生前贈与とは何?メリットや手続きの方法・注意点などまとめて解説!

近年節税対策として人気になっている生前贈与ですが、生前贈与とはどんな仕組みになのかを理解しておく必要があります。節税としての生前贈与とは何か、そして、生前贈与のメリットを確実に活かすために抑えるべき注意点や、手続きの方法などを含めて解説しています。

生前贈与とは何?メリットや手続きの方法・注意点などまとめて解説!のイメージ

目次

  1. 生前贈与のメリットや注意点・手続きの方法とは?
  2. 生前贈与とは何か?
  3. 生前贈与のメリットとは?
  4. 生前贈与の手続きの方法とは?
  5. 生前贈与にかかる費用は?
  6. 生前贈与とは?メリットや手続きの方法・注意点のまとめ

生前贈与のメリットや注意点・手続きの方法とは?

出典: https://blog.stephouse.jp

生前贈与とは、多くの方に節税としての方法と認知されています。しかし、節税のメリットを確実に活かすためには、現金などの金銭や不動産の場合にかかる費用などを考慮して、メリットを活かす事が秘訣です。そこで、生前贈与のメリットを確実に活かすために生前贈与の仕組みや注意点、また、蔑ろにしてしまいがちな費用を含めて解説していきます。

生前贈与とは何か?

生前贈与とは?

出典: https://www.lifedot.jp

生前贈与とは、その名の通り「生きている間に財産を譲る」という事です。多くの場合では、親子間で財産の贈与を実施します。贈与関係の呼称は、贈与する側が贈与者と呼ばれており、反対に財産を受け取る側の場合は、受贈者と呼ばれています。生前贈与に関わる税金として、「贈与税」があるので、生前贈与のメリットを活用する際には、贈与税があるという事をしっかり覚えておきましょう。

税法上の概念

出典: https://books.rakuten.co.jp

生前贈与に関わる税法上の概念としては、贈与者と受贈者において「双方の合意がある場合」とされています。注意点として、双方の合意によって、生前贈与に関わる税金が変化するという事を認識しておかなければなりません。そして、生前贈与の場合では、無償で財産相続を実施する事になるので、税法上においても厳密であるとは言い難いです。贈与契約書などを残しておく事をおススメします。

生前贈与の例

出典: https://www.mansion-review.jp

実際に生前贈与として、何が贈与とみなされるのかをしっかりと認識しておく必要があります。そこで、生前贈与のケースとして例を挙げると「不動産、株式、現金」などが挙げられます。これらの贈与に関して、税金が課せられるという事を認識しておき、生前贈与のメリットを活かす事が大切です。

生前贈与の特徴に注意

出典: http://marineclub-an.com

生前贈与とは、財産の贈与といった形で成り立ちます。実は、注意点として、生前贈与の特徴に似た税金制度に「相続税」があるという事です。相続税では、生前贈与の特徴である財産贈与となっています。この点が生前贈与と非常に似通っており、区別して認識しておく必要があります。区別する方法としては、贈与税の場合には生前時だという事と、反対に相続税の場合には死亡時という事になります。この注意点は、確実に覚えておきましょう。

生前贈与の「暦年課税」

出典: https://isansouzoku-guide.jp

前述では、税金が課税されるという事を解説しました。生前贈与の課税方法では「暦年課税」といった課税方法が適用されます。暦年課税とは、生前贈与を受ける方が、1月1日~12月31日に期間で贈与を受けた贈与金額に対して税金が課せられるという仕組みになっています。生前贈与には注意点があり、贈与金額は合計となり、期間内に贈与金額の合計額に対して贈与税が算出され、一度の贈与に対して税金が課せられるのでは無いという事です。

暦年課税の計算方法

出典: http://www.thompsoncoburn.jp

暦年課税には、税金の税率が金額によって変動してきます。そこで、具体的な例を用いて計算の仕方を解説します。暦年課税の計算方法として、国税庁の一般贈与速算表を用いて計算する事となります。もし、兄弟間で300万円の贈与を受け、贈与から控除金額が50万円だった場合で考えます。この場合に、一般贈与速算表を活用して、控除後の250万円を参照します。速算表を見ると税率が15%で控除額が10万円です。

出典: https://www.digimonostation.jp

したがって、250万円×15%-10万円で27.5万円が税金価格となります。贈与税の計算方法として、速算表を使いこなす事は、節税対策を練る際に必須となる方法なので、計算をする際に国税庁などに載っている速算表を使いこなす事をおススメします。

生前贈与の「相続時清算課税」

出典: https://gentosha-go.com

生前贈与には、暦年課税といった課税方法以外にも、「相続時清算課税」といった課税方法があります。相続時清算課税とは、贈与者の年齢が60歳以上で受贈者の子供が20歳以上である場合に課せられる方法です。

特殊な贈与契約がある

出典: http://mrjamie.cc

一般的な贈与契約は多く認知されていますが、実は特殊な贈与契約があります。特殊な贈与契約とは「死因贈与」「定期贈与」「負担付贈与」この3つが贈与契約としてあるという事を覚えておきましょう。

死因贈与の場合

出典: https://www.souzokuhiroba.com

死因贈与とは、贈与者が死亡した時点で効力が生じる契約となっています。この死因贈与制度を利用する場合では、注意点として、似た制度に遺贈があるので、この遺贈区別する必要があります。遺贈とは、「遺言」で財産の一部あるいは全部を贈与するという事です。死因贈与は財産相続の際に、受贈者の承諾が必要となるという事を覚えておくと財産相続の場面で焦らずに対処する事が可能となります。

定期贈与の場合

出典: http://www.thisisrainer.com

定期贈与とは、定期的に一定金額の財産を贈与するといった契約の特徴があります。この制度の具体例では「毎年5月1日に300万円を孫に贈与する」といった形です。制度の適用期間は贈与者あるいは、受贈者が死亡する事によって契約の制度が効力を失うという事になります。

負担付贈与

出典: http://gogen-wisdom.hatenablog.com

負担付贈与とは、その名の通り受贈者に一定の債務を負担させる事で贈与する契約になります。負担付贈与に関わる税金では、贈与財産に負担額を控除した金額に対して、税金が課せられるという事を把握しておきましょう。具体的な例として、土地や家屋などに負担額が生じている場合には、その負担額を土地や家屋の財産価格から控除するといった形です。

Thumb生前贈与の贈与税は非課税になる!条件や手続き方法などまとめて紹介!

生前贈与のメリットとは?

生前贈与でのメリット

出典: https://biz.moneyforward.com

生前贈与とは前述の通り、「贈与税」が課せられる事となります。生前贈与によって税金や生前贈与に特例、贈与の性質内容を理解する事で、生前贈与を上手く活用する事が出来ます。ここでは、生前贈与をする事で生じるメリットを生前贈与の特例や税金、贈与対象者などから解説していきます。

生前贈与には節税効果が見込める

出典: https://chester-souzoku.com

生前贈与には大きな特徴として、「節税効果」としてメリットが挙げられます。これは、税金制度に関する内容となりますが、贈与税には年間110万円を超えない場合では、贈与税が非課税になる事です。つまり、年間贈与金額の総額が110万円を超える事が無い場合には、税金が課せられる事はありません。ちなみに、似た内容である相続税には、贈与税と同様の非課税制度は無いので、生前贈与として節税のメリットを活用する方がいます。

教育資金一括贈与の特例

出典: https://toyokeizai.net

生前贈与の特例制度には、教育資金に関しての特例も有ります。教育資金の場合では、税金が非課税になる金額が最大で1500万円と定められています。非課税対象として、具体的には授業料や入学金といった費用になります。しかし、注意点としては年齢制限があり、30歳と規定があるので把握しておきましょう。この税金の非課税となる場合である教育資金を契約資金管理契約ともいいます。

住宅取得資金贈与の特例がある

出典: http://okane-shiritai.com

生前贈与の特定としては、住宅取得資金贈与の特例があります。住宅取得資金贈与とは、父母などの直径尊属からの贈与によって、住宅取得資金(購入費用、建築費用)などが消費税10%までを非課税とする事が出来ます。しかし、住宅取得資金贈与には一定の要件があります。それは、住宅取得の適用を受けようとする、契約の締結日に応じた金額によって、非課税の適用を受けることが出来るという事です。

出典: https://biz.moneyforward.com

また、住宅取得に関わる要件によって税金の非課税は限度額が定められているので、住宅取得資金での特例のメリットを活用する場合には、限度額を把握しておきましょう。住宅資金の限度額と要件に関しては、後述で具体的に解説していきます。

住宅取得資金の限度額と要件

出典: http://tanki-goukaku.com

上述では住宅取得の要件と限度額には定めがあると解説しました。まず、住宅取得での限度額では、限度額が最大3000万円となっています。また、贈与者の年間所得が2000万円以下である場合に適用されるという事も把握しておく必要があります。次に要件としては、住宅の贈与を受けた年から、翌年の3月15日までに住宅を取得して移住する事となっているので、この点を把握した状態で特例のメリットを活用する必要があります。

財産相続の相手を選択出来る

出典: https://manabi.benesse.ne.jp

生前贈与の場合では、財産を無償で贈与する形となるので、贈与対象者の選択を自由に選択出来るといったメリットがあります。相続時に多いトラブルに繋がる、遺産分割協議などがありますが、財産を自由に選択する子とが可能な事で、こういったトラブルを未然に防ぐ事が出来るという事です。

贈与税の配偶者控除が活用出来る

出典: https://souzokuzeihiroba.com

贈与税に関しての配偶者控除とは、夫婦間で居住用不動産を贈与した場合に控除される制度になります。この配偶者控除の要件として、婚姻期間が20年以上の夫婦で、居住用不動産を取得する必要が生じ、必要な金銭贈与が生じた場合に適用を受ける事が出来ると定められています。この制度の控除を適用する限度額として、2,000万円となっています。もし、要件に満たしている方であれば節税として大きなメリットがあります。

相続時清算課税の適用

出典: https://aqcg.jp

生前贈与の課税方法として、前述で解説した相続時清算課税があります。この制度を利用した場合のメリットとしては、贈与財産の金額が2,500万円に達すると、税金の利率が20%で税金が課せられるという事になります。この制度を適用させる事で、2,500万円まで相続財産に対して非課税になります。暦年課税とは違い、金額にされる事が減るという事なので、要件を満たしている場合は相続税清算課税の適用メリットを活用しましょう。

Thumb生前贈与で土地や不動産を贈与するメリット!手続きや注意点は?

生前贈与の手続きの方法とは?

生前贈与に必要な手続き

出典: https://kotokaze.blog.so-net.ne.jp

生前贈与に必要な手続きは、贈与する財産によって手続き方法が変わってきます。贈与する財産は、基本的に不動産や現金などの金銭の場合が多いので、これら贈与する財産に焦点を当てて、必要な手続きを解説していきます。また、ここでは確実に生前贈与のメリットを活かすために、抑えておくべき注意点を解説しているので、見逃さないように頭に入れておきましょう。

生前贈与では贈与契約書を作成しておく

出典: https://www.kzoffice.co.jp

生前贈与では、やはり財産を無償で譲るといった形になり、税法上でも双方の同意によって契約に至る事と定められています。したがって、確実に贈与契約を実施したという証拠が無ければ贈与破棄になる可能性があります。この場合に対処するために必要なのが贈与契約書を作成しておく事をおススメします。贈与契約書の書き方は、特に形式が無い状態なので、文章に関してはパソコンで作成しても大丈夫です。

不動産を贈与する場合の手続き

出典: https://smile.re-agent.info

不動産の贈与に関して手続きをする場合では、不動産の登記申請をする必要があります。登記とは、名義変更をするという内容となっているので、贈与者の名義を受贈者の名義へ変更します。登記申請の手続きの際には、贈与者が用意する「登記事項証明書」「固定資産評価証明書」「印鑑証明書」「登記済権利証」が必要な書類で、受贈者は「住民票」を用意して登記申請の手続きを実施する必要があります。

不動産の登記申請をする方法

出典: http://www.fina-sol.com

不動産の登記申請をする場合には、申請方法としてオンライン申請と持ち込み・郵送の方法があります。この場合、不動産の登記申請は管轄の法務局になる事を把握しておきましょう。不動産の登記申請書を作成する際には、添付書類があり、前述で解説した書類を活用します。

現金などの金銭を贈与する場合

出典: https://genkinka-shoukai.com

現金で贈与をする場合では、必要書類や手続きなど明確な基準がありません。しかし、現金の場合では、証拠が無い状態でいると、税務署から否認される場合や相続関係者間でトラブルになる可能性があります。そこで、現金など明確な基準が無い場合には、前述で紹介した贈与契約書を作成しておく事をおススメします。証拠を残す事によって、現金などの金銭に関わるトラブルは確実に防いでおきましょう。

生前贈与の手続きをする際の注意点とは?

出典: http://rikonjuku.com

現金などの金銭を贈与する場合では、贈与契約書としての証拠を残す事以外にも、現金は必ず振り込んで通帳記入をしておく事をおススメします。なぜなら、現金では、不動産とは違い登記申請よって公的機関に証拠が残らない事になるからです。したがって、個人で作成した、贈与契約書では不十分だと判断されない事がポイントです。

贈与税の申告手続きも忘れないように

出典: https://www.freee.co.jp

暦年課税の場合では、年間贈与総額が110万円を超えた場合において、確定申告が必要になります。また、相続時清算課税でも、2,500万円を超えた場合は必要だという事を忘れないようにしましょう。贈与税の確定申告を実施する場合では、贈与者が贈与税を払うという事になるので、贈与者の住所を管轄する税務署に確定申告をします。贈与税の確定申告では、必要書類が通常の場合と違うので注意しておく事が必要です。

出典: https://www.wanbishi.co.jp

贈与税の確定申告に必要な書類は3つあるので、3つの書類を揃えて確定申告をする事になります。確定申告を実施する方に必見なのが、確定申告書の作成をする場合に有用なのが、国税庁のホームページです。国税庁のホームページでは、画面の案内を進む事で確定申告書を作成する事が可能となり、スムーズに作成する事が可能です。

生前贈与にかかる費用は?

生前贈与にかかる費用

出典: https://www.studyabroad.co.jp

生前贈与の際に必要になる費用は、現金などの金銭では贈与税がかかりますが、不動産などの場合には贈与税以外がかかる事を把握しておく必要があります。不動産の取得時には、やはり不動産取得で特有の不動産取得税です。また、不動産取得税以外にも、忘れてはならないのが、登録免許税です。不動産取得税の税率は、不動産評価額の3%と、登録免許税の税率は2%と覚えておきましょう。

不動産に関わる生前贈与の場合

出典: https://www.yahagijisyo.co.jp

前述では不動産の手続きとして、現金で贈与する場合とは違い、不動産登記の手続きが必要になる事は解説しました。この不動産登記をする事は専門性の高い手続きとなり、手続きが困難になる可能性があります。そこで、司法書士などの専門家に登記手続きを依頼する場合があります。この場合に、依頼料として費用が生じる事は避けられません。よって、不動産で贈与する場合には依頼料がかかる事を注意点として抑えておく事が大切です。

生前贈与とは?メリットや手続きの方法・注意点のまとめ

出典: http://hoken-shiritai.com

生前贈与では、贈与税の節税に繋がる事が分かりました。贈与税の節税に繋がる特例や制度を確実に理解しておく事が不可欠になります。しかし、メリットを活かす前に、現金などの金銭とは違い不動産の場合では注意点を抑えておかなければ、費用の負担が大きくなるケースもあります。生前贈与を実施する場合には、現金か不動産の場合ではどちらが賢くメリットを活かせるのか、注意点を抑えて比較することが大切です。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ