「致し方ない」の意味と使い方を例文で解説!仕方ない・しょうがないとの違いも!

「致し方ない」という言葉の意味や使い方について、ご存知ですか。話し言葉としてはあまり馴染みのない「致し方ない」ですが、どんな場面で用いるのでしょうか。ここでは「致し方ない」という言葉の意味や使い方、「仕方ない」や「しょうがない」との違いについて解説します。

「致し方ない」の意味と使い方を例文で解説!仕方ない・しょうがないとの違いも!のイメージ

目次

  1. 「致し方ない」の意味や正しい使い方を紹介!
  2. 「致し方ない」とは?
  3. 「致し方ない」の使い方とは?
  4. 「致し方ない」の例文をシチュエーション別に紹介!
  5. 「致し方ない」の類語・言い換え表現との違いとは?
  6. 「致し方ない」の意味を理解して正しく使おう!

「致し方ない」の意味や正しい使い方を紹介!

「致し方ない」という言葉は、少しかしこまった敬語であるため、なかなか使うシーンが限られてくるフレーズです。しかし、ビジネスシーンなどにおいては、目上の人や気を遣う相手に対して、場面に合った使い方をしたい言葉の一つもあります。そこで今回は、「致し方ない」という言葉の正しい使い方や、似たような意味を持つ「仕方ない」や「しょうがない」との使い方の違いについて見ていきましょう。

「致し方ない」とは?

そもそも、「致し方ない」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。その言葉を使うシーンを想定した場合、ポイントとなってくることがあります。ひとつは「致し方ない」は、おもにビジネスシーンで使われることの多い言葉であるということ、もうひとつは、誰かが困っている場面で使用する言葉であるということです。

「致し方ない」という言い回しが使われるシチュエーションとしては、かなり追い込まれている状況であることが想定されます。ビジネスシーンでそのようなことになった場合、どのような対応が好ましいのでしょうか。対応をイメージする際、まず使う言葉の意味を知っておく必要があります。はじめに、「致し方ない」の意味や語源についてご紹介したいと思います。

「致し方ない」の意味

「致し方ない」という言葉の意味は、何か問題が生じたシチュエーションにおいて、その問題を解決するための方策が見出せず「打つ手がない」「どうしようもない」という状態であることを示します。似たような使われ方をする言葉には「仕方ない」「しょうがない」「やむを得ない」などがあります。

「致し方ない」の漢字の読み方と語源

「致し方ない」の読みは「いたしかたない」です。この言葉、語源は一体どのようなところからきているのでしょうか。これは「致し方ない」を分解すると分かりますが、「致す」+「方ない」からきています。まず、動詞「する」の謙譲語である「致す」があり、そのあとに「方法が無い」ということを意味する「方ない」がくっついているのです。

つまり、「致す方法がない」ということです。これにより現在の「致し方ない」の使い方ができたと言われています。「致し方ない」の語源はこのとおりですが、「致し方ない」の類語である「仕方ない」「しょうがない」「仕様がない」なども同じ語源だと考えられています。

「致し方ない」の使い方とは?

ここまで「致し方ない」の意味をご紹介しました。では、実際に「致し方ない」の使い方をご紹介していきます。「致し方ない」は、その言葉の意味から使用するシーンに限りがあります。使用する際ポイントとなるのは3つあります。「敬語の意味を含む」「諦めの意味を含む」、そして「上から物を言うニュアンスになる」ということです。自分に対して使用することもありますが、おもにビジネスシーンで使用すると想定しておきましょう。

目上の人に対して失礼な表現なので注意が必要

先にも述べたとおり、「致し方ない」には「打つ手がない」という意味があります。つまり、「致し方ない」が使われる場面は、何かしらかトラブルが生じている、または生じてしまった後だということになります。ここで注意したいのが、何かについて「致し方ない」状況であると判断する人は、本来、相手より上の立場の人であるということです。つまり、伝えたい内容が、上から目線に伝わる可能性があるのです。

そのため、目上の人などに対して「致し方ない」と言う場合には、注意が必要です。できればそのような状況は避けたいですが、どうしても使わなければならない場合には、相手に可能な限り不快な印象を与えないよう、前後の言い回しに気を配りましょう。後ほどご紹介しますが、「クッション言葉」や丁寧語を組み合わせることで、内容の不快さを少なからず軽減させることができます。

「致し方ない」の基本的な使い方

「致し方ない」の基本的な使い方は、「しょうがない」「仕方ない」と同様です。おもに、どうしようもない状況に置かれた場合や、何かを諦めなければいけない場合など、誰かが困っているシーンで使う言葉です。使用するタイミングは、問題が生じている最中、もしくは生じた後になります。

「致し方ない」を敬語で使う場合は?

「致し方ない」はもともと謙譲語のため、その単語自体が大きく変化することはありません。そのため、実際に敬語を必要とするシーンでは、「致し方ない」に丁寧語を合わせて使うことで、相手に柔らかく丁寧な印象を与えることができます。具体的に言うと、「致し方ございません」「致し方ありません」など、「ない」の部分を、別の言い回しに変えるということです。

敬語を使うシーンというのは限られてきます。もともと「致し方ない」は、意味が「どうしようもない」「打つ手がない」というものなので、その現場の状況や結果が仕方ないものとして判断する意味がこもっています。そのため、どうしても内容が上から目線に伝わってしまう恐れがあります。その対策として、「致し方ない」の前後に「クッション言葉」を使ったり、別の言葉に言い換えをしてみましょう。

クッション言葉や言い換え表現をうまく使おう

「致し方ない」を使う場合、相手の方が目上であれば、より一層気を遣います。しかし、代わりになる言葉や言い回しが思い浮かばなかったり、どうしても「致し方ない」を使うことにこだわりたかったりするときもあります。そのような場合には、言い回しのテクニックとして「クッション言葉」を使うと良いでしょう。

出典: https://next.rikunabi.com

クッション言葉とは、言いづらい内容の前に添えることで、内容を柔らかい印象にし、相手に伝えやすくする言葉です。例えば「大変申し上げにくいのですが、こういった理由により、致し方ない状況でございます」といったように、「大変申し上げにくい」「状況でございます」で文全体を和らげます。

また、「致し方ない」をあえて使わず、別の言い回しにして意味をそのままに伝えることも可能です。先の例文を使って言い換えると、『大変申し上げにくいのですが、こういった理由により、対応が困難な状況でございます』となります。「致し方ない」を「対応が困難」と言い換えることで、仕方ない状況だという言い方に切り換えました。このように、本来の意味を変えずに「致し方ない」ことを伝えることも可能です。

「致し方ない」の例文をシチュエーション別に紹介!

ここまで、「致し方ない」の使い方や、意味を踏まえたうえでの応用方法をご紹介しました。それでは実際、どのようなシーンで「致し方ない」と使うことができるのでしょうか。実は「致し方ない」という言葉は様々なシチュエーションで使用することが可能です。

いくつかの意味ごとに例文を用意しましたので、それぞれどのようなシチュエーションなのか、例文とともにご紹介しましょう。「自分の努力ではどうにもならないような場面」「自分に言い聞かせるような場面」「人の力ではどうにもならないような場面」「仕方なく諦めるような場面」の4つです。ひとつひとつ見ていきましょう。

自分の努力ではどうにもならないような場面

まず、『パソコンが壊れてしまい、致し方ないので修理屋に行く』という例文です。パソコンが壊れてしまったものの、原因がわからず、自分で修理することが困難なため、仕方ないので修理屋に行くことを決めた、という内容です。「自分で直せればいいけれど、直せない」という、自分で解決したいという気持ちがあるけれど、自分にはその技術がないため、他の人や場所に頼らざるをえない状況を「致し方ない」という言葉で表しています。

次の例文は『漫画の続きが読みたいが、まだ新刊が出ていないため致し方ない』です。新しく出たばかりの漫画を読み、続きが読みたくてたまらないのですが、まだ次の話が掲載された本が発売されていません。しかし、漫画の作者に催促をすることができる訳でもなく、新刊が出るのを待つより他に仕方ない状況です。このように、自分には問題を解決する手段がなく、待つしかない、手立てがない場合にも「致し方ない」を使います。

自分に言い聞かせるような場面

『テストの点が悪かったが、致し方ない』という例文では、終了したテストの結果が想像していたよりも悪く、がっくりと肩を落としてしまいそうなシチュエーションです。できる限りの勉強をしたにもかかわらず、満足のいく点数が取れなかったことから、「やり切ってこの結果なら仕方ない」と自分に言い聞かせています。このように、自分が落ち込みそうなとき、努力の末の残念な結果であることを認める形で「致し方ない」を使うことができます。

他人の努力を認めて励ます場面

『後輩が担当の案件が失敗に終わったが、彼は頑張っていたし致し方ない』という例文では、仕事がひとつ失敗に終わってしまい、その担当をしていた後輩を労う意味で「致し方ない」を用いています。これは先の例文と異なり、他人の努力を認めています。このように「致し方ない」を使う場合、だいたいはネガティブなイメージがありますが、人を労って使う際には、応援や励ましの意味も含みますので、ポジティブな意味が付加されるのです。

人の力ではどうにもならないような場面

『雷雨により、サッカーの試合は致し方ないが中止とした』という例文ではどうでしょうか。突然の雷雨に見舞われ、サッカーの試合を続行するのは危険であると判断されたため、やむを得ず試合の中止を決定する場面です。このように、人の力ではどうにもならないような場面に遭遇した際にも「致し方ない」を使うことができます。今回の例文では、原因が天災なので「あきらめざるを得ない」「仕方ない」という意味が表されています。

『落雷により、停電が起きてしまった。致し方ない』という例文も、上記と似て天災にまつわるものですが、先の例文の違いは「致し方ないのは原因か結果か」という点です。先の例文では、サッカーの試合が始まる前に天災が起こり、どうするか考えている状況だったのに対し、今回の例文ではすでに停電が起こってしまい、何もしようがない状況です。このように、結果どうしようもできないような状況でも、「致し方ない」を使うことができます。

仕方なく諦めるような場面

『アイスを落としてしまったが、致し方ない』という例文は、何かのはずみで持っていたアイスを落としてしまった場面です。もう一度新しいアイスを買うこともできますが、「致し方ない」と言うことで、アイスを買うことを諦めています。このように、問題に直面した際に、他の解決策があるにも関わらず、敢えて諦めるような場合に「致し方ない」を使うことができます。

『追試で合格すれば単位がもらえるが、致し方ない』という例文では、試験に落ちてしまった人が、追試に合格すれば単位を無事獲得できるのに「致し方ない」と諦め、自分が追試に向けて頑張ることを放棄してしまっています。このように、努力することを諦め投げ捨てるような場合にも、「致し方ない」を使用することが可能です。

「致し方ない」の類語・言い換え表現との違いとは?

「致し方ない」の使用シーンをご紹介しました。ここまで見ていただいて、「致し方ない」の意味がだいたいご理解いただけたでしょうか。そんな「致し方ない」にも、実は類語が多数存在しています。ここでは、ほんの少し類語をピックアップし、「致し方ない」との違いについて、お話していきたいと思います。

「致し方ない」と「しょうがない」との違い

「しょうがない」は口語的な言い回しで、友人や家族など自分と対等の関係の相手に対して使う言葉だと言えます。そのため、使用されるシーンは主に家庭内や学校、親しい人との会話に限定されます。「致し方ない」と「しょうがない」との違いは、前者がビジネスシーンなどで用いる言葉であるのに対し、後者は非常に砕けた印象を与える言葉である、という点です。「しょうがない」をビジネスの場で使用することは、控えた方が良いでしょう。

また、「しょうがない」は諦めの意味が転じ、「手がつけられない酷い有様」を表す場合があります。例えば、母親が子どもに対して「いくら言っても部屋を片付けないし宿題もしない。しょうがない子ね!」 と叱る場面が想定できます。「致し方ない」が単に諦観を表しているのと違い、さらに相手への非難の気持ちがニュアンスに含まれていると言えるでしょう。

「致し方ない」と「仕方ない」との違い

「仕方ない」は、「致し方ない」に比べて堅苦しさが少ない印象の言葉です。口語的な使い方がされる言葉でありながら、「しょうがない」ほど砕けた印象を与えないので、カジュアルな場面で会う初対面の人など、対等な立場ながら少々気を遣いたい相手に使うのに適しています。意味は「致し方ない」「しょうがない」と同じなので、用いるシチュエーションの違いに応じて使い分けると良いでしょう。

「致し方ない」と同義のフレーズは他にも

出典: https://dictionary.sanseido-publ.co.jp

他に方法がない、その結果を避けることができない、という意味合いを示すフレーズには、これまでに挙げた言葉の他にも「八方ふさがり」「万策尽き果てる」「刀折れ矢尽きる」などの比喩表現があります。また、故事ことわざや古典からの引用では「人事を尽くして天命を待つ」「能事畢れり」といったフレーズも、「致し方ない」を言い換えるのに適しています。なお、「能事畢れり」は「のうじおわれり」と読みます。

出典: https://www.gakken.co.jp

「致し方ない」という言葉の正しい意味を知っていれば、話す、または書く文章の用いるシチュエーションの違いに合わせて、様々なバリエーションの語句に置き換えて使い分けることができるようになります。ここに挙げた比喩表現や故事ことわざのそれぞれの成り立ちなどについての説明は省略しますが、これらの同義語のニュアンスの違いについても併せて理解することで、語彙の幅はますます広がっていくことでしょう。

「致し方ない」の意味を理解して正しく使おう!

「致し方ない」という短いフレーズにも意味が色々あり、使い方もシーンの違いによって様々です。特に注意したいのは、やはり使用する相手が自分か、または目上の人であるかということです。目上の人や気を遣いたい相手に「致し方ない」と言う場合には、クッション言葉を使うなどの工夫をする必要があります相手への気持ちを大切に、自分の思いを伝えるために、「致し方ない」を上手に活用しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ