株の相続手続き方法や手順を徹底解説!税金対策や名義変更のやり方は?

株の相続に関して手続き方法や手順について徹底的に解説を行っていきます。株で上げた収益を相続するというケースも増えてきており、税金対策や名義変更も重要な部分です。そうした点も踏まえて株の相続手続きについて具体的に解説していきます。

株の相続手続き方法や手順を徹底解説!税金対策や名義変更のやり方は?のイメージ

目次

  1. 株を相続する際の手続きや注意点を紹介!
  2. 株の相続は難しい!
  3. 株の相続の受け取りには証券口座が必要である
  4. 株の相続の手続き・名義変更のやり方とは?
  5. 株の相続税について
  6. 株の相続税についての注意点とは?
  7. 株を相続する際の手続きや注意点のまとめ

株を相続する際の手続きや注意点を紹介!

出典: https://chester-tax.com

株を相続する場合の手続きや注意点について具体的に解説を行っていきます。株式という形で相続をするケースも増えてきています。株の相続は一般的な相続と比較しても難しい部分が出てくるので注意しておきたいところです。評価額の計算方法や名義変更の理解も重要です。いかにして株の相続を進めれば良いのか、その内実について確認していきましょう。

株の相続は難しい!

株の相続方法を確認

出典: http://cosmos-gr.co.jp

株の相続に関しては、一言で言うと難しいと感じられることが多くなります。名義変更や口座の開設など、手続きとして行う作業が多くなることもその一因です。基本的に相続に関しては話し合いで決まることも多いですが、株の相続では面倒な部分も出てきます。均等に分割することが難しいという側面もあります。そうした課題を乗り越えることが重要です。

株の相続が預貯金や現金と異なる点とは?

出典: http://www.grapl.com

株の相続については預貯金や現金の相続とは異なる点もあると言われています。それは、相続分が法定相続割合と一致しないという点です。基本的に、妻と子供2人であれば、妻が2分の1を受け取り子供が4分の1ずつ相続するといった規定があります。しかし、株の相続の場合はこの通りにいかないことも多いのです。それが相違点の大きなポイントと言えます。

話し合いで相続の決定

出典: https://souzoku-pro.info

株の場合は資産という側面もありますが、社会的な権利を有するという点でも現金や預貯金などとの違いがあります。株主総会で議決権があることも影響しています。そのため、株の相続に関しては基本的に相続人同士で話し合いを行うことが求められます。株式以外に土地や家屋、預貯金や現金などの相続を合算した上で、バランスを見て決定していきます。

遺産分割協議書に協議内容を必ず残しておく

出典: https://souzoku-cafe.net

株の相続に関しては話し合いで決定されることが一般的ですが、その話し合った内容に関しては遺産分割協議書に内容を記しておくことが重要です。遺産分割協議書に内容を記載しておくことで、後々のトラブル防止につなげることもできます。また、相続税申告の際にも必要な書類です。相続人同士で話し合った記録を書面という形で残しておくことが重要です。

契約書としての役割

出典: http://ososhiki.bellco.co.jp

遺産分割協議書には主に2つの役割があります。1つは、契約書としての役割です。基本的に法定相続人が全員参加して話し合った結果を記載するのが遺産分割協議書です。その書類には全員の署名と印鑑の押印が求められます。決まった内容には従う必要があります。遺産相続という視点において、契約書としての効力を持つのが遺産分割協議書の存在です。

証明書としての役割

出典: https://www.souzoku48.com

さらに、遺産分割協議書には証明書としての役割もあります。対外的に遺産分割があったことや実際にその遺産分割に合意したことを証明する書類としても活用できるのです。相続税の支払いの際にも客観的な証拠として利用することができます。遺産を売却する際に購入者に対して遺産分割協議書を提示することができて、正当な証明書として利用可能です。

罰則規定はない

出典: https://zuuonline.com

契約書としての役割と証明書としての役割の2種類がある遺産分割協議書ですが、作成しなければならないという義務があるわけではありません。遺産分割協議書を作成しなかったからと言って罰則規定があるわけでもないのです。しかし、後々のトラブルなどを考慮すれば作っておくのが賢明です。相続人一同が集まる機会に作成しておくことがポイントです。

遺産分割協議書を作成しなかった場合のリスク

出典: https://www.zeirisi.co.jp

万一、遺産分割協議書を作らずに相続を進めようとすると、誰かが勝手に遺産を処分してしまう可能性もあります。株に限らず、不動産や土地なども売却して自分だけ利益を得ようとする人が出てきてもおかしくはありません。そうしたリスクを払拭するためにも遺産分割協議書の作成が重要なのです。大変なことではありますが、作っておいて損はありません。

相続の手続きが進まない

出典: https://bizisuke.jp

また、遺産分割協議書を作成しないと相続の手続きが進まないというデメリットもあります。株券の名義変更に関しても客観的な証明書となる遺産分割協議書の提示が求められます。不動産や自動車の名義変更なども同様です。遺産手続きを前進させるためには遺産分割協議書が必要となるのです。速やかに手続きを進めるためにも作成するのが有効です。

Thumb株の勉強方法まとめ!投資の初心者が押さえておきたい基礎知識とは?

株の相続の受け取りには証券口座が必要である

証券口座の必要性を確認

出典: https://mastory.jp

株の相続に関してはやや面倒な書類作成もあり、手続きが難しくなる側面もあります。ただし、そうした行動を怠っているといつまで経っても相続できない可能性が高まってくるので、なるべく早く着手することがポイントです。実際に株の相続を受け取る際には証券口座も必要となります。その辺の株式相続手続きについても、具体的に解説を進めていきます。

相続手続きの開始

出典: https://www.meitoku-office.jp

法定相続人での話し合いも修了して遺産分割協議書の作成も終えることができたら、いよいよ株の相続をする段階へと移行していきます。相続の割合が決まった時点で、株式の名義変更手続きを行う必要が出てきます。名義変更をする際には、相続する人の証券口座が必要となるので注意が必要です。証券口座を持っていない場合は、相続することができません。

故人と同じ証券会社がおすすめ

出典: http://zaisan-partners.com

基本的には故人と同じ証券会社の口座を作成しておいた方が手続きもスムーズに進めることができます。故人と別の証券会社の口座でも相続をすることは可能ですが、手続きが煩雑になったり余計な手数料がかかったりするのでおすすめではありません。最初に故人と同じ証券会社の口座を開設して名義変更をした後で、別の証券会社の口座に移すのが無難です。

均等に分けたい場合は「代表相続人口座」が便利

出典: https://www.bengohiroba.com

株式の遺産を相続する上では証券会社の口座が必要となることを理解しておくことが求められます。その上で、株式をきっちりと均等に分けたいというケースでは、「代表相続人口座」の利用をおすすめすることができます。株式については現金と違って、売却のタイミングによって評価額が変わります。そのため均等に分割するのが難しくなってしまいます。

均等な相続も可能

出典: http://www.koseki-souzoku.com

それでも株式を均等に分割する方法がないわけではありません。代表相続人口座を作成して相続人の中で代表者を1人決定します。その代表者の名義で証券会社に代表の口座を作るのです。その口座にいったん全ての株式を移し、売却してしまいます。そうすることで全ての株を現金化することができます。その現金を分割することで均等な相続につながります。

遺産分割協議書への記載が重要

出典: https://www.happy-souzoku.jp

代表相続人口座に株を移管して売却してから分割する場合も、必ず遺産分割協議書に記載しておくことが求められます。遺産分割協議書への記載がない場合、代表者だけが現金を多く相続しても、他の相続人がそれを拒否することができなくなってしまいます。後々のトラブル防止という点でも書類は必要なのです。揉め事や争いの防止につながる大切な部分です。

Thumb株式投資で失敗する人の特徴と事例まとめ!成功するための秘訣とは?

株の相続の手続き・名義変更のやり方とは?

名義変更の方法を確認

出典: https://best-legal.jp

株の相続方法に着目をして、その手続きや考え方について解説を行っています。ここからは株の相続の手続きや名義変更の方法を具体的に解説していきます。株の相続に関しては独特な手順を踏むことも必要とされています。例えば、証券会社の口座開設などもその1つです。そうした手続きの1つとして名義変更方法を理解しておくことも大切なポイントです。

上場株式と非上場株式とではやり方が違うので注意!

出典: https://best-legal.jp

株の相続に関する手続きとしてそのやり方を確認していきます。その相続方法について、上場株式と非上場株式ではやり方が変わってくるので注意が必要です。まずは、上場株式の手続きについて確認していきます。上場株式の場合は証券会社に口座を開設しておくことがポイントです。できれば、故人と同じ証券会社に口座を開設しておくのがおすすめです。

手続きに必要な書類

出典: http://www.tetuzuki-all.com

その上で、次の書類を準備して受け取りの証券口座を指定します。必要な書類としては、相続による株券名義書換依頼書と遺産分割協議書、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本と相続人全員の印鑑証明書、さらに相続人全員の戸籍謄本の5つです。これらの書類を用意した上で、証券会社に連絡を入れます。そうすることで名義変更の手続きを行えます。

証券会社の口座を開設すること

出典: http://fukui-souzokuyuigon.com

株式を相続する場合は基本的に証券会社に口座を開設しておく必要があります。その口座に名義変更をした上で株式を移管することになります。名義変更を済ませれば、相続人の好きなタイミングで売却することが可能です。故人の名義のまま株式を売却することはできません。必ず証券会社に口座を開設してから、株の移管手続きを進めることが求められます。

別の証券会社の口座でできないこと

出典: https://www.souzoku.aiwas.jp

証券会社の口座に関しては故人と異なるものであっても問題ありません。ただし、故人と相続人の証券会社が異なる場合は、株式だけの扱いとなります。外貨MMFや投資信託といった金融資産については移管することができないので注意が必要です。一般口座から特定口座、特定口座から一般口座への移管もできないので、同じ証券会社を利用することです。

非上場株式の手続き方法

出典: http://sokuzo.net

上場株式の相続手続き方法について確認してきましたが、株には非上場株式も存在します。その相続の方法も確認を進めていきます。非上場株式の場合は証券会社に口座を持っておく必要はありません。株を発行している会社に行って直接手続きを進める必要があります。非上場株式発行会社には株式名簿が保管されているので、その名簿を見て手続きを行います。

株主名簿の名義変更

出典: http://www.souzokulaw.jp

基本的には相続人で話し合った結果を非上場株式発行会社の担当者に伝えて、株主名簿の名義変更を行うことになります。相続人が合意していれば、名義変更を行うことはいつでも可能です。ただし、非上場株式発行会社の場合は株主名簿の管理がずさんになっている可能性もあります。その場合は税務署などと連携して手続きを進めることがポイントです。

必ず遺産分割協議を行う

出典: https://www.meigihenkou-souzoku.jp

上場株式と非上場株式の株の相続手続き方法について確認してきました。いずれにしても大切なのは、必ず遺産分割協議を行うことです。遺産分割協議を行った上で、遺産分割協議書への記載を行うことがポイントです。口頭だけの約束だと「言った言わない問題」に発展することもあります。相続人の間で確かな約束を交わして記録を残しておくことが大切です。

株の名義変更の手続きと必要な書類とは?

出典: https://souzoku.yokozeki.net

さらに、株の名義変更の際に必要となる手続きと必要な書類について確認していきます。遺産分割協議の結果として株式の相続が決定したら、株の名義変更を行うことになります。その際には、株券と相続による株式名義書換請求書、共同相続人の同意書または遺産分割協議書と相続人全員の印鑑証明書、相続人全員の戸籍謄本と被相続人の戸籍謄本が必要です。

株式名義書換請求書の提出

出典: https://www.raise-jsc.com

また、相続による株式名義書換請求書の提出も必要となります。これらの書類を持参して提出した上で、実際に名義変更を行うことになります。株券については基本的に電子化されているので、持っていなければ不要です。証券会社の窓口で手続きを進めれば、名義変更は完了となります。非上場会社の株の場合は直接株券発行会社に問い合わせる必要があります。

株を紛失した場合の手続きの方法とは?

出典: https://best-legal.jp

万一、株を紛失してしまった場合の手続き方法についても確認していきます。株を紛失した場合は、株券発行会社に対して「株券喪失登録簿記載事項」を「株券喪失登録簿」に記載してもらうようにします。株券喪失登録簿への登録を済ませてから1年を経過すると株券が無効となります。無効となった後であれば名義変更できるので、手続きを進められます。

Thumb株の「出来高」とは?「株価」との関係やチャートの見方まで徹底解説!

株の相続税について

株の相続税についての確認

出典: https://asset-campus-oag.com

株の相続に関して、具体的な手続き方法や必要な書類について確認してきました。万一、株券を紛失してしまった場合も慌てることなくやるべきことを行うことがポイントです。その上で、ここからは株の相続税について確認していきます。株の相続に関しては税金の支払いも必要です。税金支払いのための評価額確認方法なども具体的にご紹介していきます。

株を相続した場合の評価方法は2種類ある

出典: https://gentosha-go.com

株を相続した場合の評価方法としては、2種類に分けて考えることができます。1つは原則的評価方式と呼ばれう評価方法です。こちらは株式を発行している会社の規模や業績などを基準に評価する方式です。従業員数や総資産評価額なども影響してきます。会社としてのブランドや知名度、社会的な規模の大きさも踏まえた上で評価が下されることになります。

配当還元方式の評価方法

出典: https://gentosha-go.com

もう1つの評価方法として、配当還元方式と呼ばれる方法を挙げることができまし。これは、株主に対して配当したお金に注目をして評価する方式のことです。多くのケースで原則的評価方式を使うので、配当還元方式はあまり利用されません。(年配当金額÷10%)×(一株あたり資本金の額÷50円)という計算式を用いて、評価されるのが配当還元方式です。

上場株式の相続税評価額の計算方法

出典: https://souzoku-academy.com

多くのケースでは、原則的評価方式が利用されることになります。その計算方法の考え方としては、類似業種比準方式と純資産価格方式を挙げることができます。比較的大規模な会社については類似業種比準方式が採用されて、小さな規模の会社は純資産価格方式が採用されることが多くなっています。中規模程度であれば、両者を併用することが多いです。

類似業種比準方式に必要なデータ

出典: https://media.rakuten-sec.net

例えば、類似業種比準方式の計算を行うためには、類似業種の株価や類似業種の1株あたりの配当金、類似業種の1株あたりの利益や1株当たりの純資産などを踏まえた上で計算を進めていくことになります。また、自社1株あたりの配当金や利益、純資産などを計算に入れた上で算出していきます。複雑な計算方法によって最終的な評価が下ることになります。

実際にどのように相続税は計算されるのか?

出典: https://souzokuzeihiroba.com

実際に相続税に関して、モデルケースを挙げて確認していきます。例えば、法定相続人が妻と子供の2人で、株なども含めた正味の評価額が9,000万円だと仮定します。その場合、基礎控除として4,800万円が差し引かれるので課税対象となる遺産相続評価額は4,200万円です。基礎控除の計算式は、「3,000万円+600万円×法的相続人の数」となっています。

受け取り評価額に対して税金がかかる

出典: https://www.bengo4.com

課税対象となる評価額の4,200万円を3人の法定相続人で分割することになります。民法の規定で配偶者が評価額の半分、子供はさらにその半分という決まりがあります。つまり、妻が評価額の半分の2,100万円、子供2人が評価額の4分の1ずつで1,050万円を受け取ることになります。この評価額に対して相続税と呼ばれる税金がかけられることになります。

控除額と税率の確認

出典: https://chester-tax.com

相続税の税金に関しては、評価額として取得した金額に対して控除額と税率が定められています。例えば、1,000万円以下の評価額受け取りの場合は、税率が10%で控除はありません。3,000万円以下であれば、税率が15%で控除額が50万円です。5,000万円以下の場合は税率20%で控除額は200万円、1億円以下であれば税率30%で控除額が700万円です。

実際に支払う税金の計算

出典: https://maonline.jp

モデルケースについて確認していくと、妻は2,100万円の評価額となるので、税率が15%で控除額が50万円となります。実際に支払う税金が265万円という計算になります。子供2人の評価額は1,050万円となるので、こちらも税率が15%で控除額は15万円です。計算の結果、実際に支払う税金は107万5,000円ということになります。

株の相続時に発生する税金対策の方法とは?

出典: https://gentosha-go.com

株を相続する際には、株の評価額と共にどのくらいの税金がかかるのか理解しておくことも大切なポイントです。株の相続時には税金対策を講じておくこともおすすめです。その税金対策としては、株式の贈与や売却を挙げることができます。株価が下がった時に株式を贈与したり売却したりすることで、全体の評価額を下げて節税につなげることができます。

保有株の評価額を引き下げる

出典: https://souzokuzei-taisaku.link

また、株の相続の際の税金対策として、保有株の評価額を引き下げるという方法を挙げることもできます。株価の評価額計算方法について理解することで、株価上昇を防ぐヒントを得ることもできます。具体的には税理士などの専門家に相談することも効果的です。評価額を抑えることによって、全体として支払う税金の額も安くすることにつながります。

Thumb株の仕組みや基礎知識をわかりやすく解説!投資初心者は必読!

株の相続税についての注意点とは?

株相続の際の注意点を確認

出典: https://www.k-larc.jp

株の相続に関しては、相続人での話し合いや書類の作成なども含めて、1つ1つの手続きを丁寧に進めていくことが求められます。その中で評価額の計算方法確認や税金対策などを行って、少しでも有利に進められるようにしておくことがポイントです。ここからは、株の相続に際しての注意点を確認していきます。特に相続税に関しては注意が求められます。

「相続税の取得加算費の特例」という制度

出典: https://ocpa.jp

株を相続する際には、現金や預貯金の相続と同様に相続税を支払うことになります。その中で「相続税の取得加算費の特例」と呼ばれる制度に注意をしておく必要があります。この制度は、財産を相続する方に相続税の負担がある場合に適用されます。相続開始の翌日から3年10ヶ月以内に相続財産を譲渡することで、相続税額の加算ができる仕組みです。

利用者にとってはメリットのある制度

出典: https://www.zeirisi.co.jp

実際には、譲渡所得の金額の計算上控除する取得費に譲渡した財産に対応する相続税額を加算するという形になります。これは譲渡によって生じる所得税の負担が重くならないように設けられた仕組みであり、利用者にとってはメリットのある制度と言えます。相続税を支払うのは簡単ではありません。こうした制度を活用するのもおすすめの考え方です。

相続税の取得加算費の特例制度を利用する

出典: https://nagoya-sozokuzei.jp

例えば、相続税の支払いのために、土地や不動産などの遺産を売却するということもあります。その際には、相続税の取得加算費の特例を活用することで、税金の支払いを安くできる可能性もあります。株式の売却に関しても同様です。相続税の取得加算費の特例制度を利用すれば、株式を売却した際に発生する譲渡益にかかる税金を抑えるという利点もあります。

株の相続には様々な問題が起こる可能性がある

出典: http://mag.sozoku-110.jp

さらに、株の相続に際してはさまざまな問題が起こる可能性があることも頭に入れておきたい部分です。例えば、非上場株式の場合は上場株式と異なる計算方法を用いて評価額を決定することになります。そのため、相続税の取得加算費の特例制度を活用しようとしても、計算が複雑になって問題が起こることも多いです。税務的な視点では大変なこともあります。

税理士に教えを請う

出典: https://gentosha-go.com

遺産に株式が入っている場合は、税理士に相談することが賢明です。特に非上場の株式が含まれている場合は、専門家に指示を仰ぐことがポイントです。会社から買取を求められることもあり、買取請求に応じなければならないことも出てくるのです。法務上や税務上の手続きという視点で見ても、個人で対応できない場合は税理士に教えを請うことが効果的です。

納得感のある形で相続を進めていく

出典: https://jms-support.jp

株の相続に関しては、一筋縄ではいかない部分も多々出てきます。法定相続人との話し合いの結果、納得感のある形で相続を進めていくことがポイントです。相続税の取得加算費の特例なども活用しつつ、できるだけメリットのある形で相続を進めていきたいものです。わからないことがあれば税理士に確認するなどして、手続きを前進させていくことが重要です。

Thumb株式併合とは?株価への影響やメリット・デメリットまで徹底解説!

株を相続する際の手続きや注意点のまとめ

出典: https://souzokuzei-taisaku.link

株の相続という点に注目をして、相続に必要な考え方や手続き、注意点などを具体的にご紹介してきました。株の相続は現金や預貯金などと比較しても、やや煩雑で大変な手続きが待っています。後々のトラブル防止という点でも、遺産分割協議書を作成しておくことが求められます。1つ1つの手続きを適切に行うことで、円満な形で分割を進めていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ