遺族年金の正しい手続き方法とは?年金の支給停止など基礎知識まとめ!

遺族年金の正しい手続きを把握しておかなければ余計な手間がかかってくるようです。また、遺族年金の手続きには請求手続きではなく、年金の支給停止手続きなども必要となります。そこで、遺族年金の正しい手続き方法から年金の支給停止など、具体的な基礎知識をまとめています。

遺族年金の正しい手続き方法とは?年金の支給停止など基礎知識まとめ!のイメージ

目次

  1. 遺族年金の手続きや申請方法を知っておこう
  2. 遺族年金の手続きの基礎知識・申請はどこに?
  3. 遺族年金の手続きと共に年金の支給停止を
  4. 遺族年金の手続きで必要な書類
  5. 遺族年金の手続きは委任状で代理人も可能
  6. 遺族年金の手続きから受給までの流れ
  7. 遺族年金の手続きの期限は死亡後いつまで?
  8. 遺族年金の手続きで労災年金の場合
  9. 遺族年金の手続きの基礎知識まとめ

遺族年金の手続きや申請方法を知っておこう

出典: https://kazokunomikata.jp

遺族年金は、どうやら正しい手続きを実施しなければ少々手間がかかってくる場合があるようです。余計な手続きの手間がかかる要因として、遺族年金の基礎知識を抑えていなかった事が挙げられますので、遺族年金の基礎知識を明確にしておき正しい手続きを実施しなければなりません。そこで、遺族年金の基礎知識から年金の支給停止の手続きまでを含めて解説していきます。

遺族年金の手続きの基礎知識・申請はどこに?

遺族年金と公的年金制度の関係性

出典: https://www.lifehacker.jp

遺族年金はまず「家計を支える大黒柱」の方が亡くなった場合に必要な公的年金制度です。その他、国民年金や厚生年金と別物として認識されやすいのですが、その他の公的年金は遺族年金に大きく影響してくる内容であるという事を抑えておきましょう。そして気になる手続きの基礎知識や遺族年金の申請先はどこになるのかを明確にするポイントでもあります。そこで、基礎知識として後述では国民年金と厚生年金の申請について詳細を解説します。

国民年金の申請

出典: http://www.fina-sol.com

まず、国民年金は幅広く対象とした公的年金制度ですので、申請についての詳細を明らかにしておく必要があります。そして国民年金の申請先は住民票がある市区町村役場で実施する事となります。やはり、国民年金の申請には必要書類があるので、後述では具体的に必要な書類を解説します。

厚生年金の申請

出典: https://www.city.yao.osaka.jp

次に厚生年金の申請先ですが、厚生年金は国民年金とは違い「各都道府県の年金事務所」が申請先となります。年金事務所について知らない方も多いのですが、年金事務所はインターネットで「年金事務所」と検索する事で様々な県の年金事務所が出てくるので、ご自身の所在地を検索するといいです。また、日本年金機構が運営している年金ダイヤルといったサイトでは、年金に関する相談を受け付けているので、活用する事も1つの手です。

共済年金も厚生年金に統一に

出典: https://cookcoaching.nl

公務員の方には大変魅力ある共済年金でしたが、上述で解説した厚生年金と統一したという事を把握しておきましょう。そして、基礎となる公的年金が統一されたという事で、遺族年金に関する内容も変更が加えられたという事になります。そこで、遺族年金制度の詳細では厚生年金への統一されたという事が規準となる場合があるので、意識しておく必要があります。

国民年金の遺族基礎年金とは?

出典: https://eigo-knockout.com

遺族基礎年金とは、生計を維持されていた方が「国民年金」へ加入していた事で死亡後に適用される遺族年金制度です。そして、死亡後の遺族基礎年金は遺族(子供あるいは子供のいる妻)が年金の支給対象という事になります。しかし、遺族基礎年金を支給される場合では、要件を満たす必要があるという事を手続きを実施する前に、基礎知識として知っておく必要があります。

遺族基礎年金の支給条件とは?

出典: https://akap-senpai.com

遺族基礎年金の要件は2つあり、国民年金加入者である事。そして老齢基礎年金の資格期間を満たしている人が死亡した場合。以上の2つがあります。そして老齢基礎年金の資格とは保険料納付済みという事で、保険加入期間が3分の2以上であるという事になります。また、死亡した方ではなく、支給を受ける遺族も要件があり、18歳未満の子供がいる場合といった要件も満たす必要がありますので、手続き前には基礎知識を確認しておきましょう。

国民年金の寡婦年金とは?

出典: https://www.pakutaso.com

国民年金の加入者が死亡後は、遺族基礎年金の支給対象となりますが、上述で紹介した支給要件を満たしていない場合は支給を受ける事出来ません。そこで条件はありますが「寡婦年金」という制度もあります。そしてこの制度の要件は4つあります。まず1つ目に、第1号被保険加入者として保険料を10年間納めた夫と婚約期間が10年以上である。2つ目に、死亡した夫が障害者基礎年金の受給権者ではない事、そして老齢年金を受け取っていない。

出典: http://doumekikazuma.com

3つ目に、繰上げで老齢基礎年金を受給していない事。最後に4つ目が、夫の死亡後5年以内に請求している事。以上の4つがありますが、寡婦年金の特徴として年金の支給対象者が「妻」である事が分かります。基本的には第一号保険者が自営業である場合が多いので、まとめると夫が自営業であった場合、妻は支給対象となり得るという事になります。

厚生年金の遺族厚生年金とは?

出典: https://financial-field.com

遺族厚生年金とは生計を維持していた方が厚生年金の加入者であり、そして死亡後に支給される遺族年金制度です。前述では共済年金と厚生年金が統一されたと解説しましたが、遺族年金である遺族共済年金は、遺族厚生年金へと変更されたという事なので、申請手続きの際は注意しておく必要があります。ちなみに、現在は遺族共済年金の支給は停止されているという事ですので、現在の遺族共済年金の受け取りは継続している方のみとなります。

遺族厚生年金の支給要件

出典: https://www.burnoneproject.com

遺族厚生年金の申請手続きに基礎知識として抑えておく必要があるのは、遺族厚生年金の支給要件です。そして遺族厚生年金の支給要件は3つあります。まず1つ目に、厚生年金の加入者が在職中に亡くなった。次に厚生年金加入中に傷病が原因で初診を受けた日から5年以内に死亡した。最後に3つ目が、老齢厚生年金の資格期間を満たしていた方が亡くなった。

出典: http://www.deco.com.hk

そして、保険料納付期間は加入期間から3分の2以上である事となっています。そして注意点として亡くなる前前月までの1年間で保険料を滞納していないという事ですので、手続き申請の際には以上の条件も確認しておく事が大切です。遺族厚生年金は死亡後に子供がいなくても遺族に支給されるという事が特徴的です。また、遺族の対象者として「妻・55歳以上の夫、父母、祖父母・18歳未満の子供」となっています。

厚生年金加入者の場合では両方が適用される?

出典: https://zutool.jp

上述で解説した内容とは別に手続き申請の際には、亡くなった方が厚生年金加入者である場合は、遺族基礎年金と遺族厚生年金の両方が受け取り可能だという事を抑えておきましょう。

厚生年金の中高齢寡婦加算とは?

出典: https://kufura.jp

夫の死亡後に遺族基礎年金の要件に該当しない場合では「中高齢寡婦加算」の受け取りが可能です。また、遺族基礎年金の受給が終了した妻にも年金の加算制度として受給可能です。この場合には、夫が厚生年金被保険者であるという事を、基礎知識として抑えておきましょう。1つ注意しておく必要があるのは、加算制度の対象が「妻(女性のみ)」であるという事です。

中高齢寡婦加算の支給要件

出典: https://matome.naver.jp

そして夫の死亡後には中高齢寡婦加算の支給資格が定められています。妻の支給要件とは2つあります。まず1つ目に、夫の死亡時に45歳以上65歳未満であり、かつ子供が居ない事。2つ目に、夫の死亡時に40歳未満だったが40歳に達した際に子供があるため遺族基礎年金を受けていた事。以上の2つの要件があります。また、夫の死亡時に満たす要件として、3つの支給要件を満たしている必要があります。

出典: https://syunikibikaizen.hatenablog.com

まず1つ目に、遺族厚生年金の被保険者である事。2つ目に、被保険期間中で病気や怪我が原因によって、初診を受けた場合に受けた日から5年以内に死亡した。3つ目に、1・2級の障害厚生年金の受給権者である事。以上の3つが中高齢寡婦年金の支給要件になりますので、基本的には夫の死亡後の事情によって、要件を満たす場合があるという事を基礎知識として抑えておく必要があります。

Thumb遺族年金の受給資格とは?手続き方法や受給者の要件などまとめ!

遺族年金の手続きと共に年金の支給停止を

年金の支給停止の手続きが必要

出典: https://fx-5.info

まず基礎知識として、公的年金を受給していた方の死亡後には年金の支給停止の手続きが必要になるという事を把握しておく必要があります。なぜなら、生計を立てていた方の死亡後には年金の受給権が亡くなるからです。したがって、死亡を隠して支給を受ける事や支給停止の手続きを実施しない事は禁止されています。後述では死亡後に年金の支給停止手続きを具体的に解説していきます。

年金の支給停止手続きの方法

出典: http://blog.qooton.co.jp

基礎知識として、死亡後に実施する年金の支給停止手続きは、年金事務所あるいは年金相談センターで手続きを実施する事になります。そこで、必要になる手続きの書類は「年金受給死亡届」を準備してこの書類を提出する事となります。そして支給停止手続きには、死亡した方の年金証書、死亡したという事実を証明するための書類(戸籍妙本)なども必要になります。

年金の支給停止手続きの期限

出典: https://all-souzoku.com

生計を立てられていた方の死亡後では、年金の支給停止手続きには支給停止手続きの期限が明確に定められています。支給停止手続きの期限は「国民年金の場合は死亡後14日以内」「厚生年金の場合は死亡後10日以内」と定められています。支給停止手続きの期限は短いので、生計を立てられていた方の死亡後は、すぐに書類を準備して手続きに取り掛かる必要があります。

未支給年金は受給できる

出典: https://chchmn2010.com

年金支給の対象者が亡くなった場合では「未支給年金」として生計を一緒にしていた遺族が、年金を受け取る事となるという事を基礎知識として抑えておきましょう。この場合は年金を受け取るべき方が亡くなったという事が大前提だという事には注意しておかなければなりません。そして、年金の給付は2ヶ月に1度となっており、偶数月の15日に前月と前々月の年金支給分が振り込まれる事となります。

未支給年金の手続き方法

出典: https://matome.naver.jp

未支給年金を受けるために必要な手続きは、年金の支給停止申請の場合と同様に年金事務所あるいは年金相談センターとなります。そして必要書類は「未支給(年金・保険給付)請求書」が必要となり、この書類を提出します。そして、死亡した方の年金証書、戸籍謄本など請求した方と生計を同じくしていたと証明する書類も必要です。

不正受給にならないよう注意

出典: http://kariya-anicolle.com

年金の支給停止手続きは明確な期限が設けられており、もし支給停止手続きを忘れていた場合や、故意に支給停止手続きを実施していない場合では「不正受給」扱いとなります。ニュースでは年金の不正受給に関して話が出ますが、結果的には支給停止していない分の支給は返還する事となります。そして、年金の不正受給によって逮捕となるケースもあるので、問題が起こらないように確実に対処しておく必要があるという事です。

遺族年金の手続きで必要な書類

年金請求書

出典: https://oshiemuscle-jidoshahkn.com

まず、遺族年金で申請手続きに必須書類として「年金請求書」があります。そして年金請求書を入手する事になりますが、年金請求書の入手方法として日本年金機構からPDFフィル形式でダウンロードする事が可能です。また、年金請求書の書き方も同様に、PDFファイル形式でダウンロードする事が可能ですので、是非参考にしてください。この年金請求書に添付書類も必要になりますので、後述では具体的に解説をしていきます。

申請手続きに必要な書類

出典: https://www.wanbishi.co.jp

まず、遺族年金の手続きに必要な書類として、どのような方でも事情に左右されない必須書類を解説します。遺族年金の請求として必須書類が「請求書の収入が証明出来る書類」となります。1つ目に年金手帳、2つ目に世帯全員の住民票の写し、3つ目に死亡者の住民票の除票、4つ目に請求者の収入が確認出来る書類(源泉徴収票など)、5つ目に子の収入が確認出来る書類(学生証など)、6つ目に死亡証明書、最後に受け取り先の通帳。

出典: https://torisedo.com

以上の遺族年金を請求する際に必須書類として挙げましたが、遺族年金は所得が850万円以上ある方は支給対象外となる事から、必須書類によって確認する必要があるという事を前提として覚えておくと良いです。遺族年金の必須書類によって生計を一緒にしていた事や世帯収入を確認している事が分かります。

第三者行為が原因の場合

出典: https://www.bengo4.com

遺族年金の支給として上述に挙げた書類が基礎知識となりますが、死亡時の事情によって必要書類は追加されます。死亡時に第三者行為が原因で亡くなった場合、つまり事故や傷害、殺人だという事です。この場合に遺族年金の請求に必要となる書類は、1つ目に第三者行為事故状況届。2つ目に交通事故証明あるいは事故が確認出来る書類。3つ目に確認書。4つ目に被害者に被扶養者がいた事が分かる書類。5つ目に損害賠償金の算定書。

出典: https://mr-lead.com

以上の必要書類を加えて遺族年金の請求をする際に、提出する事となりますが、一点注目する書類があります。それは「損害賠償金の算定書」で、損害賠償を受け取る場合では遺族年金は「最大2年間の期間は遺族年金の支給停止」だという事が定められている事によって、確認が必要となる書類という事なのです。第三者行為の事情も抑えておく必要がありますが、状況にも左右されるという事を覚えておかなければなりません。

その他の書類

出典: https://www.nenkin.go.jp

遺族年金の必要書類は基本的に上述で紹介した書類で対応可能なのですが、遺族年金は国民年金や厚生年金の有無に左右されるので、加入など事情は様々です。また、婚姻期間などもありますので、そのような場合に対応する書類もある事から個々人で確認する必要が出てくる可能性は否定できません。そこで、「年金ダイヤル」を活用する事も一つの方法だという事を抑えておきましょう。

遺族年金の手続きは委任状で代理人も可能

出典: https://www.tokunoshima-town.org

遺族年金の手続きに関する基礎知識や手続き方法などを解説してきましたが、ここでは誰が遺族年金の手続きを実施する事になるのかを解説します。基本的には原則亡くなった方の配偶者や、子供などの遺族が遺族年金の手続きを実施する事になります。しかし、亡くなった方の遺族が事情により遺族年金の手続きが出来ない場合はどうするといいのでしょうか。そこで、ここでは手続きが出来ない場合の対処方法を解説していきます。

家族やそれ以外の第三者でも可能

出典: https://news.mynavi.jp

亡くなった方の遺族が原則遺族年金の手続きを実施すると解説していましたが、家族やそれ以外の第三者でも遺族年金の申請が可能だという事を基礎知識として抑えておきましょう。遺族年金の手続きの代理に関しては「委任状」を提出する事によって可能で「社会保険事務所」などに遺族年金の代行をお願いする事が出来ます。そして、社会保険事務所は国家資格である社労士の有資格者が在籍している事によって可能なようです。

必要な記載事項

出典: https://matome.naver.jp

遺族が第三者へと依頼する場合には遺族年金手続きの委任状が必要なのですが、遺族年金の委任状の入手方法はこの場合も「日本年金機構」からPDFファイルで入手出来ます。そして委任状の記載事項として1つ目に委任状の作成日。2つ目に基礎年金番号、年金コード。3つ目に加入期間や見込み額など委任する内容。4つ目に代理人の氏名や住所、電話番号などその他委任者との関係を記載します。

出典: https://venture-plus.net

2つ目の基礎年金番号なのですが、この基礎年金番号の確認方法として年金手帳を活用します。具体的には年金手帳の裏表紙に記載されており、年金コードはすでに年金を支給されている方のみが必要になるという事に注意しておきましょう。

遺族年金の手続きから受給までの流れ

請求から受取までおおむね110日

出典: https://www.kzkotu.com

まず、初めに遺族年金の請求から受け取りまでの期間は、おおむね110日だという事を目安として捉えておきましょう。しかし、おおむねの目安としての期間なので、これまでの解説を確認して分かるとおり基本的な必要書類や個々人の事情によって手続きの手間は左右される事となるので、ここでは基本的な流れとしての期間を挙げておきます。後述では遺族年金の手続きを具体的にまとめた内容から期間を計ります。

基本的な受給までの流れ

出典: https://gendai.ismedia.jp

遺族年金の受給までの流れとして大まかに4つ挙げると、1つ目に遺族年金の受給権取得、請求。2つ目に年金証書・年金決定通知書の送付。この過程では年金請求実施後に60日程度かかります。3つ目に年金振込み通知書や年金支払通知書の送付。ここで初回受け取りと言う流れとなります。初回受け取りまでの目安としての期間は請求から通知を送付して50日が経過するという事です。

出典: https://chigai-allguide.com

基本的な流れとしておおよその期間が110日と解説していましたが、この期間が延長される場合として年金振込み通知書までの間に個々人の事情によって50日以上が経過する事もあり得るという事です。そして、遺族年金の初受け取りから定期受け取りという流れになります。定期受け取りでは、偶数月の受け取りとなるので「2月・6月・8月・10月・12月」という事も合わせて覚えておきましょう。

Thumb遺族年金の金額やいつまで支給されるのかを調査!仕組みや条件もまとめ!

遺族年金の手続きの期限は死亡後いつまで?

出典: http://and-plus.net

遺族年金の手続きには、期限が定められているという事を認識しておく必要があります。もし、年金の手続きを忘れていた場合や事情により、手続きを先延ばしにした場合などは一定期限までは手続き可能なのですが、期限を越えてしまった場合ではどうするべきなのかを抑えておく事で焦らずに対処する事が出来ます。そこで、ここでは、遺族年金手続きの期限や期限を越えてしまった場合の対処方法を解説していきます。

時効は5年

出典: http://vekitomo-0.hatenablog.jp

遺族年金の申請手続きには「時効」というものがあります。そしてこの時効は遺族年金の受給権が発生した日から5年以内では遺族年金を請求する事が可能だとされています。この5年以内といった時効を越えてしまった場合は遺族年金の受給権が消滅してしまうという事なので注意しておかなければなりません。また、遺族年金に限らずその他老齢年金や未支給年金も同様に時効が5年だという事ですので、時効の期間は明確にしておく事が大切です。

5年が過ぎてしまった場合は?

出典: https://toyokeizai.net

上述では時効によって受給権が消滅してしまうという事を解説していましたが、この時効期間に申請する事ができない場合の対処方法があります。5年の歳月が経過しているのですから、やはりやむを得ない事情があると考えられますので、時効の撤回を申し立てる事によって期間を延ばす事が可能です。しかし、事情に左右されるという事になるので、基本的には時効が成立する前に手続きを済ませる事が賢明でしょう。

遺族年金の手続きで労災年金の場合

出典: http://www.hokuriku-dhk.or.jp

遺族年金の受給資格をこれまで解説してきました。実は遺族年金の受給資格として、仕事に携わっている際に亡くなった事により、労災保険の遺族年金も受給が可能だという事も抑えておきましょう。この労災保険とは、仕事に携わっている労働者であれば誰もが加入している保険となっています。そして、保険料は会社が負担していると事もあり、あまり意識する事は無いのですが、後述で解説する内容は忘れてはならない内容となっています。

遺族年金の対象となるケースは?

出典: http://www.jam-a.or.jp

まずは、その他遺族年金と同様に対象となるケースを解説します。対象となるケースは2つになっており、1つ目に工場勤務の方が機械に巻き込まれたなどの事故で業務中に亡くなった。2つ目に勤務先に向かう途中に、車にはねられたなどの事故によって死亡した。以上の2つになっており、1つ目が「遺族補償給付」、2つ目が「遺族給付」とそれぞれの制度が確立されている状態です。

給付額が手厚い

出典: https://www.supporttimes.com

労災保険の遺族年金は給付額が非常に手厚い内容となっています。まず、受給資格として「配偶者・子・父母・祖父母・兄弟姉妹」となっており、遺族の数別によって支給額が定められています。受給額は1人目が給付基礎日数の153日分。2人目が給付基礎日数の201日分。3人目が給付基礎日数が223日分。4人以上から給付基礎日数の245日分となっています。なお給付基礎日数とは、勤務1日分の給料だという事です。

遺族年金の手続きの基礎知識まとめ

出典: http://www.labornetjp.org

遺族年金とは生計を共にしていた遺族や亡くなられた方の要件など、個々人の事情によって手続きが左右されるようです。まず大前提として亡くなられた方の、状況を明確にしておかなければならないという事が大切でしょう。そこで、遺族年金の基礎知識を抑えておく事によって、スムーズに手続きが運ぶようにしなければならないという事です。手続きの基礎知識は、もしもの時のために確実に抑えておく事が大切だといえるでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ