人事評価シートはまじめに書かないと損する?書き方のポイントや記入例紹介!

企業によって時期やタイミングは異なりますが、各自の成長や反省を振り返る機会として「人事評価シート」を書くことがあります。しかし、この人事評価シートは適当に書くと損をします。そこで今回は、書き方のポイントや記入例とともに「人事評価シート」についてまとめています。

人事評価シートはまじめに書かないと損する?書き方のポイントや記入例紹介!のイメージ

目次

  1. 人事評価シートの書き方のポイントとは?
  2. 人事評価シートとは?
  3. 人事評価シートの書き方のポイントと記入例を職業別に紹介!
  4. 人事評価シートを評価する上司のコメントの記入例を職業別に紹介!
  5. 人事評価シートの書き方のポイント記入例のまとめ

人事評価シートの書き方のポイントとは?

出典: https://hatarakus.jp

企業で働いていると定期的に社員を評価する「人事考課」を行います。この人事考課では人事評価シートを使用しますが、この人事評価シートはまじめに書かないと損をするのでしょうか。そこで今回は、人事評価シートの書き方のポイントを解説していきます。

人事評価シートとは?

人事評価シートの概要

出典: https://www.ajs.co.jp

企業に勤めていると年に2回程「人事考課・人事評価」を行います。この人事考課などでは自己評価を提出することがほとんどであり、そのときに「人事評価シート」を使用します。この人事評価シートには、業務に関する項目がいくつか記載されており、その項目ごとに評価期間中の働きぶりを自分自身で評価します。

人事評価シートをまじめに書いた方が良い理由とは?

出典: https://www.ajs.co.jp

この人事評価シートは自分の評価に繋がるため、しっかりと書ことがおすすめです。現在勤めている会社をすぐに辞める予定がなければ、まじめに書くことが必須となります。評価項目に「情意評価」というものがあり、勤務態度などを評価しているため、まじめでない人事評価シートを提出すると、さらにマイナス評価を受けてしまいます。

人事評価シートはボーナスに関係してくる?「賞与査定」とは?

出典: https://www.ajs.co.jp

大半の企業は半年に1度、人事考課を行います。その理由はボーナス(賞与)の金額を決める判断材料に人事評価シートを使うからです。人事考課では直属の上司以外にも、役員や社長も評価に関わっています。そのため、まじめな書き方をしなければ、評価が落ちてボーナスが減る可能性も考えられます。

人事評価の目的を把握しよう

出典: https://www.ajs.co.jp

人事評価シートはボーナスの査定などのさまざまな評価を行うために利用されます。実際に同じような働きぶりや実績を残していても、人事評価シートの書き方で査定に差がつく可能性もゼロではありません。ここからは人事評価シートの目的を紹介していきます。

昇進や昇給の査定の参考になる

出典: https://www.kaonavi.jp

人事評価シートはボーナス査定と同様に、昇進や昇給を判断する材料としても活用します。頑張っている社員や実績を出している社員を適切に評価し、昇進や昇給させることで、社員のモチベーションも高まります。

人事異動の査定の参考になる

出典: https://www.ajs.co.jp

人事評価シートは、ボーナスや昇給の査定だけでなく、人事異動の参考資料にもなります。例えば、新しいプロジェクトチームを編成するときに、誰がふさわしいかを客観的に決める必要があります。このときに、人事評価シートのように、評価された社員の資料があれば、適切な人員配置も行えます。

人事評価シートの書き方のポイントと記入例を職業別に紹介!

職業別の記入例を参考にしよう

出典: https://www.ajs.co.jp

人事評価シートは自分の職種によって書き方が変わってきます。具体的にどのよう書き方をすれば良いのでしょうか。ここからは職業別の人事評価シートの記入例について説明していきます。

専門職の目標設定と自己評価の記入例

出典: https://japan.techrepublic.com

専門職の場合の目標設定は、その職種によって書く内容は大きく異なりますが、その分野で活躍・貢献することを求められています。そのため、人事評価シートの自己評価の記入例は「○○分野の技術開発において自社の生産効率を××%向上させることに貢献した。今後はより効率を高めることと、特許申請を○○件行いたい。」などです。

営業職の目標設定と自己評価の記入例

出典: https://www.hatalike.jp

営業職の場合は、具体的な実績・数値を表現できるため書きやすいものとなります。そのため、より具体性がある書き方が重要なポイントです。この場合の記入例は「今回は売上目標に対して○○%上回った。今後はより会社に貢献できるように、予算○○円を達成したい。」などです。

事務職の目標設定と自己評価の記入例

出典: https://www.staffservice.co.jp

最も人事評価シートを書きにくいといわれているのが「事務職」です。事務職の場合は営業職と違い、明確な目標がないことがほとんどです。そのため、目標設定を行うときは日々の業務の成果を数値化する必要があります。記入例としては「部署内の業務効率を改善し、前年より○○時間の短縮ができた。今後は効率化できる幅を広げたい。」などです。

総括やアピール欄がある場合は?

出典: https://www.ajs.co.jp

総括やアピール欄が設けられている場合は、目標を達成したか未達だったかどうかで書き方を変えます。目標を達成している場合は、要望などを通しやすくなるため、働いてみたい部署があれば希望を出すと良いです。未達だった場合は、反省のコメントを書くことがおすすめです。

アピール欄に書くのは失礼?

出典: https://www.ajs.co.jp

総括欄やアピール欄に自分の要望を書くことは、一部では「失礼」と思われることも少なくありません。よって、要望・希望があるときは会社に貢献しているときに書くことが重要なポイントとなります。

人事評価シートを評価する上司のコメントの記入例を職業別に紹介!

上司のコメントにも注目!

出典: https://www.ajs.co.jp

人事評価シートは被評価者のコメントだけでなく、評価者となる上司のコメントも必要です。働いている期間が長くなれば評価者になることもあるため、コメントの書き方にも要注意です。ここからは人事評価の上司コメントについて紹介していきます。

専門職のコメント記入例

出典: http://www.asahi-kasei-jobs.com

専門職のコメントはより明確にどのような働きをして欲しいかを記入します。社員の役割を指し示すように書くことがポイントです。また、技術以外にも社員の教育面やビジネスマンとしてのスキルも重要になってきます。評価のコメント記入例は「目標を達成しているため、今後も頑張ってほしい。自分だけでなくチームにも目を向けるように。」などです。

営業職のコメント記入例

出典: http://www.worqlip.jp

営業職の場合は実績が数値として目に見えやすいため、コメントも具体的な内容を書くことができます。コメントの記入例は「目標に大きく貢献したことは非常に評価できる。その結果を部署に共有し、次は部署の達成を目指してほしい。」などです。

事務職のコメント記入例

出典: https://www.staffservice.co.jp

事務職の人事評価シートのコメントは目標と同様に非常に書きにくいですが、コメントを書くときも目標と同じく、具体的な内容を書くことがポイントです。コメントの記入例は「各部署の目標達成に大きく貢献してくれた。今後は今以上に業務を効率化できるように情報収集してほしい。」などです。

人事評価シートへのコメントの書き方のポイントとは?

出典: https://www.ajs.co.jp

評価者として人事評価シートのコメントを書くときのポイントは、できるだけ具体的な内容を書くことです。人事評価シートは評価して終わりではなく、今後の働き方に良い影響があるように書く必要があります。

人事評価シートは社員の成長に必要不可欠

出典: https://www.ajs.co.jp

人事評価シートで社員を評価するだけでなく、適切なフィードバックを行うことで、社員の成長を促すことができます。そのため、評価する側・評価される側両方の書き方を知ることがおすすめです。

人事評価シートの書き方のポイント記入例のまとめ

出典: https://www.ajs.co.jp

今回は人事評価シートの書き方のポイントを紹介してきました。人事評価シートはボーナスや昇進などの査定の対象になるため、まじめに書かないと損をします。同じ実績を出していても人事評価シートの書き方で最終的な評価も変わるため、書き方に注意することが大切です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ