遺族年金はなぜ非課税?税金や社会保険料を安くするコツなどを紹介!

遺族年金は非課税だと多く知られています。しかし、遺族年金がなぜ非課税なのかを把握していない事によって、意外と税金や社会保険料などが安くなるコツを知らない事があるようです。そこで、遺族年金がなぞに課税なのかから税金や社会保険料が安くなるコツまでを紹介しています。

遺族年金はなぜ非課税?税金や社会保険料を安くするコツなどを紹介!のイメージ

目次

  1. 遺族年金は非課税なのか節約できるか気になる
  2. 遺族年金はなぜ非課税?
  3. 遺族年金の非課税と扶養で社会保険料の節約に?
  4. 遺族年金の非課税と扶養で税金の節約に?
  5. 遺族年金は非課税で確定申告も必要ない?
  6. 遺族年金は非課税なのか?節約方法まとめ

遺族年金は非課税なのか節約できるか気になる

出典: https://www.osohshiki.jp

遺族年金は非課税だという事を多く知られていますが、なぜ非課税なのか根拠を知らない事によって、税金や社会保険料までどのように影響されるのかまで理解していない人が多いようです。しかし、遺族年金がなぜ非課税となるのかを理解する事によって、税金や社会保険料などの節約に結びつきます。そこで、遺族年金がなぜ非課税となるのかの根拠から、税金や社会保険料の節約のコツまでを解説していきます。

Thumb遺族年金の金額で妻と夫の違いとは?仕組みや受給額などについてまとめ!

遺族年金はなぜ非課税?

非課税の根拠

出典: https://taiseee.com

なぜ遺族年金が非課税となるのか、まずは根拠を土台として知っておく事が大切です。そこで、遺族年金がなぜ非課税なのかを厚生年金保険法と国民年金法の観点から探ると、租税公課は、老齢年金および付加年金を除いて、給付として支給を受けた場合では税金を課する事が出来ない事。そして、保険給付も同様に老齢厚生年金を除いて税金を課する事が出来ないと定められています。

出典: http://hiroshima-ekimae-law.jp

以上の法律の観点から探ると「公課」を課するという事が、遺族年金が非課税である明確な根拠だという事が分かります。そしてこの公課は、国民に対する税金という事になるのですが、税金を課する事が出来ない根拠としては、やはり意図せずに困窮に陥った人を助けるために支給するという事になります。つまり、福祉を目的にしているという事が非課税の法律を定めている根拠であるようです。

遺族年金以外に非課税対象はある?

出典: https://chigai-allguide.com

遺族年金がなぜ非課税なのかは解説しましたが、よりなぜ非課税なのか理解を深める為に、その他非課税対象となる項目を挙げます。非課税項目は「職業転勤給付金、失業等給付、障害者自立支援法によって自立支援給付、生活保護法により支給される保護金品、労働者災害補償の保険給付」などの非課税対象の項目が有ります。

遺族年金の非課税に該当する項目

出典: http://okamuu3.com

遺族年金にも様々な種類があるのですが、この遺族年金の非課税対象を具体的に解説しておきます。非課税となる遺族年金の項目が「遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金、遺族厚生年金」以上の4つとなっています。遺族年金にもこの他に種類がある仕組みですので、遺族年金に該当する項目であるのかも確認しておく事が大切です。

所得税のみに税金がかからない年金

出典: http://blog.55bali.com

上述で解説している遺族年金は所得税と相続税共に、非課税という事なのですが、一方で所得税のみが非課税である年金が存在しています。所得税のみの非課税とは「確定給付企業年金から支給される遺族年金」、「特定退職金共済団体の退職金共済から支給される遺族年金」以上2つが遺族年金の中でも、相続税が必要となる項目となっています。

ほかの年金を受給していても非課税

出典: https://zutool.jp

遺族年金に関しては他の年金を受給していても非課税です。基本的には、年金は1人1年金が原則となますが、遺族年金の場合では特例であるという事を把握しておきましょう。例えば、65歳を迎えて老齢基礎年金を受ける場合では通常であればこれ以上の年金を受ける事が出来ませんが、遺族厚生年金は併給する事ができ、そして老齢基礎年金に対しては税金が課せられますが、遺族厚生年金はこの場合でも非課税という事になります。

金額の上限無く非課税

出典: https://www.somu-lier.jp

税金免除の対象として、非課税になる場合の制度は上限金額というものが定められており、困惑してしまう要因なのですが、遺族年金に関しては上限金額に制限が無く非課税という事です。しかし、上述で解説した国民年金法と厚生年金保険法では、老齢基礎年金と老齢厚生年金は税金が課せられるという事ですので、勘違いの元は明確にしておく必要があります。

労働などの収入があっても非課税

出典: http://amway-note.com

遺族年金を受給しながら労働している人は、特に遺族年金の非課税になる場合として抑えておきたい所です。このような場合でも遺族年金は非課税であるという事になっています。もちろん、労働に対しては税金が課せられるという事ですので、あくまで遺族年金を対象として非課税だという事を把握しておきましょう。

Thumb遺族年金の受給資格とは?手続き方法や受給者の要件などまとめ!

遺族年金の非課税と扶養で社会保険料の節約に?

出典: http://money-king.net

なぜ遺族年金は非課税となるのかや、遺族年金の詳細を解説してきましたが、遺族年金に関する社会保険料の節税に繋がるのではないのかと考えられます。しかし、遺族年金の社会保険料に関しては、扶養の問題も影響されるという事ですので、社会保険料の節約に繋がる事は誰しも可能だとはいかないようです。そこで、扶養に入った場合の社会保険料の関係から、条件なども含めて解説していきます。

扶養に入ると健康保険料を負担しなくてよい?

出典: https://192abc.com

まず結論から言うと、遺族年金に関しての扶養に入る場合の社会保険料は「被扶養者となる一定要件」という定めがありますので、扶養に入るまでの一定要件を満たす事によって、社会保険料の節約に繋がります。したがって、遺族年金が非課税だという事と被扶養者となる事は、誰しも可能だという事は無いという事になります。

健康保険の被扶養者の条件

出典: https://www.cuenote.jp

社会保険の被扶養者となる場合の条件としては、抑えておくべき点が、被扶養者となる人の「家族・親族の範囲」、「収入の条件」という事です。そしてまず初めに被扶養者となる家族・親族が、同居または別居に限らず被扶養者となる人が「配偶者・子供・直系尊属」となっており、次に被扶養者となるための同居が要求される人として「姉・兄・叔父・祖母のような3親等内の親族」、「内縁関係の配偶者である両親と子供」となります。

出典: http://www.souzoku.aoi-law.com

ちなみに、直系尊属とは直通する系統の親族の事となっており、父母・祖父母などの自分よりも前の世代の人という意味ですので、この場合では叔父母や配偶者の両親などは含まれません。続いて収入に関しての条件ですが、この場合でも同居しているか否かに影響される内容となっています。まず同居している場合では「年収が130万円未満、そして社会保険加入者の年収の半分未満」

出典: https://toyokeizai.net

「60歳以上あるいは傷害厚生年金の受給者である場合は年収180万円未満」以上2点が条件となります。次に同居していない場合では「年収が130万円未満、そして社会保険加入者から金銭の援助を受けた合計額よりも、年収が少ない場合」が条件となっています。この条件で「年収」と解説していますが、注意点として税金の計算に用いられる所得とは違うという事を抑えておきましょう。

年収には遺族年金は含まれる?

出典: http://idea-soken.com

遺族年金は年収に含まれるのかという疑問は考慮すべき内容でしょう。そこで、年収の定義から遺族年金が年収に含まれるのか否かを解説します。年収の定義では、年収は社会保険料や税金を減額する前の金額を示しているという事になりますので、年収は1年間に支払われた給与の合計だとされています。そして、健康保険上の年収では、遺族年金も含まれてしまうという事なのです。

社会保険料の扶養控除は厳しい

出典: http://sallykuo3041.pixnet.net

遺族年金を受けている人が被扶養者にある場合では、扶養に入る条件や遺族年金の年収への影響などを含めて考察すると、社会保険料の節約は厳しいという事が分かります。そして、扶養者である場合でも社会保険料は年収の多寡に影響されるという事ですので、被扶養者の対象から外れた場合は社会保険料を支払う必要があります。さらに、遺族年金を受けている人が被扶養者である場合でも、扶養者の社会保険料が変動する事はありません。

遺族年金の非課税と扶養で税金の節約に?

出典: https://www.lifehacker.jp

なぜ遺族年金が非課税になるのかを確認すると、社会保険料ともう1つ確認しておくべき事が、遺族年金は税金の節約に繋がるのかという事です。上述では遺族年金を受け取っている人が被扶養者である場合の社会保険料という内容でしたが、ここでは税金が節約出来るのかという事に注目しています。そこで、所得税上の扶養控除から、遺族年金が所得になるのかまでを解説していきます。

所得税上の扶養控除

出典: https://xn--gmq7a925og4rjsm.net

まずは、遺族年金の非課税と扶養の関係を、所得税の節約に繋がるのかという疑問を「所得税上の扶養控除」から確認します。そして、所得税上の扶養控除とは税金を納める人を対象として、控除対象扶養親族がいる場合には一定の所得控除を受ける事が可能になる制度になります。そし所得税上の内容から、一定額の控除を受ける為には要件もあり、確定申告年度の12月31日までに満たしておく必要があるという事です。

扶養に入ると住民税や所得税の節約に?

出典: https://ecoeco-taizen.com

上述で解説した税法上の定義によると、扶養控除の対象者が一定要件を満たす必要がある、という事を抑えておく必要があります。この要件を確認していく前に、扶養に入った場合には住民税や所得税の節約が出来るのかといった疑問に対しての答えは、節約が可能だという事です。そこで、ここから被扶養者になる為の用件から扶養控除額までを解説していきます。

税法上の扶養親族の条件

出典: https://www.smbc-card.com

所得税上の扶養親族の要件は4つあります。まずは1っ目に、配偶者以外の親族(3親等以内の姻族、6親等以内の血族など)。2つ目に、納税者と生計を一緒にしている。3つ目に、年間38万円以下の合計所得金額である事。4つ目に、青色申告者の事業専従者である場合はその年を通して、1度も給与の支払を受けていない事、あるいは白色申告の事業専従者では無い事。以上の4つになります。

所得の定義

出典: https://kurumano-kokoro.com

遺族年金が所得に含まれるのか、そして扶養控除の38万円以下といった年間所得に関しての内容を、明確にする為に所得の定義に着目します。所得の定義では、税金の対象者である人の「収入」から経費を差し引いた金額の事を「所得」と呼びます。そして、年収と所得を混同してしまいがちなのですが、給与所得控除の金額が経費部分となりますので、この給与所得控除など経費から税金の計算をする事になるという事です。

出典: https://diamond.jp

この所得税上の定義を確認すると、扶養控除の対象要件として38万円以下の合計所得額である事が定められていましたが、この38万円以下の合計所得額は「所得」として定めがあるという事も注意すべき点として抑えておく事が大切です。

所得に遺族年金は含まれる?

出典: https://incomlab.jp

上述では所得の定義を確認しました。そして、遺族年金である遺族基礎年金や遺族厚生年金は非課税だという事を含めると「収入」とはならないという事になります。したがって、収入にはならないという事から同時に所得も扱いは同等だという事なのです。結論としてまとめると、遺族年金は所得税上の扶養控除の要件を満たすだけで、最終的に税金はかからないという事になります。

扶養控除額

出典: http://www.kidwithoutradio.com

扶養控除対象の要件を満たしている場合は、税金の節約が可能だという事ですので、次に扶養控除額を確認します。扶養控除額としてまず抑えておく事は、扶養控除額は親族の区分に応じた金額だという事です。そこで、まず1つ目に、一般控除対象扶養親族は38万円の扶養控除額。2つ目に、特定扶養親族が63万円の扶養控除額。

出典: https://www.hoken-buffet.jp

3つ目に、別居している老人扶養親族が48万円の扶養控除額。4つ目に同居している老人扶養親族が58万円の扶養控除額。以上4つの区分に応じた扶養控除金額が定められています。

「マル優」や「特別マル優」も利用可能?

出典: https://eikaiwa-highway.com

税金に関する優遇制度として「マル優」や「特別マル優」などがあります。マル優とは、通称「障害者などの人が所有する小額預金の利子所得の非課税制度」という制度となっています。そこで、このマル優や特別マル優は遺族年金を受け取っている人も、利用する事が出来き、預貯金の元本350万円までの利子に対して非課税となります。しかし、制度の適用には一定の要件を満たす必要があります。

出典: https://matome.naver.jp

そして、特別マル優もマル優の一定要件と同様なのですが、特別マル優の非課税対象は「国債、地方債」となっており、額面の350万円までの利子に対して非課税という事になります。最後にマル優、特別マル優の適用要件としては「遺族基礎年金を受けている妻」となっているので、マル優と特別マル優は利用する事が出来ない可能性もある、という事を把握しておきましょう。

遺族年金は非課税で確定申告も必要ない?

出典: https://www.freee.co.jp

遺族年金がなぜ非課税なのかという事から、社会保険料や税金の節約などを確認してきました。以上の内容から最後に確認しておくべき内容は、遺族年金は非課税という事が影響して確定申告が必要なのか?という事です。そこで、確定申告が必要な対象者から確認し、遺族年金は確定申告が必要なのかを明確にしていきます。

確定申告の対象者

出典: http://q-act.net

まずは、確定申告の対象者がどのような事情であるのかを確認してみます。確定申告が必要な場合として、1つ目に、1年間を通して給与の合計額が2000万円以上。2つ目に、副業などを通して収入源が2箇所ある。3つ目に、副業などの給与合計額が20万円を超えた場合。4つ目に、個人事業主の1年間を通して得た利益が38万円を超えた。

出典: https://bcart.jp

5つ目に、不動産経営者が1年間を通して総利益が38万円を超えた場合。6つ目に、譲渡所得が1年間を通して38万円を超えた場合。など6つの確定申告が必要な人として定められています。この確定申告の必要対象者は所得を基準としている、という事に着目しておきましょう。

非課税なので行う必要がない?

出典: https://vivre-media.jp

遺族年金は非課税だという事や税金がかからない、などの内容からまとめると、やはり遺族年金に関しての確定申告は必要無いという事になります。しかし、基本的に遺族年金は確定申告が必要ないのですが、遺族年金以外に確定申告が必要な対象者として、上記内容を満たしている場合は、確定申告が必要だという事ですので、はきちがえる事は避けなければなりません。

Thumb遺族年金の正しい手続き方法とは?年金の支給停止など基礎知識まとめ!

遺族年金は非課税なのか?節約方法まとめ

出典: https://avenue-life.jp

遺族年金がなぜ非課税なのかや、遺族年金の非課税から影響を受ける税金や社会保険などの内容までを確認すると、遺族年金がなぜ非課税なのかの根拠から優遇を受ける理由には納得がいきます。遺族年金は様々なメリットがある年金制度なので、遺族年金の非課税だという内容だけではなく、なぜ非課税なのかを明確に抑えた状態で、遺族年金のメリットを享受する事が好ましいでしょう。本稿によって、もしもの際に役立てていただけと幸いです。

Thumb遺族年金の金額やいつまで支給されるのかを調査!仕組みや条件もまとめ!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ