ネイリスト検定1級の内容とは?合格に必要なテクニックや対策方法紹介!

女性に人気のある職業「ネイリスト」の検定試験において、最も難易度の高い検定1級ですが、その内容とはどのようなものなのでしょうか。そこで今回は、合格に必要なテクニックや対策方法とともに「ネイリスト検定1級の内容」についてまとめています。

ネイリスト検定1級の内容とは?合格に必要なテクニックや対策方法紹介!のイメージ

目次

  1. ネイリスト検定1級の試験内容や対策方法を紹介!
  2. ネイリスト検定1級の試験内容や対策方法を紹介! ネイリスト検定1級の試験内容とは?
  3. ネイリスト検定1級合格率や難易度は?
  4. ネイリスト検定1級の実技試験の採点基準とは?
  5. ネイリスト検定1級の実技試験の時間配分の例
  6. ネイリスト検定1級の試験対策
  7. ネイリスト検定1級に合格するポイント
  8. ネイリスト検定1級の試験内容や対策方法のまとめ

ネイリスト検定1級の試験内容や対策方法を紹介!

出典: https://www.k-two.sc

個人で開業をしたり美容院に併設するサロンがあったりと、ネイリストは増加傾向にあり、非常に人気の職業となっています。そして、ネイリストになる上で欠かせないものがネイリスト検定で、なかでも検定1級は多くの人が憧れる資格になります。そこで今回は、ネイリスト検定1級の筆記・実技の問題内容や対策について解説していきます。

Thumbネイリスト検定2級の流れとは?手順やテクニック・合格に必要な準備まとめ!

ネイリスト検定1級の試験内容や対策方法を紹介! ネイリスト検定1級の試験内容とは?

筆記試験の例題

出典: https://item.mercari.com

ネイリスト検定1級の試験には、筆記と実技がどちらも実施されます。まず、筆記試験の内容について触れていきます。検定1級の筆記試験は全部で100問あり、問題の内容としては穴埋め問題が主で、ネイルのことだけでなく人間の身体についての内容も含まれているため、難易度は高いものとなっています。

幅広い知識が求められる

出典: https://www.tanomana.com

ネイリスト検定1級の筆記試験における内容の一部として、人間の血液の循環に関する問題も出題されます。そのため、血小板やリンパなどが穴埋めで出題されており、幅広い知識が検定1級には必要となります。筆記試験は100問あるため、素早い回答も求められ、考えている暇もあまりありません。

テクニックと集中力が必要とされる実技試験

出典: https://www.dclog.jp

ネイリスト検定1級の筆記試験とともに、もう一つ行われる非常に大事な試験が実技です。ネイリスト検定1級の実技試験はとても難易度が高く、ネイリスト検定のなかでも最高レベルに位置します。実技試験は時間にして2時間半にわたって実施されるため、集中力も求められますし、合格するには勿論のこと高度なテクニックも必要となります。

実技試験の内容は?

出典: https://www.tanomana.com

気になるネイリスト検定1級の実技試験内容ですが、右手5本のスカルプチュアネイルと、左手の中指と薬指に行うチップアンドオーバーレイ、さらにネイルアートも行います。ネイルアートに関して、内容・テーマはその年によって異なりますが、一例としては2014年に実施された実技試験のネイルアート内容はクリスマスをテーマにして実施されました。

Thumbネイリストの給料は安い?平均収入や歩合・独立の場合など紹介!

ネイリスト検定1級合格率や難易度は?

ネイリスト検定1級の受験資格とは?

出典: https://jmty.jp

ネイリスト検定1級の受験資格に関してですが、実は誰でも受けれるものではありません。ネイリスト検定には、級を飛び越えて試験を受験することが出来ないルールが定まっているため、ネイリスト検定2級の資格を所持しておく必要があります。

同時に試験を受けることは可能?

出典: https://runda-kirei.jp

上記にあるように、ネイリスト検定1級を受けるにはネイリスト検定2級に合格をしておく必要があるため、検定3級にも合格をしていなければ1級は当然受験できないということになります。そこで、同時に2級と1級を受験することはできるのかと考える人もいますが、ネイリスト検定は一つずつ受けて合格をする必要があるため、同時受験も不可となります。

合格率は約37%

出典: http://shikaku-toru.com

ネイリスト検定1級の気になる合格率ですが、およそ37%という低い数字になっています。つまり、三人に一人が合格できるという極めて狭き門です。参考としては、検定2級や3級であればもう少し合格率も高くなり、ネイリスト検定2級はおよそ40%で、ネイリスト検定3級はおよそ84%が合格します。レベルが上がると当然のごとく合格率も低くなります。

合格点はきちんと決められている

出典: https://item.mercari.com

ネイリスト検定は受験した人の中から点数の高い上位数名が合格するというものではなく、きちんと合格点が決められています。ネイリスト検定1級の合格点は各50点満点で、筆記が40点以上で実技が38点以上になります。これは非常に高い数値・ハードルであり、問題の内容も難しいため、結果として検定1級の合格者も少なくなってしまいます。

取得することでのメリット

出典: https://feliz.jpn.com

ネイリスト検定1級が難しい試験内容であることがわかったところで、なぜ多くの人が憧れているのかを探るために資格を取得した際のメリットを挙げていきます。まず第一に言えることは、就職に関してネイリスト検定1級を持っていることは大きな武器となり、ネイルサロンに勤務する上での採用される確率も非常に高くなります。

採用に制限をかけているサロンも多い

出典: https://relax-job.com

全てのネイルサロンがそうではありませんが、一流とされるネイルサロンではネイリスト検定1級を所持していることが応募資格となっているケースも少なくありません。そのため、ネイリストとして高みを目指すには検定1級の合格は必須になります。給与にも将来的には反映されるため、ネイリスト検定1級の合格はメリットが多いと言えます。

ネイリスト検定1級の実技試験の採点基準とは?

表面について

出典: https://www.nailist-jobs.jp

次はネイリスト検定1級の実技試験の内容と同じく重要な実技の採点基準について触れていきます。まず、やはりネイルの表面に関しては細かくチェックがなされ、光沢具合や気泡の状態をチェックされます。気泡があると表面が凸凹になり綺麗に見えないため、全く気泡がない状態が求められています。

甘皮部分もチェックが入る

出典: https://nail-career.com

そして、キューティクル部分と呼ばれる通称甘皮部分も実技試験では採点基準としてチェックが入ります。ここにネイルを施した上で段差ができて高さが違っていると、採点ではマイナスの評価をつけられてしまいます。そのため、表面を仕上げるときには甘皮部分の綺麗さも意識する必要があります。

チップの状態について

出典: https://sdcnail.thebase.in

そして採点基準としてチップの状態も重要なポイントです。チップとは付け爪のことで、付け爪を仕上げる上でも先ほどの表面と同様に気泡が入っていないかが採点基準として厳しく見られます。そして、チップの形は全部同じになっていなければマイナス評価となってしまいますので、こちらにも細心の注意が必要になります。

チップは長さにも注意が必要

出典: https://minne.com

チップは形だけでなく長さにも注意が必要になります。長さが不揃いのチップは実際にそれぞれの指に付けた時、美しさが損なわれてしまいます。この点も採点基準として見られるため、指の爪の長さよりも長めに残しておき、綺麗に見えるように、実際に付けた時に調整をして最終的に長さを揃えます。

スタイリングについて

出典: http://www.tna-tna.com

見た目に大きく関わるスタイリングは、実技試験の採点の中でも厳しくチェックがされます。まず、爪の横部分がまっすぐであることが大前提になります。そして、規定の長さ以内で仕上がっていることも条件の一つです。全ての方向から見て、形が綺麗に整っていなければ減点対象となります。

カーブ具合も重要な採点基準

出典: http://cenbless.com

そして、実技試験でのスタイリングにおいて、Cカーブの具合も重要な採点基準になります。綺麗なCカーブはもちろんのこと、それ以外では厚みに関してもチェックが入ります。全ての指のCカーブと厚み、そして長さを揃えることはネイリスト検定1級の実技試験において大きなポイントになります。

アートについて

出典: https://8hana8.crayonsite.net

アートに関しても採点基準として重要な要素となり、ネイリスト検定1級の試験を受ける時期や年によってテーマは変わります。上記でもあったように、2014年にはクリスマスのアートが指定されましたが、どのような課題のアートであったとしても高いデザイン性が求められることは、どの年においても変わらないことになります。

ポイントを押さえておこう

出典: http://nailforall.com

実技試験でアートを行う上で、大事なことは描く範囲です。メインとなる部分は2センチ以内という決まりがあり、それを超えてしまうと減点対象になります。さらに、アートを行う上で使っている色の数にも採点基準があり、全部で3色以上を使ってアートを完成させている方が評価は高くなります。

ネイリスト検定1級の実技試験の時間配分の例

3~55分経過段階

出典: https://bi-love.net

ネイリスト検定1級の実技試験は、実施時間が2時間半と決まっています。その中でどのように時間を使うかは個人の自由になりますが、目安となる時間配分のおすすめをお伝えしておきます。まず、3分を過ぎたあたりでは、爪やすりを使って指定されている指の爪を綺麗に完了させておく必要があります。

効率良く作業することが求められる

出典: http://cenbless.com

そして、プレプライマーも塗って下処理をしたら、指定されている左手の2本の指にチップを付けます。しっかりと付くまでに時間を要する場合がありますので、その時は逆手の爪にも左手と同様に下処理を行っておくと、後々の作業をスムーズに進めることができます。

25分までに長さなども揃える

出典: http://nwirun.blog112.fc2.com

25分経過時点で、左手2本の指には見た目をよくするためにアプレイシブを行っておきます。そして、爪を長く見せるために使うミクスチュアという作業を行っておくと、後々の作業をさらにスムーズに進めることができます。この時、一つごとの作業は素早く行う必要がありますので、丁寧さとともに早さを意識することが重要です。

右手も綺麗に仕上げておく

出典: http://fanblogs.jp

そして、55分が経過する頃には左手の2本の指も、右手の全ての指もアプレイシブを完了させておき、滑らかにしておくことでそれ以降の作業もしやすくなります。この際にも、実技試験の採点基準でもある形や表面の気泡に関しては細心の注意を払っておき、さまざまな角度から見ても綺麗に仕上がっていることを忘れないように心掛けます。

85~150分経過段階

出典: http://cenbless.com

85分経過した時点では、ウォッシャブルファイルを全ての指に行っておき、爪の厚みをきちんと整えます。この時のポイントとしては、一本ずつ爪を整えるのではなく、全ての指の爪を同時に整えることがポイントです。一つずつ処理してしまうと、それぞれのバランスが悪くなり整えるのが難しくなります。

修正を入れられる時間を残そう

出典: http://cs-nail.com

忘れてはならないことは、ネイリスト検定1級の実技にはアートがあることです。アートにはどうしても時間を要しますので、それ以外の作業をいかに早く済ませるかがカギになります。そして、最終的に仕上がった爪の確認時間も必要なので、修正が入ることも見越して余裕を持って時間配分することが大切になります。

あとは合格発表を待つのみ

出典: https://blog.goo.ne.jp

時間配分もうまくでき、無事ネイリスト検定1級の実技試験を終えたならば、あとは合格発表を待つだけです。上記にもあったように、ネイリスト検定1級の実技は38点以上を獲得しなければ合格ラインには達しませんので、非常に難易度の高い試験と言えます。検定1級の合否を知る方法は2パターンあります。

webか郵送でチェックができる

出典: https://blog.goo.ne.jp

ネイリスト検定1級の合否に関しては、JNECのホームページにて受験番号などを入力すると結果が分かるようになっています。もしくは、試験からおよそ1ヶ月後に、自宅へ郵送で合否の通知が届きますので、そちらでも確認することが可能です。現在ではwebで合否を調べる方がほとんどで、合格していると1級認定書が届きます。

ネイリスト検定1級の試験対策

半年~3ヶ月前にしておくべきこと

出典: https://tokoname.mallkyujin.jp

ネイリスト検定1級の試験を半年前に控えている場合は、まず試験について色々と調査をすることが大切です。筆記問題を中心に過去問題などを調べて勉強をしておき、暗記をするというよりは体に染み込ませるイメージがおすすめです。筆記試験の勉強は早めにしておいた方が確実に良いです。

実技のことも調べておこう

出典: https://cin-cia.com

筆記だけでなく、実技に関してもきちんと対策として調べておく必要があります。どのような内容となっているのかを学んでおくことで、それまでに必要なテクニックを習得することができますし、半年から三ヶ月前であれば準備期間としては余裕を持つこともできます。その間、筆記においても同時進行で対策していきます。

2ヶ月前にしておくべきこと

出典: https://iac-academy.com

2ヶ月前になってくると、筆記よりも実技をメインに練習を進めておく方が良いです。ネイリスト検定1級の試験では、様々なテクニックが必要になるため、テクニック習得のためにも早めに動き出しておいた方が良いと言えます。さらに、実技で苦手な部分を洗い出しておくことも重要なポイントです。

レッスンに通うことも大切

出典: https://shingaku.mynavi.jp

そして、自分だけでテクニックの練習などを行うにも限界がありますので、多くの方は試験の2ヶ月前くらいになるとスクールに通いテクニックを学びます。勿論のこと、基本的なテクニックも1級の試験には必要となりますので、基礎となる部分からもう一度学ぶということも、高度な試験の合格には不可欠となります。

1ヶ月前にしておくべきこと

出典: https://nailsalon-airish.com

試験の2ヶ月前から基礎テクニックを学んだら、1ヶ月前からは応用編としてアートを勉強する必要があります。ネイリスト検定1級の実技ではアートネイルが入ってきますので、もし自信がない方は1ヶ月前と言わず、もう少し早めにレッスンに通っても良いです。アートの基本となるテクニックから学ぶことが大切です。

自主練も当然大事になってくる

出典: https://ameblo.jp

ネイリスト検定1級を受けるということは、3級と2級に合格していることを意味します。講師もそれを踏まえた上で、理解をしているという認識のもと進める可能性がありますので、分からないことは恥ずかしがらず質問をするようにします。そして、学んだことを自宅でも良いので自主練することがさらなる成長へと繋がります。

1週間~前日にしておくべきこと

出典: https://blog.goo.ne.jp

ここまで実技のテクニックの様々な対策をスクールに通って行ってきましたが、大事になるのは自分自身の対策だけではありません。ネイリスト検定1級の実技にはモデルとなってもらう人を用意する必要があります。モデル選びに関しては、1週間前ではなく3週間前くらいから行っておくことをおすすめします。

モデルの手を使っての練習で試験対策

出典: http://cin-cia.jp

この時期になってきたら、実際にモデルの手を使って試験対策を行うのが理想的です。試験本番を想定して、何度も練習をすることが良好な対策に繋がります。練習に付き合ってくれる仲の良い友達、もしくは職場の同僚に頼む方も少なくありません。出来るだけ爪の形に癖のない人を選んだ方が扱いやすいと言えます。

当日にしておくべきこと

出典: http://news.livedoor.com

そして、いよいよネイリスト検定1級の試験当日です。当日は出来るだけリラックスをするために、早めに起床をしておいた方が良いです。いつもの準備開始時間よりも早めに起床をしてさまざまな準備をし、余裕を持って試験会場に向かいます。当たり前の話ですが、忘れ物のないように必ずチェックも行います。

今までの練習成果を発揮するだけ

出典: http://www.koide.ac.jp

そして、残すは実技も筆記も今までの成果を存分に発揮するのみです。実技の時間配分は自由に設定できますが、あまりにもマイペースすぎると時間内に思っていたような進め方が出来ない可能性もあります。勿論のこと、試験本番は緊張もします。最後の修正も行うことが大切なので、早めの設定で作業を進めていくことが重要なポイントになります。

準備物は何が必要?

出典: http://cenbless.com

ネイリスト検定試験は、受けるクラスによって準備物も異なってきます。そのため、前回にネイリスト検定2級を受けた人で今回1級を受ける場合は、持ち物も変わってきますので注意が必要です。用意しておく持ち物としては、ファイル・チップ仕込み・フォームカット・シャイナーなどが挙げられます。

忘れた場合の貸し借りは厳禁

出典: http://cenbless.com

そして、もし試験当日に道具を忘れてしまった場合ですが、貸し借りは厳禁となっています。仮に試験中に貸し借りが発覚した場合は失格となり、必然的に不合格になってしまいます。そうならないためにも、前日にはきちんと全て揃っているかを念入りに確認しておき、当日も出発前に再度確認することが大事になります。

モデルの手のケアも大事

出典: https://www.news2u.net

ネイリスト検定において、自分のテクニックや知識だけでなく、実技を共に受けてくれるハンドモデルの方の手のケアも実は非常に重要となります。綺麗な手の方がネイルの見栄えも良くなりますので、上記にもあったように、前もって綺麗な手と爪をした友人などに依頼をしておく必要があります。

爪だけでなく乾燥なども気にする

出典: http://handmodel.jp

どうしても意識が爪にいってしまいますが、ハンドモデルには遅くても1ヶ月前には保湿ケアなどを行ってもらうことが大切です。もし、爪自体に亀裂などが入ってしまっている場合は修復が必要になりますので、練習も兼ねて会う回数を増やしておくことも、試験の前には必須のポイントとなります。

爪にも専用の美容液を塗る

出典: http://moconail.jugem.jp

手の保湿ももちろん大切ですが、試験までは爪自体に美容液を塗り綺麗に保っておくことも徹底してもらっておいた方が良いです。さらに、ジェルでコーティングをすることで爪が折れにくくなりますので、毎回練習を行った後はジェルコーティングすることを忘れないようにします。

水でのケアも必要

出典: https://ameblo.jp

実は、手を綺麗に保つには水でのケアも必要となります。水といっても理想はぬるま湯で、練習後にぬるま湯に爪部分をつけておくことで、数分経つと爪部分の角質が浮き出てきます。その角質をしっかりと取り除く作業を繰り返すことで、爪はみるみる綺麗になるため、これらも必要不可欠な準備でありケアとなります。

ネイリスト検定1級に合格するポイント

そろえることを常に意識する

出典: http://free-coco.jugem.jp

ネイリスト検定1級が難しい試験であることは既に理解できましたが、やはり大事なことは合格するポイントを押さえておくことです。さまざまなポイントを把握しておくことは対策にもなりますし、合格への近道にもなります。その中において、爪の形をそろえるということは実技試験において非常に重要となります。

形や長さはそろっていた方が綺麗

出典: http://free-coco.jugem.jp

当然ではありますが、爪の形や長さは全てそろっている方が見栄えも良くなります。角部分も同じような形のカーブを描けているか、そして、Cカーブは全部の爪が綺麗に曲がっているかが重要にもなりますので、どの工程においても「そろえる」ということを一つのテーマにしておくことがポイントとなります。

姿勢を正す努力をする

出典: https://monstar.ch

ネイリスト検定1級に合格するためには、高い技術はもちろん必要となりますが、他にも大事なポイントが存在します。意外なポイントでもありますが、それは姿勢です。実は、姿勢を正すということは非常に重要なことで、1級の実技試験ではテクニックだけでなく、ケアをしている姿勢も見られています。

正しい姿勢で行うと評価に繋がる

出典: https://monstar.ch

意識をしすぎると不自然になりますので、いかに日頃の練習中に姿勢を意識しているかが問われる部分になります。対策として、試験を受けるまでに基本姿勢で行う癖をつけておくようにし、自分流のやり方は試験では出さないようにすることが求められます。さまざまな講師の姿勢を見て学ぶこともおすすめです。

対応力と集中力をつける

出典: https://www.kenkou-job.com

集中力は間違いなく必要な部分で、ネイリスト検定1級の実技試験は2時間半と長時間に及びます。そのため、集中力がなければミスが多発する可能性もありえます。ミスが多発することで、形や長さなどを揃えなければいけない点においても、何度も修正する羽目になり、時間ばかり過ぎて無駄な工程が多くなってしまいます。

ミスを取り返す対応力も大事

出典: https://www.kenkou-job.com

実技試験では、どれだけ練習をして試験対策を行ってきたとしても、温度・湿度など、試験会場の環境の違いでネイルの乾き方も変わってきます。そういった普段との違いからミスを引き起こすこともありますので、どのような事態に陥ったとしてもすぐに対処できる対応力も必要になります。

減点対象を改めて把握する

出典: https://hirama-biyou.com

ネイリスト検定1級を合格するためには、不合格に繋がる要素を把握しておくことも大切になります。これも、試験合格のための重要な対策でもあります。今は便利な時代ですので、ネット上には減点対象になるポイントを挙げてくれているサイトも多くあります。事前に目を通しておくだけでも結果は大きく変わります。

事前にポイントを押さえて対策を

出典: https://p-dress.jp

苦手なテクニックが実技試験に出題される可能性が高く、それが減点対象となっているのであれば、対策として事前に入念に練習をしておく必要があります。得意なテクニックを伸ばすことも大切ですが、試験では対策として苦手なテクニックとなる部分をいかに潰しておくかも重要なポイントになります。

モデル選びも重要

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

そして、上記と重なりますが、ネイリスト検定1級の試験において、自分のテクニックはもちろんですが、モデル選びも重要なポイントになります。実技試験に連れて行けるモデルは自分で選ぶことができ、選び方としては爪の形が重要になります。そして、手の保湿が十分にされていることも大切なポイントです。

扱いやすい爪をしていることは大事

出典: https://www.dclog.jp

爪の形が特徴的な人の場合、付け爪をするにしてもなかなか綺麗に形を整えられないケースがあります。見栄えは実技試験では大きく影響してきますので、手が綺麗な人の方が確実に良いと言えます。モデルとなる人には、試験の数週間前からしっかりとケアをしておいてもらうことが必須であり、協力してもらうことが必要不可欠となります。

肌の白さも重要になる

出典: https://www.groupon.jp

ネイルを実際に塗って完成をした時に、明らかに見た目の第一印象が良いのは白い肌になります。そのため、ハンドモデルを選ぶ際にはできるだけ白い肌をした友人、あるいは同僚に頼んだ方が、ネイルも際立って綺麗に見えます。

ネイリスト検定1級の試験内容や対策方法のまとめ

出典: https://www.tanomana.com

ネイリスト検定1級は非常に難易度の高い試験になりますが、取得をしておくとネイリストとして将来的に必ず役に立ちます。そのためのテクニックの練習はもちろん、試験に向けての対策や合格するためのポイントも押さえておき、余裕を持って準備をしておくことが試験を受ける上で大切な姿勢となります。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ