「さもありなん」の意味とシーン別の使い方を例文で解説!類義語の表現も!

「さもありなん」という言葉の意味を正確に理解していますか。やや硬い印象を与える言葉ですが、使いこなせばいいときも悪いときも使える便利な言葉です。「さもありなん」とはどういう意味でどんな場合にふさわしいのか、正確な知識を身につけておきましょう。

「さもありなん」の意味とシーン別の使い方を例文で解説!類義語の表現も!のイメージ

目次

  1. 「さもありなん」の意味や正しい使い方を紹介!
  2. 「さもありなん」とは?
  3. 「さもありなん」の使い方をシーン別で紹介!
  4. 「さもありなん」を使う際の注意点とは?
  5. 「さもありなん」の類義語の表現を紹介!
  6. 「さもありなん」の意味を理解して正しく使おう!

「さもありなん」の意味や正しい使い方を紹介!

「さもありなん」は、「いかにもそうだろう、たしかにそうだろう、そういうこともあるだろう、さもあらん、そういう可能性もあるかもしれない」などの意味を持っています。似たような意味をもつ言葉は他にも多くありますが、「さもありなん」はさまざまなシーン別で使える、覚えておくと便利な言葉で、類義語も多くあります。

「さもありなん」とは?

「さもありなん」とはどのような意味でどのような場合に使われるのでしょうか。様々な場面で使える便利な表現ですが、使うときに注意が必要な場面もあるので、例文をシーン別に、また類義語の使い方などもご紹介します。

「さもありなん」の古語での意味

「さもありなん」は「然も」「有り」という連語で、「程度のはなはだしいことを示す、とても、非常に」という意味と、「いかにももっともだ」という意味がありました。「さもあらん」と同じような意味で使われています。現代では「さもありなん」という一続きの慣用句として使われています。

徒然草には、「『さる心ざましたる人ぞよき』と人の申し侍(はべ)りし、さもあるべき事なり」という1節があり、現代風に訳すと「そうした気立てを持っている女性が好ましい」とある人が話しておられましたが、いかにももっともなことです」となります。

「さも」の意味とは?

「さもありなん」の「さも」とはいったいどういう意味でしょうか。「さも」とは副詞である「然(さ)」に助詞「も」が付いたかたちになっています。「さ」と「も」があわさった「さも」は、「さ(然)」を強めた言い方で「 本当にそれらしいさま、いかにも、そのように、そのとおりに」といった意味を表します。ほかにも、「そうも、そのようにも、 確かにそれに違いないと思われるさま、まったく、実に」などの意味を持っています。

「さもありなん」をさらに分けると、「然」「も」「有り」「無(なん、なむ)」と分解することができます。「然」(副詞)、「も」(助詞)、「有り」(補助動詞)の3つで複合助動詞「さもあり」になり、これに完了の助動詞「ぬ」の未然形「な」、推量の助動詞「む」が合わさって「なむ」となったものが語尾につきます。「なむ」の意味は「~してしまうだろう」「(きっと)~だろう」「~してしまおう」など強い意志や推量を表します。

「さもありなん」は、「さも」だけで「 本当にそれらしいさま、そのように、そのとおりに」を表し、「さもあり」は「然も」「有り」でいかにも尤もだ、という意味を持ち、「ありなむ」だけで「きっと~あるだろう」の意味があります。「さもありなん」という言葉はとても複合的な造りになっており、その意味も構造も幾重にも補完された深い表現です。

「さもありなん」を漢字表記すると?

「さもありなん」を漢字で表記すると「然(さ)もありなん」となります。「然も」は別の読み方で「しかも」とも読みますが、こちらは「然(しか)も」だけで使用される場合、「さらに、その上に」などの意味をもちます。「然(しか)も」と「さもありなん」は別の言葉として覚えておきましょう。

「さもありなん」の使い方をシーン別で紹介!

「さもありなん」はどのような場面で使われるのでしょうか。使い方や例文をシーン別に挙げてみます。「さもありなん」は、そうだろうと思っていた、という意味でいい結果が出た場合にもよくない結果であった場合にも使うことができます。

大学に合格した場合の使い方と例文

ビジネスの世界でもちょっとした世間話は場をほぐしたり和ませたりするきっかけになります。ビジネスパートナーの子供が大学受験だった、合格したなどはわりと話題になるものです。そういった場合に「あの人の息子さんは有名大学に合格したそうだよ」「あの方のご子息なら、さもありなん」(優秀な彼の息子さんなら有名大学に合格するでしょうね)という意味に使います。

子供のお受験の場合の使い方と例文

「社長のお子さんは幼稚園からお受験だってさ」「さもありなん」これはよく聞きそうな会話ですね。この場合はお受験の結果がもう出ているのか、合格だったのか不合格だったのかなどは関係ありません。この場合の「さもありなん」は「教育熱心だから、お金があるから、小さい頃からお受験させるだろうね。そうだろうね」くらいの意味です。

「さもありなん」はよい意味の場合も悪い意味の場合も使えますが、どちらでもない場合、この場合にはお受験させる、という事実についてのみ、「そうするだろうね、いかにもそうだろうね」と述べているだけです。そしてその後、合格不合格の結果がでた場合、その結果について想像がついていた、そうだろうと思っていた、という場合の会話でも「さもありなん」は使われることがあります。

離婚した場合の使い方と例文

誰かが離婚した、という話を聞いた場合に「さもありなん」とは、いったいどういうシチュエーションなのでしょうか。あの二人が離婚するのは無理もない、という感想を持った場合、「さもありなん」は「やっぱりね、そうだろうと思ったよ」という意味で使われるので、シーン別には離婚した当事者をよく知っている人との会話で出てくる表現、ということになります。

例文として「会社のAさんが離婚したそうだよ」と言った場合に返事が「さもありなん」であった場合、Aさんが離婚しても無理はない人や状況であったことを、「さもありなん」と言った側はあらかじめ知っていた、ということになります。離婚するのもやむをえないね、と思ってしまう場合ということですが、離婚は当事者以外にはわからない事情などもありますし個人的なことなので、「さもありなん」を使う場合には慎重さが必要です。

スポーツの試合の場合の使い方と例文

スポーツの試合における「さもありなん」は、勝った場合も負けた場合も使うことができます。あの練習量、実力ではこの結果はムリもない、当然だ、という感想を持った場合です。勝った場合には、「試合には圧勝したよ」に対して「さもありなん(そうだろうと思ったよ。すごく練習していたしね、実力があるしね)」という意味で使えます。

負けた場合には「この前の試合には惨敗だった」「さもありなん(そうだろうと思ったよ。相手が強いしね、練習してなかったからね)」など、いい結果にも悪い結果に対しても相槌として使うことができます。どちらの場合も、試合の結果に対して「そうだろう、無理もない」と肯定するには違いないのですが、負けた場合にも肯定することになりますので、シーン別の使い方には注意が必要です。

試合に負けた場合などネガティブな場面では、「さもありなん」は例文としては使われますが実際には類義語に言い換えたほうがいい場合もあるかもしれません。負けた場合には本当は「さもありなん」と思ったとしても、意味は少し変わりますが、「残念だったね」とだけ言ったほうがいい場合もあるでしょう。シーン別に使い分けを考えた場合、あれこれふさわしい類義語を探すよりも短く表現したほうがいいこともあります。

店が潰れた場合の使い方と例文

お互いによく知っているお店が会話に出た場合です。お店が閉店したことに対して「さもありなん」ということは、何らかのつぶれるのも無理はない、と思わせる理由があったということです。「あのお店はまだあったっけ?」「あのお店はもうつぶれたよ」「さもありなん」という会話です。この例文には、「さもありなん(そうなるだろうと思っていたよ((あの味ではね、あの接客、値段ではね))」という無言の同意を含むことが多いです。

ビジネスが成功した場合

「さもありなん」はもちろんいい意味で使うこともできます。「今度の彼のビジネスは成功だったよ」「さもありなん」。この場合には「そうだろうと思っていたよ、そうなるだろうと(成功するだろうと)わかっていたよ」という意味です。あらかじめ成功するだろうと思われる予備知識を持っていた人の会話です。

「さもありなん」と表現したということは、「そうなるだろうと思っていた」という判断のもととなる情報をあらかじめ持っている人の相槌ということになります。ある程度の情報を持っている前提なので、言われたほうが事情をよく知らない場合には「さもありなん」とは続きません。たとえば「そうなんですか、そうなんですね(知りませんでした)」と返ってくるでしょう。
 

「さもありなん」を使う際の注意点とは?

「さもありなん」という言葉は、分解してみると「さ」「も」「ありなん」から成り立っているのですが、意味についても分解してみると例えば「いかにもそうだろう」は「いかにも」と「そうだろう」から成っているのがわかります。

これを言葉の面からよく見てみると「そうだろうと思っていた、自分にはわかっていた」というような、ちょっぴり上から目線のようなニュアンスに受け止められてしまう場合があります。これに関してはシーン別によく検討してみる必要があり、とくに目上の人に対して使う場合やビジネスのシーン別に「さもありなん」を使う場合には、どのように表現するか注意が必要です。

意味を知らないで使うのは危険

「さもありなん」は、ポジティブなことにもネガティブなことに対しても使うことができる便利な表現ですが、使い方によっては無言の同意、というニュアンスを含むことがあります。何に同意しているのかをよく考えて、慎重に使ったほうがいい場合もあります。このような場合のために類義語の知識も必要です。

ネガティブでマイナス要素が感じられる言葉なので注意

「さもありなん」は、試合に勝った、試験に受かったなど、いいことに関しては「そうだろうと思っていた」と言うことで、暗にその結果を自分はわかっていたよ、いい結果になると思っていた、いい結果が出せるとあなたを信頼していたよ、という意味を表現することができます。
 

よくないことに関して使う場合「そうだろうと思っていた」「あらかじめわかっていた」「自分にはわかっていた」というような、上から目線を感じさせたりよくないことを肯定する意味で受け止められてしまうことがあるので、使う場合にはシーン別に注意が必要です。特に否定的な意味で受け止められてしまいそうな場合には、より正確な意味を表す違う言葉やふさわしい類義語に言い換えたほうが無難なこともあるかもしれません。
 

「さもありなん」の類義語の表現を紹介!

「さもありなん」の類義語と表現をいくつか紹介しておきます。シーン別に類義語の使い方や例文を覚えておくと日常会話でも表現の幅が広がりますし、ビジネス上も目上の方や年配の方との会話がよりスムーズにいくかもしれません。

「うなずける」の意味と使い方

「うなずける」は漢字に直すと「頷ける」「肯ける」と書きます。「頷く」に「ける」で「うなずくことができる」となり、「もっともだと思われる、納得がいく、了解できる」のように、その気持ちがよくわかることを表現します。「うなづける」の類義語は、「尤もだ」「理解できる」「わからなくもない」「同意できる」など多くあります。

例文としては「彼が腹を立てるのもうなずける」、ビジネス上では「彼が腹を立てるのもうなずけますね」。あるいは、「先方さんがご立腹なのもうなずける」など、相手の感情に対して、「そう思うのはもっともだ、そう思うのも無理はない」という同意を表します。相手に対して同意を表す表現は数多くあり、そのなかで「説得力のある」から「同意できる」までシーン別に細かなニュアンスに分かれています。

「想像に難くない」の意味と使い方

「想像に難くない」は「そうぞうにかたくない」と読みます。「かたくない」で難しくない、つまり「想像するのに難しくない」「想像するのは簡単だ」という意味になります。たとえば自分ではそれを経験していないけれどもそれを想像するのは容易であるといった場合です。単純に想像するのは容易である、という意味だけであり、その結果については肯定も否定もしないので、シーン別にどちらの場合に使っても問題はありません。

「想像に難くない」の類義語は、想定内、や大体の予想がつくという意味の表現になります。「想像に難くない」のシーン別の使い方は、スポーツの試合であれば「全然練習していなかったのだから、試合に負けるのは想像に難くない」「あんなに練習していたのだから、この間の試合に勝つことは想像に難くない」の例文のようにいい意味でも悪い意味でも使えます。
 

「もっともだ」の意味と使い方

「もっともだ」についてはどうでしょうか。漢字で書くと「尤もだ」となります。「当然と考える、納得できる」という意味です。何について「当然と考える、納得できる」のかを細かく分けて考えると、倫理的に納得できる、成り行き上当然と考えられる、その内容に納得できるなどさまざまな場合に使えます。「もっともだ」の類義語は「当然のことと思う、無理もない」などとなります。

「もっともだ」の使い方は、例文としては「彼の言うことはもっともだ」「彼女がいやがるのはもっともだ」など、その主張に納得できる、当然と考えられる場合に使われることが多いです。単純な同意を表現する「ごもっともです」のほうがビジネスのシーン別ではよく言われるかもしれません。ある人の「主張」に対して「納得できる」ということです。

「さもありなん」の意味を理解して正しく使おう!

若い人が目上の方との会話で使う場合、「さもありなん」と言い切らずに、「さもありなん、ですね」などと少し付け足してソフトな印象にする場合があります。「さもありなん、と思います」は厳密にいえば「さもありなん(そうだろうと思っていました)、と思います」と意味が重なってしまうのですが、あえてこのような言い回しをすることで会話がスムーズに流れる場合もあります。

言葉の使い方というのは難しいもので、自分は偏らない意味のつもりで使っていても、悪いほうに肯定した意味にとられてしまったり、上から目線を感じさせてしまったり、ちょっとした言い回し、ニュアンスで思いもよらない受け取り方をされることがあります。

「さもありなん」は使い方によっては注意が必要です。ビジネス上の例文は多くありますが類義語も多くあります。とくに目上の方との会話で使う場合にはきちんと正確な意味を踏まえたうえで、与える印象に注意して使用し、なるべく類義語もおさえておきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ