楽天カードのブランドおすすめ紹介!選択するならどれ?違いを比較!

ネット・ショッピングや海外旅行の必須アイテムとなったクレジットカード。数あるカードとブランドの中で、年会費無料、審査が早くて作りやすい、ポイントが貯まると人気ナンバーワンが楽天カードです。楽天カードのブランドの違いと選択方法を徹底比較します。

楽天カードのブランドおすすめ紹介!選択するならどれ?違いを比較!のイメージ

目次

  1. 楽天カードのブランドはどれを選べばいい?
  2. そもそもクレジットカードって必要?
  3. 選択するなら楽天カード
  4. ブランドってなに?
  5. 楽天カードの3つのブランドってなに?
  6. 楽天カードの各ブランドの共通点
  7. 楽天カードで電子マネーを活用しよう
  8. 楽天カードの審査はブランドによって違う?
  9. カードのデザインで選択したい人へおすすめはJCB/MasterCard
  10. 海外旅行好きな人におすすめはVISA
  11. 国別に使えるブランドの違いを比較する
  12. 国内で使いたい人へおすすめはJCB
  13. ハワイやグアムへ行く人へおすすめはJCB
  14. JCBブランドは海外で本当に使えないのか?
  15. 楽天カードは海外旅行保険つき
  16. 海外のATMで使えるブランドの違いを比較する
  17. 違いを見極めて目的に合ったブランドを選ぼう

楽天カードのブランドはどれを選べばいい?

17934161 136722806865540 24018247393214464 n
nabema518さんの投稿

年会費永久無料で、海外旅行やネット・ショッピングで使えば、楽天ポイントがざくざく貯まると評判の楽天カードですが、どのブランドがいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。楽天カードを賢く使うために、各ブランドの違いを比較して徹底検証します。

そもそもクレジットカードって必要?

現金と違い、ポイントやマイルを貯められるのがクレジットカードの特長です。クレジットカードで日常の買い物をし、携帯料金、税金や公共料金の支払いなどのカード払いに登録しておくだけで、勝手にポイントが貯まっていきます。貯まったポイントを現金代わりに使えば、年間で何万円も節約できます。現金で支払うという選択は、もう時代遅れなのです。

選択するなら楽天カード

25014643 546700249023613 8101411723124146176 n
liga_8.nikuta_teamaさんの投稿

初めてクレジットカードを作る人にも、既に持っている人にも、おすすめなのが楽天カードです。楽天カードは、他社と比較すると、年会費永久無料、審査が早くて通りやすい、特典やキャンペーンが多い、多様に利用できてポイントが貯まりやすい」と大人気になりました。JCSIの顧客満足度調査で9年連続第1位という「おすすめ No.1」のカードです。

Thumb楽天カードの作り方!申し込み方法や手順を分かりやすく解説!注意点もあり!

ブランドってなに?

22793724 140411570022995 8335863237509644288 n
yudaiironworksoyajiさんの投稿

ブランドとは、店頭やネットで買い物する際にキャッシュレス決済機能を提供しているクレジットカード会社の名前です。カードの右下のロゴマークで区別でき、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、AmericanExpress(アメリカン・エクスプレス)、Diners Club(ダイナース・クラブ)、JCB(ジェーシービー)が5大国際ブランドです。

26278997 2004867276421504 3063453129736454144 n
poco_a.youさんの投稿

楽天カードで選べるブランドは、JCB、VISA、MasterCardの3種類。一般カードは全て年会費無料ですが、どのブランドを選ぶかが迷ってしまうところ。VISAとMasterCardは海外旅行に強いブランドで、この2社で国際シェアの8割を占めます。JCBも国際ブランドですが、VISAやMasterCardと比較すると、日本とアジアを中心に展開しているのが特長です。

楽天カード入会後のブランド変更は不可

楽天カードは、入会後のブランド変更ができません。ブランドを変更するには、電話で解約してから新規加入という面倒な手続きが必要になります。だから、新規申し込みするときのブランド選択は慎重に行わねばなりません。

Thumb楽天カードのメリット・デメリットまとめ!ポイントや特典は?利便性を検証!

楽天カードの3つのブランドってなに?

VISAブランドってなに?

25006068 2015951015292776 8854137422154301440 n
miyuyu_kiさんの投稿

VISAは、アメリカの老舗銀行バンク・オブ・アメリカが60年前に始めた世界シェア第1位のクレジットカードです。日本では1967年に三井住友がいち早く提携して導入したので、海外で使えるクレジットカードと聞かれれば、「VISA」のロゴを思い浮かべる人も多いでしょう。世界シェアは6割とダントツで、使用できる国や地域、クレジット決済が可能な加盟店数は世界一です。

MasterCardブランドってなに?

25017295 1518424554944298 7255734045521215488 n
persianpayさんの投稿

「プライスレス」のCMでおなじみのMasterCardは、アメリカのカリフォルニア州の銀行が共同して作った後発のクレジットカードです。先発のVISAに対抗するため、当初、ドイツのカード会社と組んだので、ヨーロッパではVISAより優勢な国があります。今では、世界シェア3割、業界第2位のクレジットカード会社に成長し、全世界で使えるようになりました。

JCBブランドってなに?

19534202 112773696011143 7196205927647674368 n
nekoi_multiplaさんの投稿

JCBは、1961年に日本信託・東洋信託銀行・三和銀行が日本クレジットビューローを設立して始めた日本の草分けともいえる国産クレジットカードです。アメリカ勢が圧倒的な強さを誇るクレジットカード業界で、2016年度には会員数1億人を突破して加盟店数を3300万店に増やし、世界第5位と健闘しています。

JCBと他の2ブランドとの違いは、JCBは国内では強いけれど、世界シェアがわずか3%弱と、海外では弱いことです。主要都市のデパートや高級ブティック、国際空港の免税店、日本人観光客が多いハワイやグァム、台湾や韓国などのアジアでは、比較的多くの場所で使えますが、他の地域の個人商店でJCBの楽天カードを渡しても、「扱っていない」と断られることがあります。

Thumbクレジットカードの国際ブランドの違いを比較!選択するのにおすすめは?

楽天カードの各ブランドの共通点

楽天カードは年会費無料、ポイント高還元

25010334 249378885598428 3224817151286181888 n
t.komori515さんの投稿

年会費無料、ブランド加盟店で1%(100円で1ポイント)、楽天提携店で2%、楽天市場で4~7%のポイント還元率という基本的な楽天カードのスペックは、どのブランドでも違いはありません。

17493898 2080483722178231 317068878226128896 n
ssshzu.homeさんの投稿

楽天カードで決済すれば、1ポイント1円換算で現金の代わりに利用できる楽天スーパーポイントが付与されます。楽天市場などの楽天系ネット・ショッピングだけでなく、楽天カードに搭載されている楽天ポイントカード機能を利用すれば、マクドナルド、ミスタードーナッツ、くら寿司、ジョーシン、松坂屋、出光などの提携店舗で、5000円分までをポイントで支払えます。

楽天カードには楽天ポイントカードが搭載されている

どのブランドの楽天カードにも、楽天ポイントカード機能が搭載されています。右上の「Rポイント」というロゴです。もちろん、いま持っている楽天ポイントを新規加入の楽天カードへ引き継ぐことができます。お財布のカードの枚数を減らせ、楽天カードを使うと同時に楽天ポイントがザクザク貯まります。

楽天カードで電子マネーを活用しよう

楽天Edy一体型の楽天カードが作れる

どのブランドの楽天カードも、電子マネー「楽天Edy」機能を付帯できます。通常のEdyカードの入手には300円の手数料が掛かるので、楽天カードの新規申し込み限定で無料でEdy付帯のカードが選択でき、Edy数百円分がプレゼントされるキャンペーンを見つけて入会するのがおすすめです。楽天カードからのチャージで0.5%、利用時に0.5%のポイントが貰えます。

楽天カードでの楽天Payチャージはお得

19367508 1300950470000714 6715605783079288832 n
enzymespaさんの投稿

どのブランドの楽天カードでも、スマホアプリ「楽天Pay」の決済用カードとして指定できます。楽天Payは、おサイフケータイ機能がないスマホでも支払いができる便利なアプリです。楽天カードを使って楽天Payで決済すると、楽天カード使用時の通常の1%に0.5%のポイントが加算されて、合計1.5%のポイントが獲得できるので、おすすめです。

楽天Payの加盟店では、通常のポイントに加えて、期間限定の楽天スーパーポイントも使えます。2017年8月からローソンが加盟し、全国のローソンのコンビニで小口の期間限定のポイントを消費できるようになりました。

楽天カードで電子マネーをチャージするときの注意点

18581366 172245496639413 3080676897781186560 n
__fpwt04さんの投稿

以前は、JCBブランドだけが電子マネーのnanacoカードへのチャージが可能であり、楽天カードでのチャージで楽天ポイント+nanaco使用のポイントと二重に稼げるJCBの選択がおすすめナンバーワンでした。

ところが、2017年11月から、nanaco、モバイルSuica、モバイルSuica年会費、Apple PayのモバイルSuica、スマートICOCAへのチャージには、楽天ポイントが付与が廃止され、JCBブランドの楽天カードのメリットがなくなってしまいました。だから、電子マネーのチャージには、ポイントが稼げる他のクレジットカードがおすすめです。

Apple Payを利用する人へおすすめの楽天カードはJCB/MasterCard

iPhone7以降の機種に対応しているアップル社製携帯用の決済アプリ「Apple Pay」を利用している人は、VISAは利用不可なので、必ずJCBかMasterCardを選択しましょう。Apple Payは、全国のQUICPay、QUICPay+の加盟店で買い物ができる決済システムであり、楽天カードを決済用カードとして登録すると、使用ごとに1%の楽天ポイントが貯まります。

注意事項として、楽天EdyはApple Payにはまだ対応していません。Apple Payのウォレット機能に「Edy機能つき楽天カード」を紐づけるクレジットカードとして設定する事で、間接的に楽天カードに付与されるポイントを獲得する事ができます。また、2017年11月から、楽天カードでのApple PayのSuicaへのチャージには、ポイント付与の対象外となっています。

au WALLETを利用する人へおすすめの楽天カードはMasterCard

26066566 137524293605759 2742061731999121408 n
tomoyo0617さんの投稿

「au WALLET」は、auが提供する携帯や光回線などのサービスを利用する人だけが使える電子マネーです。楽天カードでのau WALLETへのチャージを比較すると、直接にチャージできるのはMasterCardブランドのみです。VISAとMasterCardでau WALLETにチャージするには、auかんたん決済を使う必要があります。

楽天カードの審査はブランドによって違う?

楽天カードのVISAとMasterCardのブランドはフランチャイズでのプリンシプルメンバーであり、JCBブランドはJCBと提携しています。楽天カードは、楽天カード会社がカードの発行管理・発行元として審査判断をするので、どのブランドを選択しても審査通過の難易度の違いはありません。

楽天カードの家族カードは違うブランドを選択できない

楽天カードは、家族カードが5枚まで無料で作れます。同姓のパートナーも可能です。請求は本カード会員の口座から引き落とせ、家族カードで使ったポイントが、本カード会員の楽天アカウントにまとめることができるのがメリットです。ただし、家族カードでは、本カード会員と違うブランドを選択できないので注意が必要です。

カードのデザインで選択したい人へおすすめはJCB/MasterCard

銀色の通常デザインしか選択できないVISAブランドと違い、JCBとMasterCardのブランドは、お買い物パンダ、楽天イーグルス、FCバルセロナなどの楽天独自のデザインがついたカラフルなカードを選択できます。保険や優待券などの女性向け特典がついた楽天PINKカードも、JCBとMasterCardのブランドなら、可愛いお買い物パンダデザインが選択できます。

Thumb楽天PINKカードのメリット&デメリット!楽天カードとの違いは?

海外旅行好きな人におすすめはVISA

個人で海外旅行をする人には、最初の1枚として、加盟店舗数が世界1のVISAブランドを選択することをおすすめします。VISAの楽天カード1枚あれば、スーパーやコンビニの日常品、海外店舗の高級品、国内海外のネット通販、定期券購入、公共料金のカード払いまで何でもござれ。海外に弱いJCBと違い、特にマイナーな海外では「世界通貨」と豪語する威力を発揮します。

楽天カードのVISAは2つのブランドを選べる

以前の楽天カードは1ブランドしか申し込めなかったのですが、2017年12月から、VISAブランドの楽天カードを所持している人は、違うブランドのカードをもう1枚申し込めるようになりました。つまり、海外旅行用にVISAを選択していても、国内用にJCBを申し込むことが可能です。2枚分で使ったポイントは、1つの楽天のアカウントにまとめて貯めることができます。

Thumb楽天カードは海外でも利用できる?注意点や使い方まとめ!特典もあり!

国別に使えるブランドの違いを比較する

43182921 2207441959576524 5153541016636096512 n
genic_magさんの投稿

アメリカ・カナダは、全地域でVISA・MasterCardの両方が使えます。マクドナルドのコーヒー1杯からカードOKです。スーパーの買い物時にレジで少額の現金を貰って、カードに上乗せしてチャージして貰うサービスもあり、不慣れな海外でATMを探さなくていいので便利です。南米の国々では、VISAがあれば問題ないですが、MasterCardも使えるところが多いです。

イギリス・フランスはVISAが主流ですが、MasterCardも同じくらい普及しています。ドイツ・オランダは、他国と比較するとMasterCardが優勢でVISAが使えないことがあります。また、クレジットカードよりも、デビットカードや現金払いが普及しています。ヨーロッパへ行く機会が多い人には、MasterCardのブランドをサブカードとして持つことをおすすめします。

国内で使いたい人へおすすめはJCB

「海外旅行はハワイやアジアくらい。国内で便利なほうがいい」という人には、JCBがおすすめです。JCBは日本で生まれたクレジットカードなので、VISAやMasterCardと比較すると国内サービスが充実していて、海外にもキメ細かいサービスがあります。既にVISAかMasterCardがあるなら、JCBの楽天カードをサブカードとして持つことをおすすめします。

JCBブランドの優待サービス

JCBブランドの楽天カードなら、レストランやレンタカーの割引クーポンなど、JCBが提供する国内の優待サービスを受けられます。JCBはエンターテイメント分野にも強く、チケットJCBでは、各種の公演やコンサートのチケットが優待価格、先行予約で購入できます。

ハワイやグアムへ行く人へおすすめはJCB

21690378 1915573125372127 8903727084489146368 n
krathoormhiroさんの投稿

JCBが最も強い海外は、ハワイとグァムです。殆どの店でJCBブランドが使え、至る所にJCB会員割引があります。ハワイでは、アラモアナショッピングセンター行きのワイキキ・トロリーで、JCBのロゴのついたカードを見せると乗車賃が無料になるサービスまであるくらいです。ハワイ好きに、JCBの楽天カードは必須でしょう。

JCBブランドの海外サービス

ハワイ以外の海外でも、JCBのサービスは一味違います。JCB社の「たびらば・旅Lover」のサイトでは、JCBブランドが使える海外の約2000店の加盟店が検索でき、海外各地の優待割引クーポンがゲットできます。現地スタッフおすすめの旅情報を収集できたり、無料でレストランのWeb予約ができたりと、海外旅行が日本語で楽しめるようになっています。

11356546 896199743774241 1677428256 n
maaaa__さんの投稿

世界60ヵ所の空港に設置されたJCBプラザでは、JCBの会員はドリンク、WiFi、マッサージ機などの無料サービスを受けられ、日本語が話せるスタッフが、予約や観光に関する問い合わせ、荷物の一時預かりをしてくれます。これだけでも、JCBブランドの楽天カードをサブカードとして持つ価値があるでしょう。

JCBブランドは海外で本当に使えないのか?

JCB社は海外提携を進めており、JCBのカードは23ヵ国の国で使えるようになりました。韓国や台湾は、カード取扱店の全てで使えます。中国やベトナムは、比較的多くの店で使えます。オーストラリア、アメリカ、カナダ、南米などでは現地のクレジットカード会社と提携して、使える場所を広げていますが、アジアと比較すると店舗数は少ないです。

26065299 350604752084850 745081357322944512 n
rambothepuppyさんの投稿

アメリカでは、Discover(ディスカバー)社と提携し、全米の730万店でJCBが使えるようになりました。Discoverは、会員5000万人、業界7位へ急成長した、オレンジ色のロゴのアメリカの新興ブランドです。ただ、スーパーや個人商店の店員が提携を知らずに断る可能性があるため、VISAかMasterCardを使うほうが無難でしょう。

楽天カードは海外旅行保険つき

15538558 1182887875163363 2902138298447167488 n
yukipichi04さんの投稿

どのブランドの楽天カードにも、利用付帯の海外旅行保険がついています。利用付帯とは、日本を出国前に、航空券やツアー料金、空港までの公共交通の交通費などの海外旅行の費用を楽天カードで支払って利用条件を満たせば、自動的に付与される保険です。対象となるのは、契約者本人または家族カードを持つ家族のみです。

16110913 1873851629519155 3700519465474064384 n
_goaka_さんの投稿

障害死亡・後遺障害補償2000万円、障害治療費用200万円、疾病治療費用200万円、賠償責任補償(免責なし)2000万円、救護者費用200万円、携行品損害補償(免責3000円)20万円と、かなり使えます。ただし、アメリカなどの医療費が高い先進国へ旅行するときは、サブカードを併用して治療費の上限を上げておくことをおすすめします。

海外のATMで使えるブランドの違いを比較する

25015182 134398493904368 4307494637565640704 n
mariina0919さんの投稿

海外で現金が必要になったときには、楽天カードを使って銀行やコンビニのATMで現地の通貨が引き出せます。空港や銀行での両替と比較すると、楽天カードでキャッシングをするほうが手数料が安い場合が多いです。キャッシングには楽天カードの暗証番号が必要です。

VISAブランドは、VISAまたはPLUSのロゴのあるATM、MasterCardブランドは、MasterCardまたはCirrusのロゴのあるATM、JCBブランドは、JCBまたはCirrusのロゴのあるATMが使えます。楽天カードのキャッシング設定は1回払いが原則ですが、キャッシングの前に、必ず楽天カードのアカウントで限度額と支払い方法を確認しておきましょう。

違いを見極めて目的に合ったブランドを選ぼう

楽天カードのブランド選択は、海外用のVISAと国内用のJCBの組み合わせがおすすめ度No.1です。ただ、今はVISAとMasterCardの両方を扱う店が多いので、MasterCardを選んでも、それほど不便はないでしょう。違いを把握して、用途に応じて各ブランドを使い分けると、海外旅行やクレジットカード生活が楽しくなること間違いなしです。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ