贈与税とは?いくらからかかるかなど条件や申告方法まで徹底解説!

贈与税とはあまり聞き慣れない言葉なので、具体的にいくらからかかるのかを把握している方は少ないです。また、贈与税では、課税内容が特徴的な事で難しく感じている様です。そこで今回は、贈与税とはいくらからかかるのかの条件を含め、申告方法までを解説しています。

贈与税とは?いくらからかかるかなど条件や申告方法まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 贈与税はいくらからかかるのか?申告方法とは?
  2. 贈与税とは?
  3. 贈与税はいつどんな時に申告するのか?
  4. 贈与税を申告する際の手順とは?
  5. 贈与税の税率や計算方法とは?
  6. 贈与税はいくらからかかるのか?申告方法とは?についてのまとめ

贈与税はいくらからかかるのか?申告方法とは?

出典: http://shellbear.com

贈与税とはあまり聞いた事ない方が多いのですが、実際に贈与税はいくらからかかるのかが気になります。相続税と贈与税は似た内容になっていて、これらの内容を把握しておく事が大切です。また、「贈与税はいくらからかかるのか?」といった疑問が重要になり、金額を知っておく事で節税効果を計る事が出来ます。そこで、贈与税発生する金額を解説し、申告方法も含めて紹介していきます。

Thumb生前贈与の贈与税は非課税になる!条件や手続き方法などまとめて紹介!

贈与税とは?

贈与税とは

出典: https://blog.stephouse.jp

贈与税とは、現金や土地などの所有財産を受け取る際に課せられる税金になります。財産を受け取った方には納税の義務があるので、贈与税の事を厳密に受贈税とも呼ばれます。あまり聞きなれない用語なのですが、贈与税が課せられるケースでは、親から子へ財産を贈与する際に聞く事となります。相続財産と言うと理解しやすいです。この贈与税は、受贈者自ら申告して納税する必要があるので、注意しましょう。

税法上の概念

出典: https://cdn.pixabay.com

税法上で、贈与の概念は、贈与者と受贈者の間で双方の合意がある場合には贈与として、贈与税がかかるとされています。つまり、受贈者が財産の受け取りの表明をしていない場合では税金はかからないという事です。例えば、子供の為に親が貯金をしている方です。この場合ではなぜ贈与税がかかっていないか?その理由としては、双方の合意がない状態だからだといえます。そして、個人間で贈与といった形ですので、法人格では贈与とはいいません。

贈与税はいくらからかかるのか?

出典: https://www.marketingdonut.co.uk

贈与税は実際にいくらからかかるのかを把握しておく事が重要です。贈与税は、原則年間110万円を超えると贈与税として財産に対して課税されます。この110万円は基礎控除額といいます。よって、1年間に贈与者から受贈者に1年間もらった110万円以下であれば贈与税はかからないという事になります。このいくらから贈与税がかかるのかを把握しておく事で焦らずに対処する事が可能です。大きすぎる金額の扱いには気をつける必要があります。

贈与税が発生する期間

出典: https://matome.response.jp

上述では、贈与税は1年間でいくらから発生するのかを解説しました。実際にいつから贈与税がかかるのかも把握しておく事が大切です。贈与税の対象期間は、毎年12月31日から1月1日になります。この対象期間を通して、贈与された金額が110万円を超えた場合では確定申告期間に申告をする必要が出てきます。ただ。注意すべき点が、贈与金額が「総額」だという事です。したがって、110万円以下で分割にしても無駄になってしまいます。

贈与税と相続税の違い

出典: http://haru01.com

贈与税と相続税は財産を贈与といった形で似たような内容となっていますが、全く違うので誤解しないようにしましょう。贈与税は譲与者が生前時にかかる税金です。反対に、相続税は被相続人が死亡した際、財産にかかる税金になります。贈与税と相続税の税率はそれぞれ違うので、財産相続では双方の税率を考慮している方が多いようです。渡す側と受け取る側、両方とも適切な方法でお金を納める必要があります。

相続税対策と贈与税の関係

出典: http://www.seikatsusyukanbyo.com

前述で解説したように、贈与税では基礎控除金額があると解説しました。将来の相続税を安くする為に、財産の贈与をする方はいますが、この場合に対処するために相続税対策があります。相続税対策とは、相続税と贈与税の税率を比較すると分かりますが、贈与税の税率の方が高く設定されています。財産を贈与する手段は税金対策として効果的ですが、この点を考慮しておかなければ、逆に損をしてしまう事になりかねないので、注意しましょう。

贈与税はいつどんな時に申告するのか?

贈与税は株式や不動産でも発生する

出典: https://www.mansion-review.jp

贈与税がかかるケースは現金だけではありません。実は、不動産や株式にもかかります。そして、借金を免除された場合にも贈与とみなされて、贈与税として課税される事がある。という事を把握しておく必要があります。では、一体どんなケースの場合、贈与税は発生しないのでしょうか?具体的にみていきましょう。

贈与税が発生しない財産

出典: https://tayoreru-gaiheki.com

どのような状態でも贈与とみなされる印象ですが、一方で、贈与税が発生しない場合と区別すべき内容もあります。それは、個人から受け取る見舞いや冠婚葬祭では贈与税は課せられません。これらは社会通念上認められている贈与です。また、親などの扶養義務者が生活費、教育費に充てるための財産も通常必要と認められる財産も贈与税がかからないという事も覚えておきましょう。教育に必要なお金は、一定の基準をもって守られています。

特殊な贈与がある

出典: https://japaneseclass.jp

一般的な贈与契約とは違い、特殊な贈与が有ります。それは、「定期贈与」「負担付贈与」「死因贈与」の3つです。定期贈与とは、定期的に一定金額の給付を実施する事です。この定期贈与は、贈与者あるいは、受贈者が死亡する事で契約の効力を失う事となります。次に、負担付贈与とは、贈与に負担が付いています。これはどういった事なのかというと、受贈者が財産を受ける代わりに一定の給付をするという形で契約されます。

出典: https://www.cheers.com.tw

最後に、死因贈与とは、「自分が死んだら○○さんに財産を渡す」といった契約内容となっています。これによって、贈与者が死亡した時から契約の効力が生じる贈与となるわけです。最近では、生前整理という言葉が一般化して死因贈与の契約を、元気なうちに整える高齢者の方が増えているようです。

書面によらない贈与

出典: http://onew-web.net

民法上の贈与では、贈与は双方の同意によって効力を発揮する契約の事をいうとあります。しかし、贈与は書面による贈与と書面によらない贈与があるという事を把握しておきましょう。なぜなら、民法上の贈与では、書面によらない贈与の場合には、当時者が取り消す事が出来るとされているからです。この理由を挙げると、贈与の場合では、無償で契約する事となるので、強い拘束力を持たないからです。

出典: https://prestige.smt.docomo.ne.jp

したがって、いつから贈与税が課せられるのかといった疑問が生じた場合では、贈与税は実際に譲り受けた際に、課せられるという事を把握しておくと、実際に贈与と至った場合には焦らずに対処する事が可能です。

贈与税の申告期限は?

出典: http://amatta.jp

贈与税が発生した際の対象期間とは12月31日から1月1日だという事を解説しました。贈与税の申告は、この対象期間の翌年2月1日から3月15日の期間に贈与税の申告をする必要があります。申告期間は確定申告の期限と同様なので、覚えやすいです。そして、贈与税の申告場所は、受贈者の住所を所轄する税務署で申告をする事となります。

贈与税の申告漏れをした場合は?

出典: https://www.drwallet.jp

贈与税の申告を必要としない方の申告漏れや、贈与税の申告忘れなど非常に多いのが実態です。では、贈与税を申告をしなかった場合ではどうなるのでしょうか。実際、このような場合ではペナルティが課せられるようです。ペナルティ内容としては、加算税、無申告加算税、過少申告加算税、重加算税、延滞税などケース別によって様々なペナルティがあります。税率としては、本来納付すべき贈与税に5~40%の間でペナルティがあるようです。

贈与税を申告する際の手順とは?

贈与税の申告に必要な書類や手順

出典: https://paraft.jp

贈与税の申告では、通常の申告書類や手順とは違う事で、申告が難しいと印象を抱いている方がいます。基本的には、申告に必要な書類を揃えて税務署に申請をするといった通常の申告方法は同様の流れとなっています。しかし、必要書類や手順が面倒といった事が言われているので、ここでは、申告に必要な書類や手順について順を追って解説していきます。

贈与税の申告に必要な書類とは?

出典: https://jcvisa.info

贈与税の申告に必要な書類は3つあります。贈与税の申告に必要な書類は「第一表:兼贈与税の額の計算明細書」「第一表の二:住宅取得等資金の非課税の計算明細書」「第二表:相続時清算課税の計算明細書」の3つが挙げられます。これら申告書以外に提出する添付書類については、重複する書類がある場合、重ねて提出する必要はありません。また、申告書一枚に記載出来る贈与者は制限があるので、人数も意識しておく事が大切です。

申告書の作成方法

出典: https://www.kazulog-hard.com

必要書類を揃えた後、次に把握しておくべき事は、「どこで申告書を作成するのか?」という事です。申告書の作成の際には、国税庁ホームページの「確定申告書作成コーナー」で申告書の作成が可能です。画面の案内に従い、書類を活用して金額等を入力すると作成できます。贈与税の申告の仕方は税務署に据え置かれている事や、国税庁のホームページにも掲載しているので参考にすると良いです。

申告書への添付内容

出典: https://gigazine.net

申告書には添付する書類があると解説しました。申告内容としては、4つあります。「贈与税の暦年課税の適用を受ける人」「相続時清算課税の適用を受ける人」「住宅取得等の非課税の適用を受ける人」「住宅取得資金の非課税と暦年課税を申告する人」の4つが挙げられます。これら申告内容を基準に添付書類を申告書に添付する必要があるので、間違いが無いように手続きを進めましょう。

贈与税申告書の書き方とは?

出典: http://boki-web.com

贈与税申告書の必要書類は3つあると解説しました。贈与税申告書はそれぞれ用途別に区別されている状態なのです。ぞれぞれの申告書の用途を解説しながら、特徴的で記入が困難な部分を抜き出して書き方を紹介していきます。

申告書第一表の書き方

出典: http://okane-shiritai.com

申告書第一表は贈与税の申告をする全ての人が必要になる申告書になります。申告書第一表では、個人の基本情報以外に記入が困難点が4つあります。それは、「相続財産の種類」「単価」「固定資産税評価額」「倍数」です。相続財産の種類とは、贈与を受けた財産の種類と細目によって、利用区分や銘柄などを記入する必要があります。次に単価なのですが、これは相続財産が不動産であれば、一平方メートル当たりの単価です。

出典: https://www.mansion-review.jp

もし、株式であれば、一株当たりの評価額を記入する事となります。固定資産評価額では、固定資産税評価額を基準に、評価する土地や家屋の固定資産評価額を記入します。そして最後に、倍数ですが、固定資産評価額を用いて、固定資産評価額に一定の倍率を掛ける際に必要な倍率を記入するという事です。

申告書第一表の二の書き方

出典: https://allabout.co.jp

申告書第一表の二は、住宅取得等資金の非課税の適用を受ける方が使用します。申告書第一表の二では、覚えておくべき点が4つあります。「非課税限度額」「非課税の適用を受ける金額」「非課税の適用を受ける合計額」「課税価格に算入される金額」の4つです。まず、非課税限度額は、契約の締結をして年月日と住宅の家屋に応じて非課税の限度額が定められています。種類や年月日によって金額は変動するので、確認を怠らないようにしましょう。

出典: https://biz.moneyforward.com

次に、非課税の適用を受ける金額ですが、非課税の適用範囲は定めがあるので、範囲を超えないように非課税の適用を受ける金額を記入する事となります。そして、非課税の適用を受ける合計額では、住宅取得等資金の非課税の適用を受ける合計額を記入する事となります。最後に、課税価格に算入される金額では、住宅取得等資金の合計額から非課税の適用を受ける金額を控除する計算をします。

申告書第二表の書き方

出典: https://www.happy-souzoku.jp

申告書第二表は、相続時清算課税の適用を受ける方が使用する事となります。申告書第二表では、申告書第一表と基本的に同様の記入内容となっていますが、一部違う点があります。それは、「過去の申告で控除した特別控除金額の合計額」です。この場合、項目の通り計算をする事なのです。しかし、記入の際に注意するべきなのが、住宅資金特別控除は特別控除金額に含まれないという事です。この点を頭に入れておいた状態で記入していきましょう。

贈与税の税率や計算方法とは?

税率はあげた人ともらった人の関係性において異なる

出典: https://menzine.jp

贈与税の税率は通常の税率とは違い、贈与者と受贈者の関係性によって税率は変化します。元をたどると、2015年までは一般贈与財産として税率は計算されていたのですが、2015年以降税率は特例贈与財産として税率は変化する事となったのです。したがって、現在は直系尊属(祖父母や父母)での区分で特例贈与財産として区分されています。また、20歳以上への贈与という事に関しての認識を持っておく事が大切です。

贈与税の具体的な計算方法を紹介!

出典: https://matome.naver.jp

贈与税は一般贈与財産と特例贈与財産として税率は変化するという事を解説しました。財産をあげた人と受けた人によって税率と計算は変化するので、それぞれの場合によって、これから贈与税の具体的な計算を紹介します。

一般贈与で計算の場合

出典: https://katsuta-tax.com

一般贈与の場合では、例えば、兄弟で贈与を実施する場合や、親から子供へ贈与をする際に、子供が未成年の場合などです。この場合の計算方法としては、国税庁の一般贈与用速算表を用いて、該当する課税価格を速算表に当てはめ、税率と控除額を計算する方法があります。具体的な例を挙げると、もし兄弟間で、600万円の贈与を受け、贈与から控除額が100万円だった場合では、600万円-100万円=500万円が課税価格です。

出典: http://grows-net.com

したがって、速算表に課税価格を500万円の場合で当てはめると、税率は30%で控除額は65万円になります。結果、500万円×30%-65万円=85万円が贈与税となります。

特例贈与で計算の場合

出典: https://www.mizuho-sc.com

特例贈与財産は、前述で解説でも解説した贈与を受けた年の1月1日において20歳以上の人の場合に当てはまります。例えば、祖父から孫へ贈与の場合や、父から子供へ贈与する場合です。特例贈与財産は「20歳以上」がキーワードです。この場合の計算方法として、国税庁の特例贈与財産用の速算表を用いる事となります。もし、上述の通り、600万円と控除額が100万円としての計算で、祖父から孫(20歳以上)の場合で解説します。

出典: https://studyhacker.net

この場合では、贈与額が600万円から控除額の100万円を控除すると、500万円が課税価格になります。この課税価格を特例贈与財産用の速算表に当てはめると、税率が20%で控除額が30万円になります。結果、500万円×20%-30万円=70万円が贈与税となります。

贈与税はいくらからかかるのか?申告方法とは?についてのまとめ

出典: https://seventenbishop.com

贈与税は贈与金額が110万円からかかるという事を解説しました。これに加えて、贈与税の特徴として一般贈与と特例贈与に区分されている状態によって税率は変動する事を把握しておかなければなりません。以上の贈与税の特徴を考慮して税金に対処する事が必須となります。今回の記事によって、今後の贈与税に対処する一助となれば幸いです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ