株の「出来高」とは?「株価」との関係やチャートの見方まで徹底解説!

投資を行う際には、株の出来高や株価チャートなどの理解が非常に大切となります。また、さまざまなテクニカル分析と組み合わせることで、投資の精度はさらに高まります。今回は、株における出来高の基本的な知識から、株価チャートの見方などについて紹介していきます。

株の「出来高」とは?「株価」との関係やチャートの見方まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 株の出来高とは?株価チャートの見方など初心者にわかりやすく解説!
  2. 株の出来高とは何か?
  3. 株価チャートの見方を初心者にわかりやすく解説!
  4. 株価チャートを形成しているローソク足とは?
  5. 株価チャートと合わせて使えるRSIとは?
  6. 株価チャートと合わせて使える移動平均線とは?
  7. 株価チャートと合わせて使えるボリジャーバンドとは?
  8. 株の出来高・株価チャートの見方のまとめ

株の出来高とは?株価チャートの見方など初心者にわかりやすく解説!

出典: http://itsa-money.secret.jp

株式投資を行う際には、株の出来高や株価チャートの見方など、さまざまな知識の習得が必要不可欠となります。しかし、近年では金融市場の構造がさらに複雑化しており、それに伴って株価動向の判断も非常に難しくなっている傾向にあるため、日頃のスキルアップが非常に重要となっています。今回は、株における出来高の基礎知識や株価チャートの見方などについて、初心者にも分かりやすくまとめています。

Thumb株の取引時間帯は何時から何時まで?おすすめのタイミングも紹介!

株の出来高とは何か?

株における出来高とは?

出典: http://itsa-money.secret.jp

出来高とは、売買が約定した株式の数量のことをいいます。株式投資を行う際に必要不可欠となる出来高は、市場全体や銘柄の需給バランスを判断する際にも使用されるケースがあり、初心者や経験者など、さまざまな投資家に重宝されています。

株の出来高の歴史

出典: http://itsa-money.secret.jp

出来高の歴史は古く、1878年に定められた株式取引所条例が発祥とされています。昭和恐慌などにより、昭和初期の出来高は非常に低迷していましたが、有事におけるさまざまな特需により、日本の取引所は活気を取り戻しました。特に、戦後における出来高の増加は著しいものがあり、現在では世界第三位という規模にまで成長しました。

投資家の注目度高さを表すもの

出典: http://itsa-money.secret.jp

出来高は、市場全体や銘柄の需給バランスを判断する指標として有名ですが、さまざまな投資家の注目度の高さを示す指標としても重宝されています。財務基盤に優れた企業や日本を代表する企業など、投資家に人気のある銘柄は常に高水準の出来高を伴っている傾向にあります。

株価の動きと一緒に見る必要がある

出典: http://itsa-money.secret.jp

出来高の精度を高めるためには、株価動向と並行して見ることが必要不可欠となります。株価と出来高は連動する傾向にあり、株価が急激な上昇をしている場面では大きな出来高を伴っているケースが多く、株価の変動が緩やかな場面では、出来高も閑散としているケースが多いとされています。

株における出来高の使い方

出典: http://itsa-money.secret.jp

出来高の一般的な使い方としては、薄商いが続いていた状態から出来高が急増した場合は、上昇トレンドが始まると判断し、大きな出来高を維持している状態から徐々に薄商いへと変化した場合には、トレンド転換を示すといった使い方となります。

出来高を使うメリットとは?

出典: http://itsa-money.secret.jp

出来高には先行性という大きな特徴があるため、株価が大きな値動きをする際には、先に出来高にその兆候が現れるというケースが多くみられます。特に、上昇トレンドが転換に近付いている場面やセリングクライマックスの場面など、予期せぬ株価変動が生じる際には、出来高が先行するとされています。

出来高を使うデメリットとは?

出典: http://groop.tokyo

上昇トレンドが継続されている場合など、株式市場全体の環境が非常に活況である場面では効果を発揮しやすい出来高ですが、緩やかな株価変動の場合や下落トレンドが継続されている際には、出来高も閑散となるため精度が落ちるというデメリットがあります。

株における出来高の特徴

出典: http://groop.tokyo

出来高にはさまざまな特徴があり、その習性をしっかりと理解することで株式投資の精度をさらに高めることができます。例えば、株価が大きく動く際には出来高も大きく上昇するなど、株価と出来高の連動性は非常に高く、その特徴を利用することによって、値動きを先読みすることも可能となります。

価格帯別出来高とは?

出典: http://groop.tokyo

価格帯別出来高とは、売買が約定した株式の数量を各価格帯に分けて算出した指標のことをいいます。各価格帯に分けて取引量を算出することで、通常の出来高では判断が難しいとされている、価格においての抵抗水準などを見極めることが可能となります。

価格帯別出来高の使い方

出典: http://kiyosawayoshihiro.com

価格帯別出来高は、株価における上値抵抗や下値抵抗を判断するために用いられるのが一般的です。価格帯別出来高の数量が多くなっている価格は、その株価水準で売買が盛んに行われたと判断できるため、高値圏で価格帯別出来高の数量が多くなっている際には、その株価近辺で反落するケースが多いとされています。

価格帯別出来高を使うメリットとは?

出典: http://okane-hosoku.com

株価の上値抵抗や下値抵抗を判断することができる価格帯別出来高は、上昇トレンドなどの際に高値掴みのリスクを軽減することができるというメリットがあります。また、下値抵抗の株価水準を狙った逆張り投資の際にも、非常に効果を発揮しやすい指標でもあります。

価格帯別出来高を使うデメリットとは?

出典: http://okane-hosoku.com

逆張り投資や順張り投資など、さまざまな投資手法で活躍する指標ですが、株価の上昇要因となる材料が出た場合やセリングクライマックスの場面など、大きな過熱感を生じている際には、精度が低くなるというデメリットがあるので注意が必要です。

出来高系指標であるボリュームレシオとは?

出典: http://okane-hosoku.com

出来高系指標に分類されるボリュームレシオは、株式市場全体や銘柄の株価水準を判断する目安として用いられるテクニカル分析のひとつです。ある一定期間において、株価が上昇した際の出来高の合計と株価が下落した際の出来高の合計を除して数値を算出します。

株におけるボリュームレシオの使い方

出典: http://okane-hosoku.com

ボリュームレシオの一般的な使い方としては、上昇時や下落時の出来高から算出した数値が450%以上の場合は、株価水準が高値圏と判断し、数値が70%以下の場合には株価水準が安値圏で推移しているといった使い方となります。

ボリュームレシオを使うメリットとは?

出典: https://firststyle.jp

株式市場全体や銘柄の株価水準を判断する目安として用いられるボリュームレシオは、高値掴みのリスク軽減や安値圏での逆張り投資の際に役立つというメリットがあります。また、逆張りでの株式購入が一般的とされている中長期投資の際にも使用されるケースがあります。

ボリュームレシオを使うデメリットとは?

出典: https://firststyle.jp

価格帯別出来高と同様に、株価の上昇要因となる材料が発表された場合や株式市場全体が急落している場面など、大きな過熱感を生じている際には、精度が低くなるというデメリットがあるので注意が必要です。

出来高系指標である逆ウォッチ曲線とは?

出典: http://tokyo-sundubu.net

ボリュームレシオと同様に、出来高系指標に分類される逆ウォッチ曲線とは、株価と出来高の連動性に着目して開発されたテクニカル分析のひとつです。あまり聞き慣れない分析方法ですが、出来高の伴った株価上昇などをチャート化した逆ウォッチ曲線は、株価と出来高の基本的な関係性を学ぶ際にも使用される指標です。

株における逆ウォッチ曲線の使い方

出典: http://tokyo-sundubu.net

逆ウォッチ曲線は、縦軸を株価、横軸を出来高としてチャートを作成することとなります。また、一般的な使用方法としては、チャートが右下に推移している際は買いと判断し、チャートが左上に推移している場面では売りと判断するといった使用方法となります。

逆ウォッチ曲線を使うメリットとは?

出典: https://fx-ume.com

逆ウォッチ曲線は、株式市場の需要と供給を8つのパターンに分けてチャート化しているため、視覚的に判断がしやすいというメリットがあります。また、出来高を利用して開発されたテクニカル分析なので、先行性があるという点もメリットのひとつです。

逆ウォッチ曲線を使うデメリットとは?

出典: https://fx-ume.com

出来高と同様に逆ウォッチ曲線も、株価が保ち合い状態で推移している場合や下落トレンドが継続されている場面には、株価の値動きや出来高も閑散となるため、精度が落ちるというデメリットがあります。

Thumb株の売り方ガイド!ルールや税金などを初心者にも分かりやすく解説!

株価チャートの見方を初心者にわかりやすく解説!

株価チャートは株の基本である

出典: https://hardrockman.com

株式投資の分析を行う際に必要不可欠となる株価チャートは、ファンダメンタル分析を用いた長期投資や短期投資の売買のタイミングなど、さまざまな場面で使われています。また、株価チャートで用いられているローソク足の見方をしっかりと理解することで、過去の値動きの特徴や直近の株価チャートの流れなどを把握することが可能となるため、特に初心者は、株の基本とされる株価チャートの理解が非常に重要となります。

チャートで株を買うタイミングを見極める

出典: http://u-note.me

株価チャートの見方をしっかりと理解することで、購入を検討している銘柄の株価チャートの習性や方向性を把握することが可能となります。また、中長期投資の際には、PERやPBRなどの指標や財務分析と組み合わせることで、適正な株価水準なのかを把握する目安にもなるため、株式投資を行う際には株価チャートを見極めるスキルが必要不可欠となります。

テクニカル分析とは?

出典: http://preco.co.jp

テクニカル分析とは、過去の値動きや出来高などを照らし合わせて、今後の株価チャートの値動きを予想することを目的とした分析方法です。テクニカル分析にはさまざまな種類があり、分析方法によって目安となる株価チャートの見極め方や、売買シグナルの見方などが大きく異なってきます。テクニカル分析のなかには、複雑な計算や複数のチャートを組み合わせて値動きを分析する方法もあるので、初心者の場合には注意が必要です。

トレンド系指標①エンベロープ

出典: https://www.fxbroadnet.com

トレンド系指標に分類されるエンベロープは、移動平均線と株価の乖離を利用して株価の値動きを分析する手法で、テクニカル分析のなかでも、視覚的に売買のタイミングが掴みやすい分析方法のひとつです。エンベロープは順張り時の目安や、逆張り時の目安としても利用されるケースがありますが、一般的には株価がエンベロープの上限や下限に達すると、株価が反転しやすいとされています。

トレンド系指標②パラボリック

出典: https://www.fxbroadnet.com

トレンド系指標に分類されるパラボリックは、株価チャートのトレンド反転を判断する目安として、中長期投資や短期投資の場合にも使用されているテクニカル分析のひとつです。また、逆張り投資を行う際の売買タイミングの目安としても使われているため、初心者にもおすすめの分析方法のひとつです。しかし、株価チャートの値動きが閑散としている場面では、精度が低くなるため注意が必要となります。

トレンド系指標③一目均衡表

出典: https://www.fxbroadnet.com

トレンド系指標に分類されるテクニカル分析のなかで、最も有名な分析方法といわれている一目均衡表は、数多くの投資家に人気のあるテクニカル分析です。5種類のチャートを組み合わせて、株価チャートの値動きや投資のタイミングを見極めるため、初心者にはやや不向きな分析方法となりますが、さまざまな株価動向の際にも柔軟な対応が可能となる一目均衡表は、長年取引を行っている投資家からも高い評価を得ている分析方法のひとつです。

トレンド系指標④新値足

出典: https://www.fxbroadnet.com

一目均衡表と同様に、トレンド系指標に分類されている新値足は、株価チャートのトレンド把握に特化したテクニカル分析です。一般的な見方としては、陽転したタイミングと陰転したタイミングを目安に投資を行うといった、非常にシンプルな見方となります。しかし、小規模のトレンド転換の際には反応しないため、短期投資には不向きとされています。

トレンド系指標⑤カギ足

出典: https://technical-indicators.com

新値足と同様に、トレンド系指標に分類されるカギ足も、あまり聞き慣れないテクニカル分析のひとつです。一般的には、ある一定の株価変動を利用して、大局的なトレンドを把握する分析方法となりますが、株価変動の直後には反応しないというデメリットがあるため、初心者や経験者の際にも扱いが難しい分析方法となります。

オシレーター系指標①モメンタム

出典: https://www.fxbroadnet.com

オシレーター系指標に分類されるモメンタムは、株価動向の趨勢や方向性を見極めて投資を行う際に使用されるテクニカル分析のひとつです。先行指標としても有名なので、短期投資を行う際におすすめの分析方法です。一般的な見方は、数値がゼロよりも上に位置している場合は上昇する力があると判断することができ、数値がゼロよりも下に位置している場合には、下落する可能性が高いといった見方となります。

オシレーター系指標②ROC

出典: https://www.fxbroadnet.com

モメンタムと同様に、オシレーター系指標に分類されているROCも、株価の勢いや流れなどを判断する目安として用いられるテクニカル分析のひとつです。主に株価のトレンドが転換するタイミングを見極める際に効果を発揮する方法とされており、初心者にも使いやすい分析方法です。また、一般的な見方としては、ROCの数値が100に近づいたらトレンド転換の可能性があるといった見方となります。

オシレーター系指標③DMI

出典: https://www.fxbroadnet.com

ワイルダーが開発したオシレーター系指標としても有名なDMIは、株式市場全体の状態を分析する目安として用いられるテクニカル分析のひとつです。トレンドの継続性を判断する場合にも使用されるため、主に順張り投資の際に重宝される分析方法です。一般的な見方としては、+DIが-DIよりも上に位置している場合は上昇トレンド、+DIが-DIよりも下に位置している場合には下落トレンドといった、非常にシンプルな見方となります。

オシレーター系指標④RCI

出典: https://www.fxbroadnet.com

オシレーター系指標のなかでも、数多くの投資家に使われている分析方法として、RCIというテクニカル分析があります。RCIは、主に株価のトレンドが発生するタイミングを見極める目安として用いられており、その判断方法も非常にシンプルなため、初心者にもおすすめの分析方法のひとつです。一般的な見方は、数値が+80以上の場合は株価が天井圏、数値が-80以下の場合には株価が底値圏といった見方となります。

オシレーター系指標⑤ストキャスティクス

出典: https://www.fxbroadnet.com

RCIと同様に、ストキャスティクスもオシレーター系指標として非常に有名なテクニカル分析のひとつです。主に、株価の過度な上昇や下落を見極める目安として用いられる分析方法で、逆張り投資の際に効果を発揮しやすいとされています。また、数値の見方も非常にシンプルなので、初心者にもおすすめの指標です。しかし、株価動向が膠着状態にある際には精度が低くなるため、DMIなどの指標と並行して使用するケースも少なくありません。

Thumb株で長期保有に向いているおすすめの銘柄まとめ!メリット・デメリットは?

株価チャートを形成しているローソク足とは?

ローソク足とは何か?

出典: http://ssoubakan.com

ローソク足とは、日本で開発された株価チャートで海外の投資家にも非常に人気のある罫線のひとつです。また、始値・終値・高値・安値の4つの価格を利用して形成されるチャートで、株式市場や各銘柄の状態を把握する目安として、初心者にも判断しやすい株価チャートです。一般的な見方は、始値よりも終値の価格が高い場合は上昇傾向にあると判断し、始値よりも終値の価格が低い場合は下落傾向にあるといった見方となっています。

陽線のローソク足の種類

出典: http://bokura-fx.com

陽線とは、始値よりも終値の株価が高い場合に形成されるローソク足のことをいいます。形成された陽線の形によって、さまざまな株価動向の判断の目安となるため、特に初心者はしっかりと知識を身に付けることが重要となります。例えば、上ヒゲと呼ばれるローソク足の上に形成された陰が長い場合は、株価の上値が重いケースが多く、下ヒゲと呼ばれるローソク足の下に形成された陰が長い場合は、上昇に転ずるケースが多いとされています。

陰線のローソク足の種類

出典: http://bokura-fx.com

陰線とは、始値よりも終値の株価が低い場合に形成されるローソク足のことをいいます。陽線と同様に、形成された陰線の形によって、さまざまな株価動向の判断の目安となるため、初心者は陽線と共にしっかりと知識を身に付ける必要があります。また、株価水準によって判断は異なりますが、株価水準が低い場面で長い下ヒゲを形成した場合には、トレンドが転換するケースが多いとされています。

同値線・寄付同時線の種類

出典: http://binaryhl.click

ローソク足のなかには、同値線や寄付同時線などのトレンド転換を強く示す形成パターンが存在します。始値と終値の価格が同じである際に形成されるチャートで、株式市場全体や各銘柄の大きなトレンドが転換する場面でよくみられるとされています。また、出来高と併用することで精度がさらに高まります。しかし、上ヒゲや下ヒゲの長さによっては、判断の目安が異なってくるため注意が必要です。

ローソク足の様々なパターン

出典: http://binaryhl.click

ローソク足にはさまざまなパターンが存在します。例えば、大陽線や大陰線と呼ばれる、実体が非常に長いローソク足を形成した場合は、上昇傾向や下落傾向を強く示すとされており、トレンドの継続や転換の際に、大きな出来高を伴って形成されるケースが非常に多いです。また、カラカサと呼ばれる、実体に対してヒゲが極端に長いローソク足は、トレンド転換を判断する目安として重宝されるパターンのひとつです。

株におけるダブルトップと出来高の関連性

出典: http://korekaranorikumile.hatenablog.com

ダブルトップとは、一度つけた高値に再び株価が近付く動きを見せながらも、高値を更新することなく下落してしまった際に形成されるパターンで、主に上昇トレンド時や高値圏で発生するケースが多いとされています。トレンド転換を判断する目安として非常に重宝されているため、初心者にもおすすめのチャートパターンです。また、出来高と併用することで、精度はさらに高まります。

株におけるダブルボトムと出来高の関連性

出典: http://world-ai-club.com

ダブルボトムとは、一度つけた安値に再び株価が近付く動きを見せながらも、安値を更新することなく上昇してしまった際に形成されるパターンで、主に下落トレンド時や安値圏で発生するケースが多いとされています。ダブルトップと同様に、トレンドの転換を判断する目安として非常に人気があるため、初心者はダブルトップと共に知識を身に付けることが大切となります。また、出来高と併用することで精度はさらに高まります。

株におけるトリプルトップと出来高の関連性

出典: http://world-ai-club.com

三尊天井とも呼ばれているトリプルトップは、一度つけた高値に三度近付く動きを見せながらも下落してしまった際に形成されるパターンで、主に上昇トレンド時や高値圏の場面で発生するケースが多いとされています。ダブルトップよりもトレンド転換を強く示すチャートパターンでもあり、出来高を伴ったトリプルトップ形成後には大きく下落する場面もあるため、特に初心者はしっかりと知識を身に付けることが大切となります。

株におけるトリプルボトムと出来高の関連性

出典: http://world-ai-club.com

逆三尊とも呼ばれているトリプルボトムは、一度つけた安値に三度近付く動きを見せながらも上昇してしまった際に形成されるパターンで、主に下落トレンド時や安値圏の場面で発生するケースが多いとされています。また、ダブルボトムよりもトレンド転換を強く示すパターンでもあり、出来高を伴ったトリプルボトム形成後には大きく上昇する場面もあるため、トリプルトップと同様に、初心者は知識を身に付けることが重要となります。

Thumb株の売却にかかる税金を徹底解説!確定申告が必要なケースとは?

株価チャートと合わせて使えるRSIとは?

RSIとは?

出典: https://kabulib.com

相対力指数とも呼ばれているRSIは、株価の上昇傾向や下落傾向の勢いを判断する目安として、数多くの投資家に使われているテクニカル分析のひとつです。主に、逆張り時に使用される分析でもあり、非常にシンプルな判断が可能となるため、初心者や経験者などさまざまな投資家におすすめの分析方法のひとつです。

RSIの使い方・見方

出典: https://kabulib.com

RSIの一般的な見方としては、RSIが70%以上の場合は高値圏、RSIが30%以下の場合には安値圏といった見方となります。また、株価水準が高値で推移している際にRSIの上昇が乏しい場面では、株価がさらに上昇するといった判断の目安ともなります。一方で、安値で株価が推移している際にRSIの下落が乏しい場面では、さらに株価が下落する傾向にあります。

RSIを使う際の注意点とは?

出典: https://k2-investment.com

RSIを使う際には、株式市場全体や各銘柄の状態に応じて判断する目安を変える必要があります。逆張り投資の際に効果を発揮しやすい分析方法として有名ですが、大きなトレンドが継続されている場面では精度が低くなる傾向にあるため注意が必要です。しかし、ボックストレンドなどの緩やかな株価変動の際には精度が非常に高くなるので、初心者がRSIを使用する場合には、相場の趨勢を見極めることが重要となります。

RSIと出来高の関係性

出典: https://k2-investment.com

RSIの精度をさらに高めるためには、ローソク足の形成パターンや出来高などを併用することが必要不可欠となります。例えば、株価が安値圏で推移している際に、大きな出来高を伴ってRSIの数値も30%を下回っている場合には、株式を購入する絶好の機会となるケースが多いです。また、ローソク足が上昇を示すパターンを形成している際には、さらに精度が高くなるとされています。

Thumb株の基礎用語集!投資初心者向けの知っておきたいワードを解説!

株価チャートと合わせて使える移動平均線とは?

移動平均線とは?

出典: http://binaryhl.click

移動平均線とは、ある一定期間の株価の終値を平均化して、株価動向の特徴を捉えることを目的としたテクニカル分析のひとつです。移動平均線の計算方法も非常にシンプルで、20日移動平均線の際には、20日間の株価の終値を合計してから平均化するという方法となっています。計算方法と同様に、判断方法も非常にシンプルなので、初心者にもおすすめのテクニカル分析です。

移動平均線の使い方

出典: https://kamioka-blog.com

主にトレンド継続を確認する際に使用される移動平均線ですが、売買のタイミングを判断する目安として使用されるケースも少なくありません。例えば5日移動平均線が25日移動平均線を上回る場面(ゴールデンクロス)では、上昇勢力が強いと判断し、5日移動平均線が25日移動平均線を下回る場面(デットクロス)では株価が下落に転じるケースが多いとされています。

実戦で移動平均線を使用する目安とは?

出典: https://k2-investment.com

長期投資や短期売買など、投資スタンスなどによって使用する移動平均線の目安も異なってきますが、一般的には5日移動平均線・25日移動平均線・75日移動平均線を使用するケースが多いとされています。また、中長期投資を行う際には週足などの株価チャートも使われることが多く、13週にわたる株価の終値を平均化した移動平均線や、26週にわたる株価の終値を平均化した移動平均線などの使用が一般的となっています。

移動平均線の計算式とは?

出典: https://kamioka-blog.com

移動平均線の計算方法は、非常にシンプルなものとなっています。例えば、ある銘柄の5日間の終値が100円・150円・200円・250円・300円だった場合、それぞれの株価の終値を足して、その合計した数値に1/5を乗ずることで5日移動平均線の値が決まります。また、25日移動平均線や75日移動平均線を算出する際にも、同様の計算方法で数値を決めることとなります。

移動平均線と出来高の関連性

出典: https://k2-investment.com

移動平均線の精度をさらに高めるためには、ローソク足の形成パターンや出来高などを併用することが非常に大切となります。例えば、大きな出来高を伴いながら5日移動平均線が25日移動平均線を上回った場合は、株式を購入する絶好の機会となります。また、ローソク足が上昇を示すパターンを形成している場面では、さらに精度が高くなるとされています。

出来高移動平均線とは?

出典: https://kamioka-blog.com

出来高移動平均線とは、ある一定期間の出来高を平均化して、株価動向の習性を捉えることを目的としたテクニカル分析のひとつです。移動平均線と同様に、出来高移動平均線の計算も非常にシンプルで、5日出来高移動平均線の際には、5日間の出来高を合計してから平均化するという方法となっています。また、判断方法もシンプルなので、初心者や経験者にもおすすめのテクニカル分析です。

出来高移動平均線の使い方

出典: https://kamioka-blog.com

出来高移動平均線の一般的な使い方としては、出来高の増加を伴いながら10日にわたる出来高移動平均線を上回った場合は上昇傾向にあると判断し、出来高の減少を伴いながら10日にわたる出来高移動平均線を下回った場合には、下落傾向にあるといった使い方となります。

Thumb株の売り時はどう決める?売買タイミングの見極め方を徹底解説!

株価チャートと合わせて使えるボリジャーバンドとは?

ボリジャーバンドとは?

出典: http://binaryhl.click

ボリンジャーバンドとは、株価の上昇傾向や下落傾向の勢いを判断する際やトレンド転換を判断する際など、さまざまな判断の目安として、初心者や経験者にも重宝されているテクニカル分析のひとつです。移動平均線を利用して開発されたボリンジャーバンドは、ローソク足との相性も非常に良く、為替相場や先物市場など多岐にわたる市場で使われている分析方法です。

ボリジャ―バンドの使い方

出典: http://binaryhl.click

主に逆張りの際に利用されているボリンジャーバンドの使い方は、株価が-1から-3σの間で推移している場面では安値圏、株価が+1から+3σの間で推移している場面では高値圏という判断が一般的となります。しかし、ボリンジャーバンドが拡大している際には、上昇トレンドや下落トレンドが発生しているという判断の目安ともなるため、逆張りではなく順張り投資を行う場合に効果を発揮します。

ボリジャ―バンドの特徴とは?

出典: https://kamioka-blog.com

ボリンジャーバンドは、収縮と拡大状態を繰り返すという特徴があります。基本的に株価は、ボリンジャーバンドの範囲内で推移することとなり、バンドを超える値動きをした際は、過熱感が生じていると判断することができます。また、移動平均線を利用して開発されたボリンジャーバンドは、上昇トレンドの支持線や下落トレンドの抵抗線としての機能も果たすため、さまざまな判断の際に使用できるテクニカル分析です。

ボリジャ―バンドを使う際の注意点とは?

出典: https://kamioka-blog.com

ボリンジャーバンドを使う際には、相場状況に応じた判断をすることが非常に重要となります。特に逆張り時にボリンジャーバンドを使用する場合には、バンドの形状が収縮状態なのか拡大状態なのかによって精度も異なってくるため注意が必要です。バンドが拡大状態にある場面では、株価が-3σを超えている状況でも下落が続くケースが多くみられるため、安易な逆張り投資を避けることが大切となります。

ボリジャーバンドと出来高の関係性

出典: https://kamioka-blog.com

ボリンジャーバンドの精度をさらに高めるためには、ローソク足の形成パターンや出来高などを併用することが必要不可欠となります。例えば、株価が収縮状態にあるバンドを大きく下回った際に、大きな出来高も伴っている場合には、株式を購入する絶好の機会となるケースが多いです。また、ローソク足が反転を示すパターンを形成している際には、さらに精度が高くなるとされています。

Thumb株の購入方法を徹底解説!初心者におすすめの銘柄や買うタイミングとは?

株の出来高・株価チャートの見方のまとめ

株式投資における出来高の基本的な知識から、株価チャートの見方や分析方法などについて紹介してきました。長期投資や短期売買など、さまざまな投資手法を行う際には、出来高や株価チャートなどの理解が必要不可欠となります。また、数多くのテクニカル分析と組み合わせることで、株式投資の精度はさらに高まります。今回紹介した、株における出来高の基礎知識などを参考に、安定した株式投資を目指していただけると幸いです。

Thumb株で配当金生活を実現する方法とは?銘柄の選び方や必要な金額まで徹底解説!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ