ソムリエの資格には種類がある?取り方や仕事内容・年収などまとめ!

ソムリエとは聞きなれない言葉ですが、ソムリエとは何なのか、ソムリエの資格には種類があるのか、ソムリエの資格の取り方やソムリエの資格者の仕事内容や年収など、ソムリエに関する知りたいことを、いろいろと深く掘り下げて詳しく解説します。

ソムリエの資格には種類がある?取り方や仕事内容・年収などまとめ!のイメージ

目次

  1. ソムリエの仕事内容や資格などについて紹介!
  2. ソムリエの仕事内容・年収とは?
  3. ソムリエに必要な資格とは?
  4. ソムリエの仕事の魅力とは?
  5. ソムリエの仕事内容や資格などについてまとめ

ソムリエの仕事内容や資格などについて紹介!

出典: http://inshoku-support.jp

ソムリエとは聞きなれない言葉ですが、ワインに関係あることは皆様もなんとなく分かると思います。ソムリエとは、ワインの資格のことを指します。最近は○○ソムリエなど様々な種類のソムリエがありますが、正しくはソムリエという言葉自体が「ワインの資格」と解釈します。そんなソムリエの仕事内容年収、ソムリエの資格の取り方やソムリエの資格受験の難易度などについてのことを詳しく紹介します。

ソムリエの仕事内容・年収とは?

お客様へ適切なワインを提案する仕事

出典: https://mayonez.jp

ワインの種類は多く一般の人には選ぶことが難しい場合が多いです。赤ワインなら肉料理、白ワインは魚料理など、簡単な知識だけではなく、ソムリエの資格者であれば、ワインの知識は豊富でお客様へ適切なワインを提供することができます。ソムリエの資格があるということは、ワインを深く知るワインのエキスパートであることは確かです。

ワイン以外の幅広い知識も必要

出典: https://wine-no-kanpe.com

ソムリエの資格はワインの種類や知識以外にも、マリアージュと言い料理との相性を知ることや、ワインの管理方法なども詳しく知っていることが必要です。ソムリエの資格は、ワインを深く知っていてワインが作られる国の歴史なども詳しいことが多いです。ソムリエの資格者には幅広い知識が必要な為、独学で日々学び続ける必要がります。教養などもあり、博識なソムリエの資格者は人気が高いのです。

ソムリエが活躍できる場とは?

出典: http://www.sapporobeer.jp

ソムリエとして資格を取り、ソムリエが活躍できる場は、レストランやホテル、ワインバー、ワインを販売しているお店です。最近はワインを嗜む人も多くなりソムリエの必要性は高まっています。ソムリエの資格者はワインを出す飲食店では重宝がられるでしょう。ソムリエの資格者の活躍できる場は広がっているのです。

ソムリエの年収はどれくらい?

出典: https://runda-taberu.jp

ソムリエの資格を取り、ソムリエとして働き始めた場合の年収は地方か都会であるかなど、勤務先の規模などにより違いがあります。平均的なソムリエの年収は、300万円から600万円前後で、その他の企業の年収とはあまり違いがありません。都会の高級なホテルのソムリエであれば、もう少し高い水準の年収が見込めます。ソムリエの待遇も他の職業と大差はなく、経験により昇進があります。

出典: http://www.sapporobeer.jp

最初はソムリエとして入社して、経験を積むとシニアソムリエと昇進します。それに応じて年収も上がります。まだその上にはアシスタントチーフソムリエがあり、最終的にはソムリエを管理する立場のチーフソムリエに昇りつめることで、それに比例して年収も上がる仕組みです。大きな規模のホテルなどに就職して、ソムリエとしての頂点を目指すことで年収はアップします。

ソムリエとして独立することも可能

出典: https://www.toqueblanche.jp

ソムリエの資格があれば、ワインバーなどの店を始めることもできます。ソムリエの資格を生かして、自分が好きなワインをお客様に提供することができるのです。ワインバーを経営するとなるとソムリエの資格以外に、必ず必要な資格は、食品衛生法に基づく営業許可、食品衛生責任者、深夜酒類提供飲食店営業開始届などの資格や許可も必要です。

ソムリエに必要な資格とは?

ソムリエの資格の取り方は?

出典: https://winetown.gpoint.co.jp

ソムリエの資格は国家資格ではなく、民間の団体がソムリエの試験を行っています。ソムリエの資格の取り方は、この協会の試験をパスしなければいけません。ソムリエの受験資格は定められていて、20歳以上であることと、アルコール飲料に関係する業務に通算3年以上従事したことのある人が条件となっています。やはり、ソムリエの仕事内容は、アルコールを扱うので、未成年者は受験できません。

ソムリエの資格には2種類の団体が関わっている

出典: http://www.worqlip.jp

ソムリエの資格を取るためには2種類の団体が関わっているので、ソムリエの資格の取り方は2種類あります。一つは、「日本ソムリエ協会(JAS)」で、もう一つは「全日本ソムリエ連盟(ANSA)」になります。ソムリエとして働きたい場合はどちらかの協会の試験を受けてソムリエの資格を取得しましょう。どちらの協会で受験しても構いませんが、それぞれの協会の特色を説明します。

日本ソムリエ協会(JAS)の資格の種類・難易度とは?

出典: http://nicomachus.jp

日本ソムリエ協会(JAS)の会長は、1995年に世界最優秀賞ソムリエコンクールで優勝した田崎真也氏で、国際ソムリエ協会とも連携している、日本ではステータスのある協会です。資格の種類としては一般の人向けの受験資格の条件を満たさない人も受けることができる「ワインエキスパート」も用意されています。アルコール業界やレストランのスタッフ、ワインコンサルタント、客室乗務員などプロの方が受験するのは「ソムリエ」の試験になります。

出典: http://give-me-wine.com

難易度の高いソムリエの資格試験は、第一次試験が8月に筆記試験で行われます。代二次試験が9月にテイスティングと論述試験が行われます。そして11月に第三次試験として、サービス実技が実施されています。試験内容は、ワインだけではなく、様々なアルコール飲料の知識や料理との相性などの知識も必要で合格率は非常に低く難易度の高い資格試験です。

全日本ソムリエ連盟(ANSA)の資格の種類・難易度とは?

出典: https://tokyo-calendar.jp

全日本ソムリエ連盟(ANSA)は、アルコール飲料での職歴は問われません。20歳以上であれば構いません。通信コース、受験コースの在宅受講、受験コースの集中受講と3種類のコースが用意されているので難易度は、日本ソムリエ協会(JAS)よりは低いかも知れません。難易度の点からいえば、ソムリエの資格をとるのは取りやすいでしょう。ソムリエとしての知識を学ぶカリキュラムは用意されています

出典: http://give-me-wine.com

飲食店での経験がなくソムリエの資格を取りたい場合は、こちらの資格を受けて資格認定してもらうのも良いでしょう。資格を取るにはやはり、一通りのワインの勉強をしなければソムリエの資格受験には合格しません。ですから、こちらの資格取得の勉強をすることでソムリエの知識を学んで次のステップアップに繋いでいけば無駄がありません。

ソムリエの仕事の魅力とは?

ソムリエはお客様にとって特別な存在である

出典: http://inshoku-support.jp

ソムリエの資格を持ってできる仕事の魅力は何と言っても、お客様に自信を持ってワインを勧めることができる知識があるので自信を持って接客できることです。ソムリエの資格を持った人がいるお店だというだけで、お客様は安心してソムリエの資格者に飲むワインを相談できます。ソムリエの資格者はお客様にとって特別な存在となります。

自分が好きなワインを極めることができる

出典: http://www.worqlip.jp

ソムリエの資格がある人は、ソムリエ自身がワイン好きであることが多いです。ソムリエの資格を取るために学んだ知識を深める中で自分が好きなワインを探求して極めることができることは魅力です。ワインを嫌いな人がソムリエの資格を取る事はまず少ないでしょうから、ソムリエの資格は趣味と実益を兼ねています。

接客の中で様々な気づきを与えてもらえる

出典: https://hoplus.jp

ソムリエの資格を持って働くことは、ソムリエの資格を生かして接客する中で大きなメリットがあります。お客様から与えられるものは、資格を持ったソムリエでなければ、感じ取れないこともあるでしょうし、資格を持ったソムリエだからこそ気づく点もあります。自分の好みのワインだからといって、どのお客様にも好まれるとは限りません。そんなお客様とのやり取りの中で、ソムリエとしての成長もあるのです。

お客様の幸せな時間をサポートできる仕事である

出典: http://www.worqlip.jp

ソムリエの資格を取って、ソムリエとして働けることは、お客様に幸せな時間をソムリエの資格者として提供できる素晴らしい仕事です。資格を持ったソムリエにしか分からないことや、資格を持ったソムリエならではのサービスを提供できるからです。ソムリエの資格を生かしてお客様の大切な時間に花を添えることができるのです。

ソムリエの仕事内容や資格などについてまとめ

出典: http://inshoku-support.jp

ソムリエの資格を持って働く場合の仕事内容や年収、ソムリエの資格試験の難易度や取り方や種類を紹介しました。日本でも最近はワインを嗜む人が多くなりました。ソムリエの資格者に期待されることも多いでしょう。ソムリエの資格を取得することで、ワインの魅力を知り、ソムリエの資格者の知識を生かしてワインを大いに楽しみましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ