「パワハラ」と「モラハラ」の違いや定義とは?職場での対策や対処法も紹介!

昨今では様々なハラスメントがニュースでも取り上げられていますが、そもそも「パワハラ」と「モラハラ」にはどのような違いがあるのでしょうか。そこで今回は、職場での対策や対処法も紹介しながら、「パワハラ」と「モラハラ」の違いや定義についてまとめています。

「パワハラ」と「モラハラ」の違いや定義とは?職場での対策や対処法も紹介!のイメージ

目次

  1. パワハラやモラハラに悩んでいませんか?
  2. パワハラとは何か?定義や種類
  3. モラハラとは何か?パワハラとの違いは?
  4. パワハラやモラハラが企業や職場に及ぼす影響とは?
  5. パワハラやモラハラの事例
  6. パワハラやモラハラを防止するためには?
  7. パワハラやモラハラへの対策とは?
  8. パワハラ・モラハラの対策や違いについてのまとめ

パワハラやモラハラに悩んでいませんか?

出典: https://best-legal.jp

近年、会社で特に問題視されているものに「ハラスメント」があります。実際に、社員が退職する可能性も否定できず、会社としては対策をすることが必要ですが、まずはパワハラとモラハラの違いなどを理解することが大切です。そこで今回は、パワハラとモラハラの違いや、被害を防ぐための対策などについて解説していきます。

パワハラとは何か?定義や種類

パワハラとは何か知っておこう

出典: https://bizhint.jp

職場での上司によるパワハラは年々深刻化しています。会社で上司などによるパワハラが起きると、社員が退職するなど貴重な人材を失う可能性が大きくなります。まずは何がパワハラに該当するのかを知っておくことが大事です。ここからはパワハラの定義について紹介していきます。

職場におけるパワハラの定義とは?

出典: https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp

パワハラとモラハラの違いを知るためには、まずパワハラの定義を知ることが重要なポイントです。職場におけるパワハラとは、社内の立場を利用して肉体的・精神的に苦痛を与える行為・嫌がらせを意味します。このときに重要なことは「職場内の優位性」を利用しているということです。

パワハラは逆らうことができない

出典: https://best-legal.jp

パワハラは同じ役職・役割などの同僚同士ではなく、上司から部下など立場や役職が優位な者が行う嫌がらせです。加害者の方が優位にあるため、パワハラの被害者は反抗することができません。反抗すれば権力を行使され、社内で不利な立場に追いやられるからです。

立場を利用し給与などを人質に取る悪質な行為

出典: https://allabout.co.jp

例えば、上司から部下に対してパワハラが行われていた場合、部下が反発すると人事評価が悪くなったり、出勤しているのに欠勤扱いになることもあります。他の社員もパワハラに反抗すると次のターゲットにされるため、パワハラを受けている社員を助けることもできません。悪質な場合は給与が減ったり、長時間労働を強いられたりすることもあります。

主なパワハラの種類とは?

出典: https://zangyohiroba.com

パワハラとは嫌がらせであり、攻撃でもあります。業務上仕方がない指示などではなく、意図的・故意的に相手の不利益になるような行為・発言をします。では、パワハラとは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ここからはパワハラの種類を紹介していきます。

種類①暴力などの「身体的な攻撃」

出典: http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp

最も分かりやすいパワハラの種類は暴力などによる身体的な攻撃です。実際に身体的な暴行が行われた事実があれば、パワハラではなく暴行・傷害事件にも発展しかねません。また、殴る蹴るだけではなく、長時間正座させるということも身体的攻撃によるパワハラに該当します。よくお笑いのツッコミと言い訳をする人もいますが、犯罪になることもあります。

種類②暴言などの「精神的な攻撃」

出典: https://best-legal.jp

近年増えているのは身体的な攻撃ではなく、暴言などによる精神的な攻撃です。ただ単純に暴言を吐くだけでなく、お客や同僚などがいる場など、目立つ場所で怒り精神的なダメージを与えてきます。また、暴言だけでなく「○○したら殺す」などの脅迫も該当します。

種類③無視などの「人間関係の切り離し」

出典: https://driver-times.com

パワハラは上司から部下などに行われることが多くあります。そのため、部下が仕事をするためには上司に仕事の進捗などを報告・相談することが必要ですが、これらを無視するというタイプのパワハラもあります。このようなパワハラは「人間関係の切り離し」と言われ、他にも別の社員と合わせないように部屋を隔離などします。

種類④無理難題な仕事をさせるなどの「過大な要求」

出典: https://zangyohiroba.com

上司は部下に仕事を割り振る役目がありますが、この役目を利用したパワハラもあります。それは無理難題な仕事を要求したり、1日では終わらない業務を強いたりすることです。このようなパワハラは「過大な要求」と呼ばれ、部署で1人だけ長時間の残業をしなければならないこともあります。残業代も出ず、仕事をこなしても評価されることもありません。

種類⑤仕事を与えないなどの「過少な要求」

出典: https://yachirurero.com

先程とは真逆に仕事を与えない「過小な要求」というパワハラがあります。その社員に対して明らかに見合わない仕事をさせることであり、程度の低い仕事であるため、給料が上がらないなどの被害が出ることもあります。

種類⑥プライベートに踏み込むなどの「個の侵略」

出典: https://driver-times.com

パワハラは会社の業務以外のことに関する嫌がらせもあります。例えばプライベートのことについて執拗に聞いてくるなどです。他にも相手が嫌がっているのにも関わらず、土日のプライベートなイベントに強制参加させるなどもパワハラになります。このような場合は、悪意がないこともあり問題にしにくい側面もあります。

職場でのパワハラはどのタイプが多い?

出典: https://zangyohiroba.com

職場におけるパワハラは「パワハラ」という言葉が生まれる前からもありました。以前は灰皿を投げるなど身体的な攻撃が多くありましたが、近年では精神的な攻撃が圧倒的に多くなっています。ここまで紹介したパワハラの種類も、精神的なダメージが大きいものが多いです。

社員が退職する理由でもある

出典: https://program.ohotuku56.com

精神的なパワハラが継続的に行われると、被害者は精神疾患になるなど深刻な問題に発展しかねません。実際に精神的なパワハラが原因で退職する人も少なくありません。また、社会人で自殺をしてしまう原因にもなっています。

職場単位でパワハラする場合も

出典: https://zangyohiroba.com

パワハラにもいくつか種類があり、中でも職場単位で行われるパワハラもあります。例えば能力が低い社員や職場にとって不都合な社員に対しパワハラを行い、退職に追い込むというものです。

パワハラはタイプ別によって判断が難しい

出典: https://driver-times.com

ここで問題があることはパワハラの判別が難しいことです。身体的な攻撃は分かりやすく、会社も問題として取扱いやすいです。しかし、パワハラの中で割合が大きい精神的なパワハラは、被害者がパワハラと訴えていても証拠を揃えることが難しく問題にしにくい特性があります。

上司によるパワハラの種類や違いを理解する

出典: https://zangyohiroba.com

パワハラにも種類があり、その違いをよく理解しておくことが大切です。実際にパワハラするつもりがなかった、という上司は後を絶ちません。そのためにも、どのようなものがパワハラに該当するから、上司となる人にも正しく認識させることが重要です。

Thumbパワハラの基準を徹底解説!成立する要件や行動の具体例も紹介!

モラハラとは何か?パワハラとの違いは?

パワハラとモラハラの違いを知っておこう

出典: https://driver-times.com

上司による精神的な攻撃であるパワハラに似ているものに「モラハラ」があります。では、パワハラとモラハラにはどのような違いがあるのでしょうか。ここからはパワハラとモラハラの違いについて説明していきます。

モラハラの意味とは?

出典: https://bizhint.jp

モラハラとは「モラルハラスメント」の略であり、精神的な嫌がらせという意味で使われます。パワハラと同じように近年の問題になっており、ストレスによって心身に影響ができることがあります。

パワハラとモラハラの違いとは?

出典: https://driver-times.com

パワハラとモラハラの違いは大きく分けて2つあります。1つ目はモラハラはパワハラと違い、立場など関係なく行われることです。2つ目はモラハラは会社だけでなく家庭内などでも起こり得るということです。

モラハラは立場が関係なく行われる

出典: https://program.ohotuku56.com

パワハラもモラハラと同様に精神的なダメージを与えるような嫌がらせがありますが、モラハラの場合は上司からではなく同僚などからの被害もあります。特に飲食店などのように正社員が1人でパート・アルバイトが複数いるような場合、正社員がモラハラの被害を受けることもあります。

陰口や誹謗中傷など陰湿なものが多い

出典: https://report.jobtalk.jp

モラハラの特徴はパワハラと違い怒鳴ったり、大きな声で暴言を吐くなど圧力をかけるやり方ではなく、陰口を言ったりありもしない噂を流したりなど陰湿なものが多いです。そのため、モラハラは「大人のいじめ」と呼ばれます。

パワハラとの違いを理解しよう

出典: https://achievement-hrs.co.jp

パワハラと違い、モラハラは上司に限定されることではないため、社内では特に起きやすい問題とされています。パワハラと違い同僚や集団化した部下からも嫌がらせを受ける可能性があります。

Thumbモラルハラスメントの意味とパワハラとの違いを解説!受けた場合の対処法は?

パワハラやモラハラが企業や職場に及ぼす影響とは?

職場に及ぼす影響を把握しよう

出典: https://bizhint.jp

パワハラやモラハラなどは、被害者だけでなく職場にも大きな影響を与えます。そのため、企業としてはパワハラとモラハラの違いなどよく知り、対策を考えることが求められます。ここからは、ハラスメントが職場に及ぼす影響について解説していきます。

ハラスメントはデメリットしかない

出典: https://career-picks.com

まず重要なことは、ハラスメントは会社にとってデメリットしかないことを十分に理解することです。パワハラやモラハラが起きれば従業員が満足に仕事ができる環境とは言えません。効果的な対策をするためにも、どのような影響があるか知っておくことが重要なポイントです。

職場環境が悪化してしまう

出典: https://career-picks.com

パワハラやモラハラが発生してしまうと職場の環境は非常に悪化してしまいます。実際に加害者・被害者のどちらでもない人も、働くにくい・居心地が悪いと感じて退職する可能性があります。パワハラもモラハラも誰も告発しないだけで、多くの職場で起きています。このような職場の噂や評判が広まれば、会社のイメージも悪くなります。

債務不履行責任(職場環境配慮義務)に問われる

出典: https://driver-times.com

会社は労働者が働ける環境を整備する義務があり、それを「職場環境配慮義務」と呼びます。パワハラやモラハラが起こっている職場は、この義務を果たしていないと判断されます。モラハラなどが起こっている状態を放置し、対策を取らなければ債務不履行責任に問われることもあります。

使用者責任(不法行為責任)が生じる

出典: https://driver-times.com

パワハラやモラハラが発生し、被害者が退職したり精神疾患などを発症したりした場合、責任者加害者だけでなく企業にも生じます。このことを「使用者責任」と呼び、裁判などになったときに企業も責任を負うことになります。そのため、モラハラなどを放置していると、結果として企業に大きなダメージを与えます。

休職者や退職者が出る

出典: https://career-picks.com

モラハラやパワハラの被害を受けると、生産性が低下するだけでなく精神疾患によって休職を願い出る人や、退職したいと考える人が出てきます。企業は人材を確保するために多額の投資を行っており、モラハラやパワハラなどによって休職者や退職者が出ると、企業にとっての損失は非常に大きくなります。

裁判に発展する事例も少なくない

出典: https://japan.cnet.com

精神疾患になった場合は治療費の負担、退職になった場合は無収入になるため、パワハラやモラハラの被害に遭ったダメージは非常に大きいです。このように被害が大きい場合は、訴えられる可能性も高く、企業にとっては時間とお金の負担が大きくなります。

人材の流出や生産性の低下

出典: https://saiyodc.jp

モラハラやパワハラが起きると社内の雰囲気は悪くなります。また、仕事が効果的に配分されていないため、パワハラやモラハラが起こっている部署は生産性が低下します。例え、モラハラなどの被害に遭っていなくても、同じ部署にいるだけで間接的に被害に遭うこともあります。このような職場で働くことに呆れて退職を考える人も珍しくありません。

社員の心身の健康への影響

出典: https://career-picks.com

パワハラやモラハラは非常にデリケートな問題です。パワハラやモラハラなどが行われている職場は、関与している社員以外にも影響してしまいます。内部告発しても、問題を解決することができなければ自分がターゲットになるため、下手に動くことができません。このような職場環境で働くと心身に影響してしまいます。

企業イメージの悪化

出典: https://career-picks.com

パワハラやモラハラなどで退職者や休職者を出し、最悪の事態にまで発展すると自殺者を出す可能性もあります。このような職場で働きたいと思う人はいません。企業イメージは悪化し、新入社員を獲得できなくなるだけでなく、取引先なども離れていくおそれもあります。

結果として企業の信頼を失う

出典: https://driver-times.com

ここまでのように、パワハラやモラハラはさまざまな影響を与えます。しかし、その中でもインパクトが大きいことは、それまで培ってきた会社の信頼を失うことです。場合によっては、会社がなくなってしまう可能性がある問題だと受け止めることが重要です。

影響を正しく知ることがポイント

出典: https://achievement-hrs.co.jp

職場環境を改善するためにも、退職者が増えるなど具体的にどのような被害が出るか、あらかじめ想定しておくことが重要なポイントです。ハラスメントによる被害の深刻さをしれば、能動的に行動しやすくなります。

パワハラやモラハラの事例

パワハラやモラハラの事例を知っておこう

出典: https://career-picks.com

ハラスメントによる影響を理解したら、次は具体的にどのようなものがパワハラやモラハラに該当するか、事例を参考にすることがおすすめです。ここからは、パワハラやモラハラの具体的な事例を紹介していきます。

実際におきた事例はわかりやすい

出典: https://career-picks.com

具体的な事例は概要などと違い、手法や被害をわかりやすく理解することができます。実際に社内で対策をするときにも、具体的な事例があれば、問題に取り組みやすくなります。

精神的な攻撃でパワハラと認められた例

出典: https://hakadoru-time.com

どのような企業でも飲み会や余興などがありますが、このような場合は社員の意見を尊重する必要があります。ある企業では余興の罰ゲームでコスプレ姿を強要された60代の女性社員が、精神的苦痛を被ったとして、強要した上司らに慰謝料の支払いを求めました。

拒否することが困難であると判断された

出典: https://mag.smarthr.jp

このパワハラの事例で重要になるポイントはその場の雰囲気や、上司の言動により拒否することが非常に困難であると判断されたことです。加害者はパワハラをしている意思はありませんが、被害者は大きな精神的な負担があり、拒否できる状況でなかったため、被害者の訴えが妥当だと判断されています。

身体的・精神的な攻撃でパワハラと認められた例

出典: https://program.ohotuku56.com

パワハラと認められた事例に、暴言や暴行、退職することを強要し、自殺に追い込んだ事件があります。このパワハラの事例では被害者に対して日常的に暴言を吐き、仕事のミスによる損失を損害賠償として支払い退職することを強要しました。実際に損害賠償を支払う旨を記載した退職願を書くようにも強要していました。

企業側に5400万円の賠償命令

出典: https://perfectshot1001.blog.so-net.ne.jp

先程の事例では、残念なことに損害賠償を支払えないと判断した被害者が自ら命を絶つ選択をしてしまいます。この被害者の遺族がパワハラをした会社に対し訴訟を起こし、裁判所は企業に対して損害賠償として5400万円の支払いを命じました。このように、日常的にパワハラが続いていると、耐えきれなくなり究極の選択をしてしまうこともあります。

上司の指導がパワハラだと認められなかった例

出典: https://enjin-classaction.com

上司のパワハラによって被害者が自殺した事例でも、パワハラが認められないこともあります。実際にあった事例では、上司が部下を厳しく叱責し自殺に追い込んだとされていましたが、その叱責の内容が妥当だと判断され、パワハラとして認められませんでした。

指導に妥当性があれば認められない可能性がある

出典: https://enjin-classaction.com

先程の事例では、パワハラを受けたとされる部下は不正な経理処理をしており、その事実を知っていた上司は都度注意・指導していました。しかしその部下は1年以上も不正を続けており、改善が見られないため、社内でも重要度が高い会議でその不正について指摘をしました。結果として部下は自殺をしてしまいましたが、上司の叱責は妥当だと判断されました。

職場におけるモラハラの具体的な行動とは?

出典: http://kokorono-soudan.jp

職場におけるモラハラの具体的な行動は、小さな無視などから始まります。次第に業務内容などを伝えられなくなったり、上司などに相談しても相手にしてくれなくなります。また、誰かの失敗を自分のせいにされたりなど具体的な被害が出ることもあります。

家庭におけるモラハラの具体的な行動とは?

出典: https://mental-kyoka.com

モラハラの特徴はパワハラと違い職場だけでなく家庭でも起こり得ることです。例えば妻や夫に対して暴言を吐いたり、嘘をついたりなどから始まり子供に相手の悪口を言うことなども当てはまります。家庭内のモラハラが悪化すると家に居づらくなるため問題は深刻化しやすいです。

具体的な対策が必要

出典: https://docoic.com

事例を把握することで、会社としてどのように行動すれば良いか判断しやすくなります。ハラスメントは他の問題と違い、会社が行動するまで時間がかかりますが、退職者が続出するなど事例を紹介することで深刻度や重要度は伝わりやすくなります。

Thumbパワハラの具体事例まとめ!職場で問題となる発言や行動とは?

パワハラやモラハラを防止するためには?

防止するための方法を考えよう

出典: https://career-picks.com

ハラスメントによる退職者を減らすためにも、効果的な防止策を考えることが重要です。ここからはハラスメントを防止するための方法について説明していきます。

対策にはどのようなものがある?

出典: https://yourbengo.jp

ハラスメントに対する対策で重要なことは、社内の制度を整備することです。現状の制度を見直し、ハラスメントに対する認識を社員に周知させることが求められます。

ルールを決める

出典: https://www.tenbin.xyz

最も基本的なパワハラやモラハラの防止対策は社内ルールを整備することです。パワハラやモラハラが深刻化すると、被害に遭った社員だけでなく企業にもダメージが及ぶため、労使一体となったルール作りが求められます。他の問題と違いパワハラやモラハラは具体的な内容を表現しにくいですが、発覚した場合の処分について決めておくことが大切です。

企業のトップが方針を明確にする

出典: https://www.enworld.com

対策としてまずやっておく必要があることは、企業のトップがパワハラやモラハラに対して方針を明確にすることです。パワハラやモラハラは企業の生産性に関わる重大な問題であることを宣言し、厳しい処罰で対処する旨を社員に対して明確にします。

ハラスメント研修の実施

出典: https://driver-times.com

ハラスメントを防ぐための具体的な対策に「ハラスメント研修の実施」があります。外部から講師を呼んで、ハラスメントを防止する取り組みや社員のハラスメントに対する意識を高めることができます。特にこのようなハラスメントは上司となる役職者が中心となって実施することが求められます。

社内の実態や現状を調査する

出典: https://boxil.jp

アンケートや調査機関を使って、社内のハラスメントについて調査を行うことも重要です。匿名の回答であれば既に起こっている上司によるハラスメントなども告発しやすくなります。実際に社員が退職などしてしまうために、会社が何かしら対策をする姿勢が必要になります。

被害にあっても何も行動しなかった人が多い

出典: https://oneinvest.jp

パワハラやモラハラの特徴は、被害者は誰かに相談したり、被害を訴えたりなど具体的な行動をせずに退職してしまうことが多いです。このような場合の対策にも、ハラスメントが起こっているかどうか、被害者が声を挙げやすい環境を作ることが大切です。

制度を整備する効果は高い

出典: https://driver-times.com

ここまで紹介したような対策を会社の制度として整備することができれば、ハラスメントが起こっている事態を把握しやすくなります。また、このような制度があることで自然とハラスメントの抑止力となり、退職者が出るなどの被害も軽減されます。

Thumb上司のパワハラへの対処法まとめ!無視や相談も効果的な対策?

パワハラやモラハラへの対策とは?

ハラスメントが起きたときの対策も必要

出典: https://driver-times.com

ハラスメントが起きないようにすることが最も重要ですが、実際に起きてしまったときの対策も重要です。問題を放置していると職場環境が悪化し、退職者が増えてしまいます。ここからはハラスメントが起きたときの対策について紹介していきます。

深刻化する前に迅速で正確な事実確認を

出典: https://driver-times.com

社内でハラスメントの対策を取るときには、正確で迅速な迅速な事実確認ができるようにします。そのためにも、どのようなことがハラスメントに該当するか、社内に周知し、そのような被害に遭ったらどうすれば良いかを決めておきます。また、自分がハラスメントの被害に遭ったら、具体的に上司からどのような被害に遭ったのかを記録しておきます。

相談窓口や外部機関を利用する

出典: https://driver-times.com

ハラスメントの具体的な対策に相談窓口の設置があります。社内にハラスメントを受けた場合の相談窓口を設けると、初期段階で食い止めることが可能です。また、被害に遭った場合は社内に相談窓口がなくても外部期間を利用することもできます。

再発防止への取り組み

出典: https://bizhint.jp

ハラスメントが起こってしまった場合、加害者を処分してもハラスメントをなくす有効な手段とは言えません。そのため、被害が起きるごとに、どのようにすれば再発を防げるか対策することが大切です。

効果的な対策をしよう

出典: https://driver-times.com

ハラスメントによる退職者が出ないように社内を整備すれば、自然と職場環境は良くなり生産性も向上しやすくなります。重要なことはハラスメントを減らすことよりも、今働いている社員が働きやすい環境を作ることです。

Thumbパワハラで訴える場合の方法と注意点は?証拠の集め方や費用の相場を徹底解説!

パワハラ・モラハラの対策や違いについてのまとめ

出典: https://bizhint.jp

今回はパワハラとモラハラの違いや、被害を防ぐための対策などについて解説してきました。ハラスメントは従業員が多い職場であればあるほど表面化しにくいものであり、被害が大きくなりやすいです。そのため、会社としてはパワハラとモラハラの違いを十分に知り、その上で効果的な対策を打つことが重要です。

Thumbパワハラで退職すべき?転職したい時の対処法や失業保険まで徹底解説!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ