治験コーディネーターは辛い?看護師の資格や経験を活かせるのか調査!

最近の医療ドラマでも登場する治験コーディネーターはどういう仕事をしているのでしょうか?治験コーディネーターの40%くらいは看護師の資格を有しています。そこで治験コーディネーターは看護師の資格や経験を活かせるのか?辛い仕事なのか?を調べていきます。

治験コーディネーターは辛い?看護師の資格や経験を活かせるのか調査!のイメージ

目次

  1. 治験コーディネーターとは?仕事内容や年収をチェック!
  2. 治験コーディネーターには看護師の資格や経験が必要?
  3. 治験コーディネーターに何が求められるのか?
  4. 治験コーディネーターに看護師から転職するメリットとは?
  5. 治験コーディネーターは辛い?看護師からの転職!実際はどうなのか?
  6. 治験コーディネーターについてまとめ

治験コーディネーターとは?仕事内容や年収をチェック!

出典: https://www.cro-japan.com

製薬企業などによって開発された新薬を実際に使用されるために必要な臨床研究のことを治験といいます。医療機関や製薬会社と対象となる患者さんの間で治験がスムースに進むように調整していくのが治験コーディネーターの仕事です。治験コーディネーターの仕事内容、年収、立場、やりがい、辛さなどについて調べていきます。

治験コーディネーターとは

出典: https://www.kohnan.gr.jp

最近の医療ドラマでも登場していた治験コーディネーターは製薬会社で開発された治験薬を医療現場において被験者である患者へのケアと医師がその薬を処方したり治療の手技とし使われる際にはそのデータなどを用いてサポートし、被験者である患者と医師、医療スタッフなどを支えてるだけでなく治験における臨床結果を取りまとめを行う業務を行います。

治験コーディネーターの仕事内容

出典: https://kango.mynavi.jp

治験コーディネーターの1日はまず会社ではなく担当している治験実施医療機関に直行して治験に参加している患者さんの体調変化や服薬状況をカルテで確認し指導や検査をしてデータ整理をし、医師や医療スタッフと治験依頼者との報告ミーティングを行います。一つの治験が済んだら他の治験薬の候補を探し、カルテのスクリーニング、報告書作成、連絡・報告を済ませてから明日のスケジュール調整するまでがその日の仕事となります。
 

治験コーディネーターの年収はどれくらい?

出典: https://kango.mynavi.jp

治験コーディネーターの年収は未経験者は300万から400万円位で経験者は400万から500万円位が提示されることが多くあります。治験を応募する企業や勤務地によっても50万円くらいの差を生じることがあります。看護師の平均年収は約470万円なので転職してすぐは年収が下がる人もいますが経験と実績を積むことで将来的には看護師の年収を超えることは大いに考えられます。

治験コーディネーターには看護師の資格や経験が必要?

出典: https://shingaku.mynavi.jp

治験コーディネーターと聞くと看護師などの資格が必要なのでは?と思われがちです。それは治験において医療知識があれば被験者である患者との面談時や医師や医療スタッフとの打ち合わせのときも円滑に仕事を進めることができると考えられているからです。そこで治験コーディネーターには看護師の資格や経験が必要なのかを調べてみました。

看護師の資格は必要?

出典: https://yakuzaishi-navich.com

治験コーディネーターになるために特別な資格は必要ありません。ただ被験者の患者と医師や医療機関の間で話し合いなどをする際にはやはり看護師の資格があった方がカンファレンスのときなども円滑に物事を進めることができるのもあり看護師の資格は必要となってきます。実際にいま働いている治験コーディネーターの半数近くは看護師の資格を取得しているそうです。

役立つ資格とは?

出典: https://yakuzaishiharowa.com

治験コーディネーターには看護師の他に薬剤師もいます。治験コーディネーターには公的な資格はないものの認定資格もあります。その認定資格は日本SMO教会の「公認CMC」です。認定資格なので5年で更新となり再度テストを受けて研修することでスキルアップしていきます。

看護師の経験がなくてもなれる?

出典: https://crcjob.jp

治験コーディネーターは看護師の経験がなくてもなれます。治験コーディネーターの認定資格を取ることで昇給もできて看護師資格を有している人と変わらない働きをすることができます。バイタル測定のときは看護師経験があったほうが有利となります。とはいえ、その他のデータ処理などは経験がなくても問題なくこなすことができるので看護師の資格がなくても問題ありません。

役立つ経験とは?

出典: https://crcjob.jp

治験コーディネーターは被験者の患者と医師・医療関係者との間で働くというのもあり医療現場で働いていたり、カウンセリングの経験があれば被験者の患者ではなく悩める人の話を聞いたり相談を解決するヒントを与えることもできます。看護師だけでなくソーシャルワーカーや社会福祉士などの資格があると治療計画にも参加できるという利点があります。

治験コーディネーターに何が求められるのか?

出典: http://jasmo.org

治験コーディネーターは病院の医師や医療スタッフ及び患者さんと治験薬を通して医療に貢献するという重要な役割を果たしています。その治験コーディネーターは治験薬の説明、投薬、データ確認などの仕事だけではなく患者さんと医師や医療スタッフの関係を保つためにも不安や心理的負担の軽減の為にケアサポートすることもあります。治験コーディネーターには治験薬を通して医療スタッフとして支えることも求められています。

治験コーディネーターに求められる能力とは?

出典: https://crcjob.jp

治験コーディネーターに求められる能力は看護師の持つような医療知識や薬剤の知識の基礎的な部分を求められます。医療知識の他に被験者である患者と医師、医療スタッフとのコミュニケションをうまく取っていくためにはコミュニケーション能力も必要となります。不安や心理的負担を減らすためにはカウンセリング能力もあるとより効果的です。

治験コーディネーターに看護師から転職するメリットとは?

出典: https://crcjob.jp

治験コーディネーターに看護師から転職するメリットはまず勤務時間が短くなることです。病院で働く看護師はどうしても拘束時間が長くなると辛いのもありメリットとなります。治験コーディネーターになることで新薬の知識を持つことができるだけでなく病院内だけで働いているときと違いより多くの出会いもあるという点でもメリットとなります。その他にはどういうメリットがあるのかをお話ししていきます。

病院に勤めていた経験が役立つ

出典: https://ameblo.jp

病院で勤めていた看護師が治験コーディネーターになると被験者である患者との接し方だけでなく医師や医療スタッフとの関係も円滑に進めることができるのでメリットといえます。治験を進めていくときにどちらにも寄り添うことができる事はお互いの信頼感につながっていけることはメリットです。

休みが多い

出典: https://crcjob.jp

病院で働いていた看護師は夜勤があったりするのもあり週休2日制となっていても十分に休みが取れないという経験がある看護師が治験コーディネーターに転職すると定時に退社できます。病院における急患のための待機もないというのは実質的にも十分に休みを取ることもメリットといえます。

デスクワークが中心なので楽

出典: https://crc-bank.com

病院で働く看護師と違い治験コーディネーターは出社してすぐにスケジュールの確認をしてメールチェック、カルテのチェックと医師や医療スタッフとの打ち合わせを済ませて被験者との面談、製薬会社での勉強会参加、その後その新薬の資料作り、メールチェック、データ整理などのデスクワーク中心の仕事となるので身体的には楽になります。

治験コーディネーターは辛い?看護師からの転職!実際はどうなのか?

出典: https://crcjob.jp

治験コーディネーターは常に医師や医療スタッフ、製薬会社、被験者となる患者の間で仕事をするので辛いと思われることもあります。看護師から転職される方もいる治験コーディネーターですが実際のところはどうなのか?をお話していきます。

立場の違い

出典: https://crcjob.jp

看護師から転職した治験コーディネーターは病院で勤めていた人も多く医師や医療スタッフ、製薬会社、被験者となる患者との間でそれぞれの立場の違いをしっかりとわきまえて動くことができるところでも看護師の方が治験コーディネーターに向いていると考えられます。

仕事に対する物足りなさ

出典: https://crcjob.jp

病院で勤めていた看護師が治験コーディネーターに転職すると看護師としてのスキルは主にバイタルチェックのみとのことなので病棟で働いていた看護師の日々の業務と比べるとほとんどがデスクワークなので物足りなさは感じることはあるようです。

患者の症状が悪化することも

出典: https://crcjob.jp

治験においてはあらかじめ被験者である患者にお伝えしていますが治験薬服用にて患者の症状が悪化することはないともいえません。その時の責任の一部はやはり治験コーディネーターにかかることも考えられます。その時はやはり辛いのは間違いありません。

治験コーディネーターについてまとめ

出典: https://crc-bank.com

治験コーディネーターは看護師の他に薬剤師、臨床検査技師などの資格がなくてもなれます。なかでも看護師の治験コーディネーターは医療知識、薬の知識などがあり被験者である患者と医師や医療スタッフ、製薬会社との間での高いコミュニケーション能力を発揮することにより新薬開発の手助けをしています。治験コーディネーターは辛いこともありますが新薬を通して社会貢献できる仕事です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ