「ことづける」の意味と使い方!類語と漢字による違いも例文で解説!

「ことづける」と言う言葉はビジネスシーンでよく使われる言葉ですが、その意味を正確に理解できていますか?同じ「ことづける」にも漢字が数種類あり、それぞれに意味が少し違います。今回は例文も挙げながら、「ことづける」の類語や漢字の違いごとに使い方もご紹介します。

「ことづける」の意味と使い方!類語と漢字による違いも例文で解説!のイメージ

目次

  1. 「ことづける」の意味や使い方や漢字が気になる
  2. 「ことづける」の意味や使い方とは?
  3. 「ことづける」の意味の類語は?
  4. 「ことづける」の意味の漢字による違いや使い分けは?
  5. 「ことづける」の意味の例文は?
  6. 「ことづける」の意味の敬語表現は?
  7. 「ことづける」の意味は受け身では「ことづかる」?
  8. 「ことづける」の意味や使い方まとめ

「ことづける」の意味や使い方や漢字が気になる

ビジネスのシーンでよく使われる「ことづける」と言う言葉。例えば取引先に電話を掛けたが担当者が不在だった時などに、「ことづけてください」と、電話口の相手にお願いするような使い方をします。相手によっては正しい敬語で表現する必要もありますが、正しい敬語を使えているでしょうか。

また、「ことづける」の漢字表記は一種類ではありません。電話なら漢字は問題になりませんが、昨今のビジネスシーンではメールのやり取りが非常に多くなっています。メールのやり取りでは漢字のミスはダメージとなりえます。「ことづける」の漢字とその意味を知り、シーンによって正しい使いわけができるようになりましょう。

「ことづける」の意味や使い方とは?

「ことづける」の意味を正しく説明できますか?なんとなく使用している方が多いのではないでしょうか。まずは「ことづける」の意味と、どのような場面でどのような使い方をするのかについてご説明します。よく理解いただき、いざ使用する際に自信を持って使えるようになってください。

「ことづける」の意味は?

出典: https://biz.trans-suite.jp

「ことづける」は人に何かを頼むときに使用する言葉です。人に「言い伝えてほしい」とお願いする意味と、人に「物品を届けてもらう」ようにお願いする意味とがあります。「ことづけ」と、名詞として使うなら「伝言」そのものや「物品を届けること」と言った意味になります。

「ことづける」の使い方は?

「ことづける」の使い方は様々です。先ほど少しご紹介したように、仕事で取引先に電話を掛け、不在の担当者への伝言をお願いする場合に「ことづけてください」と依頼することもできます。他には、物品を届けると言う意味で使うのであれば、「〇〇さんへのことづけをお願いしたい」などと言うことも可能です。

「ことづける」の意味の類語は?

出典: https://www.hpbiz.biz

「ことづける」の類語にはどのようなものがあるでしょうか。類語を使った他の表現の仕方を知っておくことは会話に深みを持たせることにつながりますので、言い換え出来る類語も知っておくと便利です。「ことづける」そのものにも「伝言」を頼むのか、「物品を届けてもらう」ように頼むのか、2つの意味がありますので、それぞれに分けて類語をご紹介します。

「ことづける」の類語

「ことづける」の「伝えてもらうようにお願いする」意味に対しての類語としては、「伝言を残す」や「メッセージを残す」などを挙げることができます。「物品を届けてもらう」意味に対しての類語には、「言い付ける」や「託す」などがあります。その他あまり使われない言葉ですが、「伝言」の意味で「言寄せる」などの言葉もあります。

「ことづける」の類語を使った言い換えの例文

もっとも言い換えやすい類語は「伝言する」でしょう。言い換えの例文としては、「〇〇様にこの件をことづけてください」を「〇〇様にこの件をご伝言ください」となります。「託す」も言い換えやすい類語です。「この書類をことづけたい」を「この書類を託したい」と言い換えが可能です。一方、「言い付ける」には「告げ口する」と言う意味も含まれていますので、言い換えが難しい場面もあります。

「言い付ける」を「物品を届けてもらう」の意味で使う場合の例文としては、「明日〇〇社に行くので、何か持っていくものがあればことづかります」を「明日〇〇社に行くので、何か持っていくものがあれば言い付けてください」などの言い換えが可能でしょう。類語とは言え、使用する場面が少しずつ違いますので、誤った使い方をしないように注意しましょう。

「ことづけ」と「ことづて」の違い

「ことづけ」によくにた言葉として、「ことづて」と言う言葉を聞いたことはないでしょうか?「ことづて」は「ことづけ」の方言のように思われている場合がありますが、そうではありません。また、言い間違えとも思われがちですが、そうとも限りません。「ことづて」は「言伝」と書き、「伝言」の意味を持っています。その為、「伝言をお願いしたい」と伝える場合に「ことづてをお願いしたい」と言うのは正しい表現なのです。

出典: https://www.biccamera.com

しかし、「物品をとどけてもらう」と言う意味はありませんので、「書類をことづてます」などと言うことはできません。「ことづて」は「ことづけ」の類語と考えることもできますが、言い換えが可能かどうかは、なにをお願いしているのかによって変わりますので、注意しましょう。特に、メールでは間違いが文面になって表れてしまいますので、よく確認して使うようにしましょう。

「ことづける」の意味の漢字による違いや使い分けは?

「ことづける」には「伝言」と、「物品を届けてもらう」と言う意味があるとご説明してきましたが、それぞれを正しく使い分けるには、意味の違いに合わせて正しい漢字を書けることが必要です。どのような漢字表記があるのか、どの漢字にどのような意味があるのか、ご説明していきます。

「ことづける」の漢字は?

出典: http://i-move.jp

名詞形「ことづけ」として考えると、漢字は「言伝」「伝言」「言付」「託」「言托」など様々あります。「言伝」は「ことづて」と読み、類語と考えられるともご説明しました。「言伝」に限らず、多少の違いはありますが、すべて、ここまでご説明してきた「ことづける」のうちのどれかの意味を持っています。しかし、動詞形「ことづける」となると漢字表記は「言付ける」と「託ける」の2種類です。それぞれの意味をご紹介していきます。

「言付ける」の意味は?

「言付ける」は「伝言」の意味で「ことづける」と言う場合の漢字表記です。人に伝言をお願いする際にはこちらを使います。あまり書くことはないかもしれませんが、例えば取引相手に電話を掛けたが不在で、伝言を依頼したのちに確認メールを送る場合があるでしょう。その場合は「先ほどお電話口の方に言付けさせていただきましたが、メールでもご連絡致します」のように書きます。

「託ける」の意味は?

「言付ける」が「伝言」の意味であったのに対し、「託ける」は「物品を届けてもらう」を意味する漢字表記です。「託」は「たくす」と読むことができ、その漢字の成り立ちは、「取っ手のある刃物と口の象形」に、「身を寄せる人の象形」が合わさってできた会意兼形声文字です。この字には「頼む」「ゆだねる」「頼る」「かこつける」などの意味があり、ここからも「託ける」が「届けてもらう」を意味することが伺えます。

出典: https://www.lets-club.jp

また、「託ける」と書いて「かこつける」と読むこともできます。「かこつける」の意味は、「直接関係のない物事を結び付ける」「口実にする」「言い訳にする」など、ネガティブな意味を持っています。その為、同じ「託ける」でも、「かこつける」はあまりビジネスシーンにふさわしい使い方とは言えません。例文をあげるならば「営業にかこつけて私用を済ませる」のようになり、良い意味にはなりません。

「ことづける」の漢字の使い分けは?

「ことづける」の漢字には「言付ける」と「託ける」の2種類があることをご紹介しました。「伝言」の意味で「ことづける」と言いたい場合には「言付ける」を使い、「物品を届けてもらう」ことを表現したい場合には「託ける」を使いましょう。漢字を知っておくと、会話だけではなく、メールやメモのやり取りでも間違いが減り、自身の評価が上がりこそすれ、下がることはありませんので、よく理解しておいてください。

「ことづける」の意味の例文は?

それでは、具体的に「ことづける」を使った例文をご紹介していきましょう。「言付ける」と「託ける」の2つにわけて、それぞれにご紹介します。特にビジネスシーンでの使い方をご紹介しますので、是非ご自身の社内や取引先とのやり取りを頭に浮かべながら、実際に使うことをイメージし、文章を自分の中でも作ってみてください。

「言付ける」の例文

まずは「言付ける」を使った例文をいくつかご紹介します。「言付ける」は伝言をお願いする意味で使いますので、電話を掛けた相手が不在で、折り返しの電話をお願いしたい時に「恐れ入りますが、席に戻られたらお電話いただけるように言付けて頂けますか」などの使い方ができます。他には「私から資料をお送りしたと、言付けてください」も使いやすい表現でしょう。

また、伝言が伝わったかどうか確認したければ「先日お電話口の方に言付け致しましたが、お聞きいただけましたか?」と言うこともできるでしょう。その他ビジネスシーンで想定される場面では、会議などの変更を伝える際に「明日の会議が〇〇時からに変更になったと言付けてください」などの使い方もできます。

「託ける」の例文

続いて「託ける」の例文をご紹介します。「託ける」は「言付ける」とは違い、何か物を持ってきたり持って行ったりする意味で使いますので、「この資料を弊社の〇〇に託けますので」と言えば、〇〇さんが持ってきてくれるのだな、と伝わります。他には、誰かに何かを頼んだことを伝えたければ、「それは□□さんに取りに行ってもらうように託けた」と言うこともできるでしょう。

また、「託ける」を「かこつける」の意味で使う場合の例文としては、「歓迎会に託けてお酒を楽しむ」や「残業に託けて帰りはタクシーを使う」などが考えられます。どれにしても、「伝言」や「物品を届ける」とは違い、あまり良い印象ではありません。基本的にビジネスシーンでは、「託ける」を「かこつける」の意味で使うことは少ないでしょう。

「ことづける」の意味の敬語表現は?

「ことづける」はビジネスシーンで使用する言葉ですので、敬語で表現することが非常に多くなります。続いては「ことづける」の正しい敬語表現についてご紹介します。特に電話などで使用することが多い言葉です。顔が見えない相手との会話では、少しのことで相手に嫌な印象を与えてしまうことがありますので、正しい敬語を使って誤解が生まれるのを防ぎましょう。

「ことづける」の敬語表現

例えば「言う」が「おっしゃる」になったり、「食べる」が「召し上がる」になるように、敬語として全く違う言葉が存在する場合もありますが、「ことづける」にはそのような特別な言い回しはありません。「ことづける」を敬語にする場合は、名詞形の「ことづけ」の頭に「お」を付けます。「おことづけ」で、敬語として使うことができます。

「ことづける」の敬語の例文

具体的な例文をあげましょう。先ほどの電話の折り返しをお願いする「お電話いただけるように言付けて頂けますか」と言う例文なら、「お電話いただけるようにお言付けいただけますか」と言い換えます。これだけで丁寧さが増しますので、電話の相手にもより良い印象を与えることができるでしょう。

また、誰かに書類を託す時など、社外の人には「〇〇にことづけます」と言いますが、社内で上司との会話なら、「〇〇さんにおことづけします」と敬語を使う必要があります。相手によって敬語を使うべきかどうかも違いますので、立場をよく考えるようにしましょう。また、誰かにことづけをしたい時などは、「すみませんが、この荷物をおことづけしてもよろしいでしょうか」と伺うようにします。

その他、「自分に任せてほしい」と言う意味で「ことづけ」を使う場合は、「なんなりとおことづけください」や、「遠慮なさらず、おことづけになってください」と言うことができます。さまざまな言い回しをうまく使いこなせるようになりましょう。
 

「ことづける」の意味は受け身では「ことづかる」?

これまでご説明してきた通り、「ことづける」は基本的に自分が相手対して能動的に働きかける意味を持っています。しかし、実際には自分が相手から何かを託される場合もあります。そのような場面では、どのように表現すればよいのでしょうか。続いては「ことづける」を受け身で使う場合についてご説明します。

受け身では「ことづかる」?

「ことづける」を受け身の意味で表現する場合には「ことづかる」を使います。自分が何かを頼まれた時、託された時の使い方です。こちらも「ことづける」と同様、敬語で表現する場合が非常に多くありますが、「ことづける」とは違い、「お」を頭に付けることはしません。「お」を付けるのは、相手を敬う表現である「尊敬語」ですので、自分が主語になる受け身の表現の場合には適しません。

「ことづかる」を敬語で表現する場合は、「いる」の謙譲語「おります」や、「来る」の謙譲語「参る」を付け、「ことづかっております」や「ことづかって参りました」のような使い方をします。主語の違いによって敬語の成り立ちは変わりますので、間違った言い方をしないように注意しましょう。

「ことづかる」の例文

具体的な例文をご紹介します。「ことづかる」は、意味としては「預かる」の意味で使われることが非常に多い言葉です。「〇〇よりこちらの書類をことづかって参りました」や、「□□様から書類を頂くようにとことづかっております」のような言い回しをします。「預かりました」より、ビジネスシーンにふさわしい言い回しで、相手に良い印象を与えることができます。

また、「ことづける」から「ことづかる」へ言い換えることも可能です。その場合、先ほどご説明した通り主語が変わりますので、その点にも注意が必要です。例えば「部長は部下にこの書類をことづけた」から「部下は部長からこの書類をことづかった」となるわけです。主語が誰なのかを見失わないように、注意して言い換えるようにしましょう。

「ことづける」の意味や使い方まとめ

「ことづける」の意味や使い方についてご説明してきました。ご理解いただけたでしょうか。「ことづける」には「言付ける」と「託ける」の2種類の漢字があり、それぞれに「伝言する」と「物品を届けてもらう」と言う意味を持っています。その他、類語としては「伝言する」「メッセージを残す」「託す」などが言い換えも可能な表現としてご紹介しました。

一方、「言い付ける」など言い換えに注意が必要な言い回しもあり、注意が必要です。ビジネスシーンで使うことが多い言葉ですから、敬語表現にも気を付けましょう。敬語にする場合は頭に「お」を付け、「おことづけください」や「おことづけをお願いしてもよろしいでしょうか」とし、受け身とする場合には「お」は使わず、「ことづかる」としてください。

ビジネスは人との関わり合いです。誰かに何かをお願いしたりお願いされたりして成り立っているのです。そうである以上、「ことづける」ことも「ことづかる」ことも避けて通ることはできません。「ことづける」の意味を正しく理解し、ビジネスシーンでのコミュニケーションに役立ててください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ