栄養士の資格の取り方とは?試験内容・独学や通信などまとめ!

人々の健康を守る栄養士は、医療や介護の現場など多岐にわたる業界で重宝される資格のひとつです。また、近年では健康に対する意識も高まっているため、今後も需要が高い資格とされています。今回は栄養士の資格の取り方から、試験内容・独学や通信などについて紹介していきます。

栄養士の資格の取り方とは?試験内容・独学や通信などまとめ!のイメージ

目次

  1. 栄養士の資格の取り方を知っておこう
  2. 栄養士の資格の取り方は?
  3. 栄養士の資格の試験や授業の内容
  4. 栄養士の資格は通信講座や独学でとれる?
  5. 栄養士の資格の難易度は?取得は簡単?
  6. 栄養士の資格と管理栄養士との違い
  7. 栄養士の資格の将来性
  8. 栄養士の資格の取り方まとめ

栄養士の資格の取り方を知っておこう

出典: https://kokezen.com

食や栄養のスペシャリストとしても知られている栄養士は、教育機関や医療業界などさまざまな職場で重宝されている資格のひとつです。また、近年では人々の健康への意識も変わりつつあるため、栄養士資格の取得を目指すケースも非常に多くなっています。今回は、栄養士の資格の取り方やその試験内容から、栄養士資格の難易度などについて、初心者にも分かりやすくまとめています。

Thumb栄養士の給料の手取りや平均年収を調査!保育園や病院は安い?

栄養士の資格の取り方は?

養成施設に通うことから

出典: https://kokezen.com

栄養士の資格の取り方としては、指定された養成施設に通うことが必要不可欠となってきます。また、養成施設には大学や専門学校などいくつかの教育機関が存在するため、自分の目標や生活スタイルに合った養成施設を選ぶことが非常に大切となります。しかし、栄養士は難易度の高い国家資格としても知られており、簡単には資格取得ができないので日々の努力が重要なポイントとなってきます。

4年制の大学を活用した栄養士資格の取り方

出典: https://www.aomori-ringo.or.jp

栄養士資格の主な取り方としては、4年制大学を活用した方法が挙げられます。また、4年の間に栄養士として必須となる知識やスキルを身に付けることに加えて、語学力やその他の基本的な教養などさまざまな知識を習得することになります。4年制大学の中には、栄養士資格の取得を目的としたコースを設けているケースもありますが、4年制大学を利用する際には多額の学習コストがかかるので注意が必要です。

短期大学を活用した栄養士資格の取り方

出典: http://www.hiraoka.ac.jp

栄養士の資格取得を目指す際には、短期大学を活用した方法が最も一般的とされています。短期大学における学習期間は2年となるため、4年制大学よりも短期間かつ集中的に栄養士の基礎を学ぶことが可能となってきます。また、4年制大学と同様に栄養学以外の知識も学んでいくため、全てを習得するのは簡単なことではありませんが、栄養士として活躍するには避けて通れないものとされています。

専門学校を活用した栄養士資格の取り方

出典: http://www.fsk-net.or.jp

専門学校を活用した栄養士の資格取得も、最も一般的な方法のひとつとされています。4年制大学や短期大学と比べて、専門学校では栄養士としての専門的な知識やスキルに焦点を置いて、カリキュラムが組まれているといった特徴があります。しかし、現在では栄養士に関連した専門学校が数多く存在しており、各専門学校によって資格取得までの学習プログラムや、学費なども異なってくるので注意が必要です。

卒業後に申請で免許が交付

出典: http://www.fsk-net.or.jp

栄養士の資格取得の主な流れとしては、短期大学や専門学校などの養成施設で栄養士として必須となる知識やスキルを身に付け卒業した後に、申請によって免許が交付されるといった流れが一般的となっています。また、申請が認められると、栄養士名簿に自分の名前が登録されることとなります。しかし、栄養士資格の取得の際には、高等学校を卒業していることが最低条件となるので注意が必要です。

栄養士免許の交付は都道府県によって異なる?

出典: https://www.sanko.ac.jp

栄養士免許の申請手続きや提出先など、交付の方法は都道府県によっても多少異なってくるケースがあるので注意が必要です。例えば、東京都に栄養士免許の申請を行う際には、都庁の窓口を利用して申請手続きを行うことが一般的となっています。また、栄養士免許の書き換えや再交付の場合のみ、郵送での申請手続きが可能となっています。

社会人が通える学校はある?

出典: https://twitter.com

栄養士の資格取得を目指す際には、指定された専門学校などの教育機関を活用することが必要不可欠となってくるため、普段働いている社会人にとって、学校に通う時間を捻出することは簡単ではありません。しかし、養成施設の中には社会人にも受講が可能となる学校もいくつか存在するため、事前の学校選びが非常に重要となってきます。

栄養士の資格の試験や授業の内容

①食品・衛生

出典: http://www.dietitian.ac.jp

栄養士資格の試験や授業の主な内容としては、食品や衛生に関する知識が挙げられます。栄養士として活躍していくには、取り扱う食品の衛生状態を正確に調べることができる能力が必須となってくるため、栄養学と並んで非常に大切とされるスキルのひとつです。また、人々の健康を守る栄養士には、さまざまな分析方法を用いて食品の栄養成分や最適な調理方法を見極めるスキルも重要なポイントとなってきます。

②栄養

出典: http://www.dietitian.ac.jp

食品学や衛生学と同様に栄養に関する知識も、栄養士資格の取得には必要不可欠となるスキルのひとつです。しかし、栄養学ではさまざまな知識を幅広く身に付けていくことになるので、全てを習得するのは簡単なことではありません。主な学習内容としては、ビタミンや炭水化物などの栄養成分が、健康にどのような影響を与えるかなどを学ぶといった点が挙げられます。

③人体

出典: http://www.dietitian.ac.jp

栄養士資格の試験や授業では、人体に関する知識も非常に重要となってきます。特に、栄養士の試験では解剖生理学関連の知識を問われるケースも多く、学校の授業では各器官ごとに人体の構造や機能などを学んでいくこととなるため、栄養士資格の取得は非常に難易度が高いとされています。

④給食運営

出典: http://www.dietitian.ac.jp

給食センターは、栄養士の資格取得後の主な就職先としても知られていますが、学校の授業では給食運営における知識も学んでいくこととなります。主な学習内容としては、調理作業の手順や献立作成などの給食管理の知識が挙げられます。また、原価計算などの基礎的な会計知識も学んでいくため、全てを習得するのは簡単なことではありません。

⑤調理学の実習

出典: http://www.dietitian.ac.jp

栄養士の資格取得を目指す際には、さまざまな知識を現場でも活用できるようにすることが大切となります。しかし、実際の業務経験がない状態では現場で活かすことも簡単ではないため、専門学校などの教育機関では、調理器具の基本的な使用方法などを学ぶ実習を行うケースも多く見られます。また、和食や中華などといった多岐にわたるメニューも覚えていくこととなります。

⑥食生活全般

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

近年では、学校給食や飲食店などさまざまな施設で食中毒が発生するというケースが多く見られますが、家庭で食事をする際にも十分に注意する必要があります。そのためには、食生活の安全を損なわないための正しい調理技術や食品の取り扱い方などを学ぶことも、栄養士として活躍する際には重要となってきます。また、栄養士資格の試験では、加工食品における貯蔵方法などのスキルも問われるため、幅広い知識の習得が必須となります。

⑦臨床栄養学

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

臨床栄養学は、栄養士の中でも主に病院などの医療機関での活躍を目指す際に重要となってくる知識のひとつです。主な学習内容としては、糖尿病や食品アレルギーなどに対する食事療法が挙げられます。また、帳簿記入などの会計スキルも学ぶこととなるため、難易度も高く短期間での習得は簡単ではありませんが、栄養士資格の試験でも問われやすい分野のひとつなので、日頃の努力が大切となってきます。

⑧公衆栄養学

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

臨床栄養学と同様に公衆栄養学の習得も、栄養士の資格取得の際には非常に重要となってきます。近年では、職場でのストレスや生活習慣の乱れなどから、さまざまな病気を発症するケースが多くなっているため、人々の健康への意識と免疫力を高めるには栄養士の存在が必要不可欠となっています。そのため、栄養士資格の試験の際や授業では、健康改善や栄養指導などに役立つ公衆栄養学の知識が重要視される傾向にもあります。

⑨食糧政策全般

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

栄養士資格の試験では食糧政策全般の知識も問われる傾向にあるため、学校のカリキュラムには経済に関する知識習得も組み込まれています。主な学習内容としては、世界経済における食糧の需要と供給の動向や、国内経済での食料自給率やその対策方法などの知識が挙げられます。多岐にわたる知識やスキルをバランス良く学んでいくことは決して簡単ではありませんが、栄養士の資格取得には欠かせないものとなっています。

⑩運動生理学

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

運動生理学は、栄養士の中でもスポーツに関連した業務に携わることを目的としている栄養士に必須となる知識のひとつとされています。また、運動生理学の知識は数多くの生活習慣病対策としても効果を発揮する分野と言われているので、さまざまな環境で重宝される栄養士にとって非常に大切となる分野となります。しかし、独学や通信などで事前に知識を習得することは簡単ではないため、養成施設を通じてしっかりと基礎を学ぶことが重要です。

栄養士の資格は通信講座や独学でとれる?

独学では取れない

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

栄養士資格の取り方としては、短期大学などの教育機関で知識を学んだ後に卒業することが必須となるため、独学で栄養士になることはできません。また、栄養士は名称独占資格のひとつとされているので、独学で栄養士に必要となる知識やスキルを身に付けたとしても、栄養士と名乗ることはできないので注意が必要です。しかし、各教育機関で知識と経験を積みながら、独学でさらに幅広いスキルを身に付けていくことは十分に可能となります。

通信講座だけでは取れない

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

独学と同様に通信講座を利用した場合にも、栄養士の資格を取得することは不可能となっています。また、通信講座で栄養士の知識などを十分に身に付けたとしても、栄養士と名乗って活動することはできません。しかし、栄養士としての活躍に役立つ他の資格を通信講座によって取得することで、さまざまなニーズに応えることが可能となりますが、多額の学習コストが生じるケースもあるため注意が必要です。

栄養士の養成施設に夜間部はある?

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

栄養士の資格取得の前提条件として、指定された養成施設の昼間部を利用するといった点が挙げられます。専門学校などの中には夜間部を開設しているケースもありますが、そこでは栄養士資格の取得条件を満たすことができないので注意が必要です。しかし、独学や通信講座と同様に、栄養士として必須となるさまざまな知識やスキルを身に付けることはできるので、自分の目標に合った習得方法を選ぶことが重要です。

栄養士の資格の難易度は?取得は簡単?

栄養士資格の難易度は?

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

栄養士資格の難易度は、入学する各養成施設などによって異なってきますが、管理栄養士に比べると難易度はやや低くなっている傾向にあります。しかし、栄養学や食品衛生学などのさまざまな知識に加えて、栄養士試験では解剖生理学を始めとした医学的な知識も問われることとなるため、資格取得は決して簡単ではありません。

①養成施設の難易度

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

養成施設を利用するには高等学校卒業のみが主な条件となるため、養成施設に入学する際の難易度はそれほど高くありません。また、専門学校の入学試験の際には、面接や簡単な小論文のみとされているケースも少なくありません。しかし、学校に通う2年から4年の間に、栄養学や食品に関する知識に加えて、習得したスキルを現場で活かすための経験も積んでいくこととなるので、学習を怠らないことが重要となります。

②養成施設の勉強の難易度

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

養成施設の勉強の難易度は、栄養士の資格取得を目指す人の予備知識の有無などによっても異なってきます。栄養士の養成施設では、人体における各構造や栄養に関するさまざまな分野を始めとした学問の習得が必須となっており、その他にも栄養士資格の試験で選択科目となっている、食品加工や食生活論などのジャンルもカリキュラムに組み込まれているので、習得難易度は比較的高いとされています。

③社会人から栄養士を目指す難易度

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

栄養士の資格取得の取り方には、社会人となってから栄養士を目指すといったケースも少なくありません。社会人から栄養士資格の取得を狙うためには、難易度も高くなる傾向にあるため簡単なことではありませんが、現在では社会人から栄養士を目指し、数多くの人が資格取得をしているので、自分の目標や生活スタイルに合った方法で学習していくことが試験合格のポイントとなってきます。

栄養士の資格と管理栄養士との違い

栄養士とは?

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

栄養士とは、食や栄養のスペシャリストとして、人々の健康の維持や改善の手助けをする人物のことをいいます。また、食における国家資格の中で、名称独占資格のひとつとして分類されていることでも知られています。さらに、近年の健康ブームによって自分の身体への意識も高まっている傾向にあるため、依然として栄養士の需要は高い水準を維持しています。

栄養士資格の歴史

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

栄養士資格の歴史は比較的古く、1947年に定められた栄養士法によって国家資格として認定されました。また、栄養士法が規定される前は、陸軍によって設立された女子栄養学園で知識を習得した人にのみ資格が与えられていました。栄養士を目指す人は比較的女性が多いとされており、現在でも栄養士の資格取得に必須となる養成施設は女子短大などが多いため、男性が栄養士を目指すことは、女性に比べてあまり簡単ではないと言われています。

役割の違い

出典: https://eiyo.oda.ac.jp

栄養士と管理栄養士の主な役割の違いとしては、非常にレベルの高い知識やスキルが求められるといった点が挙げられます。栄養士よりも難易度が高いとされている管理栄養士は、病気を患っている人や高齢者などの健康管理を任されるケースも多く見られ、医師などと共に利用者の健康改善に努めていく場面もあります。そのため、簡単ではありませんが、栄養士のキャリアアップとして管理栄養士を目指すという方法を選ぶ人も数多く存在します。

取得条件の違い

出典: https://blog.pokke.in

栄養士と管理栄養士の主な取得条件の違いとしては、途中から管理栄養士を目指すことも可能となるといった点が挙げられます。通常、栄養士を目指す際には指定された教育機関を活用して資格を取得するといった流れになりますが、管理栄養士の場合、既に栄養士の資格を保持している人は実務経験などが問われることなく受験することが可能となるため、独学や通信などで試験対策を行っていくケースも少なくありません。

仕事内容の違い

出典: https://blog.pokke.in

栄養士と管理栄養士には、仕事内容の違いも生じてきます。学校施設や介護現場などが主な勤務先となる栄養士に対して、管理栄養士は病院などの医療現場や介護施設に加えて、大学などでの研究職を目指すといったケースも多く見られるため、栄養士よりも幅広い業界で活躍ができるとされています。また、フリーランスとして活動する人も存在しますが、大きな成功を収めるのは簡単なことではないので注意が必要です。

需要の違い

出典: https://blog.pokke.in

栄養士と管理栄養士には、仕事内容の違いに伴って、需要の違いも生じてくる傾向にあります。特に、定められた条件を満たす施設には必ず1人以上の管理栄養士を配置することが必須となってくるため、必然的に栄養士よりも管理栄養士の需要が高くなるケースも少なくありません。しかし、調理の現場では栄養士へのニーズの方が高い傾向にあるため、勤務先を選ぶ際には、業界のニーズを考慮して選別していくことが重要です。

年収の違い

出典: https://blog.pokke.in

栄養士と管理栄養士の大きな違いとして、年収金額の差が挙げられます。管理栄養士の平均年収は、概ね約430万円ほどとなるのが一般的ですが、栄養士の平均年収は約320万円ほどと収入面でもやや開きがあります。そのため、栄養士の中には独学で他の資格を取得してキャリアアップを目指すケースや、通信を活用して難易度の高い資格を取得するといった方法を選ぶ場合も多々あります。

栄養士の資格の将来性

栄養士資格の現状

出典: https://twitter.com

現在、毎年約20000人近くの栄養士が誕生していると言われており、栄養士の資格取得を目指す人の数は増加傾向にあります。しかし、実際に栄養士としてさまざまな職場で活躍する人は約半分とされているため、栄養士として成功を収めることは、決して簡単ではない現状にあります。そのため、独学や通信でその他のスキルを身に付けて、活躍の場を広げようとするケースも少なくありません。

栄養士資格の将来性

出典: https://twitter.com

近年では、人々の健康に対する意識も大きく変化しており、TVや雑誌などのマスメディアでも健康をテーマにするケースが多く見られるため、今後は栄養士の需要もさらに高まっていくと予想されています。また、栄養士の中にはフリーランスとして、栄養に関わるセミナーを開催したり、豊富な経験と知識を活かして出版業界で活躍するといった方法もあるので、働き方を工夫することで大きな成功を収める確率も高まります。

栄養士のニーズの多様化

出典: https://twitter.com

栄養士のニーズの多様化によって、高いコミュニケーション能力を求められるケースも多くなってきています。また、高齢化社会が進んでいく日本において、栄養士の後進の育成にも注力することが必要不可欠となってくるため、多様なニーズに対応できる知識やスキルを身に付けることが重要なポイントとなってきます。そのためには、日本国内だけではなく海外にも目を向けて、栄養士としてのスキルアップに役立つ情報を収集することも大切です。

ダブルライセンスで活躍の場が広がる

出典: https://twitter.com

栄養士としての活躍の場を広げるためには、ダブルライセンスを目指すといった方法も非常に大切となってきます。今後は、栄養士に求められる内容も多岐にわたると予想されているため、独学や通信によって栄養士以外のスキルを身に付けていく心構えも必須となります。しかし、ダブルライセンスを目指すにはある程度の時間と学習コストがかかってくるケースも少なくないため、自分の生活に合った方法で目指していく必要があります。

栄養士に有利となるその他の資格とは?

出典: https://twitter.com

栄養士に有利となるその他の資格にはさまざまな種類がありますが、代表的な資格としては、病態栄養専門士やケアマネージャーといった資格が挙げられます。この2つは、栄養士の業務にも繋がるケースが多いため、ダブルライセンスの候補としても知られています。また、衛生管理者や公認スポーツ栄養士という資格も、栄養士のスキルアップにとても役立つとされている資格です。

病態栄養専門士という資格について

出典: https://www.nankodo.co.jp

病態栄養専門士とは、質の高い栄養管理を目的とした、栄養に関するさまざまな専門知識やスキルが問われる民間資格のひとつです。病態栄養専門士の資格の取り方としては、協会が定めるいくつかの条件を全て満たすことが前提条件となってきます。また、一般的には独学や通信での資格取得が難しいとされているため注意が必要です。

ケアマネージャーという資格について

出典: https://www.shobunsha.co.jp

ケアマネージャーとは、介護利用者へのサービス内容やその際に生じる費用などの計画を立てる人物のことをいいます。ケアーマネージャーの資格の取り方としては、介護業務の経験が5年以上あることに加えて従事日数が900日以上あるなどといった受験資格を満たす必要があります。また、独学や通信でのスキル習得も可能となりますが、近年では難易度も高くなっているので注意が必要です。

衛生管理者という資格について

出典: https://eiseikanrisha-1.com

衛生管理者とは、労働者の健康予防や勤務時の災害を防ぐことを目的とした知識が問われる国家資格のひとつです。衛生管理者の資格の取り方としては、10年以上の勤務経験などといったいくつかの受験資格のうち、どれかひとつを満たすことが必須となってきます。また、独学や通信でも試験合格は十分に可能とされているので、自分に合ったペースで学習を進めていくことが大切となります。

公認スポーツ栄養士という資格について

出典: https://shioriblog.exblog.jp

公認スポーツ栄養士とは、スポーツにおける栄養のスペシャリストとして、競技者のサポートなどを行う人物のことをいいます。公認スポーツ栄養士の資格の取り方としては、日本栄養士会などが定めている講義に参加してさまざまな知識やスキルを習得することが必須となってきます。また、管理栄養士の資格保持が前提条件となってくるので、独学や通信での資格取得は困難とされています。

栄養士の資格の取り方まとめ

栄養士の資格の取り方や難易度から、独学や通信などについて紹介してきました。いかがでしたでしょうか?さまざまな知識やスキルが必要となってくる栄養士の資格取得は決して簡単なことではありませんが、人々の健康を守る人物として、現在でも多岐にわたる分野で活躍している職業のひとつです。今回紹介した栄養士の情報などを参考に、理想の栄養士を目指していただけると幸いです。

Thumb管理栄養士の仕事内容をわかりやすく解説!主な就職先ややりがいは?

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ