販売士1級の難易度とは?必要な勉強時間や独学での勉強方法も徹底解説!

近年の傾向として販売士検定1級を受ける人は多いようです。しかし、販売士検定1級の難易度が高いと感じている人もいる事は事実で、販売士検定1級がどの程度の難易度か明確な認識ではありません。そこで、販売士検定1級の勉強時間や勉強方法を含めて難易度を解説しています。

販売士1級の難易度とは?必要な勉強時間や独学での勉強方法も徹底解説!のイメージ

目次

  1. 販売士(リテールマーケティング)検定1級の難易度や勉強方法を紹介!
  2. 販売士(リテールマーケティング)検定とはどんな試験?
  3. 販売士(リテールマーケティング)検定1級に合格するための勉強時間はどれくらい?
  4. 販売士(リテールマーケティング)検定1級に合格するための勉強方法とは?
  5. 販売士(リテールマーケティング)検定1級の難易度はどれくらい?
  6. 販売士1級の難易度が高いと感じてしまう原因とは?
  7. 販売士(リテールマーケティング)検定1級の難易度や勉強方法のまとめ

販売士(リテールマーケティング)検定1級の難易度や勉強方法を紹介!

出典: https://www.froma.com

販売士検定1級は難易度が高いと感じている方は少なくありません。そして販売士検定は階級があり、比較すると販売士検定1級の難易度が高いと感じるのはもちろんの事です。しかし、販売士検定がどのような試験なのか理解を深める事で、階級毎の難易度を把握する事が出来ます。そこで、販売士検定の内容から販売士検定1級の難易度の程度をその他検定と比較し解説していきます。また、独学の勉強方法も紹介しているので参考にしてください。

販売士(リテールマーケティング)検定とはどんな試験?

「販売のプロ」の資格取得を目指す検定

出典: https://www.dekirunin.com

販売士とは、別名リテールマーケティング検定と呼びます。リテールマーケティングのリテールは(小売)といった意味があり、販売士(リテールマーケティング)は商工会議所が実施している公的資格となっています。そして、流通業界や小売業界の接客技術などの販売のプロを目指す資格になり、販売士(リテールマーケティング)は小売に特化したマーケティング施策となる事を大まかに理解しておきましょう。

販売士(リテールマーケティング)の具体的な内容

出典: https://www.my9.jp

販売士(リテールマーケティング)は大まかに小売に特化した内容だと解説しました。そこで販売士(リテールマーケティング)はどのような活動内容なのかを具体的に紹介します。販売士として活動する場合では、マーケティングや在庫管理、または経営管理などの活動によって小売業に携わります。また、仕入れや接客なども含めて学ぶ機会となるので、小売業に関してあらゆるノウハウを培う事となる事を覚えておきましょう。

販売士(リテールマーケティング)の階級

出典: https://www.bonbinet.jp

まず、販売士検定の階級は1級、2級、3級となっている事を覚えておきましょう。そこで、販売士検定の階級ごとに実践でのレベルを図ります。1級では、店長レベル、2級はフロアマネージャーなどの中間管理職、3級は売り場の担当者レベルで仕事に携わるようです。以上の事を確認してみると、1級は小売業について一層深い知識と理解が必要になり、難易度は高いといえるでしょう。

販売士検定によって資格手当もある

出典: https://toyokeizai.net

小売業では販売士資格を取得している事で、実際に資格手当を支給している会社があります。また、販売士資格取得を推奨している会社も多く、販売士検定有資格者を優遇している事や、店長や主任などの昇給の際には販売士資格の取得を条件にしている会社もあるようです。このような事もあり、転職や就職に有利だと感じ販売士資格の取得を目指している人がいるのでしょう。

販売士検定には更新が必要

出典: http://tenshoku-mind.com

販売士試験を受ける前に知っておく必要があるのは、販売士資格を取得後には5年毎に更新が必要になるという事です。ビジネスパーソンとして活動している方では問題ない場合がありますが、販売士資格を取得するだけでは販売士試験を受ける事は有益だとは言い難いです。なぜなら、販売士資格は更新によって7,000円程の更新費用がかかってくるからです。したがって、販売士の資格取得は必要に応じた選択が必要だといえます。

ビジネスパーソンの基礎を学びたい人におすすめ

出典: https://studyhacker.net

販売士検定1級を受ける人は、やはりビジネスパーソンの基礎を学びたい人に向いている資格となっているようです。前述では、小売業の仕事内容以外でも、小売業の販売促進を目的として、従業員の育成や指導などのマネジメントなども販売士資格では学ぶ事になります。ビジネスパーソンの基礎としてこれらの内容は不可欠となる内容ですので、仕事で活躍する為の秘訣だといっても過言ではありません。

販売士検定を持っていると即戦力になる

出典: https://pixabay.com

販売士検定1級の資格を持っていると即戦力になる可能性を秘めています。現在、流通業界の環境は変化が激しく、販売士の多様化したニーズに応える、販売技術や顧客への接客技術を重宝している傾向にある事が伺えます。また。グローバルな事業展開が多く見られる社会では、新規顧客を開拓している能力も必須となり、ビジネスーパーソンとしての基礎を学んだ方であれば、即戦力となる見込みとして判断するでしょう。

販売士1級有資格者にとって活躍の場

出典: https://en-hyouban.com

販売士試験を受ける理由として、販売士はどのような職場によって活躍出来るのかを具体的にしていく事が必要となります。前述で販売士は小売業に特化した内容となっていると解説しました。そこで、どのような会社が小売業なのかというと「スーパー、コンビ二、家電量販店、ホームセンター」などが小売業として挙げられます。特にコンビ二のような商品ニーズに応える事に注力している会社であれば販売士は重要になります。

販売士(リテールマーケティング)検定1級に合格するための勉強時間はどれくらい?

販売士検定1級の試験内容

出典: https://hataractive.jp

販売士検定1級は店長レベルの内容となる事を解説しました。販売士試験の具体的な内容は、経営に関する高度な知識を身に付ける必要があり、商品計画や経営計画の提案など経営状態について的確な判断を求められます。また、マーケティングの責任者としての人材、コンサルタントとしての役割として活動していく際に目指す必要がある資格が販売士1級だという事です。これら販売士資格内容を基に勉強時間を計る事がポイントです。

販売士検定1級の出題項目

出典: https://onsuku.jp

販売士検定1級の出題項目は「小売業の類型」「マーチャンダイジング」「ストアオペレーション」「マーケティング」「販売・経営管理」以上の5つが販売士検定1級の出題項目となっています。小売業の類型は小売業の役割や流通システム、小売業の形態などの課題に対して解決策を回答していく内容となっているようです。マーチャンダイジングは商品化計画や仕入れ計画などに関しての予算を組み方などを試験内容としています。

出典: https://torisedo.com

ストアオペレーションでは、店舗利益向上を方針として店舗の戦略に関しての試験内容となっています。具体的には、商品の展示方法などの出題があるようです。次にマーケティングですが、出店戦略や顧客の商品ニーズの分析などニーズに応じた戦略に関しての試験内容となっています。最後に販売・経営管理で、人事やリスクマネジメントなどがあります。この出題内容としては、数字を扱う試験内容もあるようです。

販売士検定試験には面接試験もある

出典: https://www.syakiri-man.xyz

販売士検定試験では、筆記試験だけだと認識を持ち易いのですが、実は面接試験もあるのです。面接試験の質問内容では「職業や受験した目的、販売士がどのように役立つのか」などの質問があるようです。面接試験は筆記試験終了後に試験を受ける流れとなっており、筆記試験に対して勉強時間を割くのではなく、面接試験対策への時間も割く必要があります。

販売士検定1級に飛び級は現実的なのか?

出典: https://grapee.jp

販売士1級を題材に内容を解説していますが、実際に販売士2級や3級を飛ばして試験を受けるのは現実的なのでしょうか。そこで、試験内容を確認すると、販売士1級は難易度が高く、勉強時間も大きな差が出るのではないのかと考えられますが、実際には販売士検定の難易度は大きな差が見られないようです。

必要な勉強時間は約100時間程度

出典: https://www.gyouseishoshi-get.jp

販売士検定1級の試験内容を確認した所で、難易度は大方把握出来ました。そこで、販売士検定1級の具体的な勉強時間を確認してみましょう。販売士検定1級の試験に合格に必要な勉強時間は100時間程度だといわれています。したがって、試験内容を明確にしておき、100時間程度を目安として勉強時間を振り分けていく事が合格への秘訣となります。

販売士(リテールマーケティング)検定1級に合格するための勉強方法とは?

独学でも合格できる?

出典: https://www.nomura.co.jp

販売士検定1級の試験内容や勉強時間などを解説しました。販売士検定1級では必要な勉強時間が100時間だという事もあり、独学での合格を期待出来ます。しかし、販売士検定1級は2級や3級とは難易度が高い試験ですので、安易に考えるわけにはいきません。したがって、販売士検定1級の難易度や必要な勉強時間など、その他勉強方法を抑えて効率良く計画を立てていく事をおすすめします。

販売士1級の基本的な勉強方法

出典: https://lineblog.me

販売士検定に合格するための秘訣である、販売士検定1級の基本的な勉強方法を紹介します。販売士検定二合格する人の共通した勉強方法としては「ハンドブックによる独学、養成講習会の受講、指定通信教育講座の受講」があります。そして、販売士検定1級を独学で合格した方は、公式テキストを繰り返して学習したという勉強方法がありますので、独学の勉強する方以外でも公式テキストを活用した勉強方法もおすすめです。

出典: https://www.onemarketing.jp

また、基本的な勉強方法や公式テキストを勉強方法とする以外では、市販の問題集を解いておく事もおすすめです。注目する内容として、販売士検定は一定の出題傾向にあるという事が周知の事実となっており、問題集を解いておく事で合格率の向上見込みがあるという事です。また、販売士検定1級は過去問が無いので先行して出題パターンを知る事が出来る事は、勉強効率を考えると有益だといえるでしょう。

公式テキストのキーワードを上手く抽出する

出典: https://kyoshins1esaka.com

前述では公式テキストを繰り返す勉強方法を紹介しました。独学では、基本的な勉強方法以外になる勉強方法が公式テキストの活用という事になりますので、販売士検定1級の出題内容で大きくな影響が無い事を覚えておく必要があります。公式テキストの勉強方法の際には、目安として基本的な勉強が主な出題内容を含んでおり、公式テキストでは残り1割が出る形になります。

出典: https://www.recordchina.co.jp

したがって、販売士検定1級の公式テキストを独学で勉強する場合はキーワードを上手く抽出する事をおすすめします。やはり、独学での勉強となる場合では、基本となる勉強方法に勉強時間を割くためには、無駄を省く事がポイントです。

販売士検定の試験時期

出典: https://www.huffingtonpost.jp

販売士試験への目標として試験時期を知っておき、勉強時間を調整しておかなければなりませんが、販売士試験の試験時期は商工会議所によって明確な時期の設定が無い事に注意しておく必要があります。しかし、販売士検定の試験時期は商工会議所のホームページで確認する事が可能ですので、販売士検定の勉強前には要チェックです。

販売士検定の申し込み方法

出典: https://www.jcb.co.jp

販売士検定試験への勉強を割く事は重要なのですが、販売士検定の申し込み方法を把握しておく事も忘れてはなりません。販売士検定試験への申し込み方法としては、地域ごとにある商工会議所にて申し込む事が出来ます。地域ごとに申し込みをする必要がありますので、試験を受ける地域の商工会議所を検索する事が大切です。

販売士(リテールマーケティング)検定1級の難易度はどれくらい?

販売士検定の難易度と特徴を比較

出典: https://hanbaishikaku.com

販売士検定では、1級、2級、3級と階級となっている事は解説しました。販売士検定の合格への道のりとして、独学でも可能だという事を考えるとそれぞれの販売士検定の難易度や特徴が理解しがたいです。また、どの資格試験でもビジネスパーソンとしての実務には共通して役立つ知識だという事もあります。そこで、ここでは販売士検定の理解を深めるために必要な、販売士検定の特徴や難易度(合格率)を解説していきます。

販売士1級の難易度(合格率)と特徴

出典: https://chigai-allguide.com

販売士検定1級は店長レベルの内容と解説しましたが、販売士検定1級の具体的な特徴は経営などの管理職としての知識として、経営計画や経営管理を通しての経営戦略策定などの学習が必要となります。また、人事や労務などのマネジメントも学習します。そして、難易度として合格率は22.8%となっています。

販売士2級の難易度(合格率)と特徴

出典: https://hanbaishikaku.com

販売士検定2級ではフロアマネージャーなどの中間管理職レベルの内容だと解説しましたが、販売士検定2級の具体的な特徴は、販売士検定3級の売り場担当レベルが身に付いている事を前提として、小売業や流通業の専門知識を身に付ける事を目的としています。専門知識では、仕入れ管理や在庫管理など販売促進に必要な要素を学ぶ事となります。そして、難易度として合格率は43.9%となっています。

販売士3級の難易度(合格率)と特徴

出典: https://chigai-allguide.com

販売士検定3級は売り場の担当者レベルの内容と解説しましたが、販売士検定3級の具体的な特徴は、販売員として売り場などで接客をしている方などが不可欠となる基本的な接客マナーや接客技術を学ぶ事となります。また、小売業や流通業に関しての基礎知識が必要となります。そして、難易度として合格率は52.4 %となっています。

販売士1級の難易度が高いと感じてしまう原因とは?

販売士検定の難易度が高いと感じる原因

出典: https://192abc.com

販売士検定1級は勉強時間が100時間であり、独学でも販売士検定に合格が可能だと言われてる事は事実です。しかし、どうやら販売士検定1級の難易度が高いとの認識もあるようです。そこで、販売士検定1級の難易度が高いと感じてしまう原因のパターンを解説していきます。反対に販売士検定の難易度が高いと感じる原因を無くす、という事を意識しながら確認しましょう。

勉強時間の問題

出典: https://j-depo.com

販売士検定1級に限らず言える事なのですが、難易度が高いと感じる大きな原因は、やはり勉強時間の問題でしょう。確かに、独学で試験に臨む人は特に意識しますが、勉強の効率や質だと考えるのは妥当です。しかし、合格者の勉強が100時間との事ですから、過信せず最低でも100時間は勉強時間が必要でしょう。

出典: https://creativeideanote.com

また、勉強時間が足りない事によって、知識の定着が悪くなる要因も含まれています。したがって、問題集を解いても問題の意図が理解出来ずに、難易度が高いと感じる結果に至る事があります。

ハンドブックを使わずに勉強している

出典: https://page.auctions.yahoo.co.jp

販売士検定では、実はハンドブックから70%以上が出題される内容となっている事を確実に覚えておきましょう。もちろん通常であればハンドブックを購入して勉強に活かしますが、ハンドブックを活用しない要因として、ハンドブックの金額が高い事によって購入を躊躇している事が挙げられます。ハンドブック内容を確認すると、販売士としての応用問題が載っている事もあるので、応用問題に対処出来ずに難易度が高いと感じている様です。

間違った勉強方法

出典: https://www.lifehacker.jp

販売士検定の勉強方法として前述では解説していますが、前述の勉強方法は、合格者の共通した勉強方法だという事になります。勉強時間が合格への秘訣だという事を挙げていますが、含めて正しい勉強方法によって勉強の効率や質を考える事も大切です。そして、間違った勉強方法によって行き詰る事で販売士検定1級の難易度が高いと感じているようです。

販売士(リテールマーケティング)検定1級の難易度や勉強方法のまとめ

出典: https://hbol.jp

販売士検定1級の特徴や勉強時間などを2級、3級と比較して考えると、販売士検定1級は独学でも合格者がいる事は事実なようです。しかし、合格者の勉強時間や共通した勉強方法などを抑えておかなければ、販売士検定1級が困難だと判断して勉強が捗らない結果に至る事には注意しておくべきだと言えます。販売士検定1級はビジネスパーソンとして重宝される資格ですので、今回のポイントを抑えて試験に臨む事も1つの選択肢でしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ