通訳は資格が必要?種類や求められる語学力・仕事内容などまとめ!

国際化は衰退することなく、むしろ訪日する外国人は増える一方にある流れにおいて、通訳の需要も増加傾向になりますが、資格は必要なのでしょうか。そこで今回は、種類や求められる語学力・仕事内容とともに「通訳には資格が必要か否か」についてまとめています。

通訳は資格が必要?種類や求められる語学力・仕事内容などまとめ!のイメージ

目次

  1. 通訳に関する種類や資格を紹介!
  2. 通訳の仕事をするために資格は必要?
  3. 通訳の仕事内容や活躍の場とは?
  4. 通訳の仕事に求められるスキルは語学力だけではない?
  5. 通訳に関する種類や資格のまとめ

通訳に関する種類や資格を紹介!

出典: https://schoolwith.me

近年では、英語以外にも中国語や韓国語を仕事やプライベートで使う機会が増えています。そのため、通訳の需要も増加していますが、どのような仕事であり、資格などは必要になるか知っておくことも大切です。そこで今回は、通訳の種類や資格を解説していきます。

通訳の仕事をするために資格は必要?

通訳には資格が必要?

出典: https://e-honyakusquare.sunflare.com

通訳の仕事を目指すときには、特別な資格が必要かどうか調べておくことが大切です。では、通訳にはどのような資格が求められるのでしょうか。ここからは通訳の資格について説明していきます。

必須となる資格は特にない

出典: https://www.alc.co.jp

一般的な通訳には必須となる資格はありません。通訳の仕事では取得している資格よりも、語学力(通訳力)などの実力が重視されます。しかし、場合によっては国家資格を取得しなければならないこともあります。

民間資格のビジネス通訳検定「TOBIS」

出典: https://eigo-shutoku.com

先程の説明のように通訳になるために特別な資格は必要ありませんが、自分の通訳力を表現することも難しいです。そこで自分の通訳力を示すために資格を取得することが有効です。資格の中でも特にビジネスに通用するものが「TOBIS」です。「TOBIS」は民間資格ですが、企業通訳の役に立つことを目的にした資格であり、自分の実力を示すのに有効です。

「通訳案内士」は英語だけでなく韓国語や中国語にも活かせる!

出典: https://www.truejapanschool.jp

通訳資格の種類の中で唯一の国家資格が「通訳案内士」です。通訳案内士とは日本に来ている外国人を対象に通訳をして観光案内などを行う職業です。この通訳案内士は英語以外にも韓国語や中国語など自分の得意な言葉を選んで受験することが可能です。

通訳の仕事内容や活躍の場とは?

通訳の活躍の場を知っておこう

出典: https://www.insource.co.jp

大半の人がイメージを持っているものの、実際に通訳はどのような仕事をするのでしょうか。通訳の仕事を目指す際にも、また依頼をする際にも、具体的な仕事内容を知っておくことも重要なポイントです。そこで、ここから通訳の仕事内容について紹介していきます。

大きく分けて3つに分類される

出典: https://uranaru.jp

通訳の仕事は2つの言語をマスターし、その状況に応じて翻訳することです。この通訳の仕事も時と場合によって種類が分かれます。通訳の種類は大きく分けて「同時通訳」「逐次通訳」「ウィスパリング」の3つがあります。

同時通訳

出典: http://ivyintl.com

同時通訳とは相手の話を聞くと同時に翻訳することです。この同時通訳では翻訳するスピードが求められるため、理解力と適切な言葉で翻訳する語学力が必要です。何よりも相手の言葉を聞いて、ひと段落後には訳した内容を伝えないといけないため、高い集中力も必要です。

逐次通訳

出典: http://ivyintl.com

逐次通訳とは同時通訳よりも伝えるタイミングが遅くなりますが、正確性が高くなる翻訳方法です。同時通訳は話している内容を同時に翻訳しますが、逐次翻訳は同時ではなく話し手が区切って話し、まとめて翻訳します。

ウィスパリング

出典: http://ivyintl.com

ウィスパーとは「囁く」という意味であるため、ウィスパリングは通訳者が話し手の隣に立ち、翻訳して伝えたり話し手が聞けるように言葉を翻訳します。同時通訳とほぼ同じような翻訳になりますが、話し手の隣にいる点が最大の違いです。

通訳の種類とは?

出典: https://www.insource.co.jp

通訳にも状況やシーンによって通訳の種類が異なります。どのような通訳の種類があるか理解しておくことが大事です。ここからは通訳の種類について解説していきます。

ビジネスシーンでの通訳

出典: https://uranaru.jp

近年では外資系の企業が多くなり、ビジネスがグローバル化していることもあり、ビジネスシーンで通訳が使われることも増えています。主に企業で使われる通訳は商談や会談、プレゼンなどの場面で通訳を行います。よって、このような場面ではビジネスで使われる表現や用語を知っておくことが求められます。

報道における通訳

出典: https://kikko.co.jp

ビジネスがグローバル化しているように、海外のニュースが報道されることも一般的になっています。報道における通訳は同時通訳することが求められる以外にも、国際問題などに対する高い関心が必要となります。

国内ガイドの通訳

出典: https://www.jcsstaff.jp

グローバル化が進んでいるのはビジネスだけでなく、観光業界でも近年は外国人観光客が増えています。そのため、日本の観光地を通訳して伝える国内ガイドのニーズも高まっています。先程の説明のように、国内ガイドをするときは通訳案内士の国家資格が必要になります。

通訳の仕事に求められるスキルは語学力だけではない?

通訳にはどのような能力が求められる?

出典: https://www.simulacademy.com

実際に通訳を目指すときには、どのような能力が求められるかを事前に理解しておくこともおすすめです。ここからは通訳に求まれるスキルなどを説明していきます。

言葉選びや敬語がきちんとできる

出典: https://uranaru.jp

通訳をするときには、例えば英語・中国語・韓国語などさまざまな言葉の語学力が必要になります。ただ言語を理解しているだけでなくTPOに合わせた言葉選びや敬語ができることも重要なポイントになります。

専門的な知識が必要

出典: https://jiyuugatanookite.com

先程の説明のように、通訳が使われる現場では専門的な知識が必要になることがあります。そのため、英語や中国語、韓国語などの語学力だけでなく、仕事内容に応じて専門知識を身に付けることが求められます。

日本語の読解力

出典: https://item.fril.jp

通訳の仕事は英語や中国語、韓国語などを日本語に翻訳します。そのため、日本語の読解力や理解力も同時に必要となります。通訳で使う語学力だけでなく、適切に翻訳するための日本語の能力も非常に重要です。

同時通訳で求められるスキル

出典: https://www.goodspress.jp

同時通訳では言葉のインプットとアウトプットを同時に行うため、語学力だけでなく理解力や処理能力が必要です。このように同時通訳は高レベルな通訳になるため、高い能力および実践経験が重要となります。自分の能力を磨くために、また衰えないように日々訓練する必要もあります。

通訳に関する種類や資格のまとめ

出典: https://www.wantedly.com

今回は通訳の種類や資格を紹介してきました。昨今の通訳は、英語の能力以外に中国語や韓国語の需要も高まっています。通訳の仕事をするためには、どのような仕事内容なのか、目指す種類に資格が必要か否かを把握することをおすすめします。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ