株式併合とは?株価への影響やメリット・デメリットまで徹底解説!

株式併合とはどういった内容になるのかについて具体的に解説を行っていきます。株式併合をすることのメリットやデメリット、あるいは株価への影響についても取り上げていきます。投資の際の指標としても理解しておきたい内容となっています。

株式併合とは?株価への影響やメリット・デメリットまで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 株式併合が株価や株主へ与える影響とは?
  2. 株式併合とは?
  3. 株式併合によって売買単位を統一する目的とは?
  4. 株式併合が投資家や株主に与える影響とは?
  5. 株式併合が実際に株価に与える影響とは?
  6. 株式併合のメリット・デメリットとは?
  7. 株式併合が株価や株主へ与える影響のまとめ

株式併合が株価や株主へ与える影響とは?

出典: http://www.meti.go.jp

株式併合とはどういった仕組みや内容なのかという点に注目しつつ、株価や株主に与える影響について確認していきます。株式投資を行っている人にとってはなじみのなる株式併合ですが、やや理解に苦しむという方も少なくありません。実際に株式併合を行うことによるメリットやデメリットも含めて、詳細な解説を進めていきます。

株式併合とは?

複数の株式を1株に統一すること

出典: http://www.meti.go.jp

まず株式併合とはどういったものなのか確認していきます。株式併合とは、複数の株式を1株に統一することだと考えることができます。これは企業が既に発行している株式数を減らすことが大きな目的となっています。単純な考え方として2株を1株にすることを株式併合と言います。投資家の利便性を向上させることを目的に、株式併合を行うことが多いです。

株式併合すると資産価値に影響する?

出典: http://pr.fujitsu.com

2株を1株に統合することを株式併合と言いますが、実際に株式併合を行ったところで資産価値に影響があるのかという点も気になるところです。結論から申し上げると、株式併合をしても資産価値には影響がないというのが回答です。株式併合をすることで保有株式は半分となりますが、株式の価値が2倍に上がるので、実質的な資産価値には影響がありません。

発行済み株式数を減らせる

出典: https://www.shibaura.co.jp

例えば、1株当たりの株価が100円の企業について10株を1株に株式併合とすると仮定します。そうすると、元々は「100円×10株」で1,000円だったものが、1株あたりで1,000円の価値になるということです。いずれにしても、投資家側が支払う資金に変わりはありません。企業としては、発行済み株式数を減らせることに株式併合を行う意味があります。

株式分割との違い

出典: https://matome.naver.jp

株式併合についての内容理解を促進するために、株式分割との違いについても確認していきます。株式併合と株式分割は反対の意味合いを持つので両者を相互的に確認しておくと、株式併合の理解促進に役立ちます。株式分割とは、株式を細分化して発行済み株式数を増やすことを言います。その分、1株あたりの株価は値下がりすることになるのが特徴です。

株式の流動性が高まる

出典: https://xn--hck6a9a3a3cl0j7al2328j687d.com

株式分割では1株あたりの価格が下がることになりますが、発行済み株式数が増加するので、企業としての資本に変わりは出ません。この部分は株式併合と同じ考え方をすることができます。株価が下がることで、個人投資家も投資を行いやすくなるため、株式の流動性が高まることになります。投資家としては株式分割を好意的に捉える傾向が強いと言えます。

株式併合によって売買単位を統一する目的とは?

売買単位が100株に統一される!

出典: http://www.toshibatec.co.jp

株式併合とは何か理解することができたら、続いて株式併合を行う目的についての確認を進めていきます。株式併合を行うことで、売買単位が100株に統一されることに大きな意義があります。株式の売買単位のことを単元とも言いますが、その単元は銘柄によって異なるのが実情です。かつては、1株や10株50株など、8種類もの売買単位が存在していました。

銘柄同士の比較もしやすい

出典: https://kabu.dmm.com

現在では、株の売買単位については100株単位のみとなっています。売買単位が何種類も存在すると投資家にとって利便性が悪く、株式の流動性に悪影響を及ぼすといった考え方も出てきます。そのため、売買単位を集約するために株式併合が行われるようになりました。売買単位を100株単位に統一することで銘柄同士の比較も行いやすくなります。

株価の引き上げ効果が目的?

出典: http://www.gomutimes.co.jp

株式併合によって売買単位を100株に固定することで、株価の引き上げ効果に期待できるという意見もあります。株式併合を行うことで、それまで1000株単位だった銘柄については必要最低投資資金が縮小されるというメリットが出てきます。必要最低投資資金が下がることで、個人投資家も投資を行いやすくなるため、投資環境において流動性が出てきます。

株を買いやすくなる

出典: https://www.keio.co.jp

例えば、1株あたりの株価が1,000円の銘柄について1000株単位での購入となると、「1,000円×1000株=100万円」の資金が必要となります。これを100株単位での売買にすることで、必要最低資金を10分の1である10万円に下げることができるのです。100万円では購入が難しいという投資家でも、10万円であれば購入できる可能性が高まります。

投資に対する意欲の高まりを促す

出典: https://ishihara-office.jimdo.com

つまり、それまでは株式投資に躊躇の姿勢を示していた個人投資家や機関投資家なども、売買単位が100株になって必要最低資金が下がることで、投資に対して意欲を示すようになります。結果的に、売買に参加する投資家やトレーダーが増えるようになり株価の値上がりが期待できるのです。株の売買単位を変えることで、流動性の向上にも期待できます。

調整や経営再建

出典: https://kabu-maga.com

株式併合が企業に与える影響としては、調整や経営再建といった影響を挙げることができます。株式併合を行うことで株価の上昇に期待できるため、企業として経営に調達できる資金が増加することが見込まれます。それまでの経営体制を刷新する場合や、株価の調整をしたい場合にも株式併合に価値があります。経営の建て直しという点でも利用されます。

株主管理のコスト削減

出典: https://kabumado.jp

調整や経営再建という点では、株主管理のコスト削減を目的として株式併合を行うこともあります。株主が多くなることは企業にとって嬉しいことである反面、株主の管理に対するコストも膨大なものになっていきます。例えば、配当金の領収書や株主総会の案内状送付など、企業としてやるべきことも多くなり、人件費もかさむことになってしまいます。

負担感を和らげる

出典: https://www.tobishima.co.jp

株主が1人だけであれば大したことはありませんが、100人、1000人、1万人などと増えていくにつれて、管理する側のコストは増大していきます。そこで、少しでも管理コストの削減を目指すために株式併合を行うこともあるのです。株式併合によって株主の数を減らすことができれば、企業としての負担感やコストも和らぎ、本業に集中しやすくなります。

株価の適正化を図る

出典: https://matome.naver.jp

また、株式単位や株価の適正化を図るという点も忘れてはいけません。株価は企業価値を反映する指標とも言われていますが、場合によっては高すぎると感じたり低すぎると感じたりすることもあります。適度な株価に落ち着けるために株式併合を利用することもあります。まさに株価の適正化を図ることに狙いがあり、株式併合の目的と考えることができます。

売買の際の誤りを防ぐ

出典: http://ma.office-tomiyama.com

投資家側としては売買単位を統一してもらうことで、希望していた株数よりも多く買ってしまったということがなくなるというメリットもあります。1000株単位の売買となると、本来100株で良かったのに、誤って1000株注文してしまったということも出てきます。そうした誤りを防ぐという狙いで、株式併合や売買単位の統一が行われることもあります。

株式併合が投資家や株主に与える影響とは?

株式併合の影響を確認

出典: https://oneinvest.jp

株式併合を行うことで売買単位の変更が行われ、株式の流動性が高まるといった特徴を認識しておくことが大切です。その上で、実際に株式併合をすることによって投資家や株主にはどういった影響が出てくるのかについても確認していきます。投資家としては資産を守ってもらえるのかも気になるところです。その点も踏まえて慎重に投資をすることが大切です。

株主としての権利は保護されている

出典: https://maonline.jp

株式併合を行って売買単位が縮小されたり発行済み株式数が減少したりしても、株主としての権利は保護されていると言うことができます。株式併合が行われたからと言って、株主としての権利が喪失するわけではありません。株主のとしての権利は保護されているので、そのまま株を保有することができます。株価も理論上は据え置きとなるので心配ありません。

少数の株しか保有してない株主に与える影響とは?

出典: https://www.kudo.co.jp

一般的に株式併合を行っても株主としての権利は保護されていますが、少数の株しか保有していない場合は影響が出てくることもあります。スクイーズアウトと呼ばれることもありますが、株式併合を行った結果、1株未満の株式しか保有できない場合は、株主として認めてもらえないのです。その場合は、端数となった株式を企業が買い取ることも出てきます。

配当金や株主優待を受け取れないことも

出典: https://ameblo.jp

1株未満の端数となった株を保有することも可能ですが、配当金や株主優待の受け取りができないことも往々にしてあります。企業側の経費削減を目的として株式併合を行うこともあります。大きな管理コストや経費削減につながるのが、配当金や株主優待の提供を減らすことです。株主にとっては株を保有していることのメリットを享受できないことになります。

売却の検討も1つの判断

出典: https://www.newsweekjapan.jp

企業が株式併合を行う時点で株主である場合には、株式併合を行う旨の通知を受け取ることができます。その通知を見た際に、売りに出るのかそのまま保有しておくのか判断することが可能です。長期的に保有する意思がなければ、株式併合を機に売却してしまうのも1つの手段です。その辺の判断も投資家自身で行うことが大切です。

株式併合が実際に株価に与える影響とは?

株価が上昇し流動性が向上

出典: https://guevara3d.xsrv.jp

株式併合が実際に株価に与える影響について、具体的に確認を進めていきます。株式併合をすることによって、個人投資家や機関投資家など、投資に対する意欲が活性化されて流動性が高まることが想定されます。株式市場の流動性が高まることによって、株価が上昇しやすくなります。最低必要資金が下がることで、投資をしやすくなることが影響しています。

投資資金が10分の1になる?

出典: https://kabu-maga.com

流動性が向上することで株価の値上がりに期待することができるわけですが、それは投資資金が10分の1で済むことと関係しています。1000株単位での売買だった取引が100株単位でも行えるようになれば、必要最低資金はそれまでの10分の1で済むことになります。その分投資に対して後ろ向きだった投資家も、投資に対して積極的になることが想定されます。

推奨最低投資金額の幅

出典: http://incomegain.hatenablog.com

売買単位を1000株から100株に統一してきたのが東京証券取引所です。東京証券取引所では売買単位の統一と同時に、必要最低資金額を5万円から50万円にすることを推奨しており、投資家の購買心理をあおっていると言えます。最低投資金額を5万円から50万円程度にすることでNISAの枠に収めやすくなり、投資家のメリットを大きくする狙いがあります。

キッコーマンの例

出典: http://www.kikkoman.co.jp

2017年4月1日には、上場企業の売買単位の変更が活発に行われました。例えば、キッコーマンも1000株から100株に売買単位の変更を行った企業の1つです。キッコーマンの2017年3月1日時点の終値は3,430円でした。1000株単位であれば343万円の資金が必要ですが、100株単位にすることで34万3,000円で株を購入できるようになったのです。

1000株から100株単位への変更

出典: https://kabu-maga.com

キッコーマンの他、東レやライオン、富士通ゼネラルや三井不動産、三菱地所といった企業でも売買単位の変更を行いました。これらの企業では1000株単位だった株式の売買単位を100株単位に変更することで、投資家の購買意欲を高めることに成功したと言えます。それまでの最低必要金額から10分の1になったことで、市場にも大きな影響を与えました。

売買単位の変更と株式併合

出典: http://houmu-bu.com

その他、売買単位の変更と同じ割合で株式併合を行った企業についてもご紹介していきます。例えば、学研ホールディングスや大洋物産といった企業が、売買単位の変更と同時に株式併合を行いました。2017年3月1日時点で学研ホールディングスの株価は309円となっています。1000株単位であれば、最低購入資金として39万1,000円が必要となります。

株価への影響を抑える

出典: https://www.dambo-33.com

それをそのまま100株単位に変更してしまうと、必要最低資金が3万900円ということになります。これでは、東京証券取引所が目指す5万円から50万円の投資水準を満たさなくなってしまいます。そのため、売買単位の変更と同時に株式併合を行いました。10株を1株として株価を10倍に引き上げるのです。そうすれば、株価への影響を抑えることができます。

最低必要金額を同じにする

出典: https://plaza.rakuten.co.jp

つまり、学研ホールディングスではそれまで1株当たり309円だった株価を、10倍の3,090円にしたということです。3,090円の株価に対して100株単位で売買できるので、必要最低資金が39万1,000円となり、1000株単位で売買していた時の最低必要金額と同じにすることができます。これが売買単位の変更と株式併合を同時に行うことのメリットと言えます。

企業として管理コストを抑える

出典: http://biz.searchina.net

投資単位の水準を一定に保ちつつ、投資家の投資心理を活性化したり、企業としての管理コストを抑えたりすることのメリットを享受できるのが、売買単位の変更と株式併合の同時実施です。理論上、株価への影響を与えることがないことも魅力と言えます。そのため1000株から100株への売買単位変更の際には、株式併合を利用する企業が多くなっています。

売買単位の変更とは異なる割合の株式併合

出典: https://toushi-kyokasho.com

さらに株式併合の例として、売買単位の変更とは異なる割合での株式併合を挙げることができます。売買単位を1000株から100株にすると同時に、5対1の割合で株式併合を行う企業も現れました。それがホソカワミクロンです。ホソカワミクロンでは、2017年3月1日時点の終値が844円でした。1000株単位の売買だと、84万4,000円が必要な計算となります。

適正な株価の維持

出典: https://oneinvest.jp

5対1の割合で株式併合を行うことで、株価は844円の5倍となる4,220円となります。そして売買単位を100株単位に収めることで、最低必要資金が4,220円×100株で42万2,000円ということになります。そうすることで、東証が推奨する5万円以上50万円以内の最低金額に収まります。このような形で株式併合を利用することで、適正な株価を維持できます。

経済の流動性を活性化

出典: https://kabu-maga.com

売買単位の変更や株式併合を行うことで、必要最低金額が下がり投資家にとっては投資をしやすくなるというメリットも出てきます。それに伴って、NISAの活用や小口投資といった手法で投資に対して積極的になりやすいという側面もあります。それは企業にとってプラス材料であり、市場全体が活性化することで経済の流動性も促進されていくことになります。

投資の判断材料の1つに

出典: http://jp.forexmagnates.com

株式併合や売買単位の変更について、投資家としてはあくまでも投資の判断材料の1つとして利用したいところです。当然ですが、売買単位の変更が行われたからと言って必ず株価が上がるわけでも下がるわけでもありません。その辺のリスク管理は徹底しておくことが大切です。株価については、市場の動向や企業の成長性などを勘案することが求められます。

総合的な視点を大切にする

出典: https://kabu-maga.com

株式併合や売買単位が行われたからと言って、すぐに売買をするのではなく、株価のトレンドや企業の成長性、今後の動向や世界情勢なども鑑みた中で総合的に判断をすることがポイントです。その1つの判断材料として、売買単位の変更があると言えるのです。株式併合のケースもそうですが、安易に株価が上がると認識してしまうのはとてもリスキーです。

株式併合のメリット・デメリットとは?

メリットやデメリットの確認

出典: https://oneinvest.jp

株式併合をすることや株の売買単位を変更することの影響について、確認しておくことがポイントです。その中で、株式併合をすることのメリットやデメリットについて取り上げていきます。株式併合を行うことは、企業にとっても投資家にとっても影響が出てくることです。そのメリットやデメリットを把握した上で、投資行動につなげることが大切です。

投資家のメリットとは?

出典: https://www.panpanpapa.com

まずは、株式併合が行われることによる投資家側のメリットについて確認していきます。投資家としては、投資に対する最低必要金額が下がることが大きなメリットと言えます。本文中でも取り上げたように、1000株単位ではなかなか購入できない株式でも、株式併合によって売買単位が変わることで購入できるようになることも出てきます。

投資対象の拡大につながる

出典: https://freedom-life.net

その点、投資に対する積極性を身につけられることが投資家にとっての大きなメリットと言えます。また、低位株から株価が上昇することによって、投資の対象を拡大できるというメリットも挙げることができます。株式併合によって発行済みの株式数を減らすことで、投資家としては株価への反応を見やすくなるので、投資対象の拡大にもつながります。

企業側のメリットとは?

出典: https://www.lifehacker.jp

投資家にもメリットがある株式併合ですが、企業としてもメリットを挙げることができます。企業側のメリットとしては、株主管理のコストや経費を削減できることが挙げられます。株式併合をすることで、1株に満たない株式が生じることもあります。その場合は株主優待や配当金を出す必要がなくなるので、経費の削減につなげることができるのです。

新株の発行もしやすくなる

出典: https://kabuline.com

また、株式併合をすることで発行済み株式数の総数を減少させることができます。そうすることで、新株を発行しやすくなるというメリットも出てきます。新株を発行することで、新たな資金の確保にもつながりやすく、株価の値動きを見てどのくらい発行するか決めることもできます。市場からの資金調達という点でも、株式併合にはメリットがあります。

デメリットは低位株の減少

出典: https://kabushiki.jp

株式併合にはメリットもありますが、一方でデメリットにも目を向けておく必要があります。株式併合を行うことのデメリットとして、低位株の減少を挙げることができます。低位株には明確な定義があるわけではありませんが、一般的な目安として1株当たり500円未満の株を低位株と呼ぶことが多いです。株式併合をすることで低位株の減少につながります。

資金調達に苦しむ

出典: https://zuuonline.com

東京証券取引所では100株単位での統一を施行すると同時に、最低投資単位を5万円以上50万円以内に抑えることを推奨しています。そのため、低位株の銘柄については、最低購入金額が高まりやすい状況になっていると言えます。それは企業にとっても投資家にとってもデメリットです。投資家が投資しにくくなるので、企業としても資金調達に苦しむからです。

良い側面ばかりではない

出典: https://hoken-bridge.jp

投資のスタイルは人それぞれ異なりますが、低位株銘柄に狙いを絞って投資を進める投資家も少なくありません。そういった人たちからの資金調達に苦しむことになれば、企業としても大きな悪影響を受けることになります。株式併合は必ずしも良い側面ばかりではないということです。低位株の減少にも注目しつつ、状況を見守ることがポイントです。

投資判断に迷いが生じにくい

出典: https://oneinvest.jp

総合的に見た株式併合のメリットとしては、投資の際の判断に迷いが生じにくくなるということが挙げられます。これまでは銘柄ごとに売買単位に違いがあったため、実際の株価と必要最低金額に差が出てくることが多くありました。しかし、売買単位が統一されたことによって、一目で買いなのか売りなのか判断しやすくなったことは大きなメリットと言えます。

総じてメリットを受けやすい

出典: http://stockholder.gerbera.co.jp

中長期的に見れば、投資に対して積極的になる人が増えることで市場の活性化につながり、企業としても資金調達をしやすくなることが大きなメリットです。株主が増えることで新規事業の計画や経営の刷新など、抜本的な改革を行いやすくなる点もあります。デメリットもありますが、総じてメリットを受けやすいのが株式併合の特徴だと言うことができます。

株式併合が株価や株主へ与える影響のまとめ

出典: http://snnmmito.blogspot.com

株式併合というキーワードに注目をして、株式併合とは何か、そのメリットやデメリットも含めて具体的にご紹介してきました。株式併合をした場合でも、理論上の株価や資産に影響が出るわけではありません。あくまでも投資の判断材料の1つとして検討しておくことが大切です。自身の投資スタンスを崩すことなく、安定的な投資を続けていくことが賢明です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ