歯科助手の志望動機・自己PRの書き方とは?未経験でも使える例文まとめ!

未経験者の応募も可能な医療系として人気を集めている『歯科助手』。そんな『歯科助手』として働きたい方は、応募の際に重要となる『志望動機』や『自己PR』の書き方を覚えておくと有利です。今回は、未経験者も使える歯科助手の志望動機・自己PRの書き方をご紹介します。

歯科助手の志望動機・自己PRの書き方とは?未経験でも使える例文まとめ!のイメージ

目次

  1. 歯科助手として働きたい人必見!履歴書の書き方を紹介!
  2. 歯科助手とはどんな仕事?
  3. 歯科助手として働く際には資格があると有利?
  4. 歯科助手に応募する際の履歴書の書き方のポイント:志望動機の書き方
  5. 歯科助手に応募する際の履歴書の書き方のポイント:自己PRの書き方
  6. 歯科助手に応募する際の履歴書の書き方のまとめ

歯科助手として働きたい人必見!履歴書の書き方を紹介!

出典: https://tap-biz.jp

歯医者に行くと、お世話になる『歯科助手』。そんな『歯科助手』は医療系に携わりたいという方の間でも人気の職業です。『歯科助手』として働きたいと考えると、履歴書応募の際にどの様な志望動機を書くかも重要です。今回は、『歯科助手』として働きたい人必見の履歴書の書き方を詳しくご紹介します。

Thumb歯科助手の仕事内容とは?未経験でも出来る人気のアルバイト!

歯科助手とはどんな仕事?

出典: https://sw.job.dmkt-sp.jp

履歴書の書き方や履歴書の志望動機を考える前に、あなたは『歯科助手』とは一体どんな仕事かご存知でしょうか?実は、『歯科助手』に応募する方の中には意外にも『歯科衛生士』との違いがわからなかったり、どの様な仕事なのかわからず何となく応募する方も多い様です。

出典: http://ikikatadatabase.com

履歴書に志望動機を書く際、自己PRの強さも重要ですが、まずはどの様な職業かをしっかり理解しておくことが重要です。志望動機を書く際にはもちろんのこと、面接時にもしっかりと受け答えできる様にする為、まずは、『歯科助手』とは一体どんな仕事かについて学んでみましょう!

歯科助手は未経験でも応募できる?

出典: https://careerpark.jp

歯科医院で働くことになる『歯科助手』ですから、医療系に携わることになります。医療系への就職は国家資格を要することが多かったり、専門知識を専門学校や短期大学・大学などで学び、資格をとって初めてなれるものが多いです。そこで気になるのが、「『歯科助手』は未経験でも応募が可能なのか?」ということです。結論からお話しさせていただくと、『歯科助手』は資格を持たない未経験者でも応募は可能です!

出典: https://shukatsu-mirai.com

『歯科医師』や『歯科衛生士』は資格が必要となっていますが、『歯科助手』は未経験でも働けます。歯科医院によっては大学生などをアルバイトとして雇っていることもありますし、主婦がバイト・パートとして働いていることも多いです。この様に、未経験でも『歯科助手』は応募することが可能ですが、資格を持っておくに越したことはありません。取得しておくと有利になる資格については後ほど詳しくご紹介します。

歯科助手の主な仕事内容とは?

出典: https://www.tensyoku-station.jp

続いては、『歯科助手』の主な仕事内容は一体どんなものなのかですが、簡単に説明すると歯科医師や歯科衛生士のアシスタント業務を行うことが仕事内容となっています。「『歯科助手』と『歯科衛生士』の仕事内容の違いがわからない」という方が意外にも多いのですが、これらの仕事内容の違いは、国家資格の有無によってことなっています。

出典: https://jp.stanby.com

『歯科助手』は未経験でも応募することができますが、『歯科衛生士』は最低でも3年制の歯科衛生士養成過程のある専門学校もしくは短期大学に通い、歯科衛生士の国家試験の受験資格を得た上で国家資格を取得しなければなれません。その為、仕事内容にも大きな違いが出てきます。

出典: https://careerpark.jp

国家資格を取得している『歯科衛生士』は患者さんの口の中に触れることが出来、歯の予防処置や歯の保健指導などといった『歯科医師』の診療補助を行うことができます。しかし、未経験でも応募することができる『歯科助手』は患者さんの口の中や歯に触れられず、歯科医師に治療器具を受け渡しをしたり、バキュームで唾液を吸い込む・口の中を照らすライト調整などといったサポートです。

出典: https://townwork.net

その他にも、口腔内を見るための鏡やピンセットや治療で使用した器具の洗浄や消毒などを行うことや、歯に詰めるセメントを練る行為、治療の順番が来た患者さんを呼び、席やレントゲン室へ誘導することも『歯科助手』の仕事です。

出典: https://jobtalk.jp

歯科医師の指示に従ってサポートをする『歯科助手』ですが、患者さんの受付や会計・カルテ整理・掃除・電話応対・薬の受け渡しなどの雑務もこなさなくてはいけません。未経験でも応募することができる『歯科助手』だからこそ、院内の空気・状況を読みながら迅速にサポートに回らなくてはならない大切な仕事です。

Thumb歯科助手の給料・年収はどれくらい?医療事務との違いなど紹介!

歯科助手として働く際には資格があると有利?

出典: http://ikikatadatabase.com

先ほど、『歯科助手』が未経験でも応募可能であることをご説明した際、未経験での応募も可能ですが、資格があるとより有利とお伝えしました。では、『歯科助手』として働く際には一体どの様な資格があると有利になるのでしょうか…?お次は、『歯科助手』として働く際に有利になる資格をチェックしてみましょう。

資格①歯科助手検定試験

出典: https://townwork.net

『歯科助手』として働く際に有利となる資格一つ目は、『歯科助手検定試験』です。こちらの資格は日本歯科助手検定協会が認定している検定試験で、3級から1級まであり、飛び級受験は不可となっているので3級から順に受験していきます。試験内容は、3級が基本的な歯科医療の知識について、2級が幅広い歯科医療の知識と診療方法の応用についてです。

出典: https://shukatsu-mirai.com

そして1級が、歯科医療の深い知識と診療体制に関する迅速な対応の可否についてとなっています。『歯科助手検定試験』には受験資格がないので、申し込みと支払いをすれば誰もが受験することが出来ます。『歯科助手検定試験』の試験は60分間の筆記試験で、70%以上正解すれば合格となります。『歯科助手検定試験』は年1回行われます。

資格②歯科医療事務管理士

出典: https://gooschool.jp

『歯科助手』として働く際に有利となる資格二つ目は、『歯科医療事務管理士』です。『歯科医療事務管理士』は、全国医療技能検定協議会が認定する検定試験で、3級から1級まであります。こちらの資格は、医療保険制度に関する知識や治療費の計算ができる事務の専門スキルがあることを証明する認定試験です。

出典: https://osusumenotuushinkoza.click

試験内容は、3級が医療保険制度等の理解度・基本的な治療内容の把握やカルテに点数を記入について、2級が応用的な治療を把握しや明細書(レセプト)に正確な記入について、1級が請求事務を幅広くこなせる深い知識・技能、あらゆる治療内容の点数算定についての深い知識についてです。『歯科医療事務管理士』の試験は3級が60分間・2級と1級が90分間の筆記試験で、80%以上正解すれば合格となります。

資格③歯科助手資格認定制度

出典: https://careerticket.jp

『歯科助手』として働く際に有利となる資格三つ目は、『歯科助手資格認定制度』です。『歯科助手資格認定制度』は公益社団法人日本歯科医師会が認定する制度で、『甲種』『乙種第一』『乙種第二』の3種類の認定資格があります。費用や開催日は都道府県によって異なるものの、費用平均は8千円〜1万5千円程度、受講期間は半年程度となっているそうです。受講資格は高卒見込み者以上です。

出典: https://nzdaisuki.com

『甲種』は420時間以上の講習を修了、もしくは乙種第一の資格を持った上で3年以上業務に携わり、補充研修訓練基準による訓練を修了での認定、『乙種第一』は科助手として主に診療室内の業務を行う人が52時間以上の講習を修了、『乙種第二』は歯科助手として主に受付などの事務的な業務を行う人が40時間の講習を修了すると取得できます。講習内容は『歯科助手の心得』や『医療安全』『社会保険の概要』などです。

Thumb歯科助手は資格が必要?歯科衛生士との違いや勉強方法まとめ!

歯科助手に応募する際の履歴書の書き方のポイント:志望動機の書き方

出典: https://www.omichikai.or.jp

『歯科助手』として働く際に有利となる資格がわかったところで、いよいよ履歴書の書き方について学んでいきましょう!まず、『歯科助手』として働きたいと思ったら、志望動機を考えなくてはなりません。志望動機は『歯科助手』未経験者はもちろんのこと、経験者もしっかりと述べることで面接官へ好印象を与えることができる重要なポイントです。

出典: https://shukatsu-mirai.com

そんな履歴書の書き方として抑えておきたいポイントである志望動機ですから、まずは志望動機の書き方をしっかりと学び、構成を練ってみなくてはいけません。では、『歯科助手』に履歴書応募する際の、志望動機の書き方は一体どの様なポイントを押さえておかなくてはいけないのでしょうか?まずは、『歯科助手』の志望動機書き方について学んでみましょう。

志望動機で気を付けるポイント

出典: https://employment.en-japan.com

まず、履歴書やエントリーシートで必須となる『志望動機』が何かと簡単に説明すると、『なぜその企業を志望しているのか』といったことをアピールすることです。この『志望動機』を履歴書に書くときに気をつけるべきポイントは『なぜ歯科助手という仕事をしたいのか』『この歯科医院で働きたいと思っている理由は何なのか』をしっかり伝えることが重要です。

出典: http://www.thestrainthebook.com

「なんとなく歯科助手になりたい」「未経験でも応募できる医療系のお仕事だから」という理由で『歯科助手』を希望される方ももちろんいらっしゃると思いますが、その様な妥協感を感じさせてしまうと受かるものも受かりません。履歴書の志望動機では多くの応募者から目を引くようなインパクトや「この人と話してみたい」「この人が入社したらメリットがありそう」と思わせることが重要なポイントです。

出典: https://employment.en-japan.com

その為、『この歯科医院に入ったら◯◯したい』『◯◯がきっかけで興味を持った』などという理由や、資格を持っている場合は『私は◯◯ができる』などといった即戦力アピールなど、自分の強みやアピールポイントをはっきりさせることが大切です。

志望動機の例文を紹介!

出典: https://employment.en-japan.com

私が貴院を志望したのは、予防歯科として虫歯の予防に力を入れている点に魅力を感じたためです。以前、虫歯で歯科医院に通院した際、正しい歯磨きの方法を教わる為に数回通院したことがあり、虫歯予防の大切さを実感しました。その経験から、予防歯科として虫歯の予防に力を入れている貴院で歯科助手経験を生かして貢献していきたいと思います。

出典: https://daini2.co.jp

私が貴院を志望したのは、幼少時代からお世話になっていた歯科医院であるためです。貴院の歯科医師や歯科助手の方優しく対応してくださったことで歯科に対する恐怖心どころか安心感を覚えました。医療業界での勤務経験はありませんが貴院へ入社できた際には、患者様の気持ちを一番に考えておられる貴院の一員として、患者様とのコミュニケーションを大切にし、努力する所存です。

歯科助手に応募する際の履歴書の書き方のポイント:自己PRの書き方

出典: https://townwork.net

『歯科助手』に応募する際の志望動機の書き方ポイントについて学べたところで、志望動機と同じくらい重要なのが『自己PR』です。自己PRの書き方ポイントを押さえておくことで、多くの応募者の中から興味を引くことができます。では、『歯科助手』に応募する際、自己PRは一体どの様な書き方をすれば良いのでしょうか?最後に、『歯科助手』の自己PRの書き方について学んでおきましょう。

自己PRにおすすめなアピールポイント

出典: https://shukatsu-mirai.com

『自己PR』はその言葉の通り、『自分の長所や特徴をPR』することです。年齢や職歴・結婚の有無など似たような条件の人が2人応募している際、自己PRで選考することも多いようです。つまり、企業にとって「採用したい!」と思わせるような自分の長所や特徴をアピールすることが就活では非常に重要です。

出典: https://shingaku.mynavi.jp

では、『歯科助手』になりたい方におすすめな自己PRのアピールポイントは一体どの様なものがあるのかというと、やはりこれまでの経験や取得した資格についてです。『歯科助手』として有利になる資格は『歯科助手検定試験』『歯科医療事務管理士』『歯科助手資格認定制度』などです。

出典: https://sif.ac.jp

しかし、この様な資格を持っていない方や『歯科助手』としての勤務経験はなくとも、医療関係の機関で働いたことがある方は、受付やカルテ整理・レセプト知識などといったある程度の仕事内容や流れを理解していることが予想されるので即戦力になると思われ有利です。

出典: https://employment.en-japan.com

もちろん、『歯科助手』として他の歯科医院で勤務したことがある方は、自己PRでしっかりアピールしておくようにしましょう。歯科医院によって細かい決まり事などは異なりますが、『歯科助手』としてしなくてはならない『歯科医師』のサポートがすぐに出来るかといった仕事内容は同じなので、こちらも即戦力になることが予想され、好印象となります。

出典: https://kenjasyukatsu.com

医療関係の機関での勤務経験がない方や、『歯科助手』としての勤務経験もなく、業界未経験の方の自己PRは、前職での経験をアピールポイントとして伝えていくようにしましょう。新卒の方であれば、学生時代のアルバイトやサークルなどでの自分のアピールポイントがおすすめです。

出典: https://employment.en-japan.com

前職やアルバイトで接客業だった方は、接客マナーについてのスキルをアピールしたり、サークルや学生時代に長年続けた部活がある方は忍耐強さやなどのアピールもおすすめです。また、歯科医院ではスタッフのチームワークが重要となるので協調性のアピールもおすすめです。自己PRは自分の魅力を面接官に伝えることが目的なのであまり難しく考えすぎずに自分の長所を見つけていくようにしましょう。

自己PRの例文を紹介!

出典: http://career-t.net

前職では医療事務として〇〇歯科医院に勤務していました。受付として患者さんとのコミュニケーションをしてきたので、接客マナーやコミュニケーション力には自信があります。前職での経験を生かして、先生方の緻密な仕事のサポートを行い、より良い口腔医療現場を作っていきたいと考えています。

出典: https://www.shukatsu-note.com

学生時代は飲食店でのアルバイトを3年間経験し、スムーズに業務を行うための協調性やお客様が気持ちよく過ごしてもらうための接客マナーを身につけました。歯科助手としては未経験ですが、学生時代のアルバイトで身につけた協調性や接客マナーで歯科医師や歯科衛生士の方々と連携を取りながら業務を進めていき、患者さんにはリラックスして過ごしてもらえるような応対をしていきたいと思っています。

歯科助手に応募する際の履歴書の書き方のまとめ

出典: https://townwork.net

歯科助手の志望動機・自己PRの書き方・例文のご紹介まとめはどうでしたか?『歯科助手』という職業は、医療系の職業ではありながらも、資格を持たない未経験者でも働くことができる職業です。その為、『歯科助手』は医療系の数ある職業のなかでも特に人気の職業となっており、応募する際の履歴書の書き方には他の応募者とは違ったアピールが採用のカギとなります。

出典: https://www.naniwa-dental.ac.jp

『何故歯科助手として働きたいのか』はもちろんのこと、『多くの歯科医院があるなかで何故、この歯科医院を選んだのか』といった理由を志望動機に盛り込んでいけると面接官の目に留まりやすいです。また、自己PRでは自分の魅力をしっかり伝えられるよう、自己分析を事前にしておくのがポイントです。人気職業の『歯科助手』ですから、履歴書では志望動機や自己PRに力を注いで採用を勝ち取れるように頑張りましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ