香典で金額三千円の場合の書き方は?漢数字や場合などまとめて解説!

香典を包む際、金額と書き方のマナーはとても気を遣います。漢数字も普段とは違う書き方をしますし、香典袋にも種類がたくさんあります。金額も三千円程度から数万円まで幅広く、悩んでしまう場合も。今回は金額三千円の場合を中心に、書き方やマナーを解説します。

香典で金額三千円の場合の書き方は?漢数字や場合などまとめて解説!のイメージ

目次

  1. 香典の書き方は難しくない!三千円の書き方を解説
  2. 香典のマナーを知ろう
  3. 香典を包む金額や三千円の場合の書き方
  4. 香典の漢数字の書き方とマナーとは?
  5. 香典の包み方を悩み別に解決
  6. 香典の金額三千円の場合の書き方や漢数字まとめ

香典の書き方は難しくない!三千円の書き方を解説

突然の不幸事があると、喪服や数珠の用意などにバタバタします。その中でも特に焦るのが香典ではないでしょうか。まず香典袋を用意するところから始まり、普段使わない筆ペンを使わなければなりません。金額もどのように決めればよいのか、自信がない方もおられるでしょう。また、漢数字もあまりなじみのない旧字体を使います。

敬遠しがちな香典袋ですが、マナーを知っておけばそれほど難しいものではありません。今回は金額三千円の場合を具体例として、香典の書き方や漢数字の書き方、その他マナーについて解説します。参考にして突然の事に備えてください。

Thumb香典のお札の向きは?お金の正しい入れ方や中袋なしの場合も解説!

香典のマナーを知ろう

まずは香典の基本的なマナーについてご紹介します。そもそも「香典」とは故人にお供えするもの全般を指しており、「香」は線香、「典」はお供えと言う意味を持っています。お通夜やお葬式の際に持参しますが、その際には必ず袱紗に入れてお持ちしましょう。

出典: https://www.fukusa.info

香典の金額は、三千円程度から数万円となる場合まで様々です。どのような場合でも三千円で良いわけではなく、これにもマナーがありますので、金額の決め方の目安については後ほどご説明します。また、金額を書く際に漢数字を使用しますが、旧字の漢数字を使うことにも理由があります。こちらについても後ほどご説明させていただきますので、参考になさってください。

香典袋の表書きの書き方

出典: https://nanairo.jp

水引の上に書かれる「御香典」「御霊前」「御仏(佛)前」などの事を「表書き」と言い、筆(もしくは筆ペン)で書かなければなりませんが、印刷されたものを使用することに問題はありません。香典袋に書かれる時の中で、一番大きい字で書きます。

香典袋の氏名の書き方

出典: https://gakumado.mynavi.jp

水引の下には会葬者の氏名を書きます。表書きの真下にくるように、フルネームを筆(筆ペン)で書きましょう。この時の字の大きさは表書きより一回り小さくなるように注意します。連名は3名までなら可とされています。この時、右側に目上の人の名前が来るように書いてください。3名を超える場合は中央に代表者の氏名を書き、その左下に「他一同」と書き添えましょう。

香典袋の中袋の書き方

出典: https://wishing-well.info

中袋の表側には金額を書き、裏側には住所・氏名を書きます。香典袋は基本的に筆もしくは筆ペンで書くべきものですが、中袋の裏側はサインペンやボールペンでも良いとされています。なぜなら住所の欄は小さく、筆で無理に書くと字が潰れてしまう可能性があるからです。住所は、遺族が後に香典返しを送る際などに使用するため、字が読めないと困らせてしまいます。遺族に負担をかけないように考えてみてください。

香典の渡し方

香典袋を渡す時のマナーについてご紹介します。冒頭でもご紹介した通り、香典はふくさに入れて持参し、お通夜やお葬式でお渡しします。お渡しする時はふくさから香典袋を出し、ふくさの上に重ねます。相手から見て正面になるように回し、「ご愁傷様です」などお悔やみの言葉を述べながらお渡ししましょう。「ご愁傷様です」の声は小さく、語尾は最後まで言い切らないほうが良いとも言われています。

Thumb叔父への香典の金額相場はどれくらい?親戚の場合の平均額を調査!

香典を包む金額や三千円の場合の書き方

香典の基本のマナーがわかったら、包む金額を決めて本格的に準備しなければなりません。金額の決定にも頭を悩ませるのではないでしょうか。香典の金額の決め方について紹介し、香典袋の書き方についても金額三千円の場合を具体例として解説したいと思います。

香典の金額を決めるのは故人との関係性

香典の金額は多いから喜ばれると言うわけではありません。三千円で妥当な場合もあれば、五万円以上包むべき場合もあります。金額は故人との関係性や、これまでの香典のやりとり、立場などによっておおよその相場が決まっています。相場を守って用意することが遺族の負担を減らすことにも繋がるので、マナーとして守った方が良いでしょう。

具体的には、両親の場合は五万円~十万円、親戚の場合は一万円~五万円、友人・会社関係の場合は五千円~一万円、それほど付き合いの深くない知人や近隣の方の場合は三千円~五千円程度の金額が相場です。それに加えて例えば会社関係で、自分の方が故人より立場が上であれば多めに一万円がマナーとなります。また、過去に香典をいただいたことがあれば、その時の金額から大きく離れると失礼になりますので、参考にする必要があります。

中袋の書き方

出典: http://www.tohansya.co.jp

先にご説明した通り、香典袋の中袋には金額を書きます。金額が三千円の場合の中袋の書き方はこのようになります。中袋の表面に金額(この場合なら三千円)、裏側に自分の住所と氏名を記入しましょう。表面の金額欄は、なるべく筆か筆ペンで記入してください。

「金」はつける?

出典: http://graphemica.com

金額を書く時の「金」は、ローマ数字で領収書などを書くときに使う「¥」と同じ役割を果たしています。役割とは、例えば「三千円」の前に「一万」などを書き足して「一万三千円」とするような不正をできなくするためです。その為、香典の金額を書く際にも頭に付けるのがマナーです。

「也」はつける?

出典: http://www.mizuhikiya.com

それに対して金額に「也」を付けるのは、「端数がない」を意味しています。「金三千円也」となっていたならば、「三千円ちょうどで、三千円未満の端数はありません」と言う意味になるのです。昔は円より小さい「銭」と言う単位があったので「也」を使っていましたが、現在では「銭」が無い為「也」も使われない場合が増えてきました。

「金額が十万円以上の高額な場合には付けなければならない」と言う考えや、「金額がどうであれお悔やみ事の場合には付けない」と言う考えもあり、絶対のルールがあるわけではありません。悩む場合は付けないのが無難と言えるのではないでしょうか。

Thumb香典を夫婦で出す場合は連名?書き方や金額相場のマナーを解説!

香典の漢数字の書き方とマナーとは?

香典袋にマナー違反があると、後々までマナー違反の証拠が残ってしまうため、お通夜やお葬式の場面でマナー違反をする以上に恥ずかしい思いをするかもしれません。マナーを守ったきちんとしたものをお渡ししたいところです。特に、普段の生活とは異なる部分がありますので、その点には特に注意しましょう。

縦書きの香典袋の書き方

中袋表面の金額は、基本的に縦書きにします。縦書きの場合、数字は漢数字を使い、漢数字の中でも旧字体のを使います。これにも不正を防ぐ役割があります。例えば通常の漢字で「二千円」と書いてあった場合、一本書き加えて「三千円」と簡単に書き換えることができてしまうと言うわけです。

出典: http://www.kigyoujitsumu.jp

上の一覧表のように書きます。三千円の場合は「金参阡圓」となります。これをすべて暗記する必要はありませんが、このようなルールがあると言うことを知っておくと、「いざ香典を用意するとなった時に普通の漢字を書いてしまい、後から恥をかく」…と言うリスクは少なくなるのではないでしょうか。

横書きの香典袋の書き方

出典: https://norikodiary.com

香典袋の中には、中袋に横書きの金額欄が書かれているものもあります。その場合は無理に漢数字を書く必要はありません。書き方としては「金3,000円」や「\3,000円」などが良いでしょう。

香典袋に中袋が無い場合の書き方

出典: http://www.mizuhikiya.com

香典袋を購入した際、中袋がない場合もあります。この場合、「なぜ付いていないんだろう」と不安に思ったり、わざわざ手持ちの白い封筒を用意する方もおられるかもしれません。でも、中袋を使うことによって、封筒が重なってしまうので、「不幸が重なる」を連想させるので縁起が悪いと、避ける考えもあるのです。その為、購入した香典袋に中袋が付いていなかったからと言って、わざわざ用意する必要はありません。

出典: https://the-right-manner.com

中袋が無い場合も、金額や住所氏名は記載しなければなりません。この場合は外袋の裏側に記入しましょう。書き方や漢数字のマナーは、中袋への書き方と同じで構いません。可能なら筆や筆ペンで。字が潰れそうならサインペンなどで遺族の方に読みやすいような書き方を心がけてください。

Thumb香典袋の書き方マナー!中袋なしの場合や包み方まで徹底解説!

香典の包み方を悩み別に解決

香典を用意する際、気になるのは文字の書き方だけではありません。香典袋の正しい選び方はご存知でしょうか?まずそもそも、香典袋と呼んでいるものは正式には「不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)」と言います。不祝儀袋の種類に「香典袋」があるのです。不祝儀袋の違いや意味を知って、正しく選べるようになりましょう。では、香典の包み方を悩み別に解決していきます。

香典袋の種類はどれを選べば良い?

不祝儀袋には「香典袋」のほかに、「御霊前」や「御仏(佛)前」などの種類があります。これらは主に宗派によって使い分けられています。宗派による使い分け方や、宗派が不明な場合の対応を含めて選び方をご説明します。

香典袋の種類・御香典

香典の基本的なマナーのお話でもご説明しましたが、「香典」は故人にお供えするもの全般を意味しています。その為、「御香典」の香典袋は、比較的オールマイティに使用できるものと考えて間違いありません。ただし、仏教に限りますので他の宗教では使えません。注意してください。

出典: https://fanbi.bcart.jp

書き方の注意点としては、薄墨を使うことです。不祝儀袋で薄墨を使う理由は、「涙が落ちて墨が薄くなってしまった」と言う意味が込められているからと言われています。ただし、表書きが印刷された不祝儀袋を使う場合、これが濃墨で書かれていれば、名前も合わせて濃墨でも構いません。どちらにせよ大人のマナーとして、一本は薄墨の筆ペンを用意しておくと良いでしょう。

香典袋の種類・御霊前

「御霊前」とは「故人の霊に供える金品」と言う意味です。仏教では一般的に、「人は亡くなると霊になり、四十九日を過ぎると成仏して仏となり極楽浄土へ行く」と考えられています。その為、「御霊前」は、故人が霊である通夜や葬儀の際に使う不祝儀袋になります。四十九日以降は使用しません。

出典: http://labo.wikidharma.org

ただし、例外があります。仏教の中でも浄土真宗や真宗、または曹洞宗などでは考えが異なっているのです。浄土真宗・真宗では、「人は亡くなったらすぐに仏になる」と考えられているので、霊の状態がありません。また、曹洞宗ではそもそも「浄土」と言う考えがなく、成仏する前の霊の状態も考えられていません。その為、これらの宗派では「御霊前」は使えません。

出典: https://www.e-sogi.com

また、「御霊前」はキリスト教式にも使うことができます。キリスト教式では線香を焚くことはないので、「御香典」は使用できませんし、「仏」になると言う考えはないので、この次にご紹介する「御仏(佛)前」も使用することができません。それに対して「御霊前」は宗教を超えて使用することができますので、覚えておくと役立つ時が来るかもしれません。

香典袋の種類・御仏(佛)前

「御仏(佛)前」は、「仏の前にお供えする金品」です。先ほどの御霊前の説明と合わせて考えると、一般的に仏教では四十九日以降の場合はこちらの「御仏(佛)前」を使用することがわかっていただけるのではないでしょうか。例外として、浄土真宗・真宗・曹洞宗などでは通夜、葬儀から「御仏(佛)前」を使用します。

香典袋の種類・お花料

先ほど「御霊前」がキリスト教式にも使用できるとご説明しましたが、キリスト教式にも専用の不祝儀袋が存在します。「お花料」やカトリックの場合には「御ミサ料」などです。プロテスタントの場合には「献花料」なども使われます。

どのような表書きの不祝儀袋を使う場合でも、蓮の花を印刷されたものを使用してはいけません。蓮の花は仏教の花ですので、キリスト教では忌み嫌われます。キリスト教式の不祝儀袋は、無地か百合の花が印刷されたもの、もしくは十字架が書かれたものを使用してください。また、水引もつけません。気を付けましょう。

水引の色はどうやって決める?

香典袋を選ぶ際、表書きのほかに気をつけなければならないのは、水引の色です。表書きのように宗派による使い分けがなされているわけではなく、水引は中に包む香典の金額によって使い分けられています。金額別に選ぶべき水引の色をご紹介します。

金額三千円の場合

水引が印刷されたものは、少し安っぽい印象があり、お渡しする相手に対して失礼になるのではないかと考える方もおられることでしょう。しかし、金額が三千円程度の場合に豪華な水引の香典袋を使用するのは、かえって失礼にあたります。金額が三千円程度の時には、水引が印刷された封筒がふさわしいと言えます。

金額五千円~三万円の場合

香典袋をはじめとする不祝儀袋において、黒白の水引は最も一般的な水引です。使われた経験をお持ちの方がほとんどではないでしょうか。中に包む金額としても、五千円~三万円程度の包まれることが多い金額で使用します。

金額三万円~五万円の場合

黒白の水引に比べて、双銀の水引は見た目に豪華です。その為中に包む金額も三万円~五万円と、比較的高額です。金額的に親戚関係の通夜・葬儀で使用することが多いかと思いますが、中でも関係が近い方のお悔やみ事の場合や、自分の方が年長者である場合に使用することになるでしょう。

金額五万円以上の場合

出典: https://kuon-yado.com

さらに金額が大きくなり、五万円を超える場合には、不祝儀袋もそれなりのものを使用します。豪華な袋と言うと祝儀袋を想像しがちですが、不祝儀袋にも美しいデザインのものが存在します。高額な香典を包む場合には、水引の本数が多く結びも豪華なもので、袋の素材にも高級和紙が使われているようなものがふさわしいでしょう。

香典袋へのお札の入れ方は?

出典: https://kuchikomy.jp

香典袋の準備が整ったらお金を入れましょう。この時、新札は「前もって準備していた」ように思われますのでマナー違反となります。かといってあまりにボロボロのお札を包むもの失礼に当たりますから、比較的綺麗な旧札か、新札に折り目を付けて使用します。

出典: https://www.osohshiki.jp

封筒へのお札の入れる向きには諸説あり、明確なルールはありません。基本的には中袋を裏側から開けた時に、お札の表が見えるようにします。上下の向きは、肖像が下を向くように入れるのが一般的です。中袋が無い場合も同じように、封筒を表側にお札の裏側が向いているように入れてください。

Thumb香典袋の種類と選び方は?通夜・葬式・四十九日・法事別に解説!

香典の金額三千円の場合の書き方や漢数字まとめ

三千円程度~数万円までと幅広い香典の金額の決め方や、三千円の場合を例にとって封筒の書き方などについてご説明してきました。筆で書くことや旧字の漢数字を使うなど、慣れないこともたくさんありますが、一つ一つクリアしていけばそれほど難しい事ではありません。突然やってくる不幸事の際には是非落ち着いて、その時にふさわしい金額や封筒を選んでください。

Thumb香典に偶数の金額がダメな理由は?知っておきたいお金のマナー!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ