株式投資におすすめの本17選!これから始める初心者にもわかりやすい!

資本主義において経済面の豊かさは非常に重要となりますが、その手段の一つとして株に挑戦する人も多くいます。学びとしてのおすすめ本はどのようなものがあるのでしょうか。そこで今回はこれから始める初心者にもわかりやすい「株式投資におすすめの本17選」をまとめています。

株式投資におすすめの本17選!これから始める初心者にもわかりやすい!のイメージ

目次

  1. 株式投資でわかりやすいおすすめの本を紹介!
  2. 株の初心者におすすめの入門編の本
  3. 株のファンダメンタルズ分析が学べる本
  4. 株のテクニカル分析が学べる本
  5. 株のトレードスタイルが学べる本
  6. 株のメンタル・思想・相場観が学べる本
  7. 株式投資に役立つ殿堂入りの本
  8. 株式投資でわかりやすいおすすめの本17選のまとめ

株式投資でわかりやすいおすすめの本を紹介!

出典: https://fukugyou-academy.com

株で最も必要なことは「勉強」です。株式投資で安定して稼ぐためには知識と経験が必須です。多くのことを経験するためには継続する必要があり、継続するためには利益を出す必要があります。そこで確実に利益を出すためには、まず本を読んで知識をつけることがおすすめです。そこで今回は、株式投資におすすめな本について解説していきます。

株の初心者におすすめの入門編の本

まずは本を読んで全体を掴むことがおすすめ

出典: https://toushi-kyouyou.com

株式投資の勉強を行うには本を読むことがおすすめです。初心者は特に何も知識がない状態で株式投資を行うと失敗する可能性が高いため、具体的な行動を移す前にわかりやすい入門本を読むことが必要です。初心者用の入門本を読むことで株式投資の全体像を掴むことができます。

初心者でもわかりやすい入門本とは?

出典: http://yukihiro.hatenablog.com

初心者は株式投資の基本を理解する必要があります。しかし、株式投資の項目は幅広いため、初心者用のわかりやすい入門本を選ぶことがおすすめです。ここからは初心者でもわかりやすいおすすめの入門本を挙げていきます。

株の最低限の知識が学べる「いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版」

出典: http://kabu-shiki.net

株式投資を始めるときに、まず読んでおきたい本は「いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版」です。株式投資を行う上で最低限知っておかなければならないことが一冊に凝縮されています。初心者は全体像を掴むために使えますが、上級者でも基本を見直したいときに使えます。入門書としてわかりやすい内容であり、非常におすすめな本のひとつです。

「いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版」のおすすめポイント

出典: https://toushiro2017.com

株で失敗する人の大半は「根拠がない感覚」で取引を行っています。まずは初心者用の本で基本事項を学ぶ必要があります。「いちばんカンタン!株の超入門書」では、株式投資の大事なところだけをまとめています。株式投資の初心者以外でも重要なポイントを見直せるため、誰でも1冊持っておくと有効です。

投資情報誌が出している「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版」

出典: http://kabu-shiki.net

初心者でもこれから株式投資を本格的に取り組んでいきたい人には、「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門」がおすすめです。この本は、投資情報誌ダイヤモンドZAiの編集部が作った株式投資の入門書であり、初歩的な内容から専門的な内容も一部含まれており、わかりやすいと評判です。

「ZAiが作った株入門 」のおすすめポイント

出典: https://fukugyou-academy.com

「株って何?」というレベルに人でも利用することができ、事例も詳しいため実践的な戦略の参考にもなります。この本の特徴はオールカラーであり、図やイラストが多く初心者にもわかりやすい作りになっていることです。「株式投資」と聞くと、どうしても難しいイメージを持ってしまいますが、易しい解説つきで挑戦するハードルが低い本です。

マンガ形式でわかりやすい!「マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾」

出典: http://kabu-shiki.net

株式投資のハードルをさらに低くした本が「マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾」です。先述のダイヤモンドZAiで連載されているマンガであり、わかりやすい内容でおすすめです。注意点は、わかりやすい内容を意識しているため、少し専門性や応用に欠ける点です。

「マンガでわかる株式投資」のおすすめポイント

出典: https://review.rakuten.co.jp

この本はこれから株式投資を始めるときの取り組みのハードルを下げる効果があります。そのため、最初にこの入門本を読むことで他の本を読んだときの理解度が高くなります。また、マンガで簡単に読める内容になり、初心者以外も楽しめるためおすすめです。

短期間で基礎が学べる「たった7日で株とチャートの達人になる」

出典: http://kabu-shiki.net

株式投資を実践するときに重要になるポイントは「チャート」の読み取りです。この「たった7日で株とチャートの達人になる」は時間があれば1週間でチャートのノウハウを理解することが可能です。チャート以外にも株式投資の基礎を押さえることができる入門本であり、実用的な応用まで対応しています。

「たった7日で株とチャートの達人になる」のおすすめポイント

出典: https://review.rakuten.co.jp

この本は知識がゼロの状態でも取り組める入門本です。また、オールカラーであり、見やすく初心者にもわかりやすい構成になっています。入門本ですがチャートの詳細までしっかり学べる内容になっているため、チャートに課題がある人は必見の本です。

基礎を理解することがおすすめ

出典: http://yukihiro.hatenablog.com

初心者用の入門本は基礎的な内容が多く含まれています。「基礎」は「簡単」という意味ではなく「重要」と捉え、しっかりと理解することが大切です。株式投資に慣れたとしても辞書のように使う人は多くいるため、しっかりと選ぶことがおすすめです。自分に最適なわかりやすい入門本を1冊持っていることで、初心者の不安を取り除くことができます。

繰り返し使えるおすすめ入門書を選ぼう

出典: http://www.wakatta-blog.com

株式投資の本は、自分の知識や経験のレベルによって感じ方が異なります。知識がつけば難しいと感じていた本も読めるようになります。上級者でも入門書を読むことで学べることは多くあります。入門書を侮ることなく、繰り返し使えるものを選ぶのがおすすめです。

Thumb株の基礎用語集!投資初心者向けの知っておきたいワードを解説!

株のファンダメンタルズ分析が学べる本

「ファンダメンタル分析」は必ず必要になる知識

出典: https://income-life.jimdo.com

株式投資を具体的に実践するときには、感覚で投資を行うのではなく根拠がある分析を行う必要があります。「ファンダメンタル分析」は株式投資の基本的な手法であり、必ず必要になる知識です。ファンダメンタル分析とは過去と現在の状況を分析して業績予想することです。

おすすめのファンダメンタル分析の本とは?

出典: https://east-fx.com

ファンダメンタル分析を徹底することで、株式投資の方法に根拠が生まれるため、より安定して稼ぐことが可能です。初心者の方も入門書の後は、具体的な分析の手法を学ぶ必要があります。ここからはおすすめのファンダメンタル分析の本を紹介していきます。

初心者でもわかりやすい内容の「株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書」

出典: http://kabu-shiki.net

この「株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書」という本は株式投資業界の中では非常に有名であり、書店に並んでいることも多いです。厳格な見た目とは裏腹に、内容はシンプルでわかりやすいと評判です。ファンダメンタル分析は株式投資の必須事項になるため、課題を感じている人は必見です。

「ファンダメンタル投資の教科書」のおすすめポイント

出典: https://www.amazon.co.jp

著者は公認会計士や個人投資家で、実践した経験をもとに内容が構成されています。株式投資を行う企業の財務諸表や四季報、決算短信を活用し、根拠がある株の銘柄を選ぶことが可能です。株式投資に四季報を用いる個人投資家は多くおり、この本を読むことで自信を持って株を選択できます。

グローズ投資を主眼に置いている「オニールの成長株発掘法」

出典: http://kabu-shiki.net

株式投資の手法の中に「グローズ投資」があります。グローズ投資とは成長しそうなベンチャー企業などの小さな株を見つけ、重点的に投資することです。この「オニールの成長株発掘法」はどのようにして、成長株を見つけるかを掲載しており、わかりやすいと評判です。

「オニールの成長株発掘法」のおすすめポイント

出典: https://st0ck-investment.com

このウィリアム・J・オニールはアメリカ屈指の投資家であり、株式投資の本でも有名です。利益を掴みやすい成長株を見つける方法だけでなく、保有している株を暴落まら守る方法まで書いている本です。初心者でもファンダメンタル分析を意識し始めたときにピッタリです。

中~上級者向けの「株で富を築くバフェットの法則 – 不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法」

出典: http://kabu-shiki.net

成長株を見つける投資家がウィリアム・J・オニールであれば、バリュー投資を重視している投資家はウォーレン・バフェットです。この「株で富を築くバフェットの法則」では、バフェットの投資手法を学ぶことができる中級から上級者向けの内容となっています。

「株で富を築くバフェットの法則」のおすすめポイント

出典: https://extry.net

具体的な考察ではないため、初心者には難しい本ですが、本格的な投資家を目指す方であれば見逃せない1冊です。世界的に有名な本であり、9つの投資事例を中心に、バフェットが行った投資戦略を紐解いていきます。

まずは1冊の本を読み込むことがおすすめ

出典: https://www.finance-tenshoku.com

ファンダメンタル分析と一言で表現しても、その手法はさまざまです。自分のトレードスタイルが固まるまでは、1冊の本を決めて学ぶことがおすすめです。同じカテゴリーの本でも、書いている内容は異なるため、初心者の内から複数の本を読んで学ぶと、考え方がブレてしまう可能性もあります。

おすすめの1冊を見つけよう

出典: https://www.finance-tenshoku.com

まずは、自分にとって読みやすい本を決めて徹底的に読み込み実践することがおすすめです。ファンダメンタル分析を理解し、コツを掴めば株式投資の大きな武器になり、安定して稼ぐ第一歩になります。コツを掴むまでには時間がかかりますが、本を読んで実践することを繰り返すと有効です。

株のテクニカル分析が学べる本

テクニカル分析を学ぶことがおすすめ

出典: https://www.jibunbank.co.jp

株式投資という言葉をイメージしたときに、パソコンの画面に映ったチャート図を思い浮かべる人が多いです。このチャートを読み、相場の動きを予想することが「テクニカル分析」です。このテクニカル分析はファンダメンタル分析と同様に株式投資の基本であり、必ず必要になる知識です。

テクニカル分析を学ぶおすすめの本とは?

出典: https://extry.net

テクニカル分析にも複数の種類があり、その手法を組み合わせることでより精度が高い分析を行うことが可能です。そのため、テクニカル分析については漏れがないように学ぶことがおすすめです。ここからはテクニカル分析を学ぶおすすめの本を挙げていきます。

短~中期トレードに役立つ「先物市場のテクニカル分析」

出典: http://kabu-shiki.net

この「先物市場のテクニカル分析」は1990年に発売され、今でも人気がある本です。つまり、この本には時代に影響されない「テクニカル分析の神髄」が記載されています。基本的な内容を網羅していますが、初心者が最初に読むべき本ではないため、テクニカル分析をしっかりと学びたい方におすすめです。

「先物市場のテクニカル分析」のおすすめポイント

出典: https://www.jibunbank.co.jp

テクニカル分析の基本理念からチャートの描き方など盛沢山な内容です。価格は5,000円になり、ページ数も568ページと大容量であるため、手を出しにくい一面もありますが、自宅にこの本があると安心できます。時代の流れに関係なく、自分の実力を高めたい場合、自身のテクニカル分析を見直したい場合に有効です。

投資の基礎が身に付いている人向けの「シュワッガーのテクニカル分析 – 初心者にも分かる実践チャート入門」

出典: http://kabu-shiki.net

株式投資には慣れていても「自分は初心者」という自覚がある段階の人におすすめの本が「シュワッガーのテクニカル分析」です。分類は初心者向けの入門本ですが、株式投資の基本的な知識がないと読み進めることは難しいです。テクニカル分析を活かした利益の上げ方や相場が予想外の動きをしたときの対処法が書かれている本です。

「シュワッガーのテクニカル分析」のおすすめポイント

出典: http://suusanblog.hatenablog.com

海外の投資本ですが、マーケットの原理は日本も海外も同じであり、応用できます。テクニカル分析は知識と経験が必要な「科学的な職人芸」であり、初心者が最初に躓きやすいポイントです。この本ではテクニカル分析の基本となるものを簡潔に解説しており、明確でわかりやすいです。

テクニカル分析の基礎が学べる「テクニカル指標の読み方使い方」

出典: http://kabu-shiki.net

この本も2004年に発売されており、長い期間人気がある定番の本です。「テクニカル指標の読み方使い方」では主に、テクニカル分析の基本を学ぶことができ、図解が豊富なため初心者でも取り組みやすい内容になっています。

「テクニカル指標の読み方使い方」のおすすめポイント

出典: https://gentosha-go.com

この本ではさまざまなテクニカル指標の中から、実践的な基本的な指標を抜粋しています。そのため、本で学んだ内容をそのまま実践に活かしやすく、実力をつけやすいです。株式投資ではリスクが少ない実践で経験を積むことが、時間はかかりますが一番確実です。

テクニカル分析は時代が変わっても有効

出典: http://fundamentals.jp

日本国内だけでなく、世界の経済状況は時代と共に変化しており、株式投資の手法も時代に合わせて変えていく必要があります。しかし、テクニカル分析は株式投資の基本的な内容であり、時代が変わっても通用する手法です。

古い本もおすすめ

出典: https://www.discoverychannel.jp

ここまで紹介してきたテクニカル分析本は10年以上前に発売された古い本が多いです。長く使われ、おすすめされる本であれば信用できます。古い本は読みにくさを感じるものが多いですが、テクニカル分析の本質を学ぶことができるためおすすめです。無理に古い本を選ぶ必要はないため、まずは読みやすい本から始めることが有効です。

株のトレードスタイルが学べる本

「心構え」を学ぶことがおすすめ

出典: http://tsubasakaiser.com

株式投資を行う重要な要素の1つに「心構え」があります。株式投資はお金が直接かかわっているため、精神的な負担が大きく安定して稼げるようになるまで時間がかかります。この心構えが自分のトレードスタイルを作るため、株の知識をある程度網羅したあとに、心構えを学ぶことが良いです。

株のトレードスタイルを学ぶおすすめの本とは?

出典: https://cryptocurrency-fx.com

トレードスタイルと聞くと、オリジナリティがあるものをイメージする方が多いですが、株式投資において「自己流」ほど危険なものはありません。そのため、有名な投資家の心構えやトレードスタイルを本で学ぶことがおすすめです。ここからは株のトレードスタイルを学ぶおすすめの本を紹介していきます。

心構えやメンタル作りが学べる「デイトレード」

出典: http://kabu-shiki.net

この本のタイトルは「デイトレード」ですが、技術的な内容はほとんど含まれておらず、デイトレードを行うのに必要な心構えなどを中心に書かれています。初心者に多い失敗例も多く取り上げられているため、入門本として使われることもあり、内容はわかりやすいため人気がある本です。

「デイトレード」のおすすめポイント

出典: http://www.rokohouse.net

株式投資の経験年数によって内容の捉え方が変わってくるため、1冊持っていると長い期間使うことができる本です。海外の本ですが訳者は多くのベストセラーを翻訳しているため、初心者でもわかりやすい内容に訳されています。株式投資では「自分を鍛える」ことが大切であり、その覚悟の仕方などが載っています。

長期投資法について学べる「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」

出典: http://kabu-shiki.net

先述のように、株式投資ではバフェット関連の本が多く存在します。その中でも、バフェットの投資スタイルが学べる本であり、基本的なスタイルから応用編まで対応しています。株式投資で上手くいかなくなることは多くあります。そのようなときに自分のトレードスタイルを見直すときに有効です。

「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」のおすすめポイント

出典: https://investor-a.com

この本は全229ページになり、基礎編7章と応用編16章で構成されています。初心者は基礎編だけでも参考になりますが、入門本としては難易度が高いため注意が必要です。しっかりとこの本を読み込めば、株式投資の基礎などの実力が身に付きます。

心構えやトレードスタイルを真似ることがおすすめ

出典: https://beikokukabu-2ch-matome.com

株式投資で成功するためには、まず膨大な量の時間を使って勉強する覚悟が必要です。自分一人ではどのような心構えで株式投資に臨めば良いか判断しにくいため、まずは本を読んで心構えを真似ることがおすすめです。

おすすめの本を真似て自分のスタイルを作ろう

出典: https://fx-skater.com

まずはおすすめの本を読み、著者が何を考えて株式投資を行っているかを知ることがおすすめです。おすすめの本のトレードスタイルを参考にして取引を重ねていけば、自分のスタイルができあがります。

株のメンタル・思想・相場観が学べる本

株はテクニック以外も重要

出典: http://hashang.kabuka.biz

大半の初心者は株で成功するために「テクニック」が重要だと考えています。しかし、重要なことは小手先のテクニックではなく、トレードを行う人の「内面」です。どんなに知識・技術があっても、その状況で適切なアクションができなければ意味がありません。

株のメンタル・思想・相場観のおすすめの本とは?

出典: https://kabupota.com

そのため、テクニック以外の心構えやメンタルを学ぶことも重要です。メンタルは経験を通じては育むものですが、本を読むこともおすすめです。ここからは株のメンタル・思想・相場観を学ぶおすすめの本を挙げていきます。

「ゾーン」について学べる「ゾーン – 相場心理学入門」

出典: http://kabu-shiki.net

スポーツ業界でもよく使われる言葉に「ゾーン」があります。ゾーンとは集中が極限にまで達した精神状態であり、株式投資でも使われます。株式投資におけるゾーンは、失敗に対する恐怖心や悩みが全くない状態であり、考えるのではなく直感的な判断を行える状態を意味します。「ゾーン – 相場心理学入門」では、投資家に必要な精神状態について学べます。

「ゾーン – 相場心理学入門」のおすすめポイント

出典: http://job-change-master.com

株式投資を行う人にとってメンタルは非常に重要な要素であり、極限状態で最適な判断を行わなければなりません。精神が不安定な状態だと失敗するリスクは高まります。この本は初心者から上級者でも自分のメンタルに不安がある人におすすめです。

ユーモラスな比喩表現が印象的な「ピーターリンチの株で勝つ – アマの知恵でプロを出し抜け」

出典: http://kabu-shiki.net

この本では、株式投資の基本的な内容から重要な心構えまでわかりやすい内容で構成されています。そのため、初心者にも対応しており、株式投資に必要な要素を学ぶことができます。一般的な入門本と違い、少しユニークな手法や比喩表現が印象的であり、わかりやすいだけでなく興味を持って読みやすい本です。

「ピーターリンチの株で勝つ」のおすすめポイント

出典: https://www.mag2.com

本の中では「プロが買う株は無視しろ」など他の本では載っていないような内容が書かれていますが、しっかりと根拠も記載されているためわかりやすいです。株で成功する秘訣が盛沢山な内容の本であり、初心者だけではなく上級者にもおすすめです。

株の実践的な知識が学べる「生き残りのディーリング」

出典: http://kabu-shiki.net

株式投資で重要なことは「生き残る」ことです。小さい利益でも安定・継続するように意識する必要があります。この本では、生き残るために必要な実践的な知識を学ぶことができます。特に株式の相場についての考え方も変わってきます。

「生き残りのディーリング」のおすすめポイント

出典: http://str.co.jp

相場の変化について100項目にわたって書かれており、「どうして価格は変動するのか」という気になるポイントをわかりやすい内容で表現されています。初心者でも参考になる内容ですが、入門本にするには難しい内容です。相場の動きに不安がある人におすすめです。

メンタルを鍛えることがおすすめ

出典: https://nusacm.org

株式投資では一瞬の判断で大きく勝つこともあれば、大きく負けることもあります。投資している金額が多ければ、その分だけ精神的な負担は大きくなるため、メンタルも鍛えることが大切です。

基礎・基本を網羅することも大切

出典: https://toushi-kyouyou.com

メンタルを鍛えるためには取引経験を積むことも大切ですが、知識をつけ分析を行い万全の準備をすることも大切です。実際に基礎・基本を網羅しているだけで自信に繋がり、大きな判断もしやすくなります。

株式投資に役立つ殿堂入りの本

経済・お金の知識を学べる本を有効活用しよう

出典: http://days-works.xsrv.jp

ここまで紹介してきたように、株式投資の本を参考にして勉強することで取引の精度を上げ、稼げるようになります。しかし、参考になる本は株式投資の本だけではありません。経済の本やお金の知識を学べる本も役に立ちます。

株式投資に役立つおすすめの本とは?

出典: https://gakumado.mynavi.jp

むしろ、いきなり株式投資の本を読むよりも、わかりやすい知識を学べる本を先に読んだ方が、内容を理解しやすくなりおすすめです。実際に経済の本やお金の知識に関する本は、日常生活にも関係がある内容に触れているため取り組みやすいです。株式投資におすすめな殿堂入りの本を紹介していきます。

お金に関する基本的なことが学べる「知らないと損する 池上彰のお金の学校」

出典: http://kabu-shiki.net

株式投資に取り組んでいる人も、そうでない人にもおすすめな本が「知らないと損する 池上彰のお金の学校」です。この本は株式投資について書かれた本ではなく、社会人に必要な「お金の知識」を網羅しています。株式投資の役に立つ経済について学ぶことができ、おすすめです。

「知らないと損する 池上彰のお金の学校」のおすすめポイント

出典: https://vpoint.jp

この本では「株」についての内容は少量ですが、他にも保険や給料が決まる仕組みや円安・円高など日常で目にするお金の疑問についてわかりやすい内容で書かれています。株式投資を始める前に、お金の基礎がわかれば入門書の内容を把握しやすくなります。また、株を始めようとする人以外にも、お金について学びたい人にもピッタリです。

お金に関する考え方が変わる!「金持ち父さん貧乏父さん – アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」

出典: http://kabu-shiki.net

世界的に有名な本は「金持ち父さん貧乏父さん」です。1997年に発売されていますが、今でも改訂版が発売され続け、書店でも多く取り扱っています。学校では教えてくれないお金の知識・考え方を知ることができるためおすすめです。

「金持ち父さん貧乏父さん」のおすすめポイント

出典: https://cost-zero.com

株式投資を始める人の多くは、今よりも収入を増やしたかったり、老後に不安を抱えていたりします。しかし、何も知識がない状態で株式投資を始めても上手くいかないことが多いため、まず、基本となる「お金の知識」が必要です。株式投資にも必要になる「お金」の考え方が変わる本であり、定期的に読み直している人も多くいます。

株式投資を適切に運用するために

出典: https://diamond.jp

株を始め、お金についての知識は学校では教えてくれない内容が多く、それゆえ株式投資で失敗する人が増えています。株で成功するためには、知識と経験が必要であり、総合的なお金に関する勉強が必要です。お金の知識があれば株式投資を最適に運用することも可能になります。

お金に関する知識が必要

出典: https://www.lifehacker.jp

株式投資の入門書は、株式投資にしか有効ではありませんが、ここで紹介した本は日常生活でも役に立ちます。そのため、先にお金の知識に関する本を読むことがおすすめです。株で失敗する人の多くは勉強不足であるため、まずはお金の関する知識を身に付ける必要があります。

株式投資でわかりやすいおすすめの本17選のまとめ

出典: http://kabu-book.jp

今回は株式投資におすすめな本について紹介してきました。株式投資はハイリスク・ハイリターンなイメージがありますが、しっかりと勉強し学ぶことで安定して稼げるようになります。しかし、長期間稼げるようになるためには、経験をもとに自分で分析をする必要があります。まずは株式投資を行う基盤を作るためにも本を徹底して読むことがおすすめです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ