株の仕組みや基礎知識をわかりやすく解説!投資初心者は必読!

株の仕組みや基礎知識についてわかりやすく解説を行なっていきます。投資初心者として、株式投資にチャレンジする方も多くなっています。投資に失敗しないためのコツや基礎知識、株価の見方など、株に関する仕組みが総合的に理解できる記事です。

株の仕組みや基礎知識をわかりやすく解説!投資初心者は必読!のイメージ

目次

  1. 株の仕組みや基礎知識を初心者にもわかりやすく解説!
  2. 株の基礎知識!そもそも株式投資とは何か?
  3. 株式投資のメリット・デメリットとは?
  4. 株式投資にはどのようなリスクがある?
  5. 株式投資にはどんな種類があるのか?
  6. 株式投資を始めるための準備とは?
  7. 株式投資で注意するべきこととは?
  8. 株の仕組みや基礎知識のまとめ

株の仕組みや基礎知識を初心者にもわかりやすく解説!

出典: http://minnanokyoukasho.com

株の仕組みに注目をして、株式投資初心者の方にもわかりやすく基礎知識の解説を行なっていきます。投資をこれから開始しようと考えている場合は、最低限理解しておきたい基礎知識を確認しておくことがポイントです。株価の値動きやチャートの見方なども大切です。そうした株に関する考え方や知識をわかりやすく解説するので、確認していきましょう。

Thumb株主優待生活を楽しむ方法まとめ!投資資金はいくらくらい必要?

株の基礎知識!そもそも株式投資とは何か?

個人でもできるのが株式投資

出典: https://www.tantonet.jp

まず、株の基礎知識と題して株式投資とは何かわかりやすくご紹介していきます。株式投資に関しては、個人でも行なうことができますし、機関投資家などのプロも存在しています。株を保有することによって配当金や株主優待といったお得なメリットを享受することも可能です。いろいろな可能性を秘めているのが株式投資であり、注目度も高まってきています。

株式投資の仕組みとは?

出典: https://crea-lp.com

その株式投資の仕組みについてわかりやすく解説していくと、2つの考え方に分けて確認することができます。株式投資を行なうことの大きな目的としては、利益を上げることにあります。その利益を上げるための方法として、配当金を重ねていくか売却益を得るという方法を挙げることができます。いずれかの方法によって、利益を上げることが可能となります。

配当金による利益

出典: https://tsumitate.builders

株式投資を行なうことで、実際に株式を保有することが可能となり、株式を保有している個人や法人は企業の株主になることができます。企業は株主に対して配当金を支給することもあります。年に1回や2回、企業の利益に応じて株主に還元されるお金のことです。保有している株数によってもらえる配当金も異なり、多く保有していれば配当金額も増えます。

配当金狙いの投資家も多い

出典: https://kabusyo.com

そのため、自身の余剰資金を使って配当金目的で株式投資を行なう投資家の方も少なくありません。売却益狙いの場合は、その都度株価を気にする必要がありますが、配当金目的であれば株式を保有し続けていれば良いのです。日頃の株価に一喜一憂することなく安心して投資を行なうことができます。株式投資で利益を出す方法としてはとても効率的と言えます。

売却益狙いの投資

出典: https://www.tantonet.jp

また、配当金以外に株式投資で利益を上げる方法としては、売却益を利用する方法を挙げることができます。株式投資については企業と直接取引をするわけではなく、指定された証券取引所で売買を行なうことになります。株式投資の基本でもありますが、安い時に買って高い時に売ればその分が利益となります。それこそが売却益であり、利益を出す方法です。

企業の業績に注目

出典: http://www13.plala.or.jp

政治や経済情勢、海外経済の動向などに左右される部分も大いにありますが、基本的に好調な業績を残している企業の株価については値上がりする傾向にあり、反対に業績が伸び悩んでいる企業の株価は値下がりする傾向にあります。したがって、業績に注目して銘柄を選ぶことが大切です。業績が好調な企業の株を購入することで、売却益も得やすくなります。

売買のタイミングも重要

出典: https://investor-a.com

株価については日々リアルタイムで変動していきます。取引が行われている時間帯で1時間前と1時間後では株価が大きく変動しているということも少なくありません。そのため、売却益を狙って株式投資を行なう場合は、売買するタイミングも重要です。ここだと決めたタイミングで売買をすることで、より多くの利益を上げられる可能性も高まっていきます。

株価チャートの仕組みとは?

出典: https://www.tantonet.jp

株式投資の仕組みについてわかりやすく解説していますが、株価チャートの仕組みについてもわかりやすく解説を行なっていきます。株式投資を行なう上では、株価チャートの見方や仕組みも理解しておくことが求められます。特に売却益を狙う場合は、確実に覚えておきたいところです。安い時に買って高い時に売るという原則を支える情報が詰まっています。

初心者でも覚えておきたい

出典: https://www.kabu-1.jp

株価には上がったり下がったりという一定の特徴があります。その特徴を可視化してわかりやすく明示してくれているのが株価チャートの存在です。投資初心者の方でも、株価チャートの仕組みを理解しておくことで投資対象を絞りやすくすることができます。基本的に株価は永遠に上がり続けることはなく、上がったり下がったりを繰り返していくものです。

株価のクセを見抜ける

出典: https://kabu-lounge.com

株価の値動きを可視化してくれるものが株価チャートですが、株価のクセを見抜くという意味でも役立つ側面があります。株価チャートを冷静に分析していくことで、今が売りのタイミングなのか買いのタイミングなのか見定めることも可能です。各銘柄の株価の状態や投資家の心理を見抜くという点でも株価チャートは重要な存在であり、投資には欠かせません。

株価チャートには主に3つのトレンドがある

出典: https://kabu-start.jp

株価チャートの仕組みを理解して投資を行なう上では、株価のトレンドを知ることがポイントです。株価のトレンドには大きく3つの仕組みがあります。上昇トレンドと下降トレンド、もち合いと呼ばれるトレンドの3つです。上昇トレンドは右肩上がりの株価チャートとなっており、買いのタイミングと言えます。売却益を得やすいのも上昇トレンドです。

下降トレンド

出典: https://premium.toyokeizai.net

一方で、下降トレンドと呼ばれるトレンドは徐々に株価が下がっていく状況を示しています。そのため、ここで株を購入してしまうと損失を拡大させる可能性が高くなります。株を保有している場合は、この時点で売却してしまうのがおすすめです。また、新規で株を購入しようと考えている場合は下降トレンドから上昇トレンドに切り替わるまで待つことです。

もち合い

出典: https://zuuonline.com

株価チャートには、もち合いと呼ばれるトレンドもあります。もち合いとは同じような価格帯で株価の値動きを繰り返すことです。もち合いのタイミングで取引を行うのはリスキーです。もち合いから抜けた時に下降トレンドに入るのか上昇トレンドに入るのかわかりにくいからです。しばらく様子を見て、トレンドの切り替わりを探ることがポイントです。

トレンドを見て売買する

出典: https://xn--u9j460nu9a58aw75c.com

株式投資初心者の方も含めて、投資を行なう際には株価チャートの仕組みや見方を理解した上で取引を行っていくことが大切です。自分なりに噛み砕いて他人にわかりやすく解説できるレベルまで持っていければ、投資家としてのスタートも切りやすくなります。トレンドを見て売買することに慣れていくことで、利益も得やすくなるので理解しておきたいです。

Thumb株価チャートの見方をマスターしよう!初心者にもわかりやすく解説!

株式投資のメリット・デメリットとは?

メリットやデメリットの確認

出典: https://sakagami3.com

株式投資の仕組みや株価チャートの仕組みについて、わかりやすく解説を行なっていきました。投資初心者の方は、まず仕組みを理解することがポイントです。その上で徐々に実践経験を積むことで株式投資に慣れることができます。それでは株式投資のメリットやデメリットもわかりやすく解説していきます。投資初心者の方も確実に理解しておきたい部分です。

メリット①株主優待や配当金がケットできる

出典: https://toushi-karakuri.com

株式投資をすることはさまざまなメリットを享受するチャンスを手に入れることだと言うこともできます。そのメリットの1つとして、株主優待や配当金をゲットできる点を挙げることができます。投資初心者の方も株主優待狙いで株式投資を開始するケースが少なくありません。企業が独自のサービスや商品を提供してくれる制度で、株主にも人気があります。

企業にとっても利益

出典: http://kakaku.com

例えば、ディズニーランドを運営しているオリエンタルランドの株を保有することで、株式数に応じてパークチケットをもらうことができます。こうした制度が株主優待と呼ばれるものであり、自分がよく利用する店舗やサービスの株を保有しておくことでそのメリットを享受できます。株の長期保有を促すことも可能となり、企業としても利益があるのです。

株数に応じて支給される配当金

出典: https://kabu-maga.com

株主優待を受け取れることもそうですが、株主になることで配当金を得られる可能性も広がります。全ての企業が株主優待や配当金を提供しているわけではありませんが、多くの企業では配当金の支給も行なっています。こちらも株数に応じて金額が設定されています。企業の業績が伸びていくと配当金も上がっていくので、株主にとっても嬉しいことです。

メリット②株の売却益を得ることが期待できる

出典: https://gentosha-go.com

配当金や株主優待を楽しみに株式投資を行なう方も少なくありません。さらなる株式投資のメリットとして、株の売却益を得ることができる点を挙げることができます。株式投資に慣れていくと、より大きな利益に期待したいという心理も働いていきます。配当金は決まった一定の額しかもらえませんが、売却益であれば自分次第で利益を拡大することができます。

株価チャートや企業の動向を分析

出典: https://www.crowdport.jp

初心者の方も確実に理解しておきたい部分ですが、株を安い時に買って高い時に売れば、その差額分が売却益として自分自身の利益になります。株価は常に変動しているため、それほど簡単にいくわけではありませんが、株価チャートや企業の動向などを冷静に分析することで利益を上げる可能性も高まります。売却益狙いで株式投資をするのも魅力的な部分です。

メリット③株主総会へ出席できる権利が与えられる

出典: https://media.moneyforward.com

さらに株式投資をすることのメリットとして、株主総会へ出席できる権利を与えてもらえる点を挙げることができます。株主になることで、企業の経営に関する意思表示を行なうことができます。企業は株主のものという言われもありますが、そのぐらい重要な存在になることができるのです。お金を払って株主になるので、企業に意見を言う権利も与えられます。

企業に対する意思表示

出典: https://toma.co.jp

具体的には株主総会に出席をして、決議案に対して賛成や反対の意思表示をすることができます。株主総会に出席できない場合、書面で意思表示を行なうことも可能です。また、株主総会においては今後の企業方針や運営について具体的に知らせてもらうことができます。その話を聞いた上で、株式を保有し続けるか売却するかの判断材料にすることも可能です。

デメリット①売買が常に思い通りに成立するわけではない

出典: https://xn--n8jub7bn08amd4265a4kua3zf.com

株式投資のメリットについてわかりやすく解説してきましたが、デメリットについてもわかりやすく解説を行なっていきます。特に投資初心者の方は、株式投資をすることのデメリットも十分に理解しておく必要があります。そうしないと思わぬ損失を被ることも少なくありません。そのデメリットとして、常に思い通りに売買できないということが挙げられます。

自分のタイミングで売買できない

出典: https://www.moneymics.com

株価については常に変動しているものであり、自分が思ったタイミングで売ったり買ったりできないことも多いのです。例えば、株価が1,000円になったタイミングで購入したいと思っても、1,010円から徐々に値上がりしていき、1,000円まで下がらないというケースも出てきます。そうした状況があることを理解した上で株式投資を行なうことがポイントです。

デメリット②初心者にはハードルが高く難しい

出典: https://zuuonline.com

また、投資初心者に株式投資はややハードルが高くて難しいという点もデメリットとして挙げることができます。株価が安い時に買って高い時に売ると言葉で言うのは簡単ですが、実際にやろうとするとそう簡単にできるものではありません。特に初心者の方は、高値づかみと言われるような形で株価が高い時に株を購入してしまうケースも少なくありません。

企業の業績や経済情勢を注視

出典: https://fukugyou-waraou.com

株価の値動きを分析する上では、企業の売上高や当期純利益、自己資本比率などのデータをしっかりと読み込む必要があります。また、経済情勢や政治の動向にも注視することが大切であり、個人で行なうのはなかなか大変なものがあります。初心者の方は投資の判断のを見誤ることも多く、大きな損失につながるリスクも秘めているので注意しておきたいです。

デメリット③初期費用が高くなる

出典: https://kabupota.com

さらに、株式投資をすることのデメリットとして、初期費用が高くなるという点を挙げることができます。例えば、投資信託であれば最低100円から投資を行なうことも可能です。しかし、同じ投資であっても株式投資の場合は、最低でも数万円程度の資金が必要となります。多くの銘柄では10万円以上の資金が必要で、初期費用が高くなりがちなのです。

初期費用の高さはデメリット

出典: http://www.lightbulbuk.com

株価自体は1,000円程度であっても、最低売買単位が100株からとなっていると、10万円以上の資金が必要になるということです。株式投資はあくまでも余剰資金の中から行なうことが大切です。そうなると初期費用を準備できずに断念するというケースも多いのです。投資信託や純金積み立てなどと比較しても、初期費用の高さはデメリットだと言えます。

初期費用の高さを考慮した投資を

出典: http://investor-amateur.com

初期費用が高くなるということを考慮して、最初はなるべく株価の安い銘柄を選択して投資をするのもおすすめです。費用を抑えて投資をしていくことで、損失の拡大を防ぐことができます。その中で徐々に投資に対する慣れを高めていくことがおすすめです。初期費用の高さを考慮せずに、一気に投資してしまうとリスクも大きくなるので注意しておきたいです。

Thumb株主優待がおすすめの銘柄まとめ!投資初心者や主婦にも人気!

株式投資にはどのようなリスクがある?

リスクの理解も大切

出典: https://lapl.jp

株式投資のメリットやデメリットについて、初心者の方にも理解できるようにわかりやすく解説を行なってきました。株式投資には多額の費用がかかってくることも理解しておきたい部分です。その上で、株式投資におけるリスクについてもわかりやすく解説していきます。利益を上げられる可能性もある株式投資ですが、リスクを理解しておくことも大切です。

リスク①信用のリスク

出典: https://www.fuji-plan.net

まず、株式投資におけるリスクとして挙げられるのが信用のリスクです。信用のリスクとは、企業の財政状況が悪化して倒産にいたるといったケースのことです。債務不履行の状況に陥ると、株式は単なる紙切れとなり、一銭の価値も生み出しません。例えば10万円を出して購入した株も、企業が倒産することで0円の価値となり全て損失となってしまいます。

投資は自己責任

出典: http://www.daiwa.jp

信用のリスクを避けて株式投資を行なうためにも、企業の業績や動向を注視しておくことが求められるのです。事業が上手くいっていない企業の株をわざわざ購入する必要はありません。また、その時は業績好調でも、何らかの不祥事によって倒産に追い込まれることもあります。あくまでも株式投資は自己責任だという理解を持っておくことが求められます。

リスク②流動性のリスク

出典: http://mymoney-navi.com

さらに、株式投資のリスクとして挙げられるのが流動性のリスクです。流動性のリスクとは、株価の値動きに伴うリスクのことです。株を売却したいと思っても、企業の不祥事などによって株価がどんどん値下がりしていき取引が成立しないこともあります。こうした状態になると、結局下がりきったところで売却することになり、損失を拡大してしまうのです。

売りたい時に売れない

出典: https://gentosha-go.com

つまり、売りたい時に売れないのが流動性リスクの恐い部分だと言えます。信用のリスクもそうですが、株を保有している場合は、その企業の動向やニュースを定期的にチェックしておくことが大切です。企業にはいつ何が起こるかわかりません。もちろん良いニュースであれば喜ばしいことですが、悪い知らせが出る可能性もあると理解しておくことが大切です。

リスク③株価変動のリスク

出典: https://cal-project2042.com

株式投資のリスクについてわかりやすく解説していますが、株価変動のリスクについてもわかりやすくご紹介していきます。これは初心者の方でも理解しやすいリスクですが、株価は常に変動していることから発生するリスクです。流動性のリスクとつながる部分もありますが、売りたい時に売れない、買いたい時に買えないといったケースも少なくありません。

思った通りに値動きする方が少ない

出典: https://www.k-zone.co.jp

証券取引所が開いている時間帯であれば、いつでも取引を行うことが可能ですが、自分が思った通りの値動きをすることの方が少ないと考えておいた方が無難です。株価が下がったら買おうと思っていても上がることがあります。反対に上がった時に売ろうと思っていても、株価が下がり続けることもあります。そうしたリスクに注意して投資することが大切です。

Thumb株の基礎用語集!投資初心者向けの知っておきたいワードを解説!

株式投資にはどんな種類があるのか?

株式投資の種類を理解

出典: https://mokudaikouji.com

株式投資をすることのメリットやデメリット、リスクについてわかりやすくご紹介してきました。続いては、株式投資の種類に注目して、どういったタイプの投資方法があるのかわかりやすく解説していきます。特に投資初心者の方は用語を覚えておくことも大切です。どういった種類の株に投資して、費用を効率的に使っていくのか考えることもおすすめです。

未上場企業への投資とは?

出典: https://money-on.jp

まず、株式投資の種類として未上場企業への投資を挙げることができます。基本的に投資をする対象は既に上場している企業となりますが、未上場企業への投資を行なうことも可能です。今後上場を検討している企業の株を上場前に購入してしまうのです。将来的に株価が大きく上昇することに期待することが可能で、大きな利益を上げる可能性も秘めた投資です。

投資信託とETFとは?

出典: https://kabu.zensyukai.net

投資の種類として、投資信託やETFといった投資方法も挙げることができます。投資信託やETFについては、プロの投資家に自分のお金を託すといった考え方をすることができます。運用会社が個人や法人から集めた資金を運用して、多くの利益を上げるという投資スタイルです。日本株の他、債券や外国株なども組み合わせて運用を行なっていくスタイルです。

一定のリスクも背負う

出典: http://yhariboo.jugem.jp

投資初心者の場合、どの銘柄を購入すれば良いかわからないということも少なくありません。その場合は、投資信託に費用をつぎ込んで、プロの投資家に任せるというのも1つの方法です。投資信託やETFにおいては、元本保証がないことがほとんどです。一定のリスクを負いながらも資産を増やしていく覚悟があるのであれば、おすすめできる投資の手法です。

IPO投資とは?

出典: http://www.sagenaturalceuticals.com

投資のスタイルや種類にはさまざまなものがありますが、その中でIPO投資も魅力的な投資スタイルの1つと言えます。IPO投資とは、新規上場する企業の株を購入する投資のことです。新規上場をする場合は、多くの投資家を募ってその中から抽選を行なって株主を決めていきます。当選すると、設定されている公募価格で新規公開株を取得することができます。

美味しい投資の1つ

出典: http://u-note.me

新規上場をして最初に取引が成立する株価のことを初値と言いますが、一般的には公募価格よりも上回ることが多くなっています。例えば、2016年に新規上場した銘柄については、約80%程度の銘柄が公募価格よりも初音が上回りました。つまり、新規公開株を購入してすぐに売却すればその分の利益が得られます。初心者にとっても美味しい投資の1つです。

現物取引と信用取引とは?

出典: https://xn--u9j460nu9a58aw75c.com

投資の種類にはさまざまなものがありますが、現物取引や信用取引についてもわかりやすくご紹介していきます。現物取引とは、一般的な株式の売買のことを言います。自分が持っている資金の中で株を買ったり売ったりする行為のことです。例えば、10万円の費用を捻出している場合、10万円以上の価値がついた銘柄については購入することができません。

信用取引の特徴

出典: https://minnkane.com

一方で、信用取引とは証券会社からお金を借りて投資をするスタイルのことです。つまり、自分が持っている以上の範囲で取引を行うことができます。信用取引を行うことで、利益を拡大するチャンスも大きくなります。その反面、損失を拡大しやすくするリスクもあります。投資初心者の方は現物取引から入って、徐々に慣れていくことをおすすめします。

Thumb株式公開・IPOとは?その仕組みからメリット・デメリットまで解説!

株式投資を始めるための準備とは?

投資をするための準備の確認

出典: https://chokin-ct.com

株式投資の基礎知識や考え方、投資の種類などについてわかりやすく解説を行なっています。初心者の方も含めて、株式投資に対する理解を深めることで、安全に投資行為を行なっていくことがポイントです。その上で、株式投資を始めるための準備についてもご紹介していきます。準備段階で大きな費用がかかることはないので、安心して進められます。

株式投資の基礎知識を勉強する

出典: https://zuuonline.com

まず、株式投資を行なうための準備としては、株式投資に関する基礎知識を勉強することが求められます。株式投資に関しては、書籍やインターネット上の情報など、さまざまな情報が公開されています。また、セミナーに参加して知識を習得するのも効果的です。ちょっとした費用が発生しますが、後々の大きな利益になると考えて自己投資をするのも有効です。

セミナー参加もおすすめ

出典: http://yuuiti15.livedoor.blog

自分で勉強するのが苦手という方は、株式投資に関するセミナーに参加するのがおすすめです。費用がかかるセミナーもあれば、無料で開催しているセミナーもあります。そうしたセミナーに参加して、投資仲間を見つけてみるのも有効です。自分1人で投資をしていると疲れることもあります。ちょっとした相談相手を作って投資をするのも効果的な手法です。

証券会社の口座を開設する

出典: https://yutorisaifu.com

株式投資に関する基礎知識を習得することができたら、証券会社の口座を開設するといった段階に進んでいきます。実際に投資を行うためには、証券会社の口座を開設していないと投資することができません。口座開設自体は費用がかかることなく無料で行なうことができます。店舗型証券とネット証券があるので、いずれかを選択して口座開設をしていきます。

店舗型証券の特徴

出典: https://gentosha-go.com

店舗型証券の場合は、窓口や電話によって投資する銘柄を選択します。証券マンに相談しながら取引を行えるので、初心者の方にとっては心強い味方となります。一方で、人件費がかかることもあり取引手数料が高めに設定されていることがデメリットです。また、注文時間が限られることも多いので、事前に確認してから投資を始めることが求められます。

ネット証券の特徴

出典: https://minkabu.jp

一方で、ネット証券の場合は、口座開設の手続きや銘柄の選定、取引などを全てネット上で済ませることができます。相談できる証券マンはいませんが、その分取引手数料を安く済ませることができます。自分の好きな時間帯に取引できることもメリットとして挙げられます。店舗型証券とネット証券を両方開設して、自分に合った方を選ぶことも可能です。

口座へ投資資金を入金する

出典: https://www.f-academy.jp

証券口座を開設することができたら、いよいよ口座へ投資資金を入金することになります。口座を開設した証券会社ごとに入金方法は異なるので、その都度確認する必要があります。まずは少額から投資をしていくのがおすすめです。いきなり大金で投資すると損失が大きくなる可能性もあります。自己資金も見極めた上で、堅実な投資を行うことが大切です。

Thumb株式投資におすすめの本17選!これから始める初心者にもわかりやすい!

株式投資で注意するべきこととは?

注意ポイントの確認

出典: https://news.mynavi.jp

株式投資に関する基礎知識や投資スタイルなど、さまざまな情報を理解した上で慎重に投資活動を行なっていくことがポイントです。その上で、株式投資を行なう上で注意しておきたいポイントについてもわかりやすく解説していきます。何でもかんでも投資すれば良いというわけではありません。投資できる費用も含めて、堅実に行なっていくことが大切です。

過剰な投資はしない

出典: https://www.fudousantoshi-times.com

まず、株式投資をする上で押さえておきたいポイントとして、過剰な投資をしないという点を挙げることができます。株式投資はあくまで余剰資金の中から行なうことが求められます。投資は自己責任であり、万一の場合、全ての投資費用がなくなるという可能性も否定することはできません。生活費やその他にかかる費用を計算して投資をすることが大切です。

まずは少額投資からスタート

出典: https://www.motleyfool.co.jp

株式投資をすることで利益を拡大することも可能ですが、それだけに頼って生活をしていくのはとてもリスキーなことです。会社員や自営業など、自分の本業を持った上で副業的な形として株式投資を行なっていくのが賢明です。収入源を株式投資だけに絞ってしまうと、心の余裕も薄くなっていきます。まずは少額投資からスタートしていくことがおすすめです。

1つの企業にこだわりすぎない

出典: https://okane-kamisama.com

さらに、株式投資をする上で押さえておきたい注意点として、1つの企業にこだわりすぎないという点を挙げることができます。投資の世界においては分散投資が大切だと言われることも少なくありません。1つの企業にこだわっていると、その企業の経営が上手くいかなくなった場合に全て損失となってしまいます。そうしたリスクを避けることもポイントです。

広い視野を持って投資する

出典: https://mokudaikouji.com

複数の企業や業界の株式に分散して投資をすることで、1つの企業の経営状況が上手くいかなかった場合でも、他の企業で挽回するチャンスがあります。株式投資をする上では、利益を拡大させることと同時にリスクヘッジもしっかりと取っておくことが大切です。全体で見た時にプラスになっていれば良いのです。広い視野を持って投資を行なうことが賢明です。

損失を最小限に抑えるために損切りルールを決めておく

出典: https://daily-ands.jp

株式投資をする上で押さえておきたい注意点として、損失を最小限に抑えるための損切りルールを決めておくことも大切です。特に初心者の方で失敗してしまうのが、いつか上がるだろうとたかをくくって損失を拡大させてしまうことです。投資をした株式が必ず値上がりするとは限りません。どこまで下がったら売るというルールを事前に決めることが大切です。

100%勝つのは不可能

出典: https://toshi-comon.com

損切りをすることができないでいると、その資金を他の投資に回すこともできなくなってしまいます。株式投資において100%勝つというのは不可能です。勝つ回数を多くするのではなく、1回の勝ちで得られる利益を高めていけば良いのです。たとえ負けの回数が多くても損切りルールを守っていれば、トータルでプラスになっていることは少なくありません。

株価の値動きは自分の思い通りにならない

出典: https://extry.net

最初の段階では損失を確定することにためらいを感じることも少なくありません。しかし、せっかく捻出した費用を無駄にしないためにも、損切りルールを守っておくことは大切です。ルールを守らないと、株式市場から退場させられることも多いです。株価の値動きは自分の思い通りにならないという原則を頭に入れて、投資をすることがポイントです。

投資は自己責任で行なう

出典: https://venture-finance.jp

さまざまな注意点や考え方がある株式投資ですが、最終的には自己責任であるということを理解しておく必要があります。投資信託の場合もそうですが、結局投資をするのは自分です。投資はプラスになる可能性もありますが、マイナスになる可能性もあるものです。一定のリスクを承知した上で、余裕のある資金内で続けていくことが求められます。

Thumb株式上場の条件とは?メリットとデメリットもまとめて解説!

株の仕組みや基礎知識のまとめ

出典: https://venture-finance.jp

株の仕組みや基礎知識、株式投資のメリットやデメリット、気をつけたい部分などについてわかりやすく解説を行なってきました。株式投資は他の投資と比べても初期費用が高くなりがちです。あくまでも余剰資金から費用を捻出することが大切です。初心者の方もベテランの方も含めて、自分なりの投資ルールを決めて取引をしていくことが大切なポイントです。

Thumb初心者のための株式投資入門!おすすめの始め方!資金はどれくらい必要?

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ