遺族年金の金額やいつまで支給されるのかを調査!仕組みや条件もまとめ!

遺族年金は複雑な仕組みとなっており、受給金額やいつまでの支給なのか正確に把握している方は少ないです。また、遺族年金の複雑な仕組みによって受給金額やいつまでの支給なのか誤解を生む可能性が高いといえます。そこで、遺族年金の仕組みや条件なども含めてまとめています。

遺族年金の金額やいつまで支給されるのかを調査!仕組みや条件もまとめ!のイメージ

目次

  1. 遺族年金はいつまでもらえる?金額や仕組みを調査
  2. 遺族年金とは何か?複雑な仕組みを解説!
  3. 遺族年金の3種類を詳しく解説!
  4. 遺族年金制度における遺族給付制度とは何か?
  5. 遺族年金で見落としがちな遺族補償年金とは?
  6. 遺族年金はいつまでもらえる?金額や仕組みのまとめ

遺族年金はいつまでもらえる?金額や仕組みを調査

出典: https://money-dictionary.com

遺族年金は複雑な仕組みという事もあって、正確な受給金金額やいつまでが支給となっているのかを把握する事が困難です。そして、遺族年金の種類によって明確な認識が出来ていない場合では、誤った判断をする恐れもあるという事を確実に抑えておく事が大切です。それでは、複雑な遺族年金の種類から具体的な内容を解説していき、内容に応じて受給金額やいつまで支給されるのかを紹介していきます。

遺族年金とは何か?複雑な仕組みを解説!

遺族年金とは?

出典: https://www.citymobile.co.jp

遺族年金は、公的年金の1つとして国民年金や厚生年金保険などの被保険者が亡くなった場合の制度になっています。つまり、家庭の生計を立てていた大黒柱の方が、国民年金や厚生年金保険に加入していた方が亡くなった事により、生計維持が困難になる事を防ぐ事を目的とします。そして、遺族などの方への生活維持手段として支給される仕組みが遺族年金制度というわけです。

複雑な遺族年金の種類と支給対象者の条件

出典: http://www.issotl.org

遺族年金制度は、様々な事情の方を対象にした制度になるのですから、当然制度の仕組みは複雑になります。そこで、遺族年金の仕組みの構成は基準が国民年金か厚生年金保険への加入かによって大別されている事に着目します。遺族年金は3種類に分けられ「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」「遺族共済年金」以上の3種類となる事を覚えておきましょう。

出典: http://haru01.com

遺族年金制度は詳細がそれぞれ複雑な仕組みとなっている事もあり、違いを明確にしておく事が大切です。それぞれの遺族年金制度の違いによって支給対象は要件が定められている仕組みとなっており、いつまでの支給かや支給金額なのか区別される事となるので、それぞれの遺族年金の違いを確実に抑えておきましょう。後述では、まずそれぞれの遺族年金の対象者を挙げていきますので、仕組みの理解となる入門として把握しておく事をお勧めします。

遺族基礎年金の支給対象者

出典: https://keiei.freee.co.jp

遺族基礎年金では、国民年金への加入者が亡くなった場合における遺族年金制度です。そして、遺族基礎年金の対象者は一定の年齢にある子がいる配偶者あるいは子供自身が対象で、重要な点が子供の年齢は「年末までの18歳未満」だという事です。遺族基礎年金は以上の内容となっていますが、注意点もあります。妻が亡くなった夫の場合では夫の年齢が55歳以上となっているので、認識を誤ってしまう可能性があるので気を付けておきましょう。

出典: https://count3to1interrupt.hatenablog.com

また、その他要件として亡くなった方が、老齢基礎年金の受給資格期間の一定基準をクリアする必要があり、保険料納付期間と保険料免除期間を合算して3/2以上となっています。そして、亡くなった日の2ヶ月前までに保険料の滞納をしていない事が必須条件として定めがあるので注意が必要です。ちなみに、加入者の国民年金は20歳以上60歳未満の方が加入する年金制度なので、遺族基礎年金に大切な要素ですので合わせて覚えておくと良いです。

遺族は所得の制限がある事に注意

出典: http://giraffyk1.hatenablog.com

やはり、遺族基礎年金は生計を維持されていた方が亡くなった場合に適用される制度として制度が確立されいますので、遺族に対しても適用要件として所得基準が設けられています。生計が維持されていたと証明される為の所得基準は、原則遺族の前年度の年収は850万円未満である事、そして所得は655万5千円未満と定めがあります。

遺族厚生年金の支給対象者

出典: https://nagomi-nenkintaisaku.com

遺族年金の一種である遺族厚生年金では、厚生年金保険への加入者が亡くなった場合における遺族年金制度です。遺族厚生年金の特徴的な仕組みとしては遺族基礎年金とは違い、子供がいるか否かに限らず事情に応じた受給額が受け取れるという事です。しかし、遺族厚生年金は死亡する日までの1年間で「保険料の滞納が無い事」が前提となっている事に注意しておかなければなりません。

出典: https://pixabay.com

そして、亡くなった方の要件として「老齢年金の受給者」や「厚生年金の加入中で傷病が原因で初診を受けた日から5年以内に亡くなった」事が要件として定めがあります。また、遺族基礎年金と同様の内容で「老齢年金の受給期間を受けている」事があります。ちなみに、遺族厚生年金では、会社員や公務員が加入する年金制度なので、遺族厚生年金の大切な要素となっているので、合わせて覚えておく事と良いです。

遺族は優先順位がある事に注意

出典: https://taskarts.com

遺族年金の一種である遺族厚生年金は遺族基礎年金とは違い、遺族の優先順位によって遺族年金の一定基準の受給額が受け取れる事になっている事に注意しておく必要があります。優先順位は年金を受け取れるはずである亡くなった方の側近遺族だという事を抑えておきましょう。そして優先順位として「配偶者あるいは子供」「父母」「孫」「祖父母」と仕組化されています。

遺族共済年金の支給対象者

出典: https://www.mwed.jp

遺族共済年金は、共済組合に加入されている方が一定基準の年金受給額を受け取れる仕組みとなっています。共済組合は公務員などの方が加入する制度になっており、共済組合員の遺族は支給額が受け取れるという事を抑えておきましょう。そして亡くなった方の要件としては、遺族厚生年金と基本的に同様の内容となっていますが、組合加入期間が25年以上に至る方や退職共済年金など受給権を持っている方が亡くなった場合に適用される仕組みです。

遺族共済年金にも優先順位がある

出典: https://hiro-win.com

遺族年金の一種である遺族共済年金の受給額を受け取る方の要件として、遺族厚生年金と同様の内容で優先順位によって遺族年金が適用される仕組みとなっています。

遺族補償年金もある

出典: http://innovst.com

遺族年金は3種類によって構成された複雑な制度となっていますが、実は3種類の遺族年金以外にも遺族補償年金という制度があります。この遺族補償年金とは、労働災害補償保険の制度だという事に着目しておきます。そこで、遺族補償年金について大方把握出来ましたが、具体的には勤務中で事故に至った場合など仕事が原因による死である事で遺族に対して補償をするという事です。後述では、遺族補償年金を具体的に解説します。

遺族年金の3種類を詳しく解説!

遺族年金の種類によっていつまでの給付や受給額が違う

出典: https://gendai.ismedia.jp

遺族年金は3種類あり、遺族年金の3種類によってそれぞれ支給対象者に定めがある事を解説しました。そして、次に遺族年金はそれぞれの遺族年金に応じた受給額が違う事やいつまでに支給されるのかに違いがあるので、また遺族年金は複雑な内容だという事が分かります。そこで、ここでは複雑な遺族年金の種類によって、遺族年金の受給額やいつまでに支給されるのかを解説していきます。

遺族基礎年金の受給額(金額)・いつまで支給されるのか?

出典: https://wotopi.jp

遺族基礎年金は、まず子供をサポートする制度として確立された制度である事に注目します。そして、遺族基礎年金の受給額やいつまでに支給されるのかの基準にある要素である事を明確にしておきましょう。遺族基礎年金の受給額は779,300円が支給基準となっており、子供の人数に応じて224,300円が加算されていく仕組みです。

出典: https://kerokero-info.com

具体的な例を挙げると、子供が1人いる場合の支給額は779,300円が基準支給金額になり、子供1人分の金額224,300円が加算されて合計1,003,600円となります。しかし、子供の人数には注意する必要があり、3人目からは子供1人に対して74,800円が支給されますので、区別しておく必要があります。そして、遺族基礎年金はいつまでが支給期間かというと、子供が18歳になるまで支給される事となります。

遺族厚生年金の受給額(金額)・いつまで支給されるのか?

出典: http://tamonmaga.com

遺族厚生年金の受給額は、厚生年金保険に加入されていた方が亡くなった事、そして厚生年金保険を受け取る予定であった事に注目しておきます。以上の要因から受給額の基準が定められており、受給額は本来受け取る予定であった厚生年金の3分の4が受給額となっています。そして、遺族厚生年金はいつまでが支給期間かというと、支給期間が遺族の事情によって様々である事に注意してしておき確認する事が大切であるといえます。

出典: https://www.huffingtonpost.jp

そこで、遺族厚生年金の支給期間は遺族の事情が年齢と受給者は夫か妻であるかによって分かれてきます。妻である場合には一生涯支給される事が基本ですが、子供が居ない場合に、夫の死亡時期で妻の年齢が30歳未満では5年間の支給期間が定めがあります。そして、夫が受給者である場合には、60歳以降から一生涯となります。また、遺族厚生年金と遺族基礎年金と同様の内容として、子供が受給者である場合には18歳の年度末までです。

遺族共済年金の受給額(金額)・いつまで支給されるのか?

出典: https://freeway-kyuuyo.net

遺族共済年金の支給額は「厚生年金相当部分」「職域年金相当部分」「中高齢寡婦加算」の合計額が受給額となります。中高齢寡婦加算については後述で具体的に解説しますが、現段階で遺族厚生年金の計算基となる職域年金相当部分について分かりません。そこで、職域年金について解説すると、共済組合員として組合期間を基礎として平均月収と組合期間である月数に応じて計算される事となります。

出典: https://taa-channel.com

しかし、遺族共済年金に関しては、現在遺族厚生年金と同様の扱いとなっているようです。したがって、遺族共済年金としての支給は現在実施されておらず、支給されている方は平成27年まで支給を受けていた方が引き継いで受けている状態になっています。

Thumb遺族年金の受給資格とは?手続き方法や受給者の要件などまとめ!

遺族年金制度における遺族給付制度とは何か?

遺族給付制度は遺族年金の対象にならない方

出典: https://enjin-classaction.com

遺族年金制度として3種類の制度を解説してきましたが、遺族年金を受け取る事出来なかった方を対象に遺族給付制度という制度があります。遺族給付制度には2種類の「死亡一時金」「寡婦年金」があるという事を覚えておきましょう。以上の遺族給付制度なのですが、どちらか1つのみを受け取る事が出来る内容ですので、注意が必要です。そこで、ここでは一時年金と寡婦年金のそれぞれを具体的に解説していきます。

死亡一時金の対象者

出典: https://avenue-life.jp

死亡一時金は名前から分かる通り、1度だけ受け取る事が出来る制度となっています。この点が寡婦年金とは大きく違う点だという事を抑えておきましょう。そして、給付対象は一時金の場合では遺族の優先順位が定められており、妻から子、父母、孫、祖父母と遺族厚生年金と優先順位が同様となっています。また、保険料を36ヶ月以上の間に保険料を納めていた事が条件となっており、この期間によって受給額が変わります。

出典: https://manetatsu.com

この期間が重要ですので、期間に焦点を当てて解説すると「36ヶ月」「180ヶ月」「240ヶ月」「300ヶ月」「360ヶ月」「420ヶ月」以上の6つの期間によって区別されます。後述ではこの期間によって生じる受給額の一部を解説します。

死亡一時金の受給額(金額)・いつまで支給されるのか?

出典: https://www.homepro.jp

支給期間として前述で解説した通りで1度のみなのですが、保険料を支払っていた期間によって受給金額が変わる事になるので、一時金の受給額も大きくなる可能性があります。そこで、一時金の受給額は36ヶ月以上である場合は12万円で、180ヶ月以上である場合は14万5千円となっています。最終的には420ヶ月以上が最大で、受給額は32万円と定められています。また、受給額以外に付加保険料を支払っていた場合は8千500円が加算されます。

寡婦年金の対象者

出典: https://spirituabreath.com

寡婦年金とは、まず夫が自営業であった場合に国民年金への加入していた方が、亡くなった際に支給される制度となります。また、18歳以上の子供が居ない方が支給条件です。夫が自営業だという内容から分かる通り、注目点が妻のみが対象者となる事です。また、給付条件は保険料を納めた期間が10年以上である場合との定めがあるので、合わせて覚えておきましょう。

寡婦年金の受給額(金額)・いつまで支給されるのか?

出典: https://www.hoken-buffet.jp

寡婦年金の受給額は国民年金に関わる老齢基礎年金が基となります。そして、老齢基礎年金を夫が本来受け取るべき金額ですので、この場合における予定金額の3分の4が受給額です。そして、寡婦年金の場合における支給期間は妻の年齢が60歳から支給が開始され、以降65歳までが支給期間となります。

遺族年金で見落としがちな遺族補償年金とは?

遺族年金の遺族補償年金は見落としがち

出典: https://muishizen.net

遺族年金での遺族補償年金は前述で簡単に解説した内容なのですが、実は見逃しがちな制度です。そして、遺族補償年金では「遺族特別支給金」「遺族特別年金」「遺族特別一時金」がある遺族年金とは別に複雑な内容となっています。ここでは、それぞれの内容を後述では具体的に解説していきますので、見逃しのないように確認していきましょう。

遺族補償年金の受給額(金額)はいくら?

出典: http://hoken.excelike.media

遺族補償年金の受給額は遺族人数によって大きく左右されます。そして、給付基礎日額が基になっているという事を抑えておきましょう。それでは受給額を確認していくと「遺族人数が1人の場合は給付日額が153日分」「遺族人数が2人の場合は給付基礎日額の201日分」「遺族人数が3人の場合は給付基礎日額の223日分」「遺族人数が4人以上の場合は給付基礎日額の245日分」と以上の受給額が支給される事となります。

遺族特別支給金とは何か?

出典: https://hajicolle.smt.docomo.ne.jp

遺族特別支給金は、遺族補償年金とは違い受給額が一定に定められている事が特徴です。受給額としては一律300万円なのですが、受給対象者が通勤時や業務上の労災によって労働者が亡くなった場合に遺族へ支給される事となります。しかし、受給額が一律300万円であっても、労災によって亡くなった方が2名以上いた場合では支給を受け取る方は按分した金額が受給額となる事を覚えておく事が大切です。

遺族特別年金とは何か?

出典: https://www.mag2.com

遺族特別年金は、遺族特別支給金と受給額が同様の内容になっており、遺族補償年金の受験者が2人以上いる場合では受験者数によって按分される事となります。そして、遺族特別年金の受け取り対象者は、遺族補償年金の受給権者と定められています。

遺族特別一時金とは何か?

出典: https://www.marelique.com

遺族特別一時金では、遺族補償年金や遺族年金の要件を満たしていない状況である場合に支給される制度となっています。そして受給金額は算定基礎日額の1000日分と定められています。受給対象者としては、遺族補償一時金あるいは遺族一時金の受給資格者に対して支給される事となります。

遺族年金はいつまでもらえる?金額や仕組みのまとめ

出典: https://nenkin-hakase.com

遺族年金についてこれまで確認してきた所、どうやら個人の様々な事情によって複雑な仕組みとなっているようです。そして遺族年金の複雑な支給分岐点を明確にしておかなければ誤った判断をしてします恐れが有ります。複雑な仕組みとなっている内容を個人の事情と照らし合わせて、要件などを整理していく事が大切になります。複雑な仕組みとなっている遺族年金ですので、本稿によって理解を深めて頂ければ幸いです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ