的に学生の場合は仕事をしていても雇用保険への加入対象とはなりません。本業である学業に勤しむことが求められる存在です。ただし、例外もあるので確認しておく必要があります。一定条件を満たせば雇用保険に加入できます。

卒業後も働く場合

出典: https://blp-tax.com

学生が雇用保険に加入できる条件としては、卒業後も同じ企業や組織で働くことが予定されていて、なおかつその他の加入条件を満たす場合です。学生の間だけパートやアルバイトのような形で働くのではなく、卒業後も同じ企業で働くことが予想されている場合は雇用保険の加入対象となります。いわゆる内定の状態であり、内定していることが条件となります。

卒業見込み証明書を提出する

出典: https://hataractive.jp

企業から内定を得ていて、卒業後も働くことが見込まれることの証明として、学生は企業に対して卒業見込み証明書を提出する必要があります。卒業見込みがない状態であれば、それは卒業後も同一企業で就業することを客観的に証明することができないからです。大学生であれば原則として4年生で、卒業単位の取得が見込まれる方が雇用保険の対象となります。

31日間以上働く見込みがあること

出典: https://tetuduki-b.com

雇用保険の受給資格や加入条件として、学生の場合は例外ルールも含めて認識を深めておく必要があります。さらなる加入条件として、勤務開始から31日間以上働く見込みがあることも条件となります。これは学生に限らず、働く方全員が対象となります。反対に言えば、31日以上働く見込みがないことが前提とされている場合は雇用保険に加入できません。

雇用契約書の内容を確認

出典: http://jinjiroumunomado.com

雇用契約書に31日未満で雇い止めをすることが明記されていなければ、基本的に31日間以上働く見込みがあると解釈されます。雇用契約について更新する場合があると記載されていることもありますが、その場合も31日以上就業することが見込まれるので、雇用保険の加入対象となります。雇用契約書に記載があるか否かで判断がわかれる加入条件と言えます。

20時間以上の所定労働時間

出典: https://part.shufu-job.jp

さらに、雇用保険の加入条件として、1週間に20時間以上の所定労働時間を満たす必要があります。こちらの条件についても、雇用契約書に記載がある労働時間が基本となります。契約上の所定労働時間が週に20時間未満である場合は、雇用保険の加入対象とはなりません。あくまで書類上で31日以上契約して週20時間以上働くことが加入に必要な条件です。

実態より契約内容が重視される

出典: https://romsearch.officestation.jp

例えば、雇用契約書上で週に15時間の契約だった場合でも、実態として残業や休日出勤などで週20時間の勤務時間をオーバーすることもあります。しかし、それでも雇用保険の加入条件として優先されるのは雇用契約書上の時間です。毎週20時間を越えるような勤務をしている場合は、改めて雇用契約を結び直して雇用保険に加入するという方法があります。

日雇労働者の場合は?

出典: https://mag.smarthr.jp

雇用保険の受給資格や加入条件については、日雇労働者の扱いも気になるところです。日雇労働者に関しては、1日単位の単発の仕事に従事する方を表すことが多く、その雇用期間も31日未満であるケースがあります。その場合は、一般の雇用保険被保険者とは異なる雇用保険の対象となります。日雇労働者の具体的な加入条件について確認していきます。

日雇労働者が雇用保険の加入対象になるケース

出典: https://roudou-pro.com

まず、特別区もしくは公共職業安定所の所在する市町村の区域などの適用区域と呼ばれる区域内に居住していて、適用事業に雇用される方は雇用保険の加入対象となります。また、適用区域外に在住している方でも、適用区域内の適用事業に雇用される場合は、雇用保険の加入対象となります。適用区域や適用事業については、厚生労働省が規定を行っています。

企業側に確認する

出典: http://tameninarusite.com

さらに、適用区域に住んでおらず適用事業の対象外である日雇労働者については、厚生労働大臣が事情を考慮して許可を出した場合は日雇労働保険の加入対象として、雇用保険に加入することができます。いずれかの条件に該当すれば日雇労働者の方でも雇用保険に加入できます。企業側に確認を取って、雇用保険の加入対象となるかどうか聞くことが大切です。

季節労働者の場合は?

出典: https://www.asa-syaroushi.com

また、雇用保険の加入条件として季節労働者の場合について確認していきます。1年の中で特定の期間だけ就業する季節労働者に関しては、「短期雇用特例被保険者」と呼ばれる雇用保険の対象となります。短期雇用特例被保険者の方が失業した場合は、特例一時金と呼ばれる給付金を受け取ることができます。これがいわゆる失業手当ての代わりとなります。

Thumb雇用保険被保険者番号の調べ方!手続き方法や保険証の記載場所について

雇用保険の手続きのために必要な書類とは?

雇用保険の手続きや書類を確認

出典: https://www.tigrenet.ne.jp

雇用保険の加入条件や受給資格について具体的に確認をしてきました。改めて自分が雇用保険の資格対象となるのかどうかを判断した上で、適切な行動につなげていくことが求められます。ここからは、雇用保険の手続きに注目をして必要な書類をご紹介していきます。実際に加入資格を満たしている場合は、手続きを済ませて雇用保険に加入する必要があります。

雇用保険被保険者資格取得届とは?

出典: https://biz-owner.net

まず、雇用保険の手続きにおける必要書類として、雇用保険被保険者資格取得届を挙げることができます。雇用保険被保険者資格取得届とは、雇用保険の被保険者1人1人に対して割り当てられる届出書のことであり、企業は被保険者が増えるたびに提出する必要がある書類です。加入条件を満たした従業員を雇った場合は、翌月10日までに提出が求められます。

雇用保険被保険者証の受け取り

出典: https://jobseek.ne.jp

雇用保険被保険者資格取得届を提出することによって、雇用保険被保険者証を受け取ることができます。基本的に1社目で雇用保険被保険者証を受け取ることができるので、転職する際も労働者は失くさずに保管しておく必要があります。場合によっては企業が雇用保険被保険者証を預かることもあります。その場合、退職する際に返還してもらうことが重要です。

雇用保険適用事業所設置届とは?

出典: https://haken.rikunabi.com

雇用保険の加入手続きに際して必要な書類として、雇用保険適用事業所設置届を挙げることもできます。雇用保険適用事業所設置届とは、ハローワークに提出する重要な書類です。会社や法人組織として事業を行っていく場合は、必ず提出する必要があります。法人番号や事業所名称、労働保険番号や事業概要、1日あたりの平均従業員数などを記載する書類です。

公的な書類としても重要

出典: https://kidsna.com

賃金締切日なども記載する必要があります。例えば、毎月15日締めであれば、前月16日から当月15日までの給与計算期間として記載する必要があります。それらの必要事項を記載した上で、事業所印と事業主印を押印します。雇用保険適用事業所設置届は公的な書類としても重要な書類となるので、誤字脱字や未記載などがないように入念な確認が必要です。

労働保険関係成立届の控えとは?

出典: https://venture-finance.jp

雇用保険の手続きに際しては、労働保険関係成立届の控えと呼ばれる書類の存在も重要となります。労働保険関係成立届の控えとは、労働基準監督署に提出する書類の控えのことであり、事業開始日から10日以内に管轄する労働基準監督署に提出する必要のある書類です。最初は条件を満たさない場合、雇用保険の適用開始の翌日から10日以内でも構いません。

提出に必要な添付書類

出典: https://hataractive.jp

労働保険関係成立届の提出に際しては、法人登記簿謄本の原本か、登記事項証明書を添付することが求められます。個人事業主の場合は住民票の提出によって代用することができます。それぞれの書類については、交付後3ヶ月以内であることが求められるので注意が必要です。こうした書類を準備した上で、雇用保険の加入手続きを進めることが求められます。

雇用保険の手続き方法とは?

出典: http://koisoku.com

実際に必要書類を準備することができたら、雇用保険の加入手続きを進めていくことになります。雇用保険の手続き開始にあたって、新規で適用事業所を設立した場合は、「雇用保険適用事業所設置届」を事業所設置の翌々日から10日以内に提出する必要があります。合わせて雇用保険被保険者資格取得届も、事業所を管轄しているハローワークに提出します。

雇用保険被保険者証の交付

出典: https://contents.workin.jp

事業所で新たに雇用保険の加入条件を満たす従業員が加わるたびに、雇用保険被保険者資格取得届の必要事項を記載して、翌月10日までに管轄のハローワークに提出する必要があります。それぞれの書類を提出することによって、ハローワークから雇用保険被保険者証を交付してもらえます。基本的に雇用保険被保険者証は従業員本人に渡すことが求められます。

手続きは企業が行う

出典: https://roudou-pro.com

雇用保険の加入手続き方法については、原則として全ての手続きを企業や組織が行うことが求められます。従業員がハローワークに直接かけ合うことはないので、企業の担当者に手続きを進めてもらうことがポイントです。中には手続き自体を忘れているケースもあるので、最初に確認しておくことが重要です。それが労働者としての権利を守ることになります。

Thumb雇用保険被保険者証の再発行は簡単!紛失した場合は慌てずハローワークへ!

雇用保険に加入したら従業員にはどのようなメリットがある?

雇用保険のメリットを確認

出典: http://www.dataplan.jp

雇用保険に加入する際の手続き方法や提出書類について確認をして、理解を深めていくことが求められます。その上で、実際に雇用保険に加入することができたら従業員にどういったメリットがあるのかについてもご紹介していきます。一定の方法を取ることで雇用保険に加入することができます。その際のメリットを理解して十分に享受することもポイントです。

失業給付金を受けることができる

出典: https://mamaworks.jp

まず雇用保険に加入することによる従業員へのメリットとしては、失業給付金を受けることができるという点を挙げることができます。これが最も大きなメリットであり、雇用保険に求められる役割や存在意義としても定義することができます。失業中に全くお金が入ってこなくなることは、経済的にも精神的にも不安が増すのでそのリスクを緩和してくれます。

教育訓練給付金を受けることができる

出典: https://mynavi-ms.jp

さらに、雇用保険に加入することによる従業員へのメリットとして、教育訓練給付金を受けることができるという点も挙げることができます。失業手当も十分に大きな存在と言えますが、指定された教育訓練講座を受講した際に一定額を給付してもらうことができます。これも、所定の手続き方法を経ることによって雇用保険に加入することの大きなメリットです。

専門性の高い資格に関する講座

出典: http://excelike.media

教育訓練給付金を受け取る方法としては、指定された教育訓練講座を受講する必要があります。例えば、看護師や保育士、調理師や美容師といった専門性の高い資格を取るために教育訓練を受ける場合が該当します。失業期間中に手に職をつけるために教育訓練を受けることもあります。その際に生活を楽にする方法として、受給を検討することもおすすめです。

その他給付金とは?

出典: https://mayonez.jp

一定の方法を経て雇用保険に加入することになった場合には、従業員に多くのメリットがあるわけですが、その他の給付金の支給対象となる可能性もあります。例えば、育児休業給付金や介護休業給付金、高年齢雇用継続給付といった給付金を受け取ることができるチャンスが広がっていくのです。それぞれ、一定の条件を満たして申請することで支給されます。

育児休業給付金や介護休業給付金

出典: http://proengineer.internous.co.jp

育児休業給付金や介護休業給付金を取得する方法としては、ハローワークに申請を行う必要があります。育児や介護などの止むを得ない事情によって退職した場合、申請が認められることによって一定額の給付金を支給してもらうことができます。育児や介護で退職することになった場合は、一度ハローワークに行って担当者と相談してみることもおすすめです。

高年齢雇用継続給付

出典: https://jennie.biz

また、雇用保険に加入することによって高年齢雇用継続給付と呼ばれる給付金の支給対象にもなります。これは、雇用保険期間が5年以上あった場合が条件で、60歳以上65歳未満の労働者が対象となる制度です。60歳以降の賃金が60歳の時と比較して75%未満に落ちた場合に一定額を支給してもらえます。これも高齢者にとってはありがたい仕組みと言えます。

日本の労働環境を整備する方法

出典: http://hello-world.co.jp

少子高齢化社会が進む日本の労働環境を整備する方法として、高年齢雇用継続給付と呼ばれる制度が確立してきました。今後もますます少子高齢化が進む現状において、こうした方法を用いて対策を打つことは大切なことです。高齢者が精神的にも経済的にも安心して働ける環境を整えていくことによって、今後の労働人口の維持に努めていくことにつながります。

Thumbアルバイトの雇用保険加入条件とは?メリットや保険料も解説!

雇用保険は雇用形態が変わった場合加入条件はどうなる?

雇用形態が変わった場合の条件について確認

出典: https://kanazashi.net

雇用保険の制度や仕組み、メリットや加入手続きの方法を知ることで、より一層雇用保険に対する認識を深めていくことができます。さらに、ここからは雇用保険で雇用形態が変わった場合の加入条件について確認していきます。勤務している途中で雇用形態が変更になることもあります。その際に慌てることなく手続きを進めるためにも確認することが重要です。

途中から20時間未満・20時間以上になる場合は?

出典: https://20s.water-wish.com

当初契約していた雇用形態から途中で週に20時間未満や20時間以上といった働き方になることもあります。その場合、途中で契約変更をした時点で、雇用保険の対象になるか外れるかが決定されます。それまで週20時間以上の契約だったケースで、途中で週20時間未満になることもあります。その際は週20時間未満になった時点で雇用保険対象から外れます。

雇用契約書の所定労働時間を見て決める

出典: https://mag.smarthr.jp

一方で、最初の雇用契約時には週20時間未満の契約だったケースで、途中から週20時間以上の勤務形態に変更になることがあります。その際も、週20時間以上働くことを前提とした契約を結び直すことによって雇用保険に加入することができるようになります。いずれにしても、雇用契約書に記載されている所定労働時間を見て保険の対象か否かが決まります。

加入対象から外れた場合はどうするのか?

出典: https://diamond.jp

契約当初は加入条件を満たしていて雇用保険に加入できるということもありますが、途中から加入対象を外れて雇用保険の対象外となることもあります。その場合は、勤務時間が変更になった前日に離職したものと見なしてもらうことができます。離職したことになることで、被保険者資格喪失手続きを行います。そうすると、失業したのと同じ扱いになります。

失業給付の対象となる

出典: https://www.bengo4.com

つまり、離職票を発行してもらった段階で失業給付の対象となり、一定の計算に基づいて給付金の額や給付日数が決まっていくことになるのです。そのまま週20時間未満の雇用契約で働き続けている場合でも、雇用保険の適用対象となるということです。雇用保険から外れた場合は、離職票を受け取ってそのまま失業給付の手続きを進めることがポイントです。

自分自身や家族の生活を守る

出典: https://mynavi-ms.jp

雇用保険はあくまでえも労働者を守る制度として確立してきました。そのため、働き続けている状態でも安定した賃金を得ることができないと判断されれば、相応の給付金を支給してもらうことができるのです。こうした制度を労動者は知って活用する必要があります。自分自身や家族の生活を守るという点でも、制度の概要を理解しておくことが求められます。

Thumb失業給付のための退職の雇用保険手続きを解説!条件や流れ・計算方法も!

雇用保険の受給資格や加入条件などについてのまとめ

出典: https://townwork.net

雇用保険に注目をして、その加入条件や受給資格について具体的にご紹介してきました。雇用保険に加入する際には資格と同様に、手続き方法や必要書類についても認識しておくことが求められます。その上で、適切に対応してもらえるように企業に働きかけをすることが求められます。雇用保険は労働者を守るための保険なので、そのメリットを活かしましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ