株価チャートの見方をマスターしよう!初心者にもわかりやすく解説!

株価のチャートの見方について、初心者の方にもわかりやすく解説を行っていきます。株式投資を始めるのであれば、チャートの見方をマスターしておくことがポイントです。ローソクの見方も含めてチャートについて総合的に理解しやすい内容となっています。

株価チャートの見方をマスターしよう!初心者にもわかりやすく解説!のイメージ

目次

  1. 株価のチャートの見方とは?投資の初心者必見!
  2. 株価のチャートパターンは大きく分けて3つ!
  3. 株価のチャートパターンで代表的な形とは?
  4. 株価のチャート見方はローソク足が重要!
  5. 株価のチャートの見方は移動平均線の分析が重要!
  6. 株価のチャートで移動平均線を利用する際のポイントとは?
  7. 株価のチャートの見方で重要なテクニカル指標とは?
  8. 株価のチャートの見方のまとめ

株価のチャートの見方とは?投資の初心者必見!

出典: http://www13.plala.or.jp

株価のチャートの見方について、シンプルでわかりやすく解説を行っていきます。株式投資の初心者の方にとって参考にしたい指標が株価のチャートと言えます。まずは、チャートの見方を押さえておくことで、投資スタイルを確立することにつながっていきます。チャートにはパターンもあります。ローソクの考え方も含めて、チャートについて確認しましょう。

株価のチャートパターンは大きく分けて3つ!

チャートパターンを理解する

出典: https://www.kabu-1.jp

まずは、株価のチャートパターンについて確認を進めていきます。株価のチャートにはいわゆるパターンと呼ばれるものがあり、そのパターンを理解することでより効果的に投資を進めていくことができます。反対にチャートのパターンを知らずに投資をしていると思わぬ損失を被ることにもなります。株価のチャートパターンについて理解することが大切です。

上昇トレンドとは?

出典: https://stabucky.com

株価のチャートパターンには3つのパターンがありますが、そのうちの1つとして上昇トレンドを挙げることができます。上昇トレンドとは、その名の通り株価が上昇していくチャートのことです。中期や長期で見た時に、全体的な株価が右肩上がりであれば上昇トレンドと言うことができます。上昇トレンドが始まることによって、株価の上昇に期待できます。

ボックス相場とは?

出典: https://kabusoba.stars.ne.jp

上昇トレンド以外のパターンとして、ボックス相場やボックストレンドといったチャートパターンをご紹介することができます。ボックス側とは、株価が上がったり下がったりを繰り返すチャートのことであり、株価が横ばいなパターンのことを言います。もみ合いパターンやレンジ相場と言うこともあります。しばらくの間は株価が横ばいであることが特徴です。

売りのサインと買いのサイン

出典: https://orekabu.jp

ボックス相場の中でも、上値抵抗線と呼ばれる相場の山の部分を越えていった場合は買いのサインが出ていると考えても問題ありません。反対に、下値支持線と呼ばれる相場の谷の部分を下に抜けていった場合は、売りのサインが出ていると考えることができます。ボックス相場の場合も、チャートを冷静に分析することで効果的な投資につなげることができます。

下降トレンドとは?

出典: https://imakabu.net

さらに、株価チャートの見方として、下降トレンドと呼ばれるチャートのパターンも挙げることができます。下降トレンドとは株価が下落していく局面のチャートです。上昇トレンドとは反対に、中期的、長期的に見て株価が下落していくチャートのことです。株価が全体的に右肩下がりになることが特徴です。下降トレンドが出たら、早めに売ることが大切です。

株の大原則を踏まえる

出典: http://kabuchart-dojo.seesaa.net

上昇トレンドや下降トレンド、ボックス相場など、株価チャートにはそれぞれのパターンがあり、そのパターンに留意していくことで効率的な投資につなげることができます。大原則として上昇トレンドの株は買い、下降トレンドの株は売りということになります。この大原則を踏まえつつ、自分なりの視点を持って投資をしていくことが株の必勝法と言えます。

酒田五法は上昇パターンや下降パターンを読み解く

出典: https://blog.hatena.ne.jp

株価チャートの見方を分析して効率的な投資につなげるための方法として、酒田五法と呼ばれるテクニックも有名です。酒田五法とは、株価チャートのローソク足を活用するテクニックのことであり、売りサインや買いサインを見極める手法として人気を呼んでいます。逆三尊底や三尊天井、三川明けの明星や三川宵の明星といったパターンがあるのが特徴的です。

逆三尊底の考え方

出典: https://media-kojirokousi.com

例えば、酒田五法の逆三尊底とは谷が3つと山が2つできるパターンの株価チャートを指しています。株価の底値を確認できるチャートパターンとしても定評があります。逆三尊底では、3つ目の谷を抜けた時が買いのサインです。3つ目の谷を抜けると一気に上昇トレンドを迎えることが多く、買いが優性になります。こうしたパターンを見つけるのも有効です。

三尊天井の考え方

出典: http://fxgaitame1.blog89.fc2.com

酒田五法の中で、三尊天井と言われるチャートパターンを目にする機会もあります。三尊天井とは、海外ではトリプルトップなどと呼ばれることもあります。株価の天井圏を表すチャートパターンであり、3つの山と2つの谷ができることが特徴的なチャートです。三尊天井が現れると上昇トレンドから下降トレンドに転換するので、売りに走る投資家が多いです。

酒田五法を理解する

出典: http://www.exp-crypto.xyz

酒田五法には他にも赤三兵や黒三平、上げ三法や下げ三法、三空叩き込みや三空踏み上げといったチャートのパターンがあります。それぞれチャートの特徴を把握することで、売りサインが出ているのか買いサインが出ているのかを冷静に判断することができます。まずは、酒田五法などのパターンを知ることで初心者の方も効果的な投資をすることが賢明です。

Thumb初心者のための株式投資入門!おすすめの始め方!資金はどれくらい必要?

株価のチャートパターンで代表的な形とは?

代表的な形を覚える

出典: https://h1r0-style.net

株価のチャートの見方として、代表的なパターンについてご紹介してきました。上昇トレンドや下降トレンド、ボックス相場や酒田五法といったテクニックも踏まえた中で投資対象を見極めていくことがポイントです。ここからは、さらに株価のチャートパターンで代表的な形についてご紹介していきます。代表的な形を覚えておくのも投資のポイントと言えます。

相場の天井であることを示すチャートパターンとは?

出典: https://foryourimages.com

株価のチャートにはさまざまなパターンがあるわけですが、初心者の方でも理解しやすい代表的な形について取り上げていきます。まずは、株価の相場が天井であることを示すチャートパターンについてです。ヘッド&ショルダーと呼ばれるチャートパターンを挙げることができます。これは相場が天井であり、なおかつトレンドが終了することを示しています。

ヘッド&ショルダー

出典: http://trader3.net

ヘッド&ショルダーでは、中心に高い山がありその横に2つの少し低い山が並ぶといった株価のチャートを示します。漢字で言うところの「山」という形に近いチャートとなるところが特徴です。中心の高い山の部分が相場の天井であり、最後の低い山を迎えたところで下降トレンドに変わっていきます。売りのサインとして見逃したくないチャートの1つです。

ダブルトップ

出典: https://kabusoba.stars.ne.jp

相場の天井であることを示す代表的なチャートパターンとしては、ダブルトップも挙げることができます。ヘッド&ショルダーは3つの山が連なった形となりますが、ダブルトップでは2つの山が連なった形のチャートとなります。ダブルトップが出た場合も上昇トレンドが終了を迎える天井であると言うことができます。つまり株を売った方が良いパターンです。

逆V字型

出典: https://navinavi-fx.com

さらに、相場の天井を示す代表的な形として逆V字型と呼ばれるチャートも挙げることができます。まさに逆V字型を描くチャートの形であり、天井まで株価が上昇した後に一気に株価が下落していくことになります。このチャートには予兆がないところが恐いところです。他の要素と組み合わせる必要があり、経済情勢や企業情報などを組み込むことが大切です。

ソーサートップ型

出典: https://gold365.jp

相場の天井を示す代表的なチャートパターンとして、ソーサートップ型を挙げることもできます。ソーサートップ型とは、相場が天井付近で小さく上がり下がりを繰り返すタイプのチャートパターンです。比較的長期間にわたって上がり下がりを繰り返すので、売りも買いもタイミングを定めやすいです。ただし、下落になった場合は急落するので注意が必要です。

相場のそこであることを示すチャートパターンとは?

出典: http://okukabu.com

初心者の方でも理解しておきたい株価チャートの見方として、相場の底であることを示すチャートパターンについても確認を進めていきます。相場の底であることを見定めることができれば、その後は上昇トレンドに転換していくことが多くなり買いのサインと考えることができます。そのパターンについて具体的に取り上げていくので理解しておくのが有効です。

トリプルボトム

出典: https://tradelife.jp

まず、相場の底を示すチャートパターンとしてトリプルボトムを挙げることができます。トリプルボトムとは、相場が下降してその後上昇を向かえるというV字型が3回現れるパターンのチャートです。3回繰り返した後は上昇トレンドを描くことが多く、買いのサインとも言えます。天井を示すヘッド&ショルダーの逆パターンとして覚えておくと効果的です。

ダブルボトム

出典: http://zubora-asset.com

続いて相場の底を示す代表的なチャートパターンとして、ダブルボトムを挙げることができます。ダブルボトムとは、相場が上下する回数が2回で終了となり、その後上昇トレンドに転じるタイプのチャートです。ダブルトップを逆さにしたような形であり、買いのサインとしても見逃せないポイントです。トリプルボトムより1回山が少なくなるのが特徴です。

V字型

出典: http://chart.okanemochi.info

V字型も相場の底を示す代表的なチャートパターンと言うことができます。相場の天井を示すチャートパターンとして逆V字型を挙げることができましたが、その反対がV字型のチャートです。相場が大きく下落した後に一気に上昇トレンドに転換するチャートです。逆V字型もですが、V字型も予測するのが難しいので他の指標と組み合わせることが有効です。

ソーサーボトム型

出典: https://fx10.info

さらに、相場の底を示す代表的なチャートパターンとしてソーサーボトム型を挙げることができます。相場が急落に転じてから比較的長期間にわたって、株価の底で細かい値動きを繰り返すことに特徴があります。ソーサートップ型のチャートを上下反転させたようなチャートでもあります。最終局面を終えると、その後は上昇トレンドに転じることが多いです。

相場のレンジブレイクを示すチャートパターンとは?

出典: https://www.gakushi-investment.com

株式投資初心者の方でも理解しておきたいチャートの見方として、株価の天井や底を示す代表的なパターンを押さえておくことがポイントです。さらに、相場のレンジブレイクを示すチャートパターンの見方も取り上げていきます。レンジブレイクとは、別のパターンの相場が発生するタイミングのことを指します。局面が変わるチャートとして注目できます。

ボックス

出典: http://kabunani.com

レンジ相場から他の相場へと切り替わるレンジブレイクとしては、ボックスを挙げることができます。ボックスはレンジブレイクの中でも基本的なパターンとして知られています。レンジを抜けた後で上昇トレンドや下降トレンドなどの基調が見やすくなるタイプのチャートです。一般的には、それまでのトレンドと同じ方向に向かっていくことが多くなります。

フラッグ

出典: http://trader3.net

ボックスと似た形のレンジブレイクとして、フラッグを挙げることもできます。フラッグも基本的なチャートの形はボックスと同じです。ボックスと異なるのは、最終的なトレンドの向きに対して反対方向に向かって伸びていくのが特徴です。下値を切り上げると上昇トレンドが現れ、上値を切り下げると下降トレンドが現れることになるのがフラッグの特徴です。

ペナント

出典: https://kabu-psychology.com

さらに、レンジブレイクのチャートとしてペナントと呼ばれるチャートを挙げることもできます。フラッグとは異なる点として、どんどん株価の値幅が狭くなっていくところにペナントの得著があります。三角保ち合いと呼ばれるタイプのチャートでトライアングルと言われることもあります。トレンドと同じ向きに傾くのが特徴で、上放れや下放れと呼ばれます。

株価のチャート見方はローソク足が重要!

ローソク足は重要な指標

出典: https://kabusoba.stars.ne.jp

株式投資初心者の方でもチャートの見方を覚えておくことで、投資初心者という枠を超えて投資を楽しむことができるようになります。さらに株式投資初心者の方であれば、株価のチャートの見方としてローソク足について理解することが大切です。株価のチャートはローソク足を見ればわかると言っても過言ではありません。それぐらい重要な指標だと言えます。

ローソク足とは?

出典: http://www.01senmonten.com

まずは、ローソク足とは何かについての確認を進めていきます。ローソク足とは株価の上昇や下落を判断する上で重要な指標となるものです。日足や週足、月足などと呼ばれるローソク足が存在して、それぞれの期間ごとに株価がどのような値動きをしてきたのかを一目で判断させてくれる表記です。1日や1週間など、時間を区切って確認することができます。

4つのタイプの株価を確認できる

出典: http://www.miller.co.jp

ローソク足チャートには、時間を区切った中で4つの株価を確認することができます。高値と安値、始値と終値といった4つのタイプの株価を確認できるのです。高値はその日のうち最も高い値段をつけた株価、反対に安値はその日の中で最も安い株価、始値は午前9時の取引開始の株価、終値は取引終了となる午後3時時点の株価について示しています。

ヒゲについても確認

出典: https://minkabu.jp

また、ローソク足チャートについて理解する上で、ヒゲと呼ばれる線も確認しておきたいところです。ローソク足には上ヒゲや下ヒゲと呼ばれる線が出てきます。上ヒゲについては、その期間の上値を指しています。また、下ヒゲについてはその期間の下値を表しています。1日や1週間の値動きの幅が大きくなればなるほど、ヒゲの長さも長くなっていきます。

ローソク足の陽線

出典: http://fx.kinri.jp

4つのタイプの株価を確認できるのがローソク足の特徴ですが、さらにローソク足は陽線と陰線の2つの種類に分けて考えることができます。陽線とは、始値よりも終値の方が高かった場合に出現するタイプのローソク足で、四角が白抜きになっているところが特徴です。始値が100円で終値が120円だった場合は、陽線のローソク足が出現することになります。

陽線のローソク足の種類

出典: https://www.mag2.com

陽線のローソク足の種類としては、主に6種類挙げることができます。大陽線・陽の丸坊主や大陽線・陽の大引坊主、大陽線・陽の寄付坊主やコマ足・小陽線(踊り場)、陽のカラカサや陽のトンカチと呼ばれるタイプのローソク足です。特に大陽線・陽の丸坊主は、買いの勢いが強いタイプのローソク足です。ヒゲと呼ばれる下線や上線がないところも特徴的です。

それぞれの陽線の特徴

出典: https://kasoutsuuka-matome.com

また、大陽線・陽の大引坊主については、上ヒゲがないのが特徴で始値から少し下げただけで、買いの精力が強いタイプのローソク足と言えます。陽のカラカサは始値から大きく下げて、最終的には始値よりも高いところで終了したことを示すローソク足です。一方で、陽のトンカチは低い株価で開始して最終的には落ち着いたタイプで、下ヒゲがありません。

ローソク足の陰線

出典: https://kabusoba.stars.ne.jp

ローソク足チャートには陽線があることをご紹介しましたが、反対のパターンとして陰線と呼ばれるタイプのローソク足もあることを理解しておきたいです。特に投資初心者の方であれば、この2種類のタイプのローソク足を覚えることで、投資を有利に進めやすくなります。陰線に関しては、始値よりも終値が低かった時に現れるタイプのローソク足です。

陰線のローソク足の種類

出典: https://orekabu.jp

陰線のローソク足にも主に6種類のタイプを挙げることができます。大陰線・陰の丸坊主や大陰線・陰の寄付坊主、大陰線・陰の大引坊主やコマ足・小陰線、陰のカラカサや陰のトンカチといったタイプのローソク足となります。それぞれ、始値よりも終値が低かった場合に出現するタイプのローソク足です。売りの勢力が強まった際の指標として参考にできます。

大陰線・陰の丸坊主や大陰線・陰の寄付坊主

出典: http://kinnyuunoheya.com

大陰線・陰の丸坊主は、売りの勢力が一気に強まった時に現れるタイプのローソク足となります。大きく株価を下げることもあるので、注意したいタイプのローソク足です。大陰線・陰の丸坊主には下ヒゲも上ヒゲもついていないので、すぐに見分けられます。大陰線・陰の寄付坊主も売り勢力が強いです。下ヒゲがある一方で上ヒゲがないところが特徴的です。

陰のカラカサと陰のトンカチ

出典: https://kabupedia.net

また、陰のカラカサについては、始値から大きく株価を下落させて最終的には始値よりも少し戻らなかった時に出現するタイプのローソク足です。陰のトンカチは低い株価でスタートして、終了時点では落ち着いた様子を示すローソク足です。陰のカラカサには上ヒゲがなく、陰のトンカチには下ヒゲがないのが特徴です。陰線の中でも特徴的なローソク足です。

株価のチャートの見方は移動平均線の分析が重要!

移動平均線の理解も重要

出典: http://www.kabudream.com

株式投資初心者の方に向けて、チャートの見方やローソク足の見方などについて具体的にご紹介しています。投資初心者の方であれば、さらに株価のチャートの見方として移動平均線の分析も頭に入れておくことがポイントです。移動平均線の見方を理解することで、投資を有利に進めることができます。移動平均線とは何かも含めて、理解を深めていきましょう。

移動平均線とは?

出典: https://www.sevendata.co.jp

まず、移動平均線とは一体どういったものなのかについて確認していきます。移動平均線とは、一定期間の株価の変動について平均値を線でつなぎ合わせた指標のことです。25日移動平均線や75日移動平均線など、一定期間の平均値を見る上で重要な指標となります。現在の株価と見比べた時に、平均値より高いのか低いのかの参考としても役に立つ線です。

株式投資に役立つ指標

出典: https://xn--u9j460nu9a58aw75c.com

現在の株価だけを見ていても、その株価が高いのか安いのか判断するのに困ってしまうことがあります。そこでチャートに表示されている移動平均線を参考にするのがおすすめです。移動平均線を見ることで、平均値と現在の株価を比較することができるからです。今後の株価の動きを予想するのにも役立つ指標であり、株式投資には欠かせない線と言えます。

移動平均線の計算方法と作成方法とは?

出典: http://okazukabu.tv

移動平均線については、一定期間の株価の終値の平均値を算出することで作成することができます。例えば、5日移動平均線であれば、1日目から5日目までの株価の終値を計算します。1日目から5日目までの株価がそれぞれ、100円、110円、105円、110円、115円だったと仮定します。その場合、全ての株価を合計して5で割った数字が平均値となります。

5日間の平均値を計算

出典: https://minkabu.jp

つまり、(100+110+105+110+115)÷5=108円となります。これが5日間の株価の平均値であり、移動平均線の最初の起点となります。次に2日目から6日目までの株価の平均値を計算します。仮に6日目の株価が118円だったと想定します。すると、(110+105+110+115+118)÷5=111.6円となります。111.6円が2日目から6日目までの平均です。

平均値をつなぎ合わせる

出典: https://kabusoba.stars.ne.jp

最初の5日間の平均値である108円と次の5日間の平均値である111.6円をつなぎ合わせることで、5日間の移動平均線を完成させることができます。後は、この計算を継続的に繰り返していくことで、移動平均線を仕上げることができます。この場合は5日間の移動平均線ですが、25日間や75日間など、さまざまな期間に応じて移動平均線を作ることができます。

移動平均線は期間別に分けると3種類

出典: https://arafif.info

移動平均線の計算方法と作成方法について確認してきましたが、移動平均線は期間別に分けると3種類に分類することができます。それは日足チャートと週足チャート、さらに月足チャートの移動平均線です。日足の場合は5日間と25日間と75日間の移動平均線、週足の場合は13週と26週の移動平均線、月足の場合は9ヶ月と24ヶ月の移動平均線が登場します。

グランビルの法則とは?

出典: https://toushi-kyokasho.com

初心者の方が理解しておきたい投資の法則として、グランビルの法則を挙げることができます。グランビルの法則とは移動平均線と株価の位置に注目した売買タイミングの指標のことです。移動平均線の流れに対して、株価が近づいているか離れているかを売買の参考にするのです。スイングトレードなどの短期売買を検討している際には役立つ法則と言えます。

買いや売りのサイン

出典: https://media.rakuten-sec.net

例えば、移動平均線を株価が上抜いた時点では買いのサインと言うことができます。株価が下がってきて、移動平均線に接近した後で再上昇するタイミングも、グランビルの法則では買いのサインとなります。一方で、移動平均線から株価が離れていったら売りのサインです。また、移動平均線を株価が下回った場合も売りのサインとして指標になっています。

株価のチャートで移動平均線を利用する際のポイントとは?

投資スタイルを確立する

出典: http://wall.kabegami.com

株価のチャートの見方については、初心者の方でも確実に理解した上で、トレードの指標にしていくことが求められます。初心者の方でチャートの見方を知らないまま投資をしてしまうと、一気に損失が込んで退場に追い込まれることも少なくありません。少しでも効果的な投資スタイルを見つけるために、移動平均線を利用したポイントについて解説します。

売買スタンスを決めることが重要

出典: https://yumehai.jp

株式投資初心者の方で、移動平均線の見方を理解することができたら、続いては移動平均線を利用する段階へと移行していくことがポイントです。移動平均線を利用する場合は、売買スタンスを決定することが大切です。売買スタンスとは買いの目線で見るのか売りの目線で見るのかの違いです。まずは移動平均線を利用することで、スタンスを決めていきます。

他の指標と組み合わせる

出典: https://insurance.rakuten.co.jp

さらに、効果的な移動平均線の利用方法として他の指標と組み合わせるといったパターンも挙げることができます。例えば、信用評価損益率と呼ばれる指標を挙げることができます。信用評価損益率とは、信用取引で個人投資家の損益がどの程度かを見るための指標です。あるいは株式の売買量の目安となる出来高を指標にして、投資行動を決めるのも有効です。

出来高との組み合わせ

出典: https://www.gbul.jp

例えば、出来高が多い日に株価が下落している場合、その日が出来高のマックスとしてセリングクライマックスと呼ばれることもあります。売りの最高潮状態を示すポイントでもあり、その後は上昇トレンドに向かっていくというケースも少なくありません。移動平均線と他の指標を組み合わせることで、より確実に利益につなげられる可能性が高くなります。

移動平均線だけに頼りすぎない

出典: https://zuuonline.com

移動平均線と他の指標を組み合わせることも有効ですが、重要なこととして移動平均線だけに頼りすぎないことを頭に入れておく必要があります。移動平均線はあくまでも株価の平均値であり絶対的なものではありません。移動平均線だけを見て、株価を予想するのはとても危険なことでもあります。だからこそ、移動平均線だけに頼るのは避けておくべきです。

企業情報なども確認を

出典: https://www.youtube.com

移動平均線と株価の動きについてより精度を高めて分析していくのであれば、企業情報なども適切に確認しておくことが大切です。四半期ごとに発表される業績が伸びているのであれば、移動平均線に関係なく株価が上昇局面を迎えるというケースもあります。移動平均線はあくまでも1つの指標として利用することで、効果的な投資につなげることができます。

株価のチャートの見方で重要なテクニカル指標とは?

理解しておきたいテクニカル指標

出典: https://tsumitate.builders

初心者の方でもわかりやすいように株のチャートの見方や各トレンドの特徴、ローソク足や移動平均線の見方について具体的にご紹介しています。それぞれの見方や考え方を理解することで、投資行動のスタイルを確立していくことがポイントです。さらに、テクニカル指標について解説していきます。この指標は初心者の方でも確実に理解しておきたい分野です。

RSIはシンプルでわかりやすいので初心者におすすめ

出典: https://kabu-maga.com

テクニカル指標の実践として、RSIをおすすめすることができます。テクニカル指標とは相対力指数と呼ばれるテクニカル指標のことで、シンプルなので初心者の方でも理解しやすいところが魅力です。RSIでは計算期間内の株価の変動幅に注目して、上昇幅が占める割合を計算していきます。50%ラインを基本として見ることで、効果的にRSIを活用できます。

RSIの活用

出典: http://toushi-life.secret.jp

例えば、RSIが50%以下で推移している場合は下降トレンドにあると考えることができ、50%以上で推移している場合は上昇トレンドにあると考えることができます。ここまで単純なものではありませんが、投資の際の参考として役立つ指標です。さらにわかりやすく考えると、RSIが上向きであれば上昇トレンド、下向きであれば下降トレンドとも言えます。

押し目と戻りのタイミングの見極めに使えるRCI

出典: https://kabushiki-toushi.com

さらに初心者の方におすすめのテクニカル指標として、RCIを挙げることができます。RCIとは押し目と戻りのタイミングの見極めに使えるテクニカル指標のことで、Rank Correlation Indexの略です。順位相関関数と呼ばれる指標の1つです。株価と日付に順位をつけてその順位の相関度合いを分析して、株価が反転するタイミングを分析するのです。

株価と日付の相関関係を利用

出典: https://www.dambo-33.com

株価と日付の相関関係を利用して押し目買いと戻り売りのタイミングを捉えるための指標であり、移動平均線と一緒に利用することで値動きをより正確につかめるようになっていきます。株価と日数を重視することで、相関関係が強いのか弱いのかを分析する手法です。相関関係が強ければ押し目買いのタイミングであり、上昇トレンドに行く傾向にあります。

トレンドを先読みできるMACD

出典: http://miyabi-kabu.info

さらに理解しておきたいテクニカル指標として、MACDと呼ばれるテクニカル指標も挙げることができます。MACDは移動平均収束拡散法と呼ばれるテクニカル指標の1つで、株価のトレンドを先読みできる指標として効果的です。直近の株価に重みを置いて、平滑平均と呼ばれる指標を使います。そうすることでエントリーのタイミングを把握しやすくなります。

短期的な売買に役立つ

出典: http://ib-college.com

MACDでは移動平均線と組み合わせて分析していくことで、より効果的な投資行動へとつなげることができます。MACDの使い方は基本的に移動平均線と変わりません。より短期的で直近の平均値に重みをおくことで、短期的な売買に役立たせるのが狙いです。MACDが示している方向が株価が進もうとしている方向だと理解して、エントリーするのも有効です。

株価の反転するタイミングが把握できるストキャスティクス

出典: https://toushi-kyouyou.com

テクニカル指標としては、ストキャスティクスと呼ばれる指標も挙げることができます。売られ過ぎや買われ過ぎなどを判断するための指標であり、株価の反転タイミングを分析する指標となります。ノーマルストキャスティクスとスローストキャスティクスの2種類のパターンがあります。それぞれ売られ過ぎと買われ過ぎを判断して、エントリーにつなげます。

Thumb株の購入方法を徹底解説!初心者におすすめの銘柄や買うタイミングとは?

株価のチャートの見方のまとめ

出典: https://takuya001.com

株式投資初心者の方でも理解できるように、株価のチャートの見方について具体的に紹介してきました。株価のチャートの見方を理解することができると、株式投資もとてもやりがいのあるものに変わっていきます。ローソク足の見方や各チャートの特徴などを把握しておくことも大切です。テクニカル指標も含めて、株価チャートを的確に分析していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ