公明正大な人の特徴とは?意味や正しい使い方・「正々堂々」との違いを解説!

公明正大な人の特徴に焦点を当てて、その意味や正しい使い方などを具体的にご紹介していきます。公明正大な人物に憧れを持っていたり、自分がそうなりたいと感じるケースも少なくありません。公明正大と「正々堂々」の違いも含めて解説を行っていきます。

公明正大な人の特徴とは?意味や正しい使い方・「正々堂々」との違いを解説!のイメージ

目次

  1. 公明正大な人の特徴や正しい意味が気になる
  2. 公明正大な人の特徴
  3. 公明正大の意味や例文
  4. 公明正大の使い方
  5. 公明正大と「正々堂々」の違い
  6. 公明正大な人の特徴や言葉の意味まとめ

公明正大な人の特徴や正しい意味が気になる

出典: https://jukugo.g-sozai.com

公明正大という言葉に焦点を当てて、公明正大の意味や使い方、正々堂々との違いなどを具体的にご紹介していきます。人に対して使うことが多いのが公明正大という言葉の特徴でもあります。その点を考慮して、公明正大な人の特徴についても解説を行っていきます。改めて公明正大という言葉の意味や使い方を理解して、適切に使いこなしていきましょう。

公明正大な人の特徴

公明正大な人は性格がいい?

出典: https://tap-biz.jp

まずは、公明正大な人の特徴から確認していきます。公明正大な人は性格が良いのかどうかというところも論点になる部分です。基本的に公明正大な人は性格が良いと言われることが多くなっています。公明正大な人の特徴として、誠実であることや公平であろうとすることを挙げられます。そうした点を考慮すると、性格が悪いと考えることは難しいと言えます。

性格が悪い人の特徴を見る

出典: https://tap-biz.jp

性格が悪いという方に焦点を当ててみると、人の悪口を言うことや人を陥れることをしようとする人を挙げることができます。さらに、自分さえ良ければそれで良いといった考え方を持っているのも性格が悪い人の特徴と言えます。その点において、公明正大な人には性格が悪い人の特徴がありません。反対の視点から見ても、性格が良いと考えることができます。

完璧な人間ではない

出典: https://docoic.com

基本的に性格は良いのが公明正大な人の特徴です。ただし、完璧な人間であるということはないので、注意をしておく必要があります。公明正大な人にも欠点や弱点はありますし、人間らしいと感じることも出てきます。ケースバイケースで特徴が変わることもあると理解しておきたいところです。それを踏まえた上で、個々の特徴について確認していきます。

道徳心が強い

出典: https://cktt.jp

公明正大な人の特徴としては、道徳心が強いという点を挙げることができます。公明正大な人は道徳を重んじる傾向があり、ルールをしっかりと守ることが美徳であると感じていることが少なくありません。そのため、リーダータイプとして人を引っ張ることに向いているケースも多いです。持ち前の道徳心を発揮して、悪いものは悪いと打ち切る強さもあります。

正義感が強い

出典: https://cktt.jp

正義感が強いところも公明正大な人の特徴として挙げることができます。他人と比べて正義感が強いので、いじめに遭っている人を見るとすぐに助けたくなるような人間性も持ち合わせています。自分が盾になってでも人を守りたいという気持ちを持っているのが、公明正大な人の特徴です。人を助けることが自分のためにもなるという考えを持っています。

周囲の人との関係性に注意

出典: https://i-k-i.jp

ただし、正義感が強すぎることで周囲の人から煙たがられることもあるので注意が必要です。基本的に公明正大であることは良いことですが、それが強すぎると周りの人たちが生きにくいと感じることも出てきます。常に公明正大な人に見られているような感覚になってしまうためです。正義感があることは重要ですが、出しすぎないことも1つの考え方です。

人徳がある

出典: https://cktt.jp

さらに、公明正大な人の特徴としては、人徳があると言うこともできます。公明正大な人は周囲の人からも好かれやすい傾向にあります。それは、公明正大な人が人に対して思いやりを持って接していることにも関係しています。思いやりを持って接することで自然と人が集まってくるのです。そのため、周囲からの信頼も置かれやすくなることも特徴の1つです。

使命感が強い

出典: https://gimon-sukkiri.jp

公明正大な人の特徴としては、使命感が強いという部分も挙げることができます。道徳心があることが正義感があることと通じる部分でもありますが、誠実で使命感が強いところに公明正大な人の特徴があります。不正や不祥事があれば、真っ先にそれを正すように行動を起こすのが公明正大な人です。組織を常により良い方向に向けさせたいと考えているのです。

対人関係を上手くすることが重要

出典: http://study-yoji-jukugo.com

使命感が強すぎると、時には反乱を起こすような事態も生じてきます。公明正大な人は不誠実な人ややる気がない人に対して厳しく当たってしまう部分もあります。それゆえに相手から疎まれることも多く、敵を作ってしまうこともあります。もちろん、多くの仲間にも恵まれています。社会で生き抜くためのスキルとして対人関係を上手くすることも重要です。

生き方が不器用

出典: https://gimon-sukkiri.jp

公明正大な人の特徴を端的に表現するのであれば、生き方が不器用であると言うことができます。正義感や使命感が強いのは良いことでもありますが、それらを上手くコントロールすることが難しいのも公明正大な人の特徴です。正義感や使命感が出すぎると、周りの人との関係が上手くいかないことがあります。それでも信念を貫き通してしまう部分が特徴です。

他者との共存の視点を持つ

出典: https://www.vogue.co.jp

正義感や使命感、道徳心が強いことはとても良いことではありますが、それらを持ちつつ、同時に周囲の状況を冷静に見る力を養っていくことで、より自分としても生きやすい道を模索することができます。公明正大な人も一人で生きていくことはできません。時には他者との共存という視点を持って、自分の考え方や生き方を見つめ直すこともおすすめです。

集団の中では少数派のことも?

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

公明正大な人の特徴として、集団の中では少数派であるという点も挙げることができます。公明正大な人は貴重な存在であるという考え方もあるくらい、それほど多い存在ではありません。そのため、集団や組織に所属していると少数派になることが多いです。それゆえ多数派に追いやられそうになることもあり、強いメンタルを持っていないと負けてしまいます。

公明正大な人の存在は組織にとってプラス

出典: https://venturetimes.jp

組織や集団にとって、公明正大な人がいることはプラスであると言えます。その貴重な存在や考え方を活かすという意味でも、公明正大な人を攻撃しないスタンスを持つことが重要です。公明正大な人はややもすれば出すぎる傾向があります。その点を双方が認め合いながら対話をすることが求められます。複数の味方を作って組織で台頭していくことも賢明です。

自己犠牲をいとわない

出典: https://www.agc.com

さらに、公明正大な人の特徴として、自己犠牲をいとわないという点を挙げることができます。人に対する思いやりが強いという側面もあり、自己犠牲をしてでも人のためになることがあればなりふり構わずに行います。そうした行動の積み重ねによって自然と周囲に人が集まってくることも特徴です。周りから見れば勇気のある行動を難なくやり遂げていきます。

周りとの連携も重要

出典: http://ex-career.org

公明正大な人は基本的にプラスとなる行動や考え方を持っていることが多いです。それゆえに周りに自然と人が集まってくるという特徴があるのです。しかし、時には疎ましく思われたり煙たがられたりすることもあります。そうした人と上手くやり繰りしていくこともポイントです。自分に自信を持ちつつ、周りと連携することでさらに良い部分を引き出せます。

器を大きくすることも重要

出典: https://twitter.com

公明正大な人が人間的な部分で幸せをつかむためには、器を大きくすることも大切なポイントです。公明正大であるだけでは足りないことも出てくるのです。そうしたケースで、自らの器を大きくして人に対して寛容な心を持つことができればさらに生きやすい環境が整っていきます。周囲から気難しい存在だと思われないようにすることも気をつけたい部分です。

許容範囲の線引きも重要

出典: https://photohito.com

時として、公明正大な人はトラブルメーカーになってしまうこともあります。正義感や使命感が強すぎると、ちょっとしたミスや間違いを許せないという思いが出てきてしまうからです。自分の中でどこまでなら許容できて、どこからが許せないのかという線引きをしておくことも大切です。何でもかんでも注意していると、周りから人が離れていってしまいます。

やんわりと指摘する

出典: http://www.4510arte.jp

どうしても許せないことやおかしいと感じることがあれば、やんわりと否定したり注意したりすることが重要です。相手にとってはそれが自然なことだと感じていることもあり、悪気があってやっているわけではないこともあります。それを激しくののしるような形にするとけんかに発展する可能性もあります。やんわりと指摘するスキルをつけることも大切です。

公明正大の意味や例文

公明正大の意味や例文を確認

出典: http://www.standby-media.jp

公明正大な人の特徴や考え方について理解をして、自分でも踏襲できそうなところがあれば実践していくのもおすすめです。ここからは、公明正大の意味や例文について具体的にご紹介していきます。公明正大な人の特徴と合わせて意味を覚えることで使い方もはっきりしていきます。複数の例文も取り上げるので、そこから使えそうな表現を覚えるのも賢明です。

公明正大の意味

出典: https://suidobi1995.hamazo.tv

まずは、公明正大の意味から確認していきます。公明正大とは「自分の良心に恥じることがない正しい心があること」を意味する言葉です。私心を挟むことなく、正々堂々と振る舞うさまと捉えることもできます。とにかく、自分のためではなく利他の心を持って行動できることが公明正大の意味です。周囲のことを考えて行動することに通じる部分があります。

自分を律する力がある

出典: https://3kabouzu.com

公明正大には良心に恥じることなく生きていくという意味もあり、人間として正しい価値観や考え方を持って生きていくというニュアンスも出てきます。人は時として間違った方向に進んでしまうことや、犯罪などを犯してしまうケースもあります。公明正大な人には自分を律する力があり、常に正しい道を歩むだけの強さを持っていると考えることができます。

公明正大の例文

出典: https://girlschannel.net

公明正大の意味について確認したところで、具体的な例文を交えて公明正大の使い方を解説していきます。例えば、「公明正大であることを信条にして生きています」といった例文を挙げることができます。公明正大であることを信条にすることで、良心に恥じない生き方をすると宣言することも可能です。周囲へのアピールとしても効果的な使い方と言えます。

周囲からの評価としての公明正大

出典: http://b.hatena.ne.jp

また、「彼女はとても公明正大な人で好感が持てます」といった例文も挙げることができます。人徳があって周囲の人間からも親しまれている人について、ポジティブな意味で公明正大と表現することも可能です。周りから公明正大な人だと評価してもらえるのはとても喜ばしいことです。そういったことを言ってもらえるように生活していくこともおすすめです。

公明正大さが求められる仕事

出典: https://www.sankei.com

さらに公明正大の例文として、「警察官は公明正大であるべきだ」といった使い方もご紹介することができます。公明正大であることが前提となる仕事も多いですが、特に警察官は社会を守るべき存在として公明正大であることが重要です。そのことを表現した例文として上記のような使い方もすることができます。他に公務員や政治家にも求められる資質です。

公明正大の類語

出典: https://cktt.jp

公明正大については、類語表現もご紹介することができます。公明正大の類語として取り上げられるのは「公平」や「正直」といった言葉です。「彼女はいつも公平な視点で物事を分析している」といった例文を挙げることもできます。人から慕われるという意味では公平や正直である方が良いです。それは公明正大にも通じるところであり、重要な要素です。

ざっくばらん

出典: https://nurse-riko.net

あるいは、「彼は質問に対していつも正直に回答してくれる」といった使い方をすることもできます。公明正大を広い意味で捉えるのであれば、「ざっくばらん」も類語としてご紹介することができます。「彼はざっくばらんな性格でとても人気があります」といった使い方をすることができます。気さくな性格や明るい性格を表す言葉として便利な類語です。

公明正大に通じる考え方

出典: http://ex-career.org

公明正大であることは相手に対して真摯に向き合うことでもあり、正直でいることでもあります。そうした考え方に通じる言葉であれば、公明正大の類語として利用することができるのです。正直やざっくばらん、公平といった言葉には、まさに公明正大に通じる考え方があります。裏表のない人間として行動と思考を一致させることが公明正大さのポイントです。

公明正大の使い方

公明正大の使い方を確認

出典: http://www.oshigoto.pref.mie.lg.jp

公明正大という言葉に焦点を当てて、その特徴や具体的な例文について取り上げてきました。意味も合わせて覚えておくことで理解を促進することができます。ここからは、公明正大の使い方に焦点を当てて具体的にご紹介していきます。公明正大は使う場面によっても意味合いが変わってきます。それぞれの使い方と合わせて、公明正大について解説します。

使い方①会社

出典: https://cybozu.co.jp

公明正大の使い方として最初に取り上げるのは会社です。使う場面によって若干意味合いも変わってくるのが公明正大の特徴と言えます。会社で使う場合は、上の立場に立つ人に求められる部分が大きいです。上司が部下から信頼されるような組織であれば、発展や成長に期待が持てます。反対に部下から慕われない上司が多い組織は衰退する可能性が高まります。

会社でも重要な存在

出典: https://www.kaisei-kotsu.co.jp

会社での公明正大さが求められる部分としては、取引先や顧客との関係にも出てきます。商品やサービスを利用してくれる取引先や顧客に真摯に向き合う姿勢を見せることで、継続的な取引を行っていくことができます。その点において誠実で信頼されるような人物が多い会社は成長が期待できます。会社においても重要になってくるのが公明正大な人の存在です。

使い方②仕事

出典: https://job.career-tasu.jp

仕事でも公明正大な人が求められることがあります。例えば、警察官や裁判官、公務員といった仕事に従事する人であれば、公明正大な人が好まれる傾向にあります。公明正大であることは物事を円滑に進める上でも役立ちます。その点においては、社長などのトップに立つ人も公明正大であることが重要です。トップがしっかりすることで組織も良くなります。

使い方③経営

出典: https://josys-navi.hiblead.co.jp

経営の視点からも公明正大について分析することができます。仕事や会社と通じる部分もありますが、需要と供給の関係を意識することも経営における大切なポイントです。いくら良い商品やサービスを提供していても、需要が追いつかなければなかなか利益を上げるのが難しくなってしまいます。その点において、公明正大な判断ができることが求められます。

相手の意見に耳を傾ける

出典: https://president.jp

お客様や取引先の意見を真摯に聞き、商品やサービスの改善につなげていくことで、安定的な需要と供給の関係を築いていくことができます。自分たちがやりたいようにやっているだけでは、いつかそのバランスが崩れていってしまうのです。公明正大であることによって、相手の意見に耳を傾ける姿勢を持つことができて安定的な経営につなげることができます。

使い方④剣道

出典: http://kendo-tool.com

剣道の練習や試合でも公明正大であることが求められることが多々あります。剣道では、「剣の理法を全うしつつ公明正大に試合をし、適正公平に審判する事を目的とする」という理念が掲げられています。スポーツとして行う以前に、心の部分を律してる理念です。こうした公明正大な心を養っていくことで、心身共に成長した存在になることができます。

心を鍛えるには最適

出典: http://kendo-entertainment.info

剣道においては、審判や相手に対して非礼な発言をしたりふるまいをしたりすることもルールとして禁止されています。それだけ公明正大であることを明文化しているスポーツも珍しい存在と言えます。もちろん、相手を侮辱するようなことが許されるスポーツはありませんが、特に剣道はその部分を重んじています。心を鍛えるという点でも魅力的な競技です。

使い方⑤書道

出典: https://www.youtube.com

公明正大さが求められるという点では、書道にも通じる部分があります。書道で「公明正大」という4文字を書く人も多く、それぐらい書道において浸透している四字熟語です。小学生の習字の時間に公明正大と書くことも多く、子供の頃から触れる機会の多い言葉として認識されています。書道として書くからこそ自分に置き換えて考えやすい部分があります。

書道に触れることが重要

出典: https://ameblo.jp

書道で公明正大の4文字を書くことで、精神的な未熟な部分を見つめ直すという効果に期待することもできます。筆を使ってきれいな文字を書こうとすると、相当な集中力も求められることになります。そうした集中力や精神力の強化によって自分自身と向き合うきっかけにすることもできます。小さい頃から書道に触れておくことは成長過程においても重要です。

公明正大と「正々堂々」の違い

公明正大と「正々堂々」の違いを確認

出典: http://tsl.blog.tennis365.net

公明正大という四字熟語に焦点を当てて、その特徴や意味、使い方や例文について具体的にご紹介しています。ここからは、公明正大と「正々堂々」の違いに焦点を当てて解説を行っていきます。公明正大と似た意味を持つ言葉として正々堂々もよく使われます。正々堂々の意味を把握して、公明正大とのニュアンスの違いを理解することも大切なポイントです。

正々堂々の意味

出典: https://wakuwakulifesupport.com

まずは、正々堂々の意味から確認していきます。正々堂々とは「正しく整っていて盛んなさま」を意味する言葉として利用されています。もう少しわかりやすくすると、「卑怯な手段を使わずに態度が立派であることを」意味する言葉でもあります。意味的には公明正大と通じる部分があり、類語としても認識できます。これが正々堂々の意味合いや考え方です。

公明正大と正々堂々の違い

出典: https://business-cvo.com

正々堂々の意味を確認することができたら、公明正大との違いを解説していきます。公明正大と正々堂々の違いとしては、視覚的にわかるかどうかという部分にポイントがあります。正々堂々の場合は、卑怯な手段を使わずに立派な態度であることを視覚的に捉えることができます。スポーツの試合でも正々堂々とした立ち居振る舞いと表現されることがあります。

公明正大の考え方

出典: https://deskgram.net

一方で、公明正大の場合は正々堂々と違って、内面の信念や感情について立派である様子を示す言葉として利用されています。そのため、視覚的に他人から見えるものではありません。視覚的に態度や立ち居振る舞いが立派である様子が見える際には正々堂々を使うのが相応しいです。ここに公明正大と正々堂々の違いがあり、使い分けることができます。

外面と内面の両方を磨く

出典: https://www.okinawatimes.co.jp

外面と内面の両方を磨くという点では、公明正大であることも正々堂々としていることもどちらも重要です。大切なのは両者の違いを理解して、意識的に心を磨いていくということです。外面だけしっかりしていても良くありませんし、内面だけ磨けば良いということでもありません。どちらも努力して鍛えることで、人間的に立派な存在になることができます。

両者の違いを意識すること

出典: https://mainichi.jp

公明正大と正々堂々の違いを意識することによって、言葉の使い分けや自身に対する向き合い方も変わってくる部分があります。違いを知っているのと、違いを知らないでいるのとでは大きな差が出てきます。公明正大さを目指しつつ正々堂々とした態度を身につけていくことが真に素晴らしい人間と言えます。違いを意識しつつ、行動を変えることが効果的です。

人間としての愛情を育む

出典: https://www.tonichi.net

最終的に人から見て立派だと思われる人間になるためには、人間としての愛情を育むことが重要です。公明正大であることや正々堂々としていることだけを追求するのではありません。人としての真心や愛情といった部分を大切にすることで、自然と立派な振る舞いができるようになります。その点も意識しつつ、日々の行動につなげていくことがおすすめです。

公明正大な人の特徴や言葉の意味まとめ

出典: https://freebird-sky.com

公明正大という言葉に焦点を当てて、公明正大な人の特徴や使い方、正々堂々との違いについて具体的にご紹介してきました。意味や使い方を覚えることで、日常的なコミュニケーションの中でも自信を持って発言できるようになります。また、公明正大な人を目指すのも良い選択です。改めて特徴を確認して、できそうなところを実践していくのがおすすめです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ