警察官の仕事とは?地域警察の職務内容や転職・就職の実態などを紹介!

警察官の仕事には地域警察を始めとして様々な課があります。今回のまとめではそんな警察官の仕事から採用試験内容などをご紹介していきたいと思います。警察官に就職・転職を考えているという方は是非今回のまとめをチェックしてみてください!

警察官の仕事とは?地域警察の職務内容や転職・就職の実態などを紹介!のイメージ

目次

  1. 警察官の仕事内容や採用試験などについて紹介!
  2. 警察官の仕事・任務を所属別に紹介!
  3. 警察官の仕事の勤務形態とは?
  4. 警察官の仕事へ就職・転職する際に受ける採用試験について
  5. 警察官の仕事に対してのやりがいとは?
  6. 警察官の仕事内容や採用試験などについてのまとめ

警察官の仕事内容や採用試験などについて紹介!

今回は警察官の仕事内容や採用試験などについてご紹介していきたいと思います。

出典: https://news.goo.ne.jp

警察官の仕事は日本国民の平和を守るというカッコイイ内容ですよね。警察官の仕事に憧れていて、将来は警察官の仕事を行いたい!と思っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

出典: https://shingakunet.com

今回はそんな警察官の仕事内容や採用試験などの内容についてご紹介していきたいと思います。警察官の仕事はどのような内容になっているのか、そして警察官になるための採用試験とはどのようなモノなのかなどを今回のまとめでご紹介していきます。警察官の仕事をするために就職・転職を考えているという方は必見のまとめ内容になっているので是非チェックしてみてください!

Thumb警察官の平均年収・給料はどれくらい?高卒・大卒の違いなどまとめ!

警察官の仕事・任務を所属別に紹介!

出典: http://www.keishicho.metro.tokyo.jp

まずは警察官の仕事・任務についてご紹介していきたいと思います。警察官の仕事・任務はどのような内容になっているのでしょうか。一般的には警察官の仕事・任務と言えば地域のパトロールや事故処理などをイメージする方が多いのではないでしょうか。しかし警察官の仕事・任務とはもっと様々な内容の業務があるようです。

警察は警察庁と警察組織に分類される

出典: https://www.police.pref.niigata.jp

まず警察という組織は「警察庁」と「警察組織」という二つに分けることが出来ます。警察庁というのは警察の本部の様なもので、東京都に警察庁はあります。そして警察組織というのは日本の各都道府県にある警察で、地方警察などを呼ばれています。地方警察は警察庁とは違って国家公務員ではありません。国民の方が普段接することが多いのは地方警察の方が多いです。

出典: https://www.sankei.com

警察庁とは各都道府県の警察組織を統括する役割を担っており、日本で最も大きな警察組織は警察庁となっています。警察庁にて勤務している警察官は、国家公務員で地方公務員とは違います。警察庁にて勤務している警察官は全国の警察官の約7分の1を占めており、東京都には非常に多くの警察官が勤務していることがわかります。警察庁は警察庁長官がトップの階級で、警察庁長官は全国の警察官の中で最も階級が高くたった一人しか存在していません。

地域警察の役割と仕事内容

出典: https://www.sankei.com

今から地域警察官の仕事内容や役割をご紹介していきたいと思います。地域警察というのは地域課という課に所属している警察官で、地域警察は最も国民に身近な警察官となっています。地域警察は交番勤務を行っている警察官で、地域課に所属してその地域にて発生した様々な問題に対して対処していきます。地域警察は交番勤務を行っているので、警察署などに行かなくても交番に地域警察の方はいらっしゃることが多いです。

出典: http://www.keishicho.metro.tokyo.jp

地域警察官の仕事内容は主に地域のパトロールや落とし物処理・道案内などが主な地域警察官の仕事内容です。地域警察官は巡査という階級で、ノンキャリアの警察官が最初になる一番低い階級となっています。地域警察官の仕事内容は非常にわかりやすく、上記に挙げた内容以外にも担当の地域で事件が発生した場合はいち早く現場に向かうこともあります。地域警察は最も国民の方に接する機会が多いかもしれません。

交通機動隊の役割と仕事内容

出典: https://matome.naver.jp

次にご紹介する警察官の仕事は「交通機動隊」の役割と仕事内容についてです。交通機動隊と言えば何をイメージしますか?交通機動隊と言えばカッコイイ「白バイ」に乗っている警察官をイメージする方が多いのではないでしょうか。交通機動隊はカッコイイという事も有り非常に人気が高く、国民からの支持も高い課になっています。交通機動隊は交通違反を取り締まるプロフェッショナルです。

出典: https://radiolife.com

交通機動隊は交通に関する取り締まりを行っており、白バイだけでなくパトカーに乗って取り締まっていることも多いです。また交通機動隊は駅伝などでは先導を行っていることでも知られており、交通機動隊に所属して活躍したいから警察官になった!という方もいらっしゃるようです。

刑事部の役割と仕事内容

出典: https://www.pref.ibaraki.jp

次にご紹介する警察官の仕事は「刑事部」の役割と仕事内容についてです。刑事部というのは犯罪捜査をメインに行っている警察官たちの事です。刑事部は日常生活の中で発生する事件について捜査を行っており、日夜細かい活動を地道に行っています。テレビドラマ作品などの題材になったりするのも刑事部の仕事内容です。

出典: https://www.police.pref.hokkaido.lg.jp

刑事部はテレビドラマ作品のようにカッコイイイメージを持っている方もいらっしゃいますが、テレビドラマ作品で観られるような華やかな事件捜査の姿だけでなく、かなり地道な作業を日頃から行っています。また刑事部の中にも課があり、事件現場にあった品を鑑定して犯罪捜査の発展に貢献する「鑑識課」というのも存在しています。

生活安全部の役割と仕事内容

出典: http://www.pref.fukui.jp

次にご紹介する警察官の仕事内容は「生活安全部」の役割と仕事内容についてです。生活安全部というのは犯罪を未然に防ぐために活動を行っている警察官の仕事となっています。生活安全部は振り込め詐欺などを未然に防ぐために防犯教室などを実施したりしているようです。

出典: https://www.police.pref.wakayama.lg.jp

また生活安全部は少年犯罪を取り締まることにも力を入れており、子供たちが犯罪を犯して前科持ちにならないように夜の街をパトロールして未成年を保護して家に帰したりするという活動も行っています。他にもサイバー犯罪や家庭内事件などにも対応する部署になっており、生活安全部が担当する仕事は警察官の仕事の中でも幅広いです。

警備部の役割と仕事内容

出典: http://www.miyakomainichi.com

次にご紹介する警察官の仕事は「警備部」の役割と仕事内容についてです。警備部というのは警備をすることに長けているプロフェッショナル達となっています。海外からの要人が日本に来日した際や、日本の要人が警備が必要になった際などにその人物を守るために警備を行うのが警備部の主な仕事です。警備部にはテロ行為などにも対応する「機動隊」なども所属しており警備部はかなり屈強な警察官が所属している部署とも言えます。

出典: http://miyakoshinpo.com

警備部は人間を警護するだけでなく、自然災害が発生した際にも活動を行います。自然災害によって被害が出た地域に行って人命救助を行ったり危ない地域を警戒したりといった仕事も警備部が行うようです。そして警備部で最も強いイメージがあるのが「SP」ではないでしょうか。SPとは「セキュリティーポリス」の略で映画やドラマなどでもSPは登場したりします。SPは実は警察官の中では警備部に所属している警察官となっています。

警察官の仕事の勤務形態とは?

出典: https://townwork.net

今から警察官の仕事の勤務形態とはどのようになっているのかをご紹介していきたいと思います。警察官に就職したい!と考えている方は、警察官の勤務形態は非常に気になるのではないでしょうか。

勤務形態は部署によって異なる

出典: http://fukumoto-t.com

警察官の仕事・任務は先ほどご紹介したように様々な部署があり、その部署によって仕事・任務内容は大きく異なります。警察官の勤務形態は所属している部署によって大きく異なるようで、部署によっては一日8時間勤務の土日は完全休みという一般企業のような勤務形態で活動しているびしょもあります。一方で一般企業とは大きくかけ離れた勤務形態の部署もあるようで、部署によって警察官の勤務形態は違うとしか言えません。

出典: https://www.e-aidem.com

警察官の勤務形態は調べてみると、部署によって大きく異なりますがしっかりと勤務中は休憩時間などが約束されておりブラックな勤務形態では一切ありません。刑事部などに関しては担当している事件が重要事件で捜査が大変な場合は、残業になって仕事を行う事も少なくないという情報があります。またどの部署も交代制で活動しているので、何か起きた場合警察官が迅速に対応できるのは交代制を実用しているからとなっています。

警察官の仕事へ就職・転職する際に受ける採用試験について

出典: http://droneiwate.or.jp

今から警察官の仕事への就職・転職をする際の採用試験の情報についてご紹介していきたいと思います。警察官の仕事に憧れて就職したい!または今やっている仕事から転職したい!と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方が気になるのは警察官になるための採用試験ですよね。警察官の採用試験とはどのようになっているのか就職・転職を考えている方は要チェックです。

警察官採用試験の日程

出典: https://ameblo.jp

まずは警察官採用試験の日程からご紹介していきたいと思います。警察庁でなく地方警察官の採用試験は一年間に3回の採用試験が実施されています。地方警察組織の採用試験は5月7月9月と2か月おきに採用試験が実施されています。そして地方警察組織の採用試験に関しては一年間に複数回試験を受験することが可能になっている地域もあります。地方警察組織の採用試験を受けるという方は自身の地域の試験受験回数などを調べておくことをお勧めします。

出典: https://www.a-fioricet.com

そして警察庁の採用試験についてです。警察庁の採用試験は地方警察組織の採用試験とは異なり、5月・9月・1月に実施されています。警察庁の採用試験は地方警察の採用試験とは日程が被っていないので、警察庁の採用試験と地方警察の採用試験はどちらも受ける事が可能です。難易度としては地方警察の採用試験よりも圧倒的に警察庁の採用試験のほうが難しく合格率も圧倒的に低いという特徴があります。

警察官採用試験の内容とは?

出典: https://7net.omni7.jp

今から警察官の採用試験の内容についてご紹介していきたいと思います。警察官に就職・転職を考えている方はこの採用試験の内容が一番気になっているのではないでしょうか。警察官の採用試験は一次試験と二次試験があります。一次試験は筆記テストとなっており、一次試験の筆記テストを合格した人物だけが二次試験に進むことが出来ます。試験に関しては一次試験よりも二次試験のほうが重要視されているようです。

出典: http://www.nau.ac.jp

二次試験は面接&体力テストとなっています。警察官はいざという時は身体を張って国民を守ることもあります。なので体力があまりにも低い人は警察官にはなれません。面接に関しては公務員試験の面接対策内容が記してある本などを読んで対策しておくことが必要です。警察官の採用試験はとにかく面接が大切なので就職・転職を考えている方は面接のしっかりと練習しておきましょう。

警察官採用試験の難易度はどれくらい?

出典: http://careergarden.jp

警察官の採用試験の難易度についてご紹介していきたいと思います。就職・転職を考えている方は難易度はどれくらいなのか気になりますよね!警察官の採用試験の難易度は一次試験はかなり簡単なようで、一次試験の突破率は60%~80%と半分以上の方が二次試験に進まれるようです。

出典: https://oita.o-hara.ac

しかし二次試験に進むも、体力&面接によって落ちてしまう人が多いです。体力試験に関しては基本的な体力測定を行うようですが、他にも裸眼での視力検査などや色覚検査があります。目に異常がある方はこの時点で落ちてしまうので注意です。そして面接についてですが、実は面接が一番採用試験の中でポイント配分が高いようで、一次試験が受かった方は面接に重点を置いて試験対策をする必要があります。面接の出来栄えが合否に大きく関わります。

警察官の仕事に対してのやりがいとは?

出典: https://mainichi.jp

警察官の仕事・任務に憧れて就職・転職したい!と考えている方は警察官の方がどのような事で警察官の仕事・任務に対してやりがいを感じているのかをチェックしてみてください!今からご紹介していくのは警察官の仕事・任務を行っている方のやりがいと思っている事についてです。

社会の秩序や市民の安全を守り感謝されること

出典: https://www.fnn.jp

警察官の仕事・任務と言えば最初に上げられるのが「国民」を守ることです。警察官の仕事・任務は国民の安全を守ることに繋がっている内容が多く、パトロールなどを始めとして事件の捜査や事件を未然に防ぐ活動など全てが安全確保に繋がっています。そんな警察官の仕事・任務を行っている方は「社会の秩序や市民の安全を守り感謝されること」をやりがいに感じているようです。

出典: https://www.npa.go.jp

自分の活動によって国民から感謝されるのは一番うれしい事ではないでしょうか。お金を稼ぐためというよりも警察官の仕事・任務を誇りに思って活動する事が一番重要だという事です。

幅広い業務に携わることができるため成長できる

出典: https://www.yomiuri.co.jp

警察官の仕事・任務は部署によって様々な内容となっています。どの部署も単純作業ということは無く、様々な仕事・任務を部署の中で行っています。警察官の仕事・任務を行い様々な業務に携わって成長出来るというのも警察官の仕事・任務を行っている方のやりがいと感じている部分だそうです。

出典: http://www.pref.kagawa.jp

警察官は部署の中で移動も多くあるようで、移動するとまた新たな仕事・任務に関わってこれまで知らなった新たな世界が見えるのではないでしょうか。どの仕事・任務も自分の成長につなげることが出来るのは警察官という仕事を続けていく中でもモチベーションになるようですね。

難しい事件などを解決した際に得られる達成感

出典: https://mainichi.jp

警察官の仕事・任務の中では解決することが非常に難しい事件もあります。そんな事件にも諦めずに立ち向かっていくのは警察官の仕事・任務と言えるでしょう。そんな難しい事件を解決した時に警察官の方はやりがいを感じる事もあるようです。警察官の方は常に事件が起きた時に対応できるように準備をしていますが、現場によっては事件の内容も大きく異なります。

出典: https://mainichi.jp

そんな事件を解決する為には日々の仕事・任務の中で培ってきた経験が必要不可欠になってきます。自分の経験や知識を発揮して事件を解決した時には大きな達成感を感じることが出来るようです。事件は起きないほうが絶対に良いですが、誰かが発生した事件を解説しないといけない時には誰よりも事件解決に向けて真っ向から対峙していきたいですね。

警察官の仕事内容や採用試験などについてのまとめ

今回は警察官の仕事内容や採用試験などについてまとめてご紹介しました。警察官には警察庁と警察組織があり、採用試験は警察庁と警察組織で日程内度は違います。警察庁とは東京にある警察の本部であり、他の地方にある警察署などは地方警察と呼ばれています。一般的に普段国民の方が観かけることがある警察官は地方警察組織にて活動している警察官です。警察庁の警察官は国家公務員ですが、地方警察官は地方公務員と分類されています。

出典: https://www.city.komaki.aichi.jp

警察官に憧れて就職・転職を考えているという方は警察官の採用試験は警察庁と地方警察組織にて違うので注意です。そして警察官の採用試験は筆記や体力試験よりも面接試験が一番重要だという事を就職・転職を考えているという方は覚えておきましょう。警察官は大変な仕事ですがやりがいのある仕事となっています。これから警察官を目指して就職・転職を考えている方は立派な警察官を目指して頑張ってください!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ