「私情」とは?意味と使い方を例文で解説!「私用」との違いも!

私情とは個人的な感情や利己的な心などの意味があります。ビジネスの場で耳にする機会はあっても、自分が使う際に使い方は合っているのかと不安になる人も多いです。私情とは具体的にどのような意味を持つ言葉なのか、使い方や例文、私用との違いなどをご紹介します。

「私情」とは?意味と使い方を例文で解説!「私用」との違いも!のイメージ

目次

  1. 「私情」の正しい意味とは何かが気になる
  2. 「私情」の意味とは?
  3. 「私情」の使い方の例文とは?
  4. 「私情」と「私用」や「私事」の違いとは?
  5. 「私情」の類義語とは?
  6. 「私情」は仕事に挟まない方がいい?
  7. 「私情」の意味と使い方とはまとめ

「私情」の正しい意味とは何かが気になる

私情とは社会人になってから、使う機会や耳にする機会が増えたという人も多くいます。「私情により」の後に文章を続けて使う使い方が多いかもしれません。「私情」の正しい意味を知らないで使っていると何を言っているのか分からない文章になっているかもしれません。「私情」の正しい意味や使い方、例文、「私用」との違いなどについてご紹介します。

「私情」の意味とは?

仕事の中やそれ以外の場所でも、「私情」という言葉を耳にする事もあります。街中のお店の張り紙に「私情によりお休みさせていただきます」と書かれたものを目にすることもあるかもしれません。そもそも、「私情とは」どのような意味を持つ言葉なのでしょうか?「私情とは」についてご紹介します。

「私情」の意味

「私情とは」個人的な感情や利己的な心などの意味があります。国語辞典には、この2つの意味が記載されており、「私情とは」私的な感情や私欲などを表す時に用いる言葉で、公的な場で自分の意見を述べるときには、「私情」という言葉はあまり使わない方がいいでしょう。

「私情」の使い方の例文とは?

私情とは私的な感情という意味を持ちいくつかの使い方があります。その使い方によって、私情の意味も変わってきます。私情とはどのよう使い方があるのか、例文を用いてご紹介していきます。

①私情を挟む

ビジネスシーンで使われることが多い言葉かもしれません。ふさわしくない場面で私的な事情を持ち出すという意味を持ちます。仕事の話をしている時に私的な事を話し、「私情を挟まないように」と注意されたことや耳にした事がある人も居るかもしれません。

業務とは関係のない、私的な感情や意見などの私情を挟むことによって、業務に支障をきたしてしまう可能性もあります。企業からすると自分の感情や意見などで仕事をしている人は必要としていませんし、そういった人が居ることによって組織に問題が生じる可能性がでてくるなどといった意味で使われる言葉でもあります。

②私情により

「私情により」という言葉は、私的な理由や私的な事情があるときに使用する言葉です。「私情とは」私的な感情という意味があり、例えば自分のお店などを休業する場合に公的な場で「私情により」を使ってしまうと、「休みたいから休みます」と受け取られてしまう可能性があるので、注意しなくてはなりません。相手によっては不快感を示す可能性があるので、親しい人に使う方が良いでしょう。

③私情を持ち込む

「私情を持ち込む」という言葉は、「私情を挟む」と意味が似ているように感じますが、「私情を挟む」は同義語となり使い方も意味もほぼ同じく使われています。どちらの言葉を使ったらよいのかという決まりはなく、どちらも使われる事が多い言葉です。ビジネスの場で周りに「私情」を出すという事は良くないので注意しましょう。

④私情に流される

「私情に流される」とは、簡単に言うと過度な思いやりといった意味を持ちます。自分自身に得がなかったとしても、相手の事情によって手加減してしまったり、手心を加えそうになるなどの事を指しています。しかし、私情に振り回されすぎると恩が仇となって返ってきたり、良いと思ってやったことが裏目に出てしまう可能性もあるので、注意しましょう。

⑤私情を捨てる

仕事など公的な場で私情を持ち込むことは良くありません。普段から親しくしている人や可愛い後輩だったりすると、「情」が付きまとい私情を持ち込んでしまう人も多くいます。そんな人達から、相談されたり、お願い事をされると何かしてあげたいと思う人がほとんどです。

しかし、会社などの組織では私情を持ち込むことは自分にとっても相手にとっても良くないことです。私情を持ち込み、相手の希望を受け入れてしまったら、会社や組織全体に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。そんな時に「私情を捨てる」といった言葉を用いる事があります。「私情を捨てて決断する」といった様に使われることが多いかもしれません。

⑥私情を離れて

「私情を離れて」という言葉を耳にする人は少ないかもしれません。仕事の中だけでなく、近所に住む人などどうしても「そりの合わない人」、「ウマの合わない人」が1人や2人居る事がほとんです。そういった人たちとは普段は何も話すことがなくても、何かあったとき、やむを得ない状況に陥ったときは、「そりの合わない人」や「ウマの合わない人」とも協力し合わなければいけません。

あの人が嫌い、この人が嫌いというのは個人的な感情にあたります。仕事の中でそう言った人たちが居るとミスが出てきたりと組織全体に悪影響を及ぼす可能性があります。そう言った時に、上司は「私情を離れて」と「みんなで協力していこう」という意味を込めて使う事があります。

「私情」と「私用」や「私事」の違いとは?

「私情」や「私用」、「私事」という言葉を耳にした事がある人は多いかもしれませんが、どの場面でどの言葉を使ったら良いのか違いが分からない人は多くいます。どんな意味を持っているのか、意味や違いを知らないと間違った使い方をしてしまうかもしれません。そうならないためにも、「私情」や「私用」、「私事」の意味や違いなどを例文を用いてご紹介します。

「私用」の意味

「私用」は、簡単には「私の用事」といった意味を持っています。私情とは個人的な感情という意味があるのに対し、私用は個人的な用事やプライベートなどで使う事が多い言葉です。歯医者などの病院に行くことや役所で手続きをするといった個人的な事を「私用」と表現します。「私用車」という言葉を耳にした事があるかもしれませんが、プライベートで使用している車のことを「私用」を付けて呼んでいます。

「私用」は特に詳しく用事を説明しなくて良い時などに用いる事が多いです。例文をあげると「私用のため、来週のイベントはお休みさせていただきます」や「私用都合のため、来月は有給休暇をいただきます」といったような使い方をすることができます。個人の用事の他に、子供の学校行事に参加することや冠婚葬祭に行くことなども「私用」に含まれるので、そう言った時にも用いる言葉です。

「私事」の意味

「私事」は「しじ」や「わたくしごと」と読むことができ、特に違いはなくどちらも意味は同じですが一般的には「わたくしごと」と読まれています。「私事」は、自分一人だけに関係していることや内緒ごとなどと言った意味を持っています。ビジネスの場で、「私事」という言葉を使って自分のことを話すことは多いですが、会社にとって子供が生まれたり、引越したことは仕事をする上では説明することがない場合がほとんどです。

詳しく説明しなくても良い場合などには、「私事」という言葉を使います。人には言いたくないことや理由を伏せておきたいことは沢山あります。そんな時には、「私事」を使って説明すると良いでしょう。「私事」を使う場面は意外と沢山あり、個人的な事を報告する時や有給休暇を申請する時、退職、異動、出産、欠席、結婚などがあります。

「私事」の例文は、「私事ですが、〇月〇日付で退職することになりました。」や「私事で申し訳ありませんが、本日は会社を休ませていただきます」などと理由について深入りしてほしくないときに、「私事」を使うようにしましょう。

「私情」「私用」「私事」の違い

「私情」と「私用」、「私事」の違いを知らない人は多くいます。私情とは、個人的な感情や利己心などと言った意味があるため、「私情をはさむ」や「私情にとらわれる」、「私情に流される」などといった表現として使われる言葉です。「私用」は、個人的な用事、「私事」は自分一人に関わることや内緒ごとなどと言った意味があります。

「私用」と「私事」は違いはほとんどなく、同じ意味として使われることがあります。どちらを使って話したら良いかわからず、使い分けたいという場合には用事を表す時に「私用」、事情を表す時に「私事」を使うと良いでしょう。私情とは軽い表現となってしまうので、「私事」のように「私情のため休みます」などといった使い方はできないので、気を付けましょう。

「私用」の例文は、「私用のため欠席いたします」や「来週は私用のため遅刻します」などと言った使い方ができ、「私情」の例文は「仕事に私情を持ち込むのは良くない」などとなります。例文のように意味が違うので、使い方も違ってきますので、基本的な使い方は覚えておくと良いでしょう。

「私情」の類義語とは?

「私情」という言葉にもいくつか類義語があります。それぞれ使い方も異なります。私情の類義語はどのようなものがあるのか、どのようにして使われている言葉なのか、例文を用いてご紹介します。

類義語①利己心

他人に迷惑をかけていることを考えずに、自分の利益だけを考えることといった意味を持つ言葉です。利己心を使った例文をいくつかご紹介すると、「利己心を主張する」や「彼女は利己心がない」などと言った様に使う事ができます。あまり良い言葉ではないので、言われないように気を付けましょう。

類義語②私見

私情とは自分が持つ私的な考えという言葉に対して、「私見」は自分一人の意見や見解といった意味を持ちます。「私見によれば~」や「私見を述べれば~」、「私見に過ぎない」などといった使い方をすることができます。

類義語③私欲

「私欲」は、自分一人の利益を求めることで、「私利私欲」という四字熟語もあります。私利私欲は、自分の利益や自分の欲望を表す四字熟語です。「私欲」は、「私欲のために~」や「私欲のかたまり~」などといった使い方をする事ができます。

類義語④エゴイズム

他人の利益は一切考えずに、自分の利益だけを中心に考える思考や行動などの意味を持っています。「エゴイズム」を日本語に訳すと「利己主義」となり、簡単に言うとわがままという意味にもなります。「エゴイズム」は、仕事の中だけでなく日常生活の中で使われることが多い言葉でもあります。

エゴイズムは、「彼女の心の中にあるエゴイズムは簡単になくなることはない」や「エゴイズムは行き過ぎると嫌われる原因になる」などといった例文のような使い方をすることができます。自分勝手やわがままと思われないように注意しましょう。

類義語⑤情実

個人的な感情などが絡まり、公平な取扱いができないことを意味しています。「情実を交える」や「情実にとらわれない」などといった使い方をする事ができます。他には、いつわりのない心、物事の本当のあり様などと言った意味も持っています。

「私情」は仕事に挟まない方がいい?

私情とは私的な感情といった意味があるため、私情を挟むという事は自分の感情を仕事の中に出してしまうという事を意味しています。私情とは仕事に挟まれていい気分の人はほとんどいません。私情とはどうして仕事に挟んではいけないのか、理由などもご紹介していきます。

私情を挟むのは悪いこと?

私とは挟まないようにするという方が難しいことかもしれませんが、仕事では私情を挟まないようにすることが大切です。仕事に人の好き嫌いは関係なく、その私情を挟むことによって、組織全体に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。すぐに、感情が表に出てしまうのは、組織で働く上でいいことではありません。自分は会社に居るという事は忘れず私情を挟まないように気を付けましょう。

私情を挟まない方がいい理由は?

私情とは個人的な感情という意味のため、仕事に私情を挟んではいけません。その理由はいくつかあるのでご紹介します。1つ目は、弱みとしてつけこまれてしまう可能性があります。私情とは私的な感情という意味があるため、仕事の中で自分の感情で相手の都合の良いことに物事を図ったとして、それをネタに脅してくる可能性もあります。一つ間違えれば法に触れてしまう可能性もあるので、気を付けましょう。

2つ目は、セクハラと混同されてしまう可能性もあります。これは、異性間だけでなく同性間でも考えられます。私情とは、私的な感情という意味を持つため、その感情を仕事の中で挟んでしまった場合、特に異性間の場合はセクハラに該当する危険があるので注意しましょう。自分には、セクハラとは思っていなくても私情を挟んだ時点でそう思われてしまっても仕方がありません。

3つ目はパワハラと混同される可能性もあります。私情とは、私的な感情や私欲という意味があるため、セクハラと同じように仕事の中で私情を挟むことで、便宜を図った見返りを要求していると思われてしまい、パワハラに該当する可能性があります。パワハラだけでなく、恐喝になる可能性もあるので注意が必要です。自分が思ってしたことでなくても軽率な行動で会社全体の問題になってしまう可能性があるので気を付けましょう。

4つ目は甘えが生じる可能性があります。私情とは、個人的な感情という意味があるため、社内規定があるものの、私情を挟むことによってないものと同じになってしまう可能性があります。これぐら大した事ないと思ってやってしまうと、ドンドン規律が乱れていってしまうので、仕事の中で私情とは挟んではいけないものです。

5つ目は手加減してしまう可能性もでてきます。私情とは一度だけと思って相手の事情に汲んで挟んでしまった場合、一度きりと理解してくれれば良いのですが、中にはもう一度も大丈夫だろうと思ってしまう人もいます。私情とは私的な感情という意味があるため、一度だけと思っても手加減することで常態化してしまう可能性があります。そのため、私情とは仕事には挟まない方が良いものとなっています。

私情とは仕事には挟んでいけないものですが、どうしても情が湧いてしまうと私情を挟んでしまうものです。しかし、仕事の中で私情を挟むという事は、周りから見ても良くなく、後々トラブルに発展してしまう可能性もあります。私情とは、仕事の中には持ち込まないように気を付けましょう。

「私情」の意味と使い方とはまとめ

私情とはどんな意味を持つ言葉なのか、使い方や例文、「私用」との違いなどについてご紹介しました。私情とは個人的な感情という意味があるのに対して、「私用」は個人的な用事といった意味があります。この2つは意味が違いうため、使い方も変わってきます。正しい使い方をしないと失礼に当たったり、言葉の意味が伝わらないといった事にもなりかねません。

「私用」と「私事」に関しては、そこまで大きな違いがないため、同じような使い方をしても問題はありませんが、簡潔に述べたい場合には、「私用」を用いると良いでしょう!私情とは、ビジネスの場で良く耳にする言葉です。「私情を挟むな」といった様な言葉を聞いた事がある人も居るかもしれませんが、私情とは仕事の中に挟んではいけないものです。注意されない様に気を付けて行動しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ