「漢検」の正式名称と履歴書への書き方を解説!略さずに記載する理由は?

履歴書を記載する際に保有している資格を明記することは非常に重要となりますが、漢検の正式名称や書き方はどのようなものになるのでしょうか。そこで今回は、略さずに記載する理由等を含めた「漢検」の正式名称と履歴書への書き方についてまとめています。

「漢検」の正式名称と履歴書への書き方を解説!略さずに記載する理由は?のイメージ

目次

  1. 「漢検」の正式名称と履歴書への書き方を知っておこう
  2. 「漢検」の正式名称と履歴書への書き方
  3. 「漢検」の正式名称を略さずに記載する理由
  4. 「漢検」を正式名称で記入して有効なのは2級以上?
  5. 「漢検」などを正式名称で記入する履歴書の目的
  6. 「漢検」など正式名称に気を付けたい資格の書き方!英語検定は?
  7. 「漢検」の正式名称と履歴書への書き方まとめ

「漢検」の正式名称と履歴書への書き方を知っておこう

出典: https://dash-dash-dash.jp

日本国内で取得されることが多い資格に「漢検」があります。漢検は漢字検定の略になりますが「漢字検定」も正式名称ではありません。普段には漢検の正式名称を使う機会はあまりありませんが、履歴書などに書く場合は正式名称を覚えていた方が良いです。そこで今回は、漢検の正式名称と履歴書などの記載方法について解説していきます。

「漢検」の正式名称と履歴書への書き方

漢検の正式名称を知っておこう

出典: https://dash-dash-dash.jp

漢検を取得するモチベーションの大半は「就職の有利になる」ということです。つまり、履歴書に漢検を取得する旨を記載してアピールすることが目的です。では、履歴書には漢検についてどのように記載すれば良いのでしょうか。ここからは漢検の正式名称と履歴書の記載方法について説明していきます。

「漢検」の正式名称

出典: http://happy-child-english.seesaa.net

漢検は進学や就職で有利になる資格ですが、重要なことは漢検を正式名称で書くことです。漢検の正式名称は「漢字検定」と思われがちですが、正しくは「日本漢字能力検定」です。略称を使う機会が多いため、咄嗟に正式名称が出てこないこともあるため、要注意です。

「漢検」の履歴書への書き方

出典: https://tap-biz.jp

採用試験ではまず履歴書などで書類選考を行うため、漢検などの資格も正式名称で書くことが求められます。そのため、履歴書の資格欄には「日本漢字能力検定」と正式名称で記載することが大切です。履歴書など公式な書類はなるべく正式名称で書くことを意識することがおすすめです。

履歴書の書き方のポイント

出典: https://mayonez.jp

履歴書に漢検を記載するときには正式名称で書くこと以外にも、取得した日付を書くこともポイントです。漢検に合格すると合格証書を受け取れますが、その合格証書には取得した日付が記載されているため、大切に保管することが大切です。

合格証書を紛失した場合は?

出典: https://www.kenkou-job.com

もし合格証書を紛失した場合はどうすれば良いのでしょうか。その場合は、漢検協会に問い合わせることがおすすめです。漢検協会に問い合わせることで合格した情報を取得できるため、控えることが可能です。また、有料ですが漢検の合格証書を再発行することも可能です。

漢検以外の資格の正式名称は把握しておこう

出典: https://employment.en-japan.com

このように資格の正式名称を書く必要があるのは漢検だけではありません。通称で略されている資格は多くあるため、しっかりと正式名称を把握しておくことが重要です。

「漢検」の正式名称を略さずに記載する理由

正式名称で書く理由を知ろう

出典: https://employment.en-japan.com

漢検は普段は略して記載することが多く、むしろ正式名称で伝えた方がわかりにくいと感じることも少なくありません。では、どのような理由で履歴書などでは略さずに正式名称を使うのでしょうか。ここからは漢検を略さずに正式名称で記載する理由を紹介していきます。

履歴書は公式な書類

出典: https://tenshoku.mynavi.jp

正式名称を記載する第一の理由は、履歴書が公式な書類であるということです。履歴書は応募者の経歴・職歴、スキルなどを把握するための書類であり、偽りの情報を記載すると「経歴詐称」になってしまいます。このような公式書類では正式名称を記載することが基本とされています。

書き方で評価を下げられる可能性も?

出典: https://www.noc-net.co.jp

2つ目の理由は、面接官の印象が悪くなるということです。正式名称ではなく略した書き方は雑で手を抜いているという印象を与えかねません。そのため、漢検を正式名称ではなく略して書くことで評価が下がる可能性があります。

漢検などの資格以外も注意

出典: https://mid-tenshoku.com

ここまでのような理由で略さずに正式名称で書くことが求められます。また、この略した書き方をしてはいけない理由は他の項目でも適用されます。例えば、学歴の欄でも「○○高校」ではなく「○○高等学校」という書き方が正しいです。

そこまでこだわりがないこともある

出典: https://mynavi-agent.jp

アルバイトの面接などでは、形式上履歴書の提出を求めているだけで、そこまで重視しないケースもあります。このような場合では、「漢検2級」と記載していても問題ありません。しかし、正社員の就職活動では正式名称を使うことが重要です。そのため、書き方の癖をつける意味でも履歴書には正式名称を記載する方がおすすめです。

正式名称を書く理由を知っておこう

出典: https://www.noc-net.co.jp

正式名称を書く理由を把握しておけば、略さずに資格を記載するようになります。履歴書や面接などでは些細なことから印象が悪くなる可能性があるため、注意することが大切です。

「漢検」を正式名称で記入して有効なのは2級以上?

有効な漢検の級数とは?

出典: https://tap-biz.jp

正社員の就職活動を行っているときに漢検を履歴書の資格欄に記載すれば、アピールする材料になります。しかし、漢検であれば何でも良いというわけではありません。漢検は10級から1級まであるため、どれくらいのレベルから有効になるか知っておくことが大切です。ここからは漢検が効果を発揮する級数について説明していきます。

2級が社会人として評価されるライン

出典: http://examination.ehoh.net

社会人として漢検が評価されるラインは2級からとなっています。この漢検2級のレベルは高校卒業から大学・一般であり、常用漢字をほぼ読み書きできると評価できます。準1級と1級は合格率も1割を下回ることもあり、2級を目指して勉強する方が多いです。

3級では逆効果?

出典: https://dash-dash-dash.jp

注意が必要なことは漢検3級以下は、アピールの材料にはならないということです。3級は中学生相当の資格であり、場合によっては小学生でも3級に合格することもあります。そのため、アピールとして効果的ではなく、単なる穴埋めだと判断される可能性もあります。

資格そのものだけでは評価されない

出典: https://el-lab.jp

就職活動では資格を書くことで採用される可能性が高くなるため、有利になります。しかし、重要なことは資格を取得している事実だけではありません。もちろん中には取得しているだけで業務レベルを判断できるものがありますが、漢検の場合はそうではないため要注意です。

漢検を取得した経緯

出典: http://voice.gogetterz.com

採用側が漢検のような資格を見て判断するポイントは、どのような経緯でその資格を取得したのか、ということです。漢検を取得した理由が仕事に繋がれば評価されます。また、資格取得に向けてどれくらい努力したのか、自分なりにおこなった工夫なども評価される対象です。

漢検をどのように仕事に活かすか

出典: http://voice.gogetterz.com

企業からすると立派な資格を持っていても、仕事の役に立たなければ意味がありません。そのため、取得した漢検の知識を使って、どのように仕事の役に立つかアピールすることが重要です。

漢検を取得していると有利な業界もある

出典: http://voice.gogetterz.com

漢検2級からは常用漢字をマスターしているという認識になるため、文字を書く仕事などであれば重宝される可能性が高いです。そのため、ライターなどメディア関連の仕事であれば漢検と志望動機を紐づけてアピールすることができます。

資格を効果的にアピールしよう

出典: http://voice.gogetterz.com

就職活動において資格を取得していることは大きなアドバンテージになります。そのため、正式名称を書くなど細かいポイントをしっかりと把握し、効果的にアピールすることが大切です。

Thumb「漢検(漢字検定)」のレベルの目安や合格率を解説!合格基準も紹介!

「漢検」などを正式名称で記入する履歴書の目的

正式名称を書く目的を把握しよう

出典: https://re-katsu.jp

履歴書における漢検などの資格項目は適切な書き方をすることが求められます。まずは、どのような目的で履歴書に正式名称を書くのかを知っておくことが重要です。ここからは履歴書で正式名称を書く目的について紹介していきます。

履歴書は基本情報の提供

出典: https://type.jp

履歴書の提出を企業側が求めるのは、その人の基本情報をすぐに把握でき、保管しておけるからです。面接にきた人がどこの誰なのか、履歴書がなければ面接で聞く必要があるため非効率です。このような理由で履歴書が求められるため、略さずに正式な書き方をすることが求められます。

アピールの入口

出典: https://minnkane.com

面接において履歴書が重要とされるポイントはアピールの入り口になるからです。基本的に面接はあらかじめ決められた質問に履歴書に記載された内容を交えて質問をします。そのため、履歴書でしっかりとアピールできる要素を書いておけば、効果的に面接を進めることができます。

失点をしないことが重要

出典: https://re-katsu.jp

履歴書を書き方で重要なことは、マイナス評価となることをしないことです。誤字脱字がないように注意することが大切であり、その中の1つに正式名称を略さずに記載することが含まれます。履歴書の書き方は注意しなければ、適切な書き方を実行できないことが多いです。

全てがアピールポイント

出典: https://next.rikunabi.com

履歴書を事務的な書き方をする人も多いですが、しっかりと工夫して書くことが求められます。その理由は、履歴書やエントリーシートに記載されている項目は全てアピールできるポイントだからです。漢検を略さずに書くこと以外にも特技や趣味も書き方次第で面接を有利に進める武器になります。

差別化することを意識しよう

出典: https://trights.co.jp

新卒の採用試験など倍率が高い採用試験であれば、他の学生との違い(差別化)を意識することが重要です。応募している学生が多ければ多いほど、例えば漢検2級を取得している人も多くなります。他の人と同じようなアピールであれば効果的ではないです。

自分のエピソードを盛り込もう

出典: https://gakumado.mynavi.jp

差別化を行い効果的にアピールするためには、自分のエピソードを盛り込むことがおすすめです。どのような経緯で資格を取得したのか、資格取得までどのような工夫をしたのかは、人によって異なります。そこから自分のアピールに繋がるように履歴書を書くことがおすすめです。

履歴書のポイントを把握すれば有利になる

出典: https://freeter-life.com

ここまでは正式名称を書く目的から、履歴書の効果的な書き方を紹介してきました。このようなポイントを押さえておくことで、内容は同じでも高い評価を得やすくなり、選考を有利に進めることができます。

「漢検」など正式名称に気を付けたい資格の書き方!英語検定は?

履歴書の他の注意点とは?

出典: http://shigoto-times.com

漢検などの略された資格を正式名称で書くことと同じように、履歴書にはいくつかの書き方の注意点があります。このような注意点を守れば、より評価される履歴書を書くことができます。ここからは履歴書の気をつけたい書き方について説明していきます。

英検など頻出の資格の書き方

出典: https://tap-biz.jp

漢検と同様に履歴書に書くことが多い資格に「英検」がありますが、漢検と同じ理由で略さずに正式名称を書く必要があります。英検の正式名称は「実用英語技能検定」です。このように漢検以外の資格も略さずに正式名称を書くことが大切です。

「取得」でも「合格」でも可

出典: http://www.cuc.ac.jp

履歴書に資格を記載する場合は、資格の正式名称の後ろに「取得」と記載します。また、取得ではなく「合格」と記載しても同じ意味になるため「取得」か「合格」かどちらかを記載します。

履歴書はわかりやすく書くことが求められる

出典: https://mayonez.jp

ここまでの説明のように、履歴書は就職活動に必要な公式な書類であり、採用担当者が一目でわかるように書くことが求められます。そのため、略さずに正式名称を記載したり、資格の名前だけでなく、「取得」と書くことが必要です。

和暦か西暦かを統一

出典: https://employment.en-japan.com

資格を履歴書に書くときは、取得した日時も同時に記載します。このときに重要なことは、学歴・職歴・資格取得日の書き方を和暦か西暦に統一することです。

正しい取得日を合格証で確認

出典: https://tap-biz.jp

資格を正式名称で書く理由と同じように、資格の取得日も正しいものを書くことが求められます。冒頭の説明のように合格証には資格を取得した日付が記載されています。漢検以外の資格でも基本的に同じになるため、大切に保管することが大切です。

取得した順に書くのが原則

出典: https://mamari.jp

取得した資格が複数ある場合は、基本的に取得した順番に書くことが原則です。その理由は資格には取得した日付をセットで記載するからです。この日付がバラバラになっていると、履歴書を見た担当者は見にくいと感じてしまいます。

仕事でアピールできる資格は優先しても

出典: https://shukatsu-mirai.com

資格を書く順番は原則として、取得した順になります。しかし、募集条件に記載してい資格や関連する資格を取得している場合は、優先して書いても良いとされています。その理由は、優先した書いた方が採用担当者が分かりやすいからです。

取得予定の資格もアピールに

出典: https://mayonez.jp

履歴書を提出する時点で資格を取得していなくても、履歴書にかける場合もあります。それは資格取得予定である資格です。取得に向けて勉強を進めていれば、取得予定日を書くことも効果的です。

面接で質問される可能性が高い

出典: http://and-plus.net

このように取得予定の資格を履歴書などに書くとアピールになる反面、面接で質問される可能性も非常に高いです。具体的な勉強内容や専門知識を問われる可能性もあります。このような理由から取得予定の資格を記載するときは慎重になることがおすすめです。

資格取得にかかった時間がアピールになることも

出典: https://qrione.com

漢検1級を取得するまでの勉強時間は500時間から1000時間であり、取得までに3年以上かかることが一般的です。そこで、漢検1級を取得するまでの勉強時間が100時間や200時間など、平均よりも短い場合はアピールできる材料になります。

運転免許を取得している場合は必ず記載する

出典: https://tenshoku.mynavi.jp

先程は漢検3級以下の資格は効果的でない旨を説明しましたが、多くの人が取得できる資格でも書いた方が良い資格も多くあります。その代表的な資格が「運転免許」です。その理由は運転免許があるだけで業務の幅が大きく変わる可能性があるからです。募集要項に運転免許の記述がなくても、書くことがおすすめです。

仕事に活かせる資格は有効

出典: https://mayonez.jp

履歴書などに記載する資格は応募する企業によって変えていくことが重要です。漢検3級のように難易度が低い資格であれば、効果的ではないかもしれませんが、応募している仕事に活かせるような資格であれば積極的に書くことがおすすめです。

持ってる資格は有効活用しよう

出典: https://favck.com

就職活動のために資格を取得しようとする人は多いですが、重要なことは資格を取得することではなく、効果的にアピールすることです。そのため、どのようにアピールすれば効果を発揮しやすいか知ることが大切です。

「漢検」の正式名称と履歴書への書き方まとめ

出典: https://careerticket.jp

今回は漢検の正式名称と履歴書などの記載方法について解説してきました。履歴書は公式な書類になるため、正式名称で書くことが求められます。また、それらは漢検だけに限定したことではありません。学歴や職歴なども正式名称で書くことを心掛けることが大切です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ