警察官の試験や難易度を調査!倍率や面接など具体的な内容紹介!

警察官の試験内容は、多くの方が理解していない場合が多いです。実は、警察官の試験内容は特徴的なようなので、実際に試験内容や試験の難易度が気になります。そこで、警察官の試験内容から難易度を図り、試験の倍率や面接などの具体的な内容を紹介していきます。

警察官の試験や難易度を調査!倍率や面接など具体的な内容紹介!のイメージ

目次

  1. 警察官採用試験の内容や難易度とは?
  2. 警察官になるための道のりとは?
  3. 警察官採用試験の日程とは?
  4. 警察官採用試験の難易度や倍率とは?
  5. 警察官採用試験の内容とは?
  6. 警察官採用試験の内容や難易度のまとめ

警察官採用試験の内容や難易度とは?

出典: https://news.goo.ne.jp

警察官採用試験は、多くの方が知らない内容といえます。そして、実は試験内容が特徴的なので、試験の難易度が把握が困難なようです。また、採用試験の日程や警察官ならではの採用試験の要件などがあるので、これらの事も含めておく必要があります。それでは、警察官の試験内容から難易度を解説し、試験に合格するために抑えておくべきポイントをご紹介していきます。

警察官になるための道のりとは?

警察官の階級

出典: http://misty-family.shumilog.com

警察官の階級は、下から「巡査、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視官、警視総監」となっています。この警察官の階級は、警察法という形で定められているという事に注目しておきましょう。警察官の道のりとしては、この警察間の階級が重要になるので、確実に抑えておく事が大切です。ちなみに、警察官の昇給では、昇任試験を受ける事で晴れて階級が上がる仕組みとなっております。

公務員試験の合格が必須

出典: http://tokyo-ac-sendai.seesaa.net

警察官は、職種として公務員となるので、警察官になるには公務員試験の合格が必須となります。警察官に関しての試験内容は後述で具体的に解説しますが、警察間の公務員試験内容では、筆記試験、面接試験、体力検査との内容となっています。

採用後ではすぐに勤務が出来ない

出典: https://www.police.pref.hokkaido.lg.jp

警察官に必須である公務員試験に合格後には、警察官に採用される事となります。しかし、警察官は採用後にすぐに勤務が出来ないという事が特徴的です。なぜなら、警察学校で6ヶ月の寮生活、そして高卒や大卒の場合では10ヶ月を送る必要があると規定があるからです。こういった警察官になるための過程を踏んで、一般的に認知されている交番での勤務が可能だという事を覚えておきましょう。

国家公務員と地方公務員の2つに分かれる

出典: https://obs-sendai.ac.jp

警察官になるための道のりでは、公務員試験を受ける必要があると解説しました。実は、警察官では公務員試験も公務員の形態によって、受ける試験が変わるという事を覚えておく事が大切です。もし、警察官を目指す事場合は、国家公務員と地方公務員のどちらかを選択します。そして、警察官の国家公務員の場合では、国家公務員試験を受ける事となり、地方公務員の場合では地方公務員試験を受ける事となります。

国家公務員のキャリア

出典: https://getnews.jp

警察官での国家公務員は、試験難易度が高い事は容易に想像出来ます。そこで、国家公務員試験と地方公務員の違いを明確にするため、国家公務員試験に合格後の内容を確認しましょう。国家公務員では、国家公務員試験に合格後では、キャリア警察官と準キャリア警察官と分かれる事となります。

出典: https://grapee.jp

キャリア警察官になる場合では、国家公務員総合職試験に合格後は、警視庁での面接を受ける事となります。準キャリア警察官になる場合では、国家公務員一般試験の合格後には、キャリア警察と同様に警視庁での面接を受けます。試験の難易度はキャリア警察が高い事が分かりますが、重要なキャリア警察の優遇は、いきなり警部補へと飛び級となる事には驚きます。そして、準キャリア警察の場合では、巡査部長となります。

警視庁特別捜査官もある

出典: https://www.youtube.com

警察官の道のりとして、国家公務員と地方公務員が一般的なのですが、特別な方法として警視庁特別捜査官もあるという事です。しかし、難易度が高く専門的な知識が必要になります。仕事内容から警察官としての難易度を確認すると「財務捜査官、科学捜査官、サイバー犯罪捜査官」と仕事内容が分かれています。やはり、受験資格の難易度が高い事もあり、受験資格を持ち合わせている人も少ない事から、広く知られていません。

基本的に地方公務員の警察官を目指す形になる

出典: https://koumu.in

これまで警察官になる場合を、試験の難易度や仕事内容から確認してきました。やはり、お察しの通り基本的に地方公務員の警察官を目指す形となります。実際に、地方公務員の試験合格人数から考察すると、地方公務員は毎年全国で15000程の人数が採用されている状態のようです。そして、国家公務員の警察の場合では、30人程の採用数となります。やはり、私達が普段見ている警察官は地方公務員の警察官といっても過言ではありません。

Thumb警察官の平均年収・給料はどれくらい?高卒・大卒の違いなどまとめ!

警察官採用試験の日程とは?

複数回試験を受けられるチャンスがある

出典: https://non-bikki.com

警察官の採用試験は、日程を確認すると毎年複数回の試験があるようです。具体的には、年に3回の試験がある日程となっており、大体1月、5月、9月、のいずれかの日程になっています。警察官の採用試験は、これらの試験を全て受ける事が可能なようなので、警察官の試験合格のチャンスは多いという事になります。しかし、警察官の採用試験では、受験資格が必要になるという事もチェックしておかなければなりません。

年齢及び学力が受験資格として必要

出典: https://www.police.pref.saitama.lg.jp

警察官の採用試験は、日程に合わせて複数回受ける事が可能と解説しましたが、実は受験資格として年齢と学力が必要です。まず、試験日程は学力に大きく左右される事となり、大学卒業の場合と高校卒業によって区別されます。そして、年齢として大卒の日程では21歳以上で35歳未満の方が試験の受験資格となります。高校卒業の日程では、17歳以上で35歳未満となります。これらの受験資格をチェックしておき試験日程を調整する必要があります。

身体の特徴が受験資格に必要

出典: https://gigazine.net

警察官の受験資格では、警察官の場合では納得がいく身体の特徴に要件があるという事です。要件として「身長・体重・視力・色覚・聴力・疾患」が有ります。要件の内容では、身長が160cm以上、体重が48kg以上、視力が裸眼で0.6以上の場合と矯正視力が1.0以上、そして色覚、聴力、疾患の要件はそれぞれ警察官の職務執行に支障が無い事となっています。試験の資格要件を確認すると、試験日程に合わせて調整していく事が必要です。

出典: http://www.at-s.com

女性の場合では、身長が150以上、体重が43kg以上、視力が裸眼で0.6以上の場合と矯正視力が1.0以上、そして色覚、聴力、疾患の要件は男性の場合と同様に、それぞれ警察官の職務執行に支障が無い事となっています。

一次試験の「共同試験」という仕組みとは?

出典: https://spiritualdaigaku.com

警察官の試験は、全国で一次試験の「共同試験」という仕組みによって警察官の試験を受ける事が可能です。警察官の共同試験とは、他の県を併願出来るという事です。つまり、第2志望として他の県も試験を受ける事が可能で、本命の県で試験が不合格の場合でも、第2志望の県に採用される可能性があるという事になります。しかし、魅力的な試験の仕組みとなっていますが、実は男性に限り共同試験が可能なようなので、注意する必要があります。

試験の申し込み手続き方法

出典: http://hikkoshilab.com

警察官の試験を受ける際の、申し込み手続きの方法としてインターネット申し込みと、申込書による方法があります。また、申込書では、郵送と持参によって試験に申込みが可能なようです。非常に便利なインターネット申込み方法では、試験を受ける際に採用サイトがありますので、サイト内での申し込みが可能なようです。手続きは3種類有りますので、警察官の試験日程に合わせて準備が必要となります。

警察官採用試験の難易度や倍率とは?

警察官採用試験の受験者数・競争倍率とは?

出典: https://jp.123rf.com

警察官の採用試験の難易度を推し量る為に有用な情報が、受験者数や競争倍率になります。ここでポイントとなるのが、競争倍率が高いからといって警察官の難易度が高いとは一概に言えない事です。このポイントを確実に抑えてた状態で受験者数と競争倍率を確認していきましょう。後述では、受験者数と競争倍率を確認していきながら、警察官の採用試験の合格者率を解説していきます。

警察官採用試験の受験者数

出典: http://shiawasekotoba.net

都道府県警の発表資料によると、警察官採用試験の受験者数は多い年で136,845人でしたが、直近の平成29年度の受験者数は16,174人となっています。実は、3年前の平成26年度までは96,802人でしたが、平成27年以降は大幅に受験者数が低下しているようです。

採用試験の競争倍率

出典: https://www.in-fra.jp

都道府県警の発表資料によると、警察官採用試験の倍率は高い時で9.5倍でしたが、直近の平成29年度の競争倍率は6.3倍となっています。競争倍率は受験者数と変化を比較すると、7.5倍であった平成25年度から平成26年度は6.2倍となり、その後横這いとなっています。競争倍率は受験者数が大幅に減少した事から、競争倍率は低くなった事が伺えます。

警察官採用試験の合格者倍率

出典: http://win-police.com

警察官採用試験の合格率は、Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ類採用試験と分別されていますので、それぞれの合格率を紹介します。男性警察官の場合では、Ⅰ類採用試験が6.8倍となり、Ⅱ類採用試験では7.5倍、最後にⅢ類採用試験は5.7倍となります。次に女性警察官の合格率はⅠ類採用試験が6.5倍、Ⅱ類採用試験が4.6倍、最後にⅢ類採用試験は4.0倍となっています。ちなみに、Ⅰ類採用試験は大卒、Ⅱ類採用試験は短大卒、Ⅲ類採用試験は高卒の形となっています。

出典: https://licensecounter.jp

これらの数字から、警察官採用試験と他の公務員試験を比較してみると、試験の合格率はやや低めで難易度は高くないといえます。そして、警察官の一次試験は受験者数の6~8割りが一次試験に合格出来るようです。

年々女性の志望者が増加している

出典: https://ameblo.jp

近年では、警察官への女性の志望者が増加傾向にあるようです。現在までは、警察官採用試験の受験資格が男性でも規定がある程なので、平等に処遇される可能性は低い状態でした。しかし、近年は性別に関係無く平等に処遇される内容となっている事によって、増加しているきている理由を挙げられます。競争倍率を確認しても、明確な区別がある状態なので、今後の平等化にも期待出来るでしょう。

筆記試験の難易度は高くはない

出典: https://toyokeizai.net

警察官の採用試験では、前述で簡単に紹介しましたが、筆記試験を受ける事となります。結論からいうと、警察官の筆記試験の難易度は易しいといわれています。警察官の筆記試験が易しい理由として、近年の傾向として特に二次試験を重視しているからです。二次試験は人物像を把握する為に必要な試験内容となっているので、決して頭が良いから警察官の採用試験に合格出来るのでは無いという事を覚えておきましょう。

教養試験の勉強時間

出典: http://news.livedoor.com

教養試験の難易度を、具体的な試験勉強によって把握してみましょう。教養試験の勉強時間の目安は300時間弱程度と見積もれます。警察官の予備校や専門学校では、授業が80回程あるようなので、1年程の勉強が必要だといえます。しかし、勉強時間以外でも自習も大切になるので、あくまで授業内容からの見積もりだという事に注意して、試験までの日程を調整していきましょう。

人気の予備校を紹介!

出典: http://tokyo-ac-kumamoto.seesaa.net

警察官を目指している方は、前述で解説したように教養試験を受ける事となります。警察官の勉強に必要な環境を知っておく必要があるので、警察官を志望している方は必見の内容になっています。警察官の人気の予備校として、東京アカデミーが長年の実績があり、人気の予備校として挙げられます。やはり、環境が大切になるので、確実で安心出来る予備校を選択しましょう。

警察官採用試験の内容とは?

基本的な試験パターン

出典: https://www.doctor-m.net

警察採用試験の基本的な試験パターンがあります。試験の流れとしては、その他試験と同様に一次試験から二次試験への流れになります。しかし、警察官の試験内容に特徴があります。そして、前述で解説した警察官として重視している試験内容は「人物像を把握する事」を再確認しておきましょう。ここでは、警察官の一次試験から重要な二次試験を解説していきます。

1次試験は教養試験

出典: http://torotter.blog.fc2.com

警察官として採用試験を受ける場合では、まず一次試験を受ける事となります。一次試験内容は、警察官として必要な教養を身に付けているのかが問われます。そして、警察官の教養に必要な具体的な出題内容は、数的処理や資料解釈、社会科学、一般科目などがあります。また、知識面以外でも、身体検査や適性検査があるという事を頭に入れておきましょう。

2次試験は面接と体力テストがある

出典: https://hldc.co.jp

筆記試験後では、警察官として重視している二次試験となります。二次試験では、面接と体力テストがあります。面接テストは「個別面接、集団面接」の形態をとっています。やはり、一次試験の合格者が多いだけあって、面接テストの対策を立てておく事が肝になります。そして、面接テスト後には、体力テストを受けます。体力テストは、腕立てや上体起こしなどを実施するようです。

警察官の面接で重視される能力

出典: https://bg-mania.jp

警察官として重視される面接なのですが、実際にどのような能力を見ているのかを確認しておき、自己分析を心掛けましょう。面接で重視される能力としては「正直さ、コミュニケーション能力、共感力」が警察官としての能力を見ている事が挙げられます。警察官は主に人間関係によって成り立っているので、警察官としての信用面を重視しているようです。

面接試験の対策方法

出典: http://boncha.jimab.net

筆記試験の対策は分かりますが、面接試験の対策方法があまり思いつかない方は多いでしょう。そこで、面接試験の対策方法を紹介しておきます。前述では、面接で必要な能力を挙げましたが、能力面の確認を含めて交番へ行く事をおすすめします。面接で聞かれる内容としては、経験者の実例を基に、具体的な志望動機などを自分の言葉で話せるようになる事が大切だといえます。

教養試験の配点とは?

出典: https://www.zba.jp

警察官の試験内容として「教養試験、面接、体力」と試験内容があるという事を把握してく事が大切です。また、教養試験の難易度を明確にするために、試験の配点に焦点を当てて確認してみましょう。教養試験の配点は、地方警察官としての配点を解説するので、地方警察官を希望の方は難易度の程度を把握しておく事が大切です。

出典: http://randomwalker.blog19.fc2.com

それでは、教養試験の配点を確認すると「一般知能分野の総合点が25点、社会科学が9点、人文科学が9点、自然科学が7点」で配点されており、合計50点です。ここで注目しておく事は、高得点が取れる判断推理の9点と数的推理の5点だという事です。やはり、警察官としての資質を見ている事が特徴的な試験になっています。

警察官採用試験の内容や難易度のまとめ

出典: http://www.kddi.com

これまで、警察官の試験内容や試験の難易度を解説してきました。警察官の試験内容と難易度を確認すると、一般的な認識とは違う事に注目する事がポイントであるといえます。警察官の観点から見ると、やはり警察官としての人物重視である事には納得出来ます。しかし、教養試験を軽視すべきでは無いので、確実に教養試験に必要な要件や日程を抑えて試験に臨む事が大切になるでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ