「ご了承いただき」の意味とは?目上の人への使い方や類語・例文を紹介!

「ご了承いただき」という言葉は、日常生活の中で使う事はめったにありませんが、ビジネスシーンでは使う機会も多くなります。「ご了承いただき」という言葉は目上の人に使っても良い表現なのか気になる所です。意味を理解し、例文を用いて使い方や類語などをご紹介していきます。

「ご了承いただき」の意味とは?目上の人への使い方や類語・例文を紹介!のイメージ

目次

  1. 「ご了承いただき」の意味や使い方を知っておこう
  2. 「ご了承いただき」の意味とは?敬語の種類は?
  3. 「ご了承いただき」の目上の人への使い方は?
  4. 「ご了承いただき」の類語
  5. 「ご了承いただき」と「ご了承ください」の違い
  6. 「ご了承いただき」の例文
  7. 「ご了承いただき」意味や使い方まとめ

「ご了承いただき」の意味や使い方を知っておこう

「ご了承いただき」を加えた文章を使う事は多く、ビジネスシーンではとても役に立つ敬語の1つでもあります。目上の人にも使う機会があり、意味を理解して使わないと失礼な文章になってしまうかもしれません。「ご了承いただき」の意味や使い方、類語などについてご紹介していきます。

「ご了承いただき」の意味とは?敬語の種類は?

ビジネスマンなどは、「ご了承いただき」という言葉を使う機会が多くなりますが、しっかりと意味を理解して使わないと失礼にあたる可能性もあります。「ご了承いただき」という表現には、どのような意味があるのか、敬語の種類などもご紹介します。

「了承」の意味

「了承」は「りょうしょう」と読み、簡単には「納得する・承諾する」という意味があります。詳しくは、相手が言った事に対して納得して承諾するという意味で、主に目上の人に対して使う言葉でもあります。

「ご了承いただき」の意味

「ご了承いただき」は謙譲表現で、相手が要望に納得し、承知いただくといった意味を持つ敬語です。「了承」」の「了」には「分かる」という意味があり、「承」には「相手の要望を受け入れる」とう意味を持つことから、この2つを合わせて成り立っています。ビジネスシーンでは、「ご了承いただき」の後に感謝の言葉を加えて使う事が多くあります。

敬語の種類

敬語には、大きく分けると「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類に分類されます。「ご了承いただく」は「ご了承してもらう」を謙譲語で表現したものなので、元々の言葉は「ご了承してもらう」となります。

尊敬語は、「ご了承くださる」になり、この言い回しは相手を立てる言い方になるので、目上の人に対して使う事が多い表現の1つでもあります。「ご了承くださる」と「ご了承いただき」の使い方は異なり、了承する相手の事を基準として考えるならば、「ご了承くださる」、相手を起点として考えるならば「ご了承いただき」となります。

どちらも目上の人に対して使う事ができる表現ですが、目上の方が「了承してくれる」という動作をしている場合は、「ご了承くださる」という尊敬語を使うと良いでしょう!謙譲語の「ご了承いただき」は、へりくだった表現の敬語で、謙譲語は自分を下におき、相手の事を高めた表現になります。目上の人に対して使う事ができる表現ですが、自分や身内の動作に対して使う事ができます。

丁寧語はビジネスシーンだけでなく、先輩や目上の人に対して使われる表現です。「ご了承いただき」に「です」「ます」を付け、「ご了承してもらいます」にすると丁寧語になります。丁寧語も敬語の一種ですが、ビジネスシーンでは丁寧語ではなく、もっと堅苦しい言い方である謙譲語を求められる場合もあります。その場の雰囲気に応じて丁寧語と謙譲語を使い分けると良いでしょう。

「ご了承いただき」の目上の人への使い方は?

「ご了承いただき」ってビジネスシーンでは良く耳にする言葉ですが、そもそも目上の人に対して使ってもいい言葉なのかという疑問があります。「ご了承いただき」は目上の人に使っても良い言葉なのか、どうすれば柔らかい表現になるのかご紹介していきます。

「ご了承いただき」は目上の人への表現?

「ご了承いただき」は目上の人に使う言葉なので、承諾いただいたときには、「ご了承いただき」という表現を使いましょう!逆に目上の人に使うと失礼な表現は、「ご承知いただき」や「ご了解いただき」です。目上の人に対して使う際には、「承知」という言葉は謙譲語になってしまうので、注意しなくてはなりません。

ニュアンスをやわらかくすると更に良い

「ご了承いただき」という言葉は目上の人にも使える表現ですが、中には目上の人には使えないといった意見も多くあります。「了承」という言葉には、承知する・認めるの他に許可するといったニュアンスで受け取られてしまう可能性があるからです。

目上の人に対して、何かサインなどをお願いしたい場合には、「ご了承いただければ幸いです」や「ご了承の程よろしくお願いいたします」といった例文のようにニュアンスを柔らかくした使い方をすると、目上の人に対しても安心して使う事ができます。

「ご了承いただき」の類語

「ご了承いただき」という言葉にも類語が存在します。言い回しや意味が似ているけど、使うシーンを使い分けなくてはならない場合もあります。「ご了承いただき」にはどのような類語があるのか、意味や例文などもご紹介していきます。

①「ご理解いただき」

要件に対して理解してもらった時に感謝を表す言い回しとして用いられる表現です。主に「ありがとうございます」などの相手への感謝の言葉と組み合わせて使われる事が多いです。「ご了承いただき」の類語で理解してもらうという点では同じですが、より丁寧な言い回しとなると「ご了承いただき」の方が良いでしょう。

社内で使う分には問題ありませんが、お詫びを伴う場面で「ご理解いただき」を使うのは、失礼にあたる可能性があるので、その場合には「ご了承いただき」を使うようにしましょう。「ご理解いただき」の例文は、「日程変更について、ご理解いただきありがとうございます」や「今後の方針につきましてご理解いただき、感謝申し上げます」といった様に使う事ができます。

②「ご了解いただき」

「ご了解いただき」は、「了解してもらう」を意味する表現で、「ご了承いただき」の類語の1つです。「了解」という言葉には、「内容をしっかりと理解すること」や「納得して了承すること」などの意味を持っています。「了解」という言葉は、敬意のない言葉と考えている人も多いため、目上の人や上司に対して使うのは避けましょう。

しかし、中には「了解しました」とメールを送ってくる人もいます。そのメールに対しては「ご了解いただきありがとうございます」という使い方をしても問題はありません。「ご了解いただき」の例文として、「明日の会議の時間変更について、ご了解いただきありがとうございます」や「今回の企画につきましては、すでに部長にご了解いただきました」などと使う事ができます。

③「ご承諾いただき」

「ご承諾いただき」には、「頼まれた事を引き受ける」、「要望を受け入れる」といった意味を持つ、「ご了承いただき」の類語の1つです。「了承」も「承諾」も「引き受ける」という点では同じ意味を持っています。しかし、「了承」は「納得して引き受ける」という意味に対し、「承諾」は納得していてもしていなくても「引き受ける」という意味を持っています。

「ご承諾いただき」の例文は、「依頼内容の変更についてご承諾いただき、誠にありがとうございます」などと使うことができます。要望に対して引き受けてもらったけど、納得はされていないなどと言った時には、「ご承諾いただき」といった言い回しをすると良いでしょう。

④「ご承認いただき」

「了承」も「承認」も「認める・承知する」といった意味もつ類語の1つです。「了承」は「相手が理解して承知する」ことです。それに対して、「承認」は「頼まれた事などを客観的に正しいと認める」場合などに使われる表現です。相手に理解してもらい認めるのか、客観的な基準で認めるのかによって「ご了承いただき」と「ご承認いただき」の使い方は変わってきます。

「ご承認いただき」の例文は、「この度は無理な時間変更をしたにも関わらず、ご承認いただき、ありがとうございます」や「有給休暇の申請を早々にご承認いただき、ありがとうございます」などと使う事ができます。

⑤「ご容赦いただき」

「ご容赦いただき」は、「許していただき」を意味する言い回しの言葉で、「ご了承いただき」の類語の1つです。「容赦」という言葉には、「聞き入れる・許す」といった意味を持っています。さらに細かく分けて説明すると「容赦」の「容」には「罪や過ちを許す」と1文字だけでこれだけの意味を持っています。そこに「赦」を付ける事で成り立っています。

「私どものミスを許していただき」などといった意味を持つことから、こちらにミスや過失がある場合に用いられる表現です。「ご容赦いただき」の例文は、「一時運転を見合わせております。皆様にはご不便おかけしますが、何卒ご容赦いただきますようお願いいたします」や「ご容赦いただきたく存じます」などと使う事ができます。

⑥「お含みおきください」

「お含みおきください」は滅多に使う機会はありませんが、「ご了承いただき」の類語になります。相手に事情をよく理解してもらいたいときに使う言葉で、「お」と「ください」を付ける事で目上の人に対して使う事ができる表現です。「ご了承いただき」と「お含みおきください」の大きな違いは、「ご了承いただき」は謙譲表現なのに対して、「お含みおきください」は、尊敬語というところです。

凄く堅苦しい言い回しのような気もしますが、「ご了承いただき」よりもやわらかい表現の言葉です。「お含みおきください」は、「本日より1週間有給休暇のため不在となりますので、お含みおきください」や「明日から5日間臨時休業とさせていただきます。どうかお含みおきください」などといった様に使う事ができます。

「ご了承いただき」と「ご了承ください」の違い

「ご了承いただき」と「ご了承ください」は同じ意味にも見えますが、実際には意味合いが大きく異なる言葉です。どのように違う表現の言葉なのか、目上の人に「ご了承ください」という言葉を使っても大丈夫なのかご紹介していきます。

「ご了承ください」は目上の人に使えない?

「ご了承いただき」という言葉は、目上の人に対して使っても良い言葉ですが、「ご了承ください」は使わない方が良いでしょう。中には気にしない人も居るかもしれませんが、「ご了承ください」は「~してくれ」の命令形を尊敬語にしているだけです。丁寧な言い回しをしていますが、目上の人に対して使うと命令していると捉えられてしまう可能性があるので注意しましょう。

「ご了承いただき」の例文

「ご了承いただき」には、いくつかの言い回しがあり、それぞれシーンによって使い方が変わってきます。目上の人に対して使う事ができる「ご了承いただき」にはどんな使い方があるのか例文を用いてご紹介します。

「ご了承いただき」の例文

「ご了承いただき」の後には、基本的に感謝の言葉を加えて使用します。「この度は無理な時間変更にご了承いただき、誠にありがとうございます」や「この度はご多忙のところこちらの日程にご了承いただき、ありがとうございます」などと使う事ができます。基本的な例文として、「ご了承いただき、誠にありがとうございます」は使う機会が多いので、覚えておくと良いでしょう。

「ご了承いただき」はビジネスシーンにおいて使う機会が多く、難しい言い回しではありません。相手に何かを承諾してもらわなければいけない時や相手に折れてもらわなければいけない時もでてきます。そんな時に「ご了承いただき」を使う事ができますが、その後に必ず感謝の言葉を続けて使うようにしましょう。

「ご了承いただきたく」の例文

こちらの要件を理解してほしいということで、「ご了承いただきたく」の後ろには、お願いする言葉を続けて使う事があります。「ご了承いただきたい」の連用形である「たく」が付いていることで、尊敬語表現となっています。

例文としては、「この件につきまして、△△部長よりご了承いただきたく存じます」などと使う事ができ、基本となる例文は「ご了承いただきたく、お願いいたします」となります。「ご了承いただきたく、お願いいたします」という文章は使う機会が多いかもしれません。ビジネスシーンで使う事が多く、相手を立てている表現なので、目上の人や上司にも使える表現です。

「ご了承いただければ」の例文

「ご了承いただければ」という表現は、要件を飲んでくれればこちらは嬉しいですという気持ちを表しています。特に「ご了承いただければ幸いです」といった使い方が多いです。例文としては、「只今、一部の施設が工事中のため、利用できなくなっています。あらかじめご了承いただければと存じます」や「皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、ご了承いただければ幸いです」などと使う事ができます。

相手に了承してもらいたいときに使う言葉で、後ろに「幸いです」や「存じます」といった言葉を組み合わせて使う事で、了承してもらえたら嬉しいということをやわらかく表現している言葉です。「ご了承いただければ」は、施設や設備関係などの利用時間が制限されている場合に良く使われる表現です。「ご了承いただければ」は、「ご承知おきください」の類語になります。

「ご了承いただきますよう」の例文

「ご了承いただきますよう」は「ご了承いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」といった様に、目上の人に対しての敬語表現となります。「ご了承ください」と単体で使う人も居ますが、中には失礼と感じてしまう人も居るので、できるだけ単体では使わないようにしましょう。

その他の例文としては、「本日悪天候のため、一時運転を見合わせております。お客様には大変ご迷惑お掛けしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます」や「当店では一切の責任を負いかねますのでご了承いただきますようお願い申し上げます」などといったお客様に対してや取引先などに使える言葉です。

「ご了承いただきますよう」の後に「お願いします」といった言葉を付けて使用することが多い敬語表現です。「お願いします」と組み合わせることで、強い気持ちを込めた敬語表現になり、「ご了承ください」と言われるよりは、「ご了承いただきますよう」の方がやわらかい表現になります。

「ご了承いただき」意味や使い方まとめ

「ご了承いただき」の意味や使い方、類語などをご紹介してきました。「ご了承いただき」という表現は目上の人にも使える言葉なので、ビジネスシーンではよく耳にする機会も多いです。類語もいくつかあり、意味は似ていてもそれぞれ、使い方が異なり、目上の人には使う事ができない表現もあります。間違って使ってしまうと、失礼と思われてしまう可能性もあるので、注意して使いましょう。

「ご了承いただき」にもいくつか言い回しがあります。それぞれ使い方が変わり、お客様や取引先などに使える表現、目上の人や上司に使える表現などがあります。目上の人に使える言葉でも、中には失礼と感じてしまう人も居るかもしれません。失礼のないよう基本的な使い方は覚えておくよいにしましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ