貯金を300万円貯める!投資や資産運用で増やすには?結婚やマイホームに!

貯金が出来ないと悩む若い人が多いと思います。今から貯金・投資をする習慣をつけて結婚資金・マイホーム資金を用意する必要があります。300万を上手に貯めていく方法があります。300万を貯めて投資や資産運用で増やす方法を解説します。

貯金を300万円貯める!投資や資産運用で増やすには?結婚やマイホームに!のイメージ

目次

  1. 300万を貯金して将来に備える
  2. 300万の貯金が必要
  3. 300万を確実に貯める・貯金する方法
  4. 300万を貯金から増やす事へ考える
  5. 300万を運用する時の注意点
  6. 300万を運用する時の金融商品
  7. 300万を貯金から債券にする場合
  8. 300万を貯金から投資信託にする場合
  9. 300万の貯金から株式にする場合
  10. 300万を一人暮らしでも貯金可能
  11. 300万を貯金して結婚資金にする
  12. 300万の結婚資金を投資する際の注意点
  13. 300万の教育の貯金を投資する方法
  14. 300万を貯金してマイホーム資金にする
  15. 300万の住宅用の貯金を投資する際の注意点
  16. 300万の貯金を考えながら分散投資
  17. 300万の貯金を達成した後するべき事

300万を貯金して将来に備える

社会人になると、お金を使う事が多くなります。しかし、今から300万を貯金をしないと、困る事が出てきます。例えば結婚する時・マイホームを購入する時にもお金がかかります。その為に最初に300万を貯める事を目標にします。一人暮らしの人・実家で暮らしている人も同じです。300万を貯めて300万の貯金が出来る方法・300万を投資で増やす方法を紹介します。
 

300万の貯金が必要

26341651 150679182260354 4382503020164808704 n
em_nagoyaさんの投稿

結婚する時に必要な基準貯蓄額は300万になります。女性は相手の男性に最低300万の貯蓄が必要と考えています。結婚式にお金がかかるのは当然ですが、新生活を始めるのにもお金がかかります。まずは300万を目標に結婚のための貯金しておきます。

一人暮らしの人は300万の貯金が出来ないというのは理由になりません。一人暮らしの人も300万の貯金は可能です。

Thumb平均貯金額と理想は毎月いくら?年代別に一般家庭の貯蓄額も徹底調査!

300万を確実に貯める・貯金する方法

300万を貯金する事は、結婚資金・マイホーム購入の第一段階です。300万を貯める方法は、一人暮らしの人・実家で暮らしている人は、同じです。最初に一ケ月の貯金額を設定しておきます。余ったお金で貯金するという考えでは、300万の貯金は出来ません。会社員の場合には社内預金・財形貯蓄の利用をおすすめします。確実に300万を貯める事が出来ます。

社内預金・財形貯蓄が無い場合は、銀行の自動積立貯金で300万を貯めます。これは毎月指定した日に指定した額を普通預金の口座から定期預金口座に振り替えてくれます。貯金がなかなかが出来ない人にはおすすめです。銀行の自動積立貯金で確実に300万を貯めていきましょう。

Thumb貯金術を知ってお金を貯めよう!実家暮らしや一人暮らしの大学生も使える!

300万を貯金から増やす事へ考える

300万の貯金が出来た後、貯金の300万を増やす方法を実行していきます。銀行の定期預金の利率は低いです。10年間300万預けても、増えるのはわずかです。。株で300万を投資すると、300万を失う可能性があります。結婚資金とマイホーム資金を少しでも増やすために、300万の資産を上手に運用する必要があります。しかし、300万円をすべて投資するのは危険です。

300万を資産運用には、銀行の定期預金・個人向け国債・保険・個人年金・投資信託・純金積立・外貨預金・株式投資・FX・不動産投資があります。300万を使う時期をまず最初に考えます。300万の中ですぐに使う予定があるお金・長期預けて置けるお金を区別します。それにより、300万の運用方法が変わっていきます。使う予定がある資金は、定期預金に貯金しておきます。

300万の貯金の内、長期に預ける貯金の部分は中長期間運用できる金融商品を選択します。その場合は、投資信託がおすすめです。投資が初めての場合・300万の貯金がない場合は、積立てNISAがおすすめです。積立てNISAは、長期で運用する事ができる・積み立てで投資する事ができる・分散して投資する事ができます。
 

積み立てNISAの場合、非課税限度額内であれば積み立て額は自由に決める事が、できます。毎月一定額を購入します。必要になったら売却する事ができます。老後資金の300万を貯めるなら、個人型確定拠出年金もおすすめです。個人型確定拠出年金とは加入者が月々の掛け金を積み立てし、用意された金融商品で運用し、60才以降に年金または一時金として受け取ります。

Thumb資産運用におすすめの投資対策とは?元本保証のある保険や商品も調査!

300万を運用する時の注意点

「卵を一つのかごに盛るな」いくつかのかごに分けて卵を入れておけば、一つのかごを落として卵がだめになっても、他のかごの卵は割れていないから、すべての卵がダメになる事はありません。資産運用も同じ考え方です。300万を同じ金融商品で運用したら卵と同じです。貯金の300万を分散投資をします。

300万を分散投資をする時は、種類の違う金融商品を組み合わせる事が、大切です。様々な違う金融商品を組み合わせる事で、リスクを抑える事が出来ます。投資する時はよく調べてから購入する事をおすすめします。リターンが大きい金融商品は、リスクも大きいという事を念頭に入れて購入する必要があります。

26158397 919430151549321 4690643318512549888 n
yuuuu_kakeiさんの投稿

リターンとは投資で得られる収益の事ですが、リスクはどうなるかわからない事を指します。安全に運用する資産は、リターンが大きい・リスクが大きい金融商品で300万を運用しない方が懸命です。結婚のお金・マイホームのお金を投資で増やしたい場合は、リスクが少ない金融商品をおすすめします。

300万を運用する時の金融商品

300万の貯金を増やすに、はどの金融商品を選べばいいか迷います。300万は銀行の定期預金に預けるのが一番番安全ですが、利率が低いのが欠点です。日本の個人向け国債もリスクが低い金融商品です。利率は定期預金より高いです。元本保証はありますが、国に何かがあった場合には元本割れになります。つまり300万の元本が減ることになります。

貯蓄性の保険は、解約する時期を間違えると損をします。300万より低い額になってしまいます。その点を気を付けます。投資信託は大きなリターンが期待できる反面、元本保証はありません。手数料や信託報酬がかかります。

14533669 1784084268525850 2017820127227019264 n
tsmconsulting2016さんの投稿

純金積み立ては通貨の価値に左右される事なく保持できるところがいいところです。しかし、金は価格変動が大きいしため、売却時に購入した金額を下回る可能性があります。外貨預金は現在日本円の預金にくらべ利率が高いです。

22220718 516642305346418 8366218511579611136 n
shimoppさんの投稿

しかし、日本円から外貨・外貨から日本円を交換する時に両替手数料や取り扱い手数料がかかります。為替レートの関係でお金が増える反面、元金が減る可能性があります。株式投資は成功すればリターンは大きいが、失敗すると大きな損失を抱えます。元本保証はありません。FXは短期間で円と外貨を両替する事で為替のレートの違いで利益を得ることが出来ます。

14719207 322026064838984 3364376122090323968 n
tsmconsulting2016さんの投稿

短期間で莫大な利益を得ることが出来る反面、失敗すれば投資した300万をすべて失う危険性があります。せっかく貯めた300万を0円にならない事を気を付ける必要があります。

300万を貯金から債券にする場合

21373244 352929458479452 8113247742458855424 n
stock.tamさんの投稿

300万の貯金を債券に投資する方法もあります。債券が結婚のお金・マイホームのお金を増やす金融商品か気になります。債券とは国・地方公共団体・企業が投資家にお金を借りる時に発行するのが債券です。国の場合は国債・企業の場合は社債と言います。債券の場合はお金を返済する時期が決められています。

お金を返済している期間は、投資家に利息が支払われます。債券は満期が来る前に売却する事が可能です。債券のデメリットは企業が満期になる前に倒産した場合・貸したお金が返済されない場合が、あります。お金を貸した国がつぶれたら、返済されません。債券を購入する場合は、安全にお金が返ってくかどうかは格付けで判断します。

22069368 284777342005931 1897365712121364480 n
tomo__a12さんの投稿

安全性の高い債券は債券の期間の長さがも判断材料になります。債券の期間が短い債券を選択します。返済期間が長くなるほど返済される可能性が少なくなるからです。同じ国・企業であっても期間の短い債券を選択します。

公共債は証券会社・銀行・信用金庫・保険会社で購入する事が出来ます。郵便局は国債のみです。社債と外国債は証券会社のみ購入できます。債券は安全性が高い金融商品と言われていますが、元本割れ・リスクがあります。購入する時はリスクを認識して購入します。300万のお金を損失しないように注意します。

300万を貯金から投資信託にする場合

26324190 121147142029642 9029681269641838592 n
milktea_mocchi8oさんの投稿

貯金の300万をどうしても増やしたいと考えている人は、銀行の定期預金だと利率の低さに不満があります。投資信託だと300万が貯金より増えるのなら選択したいところです。投資信託は証券会社・銀行・郵便局で販売されています。販売する会社と運用会社は別の会社になります。

運用会社の指示で信託銀行は株や債券を購入します。投資信託のメリットは少額で買える事・運用のプロに運用をまかせている事です。株と違って値動きを常にチェックする必要がありません。投資信託は複数の投資対象に分散投資されているので、大きな損を避ける事できます。新聞やホームページで取引価格の基準価格を確認する事が、出来ます。

26182707 185199105403268 3683710891917836288 n
sumimoriguchiさんの投稿

日本の債券の投資信託が一番リスクが少ないですが、リターンも少ないです。リスクを取りたくない人におすすめです。バランス型の投資信託はリスクは日本の債券よリ高いが、外国債券よりリターンが高いです。外国債券の投資信託は日本の債券よりリスクは高いが、リターンは日本の債券よりあります。外国債券には先進国と新興国があります。

日本株式の投資信託は、リスクは日本の債券・バランス・外国債券より高いがリターンも高いです。一番リスクが高くてリターンが高いのは、外国株式です。外国株式の投資信託にも先進国・新興国があります。リスクとリターンの組み合わせを見て、自分の資金はどの投資信託がいいのか慎重に選択する必要があります。

26157284 1097122943760720 5653076697054969856 n
ne_ma2018さんの投稿

投資信託にはインデックス型とアクティブ型のファンドがあります。インデックスファンドの運用目標は、指数を連動する事です。株式市場・債券市場などの特定の市場で取引されている商品全体の平均的な値動きをする事が目的です。それに対し、アクティブ型ファンドは市場平均の指数を上回る運用成果を出す事が目的です。

33908122 1759851404135053 1970013567809748992 n
mrun_kakeibo_lifestyleさんの投稿

アクティブ型のファンドの運用コストの方が、インデックス型ファンドより高くなります。インデックスファンドの方が運用コストが低くすむことが、メリットになります。アクティブファンド型の場合、ファンドマネジャーの力量で左右されます。投資信託が初めてで高いリスクを取りたくない場合は、インデックス型ファンドの方がおすすめです。

26067882 169816227121391 1918508835392192512 n
hufgy12cmdkさんの投稿

投資信託はリスクがある金融商品です。選ぶ時はよく調べて購入します。自分は300万の内どの位リスクが取れるかよく考えます。投資信託を購入する時は、自分のあったものを選択するようにします。

Thumb投資信託のおすすめファンドを比較!初心者向けの銘柄を紹介!

300万の貯金から株式にする場合

26268993 1989556637960056 6838029668323426304 n
hayato.8810xさんの投稿

300万の貯金をを株式投資をしてお金を増やしたいと考えている人もいます。結婚のお金・マイホームのお金の投資対象可能なのか知る必要があります。

株式とは会社が活動をしていくために必要な資金を集めるために株式を発行します。その資金を出したのが株主です。株は投資家が会社の将来の収益を買うのに対して、債券は投資家が会社にお金を貸します。株と債券は全く違います。金利が上がると株価は上昇し、債券は下がります。

債券は購入した時に受け取る利子が確定していますが、株式は不確定なので、株の利益が上がれば債券よりリターンは大きくなります。株式と債券の違いを理解する必要があります。

26295683 398311913947563 75739197054386176 n
anna.kabu.100さんの投稿

株のメリット株価が上昇する事・配当金・株主優待券です。購入した株の価格が、購入した時の値段が高値になって売却すれば、利益になります。売却しなくても株には配当金が、あります。配当金は企業が1年間利益を上げた利益の中から支払われるものです。会社が支払うと決めた時だけ支払うので、毎年配当金が支払われるとは限りません。配当金以外には株主優待券があります。

26158343 941543319355763 6878778436832198656 n
yuuuu_kakeiさんの投稿

株主優待券とは企業が株主に対して優待券・自社製品を出してくれます。株のデメリットは株価は上昇するだけではありません。株価が下がると株の価格が下がります。株価は将来の予測が出来ないのです。一番大きいデメリットは会社が倒産した時です。所有している株の会社が倒産した場合、株の価値は0です。300万をすべて投資したら0円になるので注意します。
 

26223292 1770015626634398 4903397216464404480 n
takako_021823さんの投稿

株は銀行の定期預金より利益が出る反面、リスクが大きい事を認識する必要があります。株を購入する時は倒産しそうな危ない会社を選ばない事です。すぐ使う予定の結婚資金は避けた方が無難です。特に一人暮らしの人が株の投資で失敗した時、ある程度の貯金がないと困ります。300万をすべて株に投資する事は避けます。

Thumb初心者のための株式投資入門!おすすめの始め方!資金はどれくらい必要?

300万を一人暮らしでも貯金可能

34845684 283127645593796 5627615705722519552 n
kumako_kakeiboさんの投稿

一人暮らしの場合は出費が多くて、貯金したくてもうまくいきません。それでも300万の貯金が出来るよう計画します。最初に一ヵ月の貯金に回す金額を決めておきます。その時に、目標の300万をいつまでに貯めるか設定しておきます。家の家賃を確認します。家賃は手取りの3分の1までです。ローンやカードのリボ払いを使用しないように気を付けます。

一人暮らしの人は、食費・光熱費・通信費・保険を見直してみます。そして一人暮らしの人は、家計に無駄がないか確認してみます。その為には家計簿をつける事が必要です。銀行の自動積立を利用すれば、お金が貯まります。その他には社内貯金・財形貯蓄・終身保険・積み立てNISAがあります。社内貯金・財形貯蓄・終身保険・積み立てNISAは銀行の利率より高いのでおすすめです。

一人暮らしの時にお金を貯める習慣をつけておきます。一人暮らしの時に目標の300万を貯めることが出来れば、結婚後の貯蓄に役に立ちます。

Thumb貯金ゼロからのスタートでお金を貯める方法とは?一人暮らしにもおすすめ!

300万を貯金して結婚資金にする

26866832 178719399401746 618436202126639104 n
tabuchi.tsgさんの投稿

結婚する前、最低300万の貯金が必要と述べました。どうすれば結婚費用を貯める事できるのか紹介します。必ず一定額を貯金しておきます。20代でまだ結婚が先の場合、早くから結婚資金を貯めておく事をお勧めします。余ったお金を貯金に回すという考え方では、お金は貯まりません。

銀行の定期預金だと利率が低いので、ドル・コスト平均法で株の積み立て投資する方法があります。ドル・コスト平均法は月々一定額で株を買い付ける方法です。ドル・コスト平均法で積み立てれば、銀行よりお金が増えます。

ドルコスト平均法は値動きのある金融商品を購入する場合、毎月一定の金額でく購入するほうが、毎月一定の数量を購入するよりも有利な取得価格に分散する事が出来る投資法です。高い時は少なく、安い時に多く購入できます。つまり、時間を味方につけて効率よく増えます。一括に投資するよりも下落リスクに強いメリットがあります。

デメリットとして挙げられる事は、投資方法として有利ではないという事です。毎月決まった金額を購入することができので、お金を貯める事を目的にすれば良い方法です。一人暮らしの人・実家から通勤している人は、将来の結婚のために早くから300万を貯めて置くと必要な時に慌てなく済みます。

300万の結婚資金を投資する際の注意点

13696518 535830876600179 373735240 n
tjht_kanaさんの投稿

結婚資金の300万は安全性の高い金融商品に預けます。300万の貯金はリスクの高い金融商品に預けないようにします。リスクの高い金融商品に預ければ、大きな利益は出るかもしれません。しかし、損失した事を考えると300万がないと困ります。300万は必ず安全性の高い金融商品に預けておきます。結婚の後も、教育資金・マイホーム資金・老後資金とお金を貯める必要があります。

300万の教育の貯金を投資する方法

26158123 177923196296419 2010079488058064896 n
tokomama_igさんの投稿

結婚して子供が生まれたら、教育資金を貯めなければなりません。300万より多い貯金が必要です。子供が生まれたら大学入学の事を念頭にお金を貯金しておきます。教育資金は安全な金融商品で運用します。定期預金・国債・学資保険です。最低の教育資金が貯めることが出来ます。

貯金以外に貯めて増やす方法があります。リスクを少し取るならジュニアNISAで積み立て投資をする方法があります。毎月の積み立てだけではなくお祝い金をいただいた時、そのお金でジュニアNISAに追加する事が出来ます。

300万を貯金してマイホーム資金にする

25012131 314340839062837 8932470324188938240 n
nitto.ie1972さんの投稿

住宅を購入するには、頭金やその他の様々な費用がかかります。将来マイホームを購入するなら、早いうちから300万を貯金をする必要が、あります。頭金とはマイホームを買う時、住宅ローンの借入額を減らすためにあるお金です。頭金の額で1ケ月支払う住宅ローンの金額が決まってきます。頭金は家の購入額の2割になります。購入するなら300万以上の資金が必要です。

300万の住宅用の貯金を投資する際の注意点

26863639 2008562346084617 6564992421153734656 n
taterenofieldさんの投稿

マイホームの貯金の300万はどう運用したらいいか迷います。出来るだけマイホームの貯金の300万を増やしていくようにします。まだ購入する予定がない人・300万ない人は積み立て型なら貯めながら増やす事が、可能です。マイホームの資金の300万は安全性の高い金融商品に預けておきます。

会社に財形貯蓄があります。財形貯蓄の中に住宅財形貯蓄という種類があります。会社に住宅財形貯蓄がある場合利用します。家の購入やリフォームのみしか付くことが出来ません。500万円まで非課税になります。株よりリスクが低い投資信託でも元本割れをするので、投資信託で増やすなら覚悟が必要です。

300万の貯金を考えながら分散投資

17077575 900508973385678 1836229330858934272 n
kakei.study.taichanさんの投稿

300万の貯金が出来たら、まず300万円の資産配分を考えます。すぐ使う資産・コツコツ増やしていく資産・そこそこ利率を求めていく資産・収益を狙う資産です。収益を狙う資産運用はやめておきます。すぐ必要な資金を300万から除くとその金額が、コツコツ・そこそこになります。

自分が取れるリスク・どのくらい資金を増やすか考えます。投資の配分を考えます。ローリスクローリターンの商品は、預金・国債になります。ミドルリスクミドルリターンは投資信託・株式投資・リートになります。

300万の貯金を達成した後するべき事

計画を立てて貯金すると、300万のお金が貯る事・投資・資産運用の仕組みを紹介しました。投資対象の金融商品の仕組み・リスクをしっかり勉強しましょう。計画をしっかり立てれば必ず300万のお金が必ず貯まります。損をしないように、300万を上手に運用して増やしていく事が大切です。
 

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ