株の売り時はどう決める?売買タイミングの見極め方を徹底解説!

株の売り時が重要なのは当然なのですが、実際に株取引をする場合では売り時の基準が分からない方が非常に多いです。売り時が分からず大損をしてしまう方が多いのが実情です。なので、売買タイミングの見極め方に必要な基準を解説してきます。

株の売り時はどう決める?売買タイミングの見極め方を徹底解説!のイメージ

目次

  1. 株の売り時のタイミングや見極め方とは?
  2. 株の売り時のポイントとは?初心者にわかりやすく解説!
  3. 株のチャートは何を見るべき?見極め方を紹介!
  4. 株のチャートパターンには「だまし」があるので注意!
  5. 株の売買には手数料が発生する
  6. 株の売り時のタイミングや見極め方のまとめ

株の売り時のタイミングや見極め方とは?

出典: https://incomlab.jp

株の売り時には、様々な基準があります。そして様々な投資家が基準を活用して取引をしている事で相場は形成されています。この基準によって投資活動は大きく左右される事になるので、株の保有後に必要な基準によって売り時のタイミングや相場の見極め方を解説していきます。

株の売り時のポイントとは?初心者にわかりやすく解説!

売り時のルールを決めておくことがポイント

出典: https://airstair.jp

どうして多くの投資家が株の売り時を間違えてしまうのか?これに関しては客観的な分析と、分析に基づくルールを確立していない事が売り時を間違えてしまう原因です。株の投資では、日常にはあまり見られない不測の事態も投資では当たり前のように存在します。なので、この場合には分析と分析に基づくルールを確立していると、感情的にはならず冷静に対処する事が可能となるからです。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp

売り時のルールを設けおく事で、恩恵を受ける事が出来る場面は大損です。自分に不都合な状況で売り時のタイミングを逃しているのであれば、長期生き残りの確率はゼロ近いです。特に初心者の場合、明確なルールに基づいて取引をしていない場合、誤った判断の癖が付いてしまいコツコツと損失を計上する事となります。また、好都合の場合である売り時でもルールを設けていない場合、得る事が出来た利益も機会損失として計上する事になります。

投資スタンス

出典: http://webstation-plus.com

ルールの次には、初心者の場合では投資スタンスを確立していかなければなりません。投資スタンスによって取引ルールも変更していく事があります。投資家の方の投資スタンスは様々です。ここで、投資スタンスをどのように確立しているかの基準は、「個人の性格」「資金」「時間」「目標」など様々な理由で投資スタンスを確立する方が多いです。投資スタンスは3つあるので、初心者の方は投資スタンスを意識しながら取引していきましょう。

デイトレーダーの場合

出典: https://kabu-daytrade.com

1日に株を保有して1日の内に株を手仕舞う投資スタイルがデイトレードといいます。デイトレードは取引頻度が多いので、比較的に流動性が高い株において取引する方が多いです。デイトレードでは取引頻度が多いので、非常に売り時のタイミングが重要になるので、市場の監視時間が多くなります。また、取引頻度が多い分前述したルールに従う必要があり、取引で失敗した場合でも損失を抑える事が大切です。

スウィングトレードの場合

出典: https://se-zo.com

デイトレードとは違い、数日から数週間で手仕舞う取引スタイルが「スウィングトレード」スタイルです。スウィングトレードでは、デイトレードとは違い、価格変動によって参入時よりも値段が大きく違うので、資金が必要になります。利益が多い分損失が大きくなるので、この場合もスウィングトレードに沿ったルールが重要になります。売買頻度は多くは無いので、デイトレードと比較すると、相場の監視時間は多くないです。

中長期トレードの場合

出典: https://imakabu.net

保有期間が長期(数ヶ月~)の投資スタイルが中長期スタイルです。この場合では取引頻度は多くない取引スタイルなので、市場の監視時間は多くないです。しかし、この場合には資金が拘束される事となるので、資金が必要です。中長期トレードでは、市場に参入した時よりも株価が大きいので、利益が大きい分損失も大きくなります。

損切り値と期待値の設定

出典: http://kakaku.com

初心者の場合では、悪い判断の癖が付く前にルールが重要だと解説しました。このルールの内、特に意識しなければならない事があります。初心者の場合でも、長期で市場に生き残りを考える必要があるので、長期間生き残りに不可欠なのが損切り値と期待値の設定です。どうしても初心者の場合では感情的な取引をしてしまいます。しかし、この人間らしい感情的な取引は一切市場では通用しません。

出典: http://bbraincreation.co.jp

そこで、感情的な株取引をしないために必要になってくるわけです。損切り値の設定は人間が避けたい「精神的なダメージ」と期待値の設定では「欲を抱く事」これらが人間の弱点です。断言すると、これらの人間の弱点を克服しなければ市場から容赦ない仕打ちを受ける事となります。したがって、損切り値の損失を最小限に抑える必要がある値段と期待値の利益確定を設定しておくという事が大切になります。

値上がり率で売り時を決める

出典: https://gentosha-go.com

前述した内容では、ルールに基づき売り時を決める事が大切だという事を解説しました。この場合1つのルールでは、株の値上がり率を売り時のルールとして確立する方法もあります。株の値上がり率では相場状況によって展開が左右されるので、株の値上がり率もルールとして、分析に基づき値上がり率を設定しておく事が大切です。

チャートで売り時のタイミングを判断する

出典: https://mituwasou.com

株の売り時や買い時を判断する際には、株価チャートを確認して売買を実施するテクニカル分析といった方法があります。テクニカル分析では、様々なパターンが存在していて、パターンによって売りのタイミングを見極める事が可能です。ただ、チャートには様々なパターンが存在している事もあり、チャートパターンによって売り時を判断するには分析に多くの時間を要します。

Thumb初心者のための株式投資入門!おすすめの始め方!資金はどれくらい必要?

株のチャートは何を見るべき?見極め方を紹介!

これまでの株価の動きが見られるトレンドライン

出典: https://okimotomasakazu.com

過去の動きを見る事が可能なチャートで、株の売り時と買い時のタイミングを計る方法として、トレンドラインという線があります。チャート上のトレンドラインは独自に引く事になりますが、多くの投資家で使用されています。トレンドラインは、直近の高値同士と安値同士を引く事で、形成される形になり、現在は売買のどちらの方向に株が人気かを確認する事が可能です。「トレンド=流行」として覚えると分かりやすいです。

上昇トレンドと下降トレンド

出典: http://careersupli.jp

株のトレンド(流行)には上昇トレンドと下降トレンドがあります。株の判断で重要になるがこのトレンドを読む事になります。多くの投資家がこの株のトレンドに乗り遅れないように株式市場に参入してきます。特に初心者はこのトレンドを明確に見極める事が大切です。上昇トレンドでは、買い時のサインで下降トレンドでは売り時のサインになります。

サポートライン・レジスタンスラインとは?

出典: https://www.huffingtonpost.jp

実際に、トレンドラインを引いていると、相場チャートはサポートラインとレジスタンスラインとして機能している事が分かります。このラインはそれぞれ別名で支持線と抵抗線とも呼ばれています。相場では売りか買いの二者択一ですから、買いによって儲ける人と売りによって儲ける人がいます。多くの人がトレンドラインを利用しているといった事は解説しましたが、この場合に多くの人が支持をする場合と抵抗する場合に区分されてくるわけです。

売買タイミングを計る移動平均線

出典: http://kabu-diary.net

売買タイミングを計る指標として移動平均線というものも有ります。移動平均線には、「短期・中期・長期」と一定期間によって投下資金の平均値を割り出した線になっています。この平均線の活用によって直近の市場がどちらに投下資金が傾いているのかを把握する事が可能です。平均線の流れを見ることによって、売買タイミングを計ることが可能となります。

移動平均線のクロス

出典: http://ey90223.pixnet.net

株の売買タイミングを計る指標として、移動平均線が使われている事を解説しました。では、実際にはどのように移動平均線を使用するといいのかを解説します。移動平均線では、短期・中期・長期といった区分によって平均線があります。この平均線がクロスした場合には「デットクロス」と「ゴールデンクロス」といったものが有ります。直近の平均線が上から下へクロスした場合ではデットクロスと呼びます。

出典: https://stockx3.com

そして、デットクロスとは逆に直近の平均線が下から上へクロスすることをゴールデンクロスと呼びます。やはり、名称の通りシンプルにデットクロスは悪い印象なので、この場合のチャートでは株の売り時サインです。反対のチャートの場合で、ゴールデンクロスとは良い印象なので、このチャートでは株の買い時サインになります。

チャートで確認するローソク足

出典: https://www.nipponkodo.co.jp

株の売買タイミングを計る方法としては、ローソク足を活用することがあります。ローソク足は、始値・終値・高値・安値といった4つの値段が時間によって記録されます。この記録され残った実体がローソク足というものです。このローソク足は、江戸時代の米取引でも使用されていたとされ、江戸時代から現在までタイミングを計る際に利用されています。しかし、株初心者の方は、まず4つの値段の記録の仕組みをしっかり理解する必要があります。

ローソク足の陰線と陽線

出典: http://binaryoptionchannnel.info

ローソク足には陰線と陽線があります。陰線は株価が下降している状態を示す実体で、陽線は株価が上昇している状態を示しています。このローソク足の実体が大きい場合の陰線と反対に陰線も出現します。初心者の場合ではこの株価を示している陰線と陽線を理解することが大切です。

トレンド転換を示すローソク足の種類

出典: https://gentosha-go.com

株の買い時である上昇トレンドと株の売り時である下降トレンドでは、ローソク足に反転パターンがあります。上昇トレンド時において出現した反転パターンのローソク足チャートは、「陽の陰のはらみ線」と「陽の陰の包み線」があります。逆に売り時下降トレンドからの反転パターンのローソク足チャートは、「陰の陽のはらみ線」と「陰の陽の包み線」があります。

ローソク足チャートで有名なのが酒田罫線法

出典: http://blog.livedoor.jp

株のローソク足チャートは江戸時代から売買タイミングを計る方法として活用されてきましたが、株のローソク足チャートの見方で有名なのが本間宗久の酒田罫線法です。株のローソク足チャートは本間宗久が発案したので、現在も本田宗久が記録した本が広く読まれています。また、ローソク足は日本発祥にも関わらず、世界中で利用されている分析方法なので、初心者の方など記録の仕組みが理解出来るようになったのであれば参考にすると良いです。

株の天井と底

出典: http://fxkansai.club

株価チャートでは、トレンドを確認する際には、トレンドラインを引くと解説しました。このトレンドラインを引いていると確認出来るのが「天井と底」です。抵抗線と支持線によって把握出来る株価チャートでは、抵抗線と支持線の価格を越えることが出来ない「壁」が存在しています。この壁によって上昇トレンド中の天井と下降トレンド中の底を確認出来ます。

ダブルトップとボトムアップ

出典: https://fx-works.jp

ローソク足の種類以外でも、トレンド転換を示す方法があります。それによって、トレンドの方向にはローソク足のチャート構成による形で株の反転を見極める事が可能です。それは、「ダブルトップとボトムアップ」です。ダブルトップとボトムアップというのは、前述で説明した天井が2個、そしてボトムアップでは底が2個形成される形です。

出典: https://bg-mania.jp

このダブルトップとボトムアップでは初心者には確認する事が困難です。しかし、この形成を把握する事が出来ない場合では価格の展開が明白な状況なので、大きく市場が変動します。この場合に多くの方が高値掴みによって損失が出てしまい大損を出してしまう1つの事例です。高値掴みの状況では特に効果絶大なのが「ルール」です。反転の兆候を把握する事はかなり重要なので、意識して取引をしましょう。

Thumb株価チャートの見方をマスターしよう!初心者にもわかりやすく解説!

株のチャートパターンには「だまし」があるので注意!

「だまし」が起こる場面とは?

出典: https://www.pakutaso.com

株のチャートでは多くの人がチャートを確認し取引をしています。なので、経験に基づいてチャートパターンの出現確率に期待しています。しかし、過去のチャートパターンとは違い、思惑に反した「だまし」が有ります。ローソク足のチャートパターンやその他移動平均線などは投下資金量を示しているので、チャートパターンに反映している投下資金量の確認をすると、一時的な反対の動きの場合にはだましの場面になります。

だまされた場合にするべきこととは?

出典: https://simprhythm-erina.com

だましの場面に遭遇すると、多くの人の期待を裏切った展開になるので、かなり大きく相場は動きます。なぜなら、期待をしていた人達の混乱が生じる事が原因です。したがって、だましに遭遇した場合には大損してしまう可能性が非常に高いです。大損に対処するためには、あらかじめストップ(逆指値)を設定しておくか、直ぐにタイミングを逃さず損切りをする必要があります。この場合でもかなり重要になってくるルールが有効です。

市場の心理

出典: http://magiciandaisuke.com

だましの場合では、市場の期待を裏切られたという事で株価は大きく変動する事によって、市場は人間の心理によって構成されていることが分かりました。そこで、市場の行動心理を解説します。初心者の方はこの市場の心理によって市場が変化している事を意識しながら分析していると楽しく取引が出来ます。まず、人間の心理によっての行動原理は、「恐怖・欲・希望」によって行動します。

出典: https://coach.co.jp

この行動原理は行動ファイナンスといった人間の非合理性に着目した理論です。人間の希望を抱く事によっての正当化や現状維持バイアスによって精神的なダメージを回避する恐怖、そして欲によって利益を伸ばそうといった試みによって行動(判断)します。これよってトレンド(流行)が発生します。しかし、市場で生き残り続ける事を目標としている場合では非合理な判断を無くす必要があります。

株の売買には手数料が発生する

株の手数料には2種類の料金プランが存在する

出典: https://zuuonline.com

株の手数料には約定ごとの手数料と定額制での手数料と2種類あります。約定は1回の取引の事を示すので、1度の取引ごとに手数料が発生することになります。反対に定額制の手数料は1日の取引の合計金額で手数料が決まるという内容になっています。イメージとしては、1日に注文回数が少ない方は約定ごとの手数料で、1日の注文が多い方は定額制の手数料が向いているということになります。

ネット証券だと手数料がお得?

出典: https://tsumitate.builders

手数料に関しては頭を抱える問題の1つです。そこで、問題を解消するために手数料を安く済ませる方法をご紹介します。ネット証券と大手証券で基本的には取引をする事となりますが、両方の手数料を比較すると、ネット証券で取引をする方が手数料を大きく引き下げる事が可能です。なぜ、大手証券とネット証券で手数料が違ってくるのかは、アドバイザーが付くか付かないかの違いです。

初心者におススメのネット証券

出典: http://mimumimukun.hatenablog.com

投資家には必要な株の情報源と株取引の参入タイミングが重要になる事は解説してきました。そこで、必要な株情報と株の参入タイミングを計る事が優位になるネット証券をご紹介します。豊富な情報がリアルタイムで提供が可能な事、そして株の参入タイミングを逃さないためにスピーディーな注文サービスが揃った「楽天証券」です。初心者の方であれば、株の取引に慣れる事が大切になるので、楽天証券から始めると良いです。

株の売り時のタイミングや見極め方のまとめ

出典: https://matome.naver.jp

株の売り時には相場分析が重要になる事が、これまでの分析手法によってお分かり頂けたはずです。そして、様々な投資家が様々な投資スタイルやルール、相場分析を基準に判断してしています。初心者の方では始めに意識する必要があるのが、「誰と取引をしているのか?」という事です。相場は戦場ともいわれているので、様々な投資家の思惑がある中で、自分の基準を信じて売り時や相場の見極め方を確立することが大切です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ