定年退職祝いのメッセージ例文集!上司や親・学校の先生への一言に!

定年退職を迎えた親や上司、先生に何かメッセージを送りたいと考えている人は多いはずです。プレゼントに手紙を添えて送ったりすれば喜ばれること請け合いです。今回は定年退職祝いに伝えたい素敵なメッセージの文例を紹介します。ぜひ活用してみてください。

定年退職祝いのメッセージ例文集!上司や親・学校の先生への一言に!のイメージ

目次

  1. 定年退職のメッセージはどのようなものを添えると良い?
  2. 定年退職のメッセージ選びで気をつける点とマナー
  3. 定年退職のメッセージで定番なものを例文で紹介
  4. 定年退職のメッセージで上司や先生に使える丁寧な表現を例文で紹介
  5. 定年退職のメッセージで親や同期・友人にも使える少しラフな表現を紹介
  6. 定年退職のメッセージを相手別に上手く選ぼう

定年退職のメッセージはどのようなものを添えると良い?

出典: https://www.denpoppo.com

定年退職を迎えた親や職場の上司、学校の先生(恩師)に何かメッセージを送りたいと考えている人は多いはずです。プレゼントに添えてメッセージを送ったりすれば、喜ばれること請け合いです。普段言えない感謝の気持ちをメッセージで伝えるのは素敵です。そこで、今回は定年退職祝いに伝えたい素敵なメッセージの文例を紹介します。上司や親・学校の先生への一言にぜひ活用してみてください。

Thumb定年退職後も失業保険は受け取れる?受給期間や待機期間など手続きまとめ!

定年退職のメッセージ選びで気をつける点とマナー

出典: https://www.pasonatech.co.jp

定年退職のメッセージを選ぶ前に、気をつける点とマナーについて確認しておきましょう。マナー違反を犯していては、せっかくのメッセージが台無しになりますので、しっかり押さえておきましょう。

メッセージは手紙にする

出典: https://yu-bin.jp

メッセージは手紙にすることをお勧めします。本人に直接話す方法もありますが、相手が上司や親、学校の先生であると照れてしまってうまく伝えられないなんてこともあるでしょう。手紙なら照れくさいことでも表現できる上に、言葉と違って相手の手元にいつまでも形として残り続けます。

出典: https://www.combssculpture.com

「先生のおかげで頑張ってこれた」「良い上司に恵まれた」「両親の背中をみてここまで成長してこれた」などメッセージを贈ることで嬉しさを感じてもらえるでしょう。定年退職を迎えた方との関係にもよりますが、相手にしっかりと自分の気持ちが届けられるようなメッセージを作成してみましょう。

手紙の形式にこだわってみよう

出典: https://minne.com

定年退職祝いの手紙に形式は決まっていません。ただ、上司や先生、親の手元にいつまでも記念として残る可能性があるので、ある程度きちんとした形式にこだわってみるのもよいでしょう。例えば、手紙に熨斗(のし)を付けるのも一つの方法です。熨斗は、デパートやネットショップなどで退職祝いのプレゼントを購入するとつけてくれたりします。なお、相手が同僚や部下、後輩などの場合には、熨斗ではなくカジュアルな手紙で構いません。

出典: http://ippitsukan-column.com

手紙の紙の種類についても、普通のレターセットではカジュアル過ぎるので、少し品のある紙を選んでみるのもよいでしょう。例えば、和紙やボンド紙、レイド紙を使ったレターセットは、上質で高級感がありおすすめです。この際、普段よりも少し形にこだわってメッセージを作成してみましょう。

労いの言葉を入れる

出典: https://seniorguide.jp

メッセージにどんな思いを込めるかは人それぞれですが、定年退職祝いのメッセージには必ず、労い(ねぎらい)の気持ちを入れましょう。「労う」とは、「苦労や尽力をいたわり、慰めること」を意味しますが、何も難しいことではありません。「お疲れさまでした」と一言言うだけです。

出典: https://hrd.php.co.jp

定年退職は一つの人生の区切りです。数十年にわたる勤労生活には喜怒哀楽、様々な思い出があったはずですが、何はともあれ、その勤労に対して「お疲れさまでした」と相手をいたわるセリフを入れることを忘れないようにしましょう。

感謝の気持ちを忘れずに

出典: https://www.kanponoyado.japanpost.jp

定年退職のメッセージには労りのほかに、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。定年退職する上司や先生、親に対して、「苦労をかけた」「恩を受けた」「大変お世話になった」など、忘れられない様々な思い出があると思います。「ありがとうございました」と、感謝の気持ちを素直に伝えましょう。

具体のエピソードがあればなお良し

出典: https://mynavi-ms.jp

メッセージは、インターネットを検索して出てくる例文を用いてもよいですが、できるなら自分なりのアレンジがほしいところです。例文の引用だと、表面的な内容となり、相手に思いを十分に伝えることはできません。

出典: https://twinproject.jp

やはり、相手の琴線に触れるのは具体のエピソードです。「あのときは〇〇で迷惑をかけて申し訳なかった」「〇〇のときの先生の指導が励みになった」「〇〇で怒られたときは嫌いになったけど今では感謝している」など自分にしか書けない内容にすることが大切です。

ご苦労様でしたは使わない

出典: https://giftmall.co.jp

退職祝いのメッセージにもほかの祝い事と同じく、使ってはいけない表現や言葉があります。例えば、「ご苦労様」という言葉は上司や先輩には使ってはいけません。必ず、部下や後輩が退職する時に使いましょう。定年退職される方が目上の方であれば「お疲れさまでした」という言葉が適切です。

出典: https://www.livingfk.com

ほかにも、定年退職する上司や先生には、私生活や健康面などで問題を抱えている場合もありますので、メッセージがこれらのことに触れる内容にならないよう注意しましょう。「頑張ってください」や「元気に過ごしてください」なども状況によってはNGになってしまうことがありますので、気をつけましょう。

渡すタイミングに気を付けよう

出典: https://kotokochannel.com

メッセージをいつ渡せばよいかは問題ですが、退職日の前後に渡すのが一般的です。あまり、退職日から日にちが経ちすぎないよう注意しましょう。遠方に住んでいて手紙を手渡しできないという場合は、郵送などの手段で渡す方法もあります。普通は、記念品などのプレゼントに添えてメッセージを贈るのが一般的ですが、相手との付き合いがしばらくないようなケースでは、手紙だけ贈るということも失礼ではないでしょう。

Thumb定年退職のプレゼントのおすすめは?贈ってはいけない贈り物も解説!

定年退職のメッセージで定番なものを例文で紹介

出典: https://www.elmempro.com

定年退職のメッセージで定番なものにはどんなものがあるのでしょうか。ここでは汎用性の高い定番のメッセージについてご紹介します。そのまま使うもよし、少しアレンジを加えてもよしですので、メッセージ作成の参考にしてみてください。

例文①上司に向けて

出典: http://masumotoya.shop5.makeshop.jp

「〇〇部長。このたびは定年退職おめでとうございます。在職中は公私にわたり、大変お世話になり、感謝しても感謝しきれません。今後の人生にご多幸がありますようお祈り申し上げます。」

出典: https://iyashimoment.com

上司に対して贈るメッセージの例文です。書き出しは、「おめでとうございます」か「お疲れさまでした」のいずれかから入るのが一般的です。上記の例文ではお祝いの言葉「おめでとうございます」から入っていますが、「〇〇部長、長きにわたるお勤め、大変お疲れさまでした」のように入るのでも問題はありません。

例文②上司に向けて

出典: http://goodspouses.com

「〇〇さん、ご定年おめでとうございます。在職中は大変お世話になりました。〇〇さんの長年にわたるご功績に対し、社員一同、心から敬意を表します。寂しくなりますが、これからも元気で、益々のご活躍をお祈り申し上げます。」

出典: https://wedding.gnavi.co.jp

上記の例文は、社員一同で贈る場合のメッセージですが、「社員一同」の文言を削れば、個人で贈る場合にもそのまま利用可能です。同じ職場仲間であった者に対しては、仲間がいなくなることに対する寂しさについても少し触れておくと感動的な文面になります。その他「お祝い」に感謝、労い、今後の祈念の気持ちが盛り込まれており、オーソドックスな例文として使い勝手がよいものとなっています。

出典: https://www.huffingtonpost.jp

メッセージを書く場合には、「これまでのこと(過去)」と「これからのこと(未来)」とを分けて書くのが一般的です。順番は、必ず過去から未来の方へ書いていきます。過去の思い出に浸りつつも、未来が前向きで明るいものになるような言葉を添えてメッセージを作ります。

例文③先生に向けて

出典: https://japan-design.imazy.net

「〇〇先生、ご定年おめでとうございます。長きにわたるお勤め本当にお疲れさまでした。〇〇先生からの教えは今も私の中に深く刻まれています。これからも、お体に気を付けてご活躍されますことをお祈り申し上げます。」

出典: https://news.biglobe.ne.jp

先生(恩師)に対して贈るメッセージの例文です。教え子からのメッセージは、先生にとってはうれしいものに違いありません。手を焼いた教え子からのメッセージであれば喜びもひとしおでしょう。

出典: https://www.hanazono.ac.jp

先生へのメッセージの場合、上司や親に比べて、疎遠になっている人から贈られることも多いでしょう。その場合は、メッセージの中に近況報告を入れるのもよいでしょう。立派な成人になっていて、先生を安心させて上げられればグッドです。

例文④先生に向けて

出典: https://www.inaba-box.jp

「〇〇先生、長い間のお勤め、お疲れさまでした。先生からたくさんのお叱りや励ましの言葉をいただき、多くのことを勉強させていただきました。感謝申し上げます。これからも、変わらぬお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。」

出典: http://english.civillink.net

上記の例文では、これまでの指導に感謝するとともに、これからについても変わらぬ付き合いをお願いしています。定年退職は一つの区切りですが、人生はそれで終わりではありません。退職でこれまでの関係が変わってしまうのは実に寂しいものです。でも、教え子からすれば、先生は永遠に「先生」です。これまでどおりの関係をお願いするのは、先生からしてみれば嬉しいメッセージになるでしょう。

例文⑤親に向けて

出典: https://avenue-life.jp

「定年おめでとうございます。お父さん(お母さん)のおかげで今日まで家族が無事に過ごせました。これからはのんびりと第二の人生を楽しんで、夫婦円満で仲良く長生きしてください。」親に対して贈るメッセージの一例です。

出典: https://www.elmempro.com

両親は家族であるので、上司や先生の様に他人行儀な表現を用いる必要はないと言えるかもしれません。しかし、定年退職のメッセージは特別です。普段よりも少しかしこまった表現で、自分の気持ちを伝える方がよいでしょう。

例文⑥親に向けて

出典: http://www.chrysantheme.net

「定年おめでとうございます。僕も就職してから○○年が立ち、社会人としての自覚と責任、役割の大切さを感じながら、お父さん(お母さん)の凄さを実感する毎日です。ここまで成長してこれたのはひとえにお父さん(お母さん)の御蔭であり、お父さん(お母さん)は私の目標であり誇りです。これからも、元気で充実した毎日を過ごしてください。」

出典: http://www.mmtc.co.jp

親と子どもの関係は特別です。普段、顔を合わせて会話をしたり、メール、LINEなどでやり取りしている間柄であって、あらためて手紙を書くというのは照れくさいという人もいるでしょう。その場合は、あまりくどくどとメッセージを作る必要はありません。形式にこだわらず、2,3行の素直な気持ちを文字にして贈ってみてください。きっと素敵なメッセージとして親の心に残ってくれるはずです。

定年退職のメッセージで上司や先生に使える丁寧な表現を例文で紹介

出典: https://yu-bin.jp

これまでに紹介した例文はあくまで一例ですが、どちらかと言えば汎用性が高く、逆に言えば誰が誰に宛てる場合でも使えるメッセージになっています。このような例文も悪くはありませんが、あまりに汎用的な表現に固執してしまうと、表面的な印象を与えてしまい、中身の乏しい、相手の心に響かないメッセージとなってしまいます。やはりその人にしか贈れない、中身あるメッセージを贈って相手に感謝やお祝いの気持ちを伝えたいものです。

出典: https://biz.trans-suite.jp

そこで、おススメなのは、書き出しと締め括りは、汎用性のある丁寧な表現を用いつつも、その間は具体的なエピソードを持ち出して気持ちを綴る方法です。この方法だと、礼儀もわきまえつつ、かつ具体のエピソードで相手の琴線に触れることも可能となります。

定年退職した上司への書き出し

出典: https://diamond.jp

定年退職した上司へのメッセージの書き出しには、「長年にわたり公私共に温かくご指導くださり、本当にありがとうございました」「在任中はひとかたならぬご厚情とご指導を賜り深く感謝いたしております」「誰よりも尊敬できる○○先輩と一緒に仕事ができて本当に幸せでした。」などが丁寧な表現として挙げられます。

定年退職した先生への書き出しの例文

出典: https://woman.mynavi.jp

定年退職した先生へのメッセージの書き出しには、「たくさんのことを教わり、学ばせていただきました。」「大変多くの事を教えて頂き、感謝申し上げます。」「励ましやお叱りのお言葉をいただき、多くのことを勉強させていただきました。」などが丁寧な表現として挙げられます。

エピソードの例文

出典: https://gakumado.mynavi.jp

具体のエピソードには、過去の苦労話や感動話などの思い出を挙げます。上司が自分の失敗をフォローしてくれたときの話、取引先を訪問して一緒に怒られて帰った話、徹夜で仕事を一緒に頑張り事業を成功させたときの話など、その上司との一番の思い出話を思い出してみましょう。相手が先生の場合は、先生から言われた心に残っている言葉などを書くのでもよいでしょう。

出典: https://toranet.jp

この部分は、メッセージの中で一番の肝になるところです。その思い出は書き手は覚えていても、相手は忘れている話かもしれません。相手の記憶が呼び覚まされるよう、5W1H(いつ・どこで・だれが・だれと・なにを・どのようにして)を意識して、しっかりと伝わるよう記載してみてください。

締め括りの例文

出典: https://www.getgamba.com

メッセージの締め括りの例文は、上司と先生で分けて考える必要はなく、「今後ますますのご多幸、ご活躍を心からお祈りいたします。」「これからも素敵な人生を送って下さい。」「〇〇さんの益々のご健康とご活躍をお祈りし、私からのお祝いの言葉とさせていただきます」のように丁寧に締め括ります。枕詞として、「最後になりますが」「長々と書き綴りましたが」のような言葉をいれると文章がスムーズに流れます。

出典: https://www.getgamba.com

メッセージには失礼がないようにすることは必要ですが、必要以上に格式ばった表現にこだわる必要はありません。あくまで、素の自分で感謝の気持ちを伝えることの方が大事ですので、いつも以上に礼儀に気を付けようとする必要はありません。

定年退職のメッセージで親や同期・友人にも使える少しラフな表現を紹介

出典: https://www.cosme.net

定年退職のメッセージを贈る相手が親や同期・友人の場合には、等身大のメッセージの方が相手に喜ばれるという場合もあるでしょう。相手とのこれまでの関係を振り返ってみて、表現方法については適切に使い分けましょう。ここでは、同期や友人・親に使える少しラフな表現を紹介します。

出典: https://www.gift-video.com

友人や同期の場合は、「定年退職おめでとう」のように、「ございます」を省略して書きだす方法があります。「〇〇君へ。定年退職おめでとう。〇〇君の活躍を聞くたび僕は大変うれしく感じていました。これからは第二の人生で活躍できるようお祈りいたします」のような例文です。

出典: https://matome.naver.jp

相手が親の場合は、「お父さん。定年退職おめでとう。今日まで健康で仕事に励んでこられ、本当にお疲れさまでした。ありがとうございます。これからは少しゆっくりとして、お母さんと仲良く、元気で長生きしてください。」のような例文が考えられます。

出典: https://www.getgamba.com

ラフな表現といっても、一から検討してみる必要はなく、上記で紹介した例文をベースに、丁寧語を普通の言葉に代えてみたり、尊敬語の度合いを少し緩めてみるなどすれば、容易にメッセージを作成することができるでしょう。

定年退職のメッセージを相手別に上手く選ぼう

出典: http://u-note.me

今回は、定年退職のメッセージを紹介しました。この記事を参考に、これまでの相手との関係を思い出して、失礼がないよう、そして相手の心を揺さぶるような温かいメッセージを贈ってあげられるようしてみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ